NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1332日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。12月12日。

【転送・転載大歓迎】

=九州電力本社に再稼働阻止の申し入れ統一総行動=
ご参加よろしくお願い致します。
日時:12月15日月午後2時  九電公開質問交渉
集合:1時30分★原発とめよう!九電本店前ひろば★前。
(室内交渉と九電本店前でのアピール・九電ビル廻りデモ)

・九電公開質問状:http://tinyurl.com/o2q3re6
・当日のスケジュール:http://tinyurl.com/q6rg7b9

・「資料」川内原発・玄海原発の再稼働に反対です!
http://tinyurl.com/p3ddet5
●【「さよなら原発!福岡」カンパ振込先 】●
①<郵便振替>
口座記号番号 01770-5-71599
加入者名  さよなら原発!福岡
②<他金融機関からの振込用口座番号>
一七九(イチナナキュウ) 店(179) 当座 0071599

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1332日目報告☆
呼びかけ人賛同者12月11日3676名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
スタジオジブリの小冊子をいただきました。
憲法改正についての特集です。
映画も演劇も 管理される社会になると 自由に見たり、聞いたり、
話したりすることが 出来なくなってしまいます。
粘り強いたたかいを続けることが大事です。
あんくるトム工房
観劇と秘密法   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3287

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆「文化人」とは無思想ぶりの寒空にトラック野郎の晩節光る
(左門 ’14・12・12-868)
※3・11を機に俳優業を引退して、人間として打ち込むべき道へ、
世捨て人のようではなく、世を救う「いのちの党(仲間)」を結成し
て農業を中心に据えた取り組みを推進していた。自然を破壊し、
いのちを破壊する沖縄の永久軍事化を許さない覚悟で、基地反
対の翁長候補を支援し、見事な勝利に貢献した。無思想を看板
にしているような日本の文化人・芸能人の世界に希望の星として
登場した途端に他界された。しかし、この輝きは今後の日本文化
人の有り様への北極星となる。《御冥福は祈らない。われらの先
頭に立って「いのちのトラック」を走らせてください!!!》。

★ 西山 進 さんから:
青柳行信さま
テントの毎日ご苦労様です。

川内原発再稼働に向けて着々と準備を進めています。
原発が事故を起こしたら取り返しがつかない事態になることを知っていても知
らないふりして進めている人たちは、早く人間として「人間の命を守る」という
正義の立場に返ってほしいと思います。
立候補している候補者は、「原発は危ないからやめよう」と言ってください。
そういわない候補者には入れないでおきましょう。

「国民の命と財産を守るため、積極的平和主義を貫く。そのために戦争できる
ようにする」どういうことでしょう。
自分の財産、命を守るためには人を殺してもいい。といってるわけですが、そ
んなむちゃくちゃな「仮定」を作らないでください。

先の大戦で亡くなったのはアジアで2000万人、日本で300万人といわれ
ます。
とりわけ一般市民が空襲や原爆で死に、若い特攻隊員があたら命を捨ててしま
しました。
それをもう一度やろうというのだから、きちがい沙汰です。
あの戦争を反省して全世界に誓ったのが憲法9条です。

私たちは、あの戦争の時代「戦争に反対していた政党や、たくさんの人たち」
がいたことを忘れてはならないと思います。

映画「仁義なき戦い」の菅原文太さんが、沖縄の県知事選に、自ら買って出
て、「国がやることは国民を飢えさせないこと、戦争を絶対してはならないこ
と」と短い言葉でしたが、胸をうちました。菅原さんの言葉は10万票差になっ
て現れ、新しい沖縄県知事が生まれました。

今度の選挙で、新聞は自民党優勢と報道しています。そうかもしれません。そ
れは正し報道ではないともいえます。結果は12月14日にはっきりします。そ
の日の数が真実なのです。慌てないでください。ひどい世論誘導ではないです
か。もうそういう報道はやめなさい。

私たちは一喜一憂せず、原発をやめようという人、戦争に反対する人、貧乏人
を食えなくする消費税に反対する人をしっかり見分けましょう。

そして討ち入りが終わったら,躍進の勝利の祝杯を挙げましょう。

★ 仮面ライダ- さんから:
一日川柳
『国会にもアホもおるけん気~つけな大人達』
おもろいFB投稿ありました。
http://tinyurl.com/lulvalx

「あんな戦争とか言ってる
アホ入れたらあかんで!
原発止めてフクイチの片付け先や!
たのむで大人」

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様

「世界最高水準の新安全基準の適合性審査に川内原発は合格したので、再稼働に
は問題が無い」と田中原子力規制委員会委員長も安倍総理大臣も
宮沢経済産業大臣も伊藤鹿児島県知事も岩切薩摩川内市長も口をそろえて言いま
すが、新規制基準が「世界最高水準の新安全基準」という事そのものが、まった
くの虚言です。
其のことを、福岡核問題研究会は詳しく調べていましたが、まとまりましたので、
「原子力規制世界最高水準という虚言の批判」を発表しました。
その報告書のPDFファイルを添付します。
http://tinyurl.com/l2bwvs9

ヨーロッパやアメリカの新規制基準に比べて、実際には最低水準の新規制基準
の適合性審査に合格したと言って、危険極まりない条件で川内原発を再稼働させ
ることは、過酷事故が起きた時西日本に大変な放射性物質汚染を引き起こすの
で、大問題です。
みんなで良く検討して、川内原発再稼働反対の大きな声を上げましょう。

★ 田中一郎 さんから:
「大義なき解散・総選挙」が始まって、ほぼ10日が経過した。選挙は終わってみ
ないとどうなるか、最後まで分からないけれども、大手マスコミの報じるところ
によれば、目を疑いたくなるような結果となりそうだという。「暗黒社会」へ向
かって「迷走」する日本、といったところだろうか。安倍晋三政権の暴走を止め
なければ、やがてこの国は取り返しのつかない事態に陥るだろう。最後のチャン
スのカードを、「暴走停止候補」に投じよう。

私のメールで何度かご紹介した、かつてのワイマール憲法下ドイツの苦い経験を
後悔する、この牧師の言葉を下記に書いておきたい。「暗黒社会」において、例
外となる人間は誰もいない。「集団的自衛権」という「集団的戦争権」を振り回
し、そしてその結果の「集団的自滅」という「最後」を甘んじて受け入れるの
か、それに対して「ノー」と言うのか、2つに一つがこの選挙である。また、原
発という時限核爆弾のカウントダウンを停止するのか否かも問われている。

「なぜナチスを阻止できなかったのか-マルチン・ニーメラー牧師の告白-
ナチスが共産主義者を攻撃したとき、自分はすこし不安であったが、とにかく
自分は共産主義者でなかった。だからなにも行動にでなかった。次にナチスは社
会主義者を攻撃した。自分はさらに不安を感じたが、社会主義者でなかったから
何も行動にでなかった。それからナチスは学校、新聞、ユダヤ人等をどんどん攻
撃し、自分はそのたびにいつも不安を感じましたが、それでもなお行動にでるこ
とはなかった。それからナチスは教会を攻撃した。自分は牧師であった。だから
たって行動にでたが、そのときはすでにおそかった。」

●なぜナチスを阻止できなかったのか-マルチン・ニーメラー牧師
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/8008/MartinNiemller/MartinNiemller.htm

★ 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)さんから:
昨日の「12.11原子力規制庁院内交渉集会」が今朝の東京新聞に報道されま
した。
取り急ぎ、新聞画像↓を送ります。
http://tinyurl.com/mgd3gu2

