NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1312日目報告【転載】

コメントする

青柳行信です。11月22日。

【転送・転載大歓迎】

12・15九州電力本社に再稼働阻止の申し入れ統一総行動
ご参加よろしくお願い致します。

=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=
九電本店電気ビル前
http://youtu.be/NrMdvBrFo48

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1312日目報告☆
呼びかけ人賛同者11月21日3656名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
衆議院が解散になりました。
全力で 原発を廃炉にする 候補者の勝利に向けて
たたかいましょう。
九電ののらりくらりには辟易します。
廃炉に向けての力強いたたかいを推し進めましょう。
あんくるトム工房
ダメノミクスに痛打を  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3260

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆民主主義を「戦後レジーム」と言ひし人の巧言令色信ずべきかは
(左門 ’14・11・22-847)
※アベノミクスに再び過半数をあたえるならば、戦後民主主義が築いた
全ての大切なものをひっくりかえしてしまわれます。国民の皆様とともに、
其処を見極める選挙運動を推進しましょう!!!

★ hajime chan  さんから:
<公開・質問状 3 (原子力発電所の安全基準等)>
■ 経済産業省、原子力規制委員会 ( 規制庁 )、各防災担当、 御中

川内 ・ 原子力発電所の安全基準等について、以下 1点、質問致します。

原子力発電所の再稼動に必要な、半径50km圏

鹿児島県/ 鹿児島市、薩摩川内市、出水市、南さつま市、南九州市、日置市、霧 島市、伊佐市、姶良市、阿久根市、いちき串木野市、湧水町、さつま町、長島町、

熊本県/ 水俣市、天草市、芦北町、津奈木町

以上、20県市町の地域防災計画書( 原子力災害対策重点区域 )
http://www8.cao.go.jp/genshiryoku_bousai/syokanjimu.html

は、何月頃に完成しますか?

日本国民の生命財産に関わる、最重要の安全基準です。
3日以内に、メールにて御返答下さい。敬具。 (2014.1121)

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様

<九電は川内原発の過酷事対策の検討をMELCORコードでも行ったのか(2)>
について報告します。

注)MELCORコードは米国原子力規制委員会/サンディア国立研究所におい て開発されている過酷事故解析プログラム(信頼性が高い、日本では原子力規制 委員会が使用)

[佐藤暁氏の伊方裁判意見書はMAAPコードの誤りを指摘]

注)MAAP コードは、米国電力研究所(EPRI)が所有する過酷事故解析プログラ ムであり、軽水炉の炉心損傷、原子炉圧力容器(RPV)破損、原子炉格納容器 (PCV)破損からコア・コンクリート反応、放射性物質の発生・移行・放出に至 る事故シーケンス全般の現象解析に使用されてきた。

http://www.ikata-tomeru.jp/wp-content/uploads/2012/01/satou157goushou.pdf

佐藤暁氏の伊方裁判意見書はMAAPコードとMELCORコードを比較して、 MELCORコードの適正さに比べ、MAAPコードの劣悪さを指摘しています。

MAAPコードは米国電力研究所(EPRI)で開発され、日本の電力会社が使用す る原発の過酷事故検討用プログラムですが、過酷事故は100万年に1回の事故程度 しか起こらないモデルを使用したプログラムです。MELCORコードは米国原 子力規制委員会/サンディア国立研究所において開発された原発の過酷事故検討 用プログラムですが、日本では原子力規制委員会が使用しており、過酷事故はか なりの確率で起きるモデルを使用したプログラムです。

佐藤暁氏の伊方裁判意見書では、『そこに損傷した原子炉圧力容器の底部か ら、約10時間にわたって「断続的に」炉心溶融物が落ちてくると仮定してい る。これがMAAPコードによる解析予想という事のようであるが、SORAC にある最新のMELCORコードによる予想は、これを否定している。原子力圧 力容器の底部が損傷する現象は、ラーソン・ミラーのクリープ破壊モデルに従 がって生じ、それによれば、一気に全体的に崩落するのであり、その前に底部貫 通部から「だらだら」と流出が長時間にわたって起こることはないとの事であ る。又、サンディア国立研究所の実施した「下鏡損傷(LHF)実験」の結果か らも、その考え方が裏付けられると述べている。そのため、最新のMELCOR コードでは、原子炉圧力容器の底部の崩壊は瞬時にして起こる現象として扱わ れ、キャビティ内の水は数分間で蒸発してしまう。伊方3号機の場合のように、 断続的にゆつくりと垂れ落ちる溶融物が、バッチ処理されるかの如く、その都度 水で冷却されて水底で積もっていくとの推定とは一致していない。このように、 伊方3号機が適用しているMAAPコードでは、最新のMELCORコードにお けるクリープ破壊現象のモデル化がまだ反映されていないように見受けられる』 と記載されています。

下記の資料に見られるように、34ページ以外でも、78ページにも詳しく記
載されています。
http://tinyurl.com/mw6nuub

これは、岩波の科学の川内原発審査書案のパブリックコメントの掲示板の中西 の記事の中に記載された『パブリックコメント(2)国内の高温溶融炉の水蒸気 爆発の事故調査では、水蒸気爆発が起きるのは、溶融金属が一度に大量に水中に 落下する場合、連続して落下しているが大きなトリガリングが有った場合、溶融 金属の上部を覆っているスラグの黒皮がトリガリングで破けて、水と溶融金属が 急激に接触する場合の3ケースである。

溶融燃料‐冷却材相互作用においても、溶融燃料が一度に大量に水中に落下する 場合、連続して落下しているが大きなトリガリングが有った場合、溶融燃料を 覆っているクレストの黒皮がトリガリングで破けて、水と溶融燃料が急激に接触 する場合の3ケースである。

