NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1437日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。3月27日。

【転送・転載大歓迎】

「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1437日目報告☆
      呼びかけ人賛同者3月26日合計3813名
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】3月26日3名
      佐々木秀 高沢美乃 山見久典
★私たちの声と行動で原発・再稼働 は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
お疲れさまです。
福岡県知事選挙が始まりました。
原発は廃炉にする、 集団的自衛権は容認しない。
これを言っているのは 後藤とみかず氏だけです。
小川氏は 原発も動かすし、戦争をする安倍首相には従順です。
福岡県の知事には 後藤さんが似合っています。
あんくるトム工房
県知事選挙が始まりました  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3415

★ 橋本左門 さんから:


 ☆「我が軍」は漏れた本音と思ひしに 開き直りの番頭強面


      (左門 2015・3・27-973)


※官房長官の記者会見での憲法違反(9条・99条)発言=


「自衛隊はわが国の防衛を主たる任務としている。このよう


な組織を軍隊と呼ぶのであれば、自衛隊も軍隊の一つとい


うことだ」と吐いた。これは「開き直りの至言」として歴史のに


残るであろう。この「開き直り」の税金泥棒野に早急に落とし


前をつけてやらねば・・・・。憲法が土足で蹂躙されている!

★ 奥道直子(在ドイツ)さんから:
九電本店前テント広場協力者の皆様、
青柳行信様がこの3月初めの「国際会議」に参加するに際し、
ドイツに持参された皆様が心を込めて制作された物すべては、
一つも無駄にされることなく、
青柳様の発言と共にそれぞれの場で活用されました。

場所は、①フランクフルト近郊のランゲンという町の反原発市民集会で。
テント広場協力者のお一人による
ドイツ語訳「テント広場紹介記事」60枚がドイツの人々の手に渡りました。

このランゲン集会は、2011年3月17日(18日?)以来、今まで欠かさず毎第一月曜
午後6時から、町の中央広場で原発警告をしています。
福島のことを忘れていません。

この集会には、青柳様の他に、飯舘村の愛澤卓巳氏、おしどりマコさん、
元ジャパン・タイムス記者の島津洋一氏が参加しました。

②ランゲン集会の後、近くの教会の集会所で。
 ③フランクフルト近郊のタウヌス山中で催された国際会議場で。

今回の会議のために特製された緑の布地に写真が縫い付けられた大判幕、
すでに福岡で活躍した横長幕、
「テント広場」制作DVD、独訳「テント広場紹介記事」140枚、
独訳テント広場モットー入り青柳様の名刺 などなど、
皆様の制作物は大活躍でした。
写真をお送りします。 以上。

写真ダウンロードのURL http://yahoo.jp/box/y0DszV

スライドショーのURL http://yahoo.jp/box/_53n-m

★ 東京の市原みちえ さんから:
青柳様
いつもありがとうございます。
一昨夜の報道ステーション!GOOD JOB!でしたね。
帰宅、間に合い、録画。
早速報道ステーションあてに応援メッセージ送りました。

★ オリ さんから:
青柳行信 様

2015年3月26日(福岡県知事選挙公示日)10時より
後藤とみかず 候補が福岡市天神で行った
第一声をyoutubeにアップしましたのでお知らせします。

20150326 後藤とみかず 候補がで行った第一声(福岡市天神)→

その他、後藤氏ビデオ(ご参考):

20150301 後藤とみかず氏の博多駅街宣 → http://youtu.be/3fc5BT0Ldsg
20150221 後藤とみかず氏の街頭演説 →http://youtu.be/Z-sZrTkVY7Y
20150219 後藤とみかず氏の九電前スピーチ → http://youtu.be/7bJfk7MhikU
20130609 憲法についての勉強会 → http://youtu.be/fucnkXYkFno

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<溶岩を分厚い氷の上に注ぐ実験から川内原発の過酷事故を推定する2>
を報告します。

川内原発の再稼働が強行されようとしている今、注目すべき実験動画が公開さ
れている。

溶岩を分厚い氷の上に注いだらどうなるかの実験である。
川内原発に過酷事故が発生し、メルトダウンが起きて2800℃の溶融炉心が
100トンも融点1200℃のコンクリート上に落下する時、コンクリートが簡
単に溶けてしまうMCCI(溶融炉心コンクリート反応)と、溶岩を分厚い氷の
上に注ぐことは一見すると非常によく似ているように思われる。
そして、実験結果は下記のようになった。

【実験動画】溶岩を分厚い氷の上に注いだらこうなった  ロケットニュース24
「氷の上に大量の熱湯を注ぐと、氷は溶けて水になる」──これは、常識と言っ
ていいだろう。では、氷の上に溶岩を垂らしたらどうなると思う? 溶岩とは、
もちろん火山の “あの溶岩”だ。
私(記者)は、「氷が一瞬で水になってしまう!」と思ったのだが、結果は全
然違った! まさか、こうなるだなんて!! ……気になる答えは、実際に実験した
YouTube の動画
「What Happens When Lava Meets Ice?」で確認してみよう!

・分厚い氷の上に人工溶岩
動画を公開しているは、科学をテーマにした映像を数多くアップしている
『Science Channel』。早速、動画を確認してみると……氷の板の上に、見るから
にアッツアッツの人工溶岩が、重さ276kg、厚さ約1.8メートルの氷の上にド
バーーっと流し込まれる。
おい、大丈夫か? 氷が一瞬で溶けなくなり、溶岩がその周囲にある全てを溶か
してしまうのではないか? と思いきや!
……実際は、そうならかった! 結果から先に言うと、氷に触れた溶岩からブクブ
クと泡が発生。そして時間が経つと、泡が黒い風船のようになり、よりグロテス
クな姿になったのである。

・なぜ、泡ができるのか?
泡が出来る仕組みを、簡単に言うとこうだ。溶岩の温度はとても高いため、そ
れに触れた氷は水にならず、気化する。つまり、水を通り越して水蒸気になるの
だ。その水蒸気が、上に覆いかぶさる溶岩を押しのけて逃げようとするため、泡
が出来るのだという。

・元々は約4年前に行われた実験
実は、この実験は元々アメリカのシラキュース大学が約4年前に行い、話題を呼
んだもの。その実験動画に解説等が加えられ、今回改めて『Science Channel』
よりリリースされる運びとなったらしい。
そして新たな動画は、元動画が以前に一度公開されたにもかかわらず、アップか
ら2週弱で再生回数74万回を突破。人々の関心の高さをうかがわせる結果となっ
ている。
とにかく、その興味深い映像を是非とも自分の目でご確認あれ!
参照元:YouTube、vimeo、Metro(英語)
執筆:和才雄一郎

実験結果は氷が水になるのではなく、水蒸気になって溶岩中に浮上し溶岩の泡
が大量に発生している。
原発の過酷事故時にMCCIにより大量の水素・一酸化炭素・エアロゾルが発
生する事とよく似ている。
またこの実験は溶岩を水中に落下させているが、水蒸気爆発は起きていない。
  しかし、MCCIとこの溶岩を分厚い氷の上に注ぐ実験との根本的な違い
は、MCCIでは溶融炉心は重金属であるのに、溶岩は軽石なので高温物質の性
質が全く異なることである。
  MCCIの発生時、コンクリートと溶融炉心が反応して軽石状のクレストが
かなり発生し、溶融炉心を包み込んで断熱を行ない、溶融炉心を水で冷却する事
を困難にする。。
  また、鉄や銅の精錬時、金属の不純物を取り除くために石灰を大量に投入
し、スラグを作る。このスラグは溶岩とよく似た性質を持っている。
  一般の精錬時、大量に発生するスラグは水中に落下させて冷却を行う。
大量の高温スラグを何年間も水中に投下しても水蒸気爆発は殆ど起こらない。
  この実験結果とよく似ている。
そして、この実験結果は川内原発にメルトダウンが発生し、溶融炉心を大量の
緊急貯水で冷却した時、水蒸気爆発が起きることを否定する事にはならない。
しかし、クレストの挙動の推定には、参考になる良い実験である。
 ただし、この実験はインチキである。
1分10秒の時、氷の下にエキスパンドメタルを使用しているのが写っており、
溶岩はその下部に落下しており、泡を含んで固まった溶岩はエキスパンドメタル
で支えられているように観察される。
 エキスパンドメタルが無ければチャイナシンドロームが起きると思われる。

