NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

官邸前行動に参加しました ♪ 2012/9/28

-2012年9月28日-

金曜日の官邸前抗議行動が定着し、警備、誘導も過剰すぎるくらいに管理されているように思いました。

「かえる屋」さん(九電本店前テントを訪問に来られた方)の案内で総理官邸前に並びます。

ご年配の方が多いのに驚きました。

すぐ隣に並んでいる男性は「廃棄物のことが心配だ。原発止まっても廃棄物を10万年も100万年も管理しつづけなければならないなんて、途方に暮れる」とおっしゃいます。

前の女性は折り畳みの腰掛け持参で座って待機されています。福岡から参加したことを伝えると、北九州市の瓦礫焼却のことを心配しておられました。

初対面でも話し始めると話が尽きませんね。
ヒューマンエラーが流れ始め、しばらくして主催者が注意事項を説明すると、すぐにコールが始まりました。

叫びっぱなしという感じ。テンポも早く、休む間もないので、かなりハードだなと感じつつも、負けないようにコールしました。

東京は日が暮れるのが早いですね。
あっという間に暗くなりました。

(「総理官邸前」交差点です)

6時から7時まで1時間経ったので、かえる屋さんがそろそろ移動しましょうと、国会議事堂前に連れて行ってくれます。

地下鉄の駅出口から舗道上を抗議スペースと通行者スペースに分離してあるので、参加者はずーっと長ーい列になっています。

;

国会議事堂前の抗議。

交差点には別にスピーチのスペースがあり、ステージが煌煌と照らされ、かなり目立ってスピーチできる場所ですね。

スピーチには人だかりができていて、大きな拍手で盛り上がっています。

交差点を渡ると、親子連れなどが参加できるように配慮されたスペースも設けられていて、シャボン玉が夜空に漂うほのぼのした雰囲気、それでいて、はちきれんばかりに元気のよいスピーチとコールが繰り返されていて、思わず長居したくなる不思議な魅力の空間でした。

そこでの写真です。スピーチしている女性の隣の男性が、実は佐賀県唐津市から来た人でした。玄海原発のことを訴えていました。

実は、ここで終了の8時を迎えたのですが、直前に1分程度でと言われスピーチの時間をいただきましたので、福岡から参加したこと、「九州玄海訴訟」のこと、1万人原告のひとりになってください!と訴えました。(もちろん制限時間オーバー)

;

時間通り8時に解散。

まだ、あちこちで小集会、スピーチが続いています。

経産省前テントに寄りました。ここは24時間年中無休で、夜は4人が常駐しているそうですね。

;

;

経産省前でスピーチする火炎瓶テツさんです。

;

……………………………………………………………………………………………………………

金曜日の行動参加者は一時期ほどの派手な数ではないようですが、官邸前だけでなく各所に分散してしぶとく続けられていて、その広がりと根強さを頼もしく思いました。

9.23福岡集会に参加されたミサオ・レッドウルフさんも、もちろん官邸前でお見かけしました。

;

;

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中