NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1425日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。3月15日。

【転送・転載大歓迎】

「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1425日目報告☆
      呼びかけ人賛同者3月14日合計3795名
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
          ★私たちの声と行動で原発・再稼働 は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
最近の安倍首相の発言は、まるで戦争への傾注ですね。
背筋がぞーーとします。
ここで食い止めなければ、全くの暗黒の社会になってしまいそうです。
知事選に立候補する後藤とみかずさんは、右傾化する社会に対して、
子どもたちに笑顔の社会を渡そうと奮闘しています。
みんなでこの輪を広げたいものです。
あんくるトム工房
戦争へまっしぐら  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3401

★ 橋本左門 さんから:


 ☆天皇は忠実に憲法を護らるるに首相は背馳す99条に


      (左門 2015・3・15-961)


※日本国憲法第99条:「天皇または摂政および国務大臣、


国会議員、裁判官、その他の公務員は、この憲法を尊重し


擁護する義務を負う」とある。天皇・皇后は元より皇太子も


憲法に忠実な言葉を発しておられるのに安倍首相は正反


対だ。漢和辞典に「背馳(はいち)」とは「①そむく、②アベ


コベをする」とある。名前からして憲法の「天敵」なのだ!

★ 若泉政人(サヨナラ原発福井ネットワーク) さんから:
   


皆様


おつかれさまです。のです。


3月11日の大飯・高浜運転差止め仮処分申し立ての第2回審尋後の報告会・記者会


見の様子です。遅くなってすいません。


1時間43分くらいです。


よい判断が樋口裁判長から出されるのではと、期待が膨らみます。ご確認ください。

大飯・高浜運転差止め仮処分申し立て・報告及び記者会見(2015.3.11/福井地
裁~福井県教育センター)
https://youtu.be/Wwi3zOqunzQ

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<福井県第79 回原子力安全専門委員会は高浜原発の再稼働の適合性審査の是非
を殆ど審査していない>について報告します。

2015年3月7日の福井新聞は「高浜再稼働、審査書に一定の評価 福井県原
子力安全専門委」と報道しています。

******************

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の再稼働をめぐり、県原子力安
全専門委員会は6日、県庁で会合を開き、本格的に安全性の検証を始めた。新規
制基準に適合しているとする「審査書」の内容について委員10人が原子力規制
庁の担当者から説明を受けた。中川英之委員長は終了後、「(審査書の決定自体
は)問題ない」と一定の評価を示した上で、安全対策が実際に行われているかど
うかを今後、現地調査などで確認していくとした。
 この日は、規制庁の小山田巧・地域原子力規制総括調整官らが重大事故の発生
を想定した対策などを説明した。今後の審査や検査の進め方にも触れた。
 委員からは、耐震設計の目安となる地震の揺れ「基準地震動」を最大加速度
700ガルとした点に関し、将来発生する地震などの新たな知見をどうフィード
バックするかについて質問が出た。2012年の大飯3、4号機(同県おおい
町)の再稼働の判断に当たり、経済産業省の旧原子力安全・保安院がまとめた
30項目の安全対策と現在の新規制基準の関係性について詳細な説明を求める意
見もあった。

 現在、工事計画や保安規定といった残りの審査が行われている段階で、専門委
では今後、審査の進ちょく状況をみながら内容を検証していく。中川委員長は
「最終的に現場の状況をきちんと確認することが非常に重要」と強調した。規制
庁に対しては「将来的には使用前検査や事業者の検査時だけでなく、規制側の人
間が日常的に点検していくような体制が必要」と指摘。事故時の制圧体制に関し
ても規制側が責任を持って積極的に現場で対応するよう求めた。
******************

今回の高浜原発審査書案のパブリックコメントでも鋭く指摘されたように、高浜
原発の再稼働には山ほどの問題が有りながら、どうして福井県原子力安全専門委
会はそのような結論が出せるのか不思議に思って、福井県原子力安全専門委の
ホームページの掲示板を調べましたが、議事録が掲示されていませんでした。

http://www.atom.pref.fukui.jp/senmon/

今日再度ホームページを調べると、議事概要案が掲示されていました。

http://www.atom.pref.fukui.jp/senmon/dai79kai/giji.pdf

議事概要案を読んでみると、議論されている内容は専門会議にふさわしい内容か
らはかけ離れている事が分かりました。

議事概要案ですから、23ページの短い記録ですし、詳細が全部記載されている
のではないので、正式の議事録が無いと正確な評価ができないかもしれません
が、議事概要案の全文を読んでみると、如何に杜撰(ずさん)な論議がされてい
るかが良く分かります。

 海外の多くの「原発の安全対策基準」はリスクバランスを最重要視した5層の
深層防護が基本です。

日本の原子力規制委員会の策定した新規制基準は4層の深層防護でしかもリスク
バランスを無視しているので、穴だらけです。

 それでも、国民から「原子力規制委員会は原発推進側よりという」厳しい批判
を受けながら、1年半ほど適合性の審査をしてきました。そして、高浜原発の審
査書案を発表し、3600通のパブリックコメントが提出され、審査書案の大き
な欠点が指摘されました。

 しかし、その欠点の指摘は完全に無視して、審査書が発行されました。

福井県第79 回原子力安全専門委員会は、高浜原発の適合性審査で検討された大
きなリスク問題には目をつむり、小さなリスクにおける検討の中のいくつかの検
討不備を指摘して、改善を勧告するような、典型的なやらせ専門委員会のやり方
を行っているように思われます。

例えれば

******************

(田島委員)

・ 私は前から何度も、加圧水型原子炉については沸騰水型よりは過酷事故に
なったら、危険であるということを言ってきたが、炉心損傷が起きるというとこ
ろまで議論せざるを得なくなっているということでも明らかだと思う。

・ 例えば、一次冷却水は高温高圧の状態で、157 気圧で320 度程度の高い状態
であり、圧力容器に何かあると必ず事故が起きる。

・ 私が思うのは、今日、話を聞いて、審査書も見たがここの一番大事なところ
は、資料の21 ページの部分であり、過酷事故になると炉心溶融が起き、溶融燃
料が圧力容器から溶け出ると、キャビティに落下し、最後の砦は格納容器になる
が、キャビティに水を溜めて冷やし冷温停止状態に持っていくという筋書きである。

(規制庁:天野安全規制管理官補佐)

・ 資料の32 ページのシーケンスのフローの右上に「炉心損傷」と書いてある
が、早期に炉心が損傷し格納容器の破損防止を行う対策について十分な
対応ができるのかというご質問だと思う。

(田島委員)

・ 過酷事故の場合、汚染水がたくさん出るということは福島第一原子力発電所
事故でも分かっているが、審査書の中に最後は海にシルトフェンスを張る、二重
にシルトフェンスを張りゼオライトを排水溝に詰めるとある。

・ シルトフェンスというものを調べると、これは河川や海で用いるフェンスで
ある。放射性物質というものは原子レベルの話であり、オングストローム
(1.0×10-10m)のオーダーである。このため、シルトフェンスの穴は放射性物質
にとってはあってないようなものである。

******************

この原子力安全専門委員会では、高浜原発に過酷事故が発生し、原子炉圧力容器
内にメルトダウンが起きた時の、第4層の緩和策の中ではシルトフェンスの防護
性能が不十分な事を指摘しているようです。

 そして、水蒸気爆発や水素爆発の問題はリスク管理の中では重要では無いと考
えているようです。
こんなレベルの原子力安全専門委員会が有っても良いのでしょうか。

★  ギャー さんから:
 「原子爆弾が」
原子爆弾が鼻先にぶら下がっている
トンネルを抜けると
そこには原子爆弾がある
きれいな山の美しい夜明けに
原子爆弾が立ち上ってくる
街の喧騒に
原子爆弾が冷ややかな笑いを投げかけている
原子力発電所の配管パイプの一つひとつに
原子爆弾がつながっている
未来を消し去る明るい灯りは
原子爆弾を呼び寄せる
放射能は人の手でコントロールできなくても
原子爆弾は人間がなくせる
金を取る人間は人間を突き放す
原子爆弾を取らない人間は人間を取る
原子爆弾はいらない

★  紅林進 さんから:
 「原発はリスクが未知数なため、世銀は投資の対象にしない」
  (世銀キム総裁発言)
私は世界銀行(世銀)やIMFという国際金融機関については、
非常に批判的に見ていますが、その世銀ですら、国連防災
世界会議で来日した世銀のキム総裁が、昨日3月13日(金)、
外国特派員協会での会見で、「原発はリスクが未知数なため、
世銀は投資の対象にしない。炭素税導入で、火力発電による
CO2排出量を抑えると同時に、地熱、水力などのクリーン
エネルギーへの投資を拡大するべきだと考えている。」と
述べたそうです。