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2443】2015年3月26日(木)
┏┓
┗■.山田和明(たんぽぽ舎ボランティア)
└────
 藤原節男さんによれば福島第一原発事故の主犯は安倍首相であるという。
何故なら、第一次安倍内閣の2006年を思い出してほしい。
 国会で吉井議員(京都大学工学部原子核工学科出身、共産党)が日本の原発が
地震や津波で冷却機能を失う可能性があることを再三追及していた。4月には福
島第一原発を実際に視察して老朽化施設の危険性を訴えていた。
 更に12月には「巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民
の安全を守ることに関する質問書」を政府に提出。
 これに対して「内閣総理大臣、安倍晋三」の名で返答。「我が国において必要
な電源が確保できずに冷却機能が失われた事例はない」と吉井議員のスウェーデ
ンの例などバックアップ電源についての質問にも、検討もせず一蹴した。
 安倍首相がこのとき、真剣に取り組んでいたなら、福島第一原発事故は防ぐ事
が出来た。
これは不作為の違法行為であり、重大な犯罪に値する。
よって安倍首相こそ告発されて然るべき。

┏┓
┗■.新聞より2つ
 └────

 ◆国との闘争の最前線 抗議テント 攻防激化 (下)【東京新聞・こちら特報
部】より 2015年3月24日
   (沖縄のテントと経産省前の脱原発テント)

  脱原発の象徴 経産省前 再稼働反対 「全国の仲間の心のよりどころ」
  法運用を正す宿営型「市民運動」

 経産省前の脱原発テントをめぐる攻防の主戦場は法廷である。
 国は2013年3月、経産省前にテントを設営して脱原発や再稼働反対を訴えてい
る市民団体の代表2人を相手取り、立ち退きなどを求めて東京地裁に提訴した。
訴訟の判決は今年2月26日に同地裁であり、テントの徹去や土地使用料として約
1140万円の支払いなどを命じた。代表2人は3月3目、判決を不服として控訴した。
 一審・東京地裁は、判決確定前でも判決内容を実行できる「仮執行宣言」を付
けていたが、東京高裁は今月18日、テントの撤去の強制執行を停止する決定を出
した。これを受けて20日にテント前で開いた記者会見では、弁護団団長の河合弘
之弁護士が「テントは脱原発の運動の象徴。全国の仲間の心のよりどころだ。闘
い抜こう」とげきを飛ばした。
 経産省前にテントが登場したのは、福島原発事故から半年後の11年9月11日。
歩道に面した庁舎北西角の「ポケットパーク」(約89平方メートル) に3張りの
テントが相次いで設置された。数人~10数人が常駐し、ビラまきや請願活動など
の拠点となっている。被告の1人である淵上太郎氏は「脱原発・再稼働反対運動
を可視化する狙いがある」とカを込める。
 民主党政権は提訴に踏み切らなかったが、安倍政権は当初から強硬な姿勢をあ
らわにした。裁判では、国は国有地の不法占処と主張。一方、淵上氏は「テント
は国の事務を妨げているわけではない。公共財産であるポケットパークの使用目
的にも沿っている。歩行者が通る空間は確保されており、通行を妨げていない」
と反論する。
 淵上氏ら被告側は、「主権者宿営権」という新たな権利の概念も提起してい
る。弁護士の一瀬敬一郎弁護士は「誤った政策を強行する国に対して政策の修正
や変更を求める意思を国民に広く伝えるため、緊急かつ一時的に公共空間に居続
ける権利」と定義する。
 戦後の学生や労働者、市民の運動では、占拠する場所は大学や職場などが多
く、公共空間に長期間、宿営する事例は目立たなかった。最近は、「宿営型の市
民運動」は勢いを増している。それは辺野古や経産省前に限らない。
 九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働に反対する市民らも14年9
月、市内の原発近くの海岸にテントを設営した。海岸は国有地で県が管理してい
る。県への使用申請は拒まれた。市民側は、行政不服審査を申し立てつつテント
を維持している。
 公共空間に宿営して運動する権利が法的に確立されれば、市民運動における意
義は大きい。「主権者宿営権が認められれば、辺野古など全国の宿営型の運動の
追い風にもなる」(一瀬弁護士)
 宿営型の市民運動は、海外でも注目を浴びてている。中国では、香港の選挙制
度の改善などを要求する市民らが昨年後半に中心街を占拠した。世界的な金融機
関が集まる米ニューヨーク・ウォール街で11年に起きたオキュパイ(占拠)運動で
は、財界の金満体質を糾弾する市民らが近くの公園に野営した。
 専修大の内藤光博教授(憲法学)は「主権者宿営権のように、公共空間に宿営し
て運動する権利は、憲法21条が保障する集会の自由の1類型として認められるべ
きだ」と指摘する。
「法律上の権利として容認する国はまだないかもしれないが、世界の市民運動の
潮流の一つになっている。法律は現状に合わせて解釈していくのが妥当だ」
 高千穂大の五野井郁夫准教授(政治学)も「行政府の法の運用の仕方が常に正し
いとは限らない。政府が法を乱用するのなら、主権者には政府が押し付けてくる
法を正す権利がある。辺野古や経産省前などで繰り広げられるテント闘争は、好
例といえる」と評した。

((( デスクメモ )))
 経産省前テントは、右翼とおぼしき集団にたびたび襲撃されている。「なんで
占拠しているんだ」「とっとと出て行け」などの言い草は、安倍政権のそれと大
差ない。国家格カが右翼を調子づかせていると言ったら言い過ぎだろうか。もち
ろん、テント側は一歩も引かない。暴力に屈せぬ大切さを教えてくれる。(圭)

 ◆敦賀2号機「直下に活断層」報告了承 原子力規制委 東通は「可能性」
  原子力規制委員会は25日、日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県)の直下
を走る断層を、将来動く可能性がある「活断層」とする評価書案を了承した。東
北電力東通(ひがしどおり)原発(青森県)についても、敷地内に複数の活断層
がある可能性を指摘する評価書案を了承した。(後略)
    (3月25日東京新聞夕刊より抜粋)

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日、統一地方選の知事選の告示されました。また、川内(せんだい)原発であ
らたな動きもありました。
今朝も、川内原発、玄海原発・・・と紹介していきます。

1.「<九州電力>川内原発1号機の内部を報道公開」毎日新聞?3月26日(木)23
時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150326-00000135-mai-bus_all
「九州電力は26日、原子力規制委員会による使用前検査が30日に始まる川内
(せんだい)原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の内部を報道陣に公開した。
2013年7月の新規制基準施行後、管内4基の再稼働に3千数百億円と、多く
の経営資源を投入した安全対策で、事故への備えはどのように変わったのか。現
場の様子から探った。・・・・
一方、基準地震動(想定する最大の地震の揺れ)は引き上げられたが、主な対策
は配管類の補強工事にとどまった。規制委もこうした工事計画を認可したが、大
規模な火山噴火発生時に核燃料の搬出先を決めていないなど、積み残された課題
もある。・・・・公開後、報道陣から発電所の耐震性能を問われた九電川内原子
力総合事務所の古城悟所長は「世界的に見ても厳しい新基準に適合しており、十
分耐えうる設備になった」と話し、訓練を通じて社員の事故対応力を高めていく
ことを課題に挙げた。」
・・・地震動の引き上げでも、元々の躯体には手を付けずに、とんでもない。

