NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1295日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。11月 5日。

【転送・転載大歓迎】

=川内(せんだい)原発再稼働阻止=を求めて・・、
原子力規制委員会に【緊急「異議申立て」】を全国の皆さんに呼びかけます。
http://ameblo.jp/yaaogi/
申立人になって頂ける方は、「異議申立人署名用紙」と「総代の選任届け書」2通。
テントに直接持参のみ 11月6日(木)午後3時まで。
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★

● 11月7日(金)午後3時に行ける方で原子力規制委員会に異議申立てし
ます(書類提出)。
ご参加できる方、特に東京近辺の方はよろしくお願い致します。
2通(書類提出)直接持参の方は控えコピーも。
東京(現場)での連絡先:北岡逸人(090-4603-0181)

● 集合場所
場所:原子力規制委員会ビル(六本木ファーストビル)前
東京都港区六本木1丁目9-9 tel 03-3581-3352
六本木一丁目駅から徒歩約3分
地図:http://tinyurl.com/n9g7h5d

● 記者会見:11月7日(金)午後4時30分 16:30~17:30
場所:衆議院第二議員会館第6会議室
東京都千代田区永田町2-1-2
(最寄り駅は東京メトロ丸ノ内線・千代田線国会議事堂前駅)

● 異議申立ての目的
・原子力規制委員会の許可処分の取り消し。
・異議申立てと口頭意見陳述の内容を(全国に)報道してもらう。
・法律に基づく公的な抗議方法(口頭意見陳述が可能で文書回答)を広める。
・国会議員会館で記者会見を開催し、審査が不当で国会決議が無視されている事
を伝える。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1295日目報告☆
呼びかけ人賛同者11月4日3645名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさま。
政府の要人は 原発再稼動に責任を持つと言いました。
川内原発を カワウチ という 不見識な 輩がです。
鹿児島の市町村の首長は 川内市長を除いて 後はみんな再稼動反対です。
世の中の大勢は 脱原発です。安倍内閣を 倒しましょう
あんくるトム工房
誰が責任を負うのか。 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3238

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆高千穂の峰に住まはる神々は火山の主ぞウランは知らず
(左門 11・5ー831)
※朝日新聞の本日社説で、「川内原発 再稼働同意は早すぎる」との題は
朝日の弱さをさらけ出している。では、「何時になったら妥当」の時があるの
か?文章の方は、まだましなことを書いているのだが、肝心のところが甘い。
フクシマで何日もかかって避難地獄を辿った人々の苦難は忘却されている。
火山に囲まれた川内原発に対して、高千穂の神々は存在そのものを否定し
て居られる。原発安全神話ではなく、「地元の神々の物語」に傾聴せよ!

★ 上假屋公明(福岡県保険医協会) さんから:
< 白教授のメッセージです。>

青柳様
お忙しいところ失礼致します。
先日はお休みのところお電話で失礼致しました。
白道明氏(Paek  Domyung)
(反核医師会共同代表、ソウル大学保健大学院教授、前保健大学院長)より
メッセージ↓を頂きましたので日本語訳とあわせて添付させて頂きます。
http://tinyurl.com/lyoffsz

よろしくお願い申し上げます。
(11月1日反核医師の会つどい 福岡市都久志会館大ホールにて)

★ ハンナ&マイケル さんから
ドイツ最大のテレビ局、第一ドイツテレビで昨夜、福島の現状が伝えられていま した。40分の番組で、レポーターのランガ・ヨゲシュワーはテレビで人気の科学 ジャーナリストですから、かなりのドイツ人が福島の現状を見てくれたのではな いでしょうか。

テレビチームが、三年に亘る交渉の末、外国取材班としてついに初めて許可をも らい、福島第一、第四原発内部に入り、事故処理作業の様子などを撮影していま す。入る前の物々しい防護服着用のようすから、コントロールルーム内部の様 子。あの全電源喪失のさなかに、技術者が懐中電灯を頼りに壁に直接書きとめた 冷却水のメーターの数値など、事故当時の必死の闘いが生々しく蘇ります。汚染 水を貯蔵する巨大なタンクが敷地内に350基並んだ映像。でも刻々と水は増え 続ける一方でタンク建設はどこまで続ければいいのか、気が遠くなります。

一般家屋の除染作業をしている映像では、歯磨きブラシ程度の鋼鉄ブラシで1セ ンチ1センチ、ごしごしと民家のブロック塀をこすり落としている作業員の手元 をカメラがじっと追います。それが一区画終わって数値を測って、規定内に下 がっていれば合格。レポーターはその作業員にその同じ塀の外側の部分をしめ し、地面に計測器を当てると数値は一挙にはねあがる。何もコメントしなくて も、あなたたちがやっていることはまったく無意味だというレポーターの思いが 伝わってくる編集です。畑に延々と並べられた廃棄物の黒いビニール袋の山も、 増え続けるばかりで、この番組を見た人は、事故収束なんてとんでもない、と はっきりわかってくれるでしょう。

そのうちきっと日本でも翻訳字幕がついてネットで流されるでしょうから、広 まってほしいものです。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝も川内(せんだい)原発のことからはじめます。きょうは、福井地裁判決の控 訴審が始まる日でもあります。
昨日までに「九電社長が川内原発周辺8市町長に説明したが再稼働に異論出ず」 という見出しの記事が見えます。
ところで、11月3日、経産相は、川内(せんだい)原発を視察した際に、九電社員 を前にした訓示で、「かわうち原発」と発したことは記憶にとどめておきましょ う。(昨日紹介したテレビニュースの画像にあります)

さて、先ずは、再稼働反対運動を伝える記事から、現地の昨朝刊にあったようです、
1.「反原発派市民訴え 「理解進んでない」 鹿児島県庁前 [鹿児島県]」西日 本2014年11月04日 00時23分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/124767
「?川内原発の再稼働を要請するため、宮沢洋一経済産業相が鹿児島県の伊藤祐 一郎知事を訪問した3日、県庁前では再稼働に反対する市民が集まり、住民の不 安に耳を傾けるよう訴えた=写真。県庁前では反原発派の市民が10月下旬から 座り込みを続けている。この日は、宮沢経産相に直接声を届けようと県内外の約 70人が集まり、約3時間、「再稼働反対」などと声を上げた。
鹿児島市の「反原発・かごしまネット」の杉原洋さん(66)は「再稼働のスケ ジュールは進んでいくが、住民の理解も進んでいると勘違いしてもらっては困 る」。5~7日の臨時県議会に向けて、同市の松永三重子さん(62)は「県議 には、党よりも、投票した県民一人一人の思いを受け止めて、意思表明してほし い」と注文した。」=2014/11/04付 西日本新聞朝刊=