しかし、適合性審査では1と3のケースの検討はないし、どのようなトリガリン グが予測できるかの検討が無い。これらの事を検討すべきである。

http://www.iwanami.co.jp/kagaku/nakanishimasayuki20140811-2.pdf

最新のMELCORコードはこの1のケースのモデルも計算している。

九州電力は、MELCORコードを使用しても、過酷事故は100万年に1回の事故 程度しか起こらないし、起きても福島原発の放射性物質飛散量の千分の1以下と いうような事を証明できるのか、公開質問状で問い詰めていきたいと思います。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日、衆院が解散されました。それに関連する記事の前に、先ず川内(せんだい) 原発の動きから。

1.「川内原発2号機、保安規定を申請 運転30年控え、九電」西日本電子版 2014年11月22日 03時00分
http://qbiz.jp/article/50437/1/
全文「九州電力は21日、来年11月に運転開始から30年を迎える川内原発2 号機(鹿児島県薩摩川内市)について、30年目以降の10年間の保守管理方針 をまとめ、保安規定の変更を原子力規制委員会に申請した。原子炉等規制法に基 づく手続き。九電によると、重要設備の経年劣化について技術評価を実施。現状 の保全活動で今後も安全に運転を続けられるが、原子炉容器など一部の機器につ いては保全活動をより充実させるという。川内原発2号機は1号機とともに停止 中だが、再稼働の前提となる審査が最終盤に入っており、今冬にも再稼働する見 通し。」
・・・九電は、着々を手続きを進めています。

衆院解散に関連して、
2.「<衆院選>川内原発地元「自民勝てば…国民は再稼働賛成か」」毎日新聞 11月21日(金)21時37分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141121-00000101-mai-soci
「衆院解散で21日、世の中が師走の総選挙へ向けて走り出した。安倍晋三首相 によると、解散の大義名分は「アベノミクス継続の是非」。それでもなお、有権 者の多くは「意味が分からない」「保身のためか」と疑問視。原発再稼働や福祉 など国政上の重要な争点や課題が隠されるのでは、との懸念も広がってい る。・・・季節労働従事者の上野孝二さん(61)は、原発から直線距離で約5 キロの同市羽島地区に住む。「安倍首相や自民党は原発を争点とせず、なし崩し で再稼働を進めていくのではないか」と疑念を口にする。薩摩川内市の主婦、田 中ひろみさん(41)も「仮に再稼働の是非が争点にならなくても、自民が勝て ば『国民は再稼働に賛成した』と判断するのだろう」と不安を感じている。・・・
・・」

2’.「<解散・総選挙>問われる原発政策 再稼働に厳しい視線」毎日新聞?11 月21日(金)21時47分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141121-00000105-mai-bus_all
「・・・・・「再稼働を進めるという方針を(総選挙の自民党の)公約に明記す べきだ。争点になるなら、受けて立たないといけない」。宮沢洋一経済産業相は 21日の閣議後の記者会見で再稼働推進の政府方針を有権者に問いたい意向を示 した。

2”.「<衆院選>原発で都内に避難「必要な議論が進まない」」毎日新聞?11月 21日(金)21時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141121-00000100-mai-soci
「・・・・「被災地にとっては意味のない選挙だ」。福島第1原発事故で避難区 域となった福島県南相馬市小高区を離れ、東京都江東区内で避難生活を送る菅野 豊さん(67)は、突き放すように言った。避難指示解除準備区域の自宅は一時 帰宅するたびにカビの臭いが強くなり、いつ帰れるかもわからない。・・・2年 前の前回衆院選では、どの党も「福島の復興」を訴えたが、何かが変わったとも 思えない。・・・・」

2”’.「被災地復興に触れず=解散後の安倍首相会見」時事通信11月21日(金)21 時49分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014112101284
「安倍晋三首相は21日夜に首相官邸で行った記者会見で、安倍政権下での経済好 転などの成果を訴えた一方、東日本大震災からの復興や東京電力福島第1原発事 故の収束への取り組みについては言及しなかった。・・・・」
・・・・人が帰ってはいけないところに闇雲のお金を注ぎこむ“復興”はしないで ほしいが、この人被災者のことは頭にないでしょう。

金曜行動、
3.「脱原発求め官邸前に1700人「選挙で反対意思示す」佐賀新聞2014年11 月21日 20時48分
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10203/128014
「衆院が解散した21日、脱原発を求める市民が東京・永田町の首相官邸前や国 会議事堂前に集まり「原発よりも暮らしを守れ」「選挙で反対の意思を示すぞ」 と声を張り上げた。主催者発表で約1700人が参加した。・・・首都圏反原発 連合の主催で、メンバーが太鼓や鈴を鳴らしながら、通行人に「選挙で示そう自 公にNO!」と書いたビラを配布した。「今日なら首相が国会にいる。みんなで 直接、怒りの声を届けるぞ」と訴えると、周囲から気勢が上がった。・・・」?

3’.「衆院解散の夜も「再稼働反対」 官邸・国会前で」オルタナ?11月21日 (金)19時38分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141121-00010002-alterna-soci
「・・・・・金曜デモは反原連(首都圏反原発連合)が毎週金曜夜に開催。午後 6時過ぎ、数百人が集まり「川内原発の再稼働をやめろ」などと声を上げた。都 内に住む会社員の男性(40代)も「川内原発の再稼働容認に抗議するために参加 した」。男性は安倍政権の原発政策を「再稼働に前向きだが、国民の意見を取り 上げているようには見えない」と疑問視。衆院解散についても「何について信を 問いたいのかがよくわからない。政権はアベノミクスなどの問題点が噴出する前 に解散したかったのではないか」と話した。」

玄海原発関連、昨日の2.で既報ですが、この記事に団体名があります、
4.「衆院選出馬濃厚で再稼働反対を要請 知事へ」佐賀新聞2014年11月21日 10時34分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/127773
「・・・・「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」の石丸初 美代表、「プルサーマルと佐賀県の100年を考える会」の野中宏樹共同世話人 が連名で県の担当者に手渡した。・・・・要請書を提出後、団体のメンバーから は「任期途中で放り投げて国政に行くのは無責任」などの批判が相次いだ。県担 当者は「要請内容を知事に伝えた上で、回答する」と応じた。」?

