NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1456日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。4月15日。

【転送・転載大歓迎】

●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●
  ~川内原発のスイッチは押させない!~
賛同登録・再稼働阻止の意思表示カンパよろしくお願い致します。
ホームページ http://bye-nukes.com で登録。

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1456日目報告☆
      呼びかけ人賛同者4月13日合計3833名
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★私たちの声と行動で原発・再稼働 は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 橋本左門 さんから:
 ☆高浜の原発再稼働を差し止めて司法の矜恃満開と咲く
      (左門 2015・4・15-992)
※《高浜再稼働認めず 即事差止め 初の仮処分
「新基準、合理性欠く」 福井地裁》(朝日、本日 1面)、
 《再稼働ストップ 再び 原告ら歓喜「最高の内容」、
町長「行政責務 果たせぬ」(同、3面)――この町長の
ような原発マネー依存症が此処まで来たのだ。日本の
自治体の生まれ変わりへの判決でもある。天晴れ!!

★ 松田奈津子(さくら共同法律事務所弁護士 河合弘之 原発担当) さんから:
 高浜原発運転差止め命令仮処分決定
決定要旨、決定文、弁護団声明について、脱原発弁護団全国連絡会のサイトに
 アップしました。
 http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/news/15-04-14/

★ 弁護士 八木 大和 さんから:
 
本日4月15日,福岡地方裁判所において福島第一原発事故を契機に
九州へ避難された方々の損害賠償を求める裁判の第2回口頭弁論が行われます。
この口頭弁論では,原告側から国や東京電力の責任追及に関する書面を提出し,
その要旨を述べる予定です。
*九州に避難された原告ご本人による意見陳述も行われる予定です。*
口頭弁論が予定されている法廷は,福岡地裁の中で一番広い法廷です。
傍聴席を満員にして,東電,国,さらに裁判所に対しても,この裁判には多くの
市民が関心を寄せていること,
脱原発の世論によって注目されている裁判であることを知らせ,原告の思い,脱
原発の声を裁判所に届けましょう。
みなさまのご参加を,心よりお願い申し上げます。

【当日の行動予定】
集合日時 2015年4月15日(水) 午後1時20分
集合場所 福岡地方裁判所玄関(福岡市中央区城内1丁目1-1)

当日の流れ
午後1時30分ころから門前集会を実施→法廷へ移動→口頭弁論→弁護士会館へ移
動し,
記者会見及び弁護団との意見交換会。終了は午後4時ころを予定しています。

★ 只野弁護士 さんから:
 (レポート)
報道等でご存じだと思いますが、福井地裁で、
関西電力の高浜原発3、4号機の運転差止仮処分を認める決定が出ました。

決定要旨と、決定文は、下記のアドレス(リンク)からたどってダウンロードし
て下さい。

https://www.dropbox.com/sh/1fajm2rc2hokgj1/AADy_qaJ-lR31YDUQmgRbj0_a?dl=0

ほぼ100%、良い決定が出ると思っていましたが、あらためてうれしいです。

昨年12月5日に申立てたものですので、4ヶ月で出されたスピード決定です。
しかし、中身はすばらしいです。

「万が一の事故に備えなければならない原子力発電所の基準地震動を地震の平均
像を基に策定することに合理性は見い出し難いから、基準地震動はその実績のみ
ならず理論面でも信頼性を失っていることになる(決定31頁)。」

「本件(高浜)原発の安全施設、安全技術には多方面にわたり脆弱性がある。
この脆弱性は、①基準地震動の策定基準を見直し、基準地震動を大幅に引き上げ、
それに応じた根本的な耐震工事を実施する、②外部電源と主給水の双方について
基準地震動に耐えられるように耐震性をSクラスにする、③使用済み核燃料を堅
固な施設で囲い込む、④使用済み核燃料プールの給水設備の耐震性をSクラスに
するという各方策がとられることによってしか解消できない(44頁)。」

新規制基準に求められるべき合理性とは、原発の設備が基準に適合すれば深刻な
災害を引き起こすおそれが万が一にもないといえるような厳格な内容を備えてい
ることである。
しかるに、新規制基準は緩やかにすぎ、これに適合しても本件原発の安全性は確
保されていない。

原子力規制委員会委員長の「基準の適合性を審査した。安全だということは申し
上げない。」
という川内原発に関しての発言は、(中略) 文字どおり基準に適合しても安全
性が確保されて
いるわけではないことを認めたにほかならない。新規制基準は合理性を欠くもの
である(45頁)。

来週4月22日(水)10時に、鹿児島地裁で、川内原発の運転差止仮処分の決
定が予定されています。
こちらも、ご注目ください。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★ ティヴィーシャワリン  さんから:
【福井地裁前での勝利報告】
&駆け付けた、山本太郎参議院議員「原発危ない?やめたい?と立地自治体でも
思っているが、
具体的な経済の問題など国も、どこも、今まで議論してこなかったから、暮らし
の為に仕方ない、
になっていたが、議論する場が開かれた?これから自分もどんどんやっていく」等
http://twitcasting.tv/showering00/movie/160554092
http://twitcasting.tv/showering00/movie/160557048

記者会見と報告会は
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/242599
が、まとまっています。

菅官房長官は「変わらず『粛々と』再稼働を進める」と会見で述べ、
(菅官房長官「再稼働方針変わらず」=高浜原発:時事通信)

関西電力は「(判決は)納得出来ない?」と異議申し立ての意向を示したとのこと。

再稼働阻止全国ネットワークとしては、
今週金曜日、4月17日17時から、賛同団体等と共に
関西電力東京支社に対し申し入れと抗議を行います。

また、4月21日(火)13時~17時には
参議院議員会館講堂(1階)で、規制庁ヒアリングも行います(資料代500円)。

さらに、原発比率2割への逆戻しが伝えられる経済産業省に対しては、
明日4月15日(水)18時半~20時、首都圏反原発連合よびかけの抗議行動
の他、経産省前テントひろばでも抗議申し入れを予定しております。

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2460】2015年4月14日(火)
┏┓
┗■1.『「新規制基準」は緩やかにすぎ、これに適合しても原発の安全性は
 |  確保されていない。「新規制基準」は合理性を欠くものである』
 |  福井地裁 樋口英明裁判長
 |  関西電力の高浜原発3、4号機の運転差止仮処分を認める決定
 └──── たんぽぽ舎

◆「理由の要旨」から一部抜粋します

  「理由の要旨」全文は、以下のリンクをご参照下さい。
 https://www.dropbox.com/sh/1fajm2rc2hokgj1/AADy_qaJ-lR31YDUQmgRbj0_a?dl=0

    「理由の要旨」

1 基準地震動である700ガルを超える地震について

  基準地震動は原発に到来することが想定できる最大の地震動であり、基準地
震動を適切に策定することは、原発の耐震安全性確保の基礎であり、基準地震動
を超える地震はあってはならないはずである。
 しかし、全国で20か所にも満たない原発のうち4つの原発に5回にわたり想定
した地震動を超える地震が平成17年以後10年足らずの間に到来している。本件原
発の地震想定が基本的には上記4つの原発におけるのと同様、過去における地震
の記録と周辺の活断層の調査分析という手法に基づいてなされ、活断層の評価方
法にも大きな違いがないにもかかわらず債務者の本件原発の地震想定だけが信頼
に値するという根拠は見いだせない。
 加えて、活断層の状況から地震動の強さを推定する方式の提言者である入倉孝
次郎教授は、新聞記者の取材に応じて、「基準地震動は計算で出た一番大きな揺
れの値のように思われることがあるが、そうではない。」「私は科学的な式を
使って計算方法を提案してきたが、平均からずれた地震はいくらでもあり、観測
そのものが間違っていることもある。」と
答えている。地震の平均像を基礎として万一の事故に備えなければならない原子
力発電所の基準地震動を策定することに合理性は見い出し難いから、基準地震動
はその実績のみならず理論面でも信頼性を失っていることになる。
 基準地震動を超える地震が到来すれば、施設が破損するおそれがあり、その場
合、事態の把握の困難性や時間的な制約の下、収束を図るには多くの困難が伴
い、炉心損傷に至る危険が認められる。

