NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1323日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。12月3日。

【転送・転載大歓迎】

12・15九州電力本社に再稼働阻止の申し入れ統一総行動
    ご参加よろしくお願い致します。
    詳細:http://tinyurl.com/m79zuxg

=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=
     九電本店電気ビル前
       http://youtu.be/NrMdvBrFo48

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1323日目報告☆
        呼びかけ人賛同者12月2日3669名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】12月2日2名。
        行正奈史 吉竹 肇
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
本当に 冷え込んできましたね。
風邪などひかぬように お気をつけください。
あんくるトム工房
バスの窓から  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3275
  
★ 橋本左門 さんから:





  ☆アベノミクスのアナクロニズムは時代逆行 9条に背いて戦争をする





      (左門 ’14・12・3-859)





※「アベノミクス」がスタートした時に、次のような分析?をしました。





アーーアナクロニズム(時代逆行・錯誤)。べ――米国追従。ノ――





ノー福祉。ミ――ミリタリズム(軍国主義)。ク――苦しみ倍増政策。





ス――すぐ駄目になる。まさに、「すぐ駄目になった」ので、第3の矢





を放つことも出来ず、フェイントをかけるために「将棋盤をひっくり返





す」解散をして、延命策を採りましたことは既に詠みました。これから





このシリーズで批判をつづけます。

★ 中西正之 さんから:
 川内原発の審査書案が作成され薩摩川内市議会と市長、鹿児島県議会と県知事 の地元同意表明があり、また玄海原発でも新規制基準の適合性審査が進んでお り、何時玄海原発の審査書案が発表されるかもしれないので、川内原発・玄海原 発統一で使用できるチラシがあれば良いのにとの話がありましたので、さよなら 原発!福岡連絡会用の案のチラシを作りました。
http://tinyurl.com/pqtec2q

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
メールサービス 2014年12月2日 第441号
『ピコ通信』を購読いただいた方や、お世話になっている方々に、研究会ウェブの
————————-
 集会・アクション
————————-
■全国のデモ開催情報まとめ
◆原発関連
http://www47.atwiki.jp/demomatome/
◆改憲関連
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

■映画「日本と原発」
http://www.nihontogenpatsu.com/
◆衆院選目前 特別編(YouTueb)

——————–
 原発関連情報
——————–

■関電、高浜原発の特別点検着手 再稼働へ劣化調査
(福井新聞 2014年12月1日)
http://www.fukuishimbun.co.jp/nationalnews/CO/science_environment/907269.html

■大飯、高浜再稼働 「早急な容認考えがたい」
(東京新聞 2014年11月28日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014112802000128.html

■原発再稼働差し止め:大飯・高浜、仮処分却下の決定要旨 大津地裁
(毎日新聞 2014年11月27日)
http://mainichi.jp/feature/news/20141127mog00m040016000c.html

■【福島第1原発の現状】崩落部遮蔽で線量低減へ 3号機原子炉建屋
(47NEWS 2014年12月1日)
http://www.47news.jp/47topics/e/259881.php

■<衆院選>原発政策 各党公約出そろう
(河北新報 2014年11月29日)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201411/20141129_11015.html

■【青森県知事選】 脱原発運動の市民たちが候補擁立
(2014年11月26日)
http://tanakaryusaku.jp/2014/11/00010319

■汚染水 凍結止水を断念 福島・地下トンネル
(東京新聞 2014年11月21日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014112102000129.html

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日、衆院選挙が公示されました。新聞記事はそのことに関連する記事が目立ち ます。
今朝も、そうした記事の中でも、川内(せんだい)原発、玄海原発の地元を伝える 記事からはじめます。

1.「2014衆院選かごしま:「川内原発」アンケート 候補予定者の回答公 表 市民団体がHPなどで」毎日新聞2014年12月02日 地方版
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20141202ddlk46010557000c.html
全文「県内約90の市民団体でつくる「ストップ再稼働! 3・11鹿児島集会 実行委員会」は1日、衆院選立候補予定者14人に対して実施した九州電力川内 原発の再稼働への考え方を問うアンケートの結果を公表した。向原祥隆事務局長 は「争点が原発からそらされることを恐れている。足元には川内原発があるの で、重要な選択基準としてほしい」と話した。立候補予定者の事務所に質問状を ファクス送信し、ファクスで回答を受けた。
実行委によると、1、4、5区は全陣営が回答。金子万寿夫(67)=自民▽宮 路拓馬(34)=同▽野間健(56)=無所属??計3氏の陣営から返信はなかっ たという。
質問は計3問。再稼働の賛否を問う設問で「再稼働反対」を選んだのは、▽川内 博史(53)=民主▽山之内毅(32)=維新▽野呂正和(63)=社民▽山口広 延(39)、祝迫光治(71)、山口陽規(61)、永田義人(65)、野口寛 (69)=いずれも共産??の計8氏の陣営。保岡興治(75)、森山裕 (69)=共に自民=2氏の陣営は再稼働賛成を選んだ。小里泰弘氏(56)= 自民=陣営は「原子力規制委員会を管轄する副環境相の立場上、予断を与えるコ メントは差し控えなければならない」と回答した。
実行委は今後、チラシとしてアンケート結果を配り、実行委のホームページ (HP)にも結果を掲載する予定。」