本日3月14日(土)発売(紙面の日付は3月16日(月)になって
いるが)の『日刊ゲンダイ』(第2面)の「世界銀行総裁の反原発
発言 安倍首相はどう聞く?」と題する記事によると、キム総裁
は9日にもワシントン市内で原発の危険性に関し、懸念を表明。
福島原発事故について「フクシマの技術は最先端ではなかった。
新しい技術で本当に安全な原発ができるのか。核廃棄物の貯
蔵や処理を安全にできるのか。その証拠を示せなければ国民
の納得を得るのは難しい」と語ったとのことです。

世銀は1959年にイタリアの原発施設の4000万ドル貸し付けて
以来、原発向けの融資は控えているとのことです。

問題の多い世銀ですが、原発問題に関しては、まっとうなことを
言います。それに引き換え、あくまで原発を推進し、世界にその
原発を輸出しようとしている安倍政権は、世界的にも問題視され
てゆくことでしょう。

「投資対象にしない」世界銀行が突きつけた原発への“絶縁状”
 日刊ゲンダイ 2015年3月14日(土)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158086

★ 田中一郎 さんから:
 <イベント情報:上関原発を建てさせない3.21県民大集会>
 これまで長い間,祝島の方々は「宝の海:瀬戸内海」を体を張って守り続けて
きて下さいました。
今度は私たちが,その「恩返し」をする番です。
みなさま,どうぞ3月21日には山口県の大集会(山口市 維新公園野外音楽
堂)に結集してください。
中国電力・上関原発の建設を,みんなの力で止めましょう(祝島の方々に恩返し
をする鶴の会)。

●上関原発を建てさせない山口県民大集会  福島を忘れない さようなら上関原発
 http://stop-kaminoseki-assembly.net/
 http://blog.touminnokai.main.jp/?eid=20

●集会ちらし
 http://stop-kaminoseki-assembly.net/wp/wp-content/uploads/hpb-media/img/file5.pdf
 http://stop-kaminoseki-assembly.net/wp/wp-content/uploads/hpb-media/img/file6.pdf

●3.21(土)上関原発を建てさせない山口県民大集会 @山口市[維新公園]野外
音楽堂 |脱原発の日のブログ
 http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11998330699.html

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
 メールサービス 2015年3月14日 第456号
————————-
 集会・アクション
————————-
■全国のデモ開催情報まとめ
◆原発関連
http://www47.atwiki.jp/demomatome/
◆改憲関連
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

■安倍政権 NO! ☆ 0322大行動  民主主義を取り戻せ!
2015年3月22日(日)
13:00~ 集会 日比谷野音(大音楽堂)
14:00~ 請願デモ/国会包囲(請願デモと国会包囲を同時に行います)
●予定は変更の場合があります。HPにて詳細をご確認ください。
  【主催】安倍政権 NO! ☆ 0322大行動 実行委員会
  (事務局:首都圏反原発連合/原発をなくす全国連絡会/PARC NPO法人アジア
太平洋資料センター)
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=5954

■フクシマを忘れない さようなら原発 大講演会
2015年3月28日(土)
新宿文化センター・大ホール(http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=309
資料代:800円
18:45 開場
19:00 開演
司 会:木内みどり(女優)
トーク:大江健三郎(作家)
  落合恵子(作家)
  鎌田 慧(ルポライター)
福島現地からの報告
佐藤和良(いわき市議・福島告訴団副団長)
福島の放射能汚染の現実から
今中哲二(京都大学原子炉実験所)
21:00 閉会
チラシ
http://tinyurl.com/mlho53q

———————————–
 メルケル独首相の来日講演
———————————–

■ドイツのメルケル首相の来日講演で浮かび上がる安倍政権の恥ずかしい姿~原
発(BLOGS 2015年3月11日)
http://blogos.com/article/107562/

■メルケル独首相の講演全文:1 戦後70年とドイツ
(朝日新聞デジタル 2015年3月10日)
http://www.asahi.com/articles/ASH397WCTH39UHBI032.html

■メルケル独首相の講演全文:2 ウクライナとアジア情勢
(朝日新聞デジタル 2015年3月10日)
http://www.asahi.com/articles/ASH39760VH39UHBI036.html

■メルケル独首相講演の質疑応答:1 隣国との関係
(朝日新聞デジタル 2015年3月10日)
http://www.asahi.com/articles/ASH395DKVH39ULPT00D.html
(朝日新聞デジタル 2015年3月10日)

■メルケル独首相講演の質疑応答:2 脱原発の決定
(朝日新聞デジタル 2015年3月10日)
http://www.asahi.com/articles/ASH395DKWH39ULPT00F.html

■メルケル独首相講演の質疑応答:3 言論の自由
(朝日新聞デジタル 2015年3月10日)
http://www.asahi.com/articles/ASH395DKWH39ULPT00G.html

■メルケル氏発言に反響 歴史認識巡り各国
(朝日新聞デジタル 2015年3月11日)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11643289.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11643289

———–
 原発
———–
■【福島報告】 除染残土の山と暮らす原発事故避難者
(田中龍作ジャーナル 2015年3月11日)
http://tanakaryusaku.jp/2015/03/00010805

■アングル:不信渦巻く福島の中間貯蔵施設、地権者は「恒久化」懸念
(ロイター 2015年 03月 11日)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0M70NU20150311?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0

■社説 中間貯蔵搬入容認/廃棄物、30年後はどこへ
(河北新報 2015年03月01日)
http://www.kahoku.co.jp/editorial/20150301_01.html

■京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏、在職中最後のゼミ講演で「原子力廃
絶」を力説──原発に警告を発し続けてきた半生を語る
(IWJ Independent Web Journal 2015年2月27日)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/235922

■「今、日本は戦後最大の危機を迎えている」大江健三郎氏、鎌田慧氏が会見
(BLOGS 2015年3月10日)
http://blogos.com/article/107525/

■原発を停止してもドイツはフランスへの電力純輸出国
(自然エネルギー財団)
(初出:『環境ビジネスオンライン』 2014年10月27日掲載)
http://jref.or.jp/column/column_20141120.php

図1:ドイツの電力輸出入量(対フランス)
http://jref.or.jp/images/pdf/20141120/column_20141120_01.pdf

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2434】2015年3月14日(土)
┏┓
┗■1.福島第一原発事故から4年後・・・【第1回】
 |  私にとって、この「4年後」という時期は、胸騒ぎを覚える

 |  放射能災害が人体にはっきり発現しはじめるのが、「4年後」頃である
 └────  広瀬 隆
  ○福島第一原発事故から4年の歳月が流れた。
 私にとって、この「4年後」という時期は、胸騒ぎを覚える。それは、1986年
にソ連で起こったチェルノブイリ原発事故から「4年後」の1990年に、来日した
ベラルーシ科学アカデミーのウラジーミル・コレシコ教授が、「年内に100万人
の住民が新たに避難を迫られることになる」という衝撃的な事態を伝えたからで
ある。ベラルーシの放射能汚染地域では、全域で疲労感と無力感を覚える人が増
えて、住民がパニック状態に陥っている。そして女性と子供を中心に白血病の増
加が顕著で、首都ミンスクでは15歳以下の子供だけで70人が白血病の治療を受け
ている、という事実を明らかにした。
 このように、時の経過と共に放射能災害が人体にはっきり発現しはじめるの
が、「4年後」頃である。3月20日に発売される今月号のDAYS JAPANで、広河隆
一氏が「ウクライナにおける被曝者のアンケート調査結果」を発表されるので、
そのデータを併せて、しっかり事態を見ていただきたい。
○どうか、福島県民に同じことが起こらないようにと祈るばかりだが、医学的に
考えれば、それは楽観的すぎるという結論になる。甲状腺癌の増加は表面に出て
きたが、それだけではない。個人的には、数々の出来事が、たとえばホールボ
ディーカウンターで測定した体内の放射性物質が増加しつつあることや、若者の
深刻な病状や、亡くなった人たちのことなどが、私にも伝えられてきているからだ。
 それを、山下俊一に牛耳られてきた福島県内の保健所が正しく疫学的に掌握
し、また掌握したあと県民に正しく伝えるだろうか、まず公表しないだろう、と
いう重大な疑問がある。
○次回には、この原因のひとつでもある現在の「汚染水の漏洩」と呼ばれている
現象について、考えを述べたい。 【第2回】につづく