2 基準地震動である700ガル未満の地震について
3 冷却機能の維持についての小括
4 使用済み核燃料について
5 被保全債権について
6 保全の必要性について
  本件原発の事故によって債権者らは取り返しのつかない損害を被るおそれが
生じることになり、本案訴訟の結論を待つ余裕がなく、また、原子力規制委員会
の設置変更許可がなされた現時点においては、保全の必要性も認められる。

◆参考記事
 「高浜原発の再稼働認めず 福井地裁が仮処分」

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の安全対策は不十分として、周
辺の住民らが再稼働差し止めを申し立てた仮処分で、福井地裁(樋口英明裁判
長)は14日、再稼働を認めない決定をした。仮処分で原発の運転を禁止する決定
は全国で初めて。決定はすぐに効力を持つ。関電は不服を申し立てるとみられ、
主張が認められない限り再稼働できない。
 2基は九州電力川内原発(鹿児島県)に続き、政府が「世界で最も厳しい」と
強調する原子力規制委の審査に合格。しかし地裁はこれを事実上否定する判断を
した。原発を「重要なベースロード電源」と位置付ける政府のエネルギー計画に
も影響を与えそうだ。(共同)
   (4月14日東京新聞WEBより)
┏┓
┗■.新聞より
 └────
 ◆名判決をもう一度  鎌田 慧(ルポライター)

  理性なきというか、恐れを知らぬというべきか。電力業界は性懲りもなく、
関西電力高浜原発から一点突破、再稼働をはじめようと画策中だ。
 ところが、昨年12月、たった9人の住民が、高浜原発3、4号機運転差し止め
仮処分を福井地裁に申し立て、関電を狼狽させた。裁判長は第2回審尋日を、福
島事故悲劇の記念日の3月31日に指定した(意味深甚)。これで負けを予測せざる
を得なくなった被告関電は、大会社にあるまじき、「裁判官忌避」というとんで
もない戦術にでた。
 が、きょう14日の午後、福井地裁は命令をだす。全国の原発反対運動を担って
きた人たちは、「3、4号機を運転してはならない」との命令がだされることを
確信している。なぜか。
 裁判長は昨年5月、歴史的な名判決をだした、あの樋口英明判事だからである。
 「豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、こ
れを取り戻すことができなくなることが国富の喪失」
 原発推進、沖縄虐待、戦争一本道、理性の声を拒否している、頑迷・安倍首相
にさえ理解できる人間の声である。樋口裁判長はこのとき、「幾世代にもわたる
後の人々に対する我々世代の道義的な責任」を強調した。
 高浜決定に続いて、22日には、川内原発の運転差し止め仮処分について決定が
でる。元気をだそう。 (4月14日東京新聞「本音のコラム」より)

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、また、冷たい雨になりました。
さて、きょうは、昨日の高浜原発に関する裁判所の決定の記事からはじめて、以
後、川内(せんだい)原発、玄海原発とつないでいきます。
後段の今朝の朝刊紙面紹介も高浜関連記事が多数です。

1.「<高浜原発>再稼働差し止め 新基準の安全性否定 福井地裁」毎日新
聞?4月14日(火)20時47分配信 ※絵図有
http://mainichi.jp/select/news/20150415k0000m040091000c.html
長い記事「◇3、4号機めぐり仮処分決定 福井県や関西の住民ら9人が関西電
力高浜原発3、4号機(同県高浜町)の再稼働差し止めを求めた仮処分の申し立
てに関し、福井地裁(樋口英明裁判長)は14日、再稼働を認めない決定を出し
た。仮処分の手続きで原発の運転差し止めが認められたのは初めて。今後の司法
手続きで決定が覆らない限り運転は事実上不可能で、再稼働スケジュールに影響
を与える可能性がある。関電側は異議と執行停止の申し立てをする方針。・・・・
高浜3、4号機は今年2月、新規制基準による原子力規制委員会の安全審査に合
格しており、関電は今年11月ごろの再稼働を見込んでいる。一方、仮処分は判
決確定まで効力が生じない一般の訴訟と異なり、即時に効力を生じる。今後、不
服が認められるなどして決定が取り消し・変更されたり仮処分が執行停止された
りするなどしない限り、再稼働できない。
高浜3、4号機は、耐震設計上想定される最大の地震動「基準地震動」を新規制
基準に基づいて550ガル(ガルは揺れの大きさを示す加速度の単位)から
700ガルに引き上げたが、決定は各地の原発で2005年以降、基準地震動を
超える地震が5回あったことを指摘。「基準を超える地震が高浜に到来しないと
いうのは楽観的見通しに過ぎない」と断じ、地震による事故は「現実的で切迫し
た危険」と評価した。
その上で、高浜原発の脆弱性(ぜいじゃくせい)を解消するには、▽基準地震動
の大幅な引き上げとそれに応じた耐震工事▽外部電源と給水設備も基準地震動の
揺れに耐えられるようにする▽使用済み核燃料を堅固な施設で囲い込む--など
の対策が必要だとし、それを求めていない新規制基準を「緩やかに過ぎ、合理性
を欠く」と批判。運転により「人格権を侵害される具体的危険が存在する」と認
定し、原発から250キロ圏内に住む住民らに対し差し止め請求を認め
た。・・・・・一方、関電は「多重防護の考えに基づく対策を講じ、安全性は確
保されている」と反論した。・・・・」
・・・・・・「関電が想定するスケジュールへの仮処分の影響」という添付図が
あります。

2.「高浜原発再稼働差し止め決定要旨 全文は福井新聞D刊で公開」福井新聞
(2015年4月14日午後8時30分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/68830.html
3.「再稼働差し止め決定 樋口英明裁判長、どんな人」毎日新聞2015年04月14
日18時32分
http://mainichi.jp/select/news/20150415k0000m040002000c.html

4.「規制委「科学的、技術的に適正に判断した」」読売新聞?4月15日(水)0時
10分配信
全文「規制委事務局の米谷仁・総務課長は14日の記者会見で、高浜原発3、4
号機の審査について「科学的、技術的に適正に判断した」と強調。他原発につい
ても「今後の審査への影響はない」と述べた。」

5.「規制庁 コメントする立場にない」=高浜審査「影響なし」」時事通信?4
月14日(火)17時11分配信
全文「・・・高浜原発3、4号機の再稼働差し止めを認めた福井地裁の仮処分決定
について、原子力規制庁の米谷仁総務課長は14日の定例記者会見で「当事者でな
いため、直接コメントする立場にない」と述べた。地裁決定は、原子力規制委員
会が策定した原発の新規制基準について「合理性を欠く」と指摘したが、米谷課
長は「承知していないのでコメントは控えたい」と述べるにとどめた。」

