NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1366日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。1月15日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●

原子力規制委員会での川内原発許可の取り消しを求める
   1/21「異議申立て」意見陳述会

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1366日目報告☆
      呼びかけ人賛同者1月14日3691名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】1月14日3名。
    宮本秀臣・生子 高山ひとみ 
私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
 <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
福島では またセシウムの濃度が高くなったそうです。
溶け落ちた核燃料が 化学反応を起こしているのではないかと
心配しています。
地震も多いし、火山も活発になっているし、こんな状況では再稼動など
とんでもない話しです。
あんくるトム工房 
セシウム濃度50倍に  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3320

★ 橋本左門 さんから:
  ☆スウェーデンに学びし友の身罷りぬ「子どもと自然の塾」を遺して
      (左門 ’14・1・15−902)
※親子二代生物学者のA・K君。留学後は政府機関の官僚で
あったが、定年後は学校教育に不足する「自然の中で暮らし、
命・環境の大切さを体得する塾」を始め、その報告をする時は
少年さながら瞳を輝かせていた。病を得て80歳で他界したが、
残された塾の発展と子どもたちの成長を祈るばかりである。

★ 遠藤由香里(反核女子部) さんから:
川内原発再稼働絶対許さん!『反核女子部?福岡九電本店前抗議』
1月15日(木)18時〜19時。雨天決行。
気温が低く小雨の予報になっています。雨具、防寒着のご準備を!
九電所有全原発廃炉が決まれば即中止。 皆さまのご参加お待ちしています!
ビラ:http://tinyurl.com/n5qfvp9

★ 酒井嘉子 さんから:
サウンドデモ裁判が勝訴して、新年早々の快挙ですね。これに続いて勝訴の
判決を次々に勝ち取りたいものです。
〜〜〜
緊急シンポジウム「川内原発再稼働の是非を問う」
日 時:2015 年1 月18 日(日曜日) 14:00〜17:00 (開場13:30)
場 所:久留米大学 福岡サテライト (福岡・大丸東館エルガーラ・オフィス棟6F)
(入口はエルガーラ・ホール側ではなく、国体道路側です)

参加費:無料
主 催:福岡核問題研究会
問合先:三好 (電話:092-522-8401,メール:eisaku.miyoshi@kyudai.jp)

★ 坂井貴司 さんから:

 周知の通り、警察は在特会などのヘイトデモは野放しにするくせに、反原発や
反戦平和デモに対しては異常な規制を行い、デモが事実上できなくなるようにし
ています。不当逮捕も頻発しています。

 これに対する反撃が福岡で行われ、今日勝利を勝ち取りました。

 福岡サウンドデモ裁判
http://demosaiban.blog.fc2.com/

 2011年5月8日、福岡市で脱原発を訴えるサウンドデモが行われようとしました。
デモ参加者を先導して車道を走行するトラックを事前に準備していました。道路
使用許可申請時には、このトラックが荷台に音楽機材とDJを載せるための必要な
添付書類も一緒に届け出ていて、事前にその許可書が出されていました。
 ところがデモ隊が出発しようとすると、交通課警官が目の前に立ちはだかり
「このトラックは走らせることは出来ない」と出発を阻みました。
 後日、抗議に行くと、道路使用許可申請には、DJトラックの機材を載せる図面
書類も提出していたにも関わらず、その図面を破棄していたこと
がわかりました。
 警察に対して「審査請求」という形で不服申し立ての声をあげましたが、福岡
県公安委員会は全く相手にしませんでした。
 それで国家賠償請求訴訟をしました。
 今日1月14日、福岡地方裁判所は原告の訴えを認め、福岡県警に1万円を支
払えと命じました。
 金額は問題ではありません。司法が、街頭行動に対する警察の弾圧を断罪した
のです。
 街頭行動への抑圧を進める安倍政権への痛撃となる判決です。
青柳コメント:私も原告です。

★ 木下紀男 さんから:
「県民の会」1・17学習会 ご案内
いまの安倍政権の「地方創生とは何か」を学ぶとともに、
県政の現状と私たちのめざ県政の方向をごいっしょに考えるための重要な企画で、
4月の県知事選挙への決起の機会ともなります。

この機会に福岡県政はどうなっているのか、
また、原発再稼働に反対する力をどう結集するかと関心をもって
いただいているすべての方々のご参加をお願いしています。
ぜひとも、広い団体、個人の方がご参加いただけますよう、
ご案内いたします。

  期日 1月17日(土)午後2時〜5時
 場所:福岡市中央区電気ビル本館地下2階8号会議室(全体300名)
基調講演 中山徹・奈良女子大教授
  安倍政権の「地方創生」とは、住民が願う真の地方再生は
主催:「県民を主人公に、憲法をくらしに生かす福岡県民の会」
  (略称)「福岡県民の会」
チラシ:http://tinyurl.com/kcmhow7

★ 三ツ林安治 さんから:
  