福島第1、
5.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2014年11月21日
「20日正午現在 1.248マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホー ムページから抜粋  前日は1.272マイクロシーベルト毎時」

6.「<福島第1原発2号機>特殊コンクリでトレンチ汚染水対策」毎日新 聞?11月21日(金)20時53分配信
http://mainichi.jp/select/news/20141122k0000m040087000c.html
「東京電力福島第1原発2号機の海側のトレンチ(配管などが通る地下トンネ ル)にたまっている汚染水の抜き取りが難航している問題で、東電は21日、汚 染水がたまった状態のまま特殊なコンクリートを流し込んでトレンチを埋めるこ とを原子力規制委員会の検討会に報告した。規制委もこの方法を了承し た。・・・・一方、トンネル部分は約60メートルあり、東電は「これだけ長距 離を埋めた経験はない。慎重に進める」と説明した。」
・・・・東電任せの結果がこの状態です。※この記事対策の絵図があります。

6’.「(映像)汚染水除去 「凍結」は効果なく断念~東電」日本テレビ系 (NNN)?11月21日(金)18時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20141121-00000054-nnn-soci

6”.「凍結断念、穴埋めへ=トレンチの汚染水-福島第1」時事通信2014/11 /21-20:24
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014112100642
・・・・※失敗した対策の絵図があります。

被災地フクシマ、
7.「第1原発・地下水放出、漁協全組合員を対象に説明へ」福島民友新聞?11月 20日(木)11時29分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/1120/news11.html
「福島第1原発の建屋周辺の井戸「サブドレン」などから地下水をくみ上げ、浄 化後に海に放出する計画で、国と東電は19日、県漁連の組合長らに試験浄化の結 果と排水基準などを盛り込んだ運用方針案を示した。これを受け県漁連は今後、 全組合員を対象とした説明会を開くことを決定。会員全員の了承が得られた段階 で、県漁連が計画の可否を判断する。19日にいわき市で開かれた県漁連の臨時組 合長会で東電が説明した。・・・・」
・・・・こうした記事を見て思う、海は漁民だけのものではないので漁民が了承 したら汚染水を流してよいとはならないはず。?

8.「原発事故想定、初の訓練 川内と福島」福島民報?11月21日(金)10時30分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2014112119392
「廃炉作業中の東京電力福島第一原発での事故を想定した防災住民避難訓練は 20日、福島市の自治会館や川内村などで初めて実施され、県や村、関係機関が 災害発生時の情報収集や通報連絡、緊急時モニタリングの訓練を繰り広げた。原 発事故発生後に策定された県原子力災害広域避難計画に基づく初の訓練。浜通り で震度6強の地震が発生し、3号機使用済み核燃料プールでプール水漏えいや冷 却が停止して水位が低下。原因が判明しないまま空間放射線量が上昇し、周辺市 町村に避難指示が出たとの想定で行われた。・・・福島県、政府原子力災害現地 対策本部、川内村、県警本部、陸上自衛隊福島駐屯地などから約100人が参 加。・・・22日には村民を対象とした大規模な住民避難訓練が行われる。」

9.「陸地の被災船 撤去にこぎ出す」朝日デジタル2014年11月22日03時00分
http://digital.asahi.com/articles/CMTW1411210700002.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_CMTW1411210700002
「環境省、3月完了予定  東日本大震災の津波で陸地に打ち上げられたまま、 福島県内の避難指示区域に放置されている被災船について、環境省は21日朝か ら解体、撤去作業に取りかかった。同省によると、浪江町請戸地区を中心に計 70隻に及び、来年3月末までに作業を終えたいという。・・・・・・福島環境 再生事務所によると、対象は浪江町に62隻、富岡町に6隻、南相馬市と楢葉町 内に各1隻。・・・」

9’.「映像:避難区域で初の被災漁船撤去」NHK福島11月21日 22時56分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053222671.html?t=1416597813164
・・・・●●現地に行くと、原発事故で放置されてきた地域だと目で確認できる証 拠だが今になって作業をするのは、これをいま撤去して事態を隠してしまう意図 ではないかと勘繰りたくもなります。

10.「常磐道・浪江IC以北、12月6日午後3時開通へ」福島民友新聞?11月20日 (木)11時21分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/1120/news6.html
「常磐道浪江-南相馬インターチェンジ(IC)間と相馬-山元(宮城)IC間は12 月6日午後3時に開通する。・・・」

11.「セシウム、森林地表5センチに JAEAが成果発表」福島民報?11月 21日(金)10時31分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2014112119393
日本原子力研究開発機構(JAEA)は20日、福島市で先月開かれたワーク ショップの成果を発表した。東京電力福島第一原発事故に伴う放射性セシウムは 県内森林の地表から5センチ程度にとどまり、土壌浸食によるセシウムの移動は 0・2~0・5%程度に限られるとの見解を示した。
チェルノブイリ原発事故から4~10年後、セシウムが根から樹木に吸収された 例を踏まえ、林業再生に向けて樹木に含まれるセシウムの調査を強化する必要性 があるとした。福島第一原発で増え続けるトリチウムを含む汚染水の処理につい ては、英国などで実施されているトリチウムの海洋放出結果など科学的、技術的 な事実を住民や漁業関係者に知らせる努力をすべきと強調した。
油井三和福島環境安全センター長と宮原要副センター長が県庁で記者会見した。 ワークショップは県内の環境回復を目的に国内外の専門家が集い、除染などの課 題を協議した。今回の成果は経済産業省や市町村などに伝え、活用を求める。?」

12.「南相馬・勧奨地点の「追加除染」着手 落ち葉など取り除く」福島民友 新聞?11月20日(木)12時45分配信
http://www.minyu-net.com/news/topic/141120/topic3.html
「東京電力福島第1原発事故に伴う南相馬市の特定避難勧奨地点(142地点152世 帯)について、国と市は19日、希望世帯の落ち葉や下草を取り除く事実上の追加 除染作業に着手した。屋外の雨水の通り道をつくるため、排水溝にたまった土や 落ち葉を取り除くほか、敷地内の下草を取り払う。ただ、国は除染ではなく「清 掃」と位置づけており、作業後に放射線量が下がっても、あくまで環境整備の結 果としている。国と市が東電に依頼しボランティアとして作業に当た る。・・・・」?
・・・「清掃」―何か変でしょう、最近こうした記事が多い!!