1’.「経産相が鹿児島知事と会談 「再稼働反対」住民抗議 県庁前」しんぶ ん赤旗2014年11月4日(火)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-11-04/2014110415_01_1.html
「県庁前では、再稼働に反対する住民ら約100人が「大臣は県民の声を聞け」 「川内原発再稼働反対」と抗議の声をあげました。・・・抗議集会では、ストッ プ再稼働!3・11実行委員会の杉原洋さんが、「このまま再稼働に突き進むこ とは許されない」と再稼働阻止を呼びかけました。日本共産党のまつざき真琴県 議、井上勝博薩摩川内市議が参加。まつざき県議は「知事に私たちの命を預ける ことはできない」と抗議しました。住民らは、会談の行われている庁舎に向かっ て「再稼働反対」「大臣帰れ」と3時間余りコールを繰り返しました。・・・」

そして、昨日も次のような行動が、
2.【動画】川内原発再稼働に反対する市民団体が県に要請書提出」KTS鹿児島 2014/11/04
「川内原発の再稼働に反対する市民団体が、現状の避難計画は違法な状態にある として、県議会などに対し再稼働に同意しないよう求める要請書を提出しまし た。原発に反対する県内外の10の市民団体の代表者らが4日、県議会を訪れま した。
「現状の避難計画では一部の避難施設が津波などの危険区域に指定されたまま で、災害対策基本法に違反している」などとして川内原発の再稼働に同意しない ことを求める要請書を、県議会や伊藤知事あてに提出しました。また、それとは 別の原発ゼロをめざす鹿児島県民の会は川内原発の再稼働に反対する6317人 分の署名を伊藤知事あてに提出し、県母親大会連絡会は伊藤知事に対し川内原発 の再稼働に反対するよう要請しました。」

2’.「原発避難計画の違法性について申し入れ」南日本放送 [11/04 18:59]  ※映像あり
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2014110400006163
「原発事故を想定した県の避難計画には違法性があるとして、市民団体が違法な 状態で川内原発の再稼働に同意しないことなどを求めた要請書を県議会などに出 しました。4日は反原発・かごしまネットなど10団体が県議会を訪れ、池畑議 長や議員あての要請書を手渡しました。要請書によりますと、県が原発事故を想 定して作った避難計画では、避難施設や一時集合場所が津波などの危険区域にあ り、4月に改正された災害対策基本法の基準に違反しているとしています。ま た、原発に影響を及ぼすような巨大噴火について前兆現象が捉えられるとした九 州電力の説明は、日本火山学会の見解と異なるとしています。
その上で、5日からの県議会で川内原発の再稼働に同意しないことや、避難計画 の住民も加えた見直しを求めています。市民団体によりますと要請書は、伊藤知 事あてにも提出したということです。」

さて、この市長も市民の声を無視した!!
3.「いちき串木野市長 九電に同意の拡大求めず」 KYT鹿児島読売テレビ11/4 19:14
http://www.kyt-tv.com/nnn/news8725558.html
「九州電力の瓜生道明社長は4日、川内原発から30キロ圏内の首長に対する安 全性確保に関する取り組みの説明を終えた。この日瓜生社長は、いちき串木野市 や阿久根市など4つの自治体の首長と面会。このうちいちき串木野市の田畑誠一 市長は、市内には、川内原発から最も近いところで5・4キロの場所があるこ と。市議会が、再稼働の際の地元の同意の範囲にいちき串木野市も含めるよう求 める意見書を可決していることなど再稼働を巡る市の現状を説明した。
川内原発を再稼働する際の地元の同意の範囲について、伊藤知事は、九州電力と 結んでいる安全協定などを根拠に「県と薩摩川内市」としているが、田畑市長 は、安全協定の見直しには言及せず、「原発に近い地域なりに意見をくんでもら いたい」と要望するにとどまった。いちき串木野市長田畑誠一市長は、「(去 年)私どもも立地市に近い状況の安全協定を結んだつもり。同意の範囲を地方に 任せるのではなく国の方に一定のルールを作ってもらいたいと思う」と述べた。 瓜生社長は「私たちの考え方、決意を各首長に説明した。勝手な思いだが、一定 のご理解は頂けたかなという思いはある」と述べた。」

3’.「九電社長が原発周辺首長会談」NHK鹿児島11月04日 18時46分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055792111.html?t=1415103431851
「・・・薩摩川内市を除く原発周辺の8つの市や町の市長や町長らと4日までに 個別に会談を行い、原発の安全対策について説明を行いまし た。・・・・」・・・映像はありません。

3”.「九州電力、瓜生社長 30キロ圏8首長との面会終える」南日本放送  [11/04 18:54] ※映像あり
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2014110400006160
「・・・・4日は鹿児島市でさつま町、長島町、いちき串木野市、阿久根市の4 人の市長・町長とそれぞれ個別に面会しました。・・・・瓜生社長と原発30キ ロ圏の8人の市長・町長との面会は4日で全て終了しましたが、8人は「社長の 決意が伝わった」などと一定の理解を示しています。」

3”’.「<川内原発>8市町長に九電社長が説明 再稼働に異論出ず」毎日新聞 11月4日(火)?21時39分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141104-00000121-mai-soci
「面談後の取材には、さつま町の日高町長と長島町の川添健町長が「再稼働やむ なし」と再稼働容認の姿勢を示した。他の6人は「議会の判断を見て意見を言 う」(田畑誠一・いちき串木野市長)などとして明言を避けたが、再稼働に否定 的な見解を示した首長はおらず、市議会が再稼働反対の意見書を可決した姶良市 の笹山義弘市長も反対しなかった。再稼働における自らの自治体の同意権は、4 人が不要という考えだった。・・・・
いちき串木野市で人口の半数を超える再稼働反対署名を集めた市民グループメン バーの高木章次さん(63)は「田畑市長は再稼働反対と同意権の必要性を九電 社長にしっかり言うべきだ。市議会の意見書も無視している」と批判した。
日本原子力発電東海第2原発が立地する茨城県東海村で脱原発を訴えた村上達 也・前村長は国や県の判断を待つ姿勢について「生命・財産を守る首長として市 民の負託に応えていないことになる」と話した。」

鹿児島県議会では、
4.「再稼働の可否意見集約せず 自民党県議団結論見送る 」KKB鹿児島[11/4]
http://www.kkb.co.jp/news_move/jchan_move_detail.php?news_flg=0¶m1=0¶m2=0¶m3=0
・・・文による記事がありません、是非映像をごらんください。

4’.「【動画】原発、自民党県議団の結論は」KTS鹿児島 2014/11/04
http://news.ktstv.net/e53096.html
「川内原発の再稼働をめぐって5日から臨時の県議会が開かれるのを前に最大会 派の自民党県議団は再稼働に賛成する陳情を採択するかどうか協議しましたが、 結論は見送りました。県議会の最大会派、自民党県議団の総会では川内原発から 30キロ圏内の市や町の選出議員らが「もう少し地域の声を聞きたい」などと述 べたということで、4日の段階で県議団としての結論を出すことは見送りまし た。自民党県議団は安倍総理に対して改めて会見を開き、原子力行政について国 の姿勢を示すよう要望しているということです。
このほか自民党県議団は、原発から30キロ圏内の市や町への財政支援を強化す るよう求める総理あての意見書を県議会に提出することを決めたということで す。臨時の県議会は4日から3日間の日程で開かれ、最終日の今月7日に再稼働 をめぐる県議会としての判断が示される見通しです。」