玄海原発の地元では、
2.「<衆院選>佐賀2区 玄海原発で立場異なる3人が立候補」毎日新聞?12 月2日(火)20時16分配信
http://mainichi.jp/select/news/20141203k0000m010088000c.html
「・・・・共産新人の御厨さとみ氏(33)は「愛する佐賀を放射能で汚させな い」と即時原発ゼロを訴え、民主前職の大串博志氏(49)は「30年代に原発 稼働ゼロを可能にする」と将来的な脱原発を主張する。
原発推進の立場を示すのが、先月25日に佐賀県知事を3期目途中で辞めた自民 新人の古川康氏(56)だ。第一声では原発に触れなかったが、従来から「安全 と判断され、住民理解が得られれば再稼働すべきだ」と語る。・・・・」

衆院選挙、
3.「国の行方、選択問われる 衆院選公示、各地で政策訴え」朝日新聞デジタ ル?12月2日(火)21時38分配信
http://www.asahi.com/articles/ASGD24SHZGD2UTFK00K.html
「第47回衆議院選挙は2日公示された。安倍晋三首相が最優先課題に掲げる経 済再生のほか、閣議決定で集団的自衛権の行使を認めた安全保障政策のあり方、 原発再稼働の是非、国会の定数削減など争点は多い。・・・
・・・ただ、衆院選で問われるのは、政権の経済政策だけではない。自民は公約 で原発を基幹的な「ベースロード電源」と位置付け、九州電力川内原発では来年 の再稼働に向けて準備が進む。原発依存からの脱却を掲げる各党は、この点でも 政権に矛先を向ける。・・・・
今回は小選挙区・比例区を合わせ、1191人が立候補。前回の1504人より 2割減少した。総務省が2日発表した選挙人名簿登録者数(有権者数)を元に集 計すると、一票の格差は最大2・14倍。「0増5減」に伴う選挙区割りの見直 しで、前回衆院選の最大格差2・43倍からは縮まったが、2倍を依然として超 える。」

4.「<衆院選>原発再稼働…各党主張に大きな開き」毎日新聞?12月2日(火)21 時28分配信
http://mainichi.jp/select/news/20141203k0000m020121000c.html
「・・・原発再稼働を巡っては、自民はエネルギー基本計画と同様に「原発の再 稼働を進める」と明記したが、公明党は「国民、住民の理解を得て判断する」と 住民に配慮する表現にした。民主は「国の責任を明確にした避難計画がなけれ ば、原発を再稼働すべきではない」、維新は「核のゴミの最終処分の解決なくし て原発再稼働なし」と、使用済み核燃料の最終処分場確保の条件付きで容認し た。共産、社民、生活、改革は「即時原発ゼロ」を主張している。
一方、将来的な原発依存度を巡っては、自民は一定水準を維持する方針だが、公 明は「原発の新設を認めず、原発ゼロをめざす」として、与党内で立場が分かれ た。民主は「2030年代に原発ゼロを目指す」とする従来の公約を踏襲。維新 は電力市場の自由化を進めることで「既設原発は市場競争に敗れフェードアウ ト」すると主張している。」
・・・絵図があります。

4’.「原発「重要」か「ゼロ」か=各党公約に温度差【公約比較】」時事通信 2014/12/02-15:50
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2014120200974
「・・・・野党では、民主が「2030年代の原発ゼロに向け、あらゆる政策資 源を投入する」と表明。責任ある住民避難計画ができない限り、原発再稼働も認 めない方針だ。維新の党は、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の 最終処分問題に触れ、「解決なくして再稼働なし」との姿勢を示した。次世代の 党は原子力技術の維持を、共産党、生活の党、社民党は再稼働反対をそれぞれ訴 えている。」

