NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1288日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。10月29日。

=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=
     九電本店電気ビル前

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1288日目報告☆
呼びかけ人賛同者10月28日3643名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月28日1名。
    岩野泰祐
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 橋本左門 さんから:
 ☆福島の視察は否決で 川内の原発再稼働 破滅への原罪
      (左門 10・29−824)
※《原子力規制委員会の田中俊一委員長は7月、川内原発の審査書案を公表した後
の会見で「安全だということは申し上げません」と発言。原子力規制庁も
「100%安全とは言えない」との見解を地元での説明会などで示してき
た。・・・・だが、安全性について会見で問われた岩切市長は、「福島で起きた
津波や地震、原発事故に対応するのは十分、100%と言っていいと私は信じて
いる」。また・・・・複合災害の危険性については、「現段階では考えることは
ない」と話した》(朝日新聞、本日号)という、技術の専門家の慎重な発言を飛
び越えて確言する市長の頭の中は、科学的には判断停止、政治的には上意下達、
市民的には倫理欠如で、風上に置けない人物だ。エデンの園でエバが誘惑された
時、「女が見ると、その木の実はいかにも美味しそうで、目を引きつけ、賢くな
るように唆していた」のだった。市長と市議会は、何に唆されているのか?
川内商工会議所は、1・2号機の経済効果を年内約6億円と推計しているとい
う。その「木の実」(一時的誘惑)のために「楽園を喪失」していいのか?!

★ 鎌田慧 さんから:
いつもご報告ありがとうございます。
寒くなってきましたので、
大変でしょうが、
頑張ってください。
また、ご一緒にあるきましょう。

★ 山田 さんから:
全国リレーアクションでお世話になりました。
9月27日鹿児島へ向かう途中、不覚にもバイク事故で骨折しました。
いつも詳細なご報告読ませていただいてます。参考にしてます。
川内原発の動きが急を告げてきましたね。そこで私の提案です。地元事情など考
慮してませんので思い付きかもしれません。僭越ながら以下記します。
11月2日から鹿児島県議会前広場で座り込み、テント設営、ハンスト、県議会傍
聴席占拠。出きれば1000人規模。
呼び掛けにはツイッタなどを使い、全国に。川内原発再稼働を許せば、他の原発
も続出、日本の破滅に向かう。

★ 韓国在住の高野(通訳者) さんから:
釜山・古里(コリ)原発の甲状腺がん認定という一部勝訴を勝ち取った
イ・ジンソプさんらの訴訟の判決文全文↓を訳しました。
http://tinyurl.com/qhgb2yh

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。※下方にも、川内関連記事が多数あります。
昨日は、川内(せんだい)原発の地元の薩摩川内市議会が再稼働に同意という記
事が夕刊や夕方のテレビニュースで大きく報じられ、九電の株価も40円高となっ
たなどの報道もありました。その市長が「川内原発で重大事故が起きた際の責任
には「一義的には電力事業者だが、最終的には国が負うべきだ」と述べた」(西
日本)とも伝えられています。とんでもない無責任な態度です。

1.川内原発:再稼働同意へ 立地自治体で初の判断」毎日新聞 2014年10月28
日13時07分
http://mainichi.jp/select/news/20141028k0000e040187000c.html
「・・・・傍聴席内外は、再稼働反対を訴える人たちが詰めかけ、騒然とし
た。・・・」

1’.「市長が再稼働同意=川内原発、知事判断へ−鹿児島」時事通信2014/10
/28-19:22
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014102800528
九州電力川内原発が立地する鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長は28日、
「(再稼働を進める)政府の方針について立地自治体として理解する」と述べ、
再稼働に同意する考えを表明した。市議会が同日、臨時議会で再稼働を求める陳
情を賛成多数で採択したことを踏まえ判断した。・・・
臨時議会では議長と欠席者1人を除く24人のうち、賛成19、反対4、棄権1
で再稼働を求める陳情が採択された。続いて開かれた市議会の全員協議会で、岩
切市長は議会の判断を尊重する考えを示し、「再稼働に慎重な立場の市民の思い
を考えると苦渋の決断だが、安全安心の確保を図るため最大の努力をしたい」と
述べた。・・・・岩切市長は記者会見で、九電の瓜生道明社長と27日に会
談・・・・」