13.「15年春から追加除染 川内の旧居住制限区域」福島民友(11/21 10:40)
http://www.minyu-net.com/news/news/1121/news8.html
「・・・・川内村の旧避難指示解除準備区域では、避難指示が解除された10月 から宅地の高線量地点で追加除染が始まっているが、旧居住制限区域については 具体的な着手時期は示していなかった。・・・」

14.「郡山で日本臨床外科学会総会が開幕」福島民報?11月21日(金)10時27分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2014112119388
「第76回日本臨床外科学会の総会は20日、福島県郡山市で始まった。22日 まで。全国から外科医や大学関係者ら約6500人が参加しており、東日本大震 災、東京電力福島第一原発事故からの復興途上にある本県の正しい情報を発信し ている。・・・第76回日本臨床外科学会の総会は20日、福島県郡山市で始 まった。22日まで。全国から外科医や大学関係者ら約6500人が参加してお り、東日本大震災、東京電力福島第一原発事故からの復興途上にある本県の正し い情報を発信している。・・・」

15.「福島県民の「放射線の健康不安」減少 県政世論調査」福島民友新 聞?11月21日(金)12時15分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/1121/news9.html
全文「東京電力福島第1原発事故の発生により、長期にわたる健康不安を感じて いる県民の割合が昨年より減少したことが20日、県が行った県政世論調査で分 かった。健康不安を感じるかとの質問に「はい」「どちらかと言えば『はい』」 と答えた割合は51.3%で、前年度の54.3%から3ポイント減少した。ただ、依 然として5割を超える県民が健康不安を抱えており、県は「引き続き情報発信と リスクコミュニケーションに取り組み、正しい理解を得られるようにしたい」 (総合安全管理課)としている。
また「いいえ」「どちらかと言えばいいえ」と回答し、健康不安を抱えていない 人は29.8%で、前年度の23.8%から6ポイント増えた。
このほか、震災や原発事故、復興について県民が求めている情報は「食品や農産 物の安全性確保の取り組みや放射性物質検査の情報」が69.2%で最も多く、次 いで「放射線の健康への影響や健康管理に関する情報」が66.9%で前年度と同 じ順だった。「除染の進捗(しんちょく)」は昨年度の56.8%に対し、本年度 は43.2%と減少した。県は除染が一定程度進んだことが影響しているとみてい る。」

最近、以下のような記事(16.~19.、25.、26.)ばかりが目立ちま す、続きます、
16.「県産品を売り込め 日商がいわきで商談会」福島民友新聞?11月21日 (金)13時22分配信
http://www.minyu-net.com/news/topic/141121/topic2.html
「日本商工会議所は20日、首都圏や全国のバイヤーを招いて県産品を全国に発信 するための「メードインFUKUSHIMA商談会」をいわき市で開き、県内の中小企業 が自社製品を売り込んだ。日商が19日から同市で開いている移動常議員会・総会 に合わせて実施。震災と原発事故後、風評被害の続く本県経済の再生を後押しす ることが狙い。食品や工芸品などを製造する県内の中小企業42社と、東京を中心 とする全国の百貨店など32社からバイヤー50人が参加。バイヤー向け展示会に続 いて商談を行った。・・・・」

17.「富岡のコメ「懐かしい味」 実証栽培米をおにぎりで」福島民友新 聞?11月21日(金)13時21分配信
http://www.minyu-net.com/news/topic/141121/topic3.html
「富岡町下郡山地区の水田でコメの実証栽培に取り組んできた同町のふるさと生 産組合(渡辺康男組合長)は20日、郡山市で今秋収穫したコメの試食会を開き、 参加者が東日本大震災、東京電力福島第1原発事故後初めて富岡産米を味わっ た。・・・」

18.「南相馬の本年産米は基準値超なし 全体の半分を検査」福島民友 (11/21 20:25)
http://www.minyu-net.com/news/news/1121/news16.html
「南相馬市は21日、全袋検査を終えた同市の本年産米9335袋(1袋30キ ロ)のうち、99.8%に当たる9319袋の放射性セシウム量が検出限界値 (1キロ当たり25ベクレル)を下回ったとする途中経過を発表した。検査を終 えたのは全体の約半分で、食品の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超え たものは1点もなかった。・・・」

19.「おかみリンゴ狩り 飯坂温泉、風評払拭へ果物の魅力PR」福島民 報?11月20日(木)12時7分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141120-00000020-fminpo-l07
「福島市の飯坂温泉のおかみでつくる「いいざか乙和会」は19日、市内飯坂町 のあづま果樹園でリンゴ狩りを楽しんだ。東京電力福島第一原発事故の風評を克 服し、本県産果物の魅力をPRするのが目的。会員10人が参加し、赤く実った 旬のリンゴ「サンふじ」をもぎ、味わった。・・・」

こんな記事も、
20.「農産物輸出「必ず伸びる」安倍首相、成長産業化へ」佐賀新聞2014年11 月21日 18時49分
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10204/127977
「・・・・具体策として、きめ細かな輸出戦略を進めるため、2015年に品目 ごとに輸出促進の団体を設立するほか、東京電力福島第1原発事故を受けて、日 本の農林水産物に輸入規制を設けている国に対し、規制の撤廃を働きかけていく とした。」

めずらしく震災関連死の個別の記事がネット上に、
21.「震災関連死新たに1人認定 葛尾村」福島民報?11月21日(金)10時21分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141121-00000040-fminpo-l07
「東日本大震災による福島県内の死者は20日午後5時現在、前日より1人増え て3637人となった。震災と東京電力福島第一原発事故による避難などが要因 の震災(原発事故)関連死として、葛尾村が新たに1人を認定した。震災から3 年8カ月余りが過ぎ、長引く避難生活によって関連死は増え続けている。県全体 の関連死は1809人となった。・・・」