こちらの記事とも比較してみましょう、
4”.「総選挙争点各党比較 暴走ストップ!願い託せる政党は」しんぶん赤旗 2014年12月2日(火)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-12-02/2014120205_01_0.html
「・・・原発  再稼働反対「即時ゼロ」の決断を・・・・原発について安倍政 権は再稼働と海外輸出を進めてきました。
 公約で自民党は「重要なベースロード電源」と位置づけ、原発再稼働も「進め ます」と明記。公明も「避難計画が充実したものとなるよう支援」として再稼働 の推進です。日本共産党は、再稼働にも原発輸出にも反対。「即時原発ゼロ」を 決断し、ただちに廃炉のプロセスに入るよう求めています。再生可能エネルギー の普及を加速していきます。
政権時代に再稼働を強行した民主党は「2030年代に原発稼働ゼロ」として 「原発ゼロ」を先送りし、再稼働も避難計画が整えば認める立場です。維新は、 「原発再稼働責任法」を制定するよう求め、条件付きで再稼働に賛成です。・・・」
・・・絵図があります。

被災地フクシマでは、
5.「復興推進訴えも「上っ面」=首相演説に住民冷ややか―福島・相馬【14衆 院選】」時事通信?12月2日(火)12時10分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141202-00000075-jij-pol
「安倍晋三首相が第一声の候補地として選んだのは、東京電力福島第1原発の汚 染水問題を受け中止していた試験操業が昨年9月に再開した福島県相馬市の相馬 原釜漁港。「この選挙を勝ち抜き、復興を進めていく」と訴えた。・・・・
・・・しかし、住民の反応は冷ややか。同県浪江町から南相馬市に避難し、漁業 再開に向け準備している漁師高野武さん(64)は「上っ面だけきれいごとを並べ ている。具体的な話は何一つ出てこない」と批判した。
 相馬市で釣具店を経営する斎藤基次さん(73)も「復興の実感が湧かない中、 成果だけ強調されてもアリバイ作りにしか聞こえなかった。期待外れだ」と漏ら した。」

6.「(京都で)福島から京都・滋賀への避難者、エネ政策注視 衆院選公示」 京都新聞?12月2日(火)23時22分配信
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20141202000151
長い記事「・・・京都市伏見区の白瀬美智男さん(70)は、福島第1原発から 約9キロしか離れていない福島県浪江町から家族で避難した。安倍晋三首相は衆 院選で経済政策を争点に打ち出したが、「経済の根本にあるエネルギー問題がま だ解決していない」と強調する。・・・京滋に隣接する福井県の原発では再稼働 準備が着々と進む。「今さえ良ければいいという考えが広がっているのが怖い。 福島の事故で『万が一』は起こり得ると分かった。関西の人も原発を自分の問題 ととらえてほしい」と声を高めた。」

7.「飯舘のガソリンスタンドが営業再開 3年9カ月ぶり、3店目」福島民友 12/01 16:20
http://www.minyu-net.com/news/news/1201/news13.html
「東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で休業していた飯舘村のガソリンス タンド「マックスサービスそうま 飯舘給油所」は1日、約3年9カ月ぶりに現 地で営業を再開した。・・・村内で営業再開したガソリンスタンドは3店 目。・・・」

8.「常磐道 3月1日全線開通へ」NHK福島12月02日 19時27分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053654871.html?t=1417544461957
「来年の大型連休前までの全線開通を目指している、常磐自動車道について、安 倍総理大臣は、相馬市で街頭演説し、当初の予定をおよそ2か月前倒しして、来 年3月1日に全線で開通させる方針を明らかにしました。・・・」

9.●「コメ汚染 早期原因究明求める」NHK福島12月02日19時27分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053540541.html?t=1417544552617
「去年、南相馬市で収穫されたコメから、国の基準を超える放射性物質が検出さ れた問題で、原子力規制委員会が「汚染はがれきの撤去によるものではない」と いう見解をまとめたことを受けて、・・・1日夜、農林水産省などの担当者を呼 び、原因の調査状況について説明を求めました。この中で国などの担当者は、▼ 稲への付着について、土壌の巻き上げが原因とは考えにくいとしたほか、▼汚染 があった、水田に引く川の水と水道水とで、稲への放射性物質の移行を調べたも のの、特徴的な差は見られなかったとして、引き続き調査すると説明しました。
これに対して、出席した生産者からは、「原因がわからないままコメをつくらな ければならないのは不安だ」などといった声が相次ぎ、早期の原因究明を求める 声が上がっていました。
農林水産省穀物課の鈴木良典課長は、「原因がわからないままなので、原因に結 びつく情報が出せるよう、調査を継続したい」と話しています。」

10.「2日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定 値」福島民報12月3日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・「教育施設の放射線モニタリング結果」、「放射性物質の検査結果(穀 類)」
※昨日、誤:葛尾町→正:葛尾村 でした。

11..「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下 野新聞12月2日17:40
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20141202/1796702
▼空間放射線量率(1日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1 メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

