NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1364日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。1月13日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
http://youtu.be/NrMdvBrFo48

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21 「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
          http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1364日目報告☆
      呼びかけ人賛同者1月12日3688名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月12日1名。
     橘 優子 
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから: 青柳さん
パリのデモ には 驚きました。
160万人もの人が意思表示をしたのですから。
日本でも、さまざまな問題で、はっきりとした意思表示ができると
いいですね。
あんくるトム工房
パリのデモ  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3317

 山頭火の句をひとつ ふたつ
「ふまれてたんぽぽ ひらいてたんぽぽ」
「よい水音の 朝がひろがる」

★ 橋本左門 さんから:
  ☆3・11「文明災」の「戦犯」は 名を特記して罪を負うべき(倉本聰)
      (左門 ’15・1・13−900)
※《それ(ふるさと)を奪い取った戦犯の罪は、それに加担した政治家、
財界人、科学者たちが、個人名を明らかにして負うべきものだと思い
ます》(しんぶん赤旗、1・11号)。私は、原水爆で「地球最後の日」を
現実にした核戦争の「戦犯」を裁く『ゴキブリ裁判』(生き残ったが被曝
したゴキブリたちが戦犯の亡霊を裁く)の原案を持っていますが、これ
に「フクシマ」を加えて完成する必要を改めて感じました。

★ 中嶌哲演 さんから:
青柳行信 様
 連日のご活動に敬服、感謝しております。
                  
★ No Nukes Asia Forum Japan事務局 さんから:
「インドに原発を輸出しないで!」 クマール・スンダラム
・講演映像(原子力資料情報室・公開研究会12月11日)
http://www.cnic.jp/movies/6182

・講演録(上記および「戦略ODAと原発輸出に反対する市民
アクション」結成会12月12日の講演より抜粋)
http://www18.ocn.ne.jp/~nnaf/131g.htm

「11月に日本の国会で承認されたCSC(原子力損害の補完的補償に関
する条約)は、インド原子力賠償法を骨抜きにする」「日印原子力協定
締結を阻止しよう!」「危険なモディ人民党政権」「インドの反原発運動
はいま」「日印連帯を!」

ぜひ、下記の「国際署名」への協力をお願いいたします。
http://chn.ge/1y2DKt5?recruiter=51050779

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<原子力市民委員会の高浜原発パブリックコメント例>について報告いたします。

1月12日に原子力市民委員会のホームページに高浜原発の審査書案のパブリックコ
メント例が掲示されました。

http://www.ccnejapan.com/20150112_CCNE_01.pdf

インターネットのアドレスを表示し、ねんのためPDFファイルを添付します。

川内原発の審査書案のパブリックコメントの募集時には、初めての審査書案のパ
ブリックコメントであったことと、原子力規制委員会が参考にしてくれそうだっ
たこともあり、多くのパブリックコメント例がインターネットに掲示されまし
た。しかし、今回は2回目であることと、原子力規制委員会がアリバイ作りのた
めに、行っているように解釈されたためか、極めて低調な結果になっていました。

今回の高浜原発の審査書案のパブリックコメントは、2014年11月19日の2014年度
第40回原子力規制委員会で『高浜原子力発電所審査書案作成後のパブコメを行う
方針決まる

 議題1の審議終了後、「時間もあることなので」と、田中委員長が高浜原子力
発電所の審査書案のパブコメ実施について、各委員に意見を求めた。全委員がパ
ブコメは行うほうが良いと意見表明し、川内原子力発電所の審査書案と同様のパ
ブコメを実施する方針が決まった。正式な実施は、審査書案作成について委員会
で議論する時に同時に決定される見込み。

 関西電力高浜原子力発電所3、4号機は、近く審査書案作成の段階に入る。九州
電力川内原子力発電所の審査書案の時に行ったパブコメでは、約18,000件の意見
が寄せられた。事務方で精査、まとめたが、非常に多くの数を要したことから、
田中俊一委員長は、高浜ではパブコメを実施するか否かについて、意見を全委員
に求めた。

 更田豊志委員は、設置変更許可では基本設計、基本方針に関する規制委員会の
判断を示す。川内原発ではパブコメの指摘により審査書の修正を行った経緯もあ
ることから、当面はパブコメを行ったほうが良いと賛成意見を述べた。