┏┓
┗■2.3・11福島バスツアー参加報告-福島の怒りと悲しみの鬱積を実感
 |  テント日誌3月11日(水)
      経産省前テントひろば1238日 商業用原発停止542日
 └────   (K.M)
   ○「第4回3・11原発いらない!地球(いのち)のつどい」に参加するため
に早朝に駒込駅に集合、43名が2台のマイクロバスに分乗して北上した。
 いつもテントで顔を合わせる方々、1年ぶりにお会いした方々と楽しく懐かし
く雑談、快晴の中荒川のはるか遠くに雪化粧した富士山を眺めて一眠りして目覚
めると、いつの間にか那須高原の山に変わっている。が、何と雪の為に郡山南付
近で東北自動車道が不通。やむなく、白河から新幹線に飛び乗って一路福島へ。
何とか、李政美さんの美しい歌声を聞くことができた。
 今や7000人に及ぶイチエフ被爆労働者、放射能汚染ゴミ問題、再稼働問題の話
とともに、2014年度おんなたちのスライドショー。1年間の闘いを懐かしく思い
起こしながら拝見した。最後に遅れたバスで到着した海外の方々(トルコ、ロシ
ア、インド、メキシコ、インドネシア、ブラジル、…)が舞台に立って挨拶し
た。前日の日比谷図書館で聞いた話では、安倍政権と三菱・日立・東芝が各国に
原発を売り込んでいる、広島・長崎・福島を経験した日本で原発を再稼動を許す
ことが世界の「原子力マフィア」を喜ばすことになる。日本の脱原発運動の責任
が重い。
○集会後真っ白の防護服を着た女たちとともに福島市内デモ。学校を出てきた小
中学生にテントニュースを配ると喜んで受け取ってくれ、沿道の家の2階から手
を振って支持してくれた。
 また、原発いらない福島の女たちとスリー・ノンの女たちの連名で福島県知事
宛の要望書《3.11福島原発事故から4年目を迎えて、未だ事故の全容がつかめず
 終息の目途が立っていない「フクシマ」を置き去りにしての再稼働はありえな
いことを 国内外に伝え、県民が実感できる真の復興を求める要望書≫を県庁で
提出した。
 一般道路を経て福島にたどり着いたマイクロバスは、帰りに福島市内の仮設住
宅に立ち寄った。仮設住宅に道路ひとつを隔ててフレコンバッグの7層の山(仮
仮置き場)があった。戻りたいところに帰れず、行き場所も定まらず、一人暮ら
しの高齢者が取り残され、ひっそりと亡くなっている、と聞く。「棄民」政策だ。
○福島民報の分厚い3.11特集は全体に復興色が強い。が、投書欄には「核兵器も
原発も根絶すべき」、「住民苦渋の決断・政府は歩み寄れ」、「管理できぬ東
電・県が汚染監視を」と生の怒りの声が聞こえる。大きな声を上げられないが悲
しみと怒りが鬱積している福島を紙面からも実感した。
 大雪の為にいくつものハプニングがあったが、今年も福島のおんなたちとテン
トや新宿西口他の関東の人たちとが脱原発の決意をしっかりと新たに結ぶことが
でき、無事に帰京した。
「つどい」とバスツアーを企画した女たちに感謝。

☆テントでの「お話と座談」(トーク)予定
  3月15日(日)午後2時~川柳句会
  午後5時~早川由美子(映画監督)さんのお話と座談
  連絡:テント(070-6473-1947)へ

┏┓
┗■3.たんぽぽ舎の近況のひとつ
 |  安価な中古自転車を購入した
 |  まちの中の自転車屋さん-90才の夫婦
 └────   柳田 真(たんぽぽ舎)
  ・たんぽぽ舎は東京の真ん中=千代田区の三崎町にある。(駅はJR水道橋
駅)すぐ近くに神田の書店街もある。大学は日大法学部、経済学部と専修大学、
各種専門学校がある。若者が結構通っている町だ。
・先日、都庁以来25年乗っていた自転車がダメになったので、すぐ近くの自転車
屋へ行った。前々から安い中古の自転車があると知っていたので。
  私も歳ゆえ、そろそろ自転車は危ない、やめたら-の助言も聞こえるので、買
う中古自転車も「背の低い乗りやすいもの」を選んだ。結果は荷台も付いていて
6000円の安価だった。
・いつも自転車を修理してくれるおじさんは、たんぽぽ舎創設(26年前)以来の
顔見知り。はじめて年令をきいたら「夫は90才」と奥さんはいう。90才でなおか
つ自転車屋さんをやれているのは立派と思った。いや逆だ。このまちで自分の家
で自転車屋さんをずっと続けてきているゆえに、顧客があって、男性(90才)も
歳をとっても自転車修理業でゆく90才の男性とそれを助ける奥さんをみて爽やかだ。
・この中古自転車で、又、以前のように国会(衆議院、参議院)や日比谷公園
(デモ)-どちらも25分位-へ行こう。 経産省前テントへも行こう(25分)
(テントがなくならないことを祈る)

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝はいつもの官邸前を伝える記事から、川内(せんだい)原発、玄海原
発・・・とすすめて行きます。

1.「原発ゼロへ 抗議140回 官邸前行動」しんぶん赤旗2015年3月14日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-03-14/2015031415_03_1.html
「「原発やめろ」「すべての原発再稼働反対」。ドラムのリズムに合わせ、力強い
コールが響きます。首都圏反原発連合(反原連)は13日、140回目の首相官
邸前抗議行動を行いました。福島第1原発事故から4年たっても放射能汚染が深
刻化するなか、原発再稼働に突き進む安倍晋三政権に、1300人(主催者発
表)の参加者が抗議の声をあげました。・・・・
愛知県美浜町の女性(44)は初参加。「あんなひどい事故が起きたのに再稼働
なんて信じられない」と憤ります。「何もできないことにうずうずしていて、こ
こにずっと来たかった。国民の声の力を感じながら、愛知で原発に反対と言って
いた友人の分もコールしたい」
神奈川県逗子市から参加した57歳と54歳の夫妻は「再稼働にはとにかく反
対。政府は日本を滅ぼす気か」と怒ります。初めて参加した幸恵さんは「政府が
国民の声を無視し続けることに危機感を持っています。一人でも多くの人が意思
表示をしなければと思って来ました」と話しました。
1年半ぶりに参加した埼玉県狭山市の男性会社員(50)は「きょうここで原発
反対の思いを新たにして、また声を上げに来たい」と語りました。吉良議員も訴
え・・・・」

1’.「【金曜日の声 官邸前】核のごみ どこに置く」東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2015031402000183.html
「東京都世田谷区、無職滝沢貢さん(68) 福島第一原発の事故が全く収束し
ていない中で、再稼働しようとしているのは、普通では考えられない。東日本大
震災から4年がたち、事故への関心も風化しつつあるが、今後も声を上げ続けたい。
東京都北区、アルバイト木原桂子さん(67) 原発は核のごみの最終処分場が
ない「トイレなきマンション」なのに、再稼働してさらにごみを増やし、どこに
置くのか。無責任だと思う。腹が立ち、家でじっとしていられなくて、先月から
参加している。」

川内原発の地元の新聞社の社説、
2.「[原発事故4年] それでも再稼働なのか」南日本新聞(?3/14 付?)
http://373news.com/_column/syasetu.php?ym=201503&storyid=64441
「東京電力福島第1原発事故から4年。福島県内にある除染廃棄物の中間貯蔵施
設用地への搬入がようやく始まった。・・・・原発の過酷事故で住まいを追わ
れ、揚げ句に故郷を失う。あらためて、過酷事故による甚大な被害を思い知らさ
れる。・・・・もともと住民の抵抗が強い上、福島の事故で原発への信頼感が地
に落ちたままでは、処分地の選定も容易ではない。
なのに、国は九州電力川内原発をはじめとした再稼働を次々進めようとしてい
る。福島の事故の原因究明が進まず、それを教訓にした原子炉の安全対策や防災
対策も十分でない中である。・・・・・送電網を支配する電力会社は再生可能エ
ネルギーの拡大に待ったをかけるような受け入れの上限を示した。首相の考えに
逆行するのではないか。首相は今こそ脱原発への道筋を示し、エネルギー供給構
造の抜本的な改革に踏み出すべきだ。」

3.(佐賀県玄海町)「九電、町に説明へ 玄海原発1号機廃炉」2015年03月14
日 10時03分????????
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/166170
「九州電力の山元春義副社長は13日、玄海原発が立地する東松浦郡玄海町の岸
本英雄町長と面会し、近く老朽化した玄海1号機の廃炉を正式決定し、岸本町長
に説明する意向を伝えた。町議会は20日に原子力対策特別委員会を開き、九電
側の説明を受ける予定。山元副社長は正午ごろ、玄海原発所長と玄海町役場を訪
れ、岸本町長と約15分間面談した。・・・・」
町長によると、山元副社長は「来週中に取締役会を開き方針が決まったら報告し
たい」と述べた。岸本町長は「20日に原子力対策特別委員会を開くので、議会
にも直接説明してほしい」と要請、九電が応諾した。面会後、岸本町長は「費用
対効果を考えれば廃炉という報告が想像できる。次の面会で廃炉手順や時期など
を聞き、廃炉工事の安全対策に万全を期すよう要請したい」と語った。
九電は佐賀県庁も訪れ、古谷宏くらし環境本部長に面会した。1号機の対応を近
く決定し、報告する考えを伝えたという。・・・」