12.「(栃木県)指定廃棄物処分場問題「国が責任もって県内に処分場を」知 事が答弁」毎日新聞 2014年12月02日地方版
http://mainichi.jp/area/tochigi/news/20141202ddlk09040100000c.html
「放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場問題について、福田富一知事は1日 の県議会通常会議で「福島県で処理すべきだとの意見もあるが、福島県の厳しい 現状を見るとお願いする状況ではない。国が全責任をもって県内に処分場を設置 し、安全に処理することが現実的な解決策だ」と述べた。・・・・福田知事はそ のうえで、国による詳細調査候補地の選定過程が適切だったのか有識者会議を通 して検証を進めていく考えを示し「地元からの疑問についても有識者会議委員の 助言を受けながら丁寧に対応していく」と語った。・・・
最終処分場の候補地に選定された塩谷町の見形和久町長は「指定廃棄物は福島県 内に集約すべきだ」と主張している。」

原発立地地域、
13.「輪島、穴水が締結申し入れ 志賀原発安全協定 再稼働「同意権」求め ず 」北国新聞12月2日02時32分
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20141202302.htm
「(石川県)輪島市と穴水町は1日、北陸電力に対し、志賀原発の安全協定締結 を申し入れた。迅速な情報提供や避難、風評被害対策などを協定に盛り込むこと を想定する。2市町側は志賀町と同等の権限を求めない方針で、原発再稼働の 「同意権」については「石川県などが担う役割であり、必要ない」と強調し、早 期の締結を目指す考えを示した。・・・・」・・・昨日、23.の類似記事です が・・。

14.「(静岡県)核燃料税の条例案可決時 原発停止中も静岡県の税収62 億」静岡新聞(2014/12/ 2 07:35)
http://www.at-s.com/news/detail/1174146565.html
「県は1日の県議会12月定例会で、中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)の核燃 料税の徴収期間を更新する条例案が可決された場合、原発が停止中でも5年間で 約62億円の税収が見込めることを明らかにした。・・・・
下山部長は、出力割を価額割に換算すると、税率が17%相当に引き上げられた 場合と同等になると説明。出力割導入の理由については「現在浜岡原発は停止し ているが、放射線量の監視業務など原発の立地に伴う対策は実施していく必要が ある」と指摘した。税収は県環境放射線監視センター(御前崎市)の運営や原発 事故時に避難路となる幹線道路の整備などに活用していく方針という。」

15.「(愛媛県)原発避難計画 全施設が提出」読売新聞2014年12月02日
全文「県は1日、四国電力伊方原発から半径30キロ圏内にある福祉施設と医療 機関の計314施設の全てが、原発事故の際の避難手段や経路などをまとめた 「原子力災害避難計画」を提出したと発表した。県は、提出された計画を確認 し、必要に応じて内容を充実させるように助言する。」??

16.「(規制委で)外部火災の影響説明 浜岡原発審査会合で中電」静岡新聞 (2014/12/ 2 14:30)
http://www.at-s.com/news/detail/1174146716.html
「原子力規制委員会は2日、中部電力浜岡原発4号機(御前崎市佐倉)の新規制 基準の適合性審査会合を開いた。中電は施設外から発生する火災に対する安全機 能を有する施設の影響評価を説明した。想定した外部火災は、敷地外10キロ以 内に発火点を設定した森林火災、敷地外10キロ以内の石油コンビナートなど産 業施設の火災、敷地への航空機墜落の火災。?・・・・

17.「規制委―原燃の断層説明「一応納得」=再処理工場の調査終了」時事通 信?12月2日(火)16時34分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014120201024
「原子力規制委員会は2日、原発の使用済み核燃料からウランやプルトニウムを 取り出し、再利用を目指す日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)などで2日 間の現地調査を終えた。原燃は敷地内に活断層はないと主張している。調査団の 石渡明委員は取材に「(原燃の説明は)一応納得できる」との考えを示し、「専 門家と結果を持ち寄って判断したい」と述べた。・・・・」

18.「再処理工場の断層「問題ない」 原子力規制委」共同通信2014/12/02 16:35
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014120201001605.html
「・・・・石渡明委員は終了後、報道陣に「(断層の活動性は)非常にずれが小 さいこともあり、私はあまり重要ではないと考えている」と述べ、問題ないとの 見解を示した。」

政府が、
19.「太陽光発電買い取り:価格決定は契約成立時に 経産省提案」毎日新聞  2014年12月02日 21時09分
http://mainichi.jp/select/news/20141203k0000m020112000c.html
「経済産業省は2日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に関し、太陽 光発電の買い取り価格の決定時期を現行より繰り下げるよう、同省の有識者委員 会に提案した。年度内にルールを変更する方向だ。
・・・・買い取り価格の決定時期は、再エネ事業者が電力会社に申請した時点で はなく、申請してから電力会社との契約が成立した時点に繰り下げるよう求め た。一方、再エネ事業者と電力会社の契約手続きが長期化した場合、契約締結ま でに買い取り価格が下がり、事業者の事業計画が狂う可能性もある。経産省は、 電力会社の事情で契約締結が遅れた場合は、買い取り申請から9カ月後の買い取 り価格を適用する案を示した。・・・・
事業用の太陽光(10キロワット以上)の場合、12年度の税抜き買い取り価格 は1キロワット時当たり40円、13年度は36円、14年度は32円。風力や 水力、バイオマスの価格は制度導入時から変わっていないが、太陽光はパネルの 値下がり幅が大きいため、毎年度引き下げられている。」