1”.「<川内原発>岩切市長「災害時に100%安全とは…」とも」毎日新
聞?10月28日(火)23時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00000121-mai-soci
「・・・・岩切秀雄市長は国が安全性を確認したことを理由に挙げたが、まだ県
内では住民説明会が終わっておらず、避難計画の実効性も疑問視されている中で
の判断となった。・・・・同意を表明した理由を問われると「原子炉の安全性を
国が整理したので早く結論を出すべきだと思っていた」と説明。一方、過酷事故
対策については「火山の噴火など複合的な災害の場合は100%安全とは言えな
い」とも述べ、絶対的な安全性への信頼があるわけではない心中も明かし
た。・・・・
この日、市役所周辺には約30人の反対派が集まり「薩摩川内だけの問題ではな
い」などと訴えた。再稼働賛成の陳情を審議する市議会は、一般傍聴席40席は
満席となり「本当に責任が持てるのか」「日本中に恥をさらした」などの怒号が
飛ぶ中での採択となった。
閉会後、陳情に反対票を投じた江口是彦議員は「誰が最終的に再稼働のゴーサイ
ンを出すのか明確になっていない。臨時会は出来レースでセレモニーだ」。採決
時に退席した小田原勇次郎議員も「経産相の説明を待つのが筋ではないか」と憤
る。市内に住む主婦の武元優子さん(54)は「議論が尽くされたとは思わな
い。急ぐ理由は何もなく、福島の事故からきちんと学ぶのが先だ」と批判し
た。・・・・
川内原発から50キロ圏にある熊本県水俣市・・西田弘志市長は28日の記者会
見で「避難計画に未確定な部分が多いにもかかわらず、バタバタと話が動いてい
る。拙速で非常に不安だ」と述べた。」

1”’.「<川内原発>再稼働の市長判断 市民の評価は二分」毎日新聞10月28日
(火)22時52分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00000120-mai-soci
「・・・市役所近くの商店街で自営業を営む男性(64)は「商売をしているの
で表立って反対と言いにくいが、事故の可能性がある以上、再稼働には反対だ。
事故が起きたら、市民はパニックになりスムーズに避難できないのではないか」
と市長判断に疑問を投げかけた。・・・
一方、地域の活性化を求めて再稼働を歓迎する声も上がった。薩摩川内市平佐町
の永井三千代さん(82)は「長年住んでいるが原発の事故を心配したことはな
い。原発の停止で地域の活気もなくなった。再稼働には賛成だ」。・・・・

1””.「(鹿児島)再稼働同意、川内市長「機が熟した」 市民反発」朝日デジ
タル2014年10月29日03時00分
http://digital.asahi.com/articles/ASGBX54NVGBXTLTB00T.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASGBX54NVGBXTLTB00T
■「結論急ぐやり方最低」傍聴席は怒りの渦 傍聴希望の市民も大勢集まった。
市民に割り当てられた40の傍聴席はすべて埋まり、スクリーンで中継した市役
所そばのホール会議室にも約60人が集まった。市議らの議論をどう見たのか。
市内の主婦武元優子さん(54)は「29日、市民が参加する補足の説明会があ
るのに再稼働に賛成をした。結論を急ぐようなやり方は、最低だ。民意を聞こう
としていないし、恥ずかしい」と憤る。・・・
鹿児島市から訪れた農業、園山一則さん(71)は「再稼働に反対する市議はわ
ずか数人。福島の原発事故で何を学んだのか」と語る。園山さんは30キロ圏外
で暮らすが、「30キロで放射性物質の拡散が止まることはない。福島の事故を
見ても、原発は人類と共存できないことは明らかだ」と話した。」

2.地元のテレビでは、
①「賛成多数で陳情を採択 薩摩川内市議会が再稼働同意 」KKB鹿児島[10/28 
17:45] ※下のURL検索すると映像があります  
②「中継 薩摩川内市市長は「同意ではない」強調・・・ 」KKB鹿児島[10/28 17:47]
③●「再稼動に同意 薩摩川内市民は? ]KKB鹿児島[10/28 17:49]
④「県議会「原発特別委員会」 陳情者を参考人招致し審査]KKB鹿児島 [10/28 
11:31]
http://www.kkb.co.jp/news_move/jchan_move_detail.php?news_flg=0¶m1=0¶m2=0¶m3=0

⑤「薩摩川内市が原発再稼働同意}NHK鹿児島10月28日 20時42分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055582071.html?t=1414519509720
⑥●「【動画】原発再稼働賛成陳情、採択 (市民抗議)」KTS鹿児島2014年10月28日
http://news.ktstv.net/e52921.html
⑦「薩摩川内市長も再稼働「同意」表明」南日本放送[10/28 18:49] ※映像
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2014102800006038
⑧「薩摩川内市 原発再稼働に同意」南日本放送[10/28 18:40]   ※映像
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2014102800006041

3.「社説:再稼働の地元―立地自治体に限るな」朝日デジタル2014年10月29日
02時12分
http://www.asahi.com/articles/ASGBX3D4DGBXUSPT003.html
「・・・・周辺自治体や住民の意向をくみ上げる努力を重ねるべきだ。それこそ
が「3・11」後の政治と行政の責任だろう。再稼働の地元とは、どこなのか。
川内原発でまず、明確に示してほしい。」