6.「支援者ら「最高の決定」 再稼働差し止め仮処分」毎日新聞?4月14日
(火)23時25分
http://mainichi.jp/select/news/20150415k0000m040142000c.html
長い記事「◇福井地裁前 500人 歓声と拍手 想定外の地震による原発事故
を「現実的で切迫した危険」と断じ、関西電力高浜原発3、4号機の運転禁止を
命じる仮処分を出した14日の福井地裁決定。「合格」とした原子力規制委員会
の審査とは正反対の結果に、申し立てた住民らは「最高の決定だ」「歴史的な一
歩」などと高く評価したが、国の原子力政策に従ってきた地元自治体などからは
疑問や戸惑いの声も聞かれた。・・・・・
「考えられる最高の決定だ」。関電高浜原発3、4号機の再稼働を差し止める仮
処分決定が出た14日、福井地裁前には申し立てをした住民や支援者約500人
が集まり、小雨の中で歓喜に沸いた。午後2時過ぎ、今大地(こんだいじ)晴美
代表らが「司法はやっぱり生きていた」「司法が再稼働を止める」と書いた垂れ
幕を掲げると、「よくやった!」と歓声や拍手が起こった。・・・・
◇福島原発事故で避難生活者「当然の決定だ」  東京電力福島第1原発事故で
避難生活を送る人たちの多くは「当然の決定だ」と歓迎した。・・・」

7.「関電 「到底承服できない」=速やかに不服申し立て」時事通信2015/04
/14-18:01
全文「関西電力は14日、高浜原発3、4号機の再稼働を認めない福井地裁の仮
処分決定について「誠に遺憾で、到底承服できない」とのコメントを発表した。
決定文を確認し、速やかに不服申し立ての手続きを行う方針だ。関電はコメント
で「福井地裁が合理的な理由がないまま審理を終結」したと批判。不服申し立て
に関しては「再稼働に向けたプロセスへの影響を最小限にとどめるべく、早期に
仮処分命令を取り消してもらうために、今後も高浜3、4号機の安全性の主張・
立証に全力を尽くす」と強調した。」

8.「地元の高浜町で戸惑いの声も 「驚いている」…」毎日新聞?4月14日
(火)20時31分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150415k0000m040086000c.html
長い記事「福井地裁が、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜市)の再稼働
を差し止める仮処分を決定した14日、地元の高浜町では住民らが戸惑いを口に
した。福井県内の首長も複雑な反応を見せた。・・・・」

9.「福井知事「司法の判断」=高浜差し止め決定に」時事通信?4月14日(火)17
時48分配信
全文「福井県の西川一誠知事は14日、福井地裁が関西電力高浜原発3、4号機の再
稼働差し止めを命じる決定を出したことを受け、「司法の判断であり、申し上げ
る立場にない」とするコメントを発表した。 」

10.(他の原発立地地域では)「「同じ判断期待」「影響拡大困る」反応割れ
る」毎日新聞?4月14日(火)22時48分配信
全文「福井地裁が14日、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜市)の再稼
働を差し止める仮処分の決定は、各地にさまざまな反応を巻き起こした。
・使用済み核燃料再処理工場など原発関連施設が集中立地する青森県。訴訟で事
業許可の取り消しを求めている「核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団」代表の浅
石紘爾(こうじ)弁護士は「勇気ある決定だ。(裁判長らは)清水の舞台から飛
び降りる気持ちだったのではないか」と評価した。
・茨城県東海村に立地し、半径30キロ圏に全国最多の約96万人が暮らす日本
原子力発電東海第2原発。運転差し止め訴訟では今回の高浜原発と同様、新規制
基準の問題点を主張している。原告世話人を務める元同県龍ケ崎市議の披田(ひ
だ)信一郎さん(66)は「東海第2でも同じ判断を期待する」と述べた。
・一方、東海地震の想定震源域内に立地し、海抜22メートルの防波壁を造って
再稼働を目指す中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)。市内のホテルに勤める男
性(40)は「宿泊客の大半が原発関連で、正直再稼働してもらわないと苦し
い。浜岡原発に影響しないように祈る」と当惑した様子。
・再稼働の是非は県民投票で判断するのが望ましいとする川勝平太知事は「決定
は注目すべきもの。県も原発の安全性を独自検証していく」とのコメントを出し
た。」

11.「経済界に広がる困惑 差し止め仮処分に」毎日新聞2015年04月15日00時54分
http://mainichi.jp/select/news/20150415k0000m040083000c.html
・・・日本商工会議所・経済同友会の反応です。

11’.「京都経済界「電気料金重い」「安全優先」 高浜再稼働差し止め」京
都新聞?4月14日(火)22時33分配信
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20150414000173
「長い記事「福井地裁で14日、関西電力高浜原発3、4号機の再稼働差し止め
の仮処分が決まり、京都の産業界からは電気料金の値下げに向けて早期の再稼働
を望む声があがった一方、安全対策の徹底を促す今回の決定を容認する意見も目
立った。・・・・・」

12.(兵庫県)「福井地裁、高浜原発再稼働認めず 「画期的」と兵庫の関係
者ら」神戸新聞2015/4/14 21:32
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201504/0007918180.shtml・・・高浜原
発から約50キロ圏にある篠山市。原発事故時の避難計画などを市に提言する検
討委員会メンバーの男性(65)は「市民の安心、安全を守る立場としてありが
たい」と決定を歓迎した。同市は原発30キロ圏外の自治体では全国で初めて、
甲状腺被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤の事前配布を今年度から始める。酒井隆明市長
は「安全だという確たる根拠もないまま再稼働を進める姿勢に警鐘が鳴らされ
た。政府は司法の判断にきちんと耳を傾けるべきだ」と指摘した。」

13.(政府は)「菅長官「粛々と進めたい」 高浜原発の再稼働」朝日新聞デ
ジタル?4月14日(火)20時43分配信
全文「菅義偉官房長官は14日午後の記者会見で、高浜原発の再稼働について
「独立した原子力規制委員会が十分に時間をかけて、世界で最も厳しいと言われ
る新基準に適合するかどうか判断をしたものだ」とし、「そこは粛々と進めてい
きたいという考え方だ」と述べた。」
・・・他の言葉を知らない? ここでも「粛々」という言葉を使って・・・。

13’.「菅官房長官「再稼働進める方針は不変」」毎日新聞?4月14日(火)19時
50分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150415k0000m010064000c.html
「・・・原発再稼働を進める政府方針に変更はないとの立場を強調した。同時に
「国は本件(仮処分)の当事者ではない。事業者の今後の対応を注視したい」と
し、関電の対応を見守る姿勢も示した。」
・・・・とんでもない!!

14.(海外でも)「安倍政権に大打撃 英BBC報道」産経新聞2015.4.14
22:29更新
http://www.sankei.com/world/news/150414/wor1504140049-n1.html
・・・一面的な報道、ドイツなどの反応は伝えてない。

15.「社説:高浜原発差し止め 司法が発した重い警告」毎日新聞 2015年04
月15日 02時33分
http://mainichi.jp/opinion/news/20150415k0000m070157000c.html

16.「社説:高浜原発差し止め―司法の警告に耳を傾けよ」朝日デジタル2015
年4月15日02時06分
http://www.asahi.com/articles/ASH4G3CCJH4GUSPT004.html

17.◎「焦点:高浜原発再稼働に冷水、カギ握る22日の鹿児島地裁判断」ロイ
ター?4月14日(火)20時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150414-00000104-reut-bus_all
「・・・・担当した樋口英明裁判長は過去にも原発に批判的な判断を示してお
り、今回の決定が他の原発関連訴訟に波及するかは不透明。司法判断の行方を占
う上で、今月22日に九州電力川内原発1,2号に対する仮処分を裁く鹿児島地
裁の判断に注目が集まっている。・・・・」
・・・・以下、今後の原発を巡る裁判の見通しなどを伝えています。時間があれ
ば検索してどうぞ。