電力、
20.「(プロメテウスの罠)自然エネ危機:11 北本の電気のおかげ」朝日 新聞デジタル?12月2日(火)11時30分配信 (有料記事)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11485066.html
「◇No.1114  震災から2日後。2011年3月13日午後8時、東京 電力本社の会見場は殺気だっていた。清水正孝(しみずまさたか)東電社長 (70)が原発事故後はじめて会見に出ることに加え、翌14日から始まる前代 未聞の計画停電の発表が予定されていた。清水社長は「避難勧告が出ている地域 や社会の皆様にご迷惑をかけ、心よりおわび申し上げます」と言って早めに退室 し、停電は藤本孝(ふじもとたかし)副社長(67)が説明した。
「あす14日の最大需要は4100万キロワットの予想。用意できるのが 3100万キロワット、どうしても1千万足りない。管内の区域を分けて3時間 ずつ停電させる。最初の停電は14日午前6時20分の開始予定だった。結果的 に、その停電は実施されなかった。午前1時、官邸が、自宅で人工呼吸器を使っ ている人などが準備できないことへの配慮を強く求めたためだ。しかし、けっ きょく東電は3月14日から28日まで断続的に計10日間、延べ32回の計画 停電を実施した。・・・・
3月13日に北本(きたほん)連系線で流され始めた北海道の電気は東北電力を 素通りして、東電に全量流されていた。・・・一方で東北電力は、北本の電気に ついて、「我が社も使わせて欲しい」と申し出て、15日ごろから東電と分け 合って使うようになる。・おかげで東北電力は、計画停電をせずに済ん だ。・・・東北電力は「北本の60万キロワット全量を欲しい」と東電に頼む。 これでまた、計画停電は免れた。各社の送電網同士を結ぶ連系線は、あっても細 いし、ふだんは「使わない主義」である。なぜもっと使わないのか。」

21.「青森・八戸にバイオマス発電所 JR東日本や住友林業」西日本2014年 12月02日 18時34分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/130791
JR東日本は2日、住友林業や住友大阪セメントと共同で、間伐材などを燃料に 使うバイオマス発電事業を始めると発表した。青森県八戸市の八戸港付近にある 工場用地に発電所を建設する。来年6月に着工し、2017年12月の営業運転 開始を目指す。発電所の出力は約1万2千キロワットで、年間発電量は一般家庭 約1万7千世帯分の電力を賄える。・・・・
燃料には、JR東日本沿線に防風や防雪目的で整備された鉄道林の間伐材や、地 元で出る製材端材など年間約13万トンを使う。」

22.「関電の森氏が関経連会長続投へ 3期目に」佐賀新聞2014年12月02日 21時30分
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10204/131634
「関西経済連合会の会長を務める森詳介・関西電力会長(74)が、来年5月の 任期満了後も関経連会長を続投する見通しとなった。複数の関係者が2日、明ら かにした。森氏は3期目となる。・・・・森氏の後任候補として複数の副会長の 名前が挙がったが、まとまらなかった。原発などエネルギー分野が重要課題のた め、引き続き森氏が率いるべきだとの意見が大勢となった。」

23.「九電が冬の節電を呼び掛け」長崎新聞2014年12月2日
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2014/12/02090028015878.shtml
「・・・・九州電力長崎支社(谷口悟支社長)は同日、街頭でチラシを配り、市 民らに理解を求めた。一方、行政側も照明削減など各種の策を講じてい る。・・・・・・・社員ら約30人とともに、長崎市尾上町のJR長崎駅かもめ 広場で節電対策などをPRした谷口支社長は「節電が定着しつつあるが、引き続 き生活や健康、経済活動に支障のない範囲でお願いしたい」と話した。
県や長崎市は数値目標を設定し、節電策に取り組む。県は期間中、2010年度 比で9%削減を掲げ、暖房稼働時間の短縮といった対策を実行。同市は10年度 比で10%以上の削減を目標に、コピー機の稼働台数を調整するほか、室内照明 は50%消灯を目指す。さらに、前年同月の使用量を下回った世帯に抽選で図書 カードなどを贈るキャンペーンも実施する。・・・・」