22.「21日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定 値」福島民報11月22日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・「教育施設の放射線モニタリング結果」、「放射性物質の検査結果(野 菜・果実・山菜・キノコ)」

23.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野 新聞11月21日17:30
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20141121/1785281
▼空間放射線量率(21日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1 メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

24.「栃木県)【指定廃棄物の行方】 「処分場の原状回復」知事提案を疑問 視 矢板市長」下野新聞11月20日朝刊
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20141120/1784200
放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場問題で、福田富一知事が放射線量の減 衰後に処分場を原状回復するよう、環境省に提案したことについて、矢板市の遠 藤忠市長は19日の記者会見で「最終処分場に対する(候補地住民の)危機感、不 安感を払拭するにはどうするかを考えたのだと思う。ただ、はたして現実的かは 疑問がある。それだけ(住民に)不安感、危機感があることの表れだと思う」と 述べた。

25.「(栃木県)出荷制限乗り越え、3年ぶりの収穫作業 レンコン農家の赤 川さん 那須塩原」下野新聞11月21日朝刊
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20141121/1784256
「【那須塩原】鹿野崎のレンコン専業農家赤川幸一さん(57)は11月から、三区 町の農産物直売所「そすいの郷」で新たに販売を始めた。一般的に市内の冷涼な 気候はレンコン栽培に不向きとされるが、堆肥の改良などを繰り返して生産に成 功しことしで9年目を迎える。東京電力福島第1原発事故の影響で一時は出荷制 限を受けたが、逆境を乗り越えて3年ぶりの本格的な収穫作業に汗を流してい る。・・・・」

26.「【茨城】県海域のマダラ 出荷へ セシウム基準値以下 国の制限指示 が解除」東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20141121/CK2014112102000162.html
「・・・県によると、2012年11月に国から出荷制限を指示された。13年 10月から今年9月まで計324匹を検査したところ、1キロ当たり平均8.5 ベクレルで、最大の93ベクレルでも基準値(100ベクレル)を下回ったた め、国の原子力災害対策本部に解除を申請した。」

27.「宮城県登米市の農家 汚染稲わら 道筋見えぬ最終処分 保管延長、募 る不信」日本農業新聞?11月21日(金)12時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141121-00010001-agrinews-soci
「東京電力福島第1原子力発電所の事故に伴い、放射性物質で汚染された稲わら の最終処分場の建設をめぐり、宮城県登米市が揺れている。国の基準値である1 キロ8000ベクレルを超えた汚染稲わらなど指定廃棄物の最終処分場の建設予定地 が決まらず、暗礁に乗り上げているためだ。苦肉の策として市は11月、2年とし ていた保管期限の延長を決めたが、現場の農家からは、先の見えない状況に不安 や落胆の声が相次いでいる。・・・・・・・・・」

国会で、
28.「原子力損害補償関連法が成立 原発事故発生国を支援」共同通信11月21日
http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2014/11/post-9664.html
「原発事故が起きた場合の国際的な賠償制度を構築するための「原子力損害補完 的補償条約(CSC)」の関連法は21日の参院本会議で、全会一致により可 決、成立した。条約は19日に国会で承認されており、一連の国会手続きは完了 することになる。・・・・」・・・11月20日の記事紹介6.と類似。

29.「改定JESCO法成立 共産党反対 国の責任回避」しんぶん赤旗2014 年11月21日(金)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-11-21/2014112104_03_1.html
「参院本会議で19日、東京電力福島第1原発事故で生じた放射性廃棄物を日本 環境安全事業株式会社(JESCO)が運営する中間貯蔵施設に保管し、30年 以内に福島県外で最終処分することを明記した改定JESCO法が可決・成立し ました。日本共産党とみんなの党、社民党は反対しました。・・・市田忠義議員 は・・・
▽最終処分の見通しを示さないまま中間貯蔵施設を福島県内の大熊・双葉地方に 押し付けるものであり、住民の信用と納得が得られていない▽中間貯蔵施設の管 理・運営を専門性がなく安全性も確保できないJESCOに任せるものになって おり、国の責任を回避している▽中間貯蔵施設の建設や管理・運営にかかる費用 は、汚染者として東電が負担するべきであり、国が100%出資するJESCO に任せるのは容認できない―と主張しました。
討論に先立つ質疑で市田氏は、JESCOがPCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄 物の処理を複数の民間事業者に丸投げし、処理施設でのトラブルも相次いでいる と指摘。「安全性を確保した管理・運営等は到底期待できない」と強調しまし た。・・・・」

原発施設、
30.「本年度内再稼働は困難な見通し 伊方原発」愛媛新聞ONLINE?11月21日 (金)12時3分配信
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20141121/news20141121055.html
「四国電力の千葉昭社長は20日、愛媛新聞の取材に対し、伊方原発3号機(伊方 町)の新規制基準への適合を審査している原子力規制委員会審査会合での指摘事 項への回答が12月にずれ込むとの考えを明らかにした。再稼働の一連の手続きに は相当期間が必要なため、千葉社長が目指していた本年度内の再稼働は、事実上 困難な見通しとなった。・・・・」

31.「(青森県)「出戸西方断層」評価の変更不要 規制委に原燃が報告」西 日本新聞2014年11月21日 11時56分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/128477
「日本原燃は21日、使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の近くを走 る活断層「出戸西方断層」について、長さ10キロとの評価を変更する必要はな いとの追加調査結果を、原子力規制委員会の審査会合に提出した。これを受けて 規制委は近く現地調査を行い、結果を確認する方針。・・・・原燃は旧原子力安 全・保安院時代は長さ6キロとしていたが、今年1月に規制委に審査を申請した 際に10キロと変更。」

32.「(福井県)原発免震棟の設計再検討で再稼働は 高浜、完成遅れも影響 なしと関電」福井新聞(2014年11月21日午前7時10分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/57802.html
「福井県の原子力安全専門委員会は20日、県庁で会合を開き、・・・関電は 2015年度上期の完成を目指していた免震事務棟について、設計の再検討を 行っていることを明らかにした。規制委の審査で基準地震動(耐震設計の目安と なる地震の揺れ)を引き上げたためで、完成が遅れる可能性もある。・・・」