1’.(川内原発)「建屋内の安全対策公開 川内1号機、再稼働控え」西日本
電子版2015年03月27日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/58880/1/
・・・写真多数。

1”.「川内原発内部を公開」南日本放送[03/26 18:56] ※映像有
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2015032600008455
・・他の3社でも映像があります。

1”’.「川内原発で重大事故想定し訓練」NHK鹿児島03月26日 18時33分 ※映像有
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5053361831.html?t=1427403562148
全文「九州電力が、早ければ7月の再稼働を目指す川内原子力発電所で重大事故
を想定した訓練が行われ、格納容器を冷やすため海水をくみ上げる手順などを確
認しました。
川内原発は、全国の原発で初めて原子力規制委員会から新しい規制基準に適合し
ていると認められ、このうち1号機について、九州電力は、7月に再稼働する工
程を示し、今月30日からは、新たな安全対策の設備の性能などを確認する「使
用前検査」が始まります。
26日、川内原発の安全対策や重大事故に対応した訓練が報道陣に公開され、原
子炉建屋に新たに設けられた装置のうち、格納容器内の水素の濃度を下げる装置
などが公開されました。
そして、大地震で、外部からの電源が全て失われたという想定で訓練が行われま
した。
このうち、格納容器内の温度や圧力を下げるため海水をくみ上げて使用する訓練
では、作業員たちが直径30センチのホースをトラックで引っ張りながら配管に
つないだり、大容量のポンプ車を使って海に見立てたプールから水をくみ上げた
りする手順を確認しました。
また、1号機の「中央制御室」と同じつくりの訓練施設では、作業員が、原子炉
内の温度や圧力を調べたり、緊急要員として駆けつけた社員との連携を確認した
りしていました。九州電力は、緊急時の初期対応のため、再稼働後は、原発やそ
の周辺に、少なくとも52人を24時間態勢で配置することにしていて、今後も
訓練を続ける考えです。
九州電力・川内原子力総合事務所の古城悟所長は「訓練で個々の役割を明確に
し、習熟度を高めていきたい」と話していました。」

玄海原発関連、
2.◎◎「247人が追加提訴、玄海原発差し止め訴訟 [佐賀県]」西日本新聞
2015年03月27日 00時10分
全文「九州電力玄海原発の運転差し止めと廃炉を国と九電に求めている佐賀地裁
の集団訴訟は26日、元日弁連会長の宇都宮健児さんら247人が追加提訴し
た。第13次の提訴で、これで原告数は全都道府県と中国や韓国、欧州などを含
む9126人となった。原告らでつくる市民団体「原発なくそう!九州玄海訴
訟」によると、6月上旬に第14次提訴を予定し、年内の原告数1万人達成を目
指すという。
追加提訴後に佐賀市の県弁護士会館で報告集会があり、長谷川照原告団長
(76)は「福島第1原発の事故は発生から4年が経過しても収束していない。
脱原発を願う国民の意思を実現すべきだ」と訴えた。」=2015/03/27付 西日本
新聞朝刊=

2’.「玄海原発訴訟、追加提訴で原告数9千人超に」佐賀新聞2015年03月26日
19時19分
http://www.saga-s.co.jp/column/genkai_pluthermal/20201/170537
「・・・原告には元日弁連会長の宇都宮健児氏や、福島第1原発事故の被害に関
する著書を出版した福島県飯舘村の酪農家長谷川健一さんらが新たに加わった。
原告の内訳は福岡県が5009人で最も多く、佐賀県は1869人。九州以外か
らも約千人が入っている。」

2”.「原発停止へ九州玄海訴訟原告9100人超に」佐賀テレビ(2015/03/26
21:31)※映像有
http://www.sagatv.co.jp/news/

3.「=議会だより= 佐賀市」佐賀新聞2015年03月26日 10時49分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/170348
「定例議会は25日、先議分を除く、新年度一般会計当初予算案など32議案を
原案通り可決、諮問1件を承認し閉会した。・・・・
玄海原発(玄海町)30キロ圏内の自治体で、電力会社による住民説明会を開催
するなどの措置を取らなければ再稼働を認めないよう佐賀県知事に求める意見書
など5件は賛成少数で否決した。」

4.「九電、唐津市議会に廃炉説明 住民向けには開かず」佐賀新聞2015年03月
26日 10時14分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/170335
全文「唐津市議会は25日、全員協議会(29人)を開き、九州電力の山元春義
副社長から玄海原発(東松浦郡玄海町)1号機の廃炉について説明を受けた。九
電は廃炉に関し住民説明会を開く計画はないと説明し、廃炉作業による大規模な
雇用を見込んでいないと伝えた。山元副社長のほか、原子力コミュニケーション
本部八木繁部長ら5人が議会を訪れ、廃炉に至った理由や施設解体までの過程を
説明した。
住民説明会開催について、八木部長は「日ごろから見学会なども行っているの
で、多くの人を集めて説明することは考えていない」と話した。雇用見通しで山
元副社長は、廃炉工事が先行する中部電力浜岡原発1、2号機(静岡県)を例示
しながら「工事が急激に進むわけではないので、何千人が関わるということでな
く、粛々とした雇用になるのでは」と述べた。」

5.(福岡)知事選告示、現新一騎打ち 街頭で理念や政策訴え」朝日デジタル
2015年3月27日03時00分 ※グラフ有
http://www.asahi.com/articles/ASH3S4G0NH3STIPE012.html
「26日に告示された県知事選に立候補を届け出た現職の小川洋氏(65)と新
顔の弁護士後藤富和氏(46)は、さっそく街頭で理念や政策を訴えた。4月
12日の投票日に向け、選挙戦初日に2人が訴えた内容は――。小川氏と後藤氏の
この日の演説について、テーマごとに費やした割合を比べてみた。・・・」
・・・両社の違いが鮮明です。

5’.「福岡県知事選、「県民幸福度日本一」vs「子どもに残す笑顔の未来」統
一地方選2015年」データ・マックス2015年3月26日17:22
http://www.data-max.co.jp/politics_and_society/2015/03/33826/0326_ymh_dm1553/
「4月12日投票の福岡県知事選は3月26日告示され、現職で2期目をめざす無所
属の小川洋氏(65)=自民、民主、維新、公明、社民推薦=と、無所属新人で弁
護士の後藤富和氏(46)=共産支持=が立候補し、それぞれ福岡市で第一声をあ
げた。・・・
後藤氏は「脱原発宣言をする」と掲げ、「原発が停止し、放射能の不安がない、
クリーンな福岡県。戦争の恐怖に脅えることのない平和な福岡県を、県民のみな
さんと一緒に実現していく。全力で集団自衛権に反対し、福岡県は戦争に一切協
力しない」と表明した。」

5”.「「脱原発宣言」と集団自衛権反対、後藤富和候補の第一声 統一地方選
2015年」データ・マックス2015年3月26日17:21
http://www.data-max.co.jp/politics_and_society/2015/03/33828/0326_ymh_1/

5”’.「九州を引っ張り、日本を支える」小川洋候補が第一声 統一地方選2015
年」データ・マックス2015年3月26日17:20
http://www.data-max.co.jp/politics_and_society/2015/03/33824/0326_dm1553/
「福岡県知事選が告示された26日、再選を目指す無所属現職の小川洋氏(65)は
福岡市天神の警固公園の出陣式で、第一声をあげた。小川氏を推薦する自民、民
主、維新、公明、社民各党の衆参両院議員、県議会議員、市議会議員ら、加地邦
雄県議会議長、井本宗司大野城市長、林裕二県議会議員(県農政連委員長)らが
参加した。・・・」
・・経済界も含むネクタイ・背広組が並んだようです。