◆川内原発関連、
18.「伊藤鹿児島知事、九電川内原発の仮処分決定控え「22日見守る」」時事
通信?4月14日(火)20時0分配信
全文「九州電力川内原発を抱える鹿児島県の伊藤祐一郎知事は14日、関西電力高
浜原発の再稼働差し止め決定を受け、「県としては川内原発1、2号機の再稼働差
し止め仮処分の決定が22日に出されると聞いており、決定を関心を持って見守っ
ている」とのコメントを発表した。」

19.◎「福井地裁決定で川内弁護団会見」南日本放送 [04/14 18:57] ※映像有
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2015041400008758
「・・・・一方、川内原発をめぐっても南九州3県の住民らが九州電力に対し、
「地震によって重大な事故が起きるおそれがある」などとして川内原発を再稼働
させないよう求めていて、今月22日の鹿児島地裁の判断が注目されています。
14日の福井地裁の決定を受け、住民らの弁護団は14日、記者会見を開きまし
た。また、14日の決定を受け川内原発建設反対連絡協議会の鳥原良子会長は
「今回の決定で、再稼働に同意した地元の判断は拙速だったといえる。もう一
度、住民の声を聞くべきだ」と話しています。」
・・・他に、KKB鹿児島でも同様の報道があります。

20.「再稼働なお議論を 薩摩川内の有権者、県議会に注文」南日本新聞2015
04/14 06:30
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=65197
「12日の鹿児島県議選で、九州電力川内原発の地元の薩摩川内市区では再稼働
反対を訴えた無所属現職が落選し、反原発議席はなくなった。ただし、避難計画
への不安や安全性に対する疑問など原発が抱える課題は残る。有権者からは県議
会での一層の議論を求める声が聞かれた。」

21.(鹿児島)「’15統一選かごしま:県議選を振り返って 自民増加/社民
複数議席に」毎日新聞2015年04月14日地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20150414ddlk46010342000c.html
長い記事「◆原発、周辺自治体「反対」根強く。野党、票を伸ばす 薩摩川内市
区で、鶴薗さんと入れ替わって落選したのは、再稼働反対を訴えた遠嶋春日児さ
ん(60)=社民推薦=だった。前回より約3500票減らした遠嶋さんは12
日夜、「市民が再稼働を望んでいるかといえば、違うと思っている。私の力不
足」と落胆した表情を見せた。選対幹部は「『原発反対はいない』という材料に
されてしまう」と懸念。薩摩川内市の上原正利さん(67)は「県議会のつっか
え棒がなくなってしまった感じがする」と声を落とした。」

◆玄海原発関連、
22.「佐賀知事「国は説明を」=新基準の否定受け」時事通信?4月14日(火)18
時35分配信
全文「・・・高浜原発の再稼働差し止めを命じた福井地裁の仮処分決定を受け、
九州電力玄海原発を抱える佐賀県の山口祥義知事は14日、県庁内で記者団の取材
に応じた。知事は決定が新規制基準を否定したことを「裁判所の一見解」としな
がらも、「国は説明責任を果たしていただきたい」と述べた。山口知事は玄海
3、4号機の再稼働について、新基準への適合を条件に容認する立場。今後の対応
について、「異議申し立ての状況や、各県の対応を見た上で考えていく」と述べ
た。」

23.◎◎(佐賀)「再稼働差し止め決定に驚き 玄海原発への影響は」朝日デジ
タル2015年4月15日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH4G4QVKH4GTTHB008.html
「・・・・「福島の事故の検証も終わっていないのに、『世界で一番厳しい基
準』なんてあり得ない」「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の
会」代表の石丸初美さんは、福井地裁の決定が国の新規制基準を「緩やか過ぎ
る」と指摘したことを高く評価する。・・・・
玄海原発の操業停止を求める訴えを佐賀地裁に起こしている市民団体「原発なく
そう! 九州玄海訴訟」の弁護団は14日夕、佐賀市内で会見を開き、「国の基
準に適合しているから安全だという電力会社の主張は根本的に誤っている」とす
る声明を出し、「全国の全ての原発が安全ではないということだ」と指摘した。
弁護団の多くは、22日に鹿児島地裁で決定が出る予定の川内原発(鹿児島県薩
摩川内市)の再稼働差し止めの仮処分にも参加している。長戸和光弁護士は、川
内原発では火山噴火による火砕流被害の危険性も指摘していると言い、「より厚
い理由づけで差し止めを求めている川内原発は、なおさら止まるべきだ」。・・・・
玄海原発が立地する玄海町の岸本英雄町長は東京に出張中。総務課を通じて「予
想した通りの処分内容だ。特にコメントすることはない」とだけ発表した。
玄海原発の30キロ圏に市域のほぼ全部が入る伊万里市は、立地自治体並みの原
子力安全協定を目指して九電と独自に交渉を続けている。塚部芳和市長は「原発
周辺住民の不安を司法が認めた結果であり、再稼働を進める国や電力事業者には
重く受け止めてもらいたい」とした上で、国に対して「(玄海原発についても)
住民が安心できるよう、災害時の情報伝達手段や避難道路の整備など防災対策へ
の支援とともに、電力事業者との立地自治体並みの安全協定締結にも配慮してい
ただきたい」とするコメントを出した。」

24.◎◎(佐賀県)「反原発団体と山口知事面会 17日、県庁で」佐賀新聞
2015年04月14日 08時29分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/176661
全文「佐賀県の山口祥義知事は17日、玄海原発(東松浦郡玄海町)の再稼働反
対などを訴えている反原発の市民団体と県庁で面会する。市民団体は再稼働反対
を要請し、安全性や避難計画などに関する基本的な考え方をただす。県内の6団
体が1月、知事との面談と対話の場の設定を要請していた。面会は1団体から2
人出席し、時間は15分限定。県は基本的に「意見や考え方を聞く場」との認識
を示している。市民団体は、今後も面会する場を継続して設けるよう要請する。
反原発団体は、古川康前知事にも面会を要請してきたが、担当課が話を聞き取り
報告する形式で対応し、直接の意見交換の場はなかった。」

原発立地地域、
25.(北海道)「泊原発再稼働に経済界期待 高橋知事4選 「一日も早く」
と要望」北海道新聞04/14 13:54 更新
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/2015local/1-0123081.html
「・・・高橋知事は原子力政策は国が判断すべき問題だとして、同意を求める範
囲は「国が明確にすべきだ」と繰り返し、自らの意向を示すことには消極的だ。
これに関し、北電関係者は「泊3号機は日本で最も新しいので最初に稼働しても
良い原発だ。知事はそこを主張すべきで、今の姿勢ではだめだ」と、早期再稼働
に向けた知事の指導力発揮を求める。知事の態度が煮え切らなければ、遅れてい
る再稼働がさらに遠のく懸念があるためだ。」
・・・再稼働には賛成の立場なのに、自らの言葉では言いださないとんでもない
知事です。

原発立地候補地、
26.(山口)「上関原発の漁業補償金配分案(県漁協本店で)否決」中国新聞
2015/4/14
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=147155&comment_sub_id=0&category_id=110
・・・記事コピー不可。検索してどうぞ。

26’.(山口)「祝島漁業補償金28人が否決文書」読売新聞2015年04月14日
全文「中国電力の上関原発建設計画に伴う漁業補償金の配分案を審議する集会が
14日に開かれるのを前に、県漁協祝島支店(上関町祝島)の一部正組合員と住
民団体「上関原発を建てさせない祝島島民の会」は13日、配分案の議決で同支
店の正組合員28人が否決に回るとする文書を県漁協本店(下関市)に提出し
た。文書は県漁協本店の森友信組合長宛て。28人は「漁業補償金は一貫して受
け取らない」としており、祝島支店の正組合員(53人)の過半数を占めている。」