4.「鹿児島県も手続き加速へ川内原発、地元市議会が再稼働に同意 」日経新
聞2014/10/28 13:21
http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC28H09_Y4A021C1000000/
「・・・薩摩川内市の同意表明を受け、鹿児島県も同意手続きを加速させる。県
議会は市議会と同様の陳情の採択を協議するための臨時議会を11月5日の開会を
軸に調整している。県議会は自民党系議員が約7割を占めており、再稼働賛成の
陳情が採択される可能性が高い。その後は伊藤祐一郎知事が再稼働同意を表明す
る見通しだ。」

4’「県議会原子力特別委で国「住民説明応じる」」南日本新聞2014 10/28 06:30
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=60945
「鹿児島県議会は27日、原子力安全対策等特別委員会を開き、九州電力川内原
発の再稼働や避難計画、新規制基準適合性審査の審査結果に関する意見聴取のた
め、国の担当者を参考人招致した。経済産業省の担当者は住民に理解を求めるた
め「機会を与えられたら説明していく」と述べ、要請があれば応じる考えを示し
た。」

4”.●「(県議会)川内再稼働迫る自民鹿児島県議 親族企業が原発工事 兄・妻
が役員 自身も大株主」しんぶん赤旗10月28日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-10-28/2014102801_04_1.html
「原発が停止していることを「国富の流出」といい、「再稼働はいつの日になる
か」などと、九州電力川内原発の早期再稼働を鹿児島県議会で、再三主張してい
る自民党の外薗勝蔵県議の親族会社が同原発関連の工事を多数受注していること
が27日までに、本紙の調べでわかりました。・・・・・
外薗氏は、12年9月の県議会で「このような国の方針では、再稼働はいつの日
になるかわかりません。(中略)知事の再稼働に対しての考え方を再度、教えて
ください」と、再稼働に熱心な伊藤祐一郎知事の後押しをしています。13年6
月の県議会では「原発を代替している火力発電所の燃料費が膨らみ、国富の流出
と電気料金の値上げが止まりません」とのべています。川内原発の安全対策を審
議する県議会原子力安全対策等特別委員会の委員です。本紙の取材に、外薗運輸
機工は外薗氏への株主配当などの有無について「お答えできるものがおらず、回
答できない」としています。外薗氏の事務所からは、27日までに回答がえられ
ませんでした。」
・・・・とんでもない。

4”’.「県議会、伊藤知事・今後のスケジュール」KTS鹿児島2014年10月28日
http://news.ktstv.net/e52922.html
「県議会の特別委員会は28日、再稼働に賛成、反対のそれぞれの陳情者から意
見を聞き、実質的な審査を終えました。
・そして来月3日には、宮沢経済産業大臣が鹿児島入りする方向で調整が進んで
います。
・その後、県議会の臨時議会が来月5日から3日間、開催される見通しで、 臨
時議会が開催された場合は、再稼働にかかわる陳情を採決することになります。
・県議会の判断が出た後に、伊藤知事が自らの考えを表明するという流れになり
ます。
しかし、この県議会の臨時議会については、一部の会派から「そんなに急ぐ必要
があるのか」と反発する声もあり、29日、各会派の代表者会議を開くなどし
て、開催を検討する見通しです。」

5.「(九電)再稼働同意、心より感謝」時事通信 2014/10/28 16:00
全文「九州電力の瓜生道明社長は28日、鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長が川
内原発1、2号機の再稼働に同意したことに関し、「心より感謝申し上げます。原
発の安全を第一に今後ともさらなる安全性、信頼性向上への取り組みを自主的、
継続的に進めてまいります」とのコメントを発表した。」

玄海原発関連、
6.「玄海原発:原子炉補助建屋のブレーカーから煙」毎日新聞10月28日 20時35分
http://mainichi.jp/select/news/20141028k0000e040218000c.html
九州電力は28日、玄海原子力発電所3、4号機(佐賀県玄海町)の原子炉補助
建屋地下2階にある第1放射化学室(約90平方メートル)で火災が起きたと発
表した。電気ブレーカーが燃えたが、けが人はなく、放射性物質漏れもないという。
 九電によると、同日午前9時35分ごろ、原子炉に注入する水の水質測定準備
のため、化学室の排気装置内にある電気コンロを作動させたところ、コンロに接
続するブレーカー辺りで炎が見え、消火器で消した。作業は協力会社社員2人が
あたっていた。
6’.「玄海原発建物内で火災・周囲への影響なし」佐賀テレビ(2014/10/28
20:13) ※映像あり
http://www.sagatv.co.jp/news/
6”.「(佐賀)県は再発防止対策求める」NHK佐賀10月28日 19時57分
全文「・・・・佐賀県原子力安全対策課の森修課長は「今回の火災はブレーカー
の発火ということで原子炉施設に、直接の影響はなかったと聞いているが原子力
発電所は安全性と信頼性が第一に求められ、こういう事象が発生すること自体を
防がなければならない。県として九州電力に原因究明と再発防止対策をとるよう
申し入れた。今後、再発防止対策策の内容をしっかりと確認したい」と話してい
ます。」