関連、他の地域の知事選はこちらの記事で、
6.「激突・相乗り…地域の未来、託すのは 10知事選告示」朝日デジタル
2015年3月26日16時37分
http://www.asahi.com/articles/ASH3V31X2H3VUTIL004.html

原発立地・周辺地域、
7.「大間原発「凍結」署名 3カ月で14万超 函館市 町会連合会が経産省
に提出 「市民の不安受けとめて」」しんぶん赤旗3月26日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-03-26/2015032615_01_1.html
「電源開発(Jパワー)が青森県大間町で建設中の大間原発について、津軽海峡
を隔て対岸に位置する北海道函館市の町会連合会(183単位町会)は25日、
建設凍結を求める署名14万6184人分と要望書を経済産業省に提出しまし
た。経産省への署名提出に先立ち、電源開発にも要望書を提出しました。
非公開で行われた要請後、会見した連合会の新谷則(しんや・ただし)会長
(79)は、「万が一事故があった場合、何の遮蔽(しゃへい)物のない海の上
を一挙に放射線の汚染が広がってくる」と指摘。テロ攻撃の危険や温排水による
漁業への影響、事故時の避難など、「市民の不安を残したまま大間原発の建設を
容認することはできない。いったん立ち止まり、市民の不安を取り除いた上で、
建設するかどうか判断する。建設の一時凍結が14万の署名に託された市民の思
いだ」と語りました。武下秀雄副会長(74)は、「この署名の数を見て、少し
でも私たちの思いを受け止めてもらえたのではないか」と語り、住民説明会につ
いて、「検討」(電源開発)、「時期を見て考える」(経産省)など前向きの回
答を得たと述べました。・・・・
署名は昨年12月15日から開始。町内会が戸別訪問や街頭活動で1月末までに
約9万6000人分集めたほか、道内や関東圏、石川県などからも届きました。」

8.(青森県)「原子力人材育成拠点、青森県が整備」河北新報2015年03月26日
木曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150326_21047.html
「青森県が2017年度の開設を目指す「県原子力人材育成・研究開発拠点施
設」の概要がまとまった。日本原燃が運営する核燃料サイクル施設のある六ケ所
村に建設予定で、原子核の構造研究などに用いる専用装置を設置する。既に東北
の5大学と高専が利用を決めた。県は人材育成を通じた原子力施設の安全性向上
や、地元経済の活性化に期待する。・・・・」

9.(京都府)「関電、高浜原発の安全策説明 京都府と30キロ圏の自治体な
どに」京都新聞?3月26日(木)13時47分配信
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150326000076
「関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の安全性について意見を交わす
「地域協議会」が26日午前、京都市上京区の京都府庁で開かれた。山田啓二知
事や府内の市町長らが出席し、関電と原子力規制庁の担当者から、3、4号機の
安全対策について説明を受けた。地域協議会は原発の安全対策に関する情報提供
や意見聴取の場で、府と関電が安全協定を締結した2月に発足した。府からは山
田知事と原子力防災専門委員が出席。自治体では協議会を構成する同原発30キ
ロ圏の7市町長らのほか、圏外の京都市、亀岡市、京丹後市の各副市長が初めて
参加した。・・・」
・・・以下は検索してどうぞ。

10.(宮城県)「(国策の果て 岐路の原発:3)原発追認、裁判長の自問
是認の想定、超えた津波」朝日新聞デジタル?3月26日(木)11時30分配信 (有料記事)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11670026.html
「2011年3月12日、白煙が噴き上がる福島第一原発の映像を見て、塚原朋
一(69)はとっさに思った。「女川は大丈夫か」。そして、仙台地裁で裁判長
として女川原発の建設・運転差し止め訴訟を指揮した日々を、思い出していた。
 仙台赴任は91年。94年1月、塚原は住民側全面敗訴の判決を言い渡す。
「我が国においては、石油代替エネルギーの中で原子力発電を最も有望なものと
評価し(略)現在に至るもこの政策は一貫して進められてきている」。原発推進
の国策を追認した。原告が心配する放射線による身体への障害発生の可能性につ
いても、「社会観念上無視し得る程度」と退けた。・・・・・」

11.(福井県)「規制委の活断層評価書確定 県「信頼関係が欠如」中日新聞
2015年3月26日
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20150326/CK2015032602000021.html
「原子力規制委員会が二十五日、日本原子力発電敦賀原発2号機(敦賀市)の原
子炉建屋直下の断層を活断層と認める有識者調査団の評価書を確定したことに、
県安全環境部の桜本宏部長は記者団に「規制者と被規制者(原電)の間で信頼関
係が欠如している。規制庁の進め方に問題があり、県として遺憾に思う」と述べた。
評価書が確定しても敦賀2号機の再稼働に向けた適合申請は可能。田中俊一委員
長が「評価結果は重要知見の一つ。審査の参考にする」としたことから桜本部長
は「評価書自体の位置付け、責任の所在が極めてあいまい」と指摘。「規制委は
立地地域と県民の理解と納得が得られるよう、あらためて事業者と真に科学的な
議論を尽くし、公平公正な責任ある結論を導き出す必要がある」と求めた。
また、敦賀市の河瀬一治市長は「評価書には昨年十二月のピア・レビュー会合で
異論・反論など多くの意見が出された。にもかかわらず、公の議論を経ずに原子
力規制委員会にいきなり報告されたことは理解しがたい」と強く反発。・・・・・」

12.(福井県)「活断層認定に「科学的議論尽くせ」 敦賀原発2号、県と市
が苦言」福井新聞(2015年3月26日午後5時10分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/67326.html
「原子力規制委員会が25日、福井県の敦賀原発2号機直下の破砕帯を「活断
層」と認定した有識者調査団の評価書を確定したことについて、敦賀市の河瀬一
治市長は同日「透明で開かれた組織という活動原則に反している」と批判するコ
メントを出し、規制委のあり方を見直すよう求めた。県の櫻本宏安全環境部長も
「事業者と十分な議論を行わず、審査の進め方や手続きに問題があり遺憾」と述
べ、科学的な議論を尽くし公平公正な結論を導き出すべきだと訴えた。・・・・
また、規制委が調査団の評価書を「重要な知見の一つとして参考にする」として
いる点について「評価書の位置づけ、責任の所在が非常にあいまいではっきりし
ない。今までの手続きや方法は大きな問題がある」と指摘。規制委の手続きの変
遷は「規制委に対する信頼を大きく損ねる」と苦言を呈した。」

13.(福井県高浜町)「高浜原発審査関する質問と回答公開 町HPに原子力
規制庁が判断した32件」福井新聞(2015年3月26日午後5時30分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/67328.html
全文「福井県高浜町は、関西電力高浜原発3、4号機の原子力規制委員会の審査
をまとめたビデオへの町民の質問に対する原子力規制庁の回答を、町のホーム
ページ(HP)に掲載している。ビデオは、町内のほぼ全世帯が視聴できるケー
ブルテレビで3月3日から15日まで放映された。同日まで安全審査に対する質
問を募り、町民ら27人から意見を含む42件が寄せられた。HPには、同庁が
質問と判断した32件を公開。津波や地震対策、重大事故やテロへの対応など
17項目に分けられている。「安全対策の数が多い。設備同士で悪影響はないの
か」「目に見えない放射性物質を放水で抑制できるのか」などの質問があった。
同町によると、4月末まで公開する予定。」

