NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1419日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信(代理)です。3月9日

【転送・転載大歓迎】

「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページHP
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1419日目報告☆
      呼びかけ人賛同者3月9日 合計3785名
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 お疲れさまです。
久しぶりに 散髪に行きました。頭が寒くなりました。(ふところも)
福島第1の放射能で汚染されたゴミ、ガレキは 25mプールで
650杯分にもなるそうです。
事故後 4年になりますが 瓦礫の処理も終わっていませんし、除染もできて
いません。 汚染水も増え続けています。
溶け落ちた核燃料の所在も明らかになっれいません。
核発電所は 廃炉にしましょう。
あんくるトム工房
福島第1の廃棄物  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3394

★ 橋本左門 さんから:
☆大川小の保存要望多数となる かの祭壇に尺八を捧げし
      (左門 ’15・3・9-955)
※石巻市大川小学校。津波の際、教師の誘導のゆえに84人
が犠牲になった。12年9月、尺八仲間と被災跡を訪ね、毎日、参る老夫妻の叫
ぶ祈りのあと、追悼の尺八を献奏したのであった。瀟洒なデザインでしっかりし
た鉄筋の校舎は震災記念館として子どもたちの犠牲が活きるように活用して頂き
たい。
また訪ねて、慰め・鎮魂の演奏を捧げたいと思っている。

★ギャーさんから:
明日の風に揺られてぼくは
この街へと来たの
夢見られる人として
許せないことがあまりにも多く
悲しみに満ちたこの世界だから
ぼくは希望をまとい
きみのもとへと
あきらめを捨てて
やって来たんだよ
さあ
立ち上がろう
殺されていった人たちや
まだ生まれてこない人たちに
夢見られるままに
さあ
立ち上がろう
踏みにじられている
小さないのちたちのよろこびとなって
さあ
立ち上がろう
国境を越えて
つながるこの星のいのちのままに

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
福岡は、今朝は、一転して雨となりました。
さて、きょうは、昨日各地で取り組まれた集会や催しの記事からはじめます。

1.(東京)「福島事故4年、反原発集会=国会前など延べ2万3000人―東京」時
事通信?3月8日(日)18時28分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015030800181
「東京電力福島第1原発事故から4年となるのを前に、「首都圏反原発連合」など
3団体が主催する原発再稼働反対などを訴える集会が8日、東京都千代田区の国会
議事堂前などで開かれた。同連合によると、参加者数は延べ2万3000人。集まっ
た人々は「原発やめろ」「電力会社乗り換えよう」と声を合わせた。
国会前に先立ち、午後1時から日比谷野音で行われた集会では、事故当時福島県
在住だった宇宙飛行士の秋山豊寛さん(72)が、「原発によってふるさとを奪わ
れた1人です」とあいさつ。「直接意思表示をする機会がデモ。国会に怒りをぶ
つけましょう」と呼び掛けた。国会前の集会では、登壇した野党の国会議員ら
が、福島第1原発で明らかになった汚染雨水の外洋流出を批判。事故は収束して
いないと訴えた。」
関連、
1’.「きょう 東京で二大行動」しんぶん赤旗2015年3月8日(日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-03-08/2015030801_06_0.html
「■国際女性デー中央大会 午後1時から港区虎ノ門のニッショーホール(日本
消防会館)で。メーンテーマは「『戦争する国』なんて許さない! 輝かせよう
日本国憲法! 核兵器・基地・原発NO! 世界の女性と手をつなぎ ジェン
ダー平等へ」です。同志社大学大学院の浜矩子(のりこ)教授が講演。集会後、
デモ行進します。・・・・」・・と伝えていました。

1”.「国会周辺で延べ2万人が原発反対 集会やデモ」佐賀新聞2015年03月08
日 20時09分 http://www.saga-s.co.jp/news/national/10203/164189
「・・・・・日比谷公園内での集会には約3千人が参加、一斉に「原発反対」と
書かれたプラカードを掲げた。福島県で脱原発活動に取り組む人のほか、川内原
発(鹿児島県)などで進む再稼働手続きに反対する原発地元の市民らがスピー
チ。・・・・」

1”’.「3・11前に脱原発訴えデモ・集会 宇宙飛行士も参加」朝日デジタル
2015年3月8日22時49分
http://www.asahi.com/articles/ASH384CHGH38ULZU006.html

2.「多摩センターで「フクシマを忘れない」 脱原発の集会とデモ」オルタ
ナ?3月8日(日)15時7分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150308-00010000-alterna-soci
「「フクシマを忘れない」「原発なくても電気は足りる」。東日本大震災と東電
原発事故から間もなく4年を迎える8日の午前、東京・多摩市に住む市民を中心と
した脱原発の集会とデモが、多摩センター周辺で行われた。福島・楢葉町出身
で、現在多摩ニュータウンに住む市民は「東電は被災者への補償を切り詰めてい
る」と話した。・・・・折からの小雨が降る中、集会とデモには約50人が参
加。・・・・
「3・11 フクシマを忘れない 原発のない未来を TAMA実行委員会」が毎年3月
に開催し、今回で4年目。平和などをテーマに地域で活動する市民団体が、個別
のテーマを越えてネットワークを立ち上げた。市民エネルギー団体「多摩電力」
に関わる人も参加している。・・・」

3.(東京)「紙芝居で“震災の記憶”を語り継ぐ」日本テレビ系(NNN)?3月8日
(日)17時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150308-00000020-nnn-soci
「東日本大震災と福島第一原発事故からまもなく4年を迎えるが、都内で8日、
震災の記憶を紙芝居で語り継ぐイベントが行われた。・・・4年が経過する福島
県の被災者の現状を知ってもらおうと企画されたもの。2日目の8日は、津波や
原発事故で浪江町に残された動物たちの目線で震災を伝える紙芝居「眠り猫の独
り言」などが披露された。披露される紙芝居は、被災して避難を強いられた福島
県の住民らから聞き取って作られたという。このイベントは週末14日と15日
にも行われる予定。」

4.(栃木県)「講演:西尾名誉院長、放射線と健康障害をテーマに 那須塩原
で /栃木」毎日新聞 2015年03月08日 地方版
http://mainichi.jp/area/tochigi/news/20150308ddlk09040111000c.html
「東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故から4年がたつのを前に、放射
性物質による汚染問題について考える「311『つながる、つたえる、そして未
来へ』第4回集い」が7日、那須塩原市黒磯文化会館であり、国立病院機構北海
道がんセンターの西尾正道名誉院長が「放射線による健康障害」をテーマに講演
した。約300人が参加。・・・・一定程度の大きさがある微粒子は気管支の
じゅう毛運動で排出されるが、鼻粘膜に付着し、鼻血を引き起こしうる」との見
方を示した。・・・・」