7.「唐津市長 廃炉進展に理解 老朽原発 地元支援国に求める」佐賀新聞
2014年10月28日 09時58分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/119283
「唐津市の坂井俊之市長は27日の定例記者会見で、2016年7月時点で運転
開始から40年を超える九州電力玄海原発1号機(東松浦郡玄海町)など全国7
基の原発について、原則40年運転に制限する原子炉等規制法に沿って廃炉が進
むことに理解を示した。廃炉となった場合は、立地や周辺自治体の地域経済に影
響を及ぼす可能性があり、国による財政支援の必要性を指摘した。・・・・」

政府が、
8.「緊急時に節電目標=今冬、北海道を想定−政府」時事通信2014/10/28-19:13
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2014102800858
「政府は28日、今冬の電力需給対策として、発電所事故などで電力不足が見込
まれる場合は、節電の数値目標の設定を機動的に検討する方針を固めた。冬に電
力需要が高まる北海道電力の管内で、電力の安定供給を図るのが狙い。企業活動
への影響に配慮し、平時の目標設定は全国で見送る。昨冬は北海道電力管内で
2010年度比で6%の節電目標を定めていた。今冬も国内の全原発が停止した
状態で迎えるが、電力各社は火力発電所のフル稼働などで安定供給を確保する見
通し。北海道電も電力需給の余裕を示す予備率が11.4%と最低限必要な3%
を上回ると見込んでいる。・・・・」
・・・電力は十分に足りているのに原発再稼働をすすめる愚!

国会で、この人が、
9.「経産相、東電株売却し福島に寄付 退任後に」共同通信2014/10/28 11:23
http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102801001365.html
「宮沢洋一経済産業相は28日の参院経産委員会で、保有している東京電力株に
関し「在任期間が終わった後、福島の復興に役立てるため、処分して全額を寄付
したい」と述べた。民主党の直嶋正行氏の質問に答えた。・・・宮沢氏は東電株
を信託銀行に信託したと説明し、「利益相反に当たるとみられるような行動は一
切しない。しっかり東電に対応していきたい」と強調した。」

10.福島第一、
「「屋根取り外し31日に延期=1号機カバー破損―福島第1」時事通信10月28日
(火)20時17分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014102800938
「東京電力は28日、福島第1原発1号機原子炉建屋カバーの解体作業で屋根の一部
が破損したため、取り外しを1日延期し31日に行うと発表した。・・・周囲の放
射性物質濃度に変化はないという。・・・
トラブルは28日午前8時25分ごろ発生。大型クレーンで装置をつり上げ、屋根に
開けた穴から飛散防止剤を散布していたところ、装置が突風にあおられ、周囲の
屋根に当たった。30センチ四方だった穴が割け、底辺1メートル、高さ2メートル
の三角形状に広がった。・・・東電は風速が平均10メートルに達すると、作業を
中止することにしていた。28日は平均1〜2メートルだったが、突風が吹いたとい
う。今後は瞬間風速が10メートルを計測したときには、作業を中断する。」
・・・・「中断した作業は29日に再開する」ともあります。
10’.「原発1号機天井破損で作業中断」NHK福島10月28日 13時06分 ※映像あり
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055750401.html?t=1414519276188

11.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2014年10月28日
「27日正午現在 1.357マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホー
ムページから抜粋  前日は1.425マイクロシーベルト毎時」

被災地フクシマ、
12.「(県知事選)変化より復興の継続/危機感熱狂なき圧勝演出/(上)安
定感/選択のリアル」河北新報2014年10月28日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201410/20141028_61007.html
「・・・・内堀氏当選確実−。26日午後7時、テレビが速報を流した。「お
おっ」。福島市の事務所に集まった約200人の政党・団体関係者から一瞬、歓
声が上がった。立ち上がる人はなく、拍手は5秒で終わった。・・・・
背後は真っ白な壁に「新生ふくしま」のキャッチコピー。国会議員らが寄せた
108枚の為書きは、「オール福島」を掲げる内堀の船出にふさわしくないと、
スタッフが前の晩に撤去した。「熱狂なき圧勝だな」。最後まで盛り上がらな
かった選挙戦を、県政界関係者はこう表現した。・・・」・・・関心のある方は
検索してどうぞ。