2014年12月12日に行われたインド、CNDP(核廃絶と平和のための連合)の
クマール・スンダラム氏の「インド原発反対運動」の講演録を、
まとめられたノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
のご厚意で下記ブログに転載しております。
http://coanet12.blog.fc2.com/
ご一読ください。日本の岸田外相が明日
から22日までの日程でヨーロッパを巡ってからインドに寄り、インド首脳と会談
を行ようです。日印原子力協定調印の動きも十分に考えられます。

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2378】
2014年1月14日(水)
※ 短信−金曜行動グループの初めての全国交流会近づく
☆1月24日(土)25日(日)鹿児島県薩摩川内市内で、注目すべき交流集会が開か
れる。
 全国の金曜行動が薩摩川内市内の川内原発に集まろう・交流しよう・原発再稼
働を阻止しよう、という集まり。日本で初めての交流会だ。
☆今全国で、原発やめようで一番活発で、数も多いのが金曜行動(全国各地で
100−200位)。そこが再稼働予定の川内原発に集まる。この交流集会は日本の原
発史上記録に残る集ま
りになると思う。(柳田真)
━━━━━━━
┏┓
┗■1.福島県南相馬で配布「ベテランママの会」の冊子、放射線は怖くないと宣伝
 |  福島原発事故で原発安全神話が崩れ、今度は放射線安全神話の刷り込み
をしている
 |  「東大御用学者・IAEAは政府広報で放射線の:虚構:を風評している。」
 |  福島県内のチョウで子の世代で死ぬ確立が高い:英科学誌電子版に発表
 └────  吉田照勝(たんぽぽ舎会員)

○福島県南相馬市は、2014年12月28日に特定避難勧奨地点から全て解除された。
それに先立って南相馬市では、よくわかる放射線教室「ベテランママの会」とい
う名称の冊子が配られた。
早野龍五(東大大学院理学系研究科特例教授)著。放射線は゛それほど恐れなく
てもいい゛神話づくりの広報紙である。
 ●原発事故によって始めて放射線を浴びたわけでない、もともと放射線は存在
している。
 ●人間や動植物、食べ物の中に原発事故以前から放射性物質は含まれている。
 ●大気中に放射性物質は舞っていない、子供の外遊びは安全マスクの必要はない。
 ●内部被曝はほとんど食材由来、南相馬市の市街地の空間線量は西日本と変わ
らない。
 ●井戸水のように充分澄んだ水は放射性物質と泥が結合、沈殿、安全性は高い。
 ●病院の検査で放射線・放射性物質は使われる等。日常生活のどこにでもあ
る、慎重になりすぎなくていいという趣旨の内容である。
○放射性物質の影響は、小さな生物から異変を及ぼしていく。琉球大学の大滝丈
二准教授(分子生理学)研究チームらは、原発事故直後福島県、茨城県、東京で
2011年5月と9月に集めたチョウの一種「ヤマトシジミ」成虫から生まれた卵をふ
化させて育て、孫の世代まで調べた結果福島県内のチョウで子の世代で死ぬ確立
が高い、放射線量が高い地域ほどオスの羽のサイズが小さい、羽の配合パター
ン、斑点の数に異常があった等、事故が周辺の自然に影響をあたえ遺伝的な異常
が出ているのは間違いない。調査結果を研究チームがまとめ、英科学誌電子版に
発表した(2012.8.11毎日新聞)。最近では、殺処分を拒否して育ててきた牛に異常
な斑点がでてきたことが報告されている。
○政府は、原子力発電所爆発事故により原発安全神話が崩壊したことから、放射
線はそれほど怖くないと、今度は放射線安全神話の刷り込みを浸透させようとし
ている。2014.8.11、
朝日新聞など全国紙と福島民報・福島民友に「放射線についての正しい知識を」
政府広報で、復興庁、内閣官房、外務省、環境省名で大きく掲載した。著者は、
中川恵一(東大医学
部付属病院放射線科准教授)、レティ・キース・チェム(国際原子力機関IAEA保
健部長)。
 ●福島で被曝によるガンは増えないと考えられる。
 ●100msv/年以下では甲状腺ガンは増えない。
 ●運動不足などによる生活習慣の悪化がガンリスクを高める。
 ●セシウムの放射線は体を突き抜けるので内部被曝は低い。
 ●放射線の影響に関する誤解はメディア報道の仕方に問題。
 ●IAEA・ ICRP(国際放射線防護委員会)の国際基本安全基準「一般市民1msv/
年、原発事故発生地域の人20msv/年」は、科学的根拠に基づき健康の影響はな
い。原発事故が起こる
と安全基準値が急に20倍に上がる、これがIAEA・ ICRP・国際機関の科学的根拠
である、お粗末の極まりである。
○南相馬市の152世帯の住民の多くは「線量がまだ高い」解除に反対、「すぐには
帰還しない」と話している(2014.12.29朝日新聞)。政府は、御用学者・マスコ
ミ・地域冊子を利用して放射線安全神話つくりを綿密・計画的に行なってい
る。゛放射線汚染の本質を見逃してはならない゛

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、新知事が登庁した佐賀県、玄海原発関連の記事からはじめます。