 田中知委員は、川内のパブコメは新規制基準に基づく初めての審査だから行っ
たが、初めては原発全体か、各発電所か、PWR/BWRのことかという問題もある
が、高浜自体が初めての審査であること、高浜独自の安全対策もあるため、パブ
コメを行うべきと賛成意見を述べた。

 石渡明委員も、行うべきだと賛成。

 中村佳代子委員は、外部からの科学的技術的意見をとり入れることはお互いの
鍛錬にもなり、漏れているもの、新しい見方の意見を聞くことは重要だと、賛成
意見を述べた。

 田中俊一委員長は、高浜のパブコメを実施するということは、各発電所につい
てパブコメを行うことになるとし、川内原発の前例を顧みると、事務方に大きな
負担になるから心配していると、事務方の意見を求めた。池田克彦規制庁長官
は、事務方の負担は相当だが、政策方針の一環、委員会の判断に従うと返答。こ
れに関連して田中知委員は、高浜以後は何回か行った経験を踏まえ、プラントの
特徴に沿ったポイントを明確にして意見を聞くという方法もあるとコメント。今
後、回を重ねながら工夫し、改めて検討するということだ。

 以上の意見などから、高浜3、4号機については審査書案に対するパブコメをす
る方針が決まった。

 今回は、あくまで方針が決まったに過ぎず、実施手順は川内と同様になる可能
性が高い。具体的には、審査書案を審議する時に議論される予定。地元説明会も
同様、地元から要請があれば開催される。』という論議で開催が決まりました。
原子力規制庁と、田中原子力規制委員会委員長はパブリックコメントの開催に反
対をしていたようですが、更田豊志委員の発案により、他の委員も賛同し、開催
の方向になったようです。

1月12日に発表された、原子力市民委員会の高浜原発パブリックコメント例は
川内原発審査書案のパブリックコメント後の新しい知見を良くまとめられてお
り、大変立派なものですから、参考にしてたくさんの高浜原発パブリックコメン
トを提出していきたいと思います。

★ いのうえしんぢ さんから:
1/14(水)に、「福岡サウンドデモ裁判」の判決言い渡しが
あります。
2011年5月8日の脱原発サウンドデモで中央署からサウンドカーが
妨害されたことによって、起した国賠訴訟です。

このデモでは誰も逮捕されてはなく、こちら側から撃って出る裁
判に加えて、弁護士なしの本人訴訟です。
妨害された脱原発デモに対する司法の判断はどうなのでしょうか?
一体どんな歴史の1ページが書き加えられるのでしょうか。
傍聴席から目撃してみませんか?

12:30〜門前アピール@地方裁判所・正門
13:10〜第17回サウンドデモ裁判 第301大法廷
14:00〜判決報告集会@中央市民センター視聴覚室

※傍聴では主文しか読み上げられません?れだけだと法曹界の方や、
 マニアックな方しか理解できないかも…なので
 判決報告集会では、判決文も加え、裁判の全貌を解説しますので、
 こちらにも是非!

///////

福岡地方裁判所(〒810-8653福岡市中央区城内1-1)
[アクセス:福岡市地下鉄空港線:赤坂駅から徒歩5分]

中央市民センター(福岡市中央区赤坂2-5-8)

///////

福岡サウンドデモ裁判原告団
http://demosaiban.blog.fc2.com/
連絡先 / 福岡市東区箱崎3-33-10サンフラワー箱崎402(福岡地区合同労組 内)
Tel. / 092-651-4816

★ 坂井貴司 さんから:
 1970年、高度経済成長、昭和元禄、万博成功に浮かれる大都市大阪に、突
如異様な集団が現れました。黒地に白く「怨 水俣病死民」と染め抜いたのぼり
旗を持つ巡礼服の集団でした。大阪厚生年金会館で開催されるチッソ株主総会に
乗り込む水俣病被害者でした。チッソの株一株を買い、株主としてチッソの責任
を追及するために遠路水俣からやってきました。
 この巡礼服姿の被害者たちの行動は、経済成長の繁栄に酔いしれる多くの人々
にショックを与えました。
 この行動を考えたのが、水俣病被害者とともに寄り添い、『苦海浄土』など多
くの小説を書いてきた石牟礼道子さんでした。