5.(群馬県)「<大震災4年>高崎でいわきの高校生フラ披露 続く避難訴
え」毎日新聞?3月8日(日)21時16分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150309k0000m040076000c.html
「福島第1原発事故から4年を前に高崎市内で8日、脱原発イベント「力あわせ
る200万群馬・さよなら原発アクション」が開催され、避難生活を余儀なくさ
れている福島県いわき市の県立いわき総合高校の生徒たちがフラダンスを披露した。
「事故を風化させたくない」「県外避難を続ける人を勇気づけたい」。そんな思
いが込められた踊りに、惜しみない拍手と歓声が送られた。
舞台に立ったのは同校のフラダンスサークル「アロヒ・ミノ・アカ」の女子生徒
5人。ハワイ語で「輝く笑顔」の意味を持つ。・・・・」

6.(群馬)「震災から4年 復興願い…歌い、踊る」朝日デジタル2015年3月9
日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH386FQGH38UHNB00D.html
「・・・・太田市の長岡寺では8日、住民が主催した復興支援のライブがあり、
福島県浪江町出身の歌手、牛来(ごらい)美佳さん(29)や地元のバンドが復
興を願う曲を披露した。東京電力福島第一原発から10キロ圏内に住んでいた牛
来さんは太田市で避難生活を送る。制作に2年かかった新曲「いつかまた浪江の
空を」など3曲を歌った。・・・・」

7.(滋賀県)「市民1000人「琵琶湖守れ」 大津で脱原発デモ」京都新
聞?3月8日(日)23時2分配信
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150308000142
「東日本大震災から4年になるのを前に、脱原発を目指す市民らによる大規模な
集会が8日、大津市本丸町の市生涯学習センターなどで開かれた。関西電力高浜
原発などが再稼働へと向かっている現状を危ぶみ、参加者約千人がデモ行進など
を通じて「原発をなくそう」の声を上げた。県内の労働組合や市民グループなど
約100団体でつくる実行委員会が「原発のない社会へ 2015びわこ集会」
を主催した。・・・・
1999年にJCO臨界事故が起きた茨城県東海村の村上達也元村長の講演に続
き、決起集会では、福井県の原発差し止め訴訟の弁護団長を務める井戸謙一弁護
士が、事故により滋賀県に及ぶ影響などを説明。・・・・・」

7’.「大津、大阪で集会 <脱原発>高浜再稼働「関西全体の問題だ」」毎日
新聞?3月8日(日)20時13分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150309k0000m040044000c.html
「・・・・・大津市の琵琶湖周辺であった集会・・・・三日月大造・滋賀県知事
は、原発に依存しないエネルギー社会の早期実現への尽力を約束したメッセージ
を寄せた。
大阪市北区の扇町公園での集会には約3500人(主催者発表)が参加。大飯原
発訴訟原告団代表の住職、中嶌哲演さん(73)=福井県小浜市=は演壇に立ち
「高浜町議会や町長は再稼働を急いでいる。若狭の原発再稼働は地元自治体や福
井県だけの問題ではない」と訴えた。参加者で大阪府松原市の稲岡美奈子さん
(66)は「再稼働反対の声を政府や電力会社は無視しないでほしい」と話し
た。・・・・・」

8.(神奈川県)「「事故まだ収まらず」 元福島知事・佐藤さん脱原発訴え講
演会」カナロコ by 神奈川新聞?3月8日(日)7時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150307-00129897-kana-l14
「元福島県知事の佐藤栄佐久さん(75)の講演会「原発問題と地方の論理」が
7日、かながわ県民センター(横浜市神奈川区)で開かれた。市民活動フェア
2015実行委員会の主催。・・・
・・・・原発は32年で3回も事故が起きている」と指摘。「電力供給や高い技
術がどうこうという問題ではない。(大地震は)100年に一度だからもうない
だろうと簡単に考えることではない」とし、脱原発を訴えた。また、「福島県
は、原発の運転監督権には一切タッチできない。それは沖縄の(米軍基地に対す
る)状況も同じ」とし、「この国がおかしな方向に行ってはいけない。自分自身
の経験をこれからも訴えていきたい」と結んだ。」

9.(三重)「原発事故から4年 700人が脱原発訴える」朝日デジタル2015
年3月9日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH385D0KH38ONFB00P.html
「・・・・脱原発を訴える集会とデモ「3・8さようなら原発三重パレード」が
8日、津市内であった。約700人(主催者発表)が集まり、原発事故の風化防
止や原発再稼働の反対などを訴えた。津市役所前で開かれた集会では、スペシャ
ルゲストの社会派アイドルグループ「制服向上委員会」がミニコンサートをして
会場を沸かせた。代表曲「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」では「♪忘れないよ原発
事故のこと 覚えておこう被害の大きさ」と歌って踊った。・・・・・その後、
原発の再稼働や輸出に反対する集会アピールが採択された。
今回は政党や労働組合、市民団体など、過去最多となる90団体と35人の個人
が賛同した。参加者からは原発事故の風化や政府が進める再稼働の動きを危惧す
る声が聞かれた。・・・・」

10.(京都)「バイバイ原発」:京大・小出助教が講演「弱者に被ばく負担、
転換を」 東山で集会 /京都」毎日新聞 2015年03月08日 地方版
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20150308ddlk26040254000c.html
「東京電力福島第1原発事故から4年がたつのを前に、円山公園音楽堂(京都市
東山区)で7日、「バイバイ原発3・7きょうと」と題した集会があった。今月
末で京都大原子炉実験所(大阪府熊取町)を定年退職する小出裕章(こいでひろ
あき)助教が講演し、「社会的立場の弱い人に高線量の被ばくを押しつけて成り
立つ原発や社会の仕組みを変えないといけない」と訴えた。脱原発や環境保護の
活動をする市民グループらが呼びかけて開催した。・・・・・・・・・・・」

11.(広島)「福島原発事故の実態を助教語る」中国新聞2015/3/9
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=136703&comment_sub_id=0&category_id=112
「・・・市民450人が耳を傾けた・・・・」・・・記事はコピー不可。