玄海原発関連、
1.「知事就任会見?「前知事の(オスプレイ)方針承継しない」佐賀テレビ
(2015/01/14 19:49)
http://www.sagatv.co.jp/news/
「14日初登庁した山口祥義新知事は、国が計画を進めている佐賀空港へのオス
プレイ配備計画について白紙としたうえで、「前知事の方針を承継しない」との
考えを強調・・・・・一方、玄海原発再稼働問題については、早速来週にも現地
視察する意向を示しました。」

1’.「山口知事が就任記者会見」NHK佐賀01月14日18時35分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084626171.html?t=1421253164718
「・・・・また、玄海原子力発電所の3、4号機の再稼働については、基本的に
は再稼働の方向だという考えを改めて示した上で「原子力規制委員会の審査結果
を踏まえて県民と話し合い結論を出していきたい」と述べました。・・・・」

2’.「佐賀・山口新知事、玄海1号機廃炉を容認姿勢」朝日デジタル2015年1月
14日20時03分
http://www.asahi.com/articles/ASH1G5JQFH1GTTHB00K.html
「・・・山口知事は「原発問題に対しては安全第一が私の基本姿勢。1号機はか
なり老朽化しているという認識は持っている」と発言。九電が安全性が確保され
ないとして廃炉を判断した場合に尊重するかという問いには、「方向性としては
そう思っている」と答えた。実際に廃炉とするかどうかは九電の判断としたうえ
で、「まずは安全第一の判断をいただくということと、採算の問題もあるだろ
う」と話した。・・・・」

2”.「玄海町長“廃炉判断年度内に”」NHK佐賀01月14日18時35分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084661371.html?t=1421253265313
「玄海原発1号機の廃炉をめぐる判断について、立地自治体の玄海町長は、
NHKの取材に対し、新年度以降の財政計画に影響することから、年度内には表
明するよう九州電力に求める考えを示しました。・・・・玄海町によりますと、
1号機の立地に伴って、町には今年度、3億円余りが国から交付金として支払わ
れていますが、廃炉になれば、この予算がなくなることになり、今後の町の財政
計画を見直す必要があるとしています。」

政府が、
3.●「原発廃炉費、全利用者負担へ 経産省有識者が報告書案」東京新聞2015
年1月14日12時12分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015011401001078.html
「原発の廃炉会計制度見直しに関する経済産業省の有識者会議は14日、報告書
案をまとめ、2016年の電力小売り全面自由化後も、原発の廃炉費用を電気料
金に転嫁することを決めた。14年度内に関連省令を改正する方針。原則として
全ての利用者が負担する方向となる。全利用者に負担を求めることには反対意見
もあったことから、例外規定を設けるなどの詳細は今後検討する。
大手電力が抱える老朽原発の廃炉を円滑に進めるため、費用を確実に回収する。
利用者は原発に頼らない新規参入事業者から電力を購入しても、負担を迫られる
ことが想定される。」(共同)

3’.「廃炉費用、10年で分割処理=原発の会計見直し―経産省作業部会」時事通
信?1月14日(水)11時29分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_date2&k=2015011400039
「経済産業省の有識者作業部会は14日、原発の廃炉に関する会計処理の報告書案
を大筋で了承した。廃炉決定に伴い、一度に巨額の損失を計上する必要がある現
行の会計制度を見直し、損失を10年で分割処理できるようにすることが柱
だ。・・・・」

4.●「<予算案>廃炉支援策出そろう 地域振興費や会計制度見直し」毎日新
聞?1月14日(水)20時7分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150115k0000m020086000c.html
「経済産業省は2015年度当初予算案で、原発立地自治体の中小企業支援など
に使う地域振興費を、前年度当初比15億円増の23億円計上した。廃炉に備
え、原発に頼らない地域経済作りを促す。また、経産省の有識者会議は14日、
電力会社の廃炉を支援する会計制度見直し案を決定。これを受け、関西電力など
電力4社は、老朽原発5基の廃炉に向け、地元調整を本格化させる。
原発の廃炉が決まった立地自治体などを対象に、中小企業の商品開発支援などに
使う地域振興費の用途を広げるなどする。原発の営業運転が終われば、立地自治
体に支払われる交付金が打ち切られるほか、関連雇用が喪失し、地域経済に大き
な影響が出るため、立地地域の新産業創出に向けた対策を厚くする。全国を対象
とした中小企業振興予算の活用も促す。
電力会社の会計制度見直しでは、・・・・・18〜20年度に電気料金が自由化
された後は、廃炉費用を送電線の利用料金に上乗せする案も示した。

5.「<原発交付金>30キロ圏外の避難住民受け入れ先も」毎日新聞?1月14日
(水)19時17分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150115k0000m040059000c.html
「内閣府は来年度から、原発から30キロ圏外で原発事故時の避難住民の受け入
れ先になっている道府県に対し、避難訓練を行った場合の費用を全額補助する新
制度を設ける。法令では、原発の防災対策に使う交付金を受け取れるのは30キ
ロ圏内(24道府県)に限られる。受け入れ先からの要望を受け、30キロ圏内
の道府県を経由する形で交付を認めることにした。
●例えば、九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県)の場合、30キロ圏外の
受け入れ先に熊本県が含まれる。従来は、鹿児島・熊本両県が合同で避難訓練を
実施した場合でも、費用を国から受け取れるのは鹿児島県だけだった。新しい制
度では全額をいったん鹿児島県に交付し、熊本県分の費用は鹿児島県から熊本県
に渡す仕組みにした。
だが、毎日新聞が昨年実施したアンケートによると、受け入れ先自治体では、避
難場所の整備や非常食の備蓄などで国の補助を求める声が強い。内閣府は「ハー
ド面の整備は交付金の性格上難しい」と説明している。」