4.(佐賀県)「山口知事に「県民の声」 6会場で意見交換会」佐賀新聞2015
年03月14日 09時14分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/166145
佐賀県の新総合計画づくりの参考にするため、山口祥義知事が県民と膝を交えて
「生の声」を聞く意見交換会が12日夜の唐津市を皮切りにスタートし
た。・・・・・会場はステージと客席というホールではなく、県民と同じ目線で
対話したいとの山口知事の要望で、車座に近い形で意見を交わした。約110人
が参加した。・・・・
玄海原発は、事故の悲惨さや使用済み燃料の処分問題に触れ、再稼働反対の意見
が出た。・・・・
山口知事は・・・・原発については「放射能の恐ろしさはJCO事故対応の経験
で分かっている。その恐ろしさを原発に携わる人が分かった上で対応していくべ
き」と指摘した。再稼働では、「県民の安全を第一に考えている。今後議論にな
ると思うが、いろんな意見を寄せてほしい」と話した。・・・・放射能汚染の危
険性などを訴えた唐津市の元小学校教諭吉田恵子さん(63)は「放射能の危険
性を十分知っているという印象を受けた。古川前知事の時よりも充実した対応を
取ってくれる期待が持てた」と感想を語った。・・・・
13日は鹿島市で開いた。今後の日程は次の通り。14日午後3時から伊万里総
合庁舎▽16日午後7時から佐賀市文化会館▽18日午後7時間半からサンメッセ
鳥栖▽19日午後6時から佐賀市の三瀬公民館」

4’.「山口流:知事「アイデアほしい」 唐津市皮切りにパブリック・コメント
 /佐賀」毎日新聞 2015年03月14日 地方版
http://mainichi.jp/area/saga/news/20150314ddlk41010462000c.html
「・・・・意見交換では、県執行部が今後4年間で取り組む新総合計画(骨子
案)を説明。その後、参加者から九州電力玄海原発(玄海町)の在り方について
「再稼働せず廃炉と決め、使用済み核燃料の県外への移動と、安全な管理が実現
するよう配慮してほしい」と要望があり、知事は「放射能の恐ろしさの感覚は私
も同じ。県民の安全を第一に考えて取り組む。原発とどう向き合っていくのか。
九電とどう向かい合うのか。これからいろんな議論がされると思う」と見解を示
した。・・・・・」

5.(佐賀県)「=みんなの掲示板=」佐賀新聞2015年03月14日 09時07分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/166138
「・・・・◆「A2-B-C」上映会(15日14時、佐賀市神野東の県駅北
館)在日アメリカ人のイアン・トーマス・アッシュ監督による、原発事故後の福
島の子どもたちを追ったドキュメンタリー映画「A2-B-C」(71分)を上
映。前売り500円、当日700円。杉野さん、電話
090(5740)1441。」・・・・」

福島第1原発、
6.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年03月15日
「14日正午現在 1.045マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力の計測
結果から 前日は1.052マイクロシーベルト毎時」

7.●●「原発事故作業員の健康調査が難航 目標の4割弱704人」朝日デジタ
ル2015年3月15日05時27分
http://www.asahi.com/articles/ASH3G4S5NH3GULFA001.html?iref=comtop_6_02
全文「福島第一原発事故の作業員の健康を調べている日米共同の研究機関「放射
線影響研究所」(広島市、長崎市)は14日、2014年度に先行調査する作業
員が目標の2千人を大きく下回り、約35%の704人になったことを明らかに
した。作業員との連絡がなかなかとれないためだ。
放影研は国の補助金を受け、各地の健診機関などに協力してもらって被曝(ひば
く)の影響を調べる。原発事故で被曝限度が引き上げられた震災直後約9カ月間
に緊急作業をした約2万人が対象で、15年度から本格的な調査を始める。14
年度は約2千人を先行して調査することにしていた。調査にかかわる保健師らの
会合が14日、都内であり、放影研が先行調査の状況を説明した。福島県内の
5466人に1月以降、郵送で参加の意向をたずねたところ、宛先不明で299
通が戻ってきたという。なかには事故の影響で配達できない地域もあった。
返信があったのは1071人で、このうち295人は不参加だった。健診機関が
遠いことや休業補償がないことなどが理由だという。返信が締め切りに間に合わ
なかった人などを除いた704人に3月から問診などを始め、結果は今後、公表
する予定だ。
放影研の大久保利晃理事長は「(作業員と)連絡をとるのは大変だが、なるべく
大勢に参加の意思表示をしてもらう努力をしないといけない」などと話した。」
過去の関連記事、
7’.「福島第一事故作業員の健康調査へ 放影研、2万人対象」朝日デジタル
2015年3月4日19時46分
http://www.asahi.com/articles/ASH3436SLH34PITB002.html

被災地フクシマ、
政府が、
8.「復興事業「全額国費」で 原発事故被災地で28年度以降」福島民報?3月
14日(土)10時21分配信
全文「国の集中復興期間(平成23~27年度)が終了した平成28年度以降の
復興事業について、竹下亘復興相は13日、東京電力福島第一原発事故の被災地
域については全額国費で実施する方針を示した。都内で開かれた「福島12市町
村の将来像に関する有識者検討会」の会合の席上、内堀雅雄知事の要望に対し明
らかにした。」

9.「災害拠点病院で訓練」NHK福島03月14日 13時27分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053162321.html?t=1426368160755
「震災と原発事故の教訓をふまえて、災害時の救急医療の拠点となる災害拠点病
院で、負傷者の受け入れのしかたなどを確認する訓練が行われました。福島市に
ある「福島赤十字病院」は、県の災害拠点病院に指定されていて、毎年、震災と
原発事故が起きた3月に訓練を行っています。

10.「復興誓い、思い出刻む 県内の中学校で「卒業式」」福島民友新聞?3月
14日(土)11時31分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0314/news10.html
「県内の公立中学校223校で13日、卒業式が行われ、1万8504人(昨年10月1日現
在)が東日本大震災と東京電力福島第1原発事故を乗り越え、門出の時を迎え
た。卒業生の中には原発事故に伴う避難で入学以来、一度も本校舎で授業を受け
ることなく巣立った生徒もいた。・・・・・・福島赤十字病院では、東日本大震
災のときに通信手段が途絶えて患者の受け入れなどに大きな支障が出たことから
衛星電話を新たに5台配備するなど4年前の教訓をもとに新たな災害に備えてい
るということです。・・・・」

11.●●「3年連続で未検出 三春の小中学生内部被ばく検査」福島民報?3月14
日(土)11時44分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015031421529
「福島県三春町の小中学生を対象とした平成26年の内部被ばく検査で、放射性
セシウムは3年連続で検出されなかった。13日、検査を行った東大大学院教授
らによる研究グループが発表した。・・・・
事故の発生した23年から実施している。26年は、町内の小中学生1315人
の96・2%に当たる1265人が検査を受けた。
検査は24年に1383人、25年に2338人を対象に実施したが、セシウム
はいずれも検出されなかった。23年に検査を受けた1494人のうち、54人
から放射性セシウムが検出されたが、着衣を替えずに検査したため、服に付着し
ていたセシウムが反応した可能性が高いとみられるという。13日、県庁で記者
会見した早野教授は「東日本大震災前と変わらない生活を送っても、過剰な心配
はいらないことが分かったのではないか」としている。
研究グループは、小中学生の保護者に対し、食生活に関するアンケートも行っ
た。全体の76%の家庭で水道水・井戸水を飲み、62%が自家栽培や地元で収
穫されたコメを食べていると回答した。1265軒が答え、放射性物質による汚
染を懸念して井戸水・水道水を避け、ペットボトルの水を飲むとしたのは23%
だった。20%が産地を気にせずコメを購入するとした一方、県産米を食べない
としたのは13%。県産野菜を避けているのは16%にとどまった。早野教授は
「(放射性物質による汚染を気にして)生活を制限してきた家庭も多いと思う
が、(調査結果を)これまでよりも自由な生活ができるという参考にしてほし
い」と語った。・・・・
・・・・・東大の教授の「官制」の見解です!!