12.(青森県)「映画:原発問題を検証、青森で上映 あす弘前でも /青
森」毎日新聞 2015年03月08日 地方版
http://mainichi.jp/area/aomori/news/20150308ddlk02040058000c.html
「東日本大震災から4年となる3月11日を前に、脱原発の立場から原発問題を
検証したドキュメンタリー映画「日本と原発」の上映会(上映実行委あおもり主
催)が6日夜、青森市中央の県民福祉プラザであった。・・・
上映会には原発訴訟に携わる海渡雄一弁護士が参加。「福島がどういう状況かを
日本中に知ってもらい、風化を防ぎたい」と話した。9日には午後6時半から弘
前市の弘前文化センター大ホールでも行われる。鑑賞料500円。」

13.(沖縄県)「辺野古集会:基地、原発「子に継ぐものでない」 久保田さ
ん訴え /沖縄」毎日新聞2015年03月08日
http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20150308rky00m040002000c.html
「「裁判に加わるのは、すごく怖かった」。福島第1原発事故の発生直後、2人
の子どもを連れて水戸市から那覇市に避難した久保田美奈穂さん
(36)・・・・・・・・・・・・6日午後、久保田さんは米軍普天間飛行場の
移設先、名護市辺野古を訪れた。米軍キャンプ・シュワブのゲート前の集会で久
保田さんはマイクを握り、こう語り掛けた。「住民の反対にもかかわらず国はこ
こに新しい基地を造ろうとしている。原発も基地も子どもたちが受け継いでいく
ものではない」」

福島第1原発、
14.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年03月09日
「8日正午現在 1.085マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力の計測結
果から 前日は1.075マイクロシーベルト毎時」

15.「続く汚染水との闘い 第1原発事故から11日で丸4年」福島民友新聞?3月
8日(日)13時20分配信 http://www.minyu-net.com/news/news/0308/news10.html
「・・・・福島第1原発では本県復興の前提となる事故収束と廃炉への取り組み
が続く。ただ、排水路を通じた汚染雨水の外洋への流出が発覚、地上タンクに保
管される高濃度汚染水の全量浄化は来年5月に先送りされるなど、汚染水との闘
いに終わりは見えない。」

16.「変わる姿、遠い廃炉=汚染水対策に追われ―苦闘続く福島第1・東日本大
震災4年」時事通信?3月8日(日)9時20分配信 ※絵図有
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015030800047
長い記事「・・・・2月26日、第1原発に時事通信記者が入った。・・・・・・・・」

17.「汚染水対策、新たな段階=タンク保管分は処理増-福島第1・東日本大
震災4年」時事通信2015/03/08-09:25
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015030800046

18.「燃料取り出し遅れも=3号機、線量依然高く―福島第1・東日本大震災4
年」時事通信?3月8日(日)9時0分配信  ※絵図有
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015030800042
長い記事「・・・・昨年12月に燃料取り出しが完了した4号機は、作業員が現場
で目視しながら機器を操作した。線量が高い3号機では同じようにできず、取り
出しにはより高い技術が求められる。」

19.「東電廃炉責任者・福島第1 汚染水処理「来夏の前に」=労災防止へ訓
練施設・・・」時事通信?3月8日(日)9時19分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015030800044
「東京電力福島第1廃炉推進カンパニーの増田尚宏代表(56)は、事故から4年を
迎えるのを前に時事通信のインタビューに応じた。タンクに保管している放射能
汚染水について「来年の夏前までには、ほとんどリスクがなくなったと報告した
い」と述べ、放射性物質を大幅に減らす装置「ALPS」(アルプス)を使った処理
が来年5月ごろには完了するとの見通しを示した。・・・・
―労災事故が相次いだ。作業現場の状況と対策は。・・・・」

20.「見つかるか、溶融燃料=宇宙線で原子炉「透視」-「結果出せる」研究
者・大震災4年」時事通信2015/03/08-09:17 ※絵図有
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015030800043
・・・・関心のある方は検索してどうぞ。

21.「(いま伝えたい 「千人の声」2015:2)まさか原発で働くなんて
 東日本大震災」朝日新聞デジタル?3月8日(日)11時30分配信 (有料記事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150308-00000011-asahik-soci
「「まさか原発で作業をすることになるとは」。震災前、福島県楢葉町で屋外の
電線工事をしていた松本一弘さん(45)は今、東京電力福島第一原発で働く。
全面マスクに防護服で全身を覆い、エアコンの電源設置や、汚染水タンクの周り
に照明をつける作業を担う。
震災前、勤務先の本社は原発のある大熊町にあったが、職場も自宅も楢葉町だっ
た。高所作業車に乗って電柱の配電線を回り、落雷で停電になった家を復旧させ
ると、「ありがとう」と言われた。やりがいを感じていた。だが、原発事故で、
会社は休業状態に。・・・・」

22.●●「検証・大震災:東日本大震災4年 被ばくと作業員(その1)」毎日
新聞 2015年03月09日 東京朝刊 ※絵図有
http://mainichi.jp/shimen/news/20150309ddm010040017000c.html
長~い記事「福島第1原発事故により、放射性物質の危険にさらされながら働く
「被ばく労働者」がかつてないほど多く生まれている。事故収束のため緊急作業
に当たった約2万人に対し、生涯にわたる健康影響調査が今春始まる。一方、除
染に取り組む作業員についても、被ばく管理に関するルール作りが進んだ。だ
が、事故から4年たった現場を歩くと、管理がなおざりにされたり、枠組みから
漏れたりしている人たちがいた。・・・・
◇労災申請まだ9件????? 健康への影響、これから・・・・・・」
・・・以下、詳細は是非検索してどうぞ。

22’.●●「検証・大震災:東日本大震災4年 被ばくと作業員 関西労働者安全
センター・西野方庸事務局長」毎日新聞 2015年03月09日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150309ddm010040035000c.html
「・・・・・・仮に東京電力福島第1原発の廃炉作業で下請け企業の作業員が過
度の被ばくをしても、刑事責任が東電に及ぶ可能性はほとんどない。制度上、発
注者の東電が最高責任を負う仕組みにする必要がある。・・・・・・これまで廃
炉作業の協力会社員は3万6000人を超えている。安衛法に第1原発に関する
特別規定を盛り込むなどして、炉規法と安衛法で異なる規制対象を東電に一元化
することが重要だ。電力会社の責任を明確にすることが、今後の放射線被ばく対
策の強化につながっていくのではないだろうか。」
・・・こちらも検索してどうぞ。

被災地フクシマ、
23.「最終処分、描けぬ展望=中間貯蔵13日搬入開始-汚染土減量が課題・
大震災4年」時事通信2015/03/08-09:29
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015030800048
・・・長い記事です。