5’.「原発立地道県に新交付金=15億円、使途限定せず−政府」時事通信
2015/01/14-20:27
全文「政府は14日決めた2015年度予算案に、原発の立地する13道県を対
象とする新たな交付金15億円を計上した。自治体が使いやすいよう、あらかじ
め使途は限定しない。原子力規制委員会の適合性審査を通過した原発の再稼働に
向け、地元自治体の理解を促す狙いがある。
経済産業省によると、原発のある道県は、再稼働や定期点検などに伴う運転停止
で地元企業の経営環境や市民生活に大きな変化が生じると判断すれば、新交付金
を申請できる。例えば、再稼働で放射線量の変化を心配する住民への説明会の開
催費などにも使えるという。」

6.「避難指示区域、交付金の使途拡大 政府予算案【復興】」朝日デジタル
2015年1月14日22時55分
http://www.asahi.com/articles/ASH1F53PTH1FULZU009.html
「15年度は東日本大震災から5年と定められた集中復興期間の最終年度にあた
るが、「25兆円をめど」とされていた予算総額は、26兆円を超えた。・・・・」
・・・・こちらの記事には詳細の絵図があります。

原発施設、
7.「老朽原発5基廃炉へ=電力4社、年度内に決定」時事通信?1月14日(水)15時
43分配信  ※絵図有
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_date2&k=2015011400645
「関西電力、中国電力、九州電力、日本原子力発電は、2016年7月までに運転開
始から40年を超える老朽原発5基を廃炉にする方向で、月内にも地元自治体との
調整に入る。廃炉に伴う電力会社の負担を軽減する会計ルールが固まったことを
受けたもので、立地地域の雇用確保策などについて地元と協議した上で今年度内
に廃炉を正式決定する。
?5基は、関電美浜1、2号機(福井県)▽中国電島根1号機(島根県)▽九電玄海1号
機(佐賀県)▽原電敦賀1号機(福井県)。・・・・」
・・・・昨日、6.の続報ですが、廃炉費用は全額電気利用者負担の制度を政府
が作ることを受けて・・・。判断は安全ではなくお金です!!

規制委が、
8.「老朽原発の審査体制整備へ 原子力規制庁を増員」西日本2015年01月14日
18時11分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/139160
「政府は14日、稼働から40年を超える老朽原発の運転延長を電力会社が申請
した場合に対応する審査体制を整備するため、2015年度に原子力規制庁の定
員を4人増員することを決めた。40年前後がたった老朽原発は国内に計7基あ
るが、このうち関西電力が既に高浜原発1、2号機(福井県)の延長方針を決め
ており、4月以降の申請を検討。その後も年に1基程度が稼働から40年を順次
迎える。・・・」
・・・廃炉の一方で、延長運転の審査もやる体制を補強!! とんでもない。原
発推進です。まどわされないようにしましょう。

原発立地地域、
9.●●「(新潟県)泉田新潟知事、東電は「二枚舌」と批判」時事通信?1月14日
(水)20時0分配信
全文『新潟県の泉田裕彦知事は14日の定例会見で、東京電力 の広瀬直己
社長との柏崎刈羽原発6、7号機をめぐる6日の会談について、「本心を隠して、
二枚舌で(再稼働を)進めているという印象が強い」と語った。その上で、同原
発の新規制基準への適合性審査に関し、「第三者の目を入れて安全を確保したい
と言いながら、(会談では)再稼働に向けた説明をされた」と述べ、東電の再稼
働ありきの姿勢を批判した。」

10.「(新潟県柏崎市)24年間議席独占、自民がベテラン後継擁立断念」読
売新聞2015年01月14日 11時53分
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20150114-OYT1T50013.html
「4月に行われる新潟県議選で、自民党が柏崎市刈羽郡選挙区(定数2)のベテ
ラン県議の後継を立てられない状況にある。
昨年8月末、同市議で市職員労組が支持基盤の池田千賀子氏(53)が無所属で
の立候補を表明。池田氏は11年の市議選でトップ当選した人気市議のため、自
民党から東山氏の後継に立った候補は、三富氏を含めた厳しい選いが予想され
た。・・・
池田氏は昨年の出馬表明の記者会見で「自民党籍がある方にも応援していただき
たい」と明言。自他共に認める反原発の「社民寄り」ながら、東京電力柏崎刈羽
原子力発電所の再稼働については「命と暮らしが担保されるなら原発も否定され
ない」と述べ、再稼働を推進する自民党の支持層の切り崩しに余念がな
い。・・・・」
・・・こんな程度では困りますね。