 生まれ故郷の水俣にとどまり、水俣病とそれを生み出した近代日本の闇を掘り
起こしてきた石牟礼さんを取り上げます。

 NHK教育 日本人は何をめざしてきたのか
 第6回 石牟礼道子
http://www.nhk.or.jp/postwar/program/schedule/
 放送日:1月17日(土) 放送時間:午後11時〜翌0時30分
 再放送1月24日(土)放送時間:午前0時00分〜午前1時30分(金曜深夜)

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
連休明け、ネット上で検索できた記事をざっと紹介します。

玄海原発関連、
1.「(佐賀県知事選)投票率54・61% 戦後最低」佐賀新聞2015年01月12
日 10時16分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/144460
「保守分裂の激戦となった今回の知事選だが、投票率は54・61%で、現職と
共産候補の一騎打ちとなった前回より4・80ポイント下がり、戦後最低を記録
した。前知事が衆院選に急きょ出馬し辞職したことに伴い、県内初の年末年始を
挟んだ異例の選挙。忙しい時期となったことに加え、市町の首長選を控えている
地域もあり、知事選への関心を高めることができなかったようだ。
県内20市町のうち、17市町で前回を下回り、鳥栖市と唐津市、基山町では
40%台にまで落ち込んだ。70%を超えたのは、白石町だけだった。・・・・」
・・・・保守分裂による両陣営のなじりあい、自民の中央主導の選挙などに嫌
気、投票に行く人が少なくなったようですういお。?

1’.「原発・オスプレイ…深まらぬ論戦 佐賀県知事に山口氏」朝日デジタル
2015年1月12日03時11分
http://www.asahi.com/articles/ASH197L07H19TIPE02W.html
・・・・時間があれば、参考に。

1”.「自民支持の44%山口氏に 出口調査」佐賀新聞2015年01月12日 10時16分
http://www.saga-s.co.jp/senkyo/governor/30301/144461
「佐賀県知事選で共同通信が11日実施した出口調査によると、自民党支持層の
うち前武雄市長樋渡啓祐氏(45)=自民、公明推薦=に投票したのは50・
9%にとどまり、44・8%が元総務省過疎対策室長山口祥義氏(49)に流れ
た。保守分裂が鮮明になった。・・・・
陸上自衛隊が導入予定の新型輸送機オスプレイの佐賀空港配備は「賛成」「どち
らかといえば賛成」が計48・0%で、「反対」「どちらかといえば反対」の計
45・6%をわずかに上回った。
●●九州電力玄海原発の再稼働は「賛成」「どちらかといえば賛成」(計47・
3%)と「反対」「どちらかといえば反対」(計47・2%)と拮抗(きっこ
う)した。」

1”’.「佐賀県政「保守分裂の影響ない」知事初当選の山口氏」佐賀新聞2015年
01月12日 10時31分
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10202/144477
「前職の国政転身に伴う佐賀県知事選で初当選した元総務省過疎対策室長山口祥
義氏は一夜明けた12日、佐賀市内で報道各社の取材に応じ、保守分裂となった
選挙戦が今後の県政運営に影響することはないとの考えを示した。「自民党に盾
突いたという思いはない。ノーサイドだ」と述べた。新知事に判断が委ねられる
九州電力玄海原発(玄海町)3、4号機の再稼働については「安全性をチェック
し、県民の理解を得られた原発から稼働する」と容認する考えをあらためて示し
た。」

1””.「新知事“理解あれば再稼働”」NHK佐賀01月12日 12時38分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084610821.html?t=1421079637538
「・・・・山口氏は、12日朝、NHKなどの取材に対し、九州電力・玄海原子
力発電所の再稼働の是非について、「安全性をきちんとチェックして、地域住民
や県民のみなさんの理解を得られれば、稼働できるものは、稼働していくという
立場だ」と述べ、安全性の確認が行われ、県民の理解が得られれば、再稼働を認
める考えを示しました。
また、原発の再稼働を認める場合に必要となる、地元の同意の範囲について、山
口氏は、「いまの段階でどこまでと範囲を言うのは非常に難しい。まずは、多く
のみなさんから話を伺いたい」と述べました。
玄海原発の再稼働をめぐり、11日の知事選挙でNHKが行った出口調査では、
原発の再稼働に賛成する人と反対する人がほぼ半数ずつとなり、佐賀県内の有権
者の賛否は二分しています。」