昨日他紙既報の記事、
5.「川内原発 経産相と会談 知事、再稼働前向き」東京新聞2014年11月4日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014110402000190.html
「宮沢洋一経済産業相は三日、鹿児島県の伊藤祐一郎知事や県議会の代表と県庁 などで会談し、九州電力川内(せんだい)原発1、2号機(同県薩摩川内市)の 再稼働への理解を求めた。知事は会談後の記者会見で「再稼働の必要性を明解に 説明してもらった」と述べ、同意に前向きな意向を示した。七日に県議会が同意 する可能性が高く、その後、知事も同意を表明する見通し。・・・
宮沢氏は薩摩川内市と県庁がある鹿児島市に立ち寄っただけで、再稼働に同意す る「地元」に加えるよう求める声が目立つ原発の周辺自治体を訪問しなかった。 原発事故の発生で被害を受けるこうした自治体で不満が強まる可能性もある。宮 沢氏は知事らとの会談前に川内原発を視察した。」」

玄海原発関連、
6.「伊万里市長九電対応に憤慨」NHK佐賀11月04日 13時09分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5085853891.html?t=1415128722242
「先月28日、九州電力・玄海原子力発電所の原子炉補助建屋でブレーカーが燃 えた火災で、原発30キロ圏の伊万里市への通報が遅かったことについて、伊万 里市の塚部市長は「今回は、初動態勢を試されるケースだったが、九州電力の対 応には憤慨している」と述べ、九州電力に対応の改善を求めました。
先月28日に、玄海原発3・4号機の原子炉補助建屋で、放射性物質を扱う部屋 のブレーカーが燃えた火災では、九州電力からの通報が立地自治体の佐賀県には 35分後に、玄海町には40分後にそれぞれ行われましたが、30キロ圏の伊万 里市に行われたのは、1時間13分後でした。
また、30キロ圏より外側の佐賀市には、伊万里市の5分前に、福岡市には伊万 里市の1分前にそれぞれ伝えられていました。
これについて、伊万里市の塚部市長は、4日の記者会見で、「早い段階で連絡が なければ住民を避難させる対応がとれない。今回は、初動態勢を試されるケース だったが、30キロ圏外の自治体より連絡が遅れた九州電力の対応には憤慨して いる」と述べ、九州電力の対応を批判しました。・・・・
塚部市長は、「差をつけることなく一斉に連絡することは重要で、改善策は了承 した」としたものの、「まだまだ原発への総合的な信頼という点ではOKという わけにはいかない」と述べ、九州電力にさらなる改善を求めました。」
6’.「玄海原発火災連絡遅れ・伊万里市長「憤慨」佐賀テレビ(2014/11/04 20:05)
http://www.sagatv.co.jp/news/
「・・・さらに塚部市長は「2年前にも同じような火災があっていて、信頼性と いう意味では疑問を抱かざるを得ない。一斉メールなどを盛り込んだ改善策は了 解するが一抹の不安は消えない」と述べました。また鹿児島県の川内原発をめぐ る再稼働への動きについては「最高の原子力規制委員会のお墨付きだということ だけで再稼働に前のめり。周辺の自治体の皆さんの不信感、不安というのを置き 去りにして原発の再稼働が進んでいっているような気がする」と述べました。塚 部市長は事故の際、周辺自治体にも影響が出ることは明らかで原発の再稼働には 周辺自治体の同意が必要という見解をあらためて強調しました。」

6”.「伊万里市長 連絡体制改善策を了承も、九電に不信感」佐賀新聞2014年 11月04日 19時34分
http://www.saga-s.co.jp/column/genkai_pluthermal/20201/121894

7.「(佐賀県)原発テーマに英語ディベート 決勝は唐津東対決」佐賀新聞 2014年11月04日 10時30分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/121708
「第9回県高校英語ディベート大会が2日、佐賀市本庄町の佐賀大学で開かれ た。7校から3人編成の17チームが出場。「日本は原発を廃止すべきである」 を論題に肯定、否定側に分かれて英語で論戦を繰り広げた。・・・・」?

8.「(宮崎県)九電 宮崎県内住宅や学校、一安心 再生エネ買い取り一部再 開」宮崎日日2014年11月4日
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_9040.html
「九州電力が再生可能エネルギー(再生エネ)の買い取り受け付け中断を一部解 除したことで、宮崎県内では止まっていた宮崎市の公共施設の屋根貸し事業が一 部再開し、住宅用の太陽光発電も次々と開始される見通しとなった。一方で、依 然として中断を余儀なくされている事業者は多く、県消費生活センターには深刻 な相談も。再生エネ普及に取り組む専門家は「この機に制度の抜本的な見直し を」と指摘する。」

こちら、とんでもないことが、
9.「「原発の必要性」研修計画 国認定・環境カウンセラー 講師は九電広報 担当」東京新聞2014年11月4日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014110402100003.html
「環境問題への意識を高めてもらおうと、環境省が認定する「環境カウンセ ラー」に受講が義務付けられる研修で、九州地方環境事務所(熊本市)が、原発 の必要性を説明する講習を計画していることが分かった。講師は川内(せんだ い)原発(鹿児島県)の再稼働を目指す九州電力の広報担当で、違う立場の講師 は招かれない。一方的とも取れるやり方に、現役カウンセラーから疑念の声が上 がる。」・・・・
本紙の取材に、九州地方環境事務所の担当者は「誘導する意図はない。川内原発 の再稼働にからめて時事的な問題を扱った。九電の話を聞いて『考え方は違う』 という議論が起きるかもしれない」と話した。
環境省環境教育推進室は「内容を承知していないので答えられない。今回の研修 は『持続可能な開発』のための視点を入れてもらいたいという依頼はしたが、原 発の必要性をテーマにするようには言っていない」とコメントした。
一方、森林保全などの活動に取り組んできた環境カウンセラーの女性(67)は 「とてつもない環境破壊をしたのは原発。世界が再生可能エネルギー導入に注力 する中で、こんな講習をやっていては世界から冷笑される。真っ先に再生エネの 買い取りを中断した九電を講師とする感覚も信じがたい」と怒った。

9’.「批判受けて変更(検討) 九州地方環境事務所:「原発の必要性」題して 研修を計画」毎日新聞 2014年11月04日 21時22分
http://mainichi.jp/select/news/20141105k0000m040103000c.html
「環境省が認定する「環境カウンセラー」が受講を義務付けられている研修をめ ぐり、九州地方環境事務所(熊本市)が「原発の必要性」と題して九州電力広報 担当者の講演を計画し、原発推進の立場との誤解を招くなどと批判を受けて変更 することが4日分かった。環境省の環境教育推進室は「慎重さが足りなかった。 講師や演題の変更を検討したい」と説明している。
環境カウンセラーは専門知識や経験のある人が対象で、市民団体や事業者などの 環境保全活動に助言を行う人材として登録。国家資格ではないが、定期的に環境 省の地方事務所が実施する研修を受ける必要がある。」(共同)
・・・指摘を受けて、早速こんなこと、わかってやっていたはずですが!!