11.「(福井県)小浜市での爆破テロを想定 福井県や県警など80機関が図
上訓練」産経新聞?1月14日(水)7時55分配信
http://www.sankei.com/region/news/150114/rgn1501140054-n1.html
「福井県小浜市内の観光施設や観光船で同時爆破テロが起きたとの想定で、県庁
と小浜市役所で13日、国民保護図上訓練が行われた。県、警察、消防、自衛
隊、病院など約80機関、約200人が参加して、現場との連携などを行い、万
一に備えた。国民保護法に基づく図上訓練で、平成18年度以降、毎年行ってい
る。今回は小浜市で初めて実施した。・・・・西川一誠知事をトップに対策本部
が置かれ、事態の収拾に取り組んだ。
櫻本宏県安全環境部長は訓練後の講評の中で「同時爆破テロや孤立地区の発生
で、現地の安全確認など迅速に対応策を導き出すことができた。一方で、情報量
の多さから会議資料の作成などに時間を要した点が一部あった」と指摘し、「応
急対策業務の習熟度をあげる必要がある」と述べた。」

原発施設、規制委で、
12.「女川2号機審査 東北電、トラブル対策有効性を説明」河北新報2015年
01月14日水曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150114_13032.html
「原子力規制委員会は13日、東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻
市)の新規制基準への適合性審査(安全審査)会合を開き、運転中に重大事故に
至る恐れのあるトラブル対策の有効性について議論した。東北電は機器の配置、
作業要員の確保といった対策の妥当性を強調した。・・・」

福島第1原発、
13.「東電、海への排水基準を厳格化へ 福島第1原発のサブドレン」西日本
2015年01月14日 21時29分
全文「東京電力は14日、福島第1原発の建屋周辺の井戸「サブドレン」からく
み上げた地下水を浄化して海に放出する計画について、排水基準を厳格化する方
針を原子力規制委員会に申請したと発表した。サブドレン計画の実施をめぐって
は地元漁業者らの了解が必要で、東電は今後、基準の厳格化について説明して理
解を求める考え。これまで東電は排水の際には、ストロンチウムなどベータ線を
出す放射性物質の濃度は1リットル当たり5ベクレルとすると説明していたが、
3ベクレルに変更する。他の放射性物質であるセシウムとトリチウムについては
変更しない。」(共同)
・・・・「厳格化」という見出しの付け方がおかしい!!

14.「収束作業「順調」と認識 駐日仏大使が福島第1原発視察」福島民友
01/14 10:20
http://www.minyu-net.com/news/news/0114/news10.html
「フランスのティエリー・ダナ駐日大使は13日、原発事故からの収束作業が行
われている東京電力福島第1原発を視察した。「状況はコントロールされてい
る」と感想を述べ、原発収束作業が順調に進んでいるとの認識を示した。駐日フ
ランス大使による同原発視察は事故後初めてで、海外の駐日大使としては米国と
ドイツに続き、3カ国目。・・・・」
・・・・過去にドイツの大使は何と言ったか、報道があったか?

15.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年01月14日
「13日正午現在 1.113マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力のホー
ムページから抜粋  前日は1.135マイクロシーベルト毎時」

被災地フクシマ、
16.「営業損害賠償、継続を=東電に要望―福島・原町商工会議所」時事通
信?1月14日(水)21時0分配信
全文「福島県南相馬市の原町商工会議所の関係者は14日、東京都内の東京電力本
社を訪ね、福島第1原発事故による営業損害の賠償を継続するよう要請した。高
橋隆助会頭が、東電の新妻常正福島復興本社副代表に要望書を手渡した。東電
は、避難によって営業ができなくなるなどの被害を受けた中小企業や個人事業主
らに対し、逸失利益分を補償してきた。同社は、今年2月までの期限を実質1年延
長した上で賠償を終える案を地元関係者に示している。」
・・・・事故を起こした当事者が、打ち切りを宣言する―とんでもない!! 

17.「<予算案>中間貯蔵施設整備費に758億円」毎日新聞?1月14日(水)10
時57分配信
http://mainichi.jp/shimen/news/20150114dde007010034000c.html
「政府は14日、東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土などを最長30
年間、福島県大熊、双葉両町に保管する中間貯蔵施設の整備費として758億円
を2015年度予算案に盛り込んだ。地権者との交渉が進まず未使用に終わる用
地取得費約450億円が14年度予算から繰り越される予定で、総額は前年度比
1.2倍の約1200億円となる見通し。・・・・政府は中間貯蔵施設の総費用
を30年間で計約1兆1000億円と見込んでいる。・・・・」

18.「安全な輸送体制確立を 中間貯蔵で広野町要望」福島民報?1月14日
(水)10時14分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015011420344
「福島県広野町と同町議会は13日、復興庁と環境省、県に東京電力福島第一原
発事故に伴う除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設への安全な輸送体制の確立など
を要望した。福島市の復興庁福島復興局では、遠藤智町長が福島伸一郎局次長に
要望書を手渡した。鈴木紀昭議長をはじめ、全議員が一緒に訪れた。・・・・」

19.「広野町で帰還に向け住民懇談会」NHK福島01月14日18時57分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054557901.html?t=1421257686965
「・・・・広野町は、原発事故の直後、国の避難指示は出されませんでしたが、
多くの住民が避難し、事故から3年10か月がたったいまも、町に戻ったのは人
口の3割あまりにとどまっています。このため、住民の帰還につなげようと、町
が除染の状況など独自の取り組みを説明する住民懇談会を14日から開き、会場
のいわき市の仮設住宅には、およそ20人が集まりました。・・・これに対し、
住民からは、局所的に放射線量が高い場所があり不安だという意見が出されまし
た。広野町では、今月17日までにあわせて6回、懇談会を開く予定」
・・・・なぜ、帰還ばかりをすすめる?