14.(新潟県)「柏崎刈羽原発、全号機停止から3年」新潟日報3月26日
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20150326171063.html
「東京電力柏崎刈羽原発が全号機停止して26日で3年を迎えた。原子力規制委員
会による6、7号機への新規制基準の適合性審査はスピード感を増しているが、
審査の終了時期は見通せず、ソフト面でも避難計画など課題は山積する。産業・
経済界を中心に地域経済が冷え込んでいるとして再稼働を求める声が強まる一方
で、不安感を訴える声も根強い。
規制委による審査で論点の一つとなっている敷地内外の断層については、17日に
現地調査が行われた。・・・・
泉田裕彦知事は「福島事故の検証と総括をしないうちは再稼働の議論はしない」
との立場を崩していない。県が独自に福島第1原発事故を検証する「県技術委員
会」の審議もまだ途上だ。24日、2015年度をめどに放射性物質の拡散予測を
示すことが決まり、一定の前進を見せたが、詳細な内容はまだ決まっていない。
地元では経済界を中心に「3・11の東日本大震災以降、企業向けの電気料金が上
がった。これでは中小企業が収益を上げようとしても難しい」などの声が上が
る。一方、再稼働に反対する人や、原発の安全性を不安視する人も多い。「再稼
働なら、3・11を踏まえた実効性のある避難計画が最低限必要だ」と訴える住民
もいる。」

15.(静岡県)「菊川市2施設に空気清浄機 原子力災害時の一時避難場所」
静岡新聞(2015/3/26 08:43) http://www.at-s.com/news/detail/1174180357.html
「菊川市は2015年度、中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)の事故に備え、高
齢者や障害者など避難行動要支援者が一時的に避難する嶺田地区コミュニティー
センター(菊川市嶺田)と小笠南地区コミュニティーセンター(同市高橋)に、
放射性物質を取り除く空気清浄機を整備する。清浄機は両センターの屋外に置
く。・・・・」

原発施設、
16.(静岡県)「配管の厚み、国の基準下回る 浜岡原発3号機」静岡新聞
(2015/3/26 07:45)
全文「中部電力は25日、浜岡原発3号機サービス建屋(御前崎市佐倉)地下1
階の放射線管理区域内にある廃液を処理する配管(外径60ミリ)の厚みが、国
の技術基準を下回っていたと発表した。中電によると、配管は、同区域内で使用
した衣服を洗濯した際に発生し、タンクにためられた廃液を循環させる際に使
う。技術基準では2・4ミリ必要だが、2・3ミリだった。今後、原因を調べ交
換する。」

17.(静岡県)「経年変化研究、5月連休明けにも着手 中電方針」静岡新聞
(2015/3/26 07:48) http://www.at-s.com/news/detail/1174180324.html
「中部電力は25日、廃止措置中の浜岡原発(御前崎市佐倉)1号機の廃材を
使った原子炉材料の経年変化の研究について、5月の連休明けにも着手する方針
を示した。県庁で25日に開かれた県の原子力経済性等検証専門部会と原子力分
科会の合同会議で、中電の担当者が明らかにした。廃材のサンプル採取から始め
る予定。・・・・・・・・・・」

18.(青森県)「東通原発の断層評価書確定も結論先送り」デーリー東北
2015/3/26?09:00
全文「東北電力東通原発(東通村)の敷地内断層に関し、原子力規制委員会は
25日の定例会合で、敷地内を南北に走る主要断層「F―3」「F―9」につい
て、「将来活動する可能性がある」とした有識者調査団の評価書を確定した。原
子炉建屋など重要施設直下の二つの小断層については活動性の有無を判断せず、
新規制基準適合の安全審査に結論を先送りした。」

政府が、またとんでもない作業を、
19.●●「原発事故、想定確率下げも=発電コスト検証で―経産省作業部会」時
事通信?3月26日(木)15時41分配信
全文「電源ごとの発電コストを再検証する経済産業省の有識者作業部会は26日、
原発の発電コストの算定に当たり、事故発生確率を従来の想定より引き下げるこ
とに関して検討に入った。原発の新規制基準が2013年7月に施行され、電力各社
が巨額の安全対策投資を行っていることを踏まえた措置。事故確率が下がれば、
コスト低下要因となる。しかし、事故が起きた場合の賠償費用や安全対策投資の
額は、これまでの推計を上回る見通し。再検証の結果、全体としてコストがどの
程度変動するかは不透明だ。」

20.●●「「もんじゅ」技術開発費、原発コストに含めず 経産省」朝日新聞デ
ジタル?3月27日(金)0時48分配信
全文「原発の発電コスト計算から高速増殖炉の原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀
市)の技術開発費が除外される見通しとなった。経済産業省が26日開いた、原
発や再生可能エネルギーなど電源ごとの発電コストを再検証する「発電コスト検
証ワーキンググループ(WG)」で、方針に異論が出なかったためだ。
この日のWGでは、将来に向けた研究費は、いまの発電コストに含めるべきでは
ないとの意見でまとまった。前回2011年の民主党政権下では、それまで含ん
でいなかった原発立地のための交付金や研究費といった「政策経費」も加えるこ
とにした。この時の政策経費は、11年度の予算をもとに年間3182億円かか
ると試算して、発電コストは1キロワット時あたり1・1円上昇した。」このう
ち「もんじゅ」を含めた将来に向けた技術開発費は1401億円と半分近くを占
めた。今回の算定で使われる今年度予算では、「もんじゅ」を運営する日本原子
力研究開発機構の運営交付金が955億円などとなっており、こうした費用が除
外の対象になるとみられる。今後、経産省は除外する費用を積み上げるが、
前回の1キロワット時あたり8・9円以上とした原発コストの押し下げ要因になる。
一方、前回試算で「約40年に1回」とした事故の発生確率は結論が出ず、これ
からの焦点になる。委員からは「原発の安全対策をしているのに事故リスクが下
がらないのは、つじつまが合わない」とする意見や、「前回も世界最高水準の安
全対策をとることが前提だった。確率を変えるのは反対だ」という意見もあり、
割れた。
・・・・都合よく使い分けて、とんでもない!!

21.「原賠機構、東電の追加支援案を了承=再建計画、6月めど本格改定」時
事通信?3月26日(木)13時1分配信
全文「政府の原子力損害賠償・廃炉等支援機構は26日、運営委員会を開き、東京
電力福島第1原発事故の賠償に必要な東電への追加支援額などを盛り込んだ新総
合特別事業計画(再建計画)の一部改定案を了承した。支援機構と東電は、月内
に宮沢洋一経済産業相へ改定案の認定を申請する。改定案は、原発事故の被災者
らに支払う賠償費用が膨らんでいることに伴う追加支援や、金融機関への追加融
資要請などが柱。柏崎刈羽原発(新潟県)再稼働時期の見通しや東電の事業計画
などを盛り込んだ再建計画の本格改定案は、6月をめどに策定する方針だ。福島
第1原発事故の賠償支援額をめぐり、東電は昨年7月にも約5126億円の追加支援を
要請。今回の追加支援額も数千億円規模に上るとみられる。」

22.「東電、賠償追加支援で6348億申請…7回目」読売新聞?3月26日
(木)19時59分配信
全文「東京電力は26日、福島第一原子力発電所事故の賠償などにあてる資金と
して、政府の原子力損害賠償・廃炉等支援機構に対して、6348億4833万
円の追加支援を申請した。賠償費用が従来の予想を上回ったことなどによるもの
で、今回が7回目となる。申請が認られると、東電に対する政府の資金援助の総
額は約5兆9362億円となる。」

23.(政府が)「原発爆発後の写真公表で叱責 事故調12人分の調書公開」
佐賀新聞2015年03月26日 22時03分
全文「政府は26日、東京電力福島第1原発事故をめぐり、政府の事故調査・検
証委員会が関係者を聴取した「聴取結果書(調書)」のうち12人分を新たに公
開した。公開は6回目で、計236人分となったが、事故当時の東電経営陣の調
書は今回も公開されなかった。
●●このうち東電福島事務所の松井敏彦所長(当時)は、1号機原子炉建屋が水素
爆発した2011年3月12日、爆発後の写真を独断で公表した経緯を説明。公
表を知った枝野幸男官房長官から清水正孝社長が叱責され、松井氏も本店担当者
から「なぜ勝手に出した」と言われたという。」