26”.(山口)「上関原発の漁業補償金配分案を否決 県漁協」朝日デジタル
2015年4月15日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH4G5G9LH4GTZNB015.html
長い記事「・・・・・会場になった同事業所には、高さ1・5メートルほどの柵
が張り巡らされ、反対派の島民や市民ら約70人が取り囲んだ。敷地内には警備
員、周囲には警察官らが待機し、物々しい雰囲気に包まれた。・・・2009年
以降、補償金をめぐる採決は5回目。挙手での採決だった10年と12年は大差
で否決。一方、無記名投票だった09年は2票差、13年は賛成が上回った。今
回の記名書面での反対は28人。13年の可決直後、計32人が記名で反対の意
向を示したのに比べ4人減っており、差は縮まっている。・・・・」

原発施設、
27.「柏崎刈羽原発視察 安全対策を評価=日商会頭が」時事通信?4月14日
(火)19時3分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2015041400726
「日本商工会議所の三村明夫会頭は14日、原子力規制委員会の新規制基準に基づ
く適合性審査を受けている東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)を視察した。終了後
記者団の取材に対し三村会頭は「ソフト、ハード両面で安全対策を徹底してやっ
ている。感銘を受けた」と評価した。
 三村会頭は柏崎刈羽原発について「首都圏の産業界と住民にとって非常に大き
な意味を持つ発電所だ」と指摘。「安全を確認した原発はぜひとも再稼働してほ
しい」と強調した。視察には、原発を抱える福井県敦賀市、鹿児島県薩摩川内市
の商工会議所の会頭らも同行。・・・」
・・・鹿児島・薩摩川内市の名前があります。

28.●「四電伊方3号機の補正書提出 想定津波、倍に引き上げ」産経新聞?4
月14日(火)22時21分配信
全文「四国電力は14日、伊方原発3号機(愛媛県)の審査での指摘を反映した
補正書を原子力規制委員会に提出した。今後、工事計画認可と保安規定変更認可
の補正書も準備が整い次第提出する予定。四電は地元同意などを経て、今秋以降
の再稼働を見込んでいる。
補正書によると、基準地震動(想定される最大の揺れ)を申請当初の570ガル
から650ガルに、基準津波(想定される津波の高さ)も4・09メートルから
8・12メートルにそれぞれ引き上げた。
自然災害による対策も強化し、火山では厚さ15センチの火山灰が降り積もって
も安全性に問題がないことを確認。竜巻では国内最大クラスが発生することを考
慮し、秒速69メートルから同100メートルに引き上げ、飛来物から重要設備
を保護するための防護板などを取り付ける。
申請書のページ数は当初の約1300から約7700ページへと大幅に増えた。
追加の安全対策費用は約740億円に上るという。」

29.【茨城】「放射性廃棄物 埋設やめ保管を 東海原発方針に共産党県委主
張」東京新聞2015年4月14日
全文「日本原子力発電(原電)が、国内初の商業用原発で廃炉作業中の東海原発
(東海村)から発生した放射性物質濃度が極めて低い廃棄物(L3)を、敷地内
に埋設して処分する方針を昨年、固めたことに対し、共産党県委員会は十三日、
県庁で会見し、施設での一時保管に戻すよう訴えた。原電は、原発の解体作業で
発生した配管などの金属や建屋のコンクリートなどL3約一万二千三百トンを容
器に入れ、比較的浅い素掘りの施設に埋設して三十~五十年間管理する考え。
これに対して、会見で「指定廃棄物よりはるかに高レベルで、地下に浸透し、周
辺の自然環境が汚染される」と主張した。」

30.(政府が)「<指定廃棄物「最終処分場」>「長期管理施設」に名称変更
へ」毎日新聞?4月14日(火)19時41分配信
http://mainichi.jp/feature/news/20150415k0000m040059000c.html
「福島第1原発事故で発生した放射性物質を含む指定廃棄物の処分場建設を巡
り、望月義夫環境相は14日の閣議後記者会見で、これまで「最終処分場」とし
てきた名称を「長期管理施設」に変える考えを示した。・・・・同省は13日の
有識者会議で、従来の最終処分に加え、放射線量が十分下がった廃棄物を他の処
分場に移すなどする「長期管理施設」案を示していた。名称変更はこうした新方
針に伴うもので、同省は「実態に合わせた」と説明する。ただし、十分な線量低
減には少なくとも30年以上かかる見通しで、建設に反対する候補地自治体の理
解が進む保証はない。」
・・・よく考えつくものですね! どう言いつくろっても、住民は納得しない。

31.「<温室効果ガス>日本1.2%増…13年度排出量過去2番目」毎日新
聞?4月14日(火)12時31分配信
http://mainichi.jp/select/news/20150414k0000e040191000c.html
「環境省は14日、2013年度の二酸化炭素(CO2)などの国内の温室効果
ガス排出量(確定値)を公表した。前年度比1.2%増の14億800万トンに
上り、1990年度以降で最多だった2007年度(14億1200万トン)に
次ぐ多さだった。東京電力福島第1原発事故後、石炭火力発電の利用が増えたこ
となどが主な原因という。・・・・」

31’.「自民党調査会の緊急提言 温室ガス「30%以上減」は削除」西日本
2015年04月14日 20時41分
全文「「日本の温室効果ガス削減目標について自民党の環境・温暖化対策調査会
は14日、「国際的にも評価される高い目標」にすべきだとした緊急提言をまと
めた。当初の案に盛り込まれていた「2030年に05年と比べて30%以上削
減する」との表現は削除された目標実現のための施策を十分示せなければ、
30%削減の信頼性が確保できないと判断した。日本の温室効果ガス削減目標に
ついて自民党の環境・温暖化対策調査会は14日、「国際的にも評価される高い
目標」にすべきだとした緊急提言をまとめた。当初の案に盛り込まれていた
「2030年に05年と比べて30%以上削減する」との表現は削除された。目
標実現のための施策を十分示せなければ、30%削減の信頼性が確保できないと判断
した。」

32.(原発業界)「「原発、世界的に活用方向」 原産年次大会 IAEA事
務局長が講演」SankeiBiz?4月14日(火)8時15分配信
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/150414/mca1504140500005-n1.htm
「日本原子力産業協会が主催する第48回原産年次大会が13日、東京都内で始
まった。「なぜ原子力か?」を基調テーマに、世界各国の原子力産業関係者らが
参加し、原発が直面する課題や今後の展望などを議論した。大会は14日に閉幕
する。・・・・
 原産協会の今井敬会長は「全ての原発が停止してから約2年が経過したが、燃
料を大量輸入する火力発電に依存し、年間4兆円の国富が流出している」と指摘
し、安全性が確認された原発から順次再稼働していくべきとの考えを強調し
た。・・・・」
・・・・再稼働へ前のめり・・・・。

福島第1原発、
33.「第1原発で作業員負傷 福島医大へ搬送、内部被ばくなし」福島民友
04/14 08:50
全文「東京電力は13日、福島第1原発構内で、協力企業の30代男性作業員の
右腕に針金が刺さり、けがをしたと発表した。男性はドクターヘリで福島医大に
搬送され、ホールボディーカウンターで測定した結果、内部被ばくはなかった。
東電によると、男性は同日午前9時45分ごろ、草刈り作業をしていた際、土の
中に埋まっていた針金が刺さったという。」

34.「1号機格納容器最大9.7シーベルト 福島第一原発ロボット調査結果
を公表」福島民報2015/04/14 08:45
http://www.minpo.jp/news/detail/2015041422151
・・・他紙既報、絵図有

35.「正門周辺の大気中の環境放射線量毎日新聞2015年04月14日
「13日正午現在 1.020マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力の計測
結果から 前日は1.037マイクロシーベルト毎時