24.「地権者との交渉難航=「最終処分場にされる」-福島中間貯蔵・大震災
4年」時事通信2015/03/08-09:31
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015030800049
長い記事「・・・・・施設の予定地は、原発周辺の約16平方キロに及び、地権
者数は判明しているだけでも2300人を超える。環境省は昨秋以降、大半と接
触したが、契約成立にこぎ着けたのはごく一部にすぎない。・・・・・」

25.「震災から4年を前に…追悼の日曜日、沿岸捜索も」読売新聞?3月8日
(日)21時56分配信
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150308-OYT1T50092.html
東日本大震災から4年を迎えるのを前に、各被災地で8日、追悼行事が行われ
た。・・・・
福島県では、いわき市と双葉、楢葉両町が追悼式を開催。このうち、東京電力福
島第一原発事故で全町避難中の双葉町は、いわき市で追悼式を行い、約110人
が参列。伊沢史朗町長は「震災前の平穏な暮らしに戻すことが、亡くなった方々
に報いることだ」と述べた。震災では依然、行方不明のままの人もいる。同県相
馬市の沿岸では、相馬署員や消防団員らが犠牲者に黙とうをささげ、その後、捜
索を行った。」

26.「福島)尊い命、忘れない 県内各地で追悼式」朝日デジタル2015年3月9
日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH386HHHH38UGTB00V.html

27.(双葉町)「亡き人へ復興誓い、避難訓練も 被災各地で追悼式」朝日デ
ジタル2015年3月8日21時08分
http://www.asahi.com/articles/ASH385FDBH38UTIL00J.html

28.「福島で復興支援音楽祭 震災から4年 思い新たに」テレビ朝日系
(ANN)?3月8日(日)20時54分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150308-00000025-ann-soci
「東日本大震災からまもなく4年です。歌を通して被災地の復興を応援しようと
いうイベントが福島県郡山市で開かれました。・・・・」

29.「「震災忘れない」重なる手 700人、いわきの海へ祈り」福島民友新
聞?3月8日(日)13時13分配信 http://www.minyu-net.com/news/news/0308/news1.html
「東日本大震災から丸4年を迎えるのを前に、犠牲者の鎮魂と被災地復興を祈る
「福島を忘れない!祈りの集い」は7日早朝、いわき市の四倉海岸で開かれ、全
国から集まった約700人が手をつないで祈りをささげた。「下村満子の生き方
塾」と盛和塾福島の主催。・・・・・」

30.「2000本のろうそくで鎮魂 「希望のあかり」スタート 若松トッ
プ」福島民報?3月8日(日)12時11分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015030821399
「ろうそくに火をともして東日本大震災の犠牲者を追悼する「希望のあかり」は
7日、福島県会津若松市の県立博物館をトップに始まった。来場者が約2000
本のろうそくを並べ、震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を願った。県
の主催。11日まで福島市や郡山市など県内7会場で開かれる。・・・・」

31.「福島・楢葉町で震災後初の追悼式」日本テレビ系(NNN)?3月8日(日)19
時27分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150308-00000023-nnn-soci
全文「福島第一原発の事故で今も住民が避難している福島県楢葉町の海沿いの地
区で8日、震災の犠牲者を追悼する式典が初めて行われた。追悼式は楢葉町波倉
地区の集会所で行われ、避難先から遺族など約60人が参列した。波倉地区では
津波で8人が死亡し、この4年間で避難先で亡くなった「関連死」13人を含め
ると21人が亡くなっている。この日まで放射線量への不安などから現地での犠
牲者追悼ができずにいた。波倉地区では、除染廃棄物を焼却する施設などが計画
されていて今後、地域の様子が変わる恐れもある。」

32.(楢葉町)「開院目標は16年2月 楢葉の「ふたば復興診療所」」福島民
友新聞?3月8日(日)13時21分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0308/news9.html
「福島第1原発事故に伴ってほぼ全域が避難指示解除準備区域となっている楢葉
町に整備される県立診療所「県立大野病院付属ふたば復興診療所」について、県
が来年2月の開院を目指していることが7日、分かった。町や県などによると、県
立診療所は同町北田地区の国道6号沿いに整備。外来診療のみの対応で、内科医1
人が常駐するほか、週3回は非常勤の整形外科医が診療を行う計画だ。・・・双
葉郡内は復興の本格化により、除染や原発事故の収束作業に従事する作業員の労
災事故や交通事故なども多発しており、郡内の医療拠点の確保にもつながる見通
し。」

33.「被災地、止まらぬ人口流出 39自治体で9万2千人」朝日新聞デジタ
ル?3月9日(月)0時59分配信 ※絵図有
http://www.asahi.com/articles/ASH370BYLH36UTIL05C.html?iref=comtop_6_01
「・・・・・岩手、宮城、福島3県の沿岸部と東京電力福島第一原発事故の避難
指示区域が設けられた計42市町村の住民票に基づく人口を調べた。震災前の
2011年3月1日(または2月末)と今年2月1日(同1月末)を比べると、
39市町村で計約9万2千人(6・7%)が減っていた。減少数は震災による死
者も含む。・・・・
原発周辺にある福島県双葉町や浪江町、富岡町、南相馬市も減少率が10%台
だった。いずれも放射線量が高く、長期間帰還できない区域を抱える。」

34.●●「被災者アンケート 半数近く「生きているのつらい」」NHK3月8日 6時32分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150308/k10010007661000.html
「東日本大震災の発生から4年になるを前に、NHKが大学と共同で岩手、宮
城、福島の被災者1万人余りにアンケート調査を行ったところ、半数の人が「気
持ちが前向きになりつつある」と答えた一方、「生きていることがつらいと感じ
ることがある」と答えた人も半数近い43%に上ることが分かりました。・・・
NHKは早稲田大学と共同で、ことし1月から先月にかけて岩手、宮城、福島の
仮設住宅などで暮らしているおよそ5万5000人を対象にアンケート調査を行
い1万人余りから回答を得ました。・・・
質問項目は住まいや仕事の状況など100近くあり、このうち、この1年間の心
の変化を尋ねたところ、「気持ちが前向きになりつつある」と答えた人が50%
に上った一方で、「無気力になった」と答えた人が16.1%、「悲観的になっ
た」と答えた人が12.7%を占めました。
さらに、「生きていることがつらいと感じることがあるか」という質問には、
「よくある」と答えた人が11.3%、「少しある」と答えた人が32.2%
で、合わせると半数近い43.5%の人が「生きていることがつらい」と感じて
いることが分かりました。・・・・」