福島第1原発、
24.「正門周辺の大気中の環境放射線量毎日新聞2015年03月27日
「26日正午現在 1.035マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力の計測
結果から 前日は1.037マイクロシーベルト毎時」

25.●●●「汚染地下水の流出、年間2兆6000億ベクレル」読売新聞?3月26
日(木)16時48分配信
http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000303/20150325-OYT1T50122.html
「東京電力は25日、福島第一原子力発電所から港湾へ汚染された地下水が流出
し続けており、ベータ線を出す放射性物質の流出量は年間2兆6000億ベクレ
ルに上るとの推計を明らかにした。東電は、地下水の海洋流出を防ぐため、護岸
に「海側遮水壁」を建設中だが、完成すると地下水が行き場を失って水位が上が
るため、全780メートルのうち770メートルを造ったところで中断。残り
10メートルの部分から地下水が海に流出し続けている。・・・・
一方、汚染された雨水が排水路から外洋に流出した問題について、東電は昨年4
月~今年2月にかけての流出量を、ベータ線を出す放射性物質が計2300億ベ
クレル、セシウム137が1500億ベクレルと推計した。規制委、東電とも、
外洋への影響は少ないとみている。東電は4月から、汚染雨水を外洋でなく港湾
内へ流す計画。」
・・・・記事の言い回しに注意! 湾内に流しても、湾と外洋の間で海水が入れ
替わっていることが書かれていない。

26.●●●「作業員、線量超過相次ぐ 170人超現場離れる 第一原発」福島
民報2015/03/26 08:48
http://www.minpo.jp/news/detail/2015032621758
長い記事「東京電力福島第一原発の廃炉作業で、被ばく線量が法定上限の「5年
間で100ミリシーベルト」を超え、現場で働けなくなった作業員は今年1月末
現在で174人となった。同原発の登録作業員は1万4000人程度だが、
50~100ミリシーベルト被ばくしたのは2081人に上る。今後は線量の高
い場所での業務が増える見込みで、専門家からは作業員を安定して確保する仕組
みづくりが急務だとする指摘が出ている。・・・・
こうした状況を踏まえ、県原子力対策監を務める角山茂章氏(71)は、廃炉が
完了すると見込まれる30~40年後を見据えた長期的な人材確保の仕組みづく
りが不可欠だと指摘。「被ばく線量が増えて熟練作業員が現場を離れれば、廃炉
業務は滞ってしまう。国と東電は対策を急ぐべきだ」と求めている。・・・・」

27.「今も続く 海中がれき処理」読売新聞2015年03月26日
http://www.yomiuri.co.jp/local/miyagi/news/20150325-OYTNT50341.html
「津波で生じた海中がれきの処理事業が、震災から4年が過ぎた今なお続いてい
る。地上のがれきの処理は宮城、岩手両県で2014年3月に終わったが、沿岸
部近海の海中がれきは残量が分からなかったり、作業効率の悪さから入札不調が
起きたりして、撤去完了の見通しが立たない状況だ。地元の漁業者たちは「早く
片づけて」と訴えている。・・・・・
福島県では、福島第一原発の周辺海域で作業ができていない。福島県水産課は
「いつまで事業を続けなければならないかは見通せない」としている。」

原発被害地域フクシマ、
28.「「安全」だとして原発再稼働を進める政府に批判集中…避難住民の苦し
い胸の内」週刊SPA!?3月26日(木)9時21分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150326-00814832-sspa-soci
「◆一度事故を起こせば取り返しがつかない 「原発テロ」という脅威がさらに
高まった状況だが、福島第一原発の事故収束もままならないうちに「安全」だと
して再稼働や輸出を進める日本政府の態度に批判が集まっている。
原発事故から4年目を迎えようとしていた3月2日、福島第一原発20km圏の双葉郡
葛尾村から郡山市に避難した菅野博氏(45歳)は、苦しい胸の内を語っ
た。・・・・・
「『除染が済めば、住めるようになる』と行政は言い、来年春にも避難解除がさ
れる見通しですが、農業再開は非常に厳しい。兼業農家で米を作って牛も飼って
いましたが、『汚された土地で作っていいのか』という疑問が消え去らないので
す。川魚やキノコなど、自然の恵みの魅力もなくなってしまっ
た」・・・・」・・人間の身勝手な振る舞いに、以下、是非検索してお読みくだ
さい。

29.(南相馬市)「「帰還意向」46% 小高区住民調査」福島民報?3月26日
(木)11時46分配信
http://www.minpo.jp/news/detail/2015032621774
「福島県南相馬市は25日、東京電力福島第一原発事故の避難指示区域となって
いる同市小高区の住民を対象に実施した帰還などに関する意向調査の結果を発表
した。地元に「戻る」と「条件が整えば戻る」とした回答は合わせて46.6%
となり、「戻らない」の28.8%を大きく上回った。「戻る」は20.2%、
「条件が整えば戻る」は26.4%だった。帰還を希望する回答者は50代以上
が多く、49歳以下は市外での生活を希望する傾向が見られた。「戻る」とした
回答者が挙げた帰還時期は「すぐ戻る」が50.7%、「3年以内」が
34.5%、「5年以内」が6.3%となった。・・・・」

30.(南相馬市)「帰還意識に地域差 南相馬・小高区住民の意向調査」福島
民友新聞?3月26日(木)11時7分配信
http://www.minyu-net.com/news/news/0326/news5.html
「・・・・・帰還を検討している人は46.6%で、「戻らない」と答えた人は
28.8%だったとする意向調査の速報値を発表した。「戻らない」との回答は市
街地の小高区中部が21.7%だった一方、津波に遭った同区東部、放射線量が高
い同区西部ではいずれも35%を超え、帰還意識の地域差が浮き彫りになっ
た。・・・・・」

31.(広野町)「ふたば未来学園開校へ、広野町が「見守りカメラ」朝日デジ
タル2015年3月27日03時00分 ※有料記事
http://www.asahi.com/articles/ASH3T6WYWH3TUGTB00M.html
広野町は、ふたば未来学園の仮設校舎に使われる広野中学校周辺や通学路、生徒
が利用するJR広野駅近くなど24カ所で4月から防犯カメラの運用を始める。
住民の間では廃炉や除染の作業員約3千人が住むことへの不安が根強く、町はカ
メラを犯罪抑止と安心感につなげたい考えだ。
「見守りカメラ」の設置費用約6千万円は国の交付金でまかなった。24時間撮
影するが、画像を常時監視するのではなく、犯罪発生の情報があった時などに警
察に画像を提供する。
福島第一原発の30キロ圏にある広野町は事故の1年後に避難指示を解除した後
も、町民約5100人のうち避難先から戻ったのが約1900人で、半数に届い
ていない。一方、町は廃炉作業に取り組む企業の拠点になり、プレハブ宿舎など
に作業員が約3千人住む。・・・・」

32.「チェルノブイリ事故の教訓学ぶ 福大でセミナー開幕」福島民報?3月26
日(木)12時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150326-00000020-fminpo-l07
「「原子力災害の心理的影響を考える国際セミナー―チェルノブイリ事故の教訓
を学ぶ―」は25日、福島市の福島大で始まった。26日まで。
・・・・・チェルノブイリ原発事故の影響を調査しているウクライナとロシアの
研究者らが参加し、それぞれの研究成果を発表した。福島大と氏家達夫名古屋大
大学院教育発達科学研究科代表が、サントリー文化財団の助成を受けてセミナー
を企画した。」