原発事故被害地域、
36.(福島県)「真価試される「危機管理部」 知事、リスク管理へ検証指
示」福島民友04/14 09:50
http://www.minyu-net.com/news/news/0414/news9.html
「原発事故への対応と災害対策などを一元的に担う県の新組織として、内堀雅雄
知事の肝いりで今月発足した危機管理部が早くも真価が問われている。県内の放
射線量を測定する県設置の監視装置(モニタリングポスト)が異常値を示した問
題と、柳津町の県道会津高田柳津線で起きた土砂崩れで、いずれも事態を把握し
ておきながら公表が大きく遅れたためだ。
内堀知事は13日の部長会議で、反省点を検証した上で組織を挙げて危機管理を
徹底するよう幹部に指示した。・・・・今回の問題では、県道を管理する土木部
など他部局との情報伝達や、県民からの通報を受けた放射線監視室を含めて危機
管理部内の情報共有が円滑に進まず、県民への情報公開が後手に回った。」

37.「安全管理の徹底求める 中間貯蔵施設の環境安全委が郡山で初会合」福
島民報2015/04/14 09:16
http://www.minpo.jp/news/detail/2015041422169
「東京電力福島第一原発事故に伴う除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設(大熊・
双葉町)をめぐり、県、大熊、双葉両町の住民、学識経験者らが施設や運搬につ
いて監視する「環境安全委員会」の初会合は13日、郡山市の郡山ビューホテル
で開かれた。委員からは安全管理の徹底、住民への分かりやすい情報公開を求め
る声が相次いだ。・・・・・委員会は、県と両町、環境省の4者が2月に締結し
た施設の安全確保協定に基づき設置された。委員15人が出席し、委員長に河津
賢澄福島大うつくしまふくしま未来支援センター特任教授を互選した。委員の任
期は2年。今後も運搬状況などを見ながら随時、会合を開く。」

38.「福島に派遣の警察官に辞令交付」NHK福島04月14日21時21分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053760921.html?t=1429035237854
「震災と原発事故からの復興に取り組む福島県を支援するため、全国の警察本部
から今年度、新たに104人の警察官が福島県警に派遣されることになり14
日、警察官に辞令が交付されました。・・・全国31の都道府県警から・・・・
警察官たちはすでに活動しているおよそ100人の派遣警察官と一緒に原則1年
間、県内の警察署で業務にあたるほか避難区域での防犯パトロールや津波による
行方不明者を探す一斉捜索などに携わることになっています。」
・・・避難区域での被ばく対策はされているのだろうか。

39.「川俣町の114号国道小綱木バイパス2工区 14日に暫定開通」福島
民報2015/04/14 09:03 ※絵図有
http://www.minpo.jp/news/detail/2015041422164
「県が「ふくしま復興再生道路」として整備を進めてきた川俣町小綱木の114
号国道小綱木バイパス2工区は14日午後1時半に開通する。
 県によると、舗装面の工事が未完了だが、旧道が工事で通行止めとなるため暫
定的に開通させる。延長は1.1キロで、平成25年4月に開通した1工区と合
わせてバイパスの延長は2.6キロとなる。完成は5月下旬を見込んでいる。」

40.「楢葉町民の意見聴取へ 今月下旬に懇談会」福島民報2015/04/14 09:11
http://www.minpo.jp/news/detail/2015041422168
「福島第一原発事故に伴い全町避難が続く楢葉町で、政府が住民から帰町に向け
た課題や要望を聞く懇談会は今月下旬に開かれる。13日、いわき市の楢葉町い
わき出張所谷川瀬分室で開かれた「ならは復興加速円卓会議」で、政府の原子力
災害現地対策本部長を務める高木陽介経済産業副大臣が明らかにした。・・・・」

41.「心に寄り添う:親たちの決断/7 避難先の妻子のため育休取る教諭
一時の同居、今を大切に 親の不安、子どもも感じ」毎日新聞 2015年04月14日
 地方版
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20150414ddlk07040183000c.html
長い記事「原発事故後、2年3カ月近く自主避難している妻子と別れて暮らして
きた郡山市の中学校教諭、瀬川芳伸さん(53)。昨年10月に四男が心臓に病
気を患って生まれたのを機に育児休暇をとり、避難先のさいたま市で家族一緒に
暮らしている。「今は子どもたちのそばにいて安心させたい」と思う。・・・・
避難して約2カ月後、通う頻度を増やした。毎週金曜は早めに仕事を切り上げて
埼玉に向かい、日曜の夕方に戻る生活。往復約450キロ。経済的にも自身の心
身にも負担が増し、高速道路で事故を起こしそうになったこともあったとい
う。・・・
」・・・以下は検索してどうぞ。

42.「(福島県)14日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線
量測定値」福島民報4月15日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。
・・・・「放射性物質の検査結果(野菜・山菜・キノコ)」、「イノシシで基準
値超える 15頭のうち12頭・・」

43.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞4月14日17:40
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150414/1929227
「▼空間放射線量率(14日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・」

44.【栃木】「<統一地方選>指定廃棄物など争点へ民意くっきり 宇都宮
大・中村教授 波乱の県議選結果を分析」東京新聞2015年4月14日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20150414/CK2015041402000179.html
・・・時間があれば検索してどうぞ。

45.「岩手県 シイタケ出荷制限解除」河北新報2015年04月14日火曜日
全文「岩手県は13日までに、国が2012年春に出荷制限を指示した大船渡、
花巻、北上、遠野、一関、陸前高田各市と、住田、大槌両町の原木シイタケ(露
地栽培)の生産者のうち、計26人の制限が解除されたと発表した。対象の生産
者は、生産前に原木の放射性物質検査を実施するなど栽培管理に取り組み、昨年
10~12月の検査で国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を下
回った。いずれの生産者も出荷前検査を実施する。」

46.「【茨城】原発事故風評被害 ネット調査  県産野菜 まだ買い控え」
東京新聞2015年4月14日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20150414/CK2015041402000175.html
「福島第一原発事故の影響で、県産野菜の購入を「今も控えている」とする消費
者が、東京都で8・2%、関西三府県(大阪、京都、兵庫)で12・3%いるこ
とが、今年二月の県のインターネット意識調査で分かった。東京は前年比3・1
ポイント減でやや減少し、関西は同0・1ポイント増とほぼ横ばいだった。・・・・
い控えの理由(複数回答可能)を聞くと、「何となく不安だから」が各地域で
六~七割を占めて最多。「国や自治体の検査体制・結果への不信」「国が設定し
た放射性物質の基準値への不信」も四割前後あった。・・・・」
・・・・・国などが、「基準以下・・」「問題ない」と曖昧なことを言い続ける
ことで不安が増す「経済被害」です!