24.「(福岡市)風車:折れた羽根、車の窓ガラス割る 100年公園」毎日 新聞12月02日 02時39分
http://mainichi.jp/select/news/20141202k0000m040128000c.html
「1日午後3時半ごろ、福岡市東区香椎浜ふ頭1の「みなと100年公園」に福 岡市が設置している風力発電施設の風車の羽根が折れ、約90メートル離れた駐 車場の車を直撃し運転席の窓ガラスが割れるなどした。男性が車に乗り込もうと していたところだったが、けがはなかった。市は強風が原因とみている。
市によると、風車は直径約3.5メートル、羽根1枚の重さは約7キロで、繊維 強化プラスチック製の羽根3枚すべてが根元から折れていたという。2010年 3月にも一部の羽根が折れており、風速約20メートルになると停止するよう改 良していたという。九州北部は寒気の影響で海上を中心に暴風警報が出されてい た。」
・・・・昨日紙面にありました。写真参照→レンズ型風車として、九州大学で開 発されたものだと思います。

25.「東芝と仏GDFスエズの英原発建設計画、英政府が保証で合意」ロイ ター?12月2日(火)11時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141202-00000044-reut-bus_all
「[ロンドン 2日 ロイター] – 英国は、北西部ムーアサイドでの原子力発 電所建設計画に金融保証を提供することで関係当事者と基本合意した。・・・・ 同計画は、東芝<6502.T>と仏電力会社GDFスエズ<GSZ.PA>の合弁事業で、 両社によると、発電能力は3.4ギガワットで英国の電力需要の7%近くに対応 するほか、最大2万1000人の雇用を創出する可能性があるという。・・・財 務省はインフラ支出計画の発表前で、これ以上の詳細は明らかにしていな い。・・・」

参考記事、
26.「文太さん:被災者支援と脱原発運動に尽力…国や政治に苦言も」毎日新聞 2014年12月02日
http://mainichi.jp/sponichi/news/20141202spn00m200006000c.html
「・・・・岩手、宮城、福島3県の被災者の他県への移住支援を発表したNPO 法人による会見に俳優西田敏行(67)と出席。「原発の是非を問う国民投票を すべき。ドイツもイタリアも脱原発を決めた」と話し、脱原発を訴えた。12年 2月の俳優引退宣言時には被災地の復興が遅れていることに対し「肝心の国や政 治、行政が無力で、どうしてなんだろうと思う」と苦言を呈した。・・・・
▼加藤登紀子(「ふるさと回帰支援センター」でともに役員)ずっしりとした存 在感が忘れられません。東日本大震災の後、農業に軸足を置いた日本の未来を開 くために、生活を懸けて尽力されたこと、本当にありがたく思っています。文太 さんの志を受け継いでいくことを胸に、心からご冥福お祈りします。」

27.「放射能木くず投棄で有罪=「原発事故被害の拡散」―大津地裁」時事通 信?12月2日(火)16時57分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014120201042
全文「滋賀県高島市の河川敷に、放射性物質に汚染された大量の木くずが不法投 棄された事件で、廃棄物処理法違反罪に問われた経営コンサルタント会社社長田 中良拓被告(42)の判決が2日、大津地裁であり、赤坂宏一裁判官は懲役1年6 月、保護観察付き執行猶予3年、罰金100万円(求刑懲役2年、罰金100万円)を言 い渡した。
赤坂裁判官は、同被告が東京電力福島第1原発事故で汚染された木くずを処理す る事業がうまくいかず、処置に困って投棄したと指摘。「原発事故の被害を拡散 させて利益を得たと見ることも可能で、責任は軽視できない」と述べた。判決に よると、田中被告は昨年3~4月、原発事故で汚染された木くず約310立方メート ルを河川敷に投棄した。」

28.「流行語大賞に「集団的自衛権」「ダメよ~ダメダメ」」朝日デジタル 2014年12月1日21時07分
http://www.asahi.com/articles/ASGD1560LGD1UCVL01B.html
選考委員のジャーナリスト、鳥越俊太郎さんは「特定秘密保護法から始まってア ベノミクス、集団的自衛権、原発再稼働も、国民が反対しているにもかかわらず 政府は少しずつ推し進めた。それに対して国民の気持ちを最もよく表すのが『ダ メよ~ダメダメ』」と総括した。・・・
「集団的自衛権」は対象者が受賞を辞退。主催者は「受賞を打診した対象者は公 表しない」としているが、選考委員を務めた「現代用語の基礎知識」の清水均編 集長は、「昨年トップ10入りした『アベノミクス』でも辞退されたあの方の顔 を拝見することができなかったのが心残り」とあいさつ。・・・」