福島第1原発、
10.「使用防護服、山積み 25メートルプール70杯分」毎日新聞 2014年 11月04日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20141104ddm002040057000c.html
東京電力福島第1原発で、作業員が着た使い捨ての防護服が、低レベル放射性廃 棄物としてたまり続けている。9月末で敷地内に保管されている使用済み防護服 は、25メートルプール約70杯分に相当する3万3300立方メートル。東電 は当初予定より約半年遅い来秋から焼却設備を稼働する予定だが、発生量の増加 に処理が追い付かない可能性もある。汚染水対応などの作業が新たな廃棄物を生 む構図は、当面改善しそうもない。?????????
同原発で施設建設やがれき処理に当たる作業員は1日約5800人(8月平 均)。全員が被ばく防止の作業着を身に着ける。マスクや安全靴は洗って再利用 するが、不織布のつなぎ(タイベックスーツ)▽三重の手袋▽二重の靴下--など は使い捨てだ。汚染土・水が付いている場合もあり、放射性廃棄物の扱いになる。
防護服は約1メートル四方のコンテナに詰めて施設内8カ所に野積みされ、ここ 半年は毎月約1000立方メートルずつ増えている。東電は2012年12月、 防護服などを燃やして量を数十分の1に減らす設備を、6号機北側に新設すると 国に申請した。当初は今年度末に稼働する計画だった。しかし東電は今年7月、 汚染水対策などを優先するとして、工期を延長。稼働は来年10月に先送りされ た。焼却の開始後も、処理が追い付くかどうかは微妙だ。東電が原子力規制委員 会に示した試算では、焼却設備の1カ月の処理量は960立方メートルで、毎月 の発生量とほぼ同じ。原発の作業員は増加傾向が続くとみられ、このままでは廃 棄物はたまる一方になる。

10’.「福島第1原発:防護服…たまり続ける低レベル放射性廃棄物」毎日新聞  2014年11月04日 06時20分
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20141104k0000m040111000c.html
・・・長い記事です。絵があります。

国会で、
11.「中間貯蔵法案が衆院通過=30年以内に福島県外で処分」時事通信?11月4 日(火)12時32分配信
全文「東京電力福島第1原発事故の除染で発生した汚染土などを保管する中間貯 蔵施設の関連法案が、4日の衆院本会議で賛成多数で可決された。参院審議を経 て今国会で成立する見通し。安全確保など国の責任を明記し、30年以内に福島県 外で最終処分を完了させる内容で、国は来年1月の汚染土搬入開始を目指す。」

被災地フクシマ、
12.「中間貯蔵15年1月搬入「難しい」 政府、目標断念の見方」【福島民 友新聞】(11/04 10:25)
http://www.minyu-net.com/news/news/1104/news8.html
「県内の除染で出た汚染土壌などを保管する中間貯蔵施設の建設をめぐり、政府 内で、来年1月とした施設への搬入開始を断念せざるを得ないという見方が強 まっている。建設候補地の大熊、双葉両町の地権者との交渉が前進するめどが立 たず、あと2カ月に迫っても建設用地を全く取得できていないためだ。環境省は 「最大限努力する」と繰り返すが、もはや目標達成は“風前のともしび”の状 態。・・・・」

13.●「原発周辺、車内も高線量 国道6号ルポ」東京新聞2014年11月4日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014110402000191.html
東京電力福島第一原発事故による通行制限が九月に解かれた福島県内の国道6号 を、先月中旬から下旬にかけて車で走った。沿線の田畑は荒廃し、繁殖力が強い セイタカアワダチソウに覆われていた。遠くには福島第一の排気筒や廃炉作業の 大型クレーンが見えた。・・・・
二マイクロシーベルトでアラームが鳴るように設定しておいた線量計は大熊町に 入る辺りで鳴りっぱなしに。数値は上がり続け、福島第一から二キロ足らずの同 町夫沢(おっとざわ)では、最高の五・五マイクロシーベルトに達した。・・・・
通行は可能になったものの、窓を開けて走ったり、停車して外に出たりすること はできない。帰還困難区域に許可なく立ち入らないよう、国道から集落に入る道 には検問がある。
気になったのは検問の警備員が高線量の中、マスクだけの軽装で立っていたこと だ。防護服は着ていない。線量が二・五マイクロシーベルトを超える場所では、 放射線を低減するため足元に鉄板を敷いているものの、効果は限定的。話を聞こ うとしたが、早く立ち去るよう促された。・・・・・・・・」

14.●「いわき市、側溝の汚泥「土砂上げ」足踏み」河北新報2014年11月04日 火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201411/20141104_61002.html
「いわき市で福島第1原発事故の後、道路側溝の汚泥を取り除く「土砂上げ」が できない状態が続いている。放射性物質の影響で、汚泥の処分が難しいためだ。 除染対象地区の一部では、道路除染の一環として年内に着手できる見込みだが、 市は「このままでは、排水不良や悪臭が問題になりかねない」と頭を抱え る。・・・・
市除染対策課は「側溝から上げた汚泥は、仮置き場を造って一時保管したり、 8000ベクレル以下を市の処分場に搬入したりすることになる。だが、いずれ も周辺住民の理解が得られないのが現状だ」と説明する。・・・・」
・・・・汚染された地域では、側溝の汚泥に放射性物質が体積する。

15.●「郡山で子どものこころと未来を育むシンポ」福島民報?11月4日(火)11 時34分配信
全文「「福島子どものこころと未来を育むシンポジウム」は3日、福島県郡山市 のビッグパレットふくしまで開かれ、子どもの支援に取り組むNPO団体代表ら が活動の在り方を探った。関係団体が情報共有し、連携を強めるのが狙い。 NPO法人「福島子どものこころと未来を育む会」が県の委託を受けて催した。 8団体から約70人が参加し、団体ごとに活動内容を発表した。東京電力福島第 一原発事故後の子どもの心のケアや、理想的な成育環境づくりについての報告も あった。」

15’.「“子ども支援”連携探る 郡山で関係団体がシンポジウム」福島民友新 聞?11月4日(火)11時31分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/1104/news9.html
「・・・・子ども向けの相談業務や医療支援、遊び支援に取り組む団体がそれぞ れ発表を行った。このうち福島大子どものメンタルヘルス支援事業推進室の桝屋 二郎特任教授は、小中学校や高校で行っている心の教育プログラムや巡回相談な どの活動を紹介。「支援が届いていない子どもはまだたくさんいると感じてい る。震災、原発事故から約3年半がたったが、楽観視してはいけないと思う」と 話し、継続したケアの必要性を強調した。」

16.「大熊町制60周年祝い記念式典 復興目指す決意新た」福島民報?11月4 日(火)9時15分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2014110419054
「大熊町の町制60周年記念式典は3日、会津若松市の会津若松ワシントンホテ ルで開かれた。東京電力福島第一原発事故による全町避難が続く中、町民の絆を 保ち復興を目指す決意を新たにした。関係者ら約150人が出席した。渡辺利綱 町長が「古里に戻れずに60周年を迎えることにもどかしい思いはある。避難先 で触れた温かい思いに感謝し、復興を加速して次の節目の年を全員が笑顔で迎え られるように全力を尽くしたい」と式辞を述べた。千葉幸生町議会議長があいさ つした。・・・・」
・・・・無念な思いがいっぱいのはず、この先どうなる!!