13.「原子力災害対策を議論 福島国際赤十字会議始まる」福島民報(
2014/10/28 09:32)
http://www.minpo.jp/news/detail/2014102818910
「・・・2日目の28日は浪江町や相馬市、福島市の仮設住宅の現状を視察する。」
13’.「原発事故から教訓学ぶ国際会議」NHK福島10月28日 13時06分 ※映像あり
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055494941.html?t=1414519365888
「世界各国の赤十字社でつくる『国際赤十字・赤新月社連盟』が県内で初めて開
いたもので、福島市の会場には、17か国の赤十字社の代表、およそ50人が集
まりました。」

14.「県産食材弁当味わう 農水省できょうまで即売会 安全性アピール」福
島民報(10/28 09:24)
http://www.minpo.jp/news/detail/2014102818908
「・・・・福島第一原発事故に伴う風評を払拭(ふっしょく)しようと、農林水
産省と県による県産食品の即売会が27日、同省で始まった。28日ま
で。・・・・」
14’.「福島産食品即売会 農相と復興相訪問」河北新報10月28日」
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201410/20141028_61021.html
・・・・最近は、毎日、このような記事が続きます。

15.●「28日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定
値」福島民報10月29日朝刊紙面
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
・・・・「放射性物質の検査結果(野菜・果実・穀類・キノコ)」
・・・・●「震災関連死 新たに8人認定 富岡町 長引く避難生活によって関
連死は増え続けている」→1795人となりました。

16.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞10月28日17:35
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20141028/1761240
▼空間放射線量率(28日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

17.「<宮城県最終処分場>加美の作業3度目見送り」河北新報2014年10月28
日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201410/20141028_13020.html
「福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場建設をめぐり、環境省は
27日、宮城県内3候補地のうち加美町で、ボーリング調査に向けた3度目とな
る準備作業着手を試みた。住民側は24、25日と同様に激しく抗議し、今回も
作業開始は見送られた。加美町田代岳には午後2時40分、環境省東北地方環境
事務所の東利博保全統括官ら職員と業者計12人が訪れた。現地では住民約80
人が入り口をふさぐように横断幕やのぼりを掲げ、「調査は認めない」と主
張。・・・
他の候補地の栗原市深山嶽、大和町下原にも職員らが訪れたが、加美町見送りの
知らせを受け現場を引き揚げた。環境省は28日は3市町全てで作業を行わず、
29日以降の実施を検討する。・・・・」

18.「(山形県)農業用水で小水力発電 長井・来月稼働」河北新報2014年10
月28日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201410/20141028_52039.html
「農業用水を活用する長井市の野川小水力発電所が完成し、26日に開所式が
あった。11月1日から本格稼働する。東日本大震災を踏まえて山形県が策定し
たエネルギー戦略に基づき、県が主体となって整備した。・・・山形県はエネル
ギー戦略を策定した2012年から30年度までに、県内の中小発電の出力を7
倍の2万キロワットにする目標を掲げている。」
・・・県は震災後、自然エネ開発に力を注いでいます。

原発施設、
19.「<東通原発断層>規制委、協議打ち切り」河北新報2014年10月28日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201410/20141028_22013.html
「原子力規制委員会は27日、東北電力東通原発(青森県東通村)の敷地内断層
に関する有識者調査団による第11回評価会合を都内で開いた。規制委側は断層
の活動性をめぐる東北電との議論を打ち切り、次回は有識者のみで評価書案の具
体的な議論に入る方針を示した。・・・」

20.「(プロメテウスの罠)検証もんじゅ:10 工程を優先した機構」朝日
デジタル2014年10月28日05時00分 ※有料設定
http://www.asahi.com/articles/DA3S11425117.html?iref=comtop_list_ren_n12
「◇No.1080 2013年2月、原子力規制委員会は、「もんじゅ」を運
営する日本原子力研究開発機構の職員からヒアリングをした。1万件の点検漏れ
を出した経緯と原因を明らかにするためだ。ヒアリングは幹部と現場職員の2グ
ループに分けて行われた。敦賀本部長、所長、プラント保全部長らが軒並み対象
となった。・・・・・
後日、森下らは規制委として、点検問題の評価をまとめた。その中にこんな文章
がある。「経営層、発電所幹部が、安全を最優先とする方針を明確に示していな
いとともに、点検よりも試験工程を優先する考えを有している」機構の課題とし
て、過去にも指摘されてきたことだった。」