20.●「新年度予算案に子ども肥満対策」NHK福島01月14日23時08分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054675331.html?t=1421257570171
「・・・・福島県では、全国に比べて肥満傾向のある子供の割合が高く、小学生
の男の子の運動時間の平均が全国最少となるなど、原発事故による運動不足が懸
念されています。このため、新年度予算案には県内の小学校4年生から高校3年
生までのおよそ13万人を対象に生活習慣の改善に活用できる手帳を配布するた
めの費用が初めて盛り込まれました。
この手帳には、体力テストの結果や身長・体重の変化、食事のメニューなどを書
き込めるようにして、子供たちの生活習慣の改善につなげることが狙いで
す。・・・」

21.「(プロメテウスの罠)広野を掘れば:12 他ならよかったのに」朝日
デジタル2015年1月14日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11549082.html
「◇No.1154 兵庫県教委の山本誠(49)は・・・2012年9月11
日、広野町の災害公営住宅の建設予定地に遺跡があるかどうか調べた。多分ある
とにらんでいたが、ずばり、遺跡を掘り当ててしまった。あいつ、よけいなもん
見つけやがって、て思われてるんやろなあ。・・・ 
町教委の文化財担当、鈴木恵(36)は複雑だった。歴史は幼いころから好き
だった。初めて関わる試掘調査で縄文土器が出てきたとき、ワクワクした。この
場所に、どんな人が住んでいたのか。想像をかき立てられた。でも、災害公営住
宅はどうなるんだろう。そんな不安もわいた。鈴木は代々続く自宅を津波で失っ
た。水につかり、取り壊さざるを得なくなり、両親と夫、3人の子どもととも
に、いわき市に移っていた。帰る場所がほしいという町民の気持ちは痛いほどよ
く分かる。復興と遺跡の板挟みに陥った。ストレスで食べ物を受け付けない。み
るみるやせた。同僚から「病気じゃないか」と心配された。」

22.「福島知事と女性7人、県内農業の未来語る」産経新聞?1月14日(水)7時
55分配信
http://www.sankei.com/region/news/150114/rgn1501140061-n1.html
「県内の農業の未来や現状について語り合おうと、内堀雅雄知事と農業に従事す
る女性7人の懇談会が13日、福島市の杉妻会館で開かれた。「福島の農業、輝
く!農業女子」をテーマにそれぞれが意見を交換し合った。参加したのは県内で
水稲や野菜の栽培、農業法人を経営する女性7人。・・・増子さんは「また地元
の自分で切った木でシイタケを作りたい。地域が元気になるように頑張りたい」
と話した。・・・・」
・・・・気持ちはわかるが・・・、本当にこれでよいのかと思ってしまいます。

23.「シラウオなど今年初の試験操業 相馬双葉漁協」福島民報2015/01/14 11:04
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2015/01/post_11307.html
「相馬双葉漁協は13日、本県沖で今年最初の試験操業を行った。松川浦(相馬
市)、釣師浜(新地町)、真野川(南相馬市鹿島区)の各漁港から約30隻が出
港。初めてとなるイシカワシラウオの船引き網漁をはじめ、タコのなだかご漁、
サバなどの固定式刺し網漁を実施した。・・・松川浦漁港では新春を祝うような
陽光が差す中、漁業者が水揚げしたイシカワシラウオを丁寧に手作業で仕分けし
た。・・・」

24.「(福島県)14日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線
量測定値」福島民報1月15日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・「放射性物質の検査結果(魚介類)」、「富岡沖シロメバル基準値超」
・・・・「牧草・飼料作物の放射性物質検査結果」

25.「(岩手県)韓国調査団が久慈視察 地元、水産物の安全性訴え」岩手日
報2015/01/14
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150114_6
「福島第1原発事故を受け、本県など8県からの水産物の輸入を禁止している韓
国政府が派遣した調査団は13日、久慈市の市営魚市場を訪れ、輸入規制見直し
を検討するための現地調査を行った。・・・・
非公開で開かれた会議で、水産庁職員や県職員が本県漁業の実態や放射性物質の
検査状況について説明した。同庁によると、調査団側から「放射性物質のモニタ
リング検査によって水産物の安全性はどの程度確保されているのか」「福島県の
水産物も本県で水揚げされているのか」などの質問が出たという。会議後は市漁
協職員が、同市場の施設内容や水揚げされた水産物の管理体制について説明し
た。・・・・」
・・・・昨日23.の記事の青森県から岩手県に移動。非公開というのがおかしい。