次は、たんぽぽ舎ニュースの柳田さんの短信です。

短信 12/11(木)原子力規制委員会との交渉=保安院より悪い
……柳田 真
12月11日(木)、参議院会館講堂で、再稼働阻止全国ネットワーク主催により、
原子力規制委員会との交渉が2時間半おこなわれた。参加者54名。
交渉の中味は、九州電力川内原発再稼働の不当性。20頁の資料(阻止ネット
作製)に基づき、規制庁(3人出席)を追及。工事計画と保安規定の審査は
どうなっているかを追及したが、九州電力の文書=工事認可申請書は白紙が
いっぱいで公表。肝心のデータが載っていない(山崎久隆さん追及)。
白紙公表を規制委も認めた。
司会のまとめの言葉
『規制委員会(規制庁)は、あの悪名高かった原子力保安院よりもっと悪い』
に、参加したみんなが同感。(詳しくは明日、他の方の報告文予定)
以上

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
終盤の衆院選挙、「2日に始まった衆院選挙は、いまいち盛り上がらずに終わり
そうだ。冒頭から新聞などで自民党の圧勝が報じられたためか、有権者の関心は
薄い。だが安倍晋三首相が応援する街宣は、いつでも大人気に見える。理由は関
係者を動員しているからだ」(データ・マックス)と書いている記事もありまし
た。マスコミの報道の仕方にも政府の意をくんだ世論誘導の意図がが明白です。
今朝は、選挙関連の記事を並べてみます。それも川内(せんだい)原発の地元か
はじめます。
※今朝も、34.に玄海原発関連記事があります。

1.「<衆院選>安倍首相「川内の皆様に電力供給で本当に感謝」」毎日新聞12
月11日(木)23時2分配信
全文『◇薩摩川内市で街頭演説、原発への直接言及は避ける 安倍晋三首相は
11日、九州電力川内原発が立地する鹿児島県薩摩川内市で街頭演説し、エネル
ギー政策について「低廉で安定的なエネルギー供給は、国民生活、雇用を守るた
めに必要だ」と訴えた。さらに「安全第一の上に皆様のご理解を得ながらしっか
りエネルギー政策を進める」と述べ、国内原発の再稼働に改めて意欲をにじませた。
首相は、再稼働に対して慎重論が根強いことを踏まえ、原発に直接言及するのは
避けた。ただ、同市が立地自治体として川内原発の再稼働を容認したことを念頭
に「川内の皆様には九州、日本に電力を供給していただき、本当に感謝したい」
とも語った。」

1’.◎「(薩摩川内市)原発再稼働に反対する市民ら」時事通信?12月11日
(木)19時53分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00000085-jijp-pol.view-000
・・・写真【14衆院選】安倍晋三首相の街頭演説に対して「川内原発再稼働NO!
」の紙を掲げる市民ら=11日午後・・」

1”.「安倍首相 川内原発再稼働に理解を求める(鹿児島県)」KKY鹿児島読売
テレビ12/11 19:16
http://www.kyt-tv.com/nnn/news8725697.html
「・・演説を行った場所には、反原発団体のメンバーも訪れ、「再稼働反対」な
どと書かれた紙を掲げ直接抗議していた。」

1”’.「川内原発再稼働に言及せず=安倍首相【14衆院選】」時事通信?12月11
日(木)19時6分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2014121100783
・・・わざわざ、再稼働をねらる自治体に来て、なぜ言わない。卑怯です!

その鹿児島の地方版で、
2.「やごろうどん:衆院選で1票を /鹿児島」毎日新聞 2014年12月11日
地方版
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20141211ddlk46070574000c.html
「「原発事故がなければ、家族がバラバラになることはなかった。将来設計がで
きなくなる」。関東地方から県内に母子避難してきた女性(43)は、時折、涙
で声を詰まらせて訴えた。「横文字の鹿児島にさせないように白票でもなく、1
票を投じてほしい」・・・・
候補の声が空虚に聞こえるほど、今衆院選は盛り上がりに欠ける。「投票先がな
い」「政治家には期待できない」。そんな意見もあるだろう。その政治家を選ん
でいるのは私たち自身だ。政治に不満があるのなら、私たちが変わらなければな
らないのではないか。」

3.●●「与党、原発争点回避か 候補者調査に大半回答せず」佐賀新聞2014年12
月11日 21時45分
全文「市民団体「脱原発法制定全国ネットワーク」などは11日、衆院選の小選
挙区候補者に原発再稼働の賛否を尋ねたアンケート結果を公表した。反対が大半
を占めたが、再稼働推進の自民党と、容認姿勢の公明党の候補者はほとんど回答
せず、同ネットワークは「与党が原発の争点化を避ける姿が浮き彫りになった」
としている。アンケートは全候補者のうち、連絡が取れない3人を除く956人
を対象に実施。10日までに360人が回答した。再稼働反対が319人と最も
多く、賛成は24人だった。賛否を二択で尋ねたが、その他が17人いた。」

4.「<えらぼーと>政治に「イライラ」37%「かなしい」21%」毎日新
聞?12月11日(木)18時18分配信
http://mainichi.jp/select/news/20141212k0000m010017000c.html
「◇利用者10万人突破 原発を必要ない56%、必要36%  インターネッ
ト上で政党・候補者との一致度を測れる「毎日新聞ボートマッチ・えらぼーと
2014衆院選」
http://vote.mainichi.jp/47shuinsen/)の利用者が11日、10万人を突破
した。10万人の回答を集計したところ、政治への感情を問われて「イライラす
る」(37%)、「かなしい」(21%)と否定的な回答をした利用者が6割近
くに達した。ネット利用者は原発問題への関心が高い傾向にあるが、いら立ち・
悲観層は特に脱原発を求める意見が強い。
原発は日本に必要かについて10万人全体では56%が「必要でない」、36%
が「必要」と回答。政治への感情別にみると、いら立ち層は63%、悲観層は
72%が「必要でない」だった。「なんとも感じない」という無感情層では「必
要」が49%で「必要でない」の39%を上回り、政治の現状を「たのもしい」
と感じる層では「必要」が76%に達した。アベノミクスの評価でも同様の傾向
が鮮明になった。・・・」

5.「民意どこへ:2014衆院選 さまよう「脱原発」票 抗議行動を続ける
人々、野党に「道筋示せ」」毎日新聞 2014年12月11日 東京夕刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20141211dde041010063000c.html
「福島第1原発事故後2回の国政選挙はいずれも原発維持に傾く自民党が圧勝し
た。一方で、毎日新聞の世論調査(9月実施)では、再稼働に反対という人が依
然6割弱を占める。
脱原発を求める人々は何を思うのか。毎週金曜日に首相官邸前で続く抗議行動の
現場で探った。
5日夜、東京・永田町。凍える手に息を吐きかけながら、「川内原発(鹿児島
県)再稼働反対!」「原発ゼロを撤回するな!」と声をそろえる人々の姿が街灯
に照らされていた。
「原発をなくせったって、野党から対案が出てこないでしょ」。自民党支持とい
う警備員の男性(70)がその横を足早に通り過ぎる。
政権を取り戻した2012年衆院選で、自民党は「原子力に依存しなくてもよい
経済・社会構造の確立」を公約に掲げていた。だが今回の公約にその文言はな
く、原発再稼働に前のめりだ。「自民党の暴走を止めたい。民主党にしっかり
やってほしい」。通りかかった保育園理事長の男性(65)はそう話す。だが民
主党も政権時代の12年6月に大飯原発(福井県)の再稼働を決めた。・・・・
主催団体のミサオ・レッドウルフさんによると、2年9カ月続く抗議行動の最盛
期は大飯原発再稼働前後。「悪く言えば、当時に比べて危機感が薄れた。でも、
今も続いているのは活動が安定している証拠。何より自分たちの考えを可視化す
ることが重要だと思っている」という。
月1回ほど参加している男性(64)は話す。「投票には行きますよ。たとえ票
が無駄になっても意思表示できる機会です。投票もやめてしまったら、民主主義
自体が壊れてしまうでしょう」
抗議行動が終わりに近づくころ、集団から離れた女性(49)に話しかけた。
「今日初めて仕事帰りに寄りました。原発、このままでいいのかなって思っ
て」。投票に行くかを尋ねると、さっぱりした顔で言った。「今日も私一人だけ
では変わらないと思ったけれど、声を出しました。選挙も同じ。たとえ1票でも
入れなければ何も変わりません」」