35.●●「“仮設”空き室増加で孤立懸念」NHK福島03月08日19時26分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055853281.html?t=1425844142510
「・・・・・福島県では震災と原発事故でおよそ11万9000人が避難生活を
続けています。県内には204か所の仮設住宅があり、先月末の時点で、およそ
2万3800人が暮らしています。NHKが県などに取材したところ県内の仮設
住宅のあわせて1万6607戸のうち空室になっているのは4521戸率にして
27%にのぼり、2年前の13%から2倍以上に増えていることがわかりまし
た。このうち4か所の仮設住宅では空室の割合が90%を超え、半数以上が空室
になっている仮設住宅は39か所にのぼっています。・・・・仮設住宅を管理す
る市町村の一部では、空室が増えた住宅の集約化を進めるなどしていますが、空
室が増えたことで住民どうしのつながりが薄れ、高齢者などの孤立につながる
ことが懸念されています。・・・・県社会福祉協議会の関靖男地域福祉課長は
「今後も仮設住宅からの引っ越しは増加することが予想され、これまでの隣どう
しでの支え合いができなくなる心配がある。相談員や地域などみんなで見守る仕
組みが必
要だ」と話しています。 」

36.◎●「美里の子太らせない 対策へ町が教室 震災、原発事故で運動不足」
福島民報?3月8日(日)12時10分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015030821419
「東日本大震災、東京電力福島第一原発事故に伴い、福島県内の子どもが運動不
足になっていると指摘される中、福島県の会津美里町は製薬会社、NPO法人と
連携し、5~8歳児の肥満対策に乗り出す。約40人を対象に定期的に運動教室
を開催し、太るのを防ぐ効果的なトレーニングを指導する。保護者向けの食育講
座を開き、食生活改善を目指す。事業の成果を公表し、町内全ての子どもたちが
運動習慣を身に付けるよう促す。・・・事業は、食生活が身に付く途上にある5
歳から8歳(小学3年生)と保護者が対象となる。・・・・」

37.●●「介護施設:福島東部で入所制限 高齢者増と職員不足深刻」毎日新聞
2015年03月08日09時58分
http://mainichi.jp/select/news/20150308k0000e040091000c.html
長~い記事「東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で被災した福島県東部
15市町村にある特別養護老人ホームと介護老人保健施設計54施設(未再開の
9施設を除く)のうち、約4分の1にあたる13施設が入所者の受け入れを定員
未満に制限していることが県や市町村への取材で分かった。・・・
津波や原発事故による避難者のうち若い世代の帰還が進まず、高齢化率が上がっ
て入所希望者が増えたのに対し、介護職員の数が足りないのが原因。県は国と昨
年4月から、県外からの介護職の就労を促す事業を始めたが、事業の利用者は伸
び悩み、制限解除のめどは立たない。
受け入れ制限施設数が最も多いのが南相馬市だ。特別養護老人ホーム(特養)5
施設のうち、宿泊が原則認められない避難指示解除準備区域の1施設を除く4施
設が再開した。だが計300人の定員に対し、受け入れを254人(今年2月現
在)に
絞る。・・・・・
避難者向けの仮設住宅や復興住宅を受け入れるいわき市は特殊な事情を抱える。
昨年12月現在で2万4150人の避難者が暮らし、うち高齢者は6110人。
避難元のうち3町は同市内で仮設による施設再開を目指すが、再開にこぎつけた
のは楢葉町の老健1施設だけ。・・・双葉町は再開時期のめどが立っていな
い。・・・」

38.●●「<入所制限>400人待ち…避難家族悲痛「ベッドあるのに」」毎日
新聞?3月8日(日)9時5分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150308k0000e040092000c.html
長い記事「東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で被災した福島県の市町村
で、職員不足により約4分の1の高齢者介護施設が入所者の受け入れを制限して
いることが明らかになった。ベッドが空いているのに入所できない現状に、被災
者からは「避難生活で疲れ果てているうえに、施設があっても人手不足で介護
サービスを受けられないなんてひどい」と切実な声が上がる。・・・・(以下、
個々の実情を伝える)」

39.「<大震災4年>福島の恵みを再び」河北新報?3月8日(日)15時0分配信
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150308_63027.html
「福島第1原発事故の発生から間もなく4年。除染作業が徐々に進む一方で、福島
県内に積み上げられた除染土は、住民の帰還の妨げとなっている。避難生活を余
儀なくされている県民は約12万人に上り、苦悩は深い。・・・・・
原発周辺の街を回ると、古里と日常を奪われたことに怒り、嘆きながらも事故前
の美しい田園風景や豊かな漁場を復活させようと闘い続ける人たちの姿があっ
た。「福島を取り戻したい」。出会った人々の思いを伝える。(写真部福島取材
班)・・・
「放射能をやっとクリアしたよ」。南相馬市原町区太田地区の農業奥村健郎さん
(58)が収穫したコメを見せてくれた。原発事故直後から稲作を続け、放射性セ
シウム対策を練ってきた。昨年の作付けでようやく基準値を下回った。「風評被
害もあるが、多くの人に食べてもらえるコメを作るよ」=2月16日」

40.「福島が東京五輪での野球招致に意欲、選手には地元食材を」AFP=時
事?3月8日(日)16時52分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150308-00000036-jij_afp-spo
長い記事「【AFP=時事】2011年の東日本大震災により、史上最悪の原発事故を
経験した福島は、2020年に開催される東京五輪で、野球・ソフトボールを招致し
たいと考えており、それが実現した暁には、アスリートに地元の食材を振る舞い
たいという。・・・
東京から北に約240キロ離れた福島は、五輪の事前キャンプ開催にも意欲的で、
海外の選手が合宿に来た際は、地元の食材を振る舞いたいという。しかし、福島
市は東京電力(TEPCO)福島第一原発から約60キロという距離にあることから、
その放射線量には不安の声がある。「福島の食品は安全です」と強調した桑島さ
んは、「もちろん、海外から来た選手や観光客の皆さんには、それを食べていた
だきたい」としている。・・・・・」