一方、こちらでは、
12.◎◎「被ばくの懸念受け止め支援=子育て世代の「駆け込み寺」―2000人診
察の医師」時事通信?3月14日(土)5時11分配信
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2015031400043
「2011年3月の東京電力福島第1原発事故以来、子どもの被ばくを懸念する母親ら
を支援する活動を続ける医師がいる。東京都小平市出身で現在は岡山県に住む三
田茂医師(55)だ。相談に訪れる親の中には、医療機関で検査すら拒否された経
験を持つ人も多く、子どもの健康への影響に不安を持つ子育て世代の駆け込み寺
となっている。・・・・
三田医師によると、首都圏の医療機関で、母親らが医師に被ばくの懸念を伝える
と、検査を拒否されたり叱責されたりする例もあった。三田医師は「医師側に被
ばくに関する知識が乏しいからだ」と指摘する。これまで2000人以上を診察し、
血液検査や甲状腺エコー検査を実施。「自覚症状がなくとも、今後も経過を注意
深く見ていく必要がある」と警鐘を鳴らす。三田医師自身、危機感を募らせ、昨
年4月に51年続いた病院を閉めて家族で岡山県に移住した。同地でも、県内だけ
でなく、首都圏からも多くの相談者が訪れている。」
・・・・これが、医師としての求まられる姿勢でしょう・

13..「(福島県)14日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射
線量測定値」福島民報3月15日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。

14.「福島県内の震災関連死1人増え1885人に 葛尾村が認定」福島民
報?3月14日(土)10時15分配信
全文「東日本大震災による福島県内の死者は13日午後5時現在、前日より1人
増えて3713人となった。震災と東京電力福島第一原発事故による避難などが
要因の震災(原発事故)関連死として、葛尾村が新たに1人を認定した。震災か
ら4年。長引く避難生活によって関連死は増え続けている。県全体の関連死は
1885人となった。地震や津波による直接死は県全体で1604人。」

15.●●「避難者漂流:原発事故4年 みなし仮設延長、黒塗り開示 いつまで
住めるのか 毎年、更新の知らせ待つ」毎日新聞 2015年03月15日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150315ddm041040045000c.html
長い記事「東京電力福島第1原発事故の避難者が住む「みなし仮設住宅」を巡
り、避難支援者から情報公開請求された福島県が「供与期間延長の可能性」を示
す部分を黒塗り(非開示)にしていたことが分かった。これまでも供与期間は1
年ごとの延長が繰り返されており、行政側は先の見通しを明らかにしない。いつ
まで住めるのか分からない不安定な住環境に避難者は不安を抱き、生活に大きな
影を落としている。・・・・・
・・・二重生活で1カ月当たり10万円近く支出が増えた。「事故を起こさない
か心配で、この選択が正しいのか迷っていた」と振り返る。それでも近所の線量
が高いと聞き、まだ戻れないと感じていた。不安だったのは、みなし仮設住宅の
打ち切りだ。「毎年春に『更新できる』と聞く度にほっとしていた」と話す。女
性は昨年3月、2番目の子供が小学校に入るのに合わせて福島に戻った。「先が
見えない生活はもう限界。でも、納得して戻らないとうまくいかないと思う」と
うつむいた。・・・・・
「避難者には『(退去の)準備はした方がいいかもしれない』と言っている。先
が分からないから」。首都圏の自治体で避難者の相談に当たる女性は、供与期間
が延長されるかどうかを聞かれる度にそう答えている。「誰からも指示されてい
ないが、そう答えるしかない」と言う。・・・いずれやってくる「みなし仮設住
宅の供与打ち切り」の日を想像し、「避難者にどう告げれば良いのか。今から怖
い」と打ち明けた。」
・・・・なんということでしょう!!

16.「支援相談員倍増400人に 県が対策」福島民報2015/03/13 12:10
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2015/03/post_11671.html
「・・・・県外避難者向けとしては、生活再建の相談などを受ける「復興支援
員」を山形、新潟、群馬、栃木、茨城の5県に新たに配置する。これまでは東
京、埼玉、千葉、神奈川の4都県で25人体制だったが、9都県で計65人が活
動する。」
・・・・前の記事を見ると、増やしても適当なアドバイスができるのか??

17.(北海道)「心のケア、避難者も一緒に 道が新年度着手 専門家とペア
で訪問」北海道新聞(03/15 06:10)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/598206.html
「道は新年度、東日本大震災で道内に避難している人たちの心のケアに初めて乗
り出す。戸別訪問が事業の柱で、避難者約850世帯のうち、支援団体とのつな
がりが少ない世帯や、高齢者、母子世帯など600世帯前後が対象になる見通
し。道はこれまでも避難者宅への訪問事業を行っていたが、孤立防止や見守りの
色合いが強かった。道内避難者は2月12日現在で2563人。震災から4年が
たち、避難生活の長期化で心の問題に寄り添う必要性が高まっていると判断し
た。事業費は約3700万円。5月中にも事業委託先を決定し、6月ごろから戸
別訪問を始める予定。道によると、道内への避難者は被災した岩手、宮城、福島
3県のほか、原発事故の放射能の影響を心配する関東地方の人もいる。2011
年8月のピーク時には3220人が避難していた。・・・・」

18.「帰れぬ古里 何思う」読売新聞2015年03月14日
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20150313-OYTNT50318.html
「大熊、双葉両町にまたがる中間貯蔵施設に汚染土を運び込む作業が13日、始
まった。両町の面積の1割超に及ぶ約1600ヘクタールの予定地に最長30年
間、汚染土を保管する。家族の記憶や自慢の我が家。両町の地権者たちは、帰ら
ぬ日々に思いをはせる。一方、仮置き場近くの住民は早期の搬出を願っ
た。・・・・・・・・・・
環境省は、発生する汚染土を最大2800万立方メートルと見積もるが、すべて
の搬入にどれだけの年月がかかるのか。この日、搬入されたのは12袋だった。
仮置き場や予定地の周辺には、住宅や雑草が生えた水田が点在しており、人の生
活が確かにあったことを感じさせる。中間貯蔵施設の建設は、原発事故で避難を
強いられ、古里の土地も失う地権者の痛みと引き換えだという現実を改めて痛感
した。」
・・・強引な執行!!

19.(田村市)「帰還世帯、初の50%超え 都路の旧避難解除準備区域」福
島民報?3月14日(土)10時21分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015031421528
「福島第一原発事故の避難指示が昨年4月に解除された福島県田村市都路町の旧
避難指示解除準備区域(113世帯・342人)に帰還した住民は、2月末現在
で58世帯・146人となり、前回調査時(昨年11月末)から5世帯・13人
増えた。帰還した世帯は全体の51・3%となり市の調査開始以来、初めて五割
を超えた。・・・・・」
・・・・強引な帰還を促して「やっと5割」なのではないですか。

20.「作付け昨年の5倍以上に 南相馬の27年産米」福島民報?3月14日
(土)10時18分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015031421522
「・・・・・旧警戒区域外の福島県南相馬市の平成27年産米について、JAそ
うまが実施した生産者に対する意向調査の結果、作付面積は650ヘクタール程
度になる。13日、同市鹿島区のJAそうま本店で開かれた水稲栽培指導会で示
した。26年の約120ヘクタールの5倍以上となるが、同JAが今年の作付け
目標としている1500ヘクタールは大きく下回っている。・・・・」
・・・・見出しは適切ではない、「それでも目標を大きく下回る」と続けるべき。

21.(浪江町)「「請戸の田植踊り」披露 なみえ3・11復興のつどい」福
島民友03/14 14:10
http://www.minyu-net.com/news/news/0314/news13.html
「福島第1原発事故で全町避難が続く浪江町民が集うイベント、「第4回なみえ
3・11復興のつどい」は14日、二本松市の安達文化ホールをメーン会場に開
かれ、県内外から町民千人以上が詰め掛けた。同実行委(熊川勝実行委員長)の
主催、福島民友新聞社などの後援。・・・」

22.「福島第1原発事故 富岡つながりで桜染め復活 福島から群馬に避難の
障害者施設」毎日新聞 2015年03月14日 東京夕刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150314dde041040021000c.html
福島第1原発事故で全町避難が続く福島県富岡町で知的障害者施設を運営してい
た社会福祉法人「友愛会」が、避難先の群馬県で世界遺産・富岡製糸場(富岡
市)の桜の葉を使い、「桜染め」を復活させた。「富岡つながり」で交流が生ま
れ、製糸場での販売を目指している。友愛会は富岡町で四つの障害者施設を運営
していた。近くには、桜のトンネルで知られる夜の森の桜並木がある。
原発事故の後、友愛会は群馬県高崎市に利用者ら約120人が避難。「富岡」が
結んだ縁で富岡製糸場構内の桜の葉を使えることになり、今年2月、群馬産の生
糸で織ったハンカチ30枚を染めた。事故前、桜染めの工房は毎日のように活動
し、年間80万円ほどの売り上げがあった。現在は避難先で週1、2回。作業す
る入所者は4人に半減した。・・・・・
友愛会は来春、富岡町と同じ双葉郡の広野町に施設を再建する。事務局長の寺島
利文さん(61)は「福島に帰った後も、富岡市の桜で染め物を続けたい」と話
している。」
・・・・最後の行が気になります、富岡の桜並木は除染しても高線量は続くは
ず、材料は群馬からもらっては。