6.「<衆院選>支持団体に揺らぎ「民主と労組」「自民と農協」」毎日新
聞?12月11日(木)21時18分配信
http://mainichi.jp/select/news/20141212k0000m010095000c.html
「・・・・電力各社の労組で構成する電力総連は、運動員の派遣や電話での投票
依頼などを、原発再稼働に理解を示す候補に絞って行っている。原発停止で業績
が悪化し、給与減で家計が苦しくなった組合員にとって「再稼働反対」を掲げる
候補者は「敵以外の何ものでもない」(西日本の30代組合員)ためだ。電力業
界に理解ある候補者のみを当選させて「民主党の内部改革を託したい」(東日本
の労組)ともくろむ。・・・・」

選挙関連参考記事、
7.「2年前の公明党公約 実現は93中7で自民暴走手助けしただけ」NEWS ポス
トセブン?12月11日(木)16時6分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141211-00000015-pseven-soci
「・・・ 本誌は両党の全政策の達成度を点検した。結果は自民党が公約達成度
7.6%(328項目中実現は25)、公明党は7.5%(93項目中実現は7)に過ぎなかっ
た。・・・
(公明党の)「原発ゼロの日本へ」「企業団体献金の禁止」の公約は達成どころ
か逆に進んでいる。安倍政権は九州電力川内原発の再稼働を推進し、いまや企業
献金バブルに沸いているのに見て見ぬふりだ。これでは自民の暴走を手助けした
だけといわれても仕方ない。・・・・
今回の総選挙にあたって自民党は402項目にのぼる新公約集(J-ファイル2014)
を発表。内容は達成できなかった前回の公約がそのままズラリと並んでいる。そ
れを恥じない反国民政党が圧勝するような国では、ますます世界から笑われ、見
放されるだろう。」※週刊ポスト2014年12月19日号

8.「衆院選挙は盛り上がらずに終わるのか(前)」データ・マックス2014年12
月11日17:28
http://www.data-max.co.jp/politics_and_society/2014/12/25345/1211_ngk01/
長い記事「・・・・<慢心による緩み>自民党の戦術は、知名度の高い幹部によ
るテコ入れだ。だがごく一部の幹部以外は、前回の選挙ほどテコ入れの効果は上
がっていない。自民党にとって今、一番怖いものは圧勝報道に慢心することで生
じる「緩み」だ。それは候補者が意識していなくても、いきなり形になって現れ
る。報道はされていないが、こういう例がある。北関東ブロック内のある自民党
候補がJAの前で街宣しようとすると、1名しか集まらなかった。・・・・・」
・・・・こんな状況でも悠々と当選してしまうことを許してしまいますか!

9.「<衆院選>なぜ短縮か…「原則午後8時まで」投票終了時間」毎日新聞12
月11日(木)22時0分配信
http://mainichi.jp/select/news/20141212k0000m010109000c.html
◇「法改正の趣旨に逆行する」と疑問視する関係者も 14日に投開票される衆
院選で、原則午後8時までと定められている投票終了時間。投票率アップのため
午後8時までに見直された投票終了時間を、なぜ繰り上げるのか。各選管はそれ
ぞれの事情を説明するが、「法改正の趣旨に逆行する」と疑問視する関係者も少
なくない。
1998年の公職選挙法改正で、投票所での投票終了時間は午後6時から午後8
時となった。「特別な事情」があれば変更は可能だが、都道府県選管の事前承認
が必要だったため、離島や山間部などでの繰り上げがほとんどだった。しかし、
地方分権の一環による2000年の法改正により、市区町村選管の判断だけで変
更が可能になると、同年の衆院選以降、繰り上げは右肩上がりで増加、09年衆
院選で30%を超えるまでになった。・・・・
中部地方のある市選管関係者は「投票率を上げることより、作業を早く終わらせ
ることが目的になっている。優先順位は何かを再確認すべきだ」と指摘する。」

被災地フクシマ、
10.「[震災被災地]いつ帰還 聞こえぬ答え」読売新聞2014年12月10日 10時00分
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2014/feature/20141210-OYT8T50011.html
長い記事「福島第一原発が立地する福島県大熊町と双葉町は全町避難が続き、衆
院選が終盤に入った9日も、静寂に包まれていた。古里を離れて4年目の冬を迎
えた住民は、それぞれの避難先で1票を投じる。「我々は国から避難指示を受け
た。いつ戻れるのか、国が責任を持って明示するべきだ」福島県いわき市の仮庁
舎で執務する双葉町長の伊沢史朗は、憤りを隠さない。・・・・大熊町を離れ、
会津若松市の仮設住宅で暮らす80代の井戸川次雄は、壁に飾った自宅の写真に
目をやりながら、「選挙する金があるなら、年金や復興に回
すべきだ。我々を見捨てたやり方だ」と語った。・・・・・」
・・・・被災者の今です。記事に、2つの選挙区の候補者の一言がありますが、
共産候補者の一言がない!

11.「<衆院選>指定廃棄物の福島集約 割れる見解」河北新報12月11日
(木)10時3分配信
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141211_61015.html
・・・・・時間があれば検索してどうぞ。原発事故は取り返しのつかないものを
残す。議論の先が見えない。

12.「原発周辺住民は新たな街へ=いわき、南相馬への整備提言―同友会」時
事通信12月11日(木)17時0分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_date2&k=2014121100593
「経済同友会は11日、東日本大震災被災地の早期復興を目指した提言を発表し
た。福島県大熊町や双葉町など、東京電力福島第1原発周辺の自治体が指定され
ている「帰還困難区域」については、南北に近隣するいわき、南相馬両市に新た
な街を整備し、移住先とすることが望ましいと主張している。提言は、約2万
4000人が居住していた帰還困難区域を抱える自治体に関し、「住民の半数前後が
『戻らない』との意向を示す中、将来持続可能なまちとなるのは難しい」と指
摘。・・・」
・・・もともと帰るべき状況にないところで「帰還」させようととする政府や自
治体の基本方針が問題。また、いわき・南相馬などの県内が適当なのか