1””’.「オスプレイ「再点検」 佐賀知事当選の山口氏 原発再稼働は容認」
西日本電子版2015年01月13日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53557/1/
「佐賀県知事選で初当選した元総務省官僚の山口祥義(よしのり)氏(49)は
投開票から一夜明けた12日、九州電力玄海原発(同県玄海町)の再稼働につい
て「再生エネルギー(の活用)が理想だが、安定供給やコストを考えると依存度
を減らす方向で考えている」と述べ、住民の理解を前提に再稼働を容認する考え
をあらためて表明した。佐賀市内で記者団に語った。・・・・・」
・・・・原発問題の再検討してください。

2.「(佐賀県知事選)共感、票に変えられず 島谷氏」佐賀新聞2015年01月12
日 10時29分
http://www.saga-s.co.jp/senkyo/governor/30301/144468
「無党派のうねりは起きなかった。「政局より政策」を掲げ、組織に頼らない草
の根選挙を展開してきた島谷幸宏さん(59)。4候補の中で唯一、反原発、反
オスプレイを訴えたが支持は一部にとどまった。3万票という結果に「支援の輪
を広げることはできた。本当にありがとうございました」と支援者に感謝を述べた。
2013年夏から、市民とどんな佐賀県にしたいか語り合ってきた。政治理念で
ある「県民主体の県政」を実現するため、選挙期間中もミニ集会を継続し、有権
者との対話を重視した。経験に基づく専門家としての具体的な自然再生や反原発
政策は、インターネットを介して県内外で共感を集め、有志が寝袋持参で続々と
応援に駆け付けた。
しかし、保守分裂の激しい選挙戦の中で運動は県内で広がりきれず、票を伸ばせ
なかった。島谷さんは「共感を票に変えられなかった。市民選挙の課題を乗り越
えたい」と語り、政治活動を続ける意向を示した。」

福島第1原発、
3.放射能濃度50倍以上に=2号機海側の汚染地下水―福島第1時事通信?1月12日
(月)22時25分配信
全文「東京電力は12日、福島第1原発2号機海側の観測用井戸で採取した地下水の
放射性物質濃度が、前回8日と比較して50倍以上に上昇したと発表した。原因は
不明で、東電広報部は「13日に再度採取して濃度を調べる」と話している。
東電によると、地下水の放射性物質濃度が上昇した井戸は、港湾から約55メート
ルの距離にある。12日に採取した地下水には1リットル当たり、セシウム134が
140ベクレル、セシウム137が470ベクレル含まれていた。また、ストロンチウム
90などのベータ線を出す放射性物質は1万5000ベクレル検出された。いずれも、
この井戸における濃度の最高値を更新した。」

4.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞 2015年01月12日
「11日正午現在 1.147マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホー
ムページから抜粋  前日は1.143マイクロシーベルト毎時」

被災地フクシマ、
5.「震災から3年10カ月 故郷再生胸に成人式 県内38市町村」福島民
報?1月12日(月)10時10分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015011220316
「12日の「成人の日」を前に、東京電力福島第一原発事故による避難区域が設
定された8市町村を含む福島県内38市町村で11日、成人式が行われた。東日
本大震災と原発事故からちょうど3年10カ月。出席者は大人の責任を自覚し、
復興への貢献を心に決めた。・・・・
県によると、県内の成人式の対象者は2万974人(男性1万782人、女性1
万192人)。前年比364人増で、12年ぶりに増加した。」

5’.「“人生の節目”古里へ思い新た 県内38市町村で「成人式」」福島民友新
聞?1月12日(月)11時54分配信
http://www.minyu-net.com/news/photo/0112/photo_news.html
全文「12日の「成人の日」を前に、県内59市町村のうち38市町村が11日、成人式
を行った。新成人たちは人生の節目に古里への思いを新たにした。福島市の式で
は、着物やスーツ姿の新成人が肩を寄せ合い「自分撮り」用の棒を使って記念撮
影するなど、思い出の一ページをつくった。新成人代表は「大人の自覚を持ち、
復興に貢献したい」と誓いの言葉を述べた。
東京電力福島第1原発事故に伴い避難する大熊、楢葉、富岡、浪江の各町と飯舘
村は避難先で式を行った。浪江町では、11日が震災の月命日に当たることから、
式開始前、出席者が黙とうした。」