23.(いわき市)「(プロメテウスの罠)オイルマン:8 急上昇した放射線
量」朝日新聞デジタル?3月14日(土)16時0分配信 (有料記事)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11649126.html?iref=comtop_list_ren_n11
◇No.1212 東日本大震災から3日後の2011年3月14日、月曜日。
東京電力管内で、計画停電が実行に移された。首都圏各地で鉄道が止まり、大混
乱が起きた。節電が呼びかけられ、不測の大規模停電の恐れで世間は沸騰する。
原発の安全神話が崩れ、不安が高まる一方、石油火力発電への期待はいやおうな
く高まった。
福島県いわき市を拠点とする小名浜石油は、火力発電を支える燃料の流通の一翼
を担うべき会社だった。ところが、その小名浜石油も福島第一原発事故に揺さぶ
られていく。小名浜石油の社長、小松隆行(60)は当初、原発のことをほとん
ど気にしていなかった。?・・・・
火力発電を支えるため、小名浜石油は動き始めようとしていた。それが一変した
のは15日。いわき市内の放射線量が突然、急上昇したときだった。」

23’.「(プロメテウスの罠)オイルマン:9 平常値の400倍に上昇」朝
日デジタル2015年3月15日05時00分 ※有料記事
http://www.asahi.com/articles/DA3S11651113.html
「◇No.1213 2011年3月15日午前0時。福島県いわき市にある県
の合同庁舎の駐車場。ここで測った放射線量の値が突然、はね上がった。合同庁
舎は福島第一原発から南南西43キロにある。福島第一原発では12日午後に1
号機、14日午前に3号機が爆発。20キロ圏内に政府の避難指示が
出・・・・・・」

24.「(いま子どもたちは)ふるさとに戻る:4 被災者と避難者、自分が接
点に」朝日新聞デジタル?3月14日(土)16時0分配信 (有料記事)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11649038.html?iref=comtop_list_ren_n12
「◇No.874 福島県双葉郡にできる県立ふたば未来学園高校には、二つの
グループから子どもたちが入学する。東京電力福島第一原発がある郡出身者
122人と、それ以外の30人だ。・・・・・」

25.(大熊町)「福島、広島の空襲映像公開 米軍撮影、大分・宇佐」佐賀新
聞2015年03月14日 11時54分
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10203/166254
「太平洋戦争の資料を集め解析を進めている大分県宇佐市の市民団体「豊の国宇
佐市塾」は14日、1945年に米軍機が福島、広島両県を空襲した際に撮影し
た映像や、終戦直後に鹿児島県で撮った映像など計11本を報道陣に公開し
た。・・・45年8月に、現在は東京電力福島第1原発がある福島県大熊町の当
時の飛行場が機銃掃射を受ける場面・・・・・などを記録。
・・・福島第1原発の敷地は、戦中は特攻機の訓練機基地、その後は塩田に、そ
して今は原発と国策に翻弄された場所です。

25’.(富岡・大熊町)「福島の空襲映像 宇佐市塾きょう一般公開」大分合
同新聞3月15日朝刊紙面26ページ
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/03/15/004719398
・・・記事コピー不可。

26.「食と農のシンポ 郡山で」朝日デジタル2015年3月15日03時00分 ※有料設定
http://www.asahi.com/articles/CMTW1503140700003.html
「●「安全性確立PRを」「ファン増やしたい」 福島の農産物をめぐる課題と
対策を考えるシンポジウム「原発事故5年目における風評被害の構造と食と農の
再生」が14日、郡山市であった。福島大学うつくしまふくしま未来支援セン
ターの主催。5人の研究者が、それぞれの専門分野から課題などを話し合っ
た。・・・・」
・・・最近、こうした催しが激増しています。

27.(川内村)「ソバ発泡酒など新特産品開発 福島・川内」河北新報2015年
03月15日日曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150315_62009.html
「福島第1原発事故に伴い一時全村避難した福島県川内村の観光協会が、村特産
のソバを使った発泡酒「蕎(きょう)」(330ミリリットル)などの7種10
品の村特産品を作った。原発事故で減少した観光客の呼び水にしようと、
2015年度の発売を目指している。・・・・」
・・・・この村の取り組みには驚く!!

28.「【栃木】「負の遺産」どこへ(下)保管場所は今 風評被害恐れ息潜め
る日々」東京新聞3月14日 ※グラフ有
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20150314/CK2015031402000162.html
「約五百トンもの「指定廃棄物」の焼却灰が一時保管されている日光市クリーン
センター。敷地内にある二棟のドーム型施設は、計約五百平方メートルの広大な
空間を有する。東京電力福島第一原発事故後の二〇一二年に設置された。放射線
を遮る性質がある鉛を含んだ厚いシートを職員がめくると、最終処分を待つ灰の
袋が隙間なく積み重なっていた。一部は一一年夏から保管されている。担当者は
「施設周辺の空間放射線量を毎週測り、ホームページで公開し続けている」と話
す。・・・・・
「住民の不安をあおるので、指定廃棄物の話は控えたい」。仮置き場がある自治
体の多くでは、こんな声が多く聞かれた。原発事故から四年がたった今も、指定
廃棄物と向き合う人々の息を潜めるような日々は続いている。」
・・・間は検索してどうぞ。

29.「【栃木】渡良瀬遊水地 連絡会が注意呼び掛け 22日にヨシ焼き」東
京新聞2015年3月14日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20150314/CK2015031402000161.html
全文「栃木、群馬、埼玉、茨城の4県にまたがる渡良瀬遊水地のヨシ焼きが、
22日午前8時半から実施される。主催する渡良瀬遊水地ヨシ焼き連絡会(会
長・鈴木俊美栃木市長)が13日、発表した。予備日は28、29日。渡良瀬遊
水地のヨシ焼きは、東京電力福島第一原発事故で飛散し、遊水地も影響を受けた
放射性物質への不安から、2011、12年と中止された。13年に規模を縮小
して再開し、14年からは従来通り全域の約1500ヘクタールで行うように
なった。ヨシ焼きは、遊水地のヨシを使う農家らでつくる渡良瀬遊水地利用組合
連合会の会員約500人が手分けして行う。ヨシ焼きの灰は上昇気流や風で飛
び、広い範囲に灰が降ることがあるため、連絡会は注意を呼び掛けている。」

30.(群馬県)「赤城大沼ワカサギ出荷自粛 解除再び認めず」東京新聞2015
年3月14日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20150314/CK2015031402000170.html
「・・・・・赤城大沼漁業協同組合によると、氷上穴釣りには事故前はシーズン
中に約二万人が訪れていたが、出荷自粛要請が出ると約四割減少。青木泰孝組合
長は、「何のための基準値なのか。到底納得できない。水産庁には解除を認めな
い理由をきちんと説明してほしい」と憤った。」
・・・昨日、34.の記事で既報。

31.(神奈川県)「原発避難者の思い<下>暗闇照らす存在に」カナロコ by
神奈川新聞?3月14日(土)14時25分配信
http://www.kanaloco.jp/article/85436/cms_id/131048
長い記事「福島第1原発事故により避難生活を余儀なくされている鹿目(かの
め)久美さん(47)=相模原市緑区。福島での日常を断たれ、暗闇をさまよい
歩くような4年間を経たいま、「月のような存在になりたい」と話す。3月11
日の夜、娘がせっせとペンを走らせていました。はい、と渡された手紙にはこう
ありました。〈わたしはママがとてもとても大すきです。ママの子どもにうまれ
てよかった。うんでくれてありがとう〉・・・・・・娘は「二十歳になるまで福
島には戻らない」と言います。原発で爆発があったことを知らず、放射性物質が
降り注ぐ中、外出してしまっていた。やがて鼻血を出し、高熱を出し、精神的に
も不安定になり、明らかに様子がおかしかった。感覚的に子どものうちは離れ
ていなければいけないと感じているのでしょう。・・・・・・」

32.(神奈川県)「原発に頼らぬ社会を築こう 小田原で15日、催し」東京
新聞2015年3月14日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20150314/CK2015031402000132.html
「東日本大震災や東京電力福島第一原発事故から四年あまりが過ぎた十五日、原
発に頼らない持続可能な社会を築こうと、小田原市の市民グループ三団体が市中
心部で、食とエネルギーの自給などを考えるイベント「おひさまマルシェ」やデ
モ行進、映画「日本と原発」の上映会を行う。マルシェは、小田原駅前の小田原
城二の丸広場で午前十時から午後四時半まで開催。・・・・」

33.(山梨県)大震災から4年 忘れぬために」朝日デジタル2015年3月14日
10時53分 ※有料記事
http://www.asahi.com/articles/CMTW1503142000001.html
「都留市在住のシンガー・ソングライターしらいみちよさん(54)が14日午
前8時から、富士川町の大法師公園平和の塔で、東日本大震災の犠牲者を悼んで
桜の記念植樹をする。大震災から4年たち、「震災への意識が薄れていく中、富
士川町の人に改めて・・・・」

34.(香川)「つなげる」テーマに作品展 高松・紫雲中美術部」朝日デジタ
ル2015年3月15日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH3B74NVH3BPLXB016.html
「「つなげる」をテーマにした高松市立紫雲中学校美術部の作品展が、24日ま
で高松市サンポートのかがわプラザで開かれている。・・・
東日本大震災の被災地の応援や、原発の必要性を問う作品も展示してい
る。・・・・」