33.「(福井)県議会特別委、高浜原発を視察」朝日デジタル2014年11月22日 03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASGCP447LGCPPGJB009.html
全文「県議会原子力発電・防災対策特別委員会が21日、関西電力高浜原発3、 4号機を視察した。新規制基準に沿った津波や竜巻への対策状況などを確認し た。関電原子力事業本部の豊松秀己本部長が「県民の皆様にご理解を賜れば早期 に再稼働を進めたい」とあいさつ。特別委の6人は、過酷事故の際、放射性物質 が原子炉格納容器の外部に漏れないように水をかける放水砲の実演などを見た。 放水砲は昨年11月に3台が設置された。特別委の吉田伊三郎県議は「視察は ハード面が主だが、適切ではないか」と話した。今後、県議会全体での視察も検 討するという。」

34.「(茨城県)東海第二原発 適合審査申請 水戸で初の説明会 原電「再 稼働に直結しない」東京新聞2014年11月21日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20141121/CK2014112102000163.html
「東海第二原発(東海村)の適合審査を原子力規制委員会に申請している事業者 の日本原子力発電(原電)は二十日、審査中の安全対策に関する住民説明会を水 戸市内で初めて開いた。原電は地震や津波、火災への対策や、非常用電源の設備 などを説明。東海原発と東海第二原発の敷地を囲むように建設する予定の防潮堤 は、海側を標高二〇メートル、その他を標高一八メートルの高さにするとし た。・・・住民説明会はまず七月から九月にかけて東海村で行い、十月から周辺 の那珂市、日立市、ひたちなか市、常陸太田市、鉾田市で実施。水戸市では今後 も複数回開き、城里町や笠間市でも行う予定。」

原発立地地域、
35.「(静岡県)浜岡オフサイトセンター 移転整備案で23億円」中日新聞 2014年11月21日
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20141121/CK2014112102000093.html
「静岡県は、中部電力浜岡原発(御前崎市)の事故時に対策拠点となるオフサイ トセンターを整備するため、二十三億一千六百六十万円の事業費を盛り込んだ関 連事業案を県議会十二月定例会に提出する。整備費は国が全額負担し、県が管理 運営する。オフサイトセンターは現在、浜岡原発から二・三キロ離れた御前崎市 役所隣にある。原発から近すぎて、放射能災害時に機能しない恐れがあるため、 北に二十キロ離れた静岡空港西側の県有地に移転し整備する。新センターは二〇 一六年三月までに建設し、移転を完了させる。・・・」
・・・万一の事故の際、風向き次第でここも使えなくなるかもです。

36.「青森県、震災死者想定2万5千人 7割は八戸市民」朝日新聞デジタル 11月21日(金)13時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141121-00000032-asahi-soci
「青森県太平洋沖を震源とする東日本大震災並みの巨大地震が発生した場合、津 波などにより県内で最大2万5千人が死亡するという被害想定を県が20日に発 表した。・・・・・
一方、今回の試算で震度7となった六ケ所村尾駮地区は日本原燃の核燃料サイク ル施設が立地する。太平洋沿岸には東通原発など原子力施設が集中するが、原子 力災害は今回の想定には含んでいないという。・・・」

37.「●(新潟県)高線量下での作業、課題検討を 県、規制委に要望」新潟 日報2014/11/21 10:13
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20141121146769.html
全文「県は20日、原子力規制委員会に対し、原発事故で環境中に放射性物質が漏 れ出た場合に備え、高い放射線量下での作業に関する課題への対策を急ぐよう要 望した。県の坂井康一危機管理監が規制委を訪れ、放射線防護や原子力防災の担 当者らが応対した。面会は非公開で行われた。
望書では、事故時に敷地外でも線量が上がる地域が出る中、民間業者や自治体職 員がインフラ復旧、避難誘導などに当たることが想定されると指摘。将来も健康 への影響が出ないように被ばく線量の限度を定める法整備のほか、指揮系統や責 任の所在、賠償の在り方などを明確にするよう求めた。県によると、規制委側は 「検討に時間がかかる項目もある」などと話した。」

参考記事、
38.「日中韓で原発事故の初訓練 釜山郊外、過去最大規模」共同通信 2014/11/20 18:26
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014112001001438.html
「【釜山共同】韓国の原子力安全委員会は20日、韓国南部、釜山郊外の古里原 発と隣接する新古里原発で放射性物質が外部に流出する重大事故が起きたとの想 定で訓練を行った。日本と中国の当局も情報を本国に伝達する「連絡官」を参加 させ、連携を確認した。・・・」

39.「佐世保で原潜事故想定の訓練」NHK長崎11月20日 19時48分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/5035768501.html?t=1416519447256
佐世保市でアメリカ海軍の原子力潜水艦の事故を想定した訓練が行われ、住民の 避難や被ばくしていないか調べる検査の手順などを確認しました。訓練はアメリ カ海軍佐世保基地に停泊している原子力潜水艦から放射性物質が漏れ出したとい う想定で行われ、国や長崎県、佐世保市などの担当者や基地に近い地区の住民な どおよそ450人が参加しました。
訓練は、基地周辺で通常の2倍の放射線量を観測したという報告が市役所に入る ところから始まり、基地の近くでは、住民たちが消防の誘導で近くの公民館に避 難しました。
避難所では、防護服を着た市の職員が専用の測定器を使って住民の衣服などに放 射性物質が付着しているか調べたり、医師が具合の悪いところがないか尋ねたり していました。また、放射性ヨウ素の甲状腺への被ばくを抑える安定ヨウ素剤も 用意され、服用の仕方について薬剤師が説明していました。
20日の訓練では検査などもスムーズに行われましたが、対応した市の職員から は実際の事故でさらに多くの人が避難した場合、対応できるか不安だという声も 聞かれました。訓練に参加した福祉施設の職員の女性は、「訓練をしておかない といざという時どうしていいか分からないので、とてもためになりました」と話 していました。
今回、佐世保市は外務省を通じて訓練に参加するようアメリカ海軍に要請しまし たが、「事故が起きることは想定していない」として参加しませんでした。」