13.「原発、復興 争点どこに 進まぬ除染 仮設暮らし ぽつり「棄民の感
覚」福島県飯舘村」日本農業新聞?12月11日(木)12時39分
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=31194
「衆院選が終盤を迎える中、東日本大震災に伴う東京電力福島第1原子力発電所
の事故で避難を余儀なくされている福島県飯舘村の農家が、複雑な思いを抱いて
いる。「原発問題への対応は優先されているのか」「復興への本気度が全く伝
わってこない」――。現場からは憤りや焦りの声が相次ぐ。震災から11日で3年9カ
月。被災した農家はどんな思いで1票を託す
のか。・・・・
・・・借地を含めた25ヘクタールで乳牛50頭を飼育していた酪農家、長谷川健一
さん(61)は原発事故以来、伊達市の仮設住宅で妻と暮らす。「選挙と言われて
もなあ。関心が高まらないよ」生きがいだった酪農の仕事が奪われ、4世代で暮
らしてきた家族の形は崩れ、暮らしは狂った。政権交代という転機はあっても
「地元選出議員は別として、多くの政治家が果たしてわれわれの姿をどれだけ見
てきたのだろうか」と首をかしげる。・・・・・・東電に損害賠償を求める村民
救済申立団の団長として古里を失った憤りがにじむ。・・・
飯舘村から4000人近い村民が避難している福島市に暮らす菅野哲さん(66)
は、・・・選挙演説で耳にする復興という言葉も「空虚でしかない」。投票日を
前に「人の心が豊かにな
れば復興につながる。何が復興に必要と考えているのか、政策を見て判断したい」。
伊達市の仮設住宅では・・・佐藤忠義さん(70)。妻と母の3人暮らし。「除染
という名の大掃除が始まったが、終わった時の暮らしをどう考えているのか、分
からない」と疑問を投げかける。・・・・
村に戻っても、事故前のような生活を見通せない。2012年の衆院選、13年の参院
選で打ち出した公約を各党はきちんと実行したのか。それが佐藤さんの判断基準
だ。「バランスのとれた政治にするための1票を投じたい。」

14.「希望新聞:東日本大震災 記者通信 復興住宅への入居福島・郡山」毎
日新聞 2014年12月12日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20141212ddm013040034000c.html
「「自分の年齢を考えるとついの住み家になると思うが、じっくり先のことを考
えたい」。東京電力福島第1原発事故の避難者向けに福島県が整備する災害公営
住宅(復興住宅)。
佐々木実さん(63)は11月中旬、完成第1号となった同県郡山市の3階建て
団地に入った。郡山市の仮設住宅で約3年間暮らした。木造平屋の手狭な2K
で、洗濯機は冷蔵庫の横。天井が低く、圧迫感を受けた。・・・
この団地に入居するのは全員、双葉町民であり、佐々木さんは「助け合って生き
ていきたい」と話す。今後、復興住宅の建設が進み、入居者は新たな場所で生活
をスタートさせる。
「ついの住み家」になるのか、帰還を目指すのか。それぞれが古里への思いを抱
きつつ、重い決断を迫られる。」

仮設住宅についてこの人が、
15.○「樹木希林、元ハンセン病患者を熱演 療養施設での撮影秘話語る」オ
リコン12月11日(木)12時47分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00000305-oric-ent
「・・・撮影では、実際にハンセン病患者が収容されている『国立療養所多磨全
生園』で敢行。樹木は、「ハンセン病を実感しました。広いけどここを出られな
い閉塞感。あそこに何十年もいる人の思いというのを実感しました」と同所の様
子を語り、「それと同時に仮設住宅はもっと狭い所にいる。それを考えた時に原
発事故を身近に感じました」と話していた。・・・・」
・・・・被災者は仮設住宅に押し込められたまま、出ることもできない人々もい
ます。

16.「被災車両の撤去開始 環境省が浪江の約1000台」福島民報?12月11
日(木)9時59分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2014121119773
「東日本大震災の津波で被災し、東京電力福島第一原発20キロ圏内の福島県浪
江町内に放置されている車両について、環境省は10日までに撤去作業を開始し
た。同省福島環境再生事務所や町によると、対象となるのは自動車のほか、農
機、重機で、町内には約1000台が放置されたままになっているという。所有
者の同意を得た車両から順次、町内の仮置き場に運ぶ。5日から作業を実施して
いる。津波で陸地に打ち上げられた同原発20キロ圏内の船舶については、11
月21日に解体撤去作業が始まっている。」
・・・・後には、伸び放題の雑草に覆われた広大な田畑が残ると思います。

17.●「【鮫川村焼却炉】バグフィルターの限界、爆発事故による汚染拡散~
裁判で見えてきた国の隠蔽体質」DAILY NOBORDER?12月11日(木)9時29分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00010000-noborder-soci
長い記事「福島県鮫川村に設置された放射性廃棄物の仮設焼却炉を巡り、国の隠
蔽体質が次々と明らかになってきた。10日に開かれた操業停止に関する第三回審
尋でも、国は従来の主張を崩さず、手続きに瑕疵(かし)はないとの姿勢。地元
消防ですら認める爆発事故を「破損事故」と過小評価し周辺への汚染拡散もない
という。同意文書偽造事件を不起訴処分にした検察官に至っては、検察審査会へ
の申し立てをやめるよう“圧力”ともとれる発言を地権者にしていたことも発覚。
共有地権者の堀川宗則さん(59)は「国や村は早く非を認めよ」と怒る。次回審
尋は2015年2月13日。・・・・」
・・・以下、是非検索してどうぞ。

18.「東電に1730万円請求 喜多方市、原発事故の損害賠償」福島民
報?12月11日(木)9時59分
http://www.minpo.jp/news/detail/2014121119772
「福島県喜多方市は10日、東京電力福島第一原発事故による損害賠償として平
成24年度追加分と25年度分の計1729万5392円を東電に請求した。
25年度分の主な内訳は、放射線対策経費1438万8583円、風評被害対策
費71万1534円など。24年度分は今年2月、2925万円で請求していた
が、新たに風評被害関係費として217万9000円を請求する。・・・ 同市
は23、24の両年度分として約1億6000万円を損害賠償請求しており、こ
れまで約4900万円が支払われた。」

19.「(福島市)「県産地ビール」3銘柄が海外へ 風評払拭に大きな期待」
福島民友(12/11 09:50)
http://www.minyu-net.com/news/news/1211/news7.html
「県産の農産物を使った地ビールを製造・販売する福島市のみちのく福島路ビー
ル(吉田重男社長)は商品を初めて輸出する。輸出先はオーストラリアで、リン
ゴ、モモ、コメを使った地ビール3銘柄が現地で販売される見込み。・・・」

20.「灘かご漁でマダコ初水揚げ」いわき民報2014年12月11日(木)
http://www.iwaki-minpo.co.jp/
「いわき沖で実施されている試験操業で、市漁業協同組合と小名浜機船底曳網漁
業協同組合は11日午前、震災後初となる「灘(なだ)かご漁」によるマダコの水
揚げを始めた。両漁協と県水産試験場によると、マダコの本格的な漁期は11~12
月にかけてで、水深10㍍前後の海域(陸から近いところで数十㍍程度)での同漁
が主力となる。・・・・マダコは小名浜魚市場での放射性物質検査で問題がなけ
れば、いわきを中心に県内に流通する。」

21.「11日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量量測定
値」福島民報12月12日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・「都市公園の放射線モニタリング結果」
・・・「放射性物質の検査結果(野菜・果実)」「イワナ出荷制限解除 只見
川・・・」

22.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞12月11日17:55
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20141211/1805130
▼空間放射線量率(11日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

23.「栃木県 那須塩原市1農家、シイタケ出荷制限解除」毎日新聞 2014年
12月11日 地方版全文「県は10日、福島第1原発事故の影響で出荷を制限して
いた那須塩原市の原木生シイタケ農家のうち新たに1軒について、原子力災害対
策特別措置法に基づく出荷制限が解除
されたと発表した。県が策定した生産工程管理基準により、放射性物質の基準値
を安定的に下回ったことが確認された。」