こちらの新聞の今朝のネット上の川内原発関連の記事は、
21.「川内原発再稼働、薩摩川内市が同意 鹿児島県は11月判断へ」西日本
電子版[10月28日 12時18分 更新]
http://qbiz.jp/article/48625/1/
「・・・・避難計画の実効性、核のごみの処分問題…。地元の不安は尽きない。
川内原発建設反対連絡協議会の鳥原良子会長は「住民の大多数は心の底では反対
なのに、市議と市長だけで同意した。これが30年にわたって原発の利益に浸っ
てきた市の現実」と悔しがった。・・・」

22.「「経済発展に原発必要」 薩摩川内市長、苦渋の決断」西日本電子版
[10月29日 03時00分 更新]
http://qbiz.jp/article/48685/1/
23.「「リスクないと信じる」 岩切秀雄・薩摩川内市長の一問一答」西日本
電子版[10月29日 03時00分 更新]
http://qbiz.jp/article/48673/1/
「・・・・Q:市長は重大事故の責任を負えるのか。A:「私は再稼働に同意したと
は一切言っていない。私が関与する法的手続きはなく、鹿児島県知事と資源エネ
ルギー庁長官には今日の動きを報告した。重大事故の責任は一義的には九電にあ
り、最終的には国が持つことになっている。複合災害が発生した場合のリスクは
あると思うが、福島第1原発級の事故に対しては(安全対策を行ったので)リス
クはないと信じている」
Q:日本が原発にある程度依存する社会に戻る判断を初めてした市長になるが。A:
「今は原発が必要で、ほかの地域でも再稼働が続いてほしいが、原発依存だけで
は日本が成り立たないと思っている。将来は廃炉を目指さないといけない」
Q:再稼働し、定期検査が終わった後、同じような同意手続きは必要と思うか。A:
「このようなことはないと思う。(1号機が運転40年となる)10年後は、あ
るかなと」 」

24.「「命を脅かす」「地元潤う」 薩摩川内市議会に賛否の渦」西日本電子
版[10月29日 03時00分 更新]
http://qbiz.jp/article/48674/1/
「・・・・議長から退場を命じられた鹿児島市の市民団体代表向原祥隆さん
(57)は「再稼働賛成派の議員が笑いながら票を入れる姿が我慢できなかっ
た。その1票が命を脅かす恐れがあると分かっているのか」と批判。薩摩川内市
の有馬良典さん(72)は「賛成派市議は『経済優先』『国策』の言葉ばかり
で、全く中身がなかった。市民として将来に禍根を残す採択を許してしまった」
と悔しそうに語った。・・・反対した佃昌樹市議は「残念だが、既定路線だっ
た。薩摩川内市を反面教師に、反対運動が全国に広がってほしい」と語った。
・・・」

25.「薩摩川内市が再稼働同意 関係者から発言相次ぐ」西日本電子版[10月
29日 03時00分 更新]
http://qbiz.jp/article/48683/1/
「◆「総合的に判断したい」?伊藤祐一郎・鹿児島県知事・・・
◆「心より感謝申し上げる」?瓜生道明・九電社長・・・・
◆「関係者理解に取り組む」?菅義偉官房長官 ◇菅義偉官房長官は28日の記者
会見で「立地自治体である薩摩川内市の市長や市議会の理解を得られたのは極め
て重要なこと。政府として、引き続き関係者の理解が得られるようしっかり取り
組んでいきたい」と述べた。
◆「拙速で疑問」?西田弘志・熊本県水俣市長 ◇川内原発が重大事故を起こした
際の避難計画で、原発30キロ圏にある鹿児島県出水市から約6600人の避難
者を受け入れる熊本県水俣市の西田弘志市長は28日の定例記者会見で、「避難
計画がはっきり見えない中での再稼働は疑問。非常に拙速というか、ばたばたと
動き始めた感じだ」と述べた。水俣市によると、出水市が策定した避難計画では
避難者の除染ポイントなどが明示されておらず、避難所に指定された施設のうち
数カ所は災害危険箇所に当たるという。西田市長は「今の段階で(再稼働に)進
んでいくのは非常に不安だ。国などがきちんと説明してほしい」と求めた。

26.「鹿児島県議会特別委が意見聴取 賛成、反対5団体代表から」西日本電
子版[10月29日 03時00分 更新]
http://qbiz.jp/article/48675/1/