35.(宮城県)「<国連防災会議>楢葉の15歳、故郷の現状訴え」毎日新
聞?3月14日(土)22時6分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150315k0000m040085000c.html
「仙台市で14日に開幕した国連防災世界会議で、被災地の子供たちが参加した
公開フォーラムが開かれ、東京電力福島第1原発事故で福島県いわき市で避難生
活をする楢葉町の中学3年、三瓶諒(さんぺいまこと)さん(15)が故郷の現
状を訴えた。全町避難で荒れ果てた故郷の映像を紹介し、「子供が町づくりに参
画する機会を増やすため、その実現に向け行動したい」と力強く語った。・・・
4月に楢葉の隣町の広野町に開校する県立の中高一貫校「ふたば未来学園」への
進学を決めた。13日に中学の卒業式を終え、「進学後も町づくりや伝統芸能活
動に参加し、町の復興と自分の将来について考えたい」と発表を締めくくった三
瓶さん。「いつ戻れるか分からないが、のどかで落ち着く楢葉の景色を取り戻し
たい」と決意を語った。」

35’.「<国連防災世界会議>古里奪われた痛み訴え…イベントで中3」毎日新
聞?3月14日(土)7時30分配信
http://mainichi.jp/shimen/news/20150314ddm041010106000c.html
「仙台市で14日に始まる国連防災世界会議の関連イベントで、・・・・・
取材では、同原発の南にある同県富岡町から避難していた女性に会った。「幼少
時から『原発は安全』と教育され信じてきた。危険性を疑わなかった私にも責任
がある。事故は自分も原因の人災だ」と、考えたこともなかったことを聞いて驚
き、思わず「事故で古里への思いは変わりましたか」と質問した。女性は「富岡
の桜の名所が見られないと思うと寂しい。古里を失って初めて、その大切さが分
かる」と話した。最も印象に残った一言だった。・・・・・・・・」

35”.◎◎「原発防災「対応は困難」 福島の首長ら体験語る」河北新報2015年
03月15日日曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150315_73005.html
全文「原発ゼロを目指す首長らでつくる「脱原発をめざす首長会議」は14日、
国連防災世界会議のパブリック・フォーラム「原子力防災と自治体の役割」を仙
台市で開いた。東京電力福島第1原発事故で被災した福島県内自治体の首長ら
が、避難の体験談を交えながら原発防災の困難さを訴えた。
首長会議の世話人を務める桜井勝延南相馬市長は、同市の大部分が福島第1原発
の20~30キロ圏に位置するため、津波による行方不明者の捜索を中断し、住
民避難を指示せざるを得なかった経緯を説明。「約6万人が避難を余儀なくされ
た。国は原発を推進しながら(事故対応で)前面に立たなかった」と憤った。
福島県浪江町の馬場有町長は、高齢者らが事故後に避難先で体調を崩して亡くな
る「震災関連死」が増えた状況を報告。「心のケアを含め最優先で対応しなけれ
ばならない」と述べた。
日本原子力発電の東海第2原発が立地する茨城県東海村の村上達也前村長は、原
発事故後に全国の関係自治体が策定している避難計画について「(重大事故が起
きれば)元の場所に戻れない片道切符の計画しか作れないのではないか」と問題
提起した。」

この人が、
36.●●「安倍首相「輸入制限再考を」=東北の食材でもてなし」時事通信?3月
14日(土)21時44分配信
全文「「まだ日本の食材の輸入を制限している国があれば、どうか味わって考え
直していただきたい」。安倍晋三首相は14日夜、国連防災世界会議の参加者らを
招いて仙台市内のホテルで開いたレセプションで、日本の食材の安全性をアピー
ルした。東京電力福島第1原発事故による風評被害を払拭(ふっしょく)しよう
と、地元東北の魚や肉を用いた料理と酒で各国首脳らをもてなした。首相の抜け
目ないあいさつに会場からは笑いが起こり、出席した潘基文国連事務総長は「安
倍首相は常々優れた政治リーダーだと尊敬しているが、また別の資質を発見し
た。優れた貿易推進者だ」と持ち上げた。」
・・・・本当のことを言わずに、嘘を言っていることを誤りもせずに、ものを売
り込むことに失笑でしょうね。
この人が、こちらでも、
36’.●「食品輸入規制、タイが緩和へ=安倍氏に暫定首相表明」時事通信?3月
14日(土)15時51分配信
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2015031400242
「安倍晋三首相は14日午後、タイのプラユット暫定首相と仙台市で会談した。安
倍首相は、東京電力福島第1原発事故後にタイが実施している日本産食品(宮
城、福島、群馬3県対象)の輸入規制を撤廃するよう改めて要請。プラユット氏
は「緩和に向けた検討を加速しており、近く朗報をお届けしたい」と表明し
た。・・・・・」
・・・まるで、どこかの企業のセールスマンですね!!

関連、
37.「汚染水。安倍総理「大嘘の罪」 『週刊現代』官々愕々より」現代ビジ
ネス?3月14日(土)11時1分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150314-00042435-gendaibiz-pol
東京電力福島第一原発の汚染水の大量垂れ流し事件を、安倍政権が矮小化しよう
としている。
事故当初から大量の汚染水が原発の港湾外に垂れ流しだったこと、それを1年以
上前から把握していたのに東電は対策を講じなかったこと、原子力規制委員会も
報告を受けながら放置していたことなど驚くべき事実が明らかになった。さらに
驚いたのは、安倍政権は、当初この問題発覚から1週間以上も謝らず、この期に
及んでも「汚染水の影響は、第一原発の港湾内でブロックされている」と強弁し
ていることだ。
しかし、実はこれは驚く話ではない。私(古賀茂明)は、3・11の福島の事故以
後、半年間を経産省内で過ごしたが、そこで確信したのは、この汚染水問題につ
いては経産省も東電も二つの暗黙の方針を持っていたということである。
第一の方針は、東電を破綻させないことが至上命題であり、全ての事故処理対策
はその命題に反しない範囲でのみ行うということだ。・・・
第二の暗黙の方針とは、汚染水は薄めて海に流すしかないという考えだ。当初か
ら経産省内では囁かれていた。今の排出基準は大規模放射能漏れではなく、極め
て小規模な一時的な放射能漏れを前提としている。今回のような大規模事故につ
いて本来は、フローの濃度だけではなく、総量の規制を導入するべきだが、それ
は封印されている。・・・・・・
これらの暗黙の方針をさらに強化したのが、安倍総理が国際オリンピック委員会
(IOC)で東京五輪招致のために行った「汚染水の影響は港湾内0・3平方キロメー
トルの範囲内で完全にブロックされている」という発言だ。・・・・ 安倍総理
の「大嘘の罪」は重い。」『週刊現代』2015年3月21日号より」

38.「唖然! 戦時下のヨルダンで原発建設計画」東洋経済オンライン?3月14
日(土)17時35分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150314-00063259-toyo-bus_all
世界では、いまだに原子力防災がおざなり(いい加減)なまま–。仙台で3月
14~18日の日程で行われる「第3回国連防災世界会議」に関連した市民フォーラ
ムで、こんな課題が浮かび上がった。
・・・・・もう一つの原発大国であるフランスでも、対策はお寒い。中東では
IS(イスラム国)のテロに脅かされるヨルダンでも原発の新設が計画されている。
フクシマの経験が生かされていないという訴えだ。・・・・
フランスから招かれたヴォークリューズ県議会副議長のオリヴィエ・フロラン氏
は、同県に隣接して立地するフランスでも最大級の「トリカスタン原発」につい
て、「原発から10キロ圏以内に約8万2000人が住むが、事故があったら子どもを
学校に残したまま大人は逃げることになっている。しかし、学校の備蓄は40人の
子どもに対し5本程度のパンと缶詰め、ビスケットとチョコレート、6リットルの
水だけだ。避難させるためのバスも運転手も足りない」と明かした。
フクシマを教訓に、事故の想定地域を100キロ圏まで広げるよう訴えているが、
地元はアレバ社やフランス電力など原子力事業者の影響力が強く、実現していな
いという。・・・・・
■ ヨルダンでも3基目の原発を新設へ ヨルダンのNPO「エネルギー節約と持続
可能な環境社会」代表のアイユーブ・アブダイエー氏は「ヨルダンでは3基目の
原発が新設されようとしている。『核のヤクザ』たちが原子力の重要性を説きな
がら武器をつくる。IS(イスラム国)などがこれだけ戦争を引き起こしている中東
で、絶対に原発を造らせてはいけない」と訴えた。・・・・
だが、日本政府の原発再稼働の動きもあり、原子力防災についての議論は消極的
な様子だ。・・・・会期中に350以上の開催が予定されている市民主体のパブ
リックフォーラムでも、原発関連のテーマは数少ない。福島から来た参加者の1
人は「フクシマが終わったことにされてしまう気がする」と危機感をあらわにし
ていた。」
関連、
39.「原発 なぜ途上国に輸出?」朝日デジタル2015年3月15日03時00分 ※有
料記事
http://www.asahi.com/articles/CMTW1503140700004.html
<被災地の今に衝撃>「核災害の惨状はこの光景を一目見たらわかる。なのにな
ぜ、日本は途上国に原発を輸出しようとするのか」。14カ国16人の海外の市
民活動家らが、東京電力福島第一原発から20キロ圏の南相馬市小高区や浪江町
を訪れた。・・・・