5”.「引き離された故郷へ、誓う成人 福島原発事故、避難の大熊・富岡町」
朝日新聞2015年1月12日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S11546620.html?ref=nmail_20150112mo&ref=pcviewpage
「東京電力福島第一原発事故の避難指示区域を抱える福島県内の7市町村が11
日、成人式を開いた。「成人の日」は12日だが、各地に避難する新成人も参加
しやすいように3連休の中日に設定した。新成人たちは、10代半ばに経験した
東日本大震災を忘れず、ふるさとの再生を担い続ける誓いをたてていた。(以
下、有料設定)」

6.「楢葉町が25日から町政懇談会」福島民報?1月12日(月)10時9分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015011220315
「東京電力福島第一原発事故でほぼ全域が避難指示解除準備区域の楢葉町は、
25日から町政懇談会を開く。今年度2回目で、行政区単位、仮設住宅単位、県
内・首都圏単位に開催する。帰町に向けて取り組んでいる事業などを報告すると
ともに、町が示している「平成27年春以降」の帰町時期について意見を聞く。
申し込みの必要はない。日程は次の通り。・・・・・・・・・・」

7.「経産省と東電の賠償終了素案 浪江町商工会「延長を」と拒否」福島民
報?1月12日(月)10時4分配信
全文「経済産業省資源エネルギー庁と東京電力が福島第一原発事故に伴う商工業
者への営業損失賠償を平成28年2月分で終了する素案を提示したことを受け、
福島県の浪江町商工会は11日までに、素案を拒否する見解を示した。同会は6
日に商工会役員協議会を開き、「誠に遺憾であり、到底容認できない」として
「素案を拒否し、関係各所と連携して賠償の延長を求める」とする見解をまとめ
た。」

8.「中間貯蔵課題考える いわきで2月7日に地権者会シンポ」福島民友
(01/12 10:00)
http://www.minyu-net.com/news/news/0112/news10.html
「県内の除染で出た廃棄物を保管する中間貯蔵施設の建設候補地となっている大
熊、双葉両町の地権者有志でつくる「30年中間貯蔵施設地権者会」は2月7
日、いわき市文化センターで中間貯蔵施設の問題点と課題について理解を深める
シンポジウムを開く。専門家の講演を通し、多くの人に現状を共有してもらおう
と初めて企画。大阪市立大の除本理史教授、東京経済大の礒野弥生教授、浜通り
法律事務所の渡辺淑彦弁護士らが課題などを解説する。また、地権者会が国や
県、両町に対して行っている活動内容を報告する。入場無料。・・・
地権者会の門馬幸治会長(60)=大熊町=は「国は施設建設について地権者を
置き去りにして一方的に進めており、議論が十分に尽くされていない。地権者が
現在の問題点や課題を理解、共有できるシンポジウムにしたい」と話す。地権者
以外の一般市民も広く参加できる。」

9.「(プロメテウスの罠)広野を掘れば:10 遺跡はありました!」朝日デ
ジタル2015年1月12日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11546658.html
「◇No.1152 黄色い地層に、黒っぽい土の帯が浮かび上がった。
2012年9月11日、福島県広野町。山本誠(49)はショベルカーの操縦士
に掘削を止めさせた。人工的な溝の跡だ。町が計画する災害公営住宅の予定地
に、遺跡があるのではないか。そう考えて試掘調査をしていた。約1万5千平方
メートルのうち、地形を踏まえて2メートル四方の試掘坑を6カ所設けることに
していた。「溝」は2カ所目から出てきた。それを確認すると、ショベルカーで
さらに掘るよう指示した。今度は、土の間から赤っぽいものがチラリとのぞい
た。拾い上げた。葉脈の痕が残る土器の底の部分だった。・・・・
調査を終えて、山本は鈴木とともに町教委へ戻った。「ありました、やっぱり遺
跡がありましたよ!」応接ソファに座って、鈴木の上司、古市良彦(59)に報
告した。古市の目には、山本はニコニコ笑みをたたえてうれしそうに映った。し
かし、山本は内心「困ったことになったな」と考えていた。復興事業のさなかに
見つかった遺跡――。阪神大震災のときの苦い記憶がよみがえっていた。」