29.「今日の記者モノ(佐賀県)知事選と玄海再稼働の行方が気になる」西日 本電子版2014年12月03日 03時00分
http://qbiz.jp/article/51056/1/
選挙戦の火ぶたが切られた衆院選もさることながら、直後に控える佐賀県知事選 の行方が気になっている。・・・原発が立地する県の知事の意向は、再稼働の可 否に決定的な影響を与える。知事選の結果いかんで再稼働が円滑に進むこともあ れば、一気に遠のくこともありうる。・・・・。「佐賀でも(鹿児島県知事の) 伊藤さんのような人に知事になってほしい」というのが、再稼働を推進したい政 府や九電関係者の本音だ。・・・
今回の衆院選に出馬するため佐賀県知事を辞職した古川康氏は、再稼働に前向き なことで知られた。だが、九電の「やらせメール問題」への関与が取りざたされ た経緯から、九電社内でも古川氏が地元同意をすんなりと決断できるか心配する 声が少なくなかった。メール問題の“後遺症”を払拭できる新たな容認派知事が誕 生すれば、玄海の再稼働にとっては追い風になるだろう。しかし、言うまでもな く、実際にそうなるかは不透明だ。佐賀県知事選をめぐっては既に出馬表明が相 次いでおり、再稼働に賛意を示す候補もいれば、慎重な候補もいる。再稼働を推 進したい自民党の地元関係者が必ずしも一枚岩でないとみられることや、再稼働 に反対する市民感情が根深いことも考えると、再稼働に同意しない知事が
誕生する可能性が低いとは言い切れまい。知事選で、玄海の再稼働問題が主要争 点の一つになることは間違いないだろう。・・・・玄海の再稼働は地元の問題で あると同時に、九州に暮らすすべての市民の生活や安全・安心にかかわる問題 だ。・・・
仮に玄海の再稼働が見込めない状況になれば、九電は恐らく経営安定化のため電 気料金の再値上げに踏み切ることになる。」

30.「衆院選の争点を点検する」西日本電子版2014年12月03日 03時00分
http://qbiz.jp/article/51076/1/
「◆エネルギー 「原発回帰」強まる 東京電力福島第1原発事故からまだ4年 足らず。10万人以上が避難生活を強いられ、事故も収束していない中、政府は 九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働を急ぐなど原発回帰の姿勢を 強めている。福島事故の反省を踏まえて発足した原子力規制委員会は、昨年7月 に施行した新規制基準に基づき、現在、13原発20基を審査。政府は、規制委 が新基準に適合していると認めた原発は再稼働を進める方針で、来年は川内原発 以降も関西電力の高浜原発(福井県)や九電玄海原発(佐賀県玄海町)などが続 く見通しだ。・・・・
・・・・安倍晋三首相は「安定的に低廉なエネルギーを供給していく責任があ る」と訴える。
ただ、政府は、原発の周辺住民が不安を抱く事故時の避難計画を自治体に任せた まま。川内原発だけで9市町の21万人以上が対象になる避難計画は、不断に緻 密さを求めていく必要があり、国がきちんと評価する制度を求める声は根強い。 原発回帰の一方で、太陽光など再生可能エネルギーの拡大の道筋は示されていな い。エネルギー政策は大きな岐路に立っている。・・・・」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、各紙面は選挙一色です、1面のトップの見 出しは、
31.「安倍政治問う 「経済」「自衛権」「原発」」
5面に、
32.「住宅用太陽光 優先買い取りへ」
・・・19.の記事とは異なる課題で会議を伝えています、
38面社会欄に、
33.「福島復興置き去り懸念」
・・・・福島県相馬で演説した安倍首相の演説を聞いた県民の反応を伝えています。
39面では、川内原発の地元での選挙模様を伝えています、原発を語らない候補の 態度など。

今朝の紙面は以上です。(12.3.4:16)
※この新聞記事紹介は、この時間を過ぎた頃には次のフェイスブックにも毎日貼 り付けています。 
https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu
※この新聞記事紹介でお気づきのことがあれば⇒ ysykf@yahoo.co.jpへ