41.「<被災地のいま>(7)風評/拭えぬ抵抗感、地元でも」河北新報?3月8
日(日)9時20分配信
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150308_63013.html
長い記事「東京電力福島第1原発事故から4年。福島県内の農家らは「足元」から
の風評にも苦しんでいる。・・・・
南相馬市原町区の増山一郎さん(68)は、リーフレタスをハウス栽培する。原発
から約26キロ。事故直後は業者に敬遠され、大量廃棄に追い込まれた。今は事故
前の8割まで生産量を戻したが、地元の学校給食での使用自粛が続いている。
「放射性物質は検出されていない。どうしたら食べてもらえるのか」。もどかし
さが募る。
南相馬市の学校給食はかつて、市内産を含む県内産の食材使用率が50%を超え
た。現在、市内産の採用は皆無。コメは新潟、この時期のレタスは香川など、ほ
ぼ県外から調達している。背景には保護者の不安がある。・・・・市教委の昨年
のアン
ケートで「市内産を避けてほしい」との回答が38%に上り、容認派の47%に迫っ
た。「不安で家でも使わない。給食でも使わないでほしい」「地元農家のため活
用を」との声が混在する。市内の給食では食材の放射性物質検査を徹底してい
る。・・・・・同じ浜通りでも対応は一様ではない。南相馬市の北にある相馬市
と新地町は、4月から学校給食に地場産米を使う。・・・・・
地元でさえ拭い切れない風評。県外となればなおさらだ。・・・。「原発の汚染
水漏れなどが報道されるたびに、悪いイメージが喚起される」と憂う。・・・・」
・・・・東電や政府が本当のことを隠し続けると、一層広がります。

42.「「福島は安全」と中国学生 上海で復興応援イベント」共同通信
(03/08 19:50)
全文「【上海共同】東日本大震災から4年となるのを前に中国上海市のホテルで
8日、被災地の復興を応援するイベントが行われ、昨年、福島県を訪問した中国
人大学生が「福島は安全なので遊びに行ってほしい」などと呼び掛けた。福島県
上海事務所などが主催し、中国人関係者を含め約80人が参加。カーネーション
で作られたモニュメントの前に花を供え、黙とうをささげた。昨年10月
末~11月初めに福島県を訪れた上海理工大3年の何雲舒さん(21)は「家族
から『危ないから行くのは考えてほしい』と言われたが、自分の目で見たかった
ので決断した」と話した。」
・・・福島県の出先機関が上海に・・・、学生に「安全」と言わせる・・・。?

43.「(福島県)7日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線量
測定値」福島民報3月9日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
この紙面に、「事故の検証と総括なしに再稼働の議論ない 東電対新潟県知事
深い溝 柏崎刈羽原発を抱える・・・」

44.(宮城県)「<被災地のいま>(7)風評/最終処分に揺れる内陸/農家
「安心証明できぬ」河北新報2015年03月08日日曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150308_13016.html
長い記事「福島第1原発事故による風評被害は福島の隣県にも及んでいる。その
一つとなる宮城県は今、新たな問題に揺れる。原発事故で発生した指定廃棄物の
最終処分場建設だ。1キログラム当たり8000ベクレル以上の放射性物質が含
まれる稲わらなどが集約されることに、農家の不安と懸念が深まる。宮城県内陸
部の加美町。・・・・・・・・・」

45.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞3月8日17:30
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150308/1892744
「▼空間放射線量率(8日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・」

46.(栃木県)「震災から4年:自主避難者のいま/1 帰りたくても帰れない
 妻が乳がん、大きな病院なく /栃木」毎日新聞 2015年03月08日 地方版
http://mainichi.jp/area/tochigi/news/20150308ddlk09040100000c.html
・・・長い記事、避難者の実情です。

47.(群馬県)「震災前の豊かさ見て 前橋で「飯舘村の暮らし」写真展」上
毛新聞2015年3月8日(日) AM 11:00
http://www.jomo-news.co.jp/ns/1014257787177430/news.html
「東日本大震災から間もなく4年となるのを前に、被災した福島県飯舘村の震災
前の様子を紹介する写真展「飯舘村の暮らし」が12日まで、前橋市日吉町のギャ
ラリー門倉で開かれている。「震災前、故郷には豊かな暮らしの営みがあった」
をテーマに、震災と東京電力福島第1原発事故で奪われたものの大きさを55点の
写真が伝えている。」

48.「【茨城】<ひと物語>避難者と農作業に汗 NPO法人「おたがいさ
ま」代表 只野 光芳さん(69)」東京新聞2015年3月8日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20150308/CK2015030802000161.html
「東京電力福島第一原発事故によって福島県から県内に避難した人と「ふくし
ま・ふれあい農園」を設け、野菜作りに汗を流している。代表を務めるNPO法
人「おたがいさま」の活動の一環。実家は南相馬市の立ち入り制限区域内にあ
り、「避難者のことを人ごとと思えない」と熱がこもる。
 きっかけは二〇一二年に水戸市内で開かれた浪江町民の集い。それまでも被災
地に野菜や衣類を送っていたが、集いに参加して農家の避難者と知り合い、「土
いじりで、少しでも気を紛らわせてもらえれば」と思った。まずは地元の人々と
の農作業に誘い、一三年三月から被災者専用の農園へと発展させ
た。・・・・・・・・・「頻繁に南相馬へ行けない分、ここから応援しよう。助
け合いをもっと広めていきたい」。原発事故から四年がたとうとしても、気持ち
は変わっていない。」

49.「【茨城】復興願い紙袋キャンドル 取手でゆめあかり」東京新聞2015年
3月8日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20150308/CK2015030802000160.html
「日本大震災の被災者の鎮魂と被災地の復興を願うイベント「ゆめあかり3・
11」が七日、取手市役所藤代庁舎の水と緑と祭りの広場であった。今年で四回
目。・・・午後四時、福島第一原発事故で市内に避難している人たちの会「取
手・南相馬・双葉浜通りの集い」の三浦邦夫代表(72)や藤井信吾市長らが
キャンドルに灯をともしたのに続いて、小中学生らのボランティア「ゆめあかり
びと」が階段状の広場に並べられた紙袋キャンドルに一斉に点火し
た。・・・・・この日は三浦代表をはじめ「集い」の人たち十五人が参
加。・・・・・」

50.「【埼玉】子育て世代 遠い帰還 浪江町 原田 幸さん」東京新聞2015
年3月8日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20150308/CK2015030802000152.html
「古里の福島県浪江町を離れ、もうすぐ四年になる。避難先の越谷市で二年前か
ら同市の「避難者支援補助員」を務める原田幸(みゆき)さん(48)は、自ら
の境遇とも重ね合わせながら避難者の声に耳を傾ける日々を送ってい
る。・・・・・仕事、住居、健康不安、離散した家族…。重い現実と向き合う避
難者の悩みは多く、長期間引きずっているものも多い。そんな中、原田さんは月
日を経たからこそ浮かび上がってきた課題にも気付く。・・・・・
県内では福島県民を中心に今も五千人以上が避難生活を送る。同じ避難者を支え
る避難者、地道な支援活動を続けてきた埼玉の人たちを取材した。」