10.「全袋検査で基準超えがゼロに」NHK福島01月12日 12時37分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054471011.html?t=1421082423868
「出荷前のすべてのコメを対象に放射性物質を調べる全袋検査で去年収穫されて
検査したすべてのコメが国の基準値を下回りました。
年間の検査で基準値超えが無かったのは、原発事故後、初めてです。・・・・
また、コメ以外の農林水産物についてはモニタリング検査を行っていて、その結
果、野菜や果実、肉類、牛乳、それに鳥の卵などでも去年1年間を通して基準値
超えはありませんでした。一方で、コメをのぞいた麦や大豆などの穀物類では
4610点中18点、水産物で9663点中108点、それに、山菜、キノコ類
で1501点中24点、牧草、飼料作物で1543点中13点が基準値を超える
放射性物質が検出されました。」
・・・米のことは、すでに他で既報ですが・・・。

11.「(福島県)12日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線
量測定値」福島民報1月13日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。

12.「東京)復興に向けて福島の魅力をPR」NHK1月12日 23時51分 ※映像
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150112/k10014620201000.html「東日本大
震災からの復興に取り組む福島県の魅力をPRする催しが東京・千代田区で開か
れました。この催しは復興に向けて取り組む福島県の様子を首都圏の人たちに
知ってもらおうと開かれ、会場には福島県内の食べ物や観光などをPRする
100余りのブースが設けられました。・・・」

12’.「東京でふくしま大交流フェア 県産品人気集める」福島民友01/12 17:05
http://www.minyu-net.com/news/news/0112/news13.html

「・・・内堀雅雄知事はバルセロナ五輪女子マラソン銀メダリスト有森裕子さん
とステージで対談、フリーアナウンサー唐橋ユミさん(喜多方市出身)の司会で
福島への思いなどを語った。・・・会場では、喜多方ラーメンやなみえ焼きそ
ば、会津ソースかつ丼などの「ご当地グルメ」の店が立ち並び、行列ができる人
気だった。」

13.「(岩手県)盛岡で上映会 映画「物置のピアノ」」河北新報2015年01月
13日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150112_65025.html
「東京電力福島第1原発事故後の福島県桑折町を舞台にした映画「物置のピア
ノ」の上映会が17日、盛岡市のもりおか町家物語館で開かれる。映画は、原発
事故による風評被害に苦しむモモ農家に暮らす女子高生が、ピアニストを目指し
て成長する姿を描く。町内の美しい風景を交えながら、原発事故後の現状を伝え
る。・・・・
NHK連続テレビ小説「花子とアン」に出演した芳根京子さんがヒロインを演じ
た。エキストラとして桑折町民と福島県浪江町からの避難者約500人が参加し
た。上映会を企画したいわて文化支援ネットワークの打田内裕子さんは「映画を
見ることで、芸術による心の復興を考えるきっかけにしてもらいたい」と話す。
 上映は17日午後1時から。・・・・」

14.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞1月12日17:36
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150112/1837458
▼空間放射線量率(12日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

15.「【栃木】「指定廃棄物」町民と対話希望 福田知事新春インタビュー」
東京新聞2015年1月12日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20150112/CK2015011202000149.html
「福田富一知事は本紙の新年インタビューに応じ、高濃度の放射性物質を含む
「指定廃棄物」の最終処分場問題について、「(処分場の候補地となった)塩谷
町の住民と、直接話をしたいという希望は変わらない」との考えを語った。・・・
・・・・発生から四年となる東京電力福島第一原発事故については、県内を訪れ
る観光客数が回復し、県有施設七十カ所の除染も終えたなどとして、「着実に復
興を遂げてきた」と回顧。各市町が独自に負担していた住宅の庭の表土除去費用
も、県などが国に補助を要求し続けた結果、昨年、国が初めて交付を決定。「地
元に満足してもらえたのでは」と評価した。
ただ、原発事故の負の遺産である指定廃棄物をめぐっては、依然として最終処分
場の整備に向けた道筋が見えない。昨年七月に処分場の候補地に選ばれた塩谷町
では、選定の撤回を求める住民運動が今も続いている。処分場計画を進めたい国
側と、計画に反対する塩谷町の間に立つ知事は「国が全責任を持って県内に処分
場を造り、安全に処分することが現実的な解決策」との見解をあらためて示し、
「国は地元説明会を開催できるよう、さらなる努力を」と求めた。県が設置した
指定廃棄物の有識者会議は今年、国による候補地選定が適切だったかを検証する
チェックリストを作る。会議側には、「県民に検討内容や結果を分かりやすく伝
えてほしい」と注文を付けた。・・・」