39’.「「放射能漏れ」想定訓練、佐世保 450人が参加、米軍は不参加 [長崎県]」西日本新聞2014年11月21日 00時31分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/128398
「・・・・米軍にも参加を要請したが、13回目の今年も「原子力艦船は安全」 との立場から参加しなかった。・・・・朝長則男市長は訓練を視察し「通報態勢 の確認などのため、米軍にはぜひ参加してほしい。これからも要請を続ける」と 述べた。」
・・・・“安全”―米軍の思い上がり!! 事故を隠した前科もあるのに。

40.「(プロメテウスの罠)漫画いちえふ:15 あの人だったのか」朝日新 聞デジタル?11月20日(木)16時0分配信 (有料記事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141120-00000013-asahik-soci
「◇No.1102  ♪波の谷間に 命の花が  ふたつ並んで 咲いている
「いちえふ」の作者、竜田一人(49)が、ギターを弾きながら鳥羽一郎の「兄 弟船」を披露すると、20人ほどの客たちから笑いが起きた。2012年7月下 旬。JRいわき駅前のライブバー「クイーン」。ここで竜田が歌ったのは、この 日が初めてだった。福島第一原発で働き始めて約2カ月。まだ「いちえふ」を描 いてもいなければ、竜田とも名乗っていないころだ。誰でも自由にステージで歌 える「オープンライブ」に参加した。演歌という意外な選曲がウケた。・・・」

40’.「(プロメテウスの罠)漫画いちえふ:16 100年後の読者のた め」朝日新聞デジタル11月21日(金)11時30分配信 (有料記事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141121-00000011-asahik-soci
「◇No.1103 10月。竜田一人(49)と担当編集者の篠原健一郎 (32)はJRいわき駅前で車に乗り込んだ。
運転するのは竜田。「いちえふ」が単行本になって印税が入り、中古の軽乗用 車を購入していた。2人の目的は9月15日に全線が開通した国道6号を通るこ とだった。福島を南北に結ぶ幹線道路。竜田が作業員として働くとき、福島第一 原発への出勤ルートになる。2人は1年ほど前も走ったが、原発事故の影響で、 双葉町~富岡町の約14キロが通れなかった。今回も、まずJR久ノ浜駅が見え てくる。海岸沿いの集落は津波で大きな被害を受けたところだ。・・・・
変わった光景と変わらない光景。二つの現実を、竜田と篠原は改めてかみしめ た。竜田は今後も福島第一原発で働きながら「いちえふ」を描き続けたいと考え ている。「見聞きしたことを記録として残したい」篠原も同じ思いだ。「100年後
の読者のためにも、適当なことは描けない」(終わり)
・・・「次回から第58シリーズ「自然エネ危機」に入ります。」

41.「「1ヵ月後の巨大噴火を予知」そのとき、原発をどうするか?核燃料棒の 取り出しは、とても間に合わない」現代ビジネス?11月21日(金)6時2分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141121-00041134-gendaibiz-bus_all
長~い記事「・・・・川内原発は大丈夫なのか  「あきれはてて言葉もない。 こんなに重要な問題で、あんないい加減な審査基準を打ち出して、したり顔して いるとは。今回のことで私は、日本政府や電力業界に、原発の運転を任せられる ような科学的な発想は皆無なんだと確信した」九州は博多駅から電車を乗り継い で30分強、福岡大学のキャンパスで11月2日から4日まで開かれていた、日本火山 学会の秋季大会に参加したある火山学者は、こうぶちまけた。・・・・」

42.「ドイツ 再生エネ 総発電の28%に 原発停止へエネルギー転換」し んぶん赤旗2014年11月21日(金)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-11-21/2014112107_01_1.html
「原発の廃炉が進むドイツで、風力や太陽光など再生可能エネルギーによる発電 量の総発電量に占める割合が、今年は9月末までで28%になることが明らかに なりました。昨年は1年間で25%で、このまま推移すれば年間で3%増えるこ とになります。・・・・アゴラ・エネルギー転換によると、再生可能エネルギー で発電量の割合がもっとも高いのは風力で、総発電量の9・5%、続いてバイオ マスが8・1%、太陽光が6・8%となっています。・・・」
・・・EU域内では、ドイツは経済活動全体でも原発大国のフランスなどを超えて 優位な位置にありますね。

43.「再生エネのコンサル子会社設立へ ジオネクスト、指宿の地熱ノウハウ 生かす」西日本電子版2014年11月21日 18時31分
http://qbiz.jp/article/50421/1/
「地熱発電やソフトウエア開発を手掛けるジオネクスト(東京)は21日、再生 可能エネルギー事業のコンサルティングを行う子会社を12月1日に設立すると 発表した。鹿児島県指宿市で建設中の地熱発電所のノウハウを生かす。・・・再 生エネをめぐっては、九州電力などが買い取り手続きを中断し普及にブレーキが かかっている。ジオネクストは「制度の見直しがあっても再生エネ拡大の方向は 変わらず、コンサル事業の需要は高い」としている。」

44.今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、1面トップに大見出しで、
「衆院解散 総選挙へ」
この新聞、珍しく次のような囲み記事をわざわざ1面に持ってきています、
44’.「断固として民意を示そう 東京支社編集長 原田正隆」
「霞が関のベテラン官僚に聞いても「やらなくていい解散」との回答であ る。・・・おいおいほんとうにやるのか。そんな思いで取材に走るケースが少な いない。安倍政権・・・・」
2面に、
45.「社説 衆院解散 「安倍政治」を見極めたい」
社説検索は11時過ぎに⇒ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/
・・・解散関連の記事は各面に続いています、