海外、
47.「日本食品の輸入規制強化=新たに産地証明要求―台湾」時事通信?4月14
日(火)12時29分配信
全文「【台北時事】台湾の食品衛生当局は14日までに、日本から輸入する全食品
に都道府県ごとの産地証明を求め、乳幼児用向けなど一部食品については放射性
物質の検査証明書の添付を義務付ける方針を決めた。5月中旬にも実施する見通
し。台湾当局は現在、東京電力福島第1原発事故を受け、福島、茨城、群馬、栃
木、千葉の5県の食品を輸入禁止にしているほか、果物や水産物などについては
輸入時の放射能検査を実施している。
?日本は5県の輸入禁止措置の解除を求めていたが、3月に台湾で5県の食品が生産
地を偽装して流通していたことが発覚。消費者団体などからは規制強化を求める
声が上がっていた。」・・・昨日、26.で既報。

48.「トルコ初の原発が着工=20年までに完成予定」時事通信?4月15日(水)0
時18分配信
全文「【エルサレム時事】トルコ南部メルシン県アックユで14日、同国初の原子
力発電所の起工式が行われた。ロシア国営原子力企業ロスアトムが建設を手掛け
る。トルコ政府は原発により、エネルギー自給率の向上を図る。総事業費は約
200億ドル(約2兆3900億円)で、2020年までの完成を予定。出力120万キロワッ
トの原子炉を4基設置する。」

49.「台湾第2原発で原子炉にボルト落下、「チェルノブイリの悲劇再演」の
懸念も―中国メディア」FOCUS-ASIA.COM?4月14日(火)22時58分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150414-00000053-xinhua-cn
「台湾新北市万里区にある台湾第2原子力発電所で昨年9月に2号機の大規模改
修を行った際、ボルト1本が原子炉に落下し、いまだに見つかっていないことが
分かった。14日付で観察者網が伝えた。・・・昨年9月20日に2号機の大規
模改修が始まり、同27日にボルト3本が原子炉に落下したことが発覚。数日後
にそのうちの2本は見つかったが、最後の1本がいまだに見つかっていない。今
のところ、2号機は正常に稼働しているという。
これについて、台湾の原発専門家は「最悪の場合はチェルノブイリの悲劇が台湾
で繰り返される」との懸念を示している。一方、台湾原子力エネルギー科技協会
の欧陽敏盛・董事長は「過度に緊張する必要はない」との見方を示した。」

参考記事、
50.「安倍政権「海外メディア」にも圧力 ドイツ紙記者が怒りの暴露」日刊
ゲンダイ2015年4月14日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158938/1
・・・長い記事です、安倍政権のマスコミ対応、興味があれば検索してどうぞ。

51.「「国会記者会館」屋上からの撮影拒否をめぐる訴訟、ネットメディアが
二審も敗訴」弁護士ドットコム?4月14日(火)20時58分配信
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158938/1
首相官邸前で行われた「反原発デモ」の模様を、国会記者会館の屋上から撮影し
ようとしたことを拒否されたのは報道の自由の侵害だとして、インターネットメ
ディアの「OurPlanet-TV」が国と国会記者会に損害賠償を求めた訴訟の控訴審
で、東京高裁は4月14日、原告の請求を棄却した。
国会記者会館は、東京・永田町の国有地にある国有財産で、新聞やテレビ局から
なる「国会記者会」に管理が委ねられている。「OurPlanet-TV」は、2012年7
月、首相官邸前で行われた「反原発デモ」を撮影するため、記者会に対して国会
記者会館の屋上の使用許可を求めたが、拒否されたため、2012年9月、東京地裁
に提訴。2014年10月に請求が棄却され、控訴していた。・・・・
判決を受けて、「OurPlanet-TV」の白石草代表は・・・・・国会記者会館は、政
権からの便宜供与であり、マスコミと政権との癒着の構造を表すシンボルです。
最高裁に上告するとともに、国会記者会館に常駐する大手メディアの政治部が抱
える課題について、広く社会に問う声を広げていきたいと思います」と語った。
国会記者会館の常任幹事会は判決を受けて、次のようなコメントを出した。「国
会記者会館の使用に関する控訴人の具体的な権利を否定し、国会記者会の判断を
改めて正当と認めた穏当な判決だ。国会記者会館を占有管理している国会記者会
として、屋上使用等については安全性と報道機関としての責任を果たせるかどう
かの観点から引き続き対応していく」」

52.「(プロメテウスの罠)五輪のひと:5 運動会、はじける笑顔」朝日新
聞デジタル?4月14日(火)7時30分配信 (有料記事)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11703459.html
「◇No.1243  2011年3月30日。日本オリンピック委員会
(JOC)事務局長の平真(たいらしん)(59)のもとへ、フェンシングの五
輪銀メダリスト太田雄貴(29)が訪ねてきた。太田は身を乗り出して言った。
「震災で被害にあった人たちの力になりたいんです」原発事故を伴う震災を受
け、いまアスリートにできることは何か。JOCは医療チームを岩手県大船渡市
の避難所に派遣したばかり。スピードスケートの五輪銅メダリスト宮部行範
(46)が同行し、子どもたちをサッカーや鬼ごっこで楽しませていた。平はそ
の様子を現地で見た。苦境にある被災地の人たちが見せた、ひとときの笑顔が頭
に浮かんだ。・・・
平は生まれ故郷の福島県でも開きたかった。だが、原発事故で多くのグラウンド
や体育館が使えない。放射線の影響も懸念された。その福島で初のイベントは
12年1月22日、会津地方の猪苗代町で実現した。福島第一原発から西へ80
キロ。県内でも放射線量が低い地域だ。会場は磐梯山と猪苗代湖を望むスキー
場。雪上の運動会だ。第一原発がある大熊町から避難した子どもを含む小学生約
100人が集まった。・・・競泳の宮下純一(みやしたじゅんいち)(31)ら
オリンピアン6人が参加した。・・・はじける笑顔。平はそれを見て、救われる
思いがした。」

53.(山口)「鎌仲ひとみ監督最新作「小さき声のカノン」、YCAMで県内初上
映へ」みんなの経済新聞ネットワーク?4月14日(火)18時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150414-00000065-minkei-l35
「山口情報芸術センター(YCAM=山口市中園町、TEL 083-901-2222)で4月24日
から3日間、鎌仲ひとみ監督の最新作「小さき声のカノン-選択する人々」が上
映される。・・・・
期間中は「親子上映会」として、会場の明かりを残しての上映も行う。・・・同
館シネマ担当の杉原さんは「今回の特集では、『内部被ばくとどう向き合うか』
をテーマにした。それぞれの状況と生き方を知ってもらいたい」と来場を呼び掛
ける。上映スケジュールなどは同館ホームページで確認できる。」

54.(佐賀・福岡)「牧師の野中さん、共著で脱原発の訴えを本に」佐賀新聞
2015年04月14日 10時49分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/176754
「■「福島の事故は公害」 鳥栖キリスト教会牧師の野中宏樹さん(52)=鳥
栖市元町=が、福岡国際キリスト教会牧師の木村公一さん(67)=福岡県糸島
市=と共著で『原発はもう手放しましょう』を出版した。宗教者の立場から「原
発の問題は、今の世代による後の世代への差別問題。私たちさえよければという
考えはあまりに無責任」と訴えている。野中さんは北九州市出身。2003年に
鳥栖教会に転任後、牧師として命の問題に向き合うとともに、市民グループ「原
発を考える鳥栖の会」や「プルサーマルと佐賀県の100年を考える会」の世話
人として脱原発を目指す活動に取り組んでいる。・・・
2人は「原発がだれかの犠牲の上にしか成り立たない技術であることを知ってほ
しい」と話す。A5判128ページ、972円(税込み)。問い合わせは、いの
ちのことば社、電話03(5341)6920へ。」

55.(東京)「怒れる女子会集会:地方自治を学ぶ 統一選前に 大田で18
日」毎日新聞 2015年04月14日 地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20150414ddlk13040131000c.html
「統一地方選を前に、地方自治を考える市民集会「地方選挙って、なに?」が区
長・区議選告示前日の18日午後1時半、大田区蒲田5の区立消費者生活セン
ターで開かれる。有志で作る「怒れる女子会@大田区実行委員会」の主催で、参
加者を募集している。・・・
第1部で、1999年に都内初の女性市長となった元国立市長、上原公子(ひろ
こ)さんが「私たちの暮らしと地方自治」をテーマに講演。第2部では、実行委
が大田区議選の立候補予定者を対象に、原発再稼働や消費税、食の安全や待機児
童問題などに関して尋ねたアンケート結果を公開する。・・・・」