原発立地地域、
16.「柏崎刈羽原発で審査状況の地域説明会」産経新聞?1月12日(月)7時55分配信
全文「東京電力柏崎刈羽原子力発電所は、同社が原子力規制委員会に申請してい
る6、7号機の新規制基準への適合審査の状況について、地域住民向け説明会を
開催する。事前申し込みは不要。説明会は東日本大震災と福島第1原発事故以降
6回目。22日午後6時から柏崎市駅前の市産業文化会館、23日午後6時から
刈羽村割町新田の村農村環境改善センター。いずれも同5時半開場。
事前に質問や意見を受け付け、一部は会場で回答するほか、すべての質問の回答
を、説明会後、同原発のホームページに掲載する。はがきで〒
945−8790(住所不要)柏崎支店私書箱53号 東京電力柏崎刈羽原子力
発電所広報部へ送る。問い合わせはフリーダイヤル0120・120・448。」

17.「柏崎原発で事故なら県民にも責任 小説「東京ブラックアウト」著者・
若杉冽さんに聞く」新潟日報2015/01/12 12:35
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20150112156488.html
会員限定記事「日本の政官財が原発再稼働に突き進む姿や、原発事故がもたらす
悲劇を描いた小説「東京ブラックアウト」(講談社)を昨年末に出版した現役官
僚の若杉冽(わかすぎ・れつ)さんが11日までに、新潟日報社のインタビュー
に応じた。若杉さんは現在国が審査を進めている東京電力柏崎刈羽原発6、7号
機の再稼働について、「安全性の神話が崩壊したのに再稼働を容認するなら、事
故が発生した場合は新潟県民が責任の一端を問われることになる」と訴え
た。・・・・
若杉さんは「新潟県で原発事故が起きれば、放射性プルーム(雲)の行方しだい
で被害は新潟にとどまらず、首都圏にも及びかねない。柏崎刈羽原発の再稼働
は、地元自治体が同意すれば容認されるというものではない」と強調。再稼働を
判断する前提条件として、同原発で事故が起きた場合、放射能による被害を受け
る可能性がある東京など大都市住民の同意を得る必要性があると指摘した。」

電力、
18.「大阪ガス、ごみ焼却発電に参入検討 自治体と連携」西日本電子版2015
年01月11日 15時40分 更新
http://qbiz.jp/article/53527/1/
「大阪ガスが、東大阪都市清掃施設組合(大阪府東大阪市)が計画する、ごみ処
理場の発電事業に参入を検討していることが11日、分かった。大ガスは
2016年の電力小売り全面自由化に合わせ電力事業を強化しており、自治体な
どと連携し電源を確保する狙いがある。
東大阪市と大阪府大東市で構成する同組合は17年の完成を目指し、新たなごみ
処理場を建設している。焼却熱を利用し出力1万5600キロワットの発電機を
設置。余剰分の約7千キロワットを入札などで売電する予定で、大ガスは応札を
検討している。購入した電力は地元企業や電力会社に売ることを想定し、同組合
と施設の詳細などについて意見交換を進めている。発電設備を備えた処理場を建
設する自治体は今後も増えるとみられる。・・・・」

19.「省エネ・節電へ県民運動 福岡県が提唱 宣言すれば割引などの特典」
西日本電子版2015年01月13日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/53565/1/
「冬場の「ふくおか省エネ・節電県民運動」を福岡県が呼び掛けている。重ね着
をしてエアコンの設定温度を20度にする▽テレビの輝度を下げる▽冷蔵庫の設定
を「弱」にする?などを推奨している。
同運動は、東日本大震災を機に夏場(6?9月)と冬場(12?3月)に提唱して
おり、今冬も九州電力管内の冬の節電要請期間を踏まえて取り組む。「省エネ・
節電宣言」をした県民には、県のキャラクター「エコトン」のストラップを進
呈。飲食店やホテルのレストランなど協賛の約20店で提示すると、料金割引な
どの特典が受けられる。