26.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞1月14日17:35
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150114/1839546
▼空間放射線量率(14日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1
メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・>

27.「(愛媛県)避難者訴訟初弁論 国と東電、争う姿勢??松山地裁 /愛
媛」毎日新聞 2015年01月14日 地方版
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20150114ddlk38040513000c.html
「東京電力福島第1原発事故で避難を余儀なくされたとして、県内への避難者6
世帯12人が国と東電に約6600万円の損害賠償を求めた集団訴訟の第1回口
頭弁論が13日、松山地裁(西村欣也裁判長)であった。国と東電は請求棄却を
求め、争う姿勢を見せた。・・・次回弁論は3月17日の予定。」

電力、
28.「(北海道)コープさっぽろ電力小売り 7月にも新会社 脱原発へ家庭
向け参入」北海道新聞(01/14 07:15) ※絵図有
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/585735.html
全文「コープさっぽろ(札幌)は13日、2016年度中に道内で家庭向けの電
力小売り事業に参入する方針を明らかにした。16年度からの電力小売り全面自
由化をにらみ、今年7月にも電力の仕入れと小売りを担う新会社を設立する。再
生可能エネルギーを中心に道内から電力を調達し、原発に頼らない社会を目指
す。19年度までに累計10万件の顧客獲得を目標とする考えだ。
道内では、札幌圏などに約55万件の顧客を持つ北海道ガスが16年中に家庭向
けの電力小売りに参入する方針を表明している。全道に約150万人の組合員を
持つコープの参入で、電力市場の競争が激化しそうだ。
新会社「コープクリーン電力(仮称)」は資本金3千万円で、コープさっぽろの
子会社エネコープ(札幌)が全額出資する。コスト削減を徹底することで、電気
料金を北海道電力など大手より数%安くする。6月の総代会で正式に決める。」

海外、
29.「(韓国)寿命延長と解体で揺れる韓国の老朽化原発」ハンギョレ新聞?1
月14日(水)19時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150114-00019317-hankyoreh-kr
長い記事「原子力安全委員会(原安委)が老朽原子力発電所の月城1号基の寿命延
長案件を今年最初の会議に上程することにした。 これに伴い、今年が原発廃炉
の歴史の元年になるかを巡り激しい議論が予想される。韓国水力原子力(韓水原)
と政府は「稼働しても赤字」という診断が出てきた老朽原発の再稼働を押しつけ
ようとしている。 これに対して、老朽原発の解体問題が目前に迫った状況で、
これに伴う政治的負担をひたすら先送りする方法で解決しようとしているという
批判が出ている。・・・・・・」」
・・・安全よりもお金で判断、何処の国も同じ。?

参考記事、
30.●●「誤用情報を根拠に放射線影響を含めた健康管理施策案を環境省がパブ
コメ(上)」まさのあつこ?|?ジャーナリスト」2015年1月14日 15時40分
http://bylines.news.yahoo.co.jp/masanoatsuko/20150114-00042239/
長い記事「環境省は、東電の福島第一原発から放出された放射線による影響を含
めた健康管理の施策案を発表し、1月21日まで国民から意見を募集している
が、根深い問題をはらんでいる。「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住
民の健康管理のあり方に関する専門家会議」(座長:長瀧重信・国立大学法人長
崎大学名誉教授)による「中間取りまとめ」を踏まえているが、その根拠を辿る
と国内外の情報の誤用・濫用が浮き彫りになる。・・・・・」
・・・・重要な指摘がしてあります。時間をとって検索ください。

31.「<原子力学会>「調査専門委設置」でHPに謝罪文」毎日新聞?1月14日
(水)19時23分配信
全文「日本原子力学会は14日、原発敷地内の断層の影響を評価する調査専門委
員会を設置したという7日の発表について、「誤解を招いた」として同学会の
ホームページに謝罪文を掲載した。発表では、日本地質学会など他の学会と協力
するとしていたが、実際には学会としての参加の同意を得ていなかったという。
原子力学会は「他学会に所属する専門家が参加しているが、組織的な連携とは言
えないところがあった。誤解を招く表現で、関係者におわびしたい」としている。」
・・・・存在意義を問われる学会。

32.「阪神大震災:県外避難7割戻れず 帰還希望者、56世帯なお残る」毎
日新聞 2015年01月14日 東京夕刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150114dde041040061000c.html
「阪神大震災で兵庫県外へ避難し、いずれは戻りたいと県の支援事業に登録して
いる被災者が、昨年11月現在で56世帯に上る。事業が始まった2000年以
降、登録した972世帯のうち、県内に戻れたのは262世帯(27%)。避難
先で永住を決意した人や死亡・行方不明など654世帯(67%)は戻れなかっ
た。県は来年度以降、事業を継続するか検討している。兵庫県の推計では、震災
があった1995年、約1万9000世帯が県外へ転出した。その後も転出は続
いているが、県外避難者総数は分かっていない。・・・・・
県が昨年11月現在の登録56世帯を調査した結果、避難先は全国に及び、登録
者は60歳以上が80%を占めた。今も戻れない理由は、通勤・通学の都合
19▽希望の空き物件がない16▽高齢・病気8▽公営住宅に当選しない7▽再建や
転居の資金調達が困難2??など。」