17.「広野町に放射線相談室を設置」NHK福島11月04日 13時32分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055864501.html?t=1415128993524
「原発事故で避難した住民の帰還が課題となっている広野町で、専門の職員が住 民の放射線に対する不安などの相談に応じる相談室が、新たに設けられました。 これは、放射線に対する住民の不安を払拭し町への帰還につなげようと、広野町 が町役場の中に設けました。
4日は、遠藤智町長が、常駐する2人のスタッフに委嘱状を手渡し、「放射線に 対する理解を深めることが大切なので、相談室の活動を通じて住民が安心して町 に戻れるよう取り組んでほしい」と呼びかけました。
相談にあたるのは、看護師などの資格を持つ町民などで、健康への不安など日常 的な相談に応じるほか、町外の避難先を訪れて聞き取りを行ったり、専門家を講 師に招いて放射線に関する講演会など行ったりする予定です。・・・相談室はス タッフの研修を終える来年1月から、本格的に活動を始めることにしていま す。・・・」

18.「4日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定 値」福島民報11月5日朝刊紙面
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
・・・・「放射性物質の検査結果(穀類)」。

19.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野 新聞11月4日17:30
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20141104/1768535
▼空間放射線量率(4日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1 メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

20.「【栃木】旬の県産キノコいかが 鬼怒川温泉でイベント」東京新聞2014 年11月4日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20141104/CK2014110402000127.html
「旬の季節を迎えた県産キノコをPRする県主催のイベントが三日、日光市の東 武鬼怒川温泉駅前であった。福田富一知事も参加し、観光客らにキノコ汁を振る 舞って宣伝に努めた。県が十月から展開する「とちぎのきのこフェア」(今月三 十日まで)の中間イベントとして企画された。シイタケやマイタケなど四種類の キノコが入ったキノコ汁は大鍋で六百人分が用意され、周囲に長い列ができると 福田知事やスタッフが大忙しでよそいながら一人一人に手渡した。・・・イベン トには東京電力福島第一原発事故に伴う出荷制限が解除された生産者五人も参加 した。直売コーナーでは消費者と触れ合いながら、シイタケなどを販売して笑顔 を見せていた。・・・」

原発施設、
21.「浜岡原発の廃炉作業公開=1、2号機、36年度に完了―中部電」時事通 信?11月4日(火)16時47分配信
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201411/2014110400702&g=soc
「中部電力は4日、浜岡原発(静岡県御前崎市)の1、2号機で行っている廃炉作 業を報道公開した。商業原発の軽水炉では初の廃炉で、2036年度に完了する予 定。同社は09年1月に1、2号機の運転を終了し、その後、廃炉作業を順次開 始。・・・・・・」

22.「老朽化影響、敦賀原発の廃液系配管に水漏れ跡36カ所 停止中の1号 機」福井新聞ONLINE?11月4日(火)17時23分配信
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/56567.html
「日本原電は4日、定期検査で停止中の敦賀原発1号機(沸騰水型軽水炉、出力 35・7万キロワット、福井県敦賀市)の廃棄物処理建屋にある廃液処理系統の配 管溶接部から水が漏れた問題で、この配管の溶接部159カ所を調べた結果、36カ 所で水漏れの跡を確認したと発表した。いずれも応急補修を行い、他の123カ所 も予防的な補修を施した。・・・・・・・・・」

23.「基準地震動、上方修正へ 大間原発」河北新報2014年11月01日土曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201411/20141101_23041.html
電源開発(Jパワー)の北村雅良社長は31日、東京で記者会見し、原子力規制 委員会による新規制基準適合性審査に申請予定の大間原発(青森県大間町)につ いて、耐震設定の前提となる基準地震動を現在の450ガルから引き上げて申請 する方針を明らかにした。・・・大間原発は現在建設中で、申請すれば新規原発 を規制委が審査する初のケースとなる。

24.「(プロメテウスの罠)検証もんじゅ:17 失敗したら機構消滅」朝日 デジタル2014年11月4日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11437360.html
「◇No.1087 1台のワゴン車が毎週、福井県敦賀市のもんじゅ前に止ま る。乗っているのは日本原子力研究開発機構の理事長、松浦祥次郎(78)。職 員と直接対話するため、東京から主に週末にかけつける。安全に対する考えを全 職員に伝えたい。そう考えて始めた対話は、9月までに計30回、226人に及 ぶ。昨年夏の対話では、中堅の職員からこんな発言があった。「我々はしっかり 仕事している。何を変える必要があるのか」松浦は驚いて言った。「そういう考 え方が安全文化崩壊の第一歩。より高いレベルを常に問い直す姿勢にかえてくだ さい」子や孫ほど年の差がある職員たちと、約2時間、話し込む。・・・・」
・・・驚きの実態ですね!!

25.「(ロシア)ロシア南部の原発、緊急停止=放射能漏れなし」時事通信 2014/11/04-18:10
全文「【モスクワ時事】ロシア南部ロストフ州ボルゴドンスクのロストフ原子力 発電所で4日朝、1、2号機が緊急停止した。インタファクス通信が伝えた。南 部一帯への送電がストップしたが、放射能漏れなどの異常はないという。ロスト フ原発には加圧水型原子炉が2号機まであり、それぞれ2001年と10年に稼 働開始。現在3、4号機の建設が進められている。」

原発立地地域、
26.「(北海道)佐藤のりゆき氏、知事選出馬を正式表明」朝日デジタル2014 年11月5日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASGC451BLGC4IIPE00Y.html
「フリーキャスターの佐藤のりゆき氏(64)が4日、来春の知事選に立候補す ることを正式に表明した。「道を前進させるには企画と実行力が必要だ」と述 べ、道運営に企業経営の手法を採り入れることを掲げた。・・・また佐藤氏は北 海道電力泊原発の再稼働に反対の考えを示し、「国から再稼働への同意を求めら れたら、道民投票などで意見を聞きたい」と述べた。・・・」