51.(新潟県)避難世帯40% 心身に不調 東日本大震災 県調査新潟日報
2015/03/08 14:47
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20150308167546.html
「東京電力福島第1原発事故や東日本大震災で本県に避難し、4月以降も本県で
生活する1110世帯(約3千人)のうち、40%の440世帯で家族の中に心
身の不調を訴えている人がいることが6日、県の調査で分かった。震災から間も
なく4年となる中、長引く避難生活で体調を崩す避難者が多い実態が浮き彫りに
なった。調査は2014年12月19日~15年2月27日に実施。対象は県内
の借り上げ仮設住宅などで暮らす1493世帯で、回答率は74・3%だった。
県は11年度から今後どこで暮らしたいかなどを調査しており、今回は心身の状
況について初めて尋ねた。心身の不調を訴えている人が「いる」と答えた世帯の
うち、60%が医療機関を受診している。症状は「疲れやすい」が最も多く
244世帯、「イライラする」が237世帯、「憂うつで気分が沈みがち」が
231世帯と続いた(複数回答)。
今後どこで暮らしたいかは、「避難元に戻る」が36%で前回13年度の調査
(回答数1353世帯)より2ポイント減った。「新潟に定住する」は24%で
1ポイント増え、「未定」は前回と同じ36%だった。・・・・」

52.(新潟県)「東日本大震災4年:犠牲者の冥福祈る 三条で追悼式、市民
や避難者ら80人 /新潟」毎日新聞 2015年03月08日 地方版
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20150308ddlk15040162000c.html
「・・・三条市東本成寺の市総合福祉センターで7日、追悼式典が開かれた。市
民や避難者ら約80人が出席し、犠牲者の冥福を祈った。式典は同市の避難者を
支援するボランティア団体「さんじょう∞ふくしま 結の会」が主催して
2012年から毎年行われている。・・・・」

53.(福岡県)「郷里の風景写真展:福島県出身・斎藤利幸さん 13日ま
で、旧百三十銀行ギャラリー /福岡」毎日新聞 2015年03月08日 地方版
http://mainichi.jp/feature/news/20150308ddlk40040179000c.html
「福島県出身の弁護士、斎藤利幸さん(62)が裏磐梯をはじめ会津地方の四季
折々の風景を撮影した「斎藤利幸写真展」が7日、八幡東区西本町の旧百三十銀
行ギャラリーで始まった。13日まで、8、10両日は午後2時から斎藤さんに
よるギャラリートークも開かれる。・・・
斎藤さんは福島第1原発事故で2011年3月に遠賀町に避難し、移住から間も
なく4年を迎える。「福島は表面では落ち着いたように見えても、健康面の被害
は今後更に深刻化するのでは」と話し、「福島の美しい風景を見て、原発事故に
よる影響についても考えてもらいたい」と来場を呼びかけている」

電力、
54.「無線送電実験にJAXAが成功 宇宙太陽光発電に一歩」朝日新聞デジ
タル?3月8日(日)18時23分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150308-00000025-asahi-sci
「宇宙航空研究開発機構(JAXA)などは8日、電気を無線で飛ばす実験に成
功した。宇宙空間に浮かべた太陽電池パネルから地上に送電する、「宇宙太陽光
発電」の実現に不可欠な技術で、今後の研究開発につなげる。・・・・・・日本
では1980年代から本格的な研究が始まった。昼夜や天候に影響されずに発電
できることが特徴。実現するには、コストの大幅な削減など多くの課題がある
が、JAXAなどは、直径2~3キロメートルの巨大な太陽電池パネルを使え
ば、原発1基分(100万キロワット)相当の発電ができると試算してい
る。・・・・」

参考記事、
55.◎◎◎(神奈川県)「原発ある未来選ぶ? 「ノー・ニュークス権」、メー
カー訴訟で確立目指す」カナロコ by 神奈川新聞?3月8日(日)13時29分配信
http://www.kanaloco.jp/article/85160/cms_id/129970
長~い記事「新しい人権として、原子力の恐怖から免れて生きる権利「ノー・
ニュークス権」の確立を司法の場で目指す動きがある。安全性が不安視される原
子力発電所の存在が、憲法の保障する社会的生存権、幸福追求権を侵害している
として発想された権利だ。東京電力福島第1原発事故から迎える4度目のこの
春。県内にも反響が広がっている。
ノー・ニュークス権が訴状に明記され、法廷で初となる議論が想定されているの
が、2014年1月に提訴された「原発メーカー訴訟」。国内外の4千人超の市
民らが、福島の原発事故で受けた精神的慰謝料として1人100円を求め、原発
メーカー3社を東京地裁に訴えた。5月にも第1回口頭弁論が開かれる見込み
だ。・・・・・・・ノー・ニュークス権の提唱者で原告側弁護団長の島昭宏弁護
士(52)は「原賠法によってメーカーが社会的な批判や賠償を免れていること
こそが、安全性を最優先することを妨げてきたのではないか。福島の事故後も技
術輸出を図ろうとするなど、原子力産業の無秩序な肥大化も容認してきた」と厳
しく指摘する。・・・・・」

56.「【社説】週のはじめに考える 原因不明で動かせるか」東京新聞2015年
3月8日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015030802000135.html
「福島の原発事故から四年がたとうとしているが、事故原因は不明のままです。
それで再稼働を急ごうとするところにそもそも無理があるのではないか。たとえ
ば自動車が設計などの問題で事故を起こしたら、原因を突き止め、同種の車も直
したうえで走らせるではありませんか。子どもでも分かることです。
◆国民に是非も聞かず
原因究明が不十分なままでは再稼働にかかわる議論に入れない、と言い続けてい
るのは、新潟県の泉田裕彦知事です。県には東電・柏崎刈羽原発があります。七
基が集中立地し、地盤がよくないため、四十メートルも掘り下げて建設されてい
る。・・・・
一九七八年、米スリーマイル島原発事故の前年、オーストリアでは国民投票で過
半数が反対し、スウェーデン、イタリアが続き、ドイツはメルケル政権より前の
二〇〇〇年に政府と電力業界の合意で最初の脱原発方針を決めている。
原因不明のまま、国民に是非も聞かないというところに、この国の政治家、役人
たちの根源的な隠蔽(いんぺい)体質があると言っても過言ではないでしょう。
国民に聞けないのは、世論調査結果がすでに非を述べているからでしょうか。も
しそうならば、これほど国民をばかにした話はありません。」