33.「「福島でしか学べないこと学んだ」 福島大卒業式」福島民友新聞?3月
26日(木)11時6分配信
全文「福島大は25日、福島市の同大で学位記授与式を行い、学類の939人、大学
院の108人の1047人が巣立ちの時を迎えた。学類の卒業生は4年前、入学直前に東
日本大震災、東京電力福島第1原発事故に遭遇。答辞を述べた行政政策学類の渡
辺大貴さん(22)は「震災に伴う変化に振り回された4年間だったかもしれな
い。でも、今の福島でしか学べないことを学んだ」と卒業生の思いを代弁した。
福島大は25日、福島市の同大で学位記授与式を行い、学類の939人、大学院の108
人の1047人が巣立ちの時を迎えた。学類の卒業生は4年前、入学直前に東日本大
震災、東京電力福島第1原発事故に遭遇。答辞を述べた行政政策学類の渡辺大貴
さん(22)は「震災に伴う変化に振り回された4年間だったかもしれない。で
も、今の福島でしか学べないことを学んだ」と卒業生の思いを代弁した。」

34.(いわき市)「(プロメテウスの罠)オイルマン:20 断る理由なく
なった」朝日新聞デジタル?3月26日(木)16時0分配信 (有料記事)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11670024.html
「◇No.1224 福島県いわき市にある小名浜石油の社長、小松隆行
(60)は断ったはずの油の放出をなぜ決断したのか。小松が、福島県庁の出先
のトップ、いわき地方振興局長の二瓶辰右エ門(61)からの放出要請を断った
のは2011年3月16日夜だった。燃料欠乏に苦しむ県内に油を「公共放出」
させることは、県庁を挙げて取り組む重要なプロジェクトの一つだった。・・・
小松によれば、和田は「菅直人首相から三菱商事にお願いすれば出してくれるの
か?」とも尋ねてきた。・・・・だが「そんなことを言われても、私どもの会社
が一時閉鎖しているのは原発の問題が理由。たとえ総理大臣に言われても、でき
ないものはできないですよ」と突っぱねた。ただ、出荷要請への対応を三菱商事
と相談しなければ、とも思った。・・・小松は小名浜石油の事務所に電話してみ
た。4人の社員が自主的に出社していた。出荷は可能だという。高岡ら三菱商事
側は「やるしかないでしょう。国からの要請じゃないですか」と小松の背を押し
た。「人がいないから、そんなこと出来ませんよ」と要請を断ろうと思っていた
が、その前提が覆った。小松は緊急出荷を決断した。」

35.(いわき市)「海底土から放射性物質取り込まず 魚の飼育実験、汚染想
定」西日本新聞2015年03月26日 21時16分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/158610
全文「東京電力福島第1原発事故後の福島県沖の状況を想定した魚の飼育実験
で、汚染した海底の土から直接、魚に放射性物質が移行することはほとんどな
かったとの研究結果を横浜市にある水産総合研究センター中央水産研究所のグ
ループが26日までにまとめた。27日から東京海洋大(東京都港区)で開かれ
る日本水産学会の大会で発表する。グループは今後、餌の生物を通じて魚がどの
程度セシウムを取り込むか調べる必要があるとしている。実験は福島県いわき市
の水族館「アクアマリンふくしま」で実施。」

36.(いわき市)「小名浜港に新魚市場が完成」NHK福島03月26日12時52分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053347621.html?t=1427402041913
「東日本大震災の津波で大きな被害を受けたいわき市の小名浜港で、新しい魚市
場の施設が建設され、26日、漁協の関係者などが集まって完成を祝う式典が開
かれました。いわき市の小名浜港にある魚市場は、震災の津波で大きな被害を受
けたことから、福島県漁業協同組合連合会が、港内の別の場所に新しい魚市場の
建設を進めてきました。・・・・
・・・これまでは仮設の施設で行っていた放射性物質の検査も、新たに設けた専
用の検査室で行うということです。
福島県漁連の野ザキ哲会長は「原発事故で福島の漁業は依然として厳しい状況だ
が、放射性物質の検査態勢の充実や衛生管理を徹底した施設なので安心、安全と
ともに、福島の漁業の再興につなげていきたい」と話していました。」

37.「(福島県)26日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線
量測定値」福島民報3月27日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・「放射性物質の検査結果(野菜)」

38.(東京で)「本県(福島)の名品求めにぎわう みずほ銀行本部ビルで福
島物産展」福島民報?3月26日(木)12時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150326-00000019-fminpo-l07
「みずほ銀行は25日、東京・大手町の本部ビルで福島物産展を開き、菓子や果
物など県産品を購入する来場者でにぎわった。同行は、東日本大震災や東京電力
福島第一原発事故からの復興に向けて歩む本県を支援しようと、定期的に物産展
を開いている。会場には日本酒やラーメンが並び、行員らが次々に買い求め
た。・・・・・竹下亘復興相や前復興相の根本匠衆院議員(福島県2区)も視察
に訪れた。イチゴなどを購入した竹下氏は「風化を防ぐ上でも、催しを通して支
援していただき、ありがたい」と述べた。」・・・みずほ銀行=東電のメインバ
ンクの一つ。

39.(台湾)「国民党の国会議員、日本食品の不買呼びかけ??輸入規制品の流
通受け/台湾」中央社フォーカス台湾?3月26日(木)13時59分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150326-00000006-ftaiwan-cn
「(台北??26日??中央社)福島第1原発事故発生後から輸入が規制されている福
島、茨城、栃木、群馬、千葉の食品の一部が産地を偽装されて流通していたこと
を受け、与党・国民党の立法委員(国会議員)らは25日、記者会見を開き、国民
に対して日本食品の不買を呼びかけた。・・・・同党の蘇清泉立法委員は、仮に
日本側で偽装が行われていた場合、日本企業や政府を強く非難すべきだなどと訴
え、予防処置として日本から輸入された食品を全面的に撤去する必要性を指摘した。
衛生福利部の関係者は同日、日本からの輸入食品に対する検査を19日より強化し
ていると説明。問題が確認された商品について、27日までに撤去を完了させると
している。」

40.「【千葉】南相馬の子に安心の野菜を 松戸の市民団体 11年6月から
茨城産送る」東京新聞2015年3月26日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20150326/CK2015032602000144.html
「松戸市に拠点を置く市民団体「東日本大震災被災者支援千葉西部ネットワー
ク」が、東京電力福島第一原発事故で深刻な被害を受けた福島県南相馬市へ、学
校給食用に野菜を送り続けている。同県産の野菜はほとんどが国の食品衛生法の
基準を満たしている。だが、放射能の影響を不安に思う保護者に配慮し、市教委
が地元の食材使用をまだ控えているからだ。・・・・
同ネット事務局の永田研二さん(63)は「被災地への関心を持ち続けてほし
い。必要とされる限り支援を続ける」と協力を呼び掛けている。二十八、二十九
両日には古本市を松戸市の「ほくとビル」で開く。問い合わせは・・・・」
・・・中間は検索してどうぞ。

41.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞3月26日17:35
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150326/1910484
「▼空間放射線量率(26日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・」

42.(山形県)「希望新聞:東日本大震災 自立へ、親子の背中押す 避難者
支えた保育園閉園」毎日新聞 2015年03月27日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150327ddm013040010000c.html
「・・・21日、卒園式と同時に閉園式があった。・・・・」・・・・他紙既報
ですが・・・・。

電力、
43.「東北電、福島沿岸部に大型蓄電池 再生エネ受け入れ準備」日本経済新
聞電子版2015/3/26 2:00
全文「東北電力は大型蓄電池を福島県の沿岸部に設置する。太陽光や風力などの
発電量が急激に増えたとき、容量2万~3万キロワット時の蓄電池で一時的に電
気をためる実証実験をする。東日本大震災からの復興に向け、福島県内で発電し
た再生可能エネルギーを優先的に受け入れる準備を進める。設置費用は、最大約
317億円まで経済産業省が補助する。東北電は今週中にも同省の事業に応募し、
採択される見通しだ。蓄電池を使って再生エエネをどのくらい追加で受け入れら
れるか、周辺機器や周波数に影響がないかを調べる。
政府は福島県沿岸部の土地を利用し、再生エネを普及させたい考え。1月には宮
沢洋一経済産業相が東京電力の広瀬直己社長と東北電の海輪誠社長に対し、被災
地の再生エネを優先的に受け入れるよう求めていた。
発電事業者は再生エネで作った電力を電力会社に販売できるが、発電量が急増す
ると電力会社に受け入れられないケースがある。東北電や九州電力などは太陽光
の発電事業者を中心に、必要に応じて発電の中止を要請するなど買い取りを一部
で制限している。」