27.「原発再稼働判断、県議会に重荷 苦悩「国策の弾よけ」」西日本電子版
2014年10月29日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/48684/1/
「・・・・「国策の弾よけにされてはかなわん」。自民党のベテラン県議は不満
を訴えた。政府と党が「責任を持って進める」とする再稼働。だが、地元で国や
党の関与は見えにくく、議員が同意手続きの最前線に立っている。「国は再稼働
への住民理解の作業を地方に丸投げするつもりでは」。ベテラン県議の不信は募
る。・・自民党県議団は35人。定数51(欠員2)の県議会で圧倒的な勢力を
擁する。だが、原発30キロ圏や都市部を選挙区とする県議から「党に従って再
稼働に賛成したら県議選で戦えない」と、造反をちらつかせる声も出てき
た。・・・自民党県議団は35人。定数51(欠員2)の県議会で圧倒的な勢力
を擁する。・・・。「このままだと採決で最大10人が反対、退席する恐れもある
」と県議団の中堅議員は分析。・・・・・」

昨夕の西日本新聞では、一面トップに、21.と24.の記事、大見出しで、
○「再稼働 初の地元同意 川内原発」「市議会採択、市長が表明」」「議場の
内外 飛び交う怒号」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、一面トップに、見出しで、
○「川内原発 薩摩川内市 再稼働同意 県は来月、最終判断」
3面、37面社会欄にも関連記事が続き、21.〜27.までの記事が配置されて
います、
2面に、
28.「社説:市民の不安は置き去りか 原発再稼働同意表明」
社説検索は11時過ぎに⇒ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/
34面九州経済欄に、
29.「楽天と新電力、事業組合を設立」
・・・・ネット上に記事が見当たりません、
30.「販売電力2年ぶり減 九電上半期」2014年10月29日 03時00分
http://qbiz.jp/article/48667/1/
「九州電力が28日発表した2014年度上半期(4?9月)の販売電力量は、
前年同期比4・9%減の402億2600万キロワット時となり、2年ぶりに前
年を下回った。5?9月の気温が低めで家庭などの冷房需要が減少したことが響
いた。用途別では、家庭など一般需要が7・0%減の281億700万キロワッ
ト時で、2年ぶりに減少。一方、工場など大口需要は鉄鋼の生産増などで0・
6%増の121億1900万キロワット時と、3年ぶりに増加した。・・・」
7面経済欄に、・・・
31.「【オランダ経済点描】(2)発電 洋上風力で安定化図る」2014年10月
29日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/48686/1/

○いま届いたしんぶん赤旗14面にも、川内原発関連記事が、
32.「市民「なぜ同意急ぐのか」鹿児島・薩摩川内」「川内「再稼働」市長同
意 市議会陳情・・4市議が反対」

今朝は以上です。(10.29.5:19)
※この新聞記事紹介は、この時間を過ぎた頃には次のフェイスブックにも毎日貼
り付けています。 
https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu
※この新聞記事紹介でお気づきのことがあれば⇒ ysykf@yahoo.co.jpへ。

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2317】
┏┓
┗■.川内原発再稼働は一地方議会だけの問題ではない。
 |  地震も火山も避難も何一つ解決されていない再稼働同意は破滅への道だ
 └──── 沼倉 潤(たんぽぽ舎)
                          
○28日、薩摩川内市は臨時議会を招集し、20日の特別委員会で、鉄の扉に鍵をか
け傍聴者を締め出しながら採択した賛成陳情を19対4(棄権1)の賛成多数で採
択しました。岩切市長はその後の全員協議会で「再稼働を進める政府の方針を理
解する」と述べ、川内原発の再稼働に同意。伊藤祐一郎鹿児島県知事は、これま
でに「同意が必要な範囲は県と薩摩川内市に限る」と表明しており、今後の手続
きは県へと移ることになります。
○既に27、28日には県の「原子力安全対策等特別委員会」が開かれており、参考
人招致として経産省資源エネルギー庁と内閣府、原子力規制庁の担当者が出席。
委員からは「県、市が実施した避難計画の説明会で出た住民の不満、不安は届い
ているのか」「重大事故が起きた場合、どこが責任を取るのか不明瞭」などの質
問が出た。これに対し、担当者らは「絶えずリスクを下げる努力を続ける」「地
域の不安の声をしっかりと耳に傾け、説明していきたい」などと答えた模様だ。
― 時事通信10月27日(月)19時16分配信
傍聴者からの報告では、県の対応は「薩摩川内市で決めたのだから、県として
も市の意向にそいたい。」というもので、県議会としの責任をまったく放棄して
いる。安倍政権の政治手法と同じだという怒りの声が上がっています。
 《傍聴者を締め出した議会採択は住民のいのちを巨悪に差し出す暴挙》
○28日、薩摩川内市役所前に早朝から駆けつけた住民は130名。僅か40席の傍聴席
で抗議の声をあげた者を即刻退席にする暴挙の中で採択された再稼働同意は許さ
れない。霧島連山の火山活動が報じられ、地震も火山も避難も何一つ解決されて
いない川内原発の再稼働は、住民のいのちと引き換えに、電力会社の巨悪を延命
させる何物でもない。全国各地から抗議の声をあげよう。
○県は、11月5日から3日間の予定で召集される臨時議会で再稼働賛成陳情を採
決する目論見だ。鹿児島入りする予定の宮沢経済産業相の日程次第で、スケ
ジュールが変わる可能性もあるが、私たちは鹿児島県民のみならず、全国の皆さ
んの力を結集し「再稼働同意の暴挙」をはね返していきましょう。