24.「【栃木】「指定廃棄物」 最終処分場候補地 各候補「反対」も異なる
主張」東京新聞2014年12月11日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20141211/CK2014121102000178.html
「十四日に投開票を迎える衆院選をめぐり、高濃度の放射性物質を含む「指定廃
棄物」の最終処分場候補地となった塩谷町では、「住民の思いを一票に託そう」
という機運が高まっている。しかし、選挙区である栃木2区の三候補は、いずれ
も異なる立場から塩谷町での処分場建設に難色を示しており、住民は難しい判断
を迫られてもいる。選挙戦終盤となった現場を歩き、考えた。・・・」
・・・・記事全体は検索してどうぞ。

25.「(宮城県)<最終処分場>水源保護へ条例案 加美町」河北新報?12月
11日(木)9時35分配信
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141211_11020.html
「◎建設阻止へ対抗策 福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場建
設をめぐり、加美町は10日開会した町議会12月定例会に、候補地の田代岳周
辺の水源を保全する条例案を提出した。県内3候補地の中から最終候補地になっ
た場合、建設を認めない対抗策とする方針。条例案は12日に採決される。・・・」

26.「【群馬】<衆院選>原発「脱」「維持」割れる 県内候補者 再稼働も
主張多様」東京新聞2014年12月11日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20141211/CK2014121102000185.html

福島第1原発、
27.「「海洋汚染なし」と評価 東電福島第一原発の汚染水漏れ」福島民
報?12月11日(木)9時58分
http://www.minpo.jp/news/detail/2014121119774
「昨年8月に東京電力福島第一原発の地上タンクから約300トンの高濃度汚染
水が漏れた問題で、原子力規制委員会は10日、汚染水漏れにより健康や環境へ
の影響を懸念すべき海洋汚染はなかったとする評価結果をまとめた。約300ト
ンの漏えいは一連の汚染水漏れで最大量。規制委は6月、福島第一原発の実施計
画に基づき東電から最終報告を受け、内
容を精査していた。・・・・
規制委は、評価の理由について、漏えい前後の放水口付近のモニタリング結果に
有意な変動が見られないことを挙げている。タンク周辺の汚染土壌の掘削で、東
電が、漏えいした汚染水に含まれるストロンチウム90の約80%を回収したと
見込んでいることも根拠とした。・・・・規制委は10日の定例会合で評価結果
を了承した。今後、国際原子力機関(IAEA)に報告する。」

28.「スイッチ誤操作で冷却停止 福島第1原発2号機プール」西日本2014年
12月11日 20時58分
全文「東京電力は11日、福島第1原発2号機で11月に使用済み核燃料プール
の冷却が一時的に停止するトラブルがあり、作業員が誤って周辺機器の運転ス
イッチに触れて切ってしまったのが原因だった可能性が高いと発表した。
東電によると、プールの冷却停止は11月27日午後に発生した。冷却を制御
する弁に空気を送るコンプレッサーと呼ばれる機器が停止して弁が閉じ、プール
から水がくみ上げられなくなったことが原因と分かった。約5時間後に別の機器
を起動して冷却を再開したため、燃料に異常はなかった。」

29.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞 2014年12月11日 東京朝刊
「10日正午現在 1.155マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホー
ムページから抜粋 前日は1.157マイクロシーベルト毎時」

規制委、
30.「原子力規制委員会、原発事故時の被曝線量の上限引き上げを検討」
DAILY NOBORDER?12月11日(木)15時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00010005-noborder-soci
「原子力規制委員会は10日に行われた会議で、原発事故時に対応する作業員の被
曝線量の上限を、現状の100ミリシーベルトから250ミリシーベルトへの引き上げ
を検討する議論を行った。田中俊一委員長が「諸外国の状況からすると、250ミ
リシーベルトはだいたい真ん中くらいだ」として、上限の引き上げを提案。規制
委員会では、今後議論を続けていくとい
う。・・・・」
・・・これ、平均値や「中をとる」といったような決め方をすべきでない事柄!!

原発立地・周辺地域、
31.「【茨城】「100パーセント安全とは言えぬ」 原発事故避難計画 東
海村長、認識示す」東京新聞2014年12月11日
全文「東海村の山田修村長は十日、十二月定例村議会の一般質問で、原発事故に
備えた住民の避難計画について「百パーセント安全なものができると、そこまで
は言えない」と答弁、計画には限界があるとの認識を示した。
村長は、日本原子力発電東海第二原発の過酷事故を想定し、村が策定中の避難計
画に関して「基本形であり、これをつくれば住民の避難は安全とは思っていな
い」と発言。併せて、さまざまな事象を想定したマニュアルを別につくる必要性
を強調し、「訓練を通して計画の実効性を高めていかなければならない」とした。」

32.「<衆院選>東北 争点を歩く/原発/青森、福島エネ論戦低調」河北新
報2014年12月11日木曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141211_61013.html
・・・青森2区と福島1区の様子です。

33.「(青森県)原燃の認可法人化論に村議会が反発」デーリー東北2014/12
/10?09:00
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20141210/201412090P043127.html
「六ケ所村議会は9日、むつ小川原エネルギー対策特別委を開き、経済産業省資
源エネルギー庁から、核燃料サイクル事業の在り方を検討している原子力小委の
審議過程に関して説明を受けた。村に立地する使用済み核燃料再処理工場を運営
する日本原燃の認可法人化が浮上していることについて、委員の村議からは「村
の意向を無視した議論だ」と反発する声
が続出。同席した原燃の工藤健二社長に対しても、工場の完工延期に厳しい質問
が相次いだ。」

34.●●「(佐賀県)伊万里市長、新知事に積極関与求める 九電との原子力安
全協定交渉」西日本電子版2014年12月12日 03時00分
http://qbiz.jp/article/51729/1/
「佐賀県伊万里市の塚部芳和市長は11日、知事選(25日告示、来年1月11
日投票)について「九州電力との原子力安全協定締結交渉が進展する好機にな
る」と述べ、新知事には市と九電との交渉に積極的関与を求める考えを示した。
市議会の一般質問に答えた。
伊万里市は、玄海町の九電玄海原発から半径30キロ圏の緊急防護措置区域に全
域が含まれ「立地自治体並み」に原発施設変更の事前了解権を盛り込んだ安全協
定の締結を求めている。しかし、九電は拒否。市は古川康前知事ら県に「九電へ
の踏み込んだ指導」を要請してきたが、県は「市と九電の問題」として関与に消
極的だった。・・・・
塚部市長は「(鹿児島県の)聞く耳を持たないやり方が住民の反発を招いた」と
指摘。「玄海でも同様の手続きで進められると危惧していたが(知事選で)仕切
り直しだ。新知事に
あらためて私の考えを伝えたい」と述べた。」

電力、
35.「再生エネ受け入れ、年明け再開へ 電力5社、条件厳しく」朝日デジタ
ル2014年12月12日01時18分
http://www.asahi.com/articles/ASGDB420NGDBULFA00G.html?iref=comtop_6_01
「太陽光など再生可能エネルギーの新たな受け入れを中断していた大手電力5社
が、年明けにも契約を再開する見通しになった。経済産業省は、電気が増えすぎ
た場合に、太陽光や
風力の発電量を電力会社が調整しやすくする方針だ。再生エネ全体の受け入れ量
は増えるが、電力会社の買い取り条件が厳しくなるため、新規の事業者は採算が
悪化する可能性があ
る。・・・・・受け入れ量を増やす案を検討していた経産省は、太陽光や風力の
発電量を調整する「出力抑制」の仕組みを見直すことにした。具体的には、電力
会社が再生エネの事
業者に補償なしで出力抑制を指示できる日数について、いまの「年間30日」の
上限をなくす。北海道電がすでに導入している仕組みで、九州や東北、沖縄電力
に適用する方針
だ。・・・」・・・・議論の周辺の経過が次の記事に。