27.「(愛媛)医療・福祉施設の9割が避難計画 原発30キロ圏」朝日デジ タル2014年11月5日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASGC451HZGC4PFIB00K.html
「県は4日、四国電力伊方原発(伊方町)から半径30キロ圏内の医療機関と福 祉施設に要請していた重大事故時の避難計画が、対象施設の94・3%で策定さ れたと発表した。県が8、9月に説明会を開いて作成例を示し、10月末までの 策定を求めていた。県保健福祉課によると、対象となる314施設のうち296 施設が10月末までに避難計画を提出した。施設の種類別では、救護・授産(2 施設)と児童福祉(63施設)が100%だったほか、医療機関が27施設中 22施設(81・5%)▽老人福祉・介護保険が139施設中128施設 (92・1%)▽障害福祉が83施設中81施設(97・6%)だった。・・・」

28.●●「大飯原発差し止め訴訟5日控訴審 福井地裁判決の是非を問う」福井 新聞ONLINE?11月4日(火)8時1分配信
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/56518.html
「福井県などの住民が関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し 止めを関電に求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が5日、名古屋高裁金沢支部で開 かれる。東京電力福島第1原発の事故後、初めて原発の運転を認めないと判断し た一審福井地裁判決の是非を問う審理が始まる。・・・・」

参考記事、
29.「請求は一人100円でいいじゃん」原発メーカーに奇策で挑む「ロック弁 護士」」弁護士ドットコム?11月4日(火)19時3分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141104-00002241-bengocom-soci
長ーい記事「一人当たり100円を支払え」。原発事故を招いた責任があるとして 原発メーカーの日立と東芝、ゼネラル・エレクトリックを訴えた裁判で、原告が 訴状に書いた請求の内容だ。つまり、この裁判に勝ったとしても、原発メーカー から支払われるのは、原告一人あたり100円にすぎないということだ。「原発 メーカー訴訟の会」原告団は、2014年1月30日(第一次訴訟)と3月10日(第二次 訴訟)、東京地裁に提訴した。4200名以上(海外から2700名以上)に及ぶ原告の 委任状と原告リストの照合に時間がかかっており、法廷で弁論が開かれるのは、 年明けになる見込みだという。・・・・・・・・・・」

30.「原発の火山基準見直せ 学会が規制委に提言」しんぶん赤旗2014年11月4日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-11-04/2014110401_03_1.html

31.「赤旗まつり 討論・再稼働ストップ! 原発ゼロの実現求めて」しんぶ ん赤旗2014年11月4日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-11-04/2014110402_02_1.html
「赤旗まつりの野外ステージで3日、パネル討論「再稼働ストップ! 原発ゼロ の実現求めて」がおこなわれました。・・・・司会を兼ねた日本共産党の笠井亮 衆院議員、神山悦子党福島県議団長、首都圏反原発連合の越後芳(かおり)さ ん、反原発・かごしまネット代表の向原祥隆(むこはら・よしたか)さんがパネ リストとして登壇しました。・・・・・
越後さんは「3・11まで政治に無関心だったが、安倍政権の危うさにいても たってもいられず、路上で叫び続けている。この会場を埋めつくす人を見て、こ れだけの人がいたら、変えることができると思った。官邸前に来てください」と 訴えました。向原さんは「私たちは権力の脅しに屈する臆病者ではない。一歩も 引かず、再稼働を断念させるまで頑張っていきたい」と語りました。・・・・」

32.「(社説)川内原発―再稼働同意は早すぎる」朝日デジタル2014年11月5日 02時11分
http://www.asahi.com/articles/ASGC43CDYGC4USPT006.html

33.「「12月2日衆院解散、12月14日投開票」 飯島勲内閣官房参与のテレビ 発言で騒然」J-CASTニュース?11月4日(火)19時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141104-00000009-jct-soci&p=2
「安倍晋三首相の側近である飯島勲氏が、・・・・・政治評論家の有馬晴海さん は、その可能性は強いとの見方を示す。「来年以降は、消費税増税のほか、集団 的自衛権の法案審議、原発の再稼働などが控えていて、選挙はできないでしょ う。今国会に重要法案がなかったのは、選挙をやるつもりだったからですよ。問 題が指摘された大臣を変える好機ですし、株価も上がってきたので、年内にやる のではないかと思っています」解散は11月19日が考えられ、飯島氏が言った12月 2日は公示日ではないかという。そうでないと、選挙準備ができないから だ。・・・・・」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
30面に、
「川内再稼働、5市長は静観 九電、周辺首長へ説明終了」西日本電子版2014年 11月05日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/49156/1/
「・・・・再稼働への賛否については、姶良市の笹山義弘市長、長島町の川添健 町長、さつま町の日高政勝町長が容認の姿勢を見せた。一方で、説明初日の10 月30日に瓜生社長と面談した出水市の渋谷俊彦市長は「県の判断を見守りた い」と述べるなど、残りの5市長は明言しなかった。・・・・・」

今朝の紙面は以上です。(11.5.5:08) ※今朝は一部地域の検索がで きていません。
※この新聞記事紹介は、この時間を過ぎた頃には次のフェイスブックにも毎日貼 り付けています。
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu
※この新聞記事紹介でお気づきのことがあれば⇒ ysykf@yahoo.co.jpへ。

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2323】
2014年11月4日(火)地震と原発事故情報-7つの情報をお知らせします
転送歓迎
━━━━━━━
★1.「原発反対!」怒りを行動に!
川内原発は、免震重要棟ナシ、火山噴火対策ナシ、避難対策ナシ
山田純一(再稼働阻止全国ネットワーク・たんぽぽ舎)

★3.10月29日に鹿児島県知事、鹿児島県議会議員に速達で手紙を送りました。
鹿児島県知事への手紙を掲載します。
水尾寛己(たんぽぽ舎会員)
★4.第14回東京電力本店合同抗議  予定道り開催致します。
ぜひ多くの方の参加を,お願いします。
プラカード、ノボリ旗をたくさん持参して下さい。
★5.官邸前から帰り道、清志郎と芋に思う、やっぱり原発、あってはいけない よね。
10月31日第124回首相官邸前抗議レポート
にしざきやよい   (たんぽぽ舎会員)
★6.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
◆「わが家に電力自由化がやってくる!」講演会(電力システム改革のゆくえ Vol.3)(11月16日)
◆ 「浜岡原発の危険性について」講演会のお知らせ(11月22日)
◆ 「もんじゅ・西村怪死事件の真相を究明する会」結成の集い(11月24日)
★7.新聞より4つ
◆川内、事故なら責任は【金曜日の声 官邸前】  (11月1日東京新聞より)
◆使用済み核燃料 韓国原発で落下   09年、作業員が回収、公表せず   (11 月4日東京新聞より抜粋)
◆再稼働 立地以外の30キロ圏首長  「周辺も同意必要」54% 本社調査 (11月4日朝日新聞見だし)
◆同意不要 周辺は不満 「判断せずリスクのみ」原発30キロ圏調査     (11月4日朝日新聞見だし)
━━━━━━━
※11/5川内原発再稼働をやめろ!九州電力東京支社抗議行動
日時:11月5日(水)17時30分~18時30分
場所:九州電力(株)東京支社  JR有楽町駅日比谷口の目前
東京都千代田区有楽町1-7-1有楽町電気ビルヂング北館7F
主催:再稼働阻止全国ネットワーク(たんぽぽ舎も参加、構成団体)
━━━━━━━
※第14回東京電力本店合同抗議
東電解体!汚染水止めろ!柏崎刈羽原発再稼働するな!原発再稼働は日本を滅ぼす
日 時:11月5日(水)19時~20時
場 所:東電本店前(JR・地下鉄新橋駅徒歩5分、JR有楽町駅徒歩10分)
よびかけ:経産省前テントひろば・たんぽぽ舎
━━━━━━━
┏┓
┗■1.「原発反対!」怒りを行動に!
|  川内原発は、免震重要棟ナシ、火山噴火対策ナシ、避難対策ナシ
└────  山田純一(再稼働阻止全国ネットワーク・たんぽぽ舎)