┏┓
┗■3. ゛好゛資料の紹介2点
 |  10月26(日)の全国統一行動−東京集会で配られたB5版10頁の好資料
| もう原発やめよう・たんぽぽ舎週刊金曜ビラ123号(4頁)と同封ビラ5種
 └──── 
○ ゛好゛資料の紹介(1)
 10月26(日)の全国統一行動−東京集会で配られたB5版10頁の好資料
1 連帯アピール−川内再稼働を阻止しよう−全国ネットワーク
2 かごしま反原発連合有志 岩井哲 全国・全九州統一行動に起とう
3 九州電力本店(福岡県)前行動に立ち上がろう 青柳行信(原発止めよう!
九電本店前ひろば)
4 10.26を中心とした全国統一行動の実施場所一覧−北海道から九州まで
5 〃
6 鳥原良子(川内原発建設反対連絡協議会・会長)全国統一行動参加の皆さんへ
7 井上森雄(原発ゼロをめざす鹿児島県民の会)全国統一行動参加の皆さんへ
8 柏崎刈羽原発反対地元住民有志−川内原発再稼働に絶対反対します
9 反原発・かごしまネット 代表 向原祥隆
10 10.26 九州電力東京支社への抗議行動(全国統一行動・第一波)有楽町電気
ビル前

○゛好゛資料(ビラ)の紹介(2)
もう原発やめよう・たんぽぽ舎週刊金曜ビラ123号(4頁)と同封ビラ5種
 123号の中味は 1頁 10月〜11月の学習会・デモ案内−参加歓迎
2頁 槌田敦ゼミ新シリーズ10月29(土)科学技術を無視した
川内再稼働
3頁 テレビが原発神話をつくった11月1(土)推進映画の分
析 加藤久晴さん
4頁 九州・かごしま反原発連合有志ビラ−ストップ川内原発
再稼働
同封ビラ5種は
1 川内原発の再稼働は許しません−3つの理由−再稼働阻止
全国ネットワーク
2 たんぽぽ舎の九州電力への申し入れ 10月26日付け
3 再稼働など論外だ−東電本店合同抗議11月5日(14回)12
月3日(15回)
4 日韓市民の連携で、脱原発の道を開く−ふくしま支援・人
と文化ネットワーク
5 全国各地の取り組み−川内原発再稼働を許すな。−阻止ネット
 ☆(1) 資料−手渡し 100円、郵送者 200円(2)は無料取り扱い 申込
は、たんぽぽ舎へ

★ 井上澄夫 さんから:
・キャンプ・シュワブゲート前での抗議行動は今日も続いています。県選出の野
党の国会議員4人でつくる「うりずんの会」が市民団体とともに27日午前、沖縄
防衛局の井上一徳局長と面談し、サンゴ礁の損傷について抗議するとともに作業
の中止を求めました。

・知事選が近づき関連記事が増えてきました。10・28付沖縄タイムス・社説
「[知事選告示前調査]構図が大きく変わった」は一読に値します。社説の前半部
を引用します。

−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

「きみへ 〜さよなら原発!福岡〜 」

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第12回口頭弁論 11月12日(水)10:00〜門前集会@福岡地裁正門前
   国証人5名尋問の法廷、「新館1号法廷」
            (正面玄関から右手の2階建ての建物)
10:30−11:40 被告・国側の証人尋問
<休憩>
13:30−17:0
報告集会:「みくに」二階17:30〜18:30
   福岡市中央区赤坂1-9-23
   地図: http://tinyurl.com/mvzfhsn
(ハローワーク福岡中央交差点「サニー赤坂店」北側)
交流・食事会 同上 三階 18:30〜20:00
連絡先:(080-6420-6211青柳)

●沖縄県民に連帯する11.12福岡県民集会●
http://blog.ohashilo.jp/article/104648683.html
11月12日(水)
集会18:00〜/デモ19:00〜天神周辺
@警固公園(福岡市中央区天神2-2)
地図: http://tinyurl.com/l7kllp7
連絡先:(080-6420-6211青柳)
チラシ表:http://tinyurl.com/m7nqme8
チラシ裏:http://tinyurl.com/jvnhcmu

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数 総数 8609名(10/16現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
  午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
 場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
   <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中