36.「(プロメテウスの罠)自然エネ危機:20 核心突く福島の提言」朝日
デジタル2014年12月11日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11500672.html
「◇No.1123 9月末、北海道、東北、四国、九州、沖縄の5電力会社が
自然エネの新たな接続を中断(保留)した。風力や太陽光などの発電をこれから
始めようとしていた事業者たちはハシゴを外されたかたちになった。・・・・
12月2日、この審議会の親委員会・新エネルギー小委員会で、名古屋大教授の
高村(たかむら)ゆかり(50)は系統(送電線)への導入について発言。福島
県がまとめた提言が「非常に適切に指摘している」と紹介した。
福島県は11月末に10項目の緊急提言を作成していた。福島は自然エネの開発
を復興計画の柱におく。中断が続けば計画が消える。早速「系統連系専門部会」
を作って、具体的な対策を並べた。
例えば、東北電力は、管内の太陽光発電の認定が1千万キロワット超に達したこ
とを中断の理由にした。認定というのは、国に申し込んだ段階の発電計画だ。提
言は、認定のうち運転を開始したのは5・8%で、増え方は年数%に過ぎなく、
実現見込みのないものも多いと指摘。現段階で認定の「100%の運転開始を想
定」して中断する必要があるか、と疑問を呈した。系統への接続をどう考えるか
は、自然エネの導入枠を計算する核心だ。これまでは電力会社の主張を周りが受
け入れてきた。福島県は今回、技術に詳しいメンバーを加え、ここに切り込ん
だ。・・・・
全国では原発停止で多くの送電線が空いている。だが――。北海道・石狩湾。2基
の風車が吹雪の中、試験運転を続ける。「年内に運転を始められるか」事業を進
める市民風力発電社長の鈴木亨(57)は気をもむ。だが鈴木が本当に心配する
のは「この後」だ。北海道で当面、風力発電の枠が増える予定はない。」

海外、
37.「<露大統領>インド首相と会談…経済関係の強化図る」毎日新聞?12月11
日(木)21時16分配信
http://mainichi.jp/select/news/20141212k0000m030094000c.html
【モスクワ真野森作】ロシアのプーチン大統領は11日、訪問先のインドの首都
ニューデリーでモディ首相と会談した。経済関係の強化を狙い、エネルギー供給
や原発建設、軍需産
業など幅広い分野で合意を結んだ。・・・・
原子力分野でも「協力戦略ビジョン」が署名され、将来的にロシアの技術でイン
ド国内に20基以上の原発を新設することなどで合意。インド南部タミルナドゥ
州にあるクダンクラ
ム原発に3、4号機を建設する基本契約も結ばれた。・・・・」

38.「韓国・慶州 放射性廃棄物処分場の使用を許可…来年初から運営」
WoW!Korea12月11日(木)21時27分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00000088-wow-int
「韓国原子力安全委員会が「中・低レベル放射性廃棄物処分施設」(以下、慶州
処分場)の使用を承認した。追加行政手続きなどが残っており、慶州(キョン
ジュ)処分場の本格的な運営は2015年初に可能だという。原子力安全委員会は11
日、ソウル市内にある原子力安全委員会会議室で第32回会議を開き、このように
決定したと明らかにした。・・・・
今後、原子力環境公団は中・低レベル放射性廃棄物10万ドラムを保管・管理する
ことができる規模の処分場を本格運営させる。・・・・ことし6月に完工した慶
州処分場は、原子力発電所などで発生した放射能が比較的低い廃棄物を保管する
施設。・・・」

参考記事、
39.「処分の道筋我々世代で 「放射性廃棄物ワーキンググループ」委員 寿
楽浩太・東京電機大助教(34)」西日本2014年12月11日 13時31分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/132709
長い記事「・・・・・-発生させた核のごみについて、現世代が先送りすること
に、抵抗は残る。・・・
「地層処分をわれわれの世代で見届けようと、あまり思わない方がいいかもしれ
ない。それよりも、きちんと道筋をつけることがわれわれ世代の最も大事な責任
だ。穴を掘って閉鎖するという最終的なゴールを想像する前に、その前のステッ
プを一つ一つ踏んでいく。ただ、今の政治状況をみると、こうした大きな問題に
ついて腰を落ち着けて議論し、対処する
ことができるだろうか。その点を危ぶんでいる」=12/11付 西日本新聞夕刊

40.「核のごみ処分、議論停滞」西日本電子版2014年12月11日 15時00分
http://qbiz.jp/article/51661/1/
「長年電力を原発に依存してきた日本は、仮に今、原発ゼロにかじを切ったとし
ても、「核のごみ」の処分場が必要だ。だが、核のごみをどう処分するのか、め
どは全く立っていない。そんな状況で、九州電力川内原発などの再稼働に進む政
府に脱原発派は強く反発。一方、原発推進派は、いずれは処分場もできると主張
する。将来の日本のエネルギー政策で原発をどう位置づけるのかも不透明で、議
論は遅々として進まない。
そもそも「核のごみ」とは何か。・・・・」・・・・続きは検索してどうぞ。有
料設定

41.「(大阪)震災がれき受け入れ情報開示命令 自治体検討結果、大阪地
裁」共同通信2014/12/11 19:47
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121101001858.html
「東日本大震災で生じたがれきの広域処理で、環境省が自治体の受け入れ検討状
況の調査文書を一部不開示としたのは不当だとして、大阪の市民団体が開示を求
めた訴訟の判決で大阪地裁(田中健治裁判長)は11日、自治体名などを開示す
るよう命じた。
判決によると、文書は2011年10月に環境省が全国の自治体に行った受け入
れに関するアンケート結果。原告の「守口・情報公開を学ぶ会」が12年3月に
情報公開請求したが、同省は同年5月、自治体名などを不開示にした。・・・・」
・・・2年半もすぎて・・。

42.「(東京)自ら火、訴えたかったのは 日比谷の男性焼身自殺1カ月」朝
日新聞デジタル?12月11日(木)10時8分配信
http://www.asahi.com/articles/ASGDB4S2SGDBUTIL01Q.html
「ある初老の男性が、東京・日比谷公園で自分の体に火を放ち、命を絶った。現
場には一台のビデオカメラ。そして「抗議文」が残されていた。それから1カ
月。男性は何を訴えた
かったのか。・・・・ペンネームを手がかりに浮かんだ男性は、まじめさと熱情
が同居する人だった。・・・・原発や憲法について考える市民団体にも加わって
いた。・・・・・」
・・・記事全文は検索してどうぞ。

43.「「在特会」今後活動がやりにくくなる 桜井誠会長辞め、1200万円賠償
も確定」J-CASTニュース?12月11日(木)19時22分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00000010-jct-soci
・・・・詳細は検索してどうぞ。九電前ひろばや反原発デモへ押しかけてきたこ
とがある団体。

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
2面に、
44.「社説 実感できる復興急ぎたい 被災地は今 (2014衆院選)」