○30年経過のオンボロ川内原発の再稼働手続きが、政府、経産省、原子力規制 委、薩摩川内市、鹿児島県、九電が一体となり進められています。
しかし川内原発は、免震重要棟ナシ!フィルターベント設備ナシ!火山噴火対 策ナシ!事故時の避難対策ナシ!地震対策デタラメ!です。
福島原発過酷事故の悲惨な現実・・・未だに14万人の避難者、100人以上の子 供の甲状腺ガン発生(原子力ムラの必死の隠ぺい)、1753人の原発事故関連死 (2014.9.7現在、福島県発表)、自死者56人(2014.9現在)。
これが原発事故の現実であり、福井地裁判決の言う様に「国富の損失」であ る。原発事故の避難問題とは「避難生活の問題」であり、「国民の永久棄民」の 問題です。
○そして福島原発事故責任を誰が取りましたか!
旧原子力安全委員会、原子力安全保安院、経産省、東電役員、原子力推進ムラ の誰も責任を取っていないのです。
東電勝俣会長、清水社長の家族は海外に「避難」しているではありませんか!
九電の瓜生社長は川内原発の過酷事故時に、業務上過失致死罪、自己破産の覚 悟があるのですか!
原子力規制委員会委員長 田中俊一(前原子力委員会委員長代理、元日本原子 力学会会長)は責任が取れますか!
鹿児島県知事、薩摩川内市長はどんな責任を取るのですか!
そして誰よりも安倍首相の責任は「原発は事故が起きれば数えきれない国民が 死傷する」事を知って再稼働するわけですから、最大の責任者です。
○原発の再稼働をさせない闘いは、正義の闘いです。
皆様!全国から あらゆる闘いの声を上げましょう!
我々は勝利できます。川内原発再稼働反対!

┏┓
┗■3.10月29日に鹿児島県知事、鹿児島県議会議員に速達で手紙を送りました。
|    鹿児島県知事への手紙を掲載します。
└──── 水尾寛己(たんぽぽ舎会員)

鹿児島県知事  伊藤 祐一郎  様
拝啓
先日、お手紙を差し上げた者です。
この度は、新聞記事で薩摩川内市長も、鹿児島県知事も九電の再稼働を受け入 れる方向で臨時市会、臨時県会が予定されているということで再稼働のことを危 惧して、お手紙をふたたび出した次第です。
臨時薩摩市会では再稼働を受け入れることを28日に決められたようで残念に 思っています。
鹿児島県においては、薩摩川内市が了解したからと言って、反対の市町村も 含めて鹿児島県の将来を見据えた判断をお願いいたしたく、別添の資料を県会議 員全員にお配りし、再稼働ストップないしは継続審議になりますようにお願いし ているところです。
火山噴火の可能性がある中では原発は廃炉にし、原発に頼らない電気事業を推 進させるのが安全な方向です。再稼働は火山噴火に伴う原発事故の可能性を大き くし、火力発電のような一過性のものとは違い、数百年から数万年まで放射能が 残り実質的に何世代にもわたって居住できない事態のリスクがあります。鹿児島 県民のために、早期に結論を出さず、継続審議など慎重な対応をお願い致します。
原発の問題点については、別添の湖西市長の三上氏がまとめられた資料を是 非、ご欄になって頂きたく思います。
鹿児島県民、日本人の現在、将来のためによろしくお願い致します。
敬具
※手紙には、放射能の問題点と福島厳しい一面を伝えるために三上湖西市長の まとめたカラーのちらしと甲状腺ガンが103名に増えた、福島の「子供脱被ばく 裁判」のちらしを同封しました。

┏┓
┗■4.第14回東京電力本店合同抗議  予定道り開催致します。
|  ぜひ多くの方の参加を,お願いします。
| プラカード、ノボリ旗をたくさん持参して下さい。
└────
東電解体!汚染水止めろ!柏崎刈羽原発再稼働するな!原発再稼働は日本 を滅ぼす
日 時:11月5日(水)19時~20時(開始時間ご注意下さい)
場 所:東電本店前(JR・地下鉄新橋駅徒歩5分、JR有楽町駅徒歩10分)
よびかけ:経産省前テントひろば・たんぽぽ舎
※なお、当日は前段17:30-18:30 九州電力東京支社抗議行動も行われます。
┏┓
┗■5.官邸前から帰り道、清志郎と芋に思う、やっぱり原発、あってはいけない よね。
|   10月31日第124回首相官邸前抗議レポート
└──── にしざきやよい   (たんぽぽ舎 )

今日も幸い、雨らしい雨も降らさず、抗議が終わった。抗議が終わると、足早 に帰る人が殆んどだ、そんな中、国会前から霞ヶ関の交差点に向かう中程に、清 志郎を歌う人達がいる。そのグループは、清志郎の歌(中には踊ってる人も)で皆 を賑やかに送ってくれる。清志郎、もっと生きていてほしい人ほど早く逝くよ ね。 今、清志郎が生きていたら、何に、”くだらねぇ”って言うかなぁ。音楽っ てイイよね、普通では口に出せないことが、言えたりするから。詩の力と、体に 刻むリズムと旋律。また、此処で会おうって送られてる感じがする。そう、さよ なら、また、来週。
清志郎に送られて、私もたんぽぽ舎の旗を持ち、テントまで帰る。テントで は、暖かい飲みもので、私達を迎えてくれる。お芋やクッキーをくれる人がい る、今日は、銀杏をくれる人がいた。人と何かを分かち合う心地よさが、ここに はある。これが、この気持ちが有るから、124回も続いているんじゃないかな。
お疲れ様。喉渇いてない?温まって行って、て声かけられて。嬉しいよね。私 が、単純だからかな?でも、人を気づかったり、気づかわれたり、それが、人間 らしい事だって思いたい。それが解れば、ホント、原発があってはいけないって 事がわかるよね。