57.(社説)「[再生エネ] 抑制より拡大の議論を」南日本新聞3/8付
http://373news.com/_column/syasetu.php?ym=201503&storyid=64331
長い記事「・・・・ただ、九電の試算は川内原発の2基を含め6基の原発全ての
再稼働を前提にしている。現実には再稼働の時期は確定していないし、廃炉を検
討している原発もある。もっと多くの太陽光受け入れが可能ではないのか疑問が
残る。・・・・・」
・・・川内原発の地元紙の記事です。

58.「社説:苦悩続く福島 事情の違い超え支援を」毎日新聞 2015年03月09
日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150309ddm005070002000c.html
・・・・復興庁が実施した意向調査では、福島第1原発周辺の浪江、双葉、大
熊、富岡の各町で帰還の意向を持っている人は1?2割にとどまった。帰還をあ
きらめて他の地域への移住を決めた人がいる一方で、その決断をしかねている人
もいる。
将来的に戻らない意向の人たちの生活再建を急ピッチで進めることが肝要だ。住
宅や雇用など生活の柱の政策を一層手厚くすべきだ。戻る希望を抱き続ける人も
いる。まず地域のつながりを保つ町外の復興拠点作りに全力をあげたい。その先
故郷に戻った時、日常生活が成り立つ町づくりをどう展望するのか。行政の責任
は重い。福島の人たちのために何ができるのか。原発事故の影響が続く限り国全
体で考えていかねばならない。」

59.(いわき市)「(プロメテウスの罠)オイルマン:2 手動で閉めたバル
ブ」2015年3月8日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11638843.html
◇No.1206 2011年3月11日。インドネシアから原油を運んできた
10万トンタンカー、ダイヤモンドチャンプは、震災の日の朝、福島県いわき市
の小名浜港に入った。・・・地震が来たのは、陸上のタンクに向けて原油を送り
出し始めて2時間弱がたったところだった。・・・直後に送り出しは止まった。
自動的に送油口が閉じた。あとは桟橋側のバルブを閉めればパイプを船から切り
離せる。・・・・桟橋は停電したらしい。手動で閉めるしかなかった。操作ス
イッチの横にあるレバーを手動に切り替え、緑色のハンドルを手で回し
た。・・・・ハンドルを挟んで皆川の反対側に立ち、ふたりで回す。・・・人力
で急場を何とかしのいだ。だが皆川が息つく間もなく、田山が船から大声で呼び
かけてきた。「沖防、かぶってるから、早く上がって」桟橋から、さらに1キロ
ほど沖にある沖防波堤が、海面に隠れて見えなくなっていた。津波が来たのだっ
た。」

海外、原発は最後はお荷物になる、
60.(韓国)「[原発解体] 韓国は技術・人材とも不毛の地…本格化させるには
人材輸入が不可避」ハンギョレ新聞?3月8日(日)7時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150308-00019865-hankyoreh-kr
長~い記事「・・・・・・・・・原子力専門家団体である「原子力安全と未来」
のイ・ジョンユン代表は、「韓国の原子炉解体の経験は、実際の原発の数十分の
1規模である研究用原子炉の解体程度が全てなので、原発の解体が現実化した
ら、ドイツなど外国から技術人材を大挙導入する以外に方法がない」と指摘した。」

61.「米核施設、地下タンク14基損傷 放射性廃液漏出」西日本2015年03月
08日 15時43分
全文「【ニューヨーク共同】米西部ワシントン州のハンフォード核施設で、高レ
ベル放射性廃液を保管する地下タンク177基のうち少なくとも14基に壁の損
傷があり、地下水が入り込むなど廃液が漏れ出す危険性が高いことが米政府監査
院(GAO)の報告書などで8日分かった。うち1基からは年平均約2400
リットルの廃液漏出が確認されている。同施設は1945年に長崎に投下された
原爆のプルトニウムを製造するなど冷戦期に米の核戦力を支えたが、その後、放
射性物質のずさんな管理が発覚、「米国で最も汚染された核施設」とされる。」
・・・・原発は止まっても、問題をひきづり続けます!??

◆今朝届いた西日本新聞朝刊では、
1面トップに、昨日からの特集記事の続き、
62.「福島から 帰還ためらう高齢者 賠償打ち切り 仮設も不安」
そのすぐ下に、
63.「仮設孤独死 最悪の44人 14年の被災3県」

2面に、
64.(社説)「被災地の今 きめ細かな支援拡充を」

5面下方に小さく、1.の記事、

25面下方に、
65.「基地 原発にノー 国際女性の日 集会 福岡市」

28面29面見開きの特大記事、
66.「原発事故の影響Ⅰ 廃炉手探り 道なき道」
66’.「国はトラブル知ってて発表しない」
・・・29面に福島第1原発の大きな鳥瞰図があります、

31面に、1面の続き、
62’.「工場に村人戻らず 復興事業以外ジリ貧」

◆いま届いたしんぶん赤旗では、
1面トップに、
1.の集会の記事、写真も大きく掲載されています、2面、15面にも大きな関連
記事があります、
1面の下方には、「国際女性デー中央大会開く」

14面は「震災 原発特集」です。

今朝は以上です。(3.9.5:57)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。ご意見
などは⇒ ysykf@yahoo.co.jp へ
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

-----集会等のお知らせ------

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

● さよなら原発!3・11福岡集会●
 
3月11日水曜日当日
第一部 集会 警固公園午後2時から3時 デモ3時から九電本店まで
集会チラシ http://tinyurl.com/kka9263

第二部「日本と原発」の上映会
 福岡市立中央市民センター 午後6時開場 上映6時30分
参加費:500円
上映会チラシ  http://tinyurl.com/lk26ckl

事前予約申し込み連絡先 電話090-5721-6218(そがべ)
メール hendrix1965317@gmail.com (あさの)

● 九州全体総行動 準備会(「民意は再稼働NO!」を見える形に)●  3月14
日(土)午後2時から
ユースピア熊本(県青年会館)3階の和室
熊本県熊本市中央区水前寺3丁目17-15)
http://tinyurl.com/m89unus
JRの水前寺駅から歩いて5分ほど。
参加出来る方は y-aoyagi@r8.dion.ne.jp(青柳)まで。

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
    判決公判 2015年3月20日(金)15時、佐賀地裁。
     ホームページ http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第12回裁判判 4月24日(金)14:00から 佐賀地裁
         原告総数 原告総数 9018(2/27現在)
  ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
 午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設)
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

     ☆九電本店前ひろばカンパよろしくお願い致します☆
    【カンパ振込先 】
         ①
      口座記号番号 01770-5-71599
         加入者名  さよなら原発!福岡
     
           ②
  一七九(イチナナキュウ) 店(179) 当座 0071599

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中