★ 海渡雄一 (脱原発弁護団全国連絡会 共同代表)さんから:
我々は負けていない!
大津地裁・大飯・高浜原発差し止め仮処分決定は住民の指摘を認めている

差し止め請求却下の決定
関西電力の高浜原発3、4号機(福井県高浜町)と大飯原発3、4号機(同県お
おい町)の地震対策は不十分だとして、滋賀県の住民らが再稼働差し止めを求め
ていた事件について、大津地裁(山本善彦裁判長)は11月27日に、申請を却
下する決定をした。
 関西電力が2013年7月、再稼働に向けて、規制委員会に対して新規制基準
への適合性審査を申請し、原子力規制委員会が審査を進めていた。
 この事件は、滋賀県の住民が大津地裁に提訴していたが、弁護に当たっていた
のは吉原、井戸弁護士らであった。
 今回の決定は、結論こそ却下であるが、その理由を「規制委員会がいたずらに
早急に、新規制基準に適合すると判断して再稼働を容認するとは考えがたい」と
説明している。つまり、再稼働が目前に迫っているわけではないからまだ差し止
め決定を出す必要性がないといっているのだ。
 住民の側は、若狭湾の周辺には多くの活断層があり、想定を超える地震や津波
が起こる可能性が高いこと点を差し止めを求める理由として主張してきた。原発
の耐震設計の基準となる基準地震動が過小に評価されており福島原発事故と同じ
ような事故が起き、琵琶湖が汚染され、住民の生命と健康に深刻な危険が生じる
ことをと訴えてきた。
 決定はこのような住民側の指摘を否定していない。むしろ否定していないどこ
ろか、これを認めていると評価できる。

原発事故の取り返しのつかない重大性を明確に認めている
 まず、第1に、「事故の重大な結果に照らせば,本件各発電所の再稼働後に,
いったん重大な事故が発生してしまえば,文字通り,取り返しのつかない事態と
なり,放射能汚染の被害も甚大なものとなることが想定される」ことを認めてい
る。

新規制基準の合理性について関西電力は説明していない
 第2に、新規制基準の合理性について、関西電力が何ら説明を加えていないと
し、「自然科学においてその一般的傾向や法則を見いだすためにその平均値をもっ
て検討していくことについては合理性が認められようが,自然災害を克服するた
め,とりわけ万一の事態に備えなければならない原発事故を防止するための地震
動の評価・策定にあたって,直近のしかも決して多数とはいえない地震の平均像
を基にして基準地震動とすることにどのような合理性があるのかに加えて,研究
の端緒段階にすぎない学問分野であり,サンプル事例も少ないことからすると,
着眼すべきであるのに捉え切れていない要素があるやもしれず,また,地中内部
のことで視認性に欠けるために基礎資料における不十分さが払拭できないことな
どにも鑑みると,現時点では,最大級規模の地震を基準にすることにこそ合理性
があるのではないか。」と判示している。
 このような考え方は今年5月21日の福井地裁の大飯原発差し止め判決と共通
する見方である。さらに、「自然科学においてその一般的傾向や法則を見いだす
ためにその平均値をもって検討していくことについては合理性が認められようが,
自然災害を克服するため,とりわけ万一の事態に備えなければならない原発事故
を防止するための地震動の評価・策定にあたって,直近のしかも決して多数とは
いえない地震の平均像を基にして基準地震動とすることにどのような合理性があ
るのか」という部分は、浜岡原発訴訟や川内原発仮処分など、全国の裁判所で脱
原発弁護団が一致して訴えてきたことを明確に認めたものであり、画期的な判示
である。

避難計画すら立てられていない段階で規制委員会が再稼働を容認するとは考えが
たい
 第3に、決定は住民の避難計画にも言及し、「原発事故に対応する組織や地元
自治体との連携・役割分担,住民の避難計画等についても現段階においては何ら
策定されておらず,これらの作業が進まなければ再稼働はあり得ない」としたの
である。
そして、結論として、「このような段階にあって,同委員会(原子力規制委員会
のこと)がいたずらに早急に,新規制基準に適合すると判断して再稼働を容認す
るとは到底考えがたく,上記特段の事情が存するとはいえない。」として、住民
の訴えを却下した。

決定は再稼働が切迫すれば司法はストップをかけるという警告だ
 このように、この決定は原発の安全性を認めたものでないことはもちろんのこ
と、規制委員会が再稼働を容認するとは到底考えられないとしたのであり、むし
ろ、住民の指摘をかなりの程度までみとめた決定であると評価できる。つまり、
いまより再稼働が現実のものとなったときには司法はこれを差し止めるべきだと
する考え方を含んでいると理解することが許されるであろう。

川内の仮処分で必ず勝利を!
 我々は負けていない。原発再稼働を許さない闘いは、ここまで裁判所を追い込
んできた。次は川内原発だ。規制委員会の結論が出ている川内については、司法
は逃げられない。我々は、鹿児島地裁で、川内原発の再稼働を差し止める司法の
審判を勝ち取ろう。

-----集会等のお知らせ------

【テントひろばから生まれたオリジナル曲】
●「きみへ」 さよなら原発!●

音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」

編曲・歌 荒木美帆(声楽家)






https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡」例会 12月4日(木)18時30分~
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)10F
        福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 092-262-8464
           地図:http://tinyurl.com/mkzzusw

●12・15九州電力本社に再稼働阻止の申し入れ統一総行動●
    ご参加よろしくお願い致します。
    詳細:http://tinyurl.com/m79zuxg

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
     第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
             原告総数 原告総数  8739名(11/27現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
     ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
         午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
転載おわり

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中