┏┓
┗■6.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
└────
◆「わが家に電力自由化がやってくる!」講演会(電力システム改革のゆくえ Vol.3)
2016年春より家庭で電力会社を選べる時代が始まります。電力小売自由化 で料金は安くなる?高くなる? 原発フリーでCO2排出の少ない電気を本当に選 べるようになる?原発を優遇する制度を作ろうという動きがあるって本当?!そ して話題の市民電力の実力は?電力への疑問や期待に、再生エネにくわしい専門 家が答えます。電力自由化を通して真にグリーンな未来を手に入れることができ るのか、いっしょに考えましょう。
日時:11月16日 (日) 14:00~16:30(13:30開場)
会場:東京・国分寺LホールA(JR中央線国分寺駅ビル8階) 資料代:500円
講師  船津寛和さん(CNJ研究員・再生エネ等研究家)、都甲公子さん(市民 電力連絡会)
主催:電力改革プロジェクト http://d.hatena.ne.jp/ao0332646475/ 電話  080-5070-6475

◆ 「浜岡原発の危険性について」講演会のお知らせ
日時  2014年11月22日(土)13:30~16:00  その後パレード
会場  秦野市本町公民館(小田急線秦野駅徒歩約10分)
講師  渡辺敦雄さん(浜岡・福島第一の設計をした技術者)
主催者  「脱原発グリーンパレードinはだの」を歩く会
主催者の連絡先  中村090-6340-5840 長友090-4960-4676

◆ 「もんじゅ・西村怪死事件の真相を究明する会」結成の集い
1995年12月高速増殖炉もんじゅでのナトリウム漏洩事故。
動燃によるビデオ隠しをめぐって、記者会見直後、怪死した西村成生さん。
その死の真相究明に向けた闘いが始まります。ぜひご参加ください。
講師 今西憲之氏(「原子力ムラの陰謀」の著者)
日時:11月24日(月・振替休日)開場 13:00 開会 13:30-
会場:北区立司ッ町コミュニティアリーナ ホール2
主催:もんじゅ西村(怪死)事件の真相を究明する会準備会
連絡先: 080-1082-9980 メール mlf20805@nifty.com (高瀬)

┏┓
┗■7.新聞より4つ
└────

◆川内、事故なら責任は【金曜日の声 官邸前】

相模原市の団体職員 坂本早絵さん(27) 沈黙では、再稼働を認める共犯に なってしまうと思い、参加した。立地自治体が、原発マネーに頼らない街になれ るようにしてほしい。川内(せんだい)原発でも事故を起こすことになれば、日 本が沈んでしまう。
川崎市の無職 川田博史さん(69) かつて高校で物理の教員をしていて、福 島の事故前から原発は危険だと思っていた。川内原発の地元が再稼働に同意した が事故の責任を取りきれるのか。火山列島の日本で事故が起きないのは、幸運な だけだ。
埼玉県坂戸市の電気保安業 吉田一さん(72) 電力会社は保安規定をないが しろにしていると感じる。孫に放射能汚染されることのない、きれいな日本を残 したい。原発に反対する政党は力を合わせて、脱原発でまとまってほしい。
(11月1日東京新聞より)

◆使用済み核燃料 韓国原発で落下
09年、作業員が回収、公表せず

韓国南東部の慶州にある月城原発1号機で2009年、使用済み核燃料を原子炉か ら出し、燃料プールへ移す過程で燃料集合体が破損し、燃料の一部が格納容器内 の床に落ちる事故があったことが3日分かった。
原発運営会社の韓国水力原子力(韓水原)は作業員1人を格納容器内に投入 し、燃料から数メートルの地点で作業させていた。野党正義党の国会議員、金霽 南氏が公表し、監督機関の原子力安全委員会も認めた。
(後略)                  (11月4日東京新聞より抜粋)

◆再稼働 立地以外の30キロ圏首長
「周辺も同意必要」54% 本社調査         (11月4日朝日新聞見だし)

◆同意不要 周辺は不満
「判断せずリスクのみ」原発30キロ圏調査    (11月4日朝日新聞見だし)

★ 前田 朗 さんから:
11月8日の日本平和学会(in鹿児島大学)でヘイト・スピーチについて報告さ
せてもらいます。

日本平和学会・秋季集会
http://psaj2014.jimdo.com/
http://psaj2014.jimdo.com/%E7%A7%8B%E5%AD%A3%E9%9B%86%E4%BC%9A/
プログラム
http://psaj2014.jimdo.com/%E7%A7%8B%E5%AD%A3%E9%9B%86%E4%BC%9A/program2/
分科会「戦争とファシズムの時代を問う」
パネリスト:石原 昌家(元沖縄国際大学)
前田 朗(東京造形大学)
熊野 直樹(九州大学)
木村 朗(鹿児島大学)
石川 捷治(久留米大学)

★ 井上澄夫 さんから:
11・4付琉球新報・社説「辺野古仮設桟橋 透明性を著しく欠いている」は仮 設桟橋設置の意味を考える上で重要です。
これまでの報道とこの社説を合わせて考えると、沖縄防衛局としては、深場9 地点の海底ボーリング調査に手を着けようにも、先行的な埋め立てを開始しよう にも、とにかく仮設桟橋を設置しないと話が始まらないということのようです。
新報社説が指摘するように、この桟橋設置自体が「事実上の埋め立て着手」で あるなら、〈仮設桟橋設置阻止〉は辺野古新基地建設反対運動にとって当面、最 重要の課題になるでしょう。それはそのまま「埋め立て着工阻止」闘争になるか もしれません。新桟橋は即時撤去可能なかつての浮き桟橋とはまったく異なり、 固定を前提とする建造物です。

-----集会等のお知らせ------

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第12回口頭弁論 11月12日(水)10:00~門前集会@福岡地裁正門前
国証人5名尋問の法廷、「新館1号法廷」
(正面玄関から右手の2階建ての建物)
10:30-11:40  被告・国側の証人尋問
<休憩>
13:30-17:0
報告集会:「みくに」二階17:30~18:30
福岡市中央区赤坂1-9-23
地図: http://tinyurl.com/mvzfhsn
(ハローワーク福岡中央交差点「サニー赤坂店」北側)
交流・食事会 同上 三階 18:30~20:00
連絡先:(080-6420-6211青柳)

●沖縄県民に連帯する11.12福岡県民集会●
http://blog.ohashilo.jp/article/104648683.html
11月12日(水)
集会18:00~/デモ19:00~天神周辺
@警固公園(福岡市中央区天神2-2)
地図: http://tinyurl.com/l7kllp7
連絡先:(080-6420-6211青柳)
チラシ表:http://tinyurl.com/m7nqme8
チラシ裏:http://tinyurl.com/jvnhcmu

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数  総数 8657名(10/30現在)
ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設)
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
<facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中