また、12?2月の電気使用量を前年より削減したり、電力会社との契約容量ご
とに異なる平均的な電気使用量を下回ったりした世帯には、商品券として使える
「九州エコライフポイント」などを抽選で贈る。いずれも今冬と前季の電気使用
量が書かれている検針票の提出が条件。宣言、検針票提出の締め切りはともに3
月10日。・・・」

参考記事、
20.「(佐賀県)電子版使い出前授業 若木小」佐賀新聞2015年01月12日 13
時45分
http://www.saga-s.co.jp/kodomo/news/144553
「市内の全児童がタブレットを使った学習に取り組んでいる武雄市の若木(わか
き)小(山崎健彦(やまさきたけひこ)校長)で、タブレットで佐賀新聞が丸ご
と読める「電子版(でんしばん)」を使った出前授業(じゅぎょう)がありまし
た。6年1組の11人が電子版を使って、佐賀県内のニュースやスポーツなど4
つのテーマに分かれ、「その日一番大切な記事」を選んで、その内容(ないよ
う)を発表しました。記事は出前授業があった12月18日の新聞から選びまし
た。・・・・・
「日本のニュース」の千綿啓介(ちわたけいすけ)君、中尾真太朗(なかおしん
たろう)君、松尾有紀美(まつおゆきみ)さんが選んだのは「ようやく復旧
(ふっきゅう)へ」。原発事故(じこ)の影響(えいきょう)などで遅(おく)
れていた福島県双葉町(ふくしまけんふたばまち)で、震災後(しんさいご)初
めてがれき撤去(てっきょ)が始まった記事でした。「発生から4年近くたって
いるのに初めての撤去だから」と驚(おどろ)きました。・・・・・」
・・・子供たちも驚く。

21.「’15記者リポート:戦争、イ病、そしてフクシマ 国策と棄民の連鎖 
風化しつつある現状に警鐘 /富山」毎日新聞 2015年01月12日 地方版
http://mainichi.jp/area/toyama/news/20150112ddlk16040203000c.html
長い記事「今年は終戦から70年。先月8日の「真珠湾攻撃」(1941年)の
日を前に、富山市内で昨年開催された富山大空襲を語り継ぐ会で、市民団体「イ
タイイタイ病を語り継ぐ会」の向井嘉之代表(71)=富山市=が記念講演。
「戦争、イタイイタイ病、フクシマは人災」と、国策の渦にのみ込まれ、犠牲と
なった人々の歴史を語った。・・・・・
1956年、原子力委員会の初代委員長に就任した衆院議員、故正力松太郎氏は
富山県出身。57年には同県高岡市で原子力平和利用博覧会を開催、原子力大臣
も務めている。その正力氏が導入を決めた日本初の商業原子炉、東海原発が稼働
したのは66年。その45年後に発生したのが東京電力福島第1原発事故。古里
を離れた原発難民は約16万人にのぼり、向井さんは「中央の大資本と国家が地
方の環境を犠牲にし、棄民を生んだ」と指摘する。・・・・
・・・「人間の欲望が国策を決定し、その国策が取り返しのつかない犠牲、そし
て弱者が切り捨てられ棄民を生んだ」と向井さん。戦後70年を迎え、もはやフ
クシマの被害すら風化しつつある現状に警鐘を鳴らした。」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、
19面に、19.の記事、
22面に1””’.の記事。

1面左下に、
22.「NY原油、一時46ドル割れ 5年9カ月ぶり安値」2015年01月13日
01時02分 更新
【ニューヨーク共同】週明け12日のニューヨーク原油先物相場は続落し、指標
となる米国産標準油種(WTI)の2月渡しが一時、1バレル=46ドルを下回
り、約5年9カ月ぶりの安値水準となった。米金融大手ゴールドマン・サックス
が原油先物相場の見通しを引き下げたと伝わり、売り注文が優勢となった。」

今朝もこれだけです!!(1.13.4:06)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ 〜さよなら原発!福岡〜 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
         http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分〜(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
     第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
             原告総数 原告総数 8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
     ホームページ:http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       
        午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中