30面九州経済欄に、
45.「九州電力 太陽光発電計画の半分 政府導入増へ 制度緩和へ」
ネット上では、
45’.「再生エネ導入増目指し 政府、制度緩和へ」西日本電子版2014年12月12
日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/51690/1/
・・・昨日の13.の継続記事です。きょうの35.36.も関連記事です。
46.「福島の業者優先 東北電に要請 再生エネ接続について 経産省」

33面社会欄に、トップで大きく、
47.「「雇用増えた」首相強調、九州駆ける 原発再稼働「必要」、遊説で初
言及」西日本電子版2014年12月12日 03時00分
http://qbiz.jp/article/51716/1/
「自民党総裁の安倍晋三首相は11日、長崎、佐賀、熊本、鹿児島4県の選挙区
に入った。・・・・
遊説の最後、首相が訪れたのは、鹿児島県薩摩川内市。再稼働が迫る川内原発を
抱える鹿児島3区は、自民新人が無所属前職と激しく争う。まず首相は「九州、
そして日本にエネルギーを供給していただき本当に感謝申し上げる」と地元への
配慮をにじませた。・・・・
2日の福島県相馬市での第一声でも、以降の遊説でも触れてこなかった再稼働問
題。「与党優勢」が伝えられる余裕もあってか、この日は踏み込んだ。「安全第
一だが、低廉で安定的なエネルギー供給は国民生活と雇用を守っていくために必
要だ」。会場には、自民支持者のほか「再稼働NO」の紙を掲げる人たちも。
「(再稼働)1番手の選挙区で勝つことが大事。しくじれば、他の原発再稼働に
影響が出ないとも限らない」(政府関係者)。地元の「理解」を印象付けるかの
ように、知事や薩摩川内市長も首相の脇を固めた。
鹿児島県いちき串木野市の船員大竹三郎さん(67)は「賛否が分かれる問題だ
から、あれが精いっぱいだろう。経済再生への意欲を感じた」。地元の主婦
(46)は「安全をどう確保するのか語らなかった。大勝すれば、少数の声を無
視して突き進むのではないか」と表情を曇らせた。」
・・・◎紙面には、薩摩川内市で「川内原発再稼働NO!]と書いたパネルを持つ
人々の写真があります。

今朝の紙面は以上です。(12.12.5:44)
※この新聞記事紹介は、この時間を過ぎた頃には次のフェイスブックにも毎日貼
り付けています。
https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2358】
※12/13(土)【集会とデモ】川内原発再稼働反対!反原発渋谷大行進
13時集合 代々木公園けやき並木渋谷側  14時大行進出発
主催:首都圏反原発連合
たんぽぽ舎も参加します。
┏┓
┗■1.福島原発震災は終わっていない
|  誰が引き起こした事故かを考える
|  福島の人々の思いは、本当に届かないのだとしたら
|  原発事故はこれからも幾度も繰り返すことになる
└──── 山崎久隆(たんぽぽ舎)

○ 11月28日付けの「河北新報オンラインニュース 河北抄」には、次のような
記事が掲載された。
『もしまた、福島県で原子力災害が起きたらどう行動すべきか。いわき市平に
住む会社員の女性(54)は、よく夫と話すという。建設関連業者の夫は仕事で頻繁
に福島第1原発に入る。「原発の敷地内で働いている時だったら、構うことはな
いから、とにかく遠くまですぐ避難しろ」と言われている。助からないかもしれ
ないと思って「諦めてくれ」というのが夫の意見。「半ば本気で言っている」と
女性は受け止めている。
津波と同じ“てんでんこ”が夫婦間の了解事項になりつつある。
それでも、どこに向かうのかは決められない。夫は200キロ以上離れろとアド
バイスするが、問題は方角。「その時の風向き次第。(放射性物質の拡散方向を
予測する)SPEEDIのようなものがあればいいんですが…」。だが国は今後
SPEEDIを使わない考え。何を頼りにすべきか分からない。
いわき市が行った住民アンケートでは全体の40%が避難先を決めており、その
ほとんどが「県外脱出」。
福島県民にとって原子力災害という悪夢の再来は、決して絵空事ではない。』
http://www.kahoku.co.jp/column/kahokusyou/20141128_01.html

○ 今、再稼働を巡る議論が行われているところは、福島から遠く離れた場所が
多い。川内原発はその中でも最も遠く離れている。それは偶然などではない。
身近に福島原発震災を経験した人が多ければ多いほど、再稼働など思いもよら
ないことだからだ。先月行われた福島県知事選では、全候補者が福島第二原発の
廃炉を主張した。いまさら動かせるはずもない原発であるから、自民党の支援を
受けた候補でも気楽に主張できたのであろう。しかし第二原発がダメで川内原発
が良いという根拠は何処にあろう。候補者に対して川内原発など日本の他の原発
再稼動を問うたマスコミは無かった。
河北新報の記事にあるような夫婦は特別な存在ではない。むしろ福島から離れ
たくても離れることがままならない人々の多くが思っていることに違いない。
だが、これが福島県民だけのことなのだろうか。では川内原発などの日本中の
原発で働き、その近くに住む人たちは、そんなことを思ったこともないのだろう
か。とてもそうとは思えない。
○ いわきの夫婦には、もはや選択肢は無くなった。第一原発は廃炉も出来ず放
射能をまき散らした。既に取り返しの付かない事態になっている。これを誰かが
安全に「閉じる」作業をしなければならない。放射能拡散事故、大惨事を防ぐ方
法は、他の原発に比べて格段に困難になってしまった。それは炉心が崩壊したか
らにほかならない。しかし他の原発は炉心崩壊していないし、長時間動いてもい
なかった。言うまでも無いことなのだが、原発の持つ危険性は福島第一原発とは
比較にならないほど小さい。
何かを犠牲にしてもなお、原発が必要と思うのは、原発事故を絵空事としか
思っていない証拠だ。どうせ起こるはずがない。だったらそれで儲けたい。そこ
にある意見は、その程度のことでしかない。そんな意見で原発など動かされたら
たまらない。福島の人々の思いは、本当に届かないのだとしたら、原発事故はこ
れからも幾度も繰り返すことになる。

┏┓
┗■2.「討論しよう!安倍政権2年間と原発再稼働」 第5回
|  一人一人が互いに主権者としてのレベルを高め合い、
|  安倍政権や原発の本質への理解を高め合う必要がある
└──── ペンネーム 心

未だに安倍さん達が、ほこらしげにアベノミクスと言ってるのは、実態は、
ほとんどの人の実質賃金を減らし続け、購買力を下げ、株高の恩恵は一部の人だ
けという事にしっかり気づいてる有権者が多くはないからかもしれません。
脱原発が多数派であっても、原発のマイナスを本当の意味で理解している有権
者は少ないかもしれません。放射性物質の害が少ないかのような御用専門家やマ
スコミの情報が、あふれているわけですし。
安保闘争後の日本の教育では、主権者としての国民は育たないし、日本の政治
の真実は分からないし、マスコミの情報からも真実は、ほとんど知れません。
一人一人が互いに主権者としてのレベルを高め合い、安倍政権や原発の本質
への理解を高め合う必要が有ると思います。
小異は有っても、大同で『安倍自民を負かす、脱原発』などで団結して選挙
の票の分散化を避けないと、組織票が固い自公を勝たせてしまいます。
今回の選挙は大同団結をしましょう。

┏┓
┗■3.12/6学習会「吉田調書・原発再稼働を問う」の感想
|  これが最後の教訓
└──── ぐみ坂キッド(たんぽぽ舎ボランティア)