◆今朝の西日本新聞朝刊紙面では、壱面トップはもちろん高浜判決です、
以下、2、3、30,31面の紙面にの大半を使って関連記事多数です。
この新聞社のネット上にある記事を以下紹介します。

56.「高浜原発の再稼働認めず 福井地裁が仮処分決定 新規制基準「合理性
を欠く」」2015年04月14日 14時02分 更新
http://qbiz.jp/article/60182/1/

57.「【高浜再稼働差し止め】裁判長、大飯でも差し止め判決」2015年04月15
日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/60247/1/

58.「【高浜再稼働差し止め】《解説》反省なき原発政策を指弾」2015年04月15
日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/60237/1/

59.「【高浜再稼働差し止め】官房長官「粛々と」 規制委「事実誤認多
い」」2015年04月15日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/60245/1/
・・・長い記事です。

60.「【高浜再稼働差し止め】川内も22日司法判断 九電、差し止めなら値
上げも」2015年04月15日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/60246/1/
長い記事「・・・だが一方で、鹿児島、熊本、宮崎県の住民が再稼働差し止めの
仮処分を鹿児島地裁に申し立てており、地裁は今月22日にその可否についての
決定を出す予定。再稼働が認められなければ、九電は直ちに異議申し立てをする
とみられるが、再稼働時期が想定より大幅に遅れる可能性が大きい。再稼働を前
提とした経営黒字化もめどが立たなくなるため、13年春に続く料金再値上げに
踏み切る方向という。・・・・」
・・・・ぬけぬけと「値上げを」をちらつかせる!!

61.「【高浜再稼働差し止め】川内の住民側弁護団が会見 「22日の仮処分
に弾み」2015年04月15日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/60231/1/
「・・・・・森雅美弁護団長は時折、笑みを浮かべ「(高浜で争点となった)基
準地震動をめぐる主張は、川内も全く一緒。川内でも同様の判断が出れば、原発
の再稼働を司法が止める大きな流れができる」と評価。「裁判官が勇気を持って
出した意義のある決定」とたたえた。・・

九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働に反対する住民グループ「玄海原発
対策住民会議」の成富忠良事務局長(73)は「画期的な判断だ。国や電力会社
は事故防止策について行政のトップや議会に説明するだけでなく、住民に直接説
明するべきだ。司法の問題提起を無視し、説明責任を果たさないのであれば、玄
海原発の再稼働も認められない」と強調した。・・・・」

62.「【高浜再稼働差し止め】川内原発の地元 反対派「追い風」、賛成県議
は困惑」2015年04月15日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/60230/1/
「・・・・・九電は川内原発の7月再稼働を目指しているが、鹿児島、熊本、宮
崎の住民12人は再稼働の差し止めを求めた仮処分を申請しており、鹿児島地裁
は22日に決定を出す。住民側は原発の基準地震動(耐震設計の目安となる揺
れ)に関し「2005年以降、国内4原発で基準地震動を超える揺れが5回発生
しており、想定は不十分」と主張。福井地裁決定は、この点を差し止めの根拠の
一つにした。申し立てた住民の一人の主婦森永明子さん(43)=薩摩川内市=
は「再稼働を進める国や県と違い、司法が良識を示してくれた。鹿児島地裁の裁
判官も続いてほしい」と声に力を込めた。
再稼働阻止を求める市民団体「ストップ再稼働! 3・11鹿児島集会実行委員
会」(鹿児島市)の向原祥隆事務局長は、福井地裁決定のニュースを聞いた瞬
間、心の中で万歳と叫んだという。「川内は火山の危険性もある。新規制基準が
否定された以上、再稼働すべきではない」と求めた。
昨年11月の県議会で再稼働に反対し、12日の県議選でも阻止を訴えて4選を
果たした鹿児島市・鹿児島郡区の松崎真琴県議(56)=共産=は「福井地裁の
決定が新規制基準を否定した以上、県議会も同意を白紙に戻して再び審議すべき
だ」と主張。県議会で再稼働に賛成し、選挙戦でも賛成を訴え5選を決めた薩摩
川内市区の外薗勝蔵県議(63)=自民=は「県議会の同意はきちんとした手続
きで審議された」と述べ、戸惑いながらも正当性を強調した。」

63.「【高浜再稼働差し止め】「山動く」と原告歓喜 関電は「到底承服でき
ぬ」」2015年04月15日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/60242/1/
「・・・・「全面勝訴。考え得る最高の内容です」。河合弘之弁護団長は声を張
り上げ、涙ぐむ人も見られた。近くのホールで開いた記者会見で、河合団長は
「決定は、原子力規制委員会に安全基準を作り直して出直せというメッセージ
だ。裁判所は司法の本懐を果たした」と興奮が収まらない様子。海渡雄一弁護士
は「感無量としか言いようがない。宝物のような決定をいただいた」と顔をほこ
ろばせた。
仮処分を申し立てた福井県敦賀市の今大地晴美市議は与謝野晶子の「山の動く日
来(きた)る」という詩を紹介し、今回の決定の重みを表現。「リスクを背負
い、巨大な力を持つ国と電力会社に立ち向かう決意をした。弁護団と裁判長には
言葉で表せないほど感謝している」と感慨深く話していた。・・・
■高額賠償 覚悟の闘い  東京電力福島第1原発事故から4年余り。14日の
福井地裁の仮処分決定は、関西電力高浜原発3、4号機の再稼働差し止めを命じ
た。申立人は、今後の本訴訟で関電側が勝った場合、多額の損害賠償を請求され
る可能性がある。だがリスクを背負いつつも「福島事故の悲劇を繰り返さない」
との決意を胸に、闘ってきた。・・・・
■再稼働ムード一転、戸惑う高浜町民ら・・・・」

64.「【高浜再稼働差し止め】全国の原発審査の状況は?」2015年04月15日
03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/60244/1/
・・絵図があります。

社説も、
65.「決定を重く受け止めたい 高浜原発仮処分」
社説検索は11時すぎて⇒ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/

今朝は以上です。(4.15.5:00)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。ご意見
などは⇒ ysykf@yahoo.co.jp へ
⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

★ 前田 朗 さんから:
どちらが捏造なのか――「慰安婦」問題をめぐる報道・研究の検証
今田真人『緊急出版 吉田証言は生きている  慰安婦狩りを命がけで告発! 初
公開の赤旗インタビュー』(共栄書房)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/04/blog-post_14.html

「ヘイト・スピーチ法研究序説」出版記念会の案内です。
http://maeda-news.blogspot.jp/2015/04/blog-post.html

-----集会等のお知らせ------

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

【九電本店前ひろばテントから生まれたオリジナル曲】
    ●「きみへ」 さよなら原発!●
http://youtu.be/kCyPiK48E00
作詞・作曲者y.y 演奏・画像(池田制作)

「きみへ ~さよなら原発!福岡~ 」
http://youtu.be/WZb9zgoMY8s
編曲・歌 荒木美帆(声楽家)

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●
  ~川内原発のスイッチは押させない!~
 第1回事務局会議と「さよなら原発!福岡」例会 合同 4月16日(木)8時
30分から
福岡市人権啓発センター
場所:福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
    地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第12回裁判判 4月24日(金)14:00から 佐賀地裁
         原告総数 原告総数 9150(4/9現在)
  ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●
  ~川内原発のスイッチは押させない!~

 <>

賛同登録・再稼働阻止の意思表示カンパよろしくお願い致します。
ホームページ http://bye-nukes.com で登録。

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
     午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設)
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中