海外
40.(韓国)「福島を教訓に…韓国市民団体が脱核を訴える」WoW!Korea?3月15
日(日)0時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150315-00000000-wow-int
「原発に反対する韓国の市民団体の集まりである「核のない社会のための共同行
動」が、福島の原発事故から4年を迎え、14日に脱核文化祭を開催し「覚えてい
よう 福島、止めろ月城(ウォルソン)1号機」と叫んだ。「環境運動連合」、
「緑色連合」など80の市民団体が集まって構成された「核のない社会のための共
同行動」は、ソウル市の新村(シンチョン)の通りで会員と市民400名が参加す
るなか、「福島原発事故から4年、脱核文化祭」を開催した。・・・・・・・・・」

41.(台湾)「各地で反原発デモ」毎日新聞?3月14日(土)21時10分配信
http://mainichi.jp/shimen/news/20150315ddm007030081000c.html
「【台北・鈴木玲子】東京電力福島第1原発事故から4年に合わせ、台北市など
台湾各地で14日、台湾電力の稼働中の原発の速やかな廃炉や建設が凍結された
第4原発の廃止などを訴える反原発デモが行われた。環境保護団体などが共同で
呼びかけ、原発立地の地元住民や野党・民進党の蔡英文主席ら幹部も参加し
た。・・・・・・・・・台湾の原発は3カ所(原子炉計6基)で稼働するほか、
北部に建設が凍結されている第4原発(2基)がある。同原発は日本メーカーが
原子炉など主要部分を供給したため「日の丸原発」とも呼ばれる。・・・・」

41’.「台湾市民ら「原発ゼロ」へデモ 福島事故受け、数万人が参加」共同
通信2015/03/14 19:57
http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015031401001610.html
「・・・デモは80以上の市民団体が主催。野党も参加を呼び掛け、合わせて数
万人が参加した。・・・」

42.「【核心】核のごみ 最終処分場で先行 スウェーデンの街」東京新聞
2015年3月14日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2015031402000136.html
「全国の原発などに一時保管され、一万七千トン以上にも達する使用済み核燃
料。これら高レベル放射性廃棄物を最終処分する場所がいまだ決まらず、経済産
業省は二月の作業部会で、国が処分場選定について積極的に関与する方針を打ち
出した。東京電力福島第一原発事故後、大きくクローズアップされる「核のご
み」。最終処分場建設で先行するスウェーデンを訪ねた。 (中崎裕)」【こち
らは記事の前文です】・・以下、紙面。

原発施設立地自治体で、
43.(青森県)「原燃の審査対応に青森県幹部苦言」河北新報2015年03月14日
土曜日
全文「使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の新規制基準の適合性審査
について、県エネルギー総合対策局の八戸良城局長は13日、「しっかりと論点
を整理し、指摘されたことには万全の準備を期して会合に臨むべきだ」と日本原
燃の対応に苦言を呈した。県商工労働観光エネルギー常任委員会で答弁した。
八戸局長は「審査は原燃の想定通りに進んでおらず、先行きが見通せない。原子
力規制庁と意思疎通が図れていない」と言及。規制庁についても「事業者の面談
希望には積極的に対応してほしい。安全性の確認という同じ目的に向かっている
ので、事業者とコミュニケーションをうまく取ってほしい」と注文を付けた。
審査は原燃と原子力規制委員会の議論がかみ合わず、長期化している。原燃は2
月、当初想定した3月までの審査終了を断念。目標とする来年3月の完工は不透
明な状況になっている。」

電力、
44.(長崎)「堀内電気、西海市のメガソーラー運転開始」データ・マックス
2015年3月13日15:14?
http://www.data-max.co.jp/company_and_economy/2015/03/32760/0313_dm1504/
・・・添付されている写真、みごとです。

45.「太陽光、景観配慮を 宮崎県が市町村へ指針通知」宮崎日日2015年3月14日
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_11298.html
「太陽光発電設備の設置が急速に進む中、宮崎県は13日、無秩序な設置を抑制
して景観を守るための指針をまとめ、県内全市町村に通知したことを明らかにし
た。市町村の定める景観条例や景観計画の対象に太陽光パネルを加えたり、事業
者による届け出を明記したりする具体例を示し、自治体の規制を促す。」

46.「滋賀・東近江で銅線4トン盗難 メガソーラー送電用」京都新聞2015年
03月11日 23時20分
全文「11日午前9時半ごろ、滋賀県東近江市五個荘山本町の大規模太陽光発電
所(メガソーラー)で、送電用ケーブル4トン(約350万円相当)が盗まれて
いるのを、運営会社の社員が見つけた。東近江署が窃盗事件として調べている。
同署によると、盗まれたのは太陽光パネルに接続してあった直径1・5~2セン
チの銅線ケーブル18本で延べ約1400メートル。2月28日夜から3月1日
未明に盗まれたとみられるという。」

47.「(教えて!電力自由化:7)欧米では成功したの?」朝日デジタル2015
年3月14日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S11649142.html?iref=comtop_list_ren_n13
「英国の価格比較サイトで「エネルギー」を選び、自宅の郵便番号などを入力す
ると、その地域の電気やガスの販売会社が示される。ロンドンのある地域を選ん
で、家の大きさや家族数などの情報を入力し、料金メニューを検索すると、安い
順に169種類もプランが出てきた。電気とガスのセットで1年間は料金単価を
変えないプラ・・・・(以下、有料設定)・・・」

参考記事、
48.「温室ガス目標「6月までに」…仏外相、提出促す」読売新聞2015年03月
14日 16時05分
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20150314-OYT1T50074.html

◆今朝届いた西日本新聞朝刊では、
2面に、
49.「原発事故に、首相触れず 国連防災国際会議で」

31面福岡都市圏ワイド面、
50.「福岡県知事選立候補予定者が討論会 青年会議所九州地区福岡ブロック
協議会主催」
「・・・15日午後5時半から 福岡市南区南市民センター・・・・」

きょうのこの新聞には、
福岡県の防災計画の記事が10・11.12の3面全面を使ってありますが、原発防災の
項が見当たりません、
また、28・29面には、福岡の警固断層関連の記事が全面を使って扱われています。

昨日の夕刊では、1面に、ノーベル賞の益川さんの原発への思いを伝える記事が
ありました。

この新聞社のネット上に、次のようなテーマの記事、
51.「【岐路に立つ再生エネ】問われる政府の本気度」2015年03月15日 03時
00分 更新
http://qbiz.jp/article/57857/1/
52.「【岐路に立つ再生エネ】太陽光、地熱・・・もがく地方」2015年03月15
日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/57858/1/
53.「【岐路に立つ再生エネ・識者に聞く】原子力は重要な選択肢 21世紀政
策研究所研究主幹 澤昭裕さん」2015年03月15日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/57859/1/
54.「【岐路に立つ再生エネ・識者に聞く】経済効率で測れぬ効果 千葉大大
学院教授 倉阪秀史さん」2015年03月15日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/57860/1/
・・・興味にある方は検索してどうぞ。
55.「【人事】西部ガス」2015年03月13日 20時31分 更新
http://qbiz.jp/article/57889/1/
「・・・監査役(執行役員)・・・九電ビジネスソリューションズ社長山崎正
幸・・・・」
こんなところに九電関係者が入ってます。

◆昨日のしんぶん赤旗
15面には、1.の記事と
56.「原発事故の広域避難者 すり減る 心とお金 「困窮で帰還」4人に1人」
・・・大きく扱われています。

今朝は以上です。(3.15.7:18)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。ご意見
などは⇒ ysykf@yahoo.co.jp へ
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

-----集会等のお知らせ------

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)



https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

● 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 ●
    判決公判 2015年3月20日(金)15時、佐賀地裁。
     ホームページ http://www.facebook.com/genkai.genpatsu

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第12回裁判判 4月24日(金)14:00から 佐賀地裁
         原告総数 原告総数 9078(3/12現在)
  ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
 午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設)
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

     ☆九電本店前ひろばカンパよろしくお願い致します☆
    【カンパ振込先 】
         ①


      口座記号番号 01770-5-71599


         加入者名  さよなら原発!福岡


     


           ②


  一七九(イチナナキュウ) 店(179) 当座 0071599

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中