44.「東北電社長に原田氏昇格 改革に備え5年ぶり交代」佐賀新聞2015年03
月26日 18時13分
http://www.saga-s.co.jp/news/national/10204/170510
「東北電力は26日、原田宏哉副社長(59)が社長に昇格する人事を発表し
た。海輪誠社長(65)は代表権のある会長に就き、高橋宏明会長(74)は相
談役に退く。6月下旬の株主総会とその後の取締役会で正式に決める。・・・・
原田氏は原発の再稼働問題に関し「安全対策を着実に進め、地域の皆さまから理
解を得られるよう丁寧にやっていくことが大事だ」と話した。」

45.「関電、販売量の伸びが過去最低 最大供給力は未定」佐賀新聞2015年03
月26日 19時53分??
全文「関西電力は26日、今後10年間の発電所の建設計画などを示した
2015年度の電力供給計画を発表した。電力小売り全面自由化に伴う競争激化
などで、販売電力量の伸びが今後、鈍化すると予想。13~24年度の年平均伸
び率は0・2%と過去最低を予想している。各年8月のピーク時の電力供給力見
通しは、原発の再稼働時期が予測しにくいため、4年連続で「未定」とした。
原発稼働ゼロで迎える公算が大きい今夏の電力需給に関し、大阪市内で記者会見
した八木誠社長は「厳しい需給が予想されるが、自社の火力や水力を最大限活用
する」と強調した。」

46.「関電、販売量の伸びが過去最低 最大供給力は未定」西日本電子版2015
年03月26日 19時58分 更新
http://qbiz.jp/article/58871/1/

47.「【九州電力】小型水力の竜宮滝発電所が運転開始」西日本電子版2015年
03月26日 17時03分 更新
http://qbiz.jp/article/58843/1/
「九州電力は26日、熊本県山都町で、かんがい用水路を利用した小型水力発電
所「竜宮滝発電所」(出力200キロワット)の営業運転を始めたと発表した。
約20メートルある水路の落差を使って発電する。年間発電電力量は一般家庭
500世帯分に当たる約170万キロワット時を想定している。」

海外、
48.「韓国原発・新古里3号機の運営許可審議延期でUAEに違約金支払いの危
機」WoW!Korea?3月26日(木)19時59分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150326-00000068-wow-kr
長い記事「韓国原発・新古里3号機の運営許可審議を来月に延ばすことになった
が、それにより韓国電力がUAE(アラブ首長国連邦)に違約金を払う可能性が濃
厚になってきた。・・・・」・・・・興味があえば検索してどうぞ。

49.「「フクシマは警告する!」、ドイツとベルギーで脱原発デモ相次ぐ」オ
ルタナ?3月26日(木)15時57分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150326-00010001-alterna-soci
長~い記事「福島第一原発事故から4年目の3月から、1986年にチェルノブイリ原
発事故が起きた4月にかけて、欧州各地で脱原発デモが盛んに行われている。3月
14日にドイツ最大連邦州の州都デュッセルドルフ、15日にベルギーの60万人都市
圏リエージュに近いティアンジュ原発で行われたデモの模様を報告する。・・・・
この2日間両国のデモに参加した福島県いわき市出身の橋爪亮子さんに、感想を
尋ねてみた。13年前カナダに移住した橋爪さんは、原発震災後「絆ジャポン」を
立ち上げ、福島の子どもたちへの支援や核に関する情報発信などを行っている。
「原発推進国カナダでは、脱原発デモのことを聞いたことがありません。のどか
で祭りのような雰囲気の中で、参加者の表情には確固たる意志が見られ、人の意
識は日本やカナダとどう違うのか、どう国を動かすのかと考えながら歩きまし
た。●●特に脱原発を決めたドイツでは、ナチスの台頭を許した状況を徹底的に検
証したことから、物事に対する監視の目が養われていると感じます。ジャーナリ
ズムが健在でタブーのない自由な論議が行われ、市民団体などが自由に活動で
きる土壌、福島で起きていることを、対岸の火事ではないと認識できる土壌があ
ると思いました」」

参考記事、
50.「国内宿泊者が過去最多 2014年、外国人客が33%増」朝日デジタ
ル2015年3月27日01時08分
http://www.asahi.com/articles/ASH3V4W9BH3VULFA01B.html
「観光庁は26日、2014年に国内のホテルや旅館に宿泊した人が前年比1・
4%増の延べ4億7232万人で、過去最多だったと発表した。日本人は1・
1%減ったが、外国人が33・8%増の4482万人となり、全体を押し上げ
た。・・・・
一方、東北地方に泊まった外国人は東日本大震災前の7割程度、福島県は震災前
の4割程度にとどまる。観光庁は「東北地方には原発事故の風評被害が残ってい
るのではないか」とみている。日本人の国内での宿泊も延べ4億人前後で頭打ち
だ。昨年4月の消費増税などが響いたとみられる。。

51.●●「甲状腺がんで福島事故否定する見苦しい科学者」ネットジャーナリス
ト者団藤保晴(元新聞記者)2015年3月26日 14時30分
http://bylines.news.yahoo.co.jp/dandoyasuharu/20150326-00044246/
「福島の子どもに多発している甲状腺がんは「放射線の影響とは考えにくい」と
専門家評価部会が中間報告をまとめました。彼らのボス、山下俊一氏が「もう増
えない」と1年前にした予測と正反対の現実なのに唖然です。科学者が立てた仮
説に現実が反していたら、仮説を疑うのが科学の大原則です。・・・・
●●今回、最も詳しく報じている朝日新聞の《福島)甲状腺検査「勧めることが望
ましい」 県評価部会》は全国向けでない福島版の記事です。《部会では複数の専
門家が、大部分は比較的進行がゆっくりな甲状腺がんについて健康な子どもを網
羅的に検査することで、必ずしも治療しなくてもいいがんを見つける過剰診断の
恐れがあると警鐘を鳴らした》と山下仮説が生きていると伝えています。それな
らばこれに反対する立場の専門家のコメントが必須なのにありません。他のメ
ディアの記事にも異論がある専門家は登場しません。見苦しい科学者にマスメ
ディア全体が同調しています。これは際立って異常な事態です。」
・・・・後段のマスコミ批判は是非新聞記事を読む際の参考にしてください。?

◆今朝届いた西日本新聞朝刊では、
1面には、知事選の記事、33面にも続いています、
6面に、川内原発公開の記事。

今朝は以上です。(3.27.6:15)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。ご意見
などは⇒ ysykf@yahoo.co.jp へ
https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

-----集会等のお知らせ------

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●

作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」

編曲・歌 荒木美帆(声楽家)



https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●
  ~川内原発のスイッチは押させない!~
第1回実行委員会 4月5日(日)13:30~
場 所:福岡市農民会館
住 所: 福岡市中央区今泉1丁目13-19
    TEL: 092-761-6550
    地図:http://tinyurl.com/kztl59w
連絡先・集会本部: 原発とめよう!九電本店前ひろば
電話:080-6420-6211(青柳行信)y-aoyagi@r8.dion.ne.jp

●「さよなら原発!福岡」例会 4月16日(木)18時30分から● 福岡市人権啓発セ
ンター
場所:福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
    地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第12回裁判判 4月24日(金)14:00から 佐賀地裁
         原告総数 原告総数 9126(3/26現在)
  ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
 午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設)
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中