38面九州経済面に、1.と43.の記事。

今朝の紙面は以上です。(11.22.5:32)
※この新聞記事紹介は、この時間を過ぎた頃には次のフェイスブックにも毎日貼 り付けています。
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu
※この新聞記事紹介でお気づきのことがあれば⇒ ysykf@yahoo.co.jp

★ たんぽぽ舎さんから:
【TMM:No2341】
┏┓
┗■1.安倍政権に「レッドカード」を!!
|  「アベノミクス」は所詮、砂上の楼閣
|  「アベノミクス」3本の矢は折れている
|  国民の反撃を甘く見ている安倍政権に一撃必勝
└──── 山田和明(たんぽぽ舎会員)

○ 11月18日 国民の多くがなぜ今?と首を傾げている間にとうとう衆議院解散 が決まった。安倍首相の記者会見を見て、「随分追い詰められているな」という のが正直な感想。
あの第二次安倍改造内閣発足認証式(女性大臣5人に囲まれた))の晴れがまし い顔とは打って変わって苦悶の表情が際立った。それもその筈、国民の多くが見 抜いている本音と建前を使い分けるレトリック、いくら隠しても話している本人 が一番分かっているのだから辛いわけだ。
種明かしをするまでもなく、本音とは、消費税でも何でもなく、「後4年、自 分に政権をやらせてくれ、その間に集団自衛権、秘密保護法、原発再稼働、すべ て仕上げて、出来れば最後に憲法改正、再軍備、あわよくば核装備までしたい!」
「あまりにも見え見えだよ、安倍君!」
○「アベノミクス」は所詮、砂上の楼閣みたいなもの。「デフレ脱却」言葉はい いけど、要するに金融緩和は、日銀にお金を刷らして、市場にばら撒く、円安の 恩恵で大企業だけが利益を独占、国民の借金が増えただけのこと。一部大企業の 労働者は賃上げがあったが、一般の国民には関係ないどころか、消費税と円安に よる原材料の値上げのダブルパンチ。財布の紐を締めるのは当たり前。7~9月 期のGDP年率マイナス1,6%はむしろ予想通り、驚くに当たらない。
結論付けすれば、「アベノミクス」3本の矢は折れている。
最早残された道はレッドカードしかない。
○ 安倍自身が自分に放った3本の矢。
第一、小淵優子をアベノミクスの要、経産大臣に起用したこと。今彼女は検察の 調べを受け、身を隠しているらしい。この一事だけでも任命責任者の果たした役 割は重大。
第二、沖縄知事選の敗北。10万票近い大差で現政権にノーを突き付けられたこと。
第三、アベノミクスを市場が否定したGDPマイナス成長。
そもそも国民に真意を問うなら、憲法解釈を変え、集団自衛権を発動しようと した方が先ではないか。安倍首相には始めから民主主義を履行する意思などさら さらない。
大きな被害が出ないうちに解散して、自分に不利な芽を摘み取ろうという私利 私欲があるのみ。
さらに言えば、安倍首相の背後には巧妙で姑息な巨大官僚組織が存在するこ と。不況や経済の変動に左右されず、天下りなどで国民の税金を自由に操る彼ら こそ真の主導者といえる。生殺与奪権を奪われたマスメディアもこの主導者には 従う他にない。
○ では今度の選挙で安倍政権に退場してもらうことは出来るだろうか?
先ず前2回の選挙で棄権した有権者を掘り起こすこと。単純化すれば、投票率を 上げれば可能となる。安倍政権イエスかノーかで投票所に足を運んでもらうこと。
1988年のチリ選挙でピノチェト独裁政権を打倒した「NO」という映画のよう に大勢の人たちが、あらゆる通信手段(ツイッター、フェイスブックなど)を使 い、投票を呼びかけ安倍政権に「NO」を突き付けよう。
自民党と公明党併せて過半数を割ったら退場する(約80人減)と随分と低いハー ドルを課した。それ程自信がないのか、いや絶対にあり得ないと見ているに違い。
国民の反撃を甘く見ている安倍政権に一撃必勝。
日本の民主主義を守るためにみんなで一緒に立ち上がろう。

┏┓
┗■2.九州・薩摩川内市についての誤解-
|  鹿児島県内の18市町の社会経済指標を比較してみると
|  薩摩川内市が特に優れていたという証拠はない
└──── 環境経済研究所(技術士事務所) 上岡直見

川内原発再稼働に関して、薩摩川内市長も鹿児島県知事も、さすがに公然と原 発推進とは言えないので「経済のためにやむを得ず」と説明をしている。また各 種の世論調査も最初から「経済か、リスクか」という組み立てで調査している。  しかしこれがそもそもミスリードだろう。というのは、福島事故前から、鹿児 島県内の18市町の社会経済指標を比較してみると、薩摩川内市が特に優れていた という証拠はないからだ。
たとえば
納税義務者当課税対象所得 3位
労働力人口当りに対する完全失業者の比率(少ない順) 6位
人口当り生活保護費(少ない順) 5位
人口当り出生数 3位
財政力指数 3位
という具合で、国策がどうこうという前に原発がなくても薩摩川内市より優れ た指標を示している県内の他市町がいくらでもある。
原発で雇用を生み出していたはずなのに、人口あたり失業者の比率が県内6位 というのは説明がつかないだろう。人口当り出生者数など、これからいつ放射能 を浴びるかわからず避難もできない、という状況の下では今後ますます減ってゆ くだろう。
「原発がなければもっと下がる」という消極的説明なのだろうか。リスクと引 き換えにするには余りにも頼りない「経済」である。

★ 前田 朗 さんから:
大江健三郎を読み直す(33)歴史歪曲主義者との闘い
岩波書店編『記録・沖縄「集団自決」裁判』(岩波書店、2012年)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2014/11/blog-post_20.html

-----集会等のお知らせ------

【テントひろばから生まれたオリジナル曲】
●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡」例会 12月4日(木)18時30分~
福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

●12・15九州電力本社に再稼働阻止の申し入れ統一総行動●
http://tinyurl.com/kar88f2

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数 8722 名(11/21現在)
ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設)
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
<facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中