33.「【社説】原子力災害避難基準」カナロコ by 神奈川新聞?1月14日(水)12
時31分配信
http://www.kanaloco.jp/article/82763/cms_id/120923
「・・・・・福島の原発事故を引き起こす温床となったのは、「安全神話」で
あった。米軍は無謬(むびゅう)ではない。最悪の事態を想定した備えを行うべ
きだが、横須賀では懸案が残されている。その一つが、国が定めた事故時の避難
基準に、原子力艦と原発で食い違いがあることだ。・・・・」
・・・・米軍の空母は事故を起きえないという安全神話・・・。

34.「菅原文太さん 「地球に生まれて良かった」の意味を振り返る」NEWS
ポストセブン?1月14日(水)7時6分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150114-00000005-pseven-ent
「・・・・菅原さんとは“カレーを食べ合う仲”だった鎌田さんが、菅原さんの思
い出を語る。・・・・文太さんがつぶやいた。
「このままだと僕らは、未来の子孫に“地球を汚したいだけ汚して、わがまま勝
手に生きてきた悪者”だと思われてしまうね。福島原発事故の汚染だって子孫に
禍根を残す結果になってしまった。僕は80歳を超えたし、一度はガンで余命1年
半と宣告された身だから、自分の命を張って、国の掃除をしなければいけないと
思ってるんだ。僕らの子孫がおぎゃーとこの世に生まれて“ああ、地球に生まれ
て良かった”と感じられる環境を守らなきゃいけないよね」  文太さんの想い
は、いつだって次の世代へ向けられていた。」

35.「(京都)河合弁護士が監督「日本と原発」 福島事故、背景に迫る 
16日、左京で上映 /京都」毎日新聞 2015年01月14日 地方版
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20150114ddlk26200374000c.html
「国内の脱原発訴訟を主導する河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画
「日本と原発」の上映会が16日午後6時半から、京都市左京区の京都精華大友
愛館である。関西では初上映で参加無料。・・・・・・問い合わせは京都精華大
人文学部細川ゼミ・・・・」

今朝届いた西日本新聞朝刊紙面では、1面トップは政府予算案です、
3面左端に、7.の記事、
6・7面に見開きで政府予算特集、
7面左下に、5.の類似記事で、見出しは再稼働が当然と言わんがばかりに、
36.「再稼働で立地地域支援」とあります、

28面九州経済欄に、
37.「エアコン省エネ冷媒販売 HTB子会社「使用電力30%減」西日本電子
版2015年01月15日 03時00分
http://qbiz.jp/article/53737/1/
ハウステンボス(HTB)子会社のハウステンボス・技術センター(長崎県佐世
保市)は14日、エアコンの使用電力を約3割削減できるとする自然冷媒ガスを
2月から全国で販売すると発表した。製造元のニューテック(東京)と提携契約
を締結した。業務用空調機器を使う商業施設などに冷媒の交換を提案する。自然
冷媒ガスはプロピレン、プロパン、イソブタンの炭化水素3種類を混合した
「R443a」。ニューテックによると、一般的な冷媒の代替フロンに比べ低い
圧力で熱交換でき、使用電力を抑えられるという。R443aは大気中に放出さ
れても地球温暖化への影響が小さく、HTB・技術センターは「エコロジー(環
境)とエコノミー(経済性)を共存させた商品」とアピールする。
エアコンメーカーは冷媒の変更を想定しておらず、環境省は「勧められない」と
しているが、ニューテックの増田恵至社長は「これまで故障や事故はなく、修理
の態勢も整えている」と安全性に自信を示した」

今朝は以上です。(1.15.4:15)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。 
https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

★ 前田 朗 さんから:
宗教的ヘイト・スピーチ(1)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/01/blog-post_13.html
宗教的ヘイト・スピーチ(2)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/01/blog-post_87.html
宗教的ヘイト・スピーチ(3)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/01/blog-post_14.html

ヘイト・スピーチ研究文献(3)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/01/blog-post_12.html

−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●

作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ 〜さよなら原発!福岡〜 」

編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●原子力規制委員会への川内原発許可の取り消しを求める●
   1/21「異議申立て」意見陳述会の開催ご案内。
         http://tinyurl.com/mren9jk
「異議申立て」者:1500人
異議申立て書 http://tinyurl.com/mq2qzxs
執行停止の申立書 http://tinyurl.com/nnrmlnr

●原発と平和の未来を考える 佐高信講演会●
  週刊誌 ”週刊金曜日”編集委員が来福
日時◆1月22日(木)18時30分〜(18時開場)
場所◆ふくふくプラザホール(福岡市中央区荒戸3丁目2-29)
地図:http://tinyurl.com/lbn2jm4
参加費◆1000円
案内チラシ:http://tinyurl.com/mzomhvw

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
     第11回裁判判 2015年1月23日(金)14:00から 佐賀地裁
             原告総数 原告総数 8879名(12/17現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
判決公判 2015年3月20日(金)11時、佐賀地裁。
     ホームページ: http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
       
        午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中