○ 吉田所長にとって柏崎刈羽原発事故の教訓は「原発は安全にできている」と
いうことだった。3.11は無惨にもそれを完全に否定した。過去この国は幾つもの
実地教育を受けてき
た。「お前たちは間違っている」と。
例えばノモンハン事変~太平洋戦争の様々な作戦の失敗が好例だ。教訓を無
視、あるいは楽観的に曲解し軌道修正することは殆ど無かった。何度失敗しても
同じやりかたを繰り返した。
現在も「アンダーコントロール」「世界一厳しい安全基準」等でわかるように
教訓を正しく読み取る能力は微塵もない。
原発過酷事故に対して人間はあまりに無力だと伝える吉田調書を、再稼働を強
行しようとする人達は葬ろうとした。「お前たちは間違っている」という教訓は
これが最後である。
残り時間は僅かだ。この次は国破れても山河は無い。
○ 山崎久隆さんのレジュメの一部
吉田調書の最も重要なポイントは、原発過酷事故対策に人間が操作に行って回
避しようとしても、多くの場合失敗に終わることを伝えたかったのだ。福島第一
原発事故を回避できたとしたら、それは恐らく偶然のなせる業、4号機使用済み
燃料プールに原子炉ウェルと機器仮置きプールから水が流れ込んで回避できたこ
とや(-中略-)あるいは過酷事故を起こさない設計とするかしかないだろう。
(現時点では想像でしかないが)再稼働するかどうかは結論がでてしまっている。

吉田調書のダウンロード
http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/hearing_koukai/hearing_list.html
朝日新聞 吉田調書
http://www.asahi.com/special/yoshida_report/1-3.html

┏┓
┗■4.県知事が同意をしても3・11前の日本に戻すわけにはいかない
|  再稼働の嵐に立ち向かう、その闘いはこれからが本当のスタート
|  11月川内原発再稼働反対・鹿児島抗議行動に参加して (上)
└──── 青山晴江(再稼働阻止全国ネットワーク・詩人)

○ 県臨時議会の傍聴席で
2014年11月7日鹿児島県議会は川内原発再稼働を求める陳情を採択、伊藤祐一
郎知事が同意を表明しました。それは権力側のなりふり構わぬ多数決の暴力とも
言えるものでした。
採択の瞬間と伊藤知事の挨拶の声は、抗議の声にかき消され全く聞こえませんで
した。傍聴席満席の150人程の人々と共に、私もポケットから桜色の大文字コ
ピーされた「NO」の紙を取り出し、頭上高く掲げ「再稼働反対!再稼働反
対!」と声を限りに叫び続けました。
議会の間中もあちらこちらで、思わず言わずにはいられない怒りの声が上がり
ました。居眠りしている議員には「寝てるな!」、型通りの説明に対しては「”
世界最高水準の原発”なんてまだ言っているのか、聞き飽きたぞ。」、「国が責
任を取らないのは福島で明らかでしょう!」「嘘ばかり!」。その反対に、前日
の特別委員会で、未明まで延長14時間、さらにこの本会議で全力で再稼働反対の
意見陳述を述べている女性議員の次のような真っ当な意見には大きな拍手が湧き
ました。
「福島第一原発現地の無残に荒れたままの町々を見て、避難されている方々の
悲しみとつらさ、そして放射能の不安に晒されている福島の人びとを思うとき、
なぜ、規制委員会も絶対安全とは言えないという、原発再稼働が考えられるので
しょうか?」
傍聴席から「その通り!」と割れるような拍手が。「お静かに、拍手はしない
でください。」と何度も静止に立ち上がる職員たちも次第に形だけの仕草にな
り、威圧高に「静粛に!」とアナウンスする議長は「そっちこそ静粛に!」と応
酬されていました。
県庁玄関横に10月30日、ゲリラ的に「ストップ再稼働!県庁前座り込みテン
ト」が建てられ、前日その中で50人程が膝突合せ話し合いをしたとき、ひとりの
男性が言った言葉がしきりに思い出されました。「相手は未来永劫にわたって災
禍の残る大きな悪事をしようとしているのだから、こっちも遠慮することはな
い、大きなことをしなくては。」…会議場の前方、日の丸の旗の下で能面のよう
な顔をして座っている背広姿の人たち。
この国の政(まつりごと)の在り様が悲しいほどに露わになって…。ほんの一握
りの権力者たちの決定することで、またしても取り返しのつかない原発惨事をむ
かえることになったら…。
「いのちを何だと思っているの!」水俣の女性が叫んでいた。
○ 鹿児島での活動を振り返る
この1年余り、再稼働阻止全国ネットワークの呼びかけで昨夏より7度鹿児島
を訪ねました。鹿児島は亡きつれあいの故郷でもあります。ときどき、早口の薩
摩弁で話される高齢のかたに義母が偲ばれたり、桜島の姿に昔を思い出したりし
ました。
2013年7月28日に川内市で阻止ネット全国相談会があり、北海道泊原発はじめ
各地の原発現地からも集まり、翌日には原発ゲート前抗議、市役所・県庁抗議申
入れをしました。同様に12月14・15日川内市集会・デモ・相談会に参加。「川内
の家」の話が出ました。
今年に入って3月15・16日鹿児島集会・相談会、デモは繁華街天文館大通りの
両側を反対方向に進む活気とアピール力に溢れるものでした。6月12~14日、首
都圏から100人以上が参加した県庁前・九電抗議集会デモ、相談会、天文館情
宣、ゲート前抗議。7月2度の述べ10日に亘り県内10市町村を回った「福島の女
たち 辻説法」キャラバン、9月27・28日川内市相談会・ゲート前抗議、天文館
公園7500人の集会、中央駅までの長いデモには朝鮮太鼓・チャンゴを叩いて参加
しました。
そしてこの11月5~7日、予定よりも早まった再稼働県知事同意のための鹿児
島県臨時議会への抗議行動。他にも、現地では様々な取り組みがありました。
私が知っているだけでも、いちき串木野市署名運動、8・31全九州川内集会、
10・26風船と全国統一行動、52円はがき抗議、ゲート前行動、住民説明会抗議、
川内市議会同意抗議、久見崎海岸に張られている抗議テント…東京でも規制委員
会・九電支社前抗議行動を何度やったことでしょうか。
(下)につづく

-----集会等のお知らせ------

【テントひろばから生まれたオリジナル曲】
●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
音声と画像(池田@中津・作)★九電本店前ひろば★紹介。

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

<私のフェイスブック>
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
九電本店電気ビル前
http://youtu.be/NrMdvBrFo48

●12・15九州電力本社に再稼働阻止の申し入れ統一総行動●
ご参加よろしくお願い致します。
日時:12月15日月午後2時  九電公開質問交渉
集合:1時30分★原発とめよう!九電本店前ひろば★前。
(室内交渉と九電本店前でのアピール・九電ビル廻りデモ)
九電公開質問状・当日のスケジュール↓
http://ameblo.jp/yaaogi/
「資料」川内原発・玄海原発の再稼働に反対です!
http://tinyurl.com/p3ddet5

●【「さよなら原発!福岡」カンパ振込先 】●
①<郵便振替>
口座記号番号 01770-5-71599
加入者名  さよなら原発!福岡

②<他金融機関からの振込用口座番号>
一七九(イチナナキュウ) 店(179) 当座 0071599

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
原告総数 原告総数 8804名(12/11現在)
ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設)
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
<facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中