NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1462日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。4月21日。

【転送・転載大歓迎】

●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●
  ~川内原発のスイッチは押させない!~
チラシ・賛同・メッセージ・再稼働阻止の意思表示カンパ等
 ホームページ http://bye-nukes.com で。

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1462日目報告☆
      呼びかけ人賛同者4月20日合計3834
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
     ★私たちの声と行動で原発・再稼働 は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
しばらく 瀬戸内海の小島に行っていました。
瀬戸内海の小島にも 戦争の爪痕があることを知りました。
怱那諸島の一つ 津和地島でも 米軍の爆撃を受けて、海軍の輸送艦が
大破して 強制座礁し 兵員の命を 助けたそうです。
爆撃と 輸送艦に積んでいた爆弾の爆発で たくさんの方が 亡くなりました。
戦争はしてはいけない と 津和地島の方も言っていました。
あんくるトム工房
瀬戸内海の島にも戦争の爪痕 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3444

★ 橋本左門 さんから:
  ☆「一度書きゃ二度とは書かぬ」といふ魂胆 不如意の文字を煙滅のため
       (左門 2015・4・21-998)
※安倍首相は「談話」の中に、「村山・河野両談話」の中にある内外から評
価されている「侵略」「お詫び」などの文言を使わないと底意を漏らした。こ
のキーワードなしでその内容を表現できるとは文殊菩薩の知恵でも叶わな
いことだ。戦争責任告白は「文言の技術ではない」。「非人間的な行為を心
に刻もうとしない者は、また同じ熱病に罹るのです」(ヴァイツゼッカー氏)。
安倍氏はすでに熱病に犯されている。全国民から惡霊調伏の祈祷(言葉)
を寄せよう!!!

★ ハンナ&マイケル さんから:
テントにでかけたら、青柳さんが「今日は4月20日、2011年のこの日、
九電本店前に初めてテントが立って丸4年目をむかえました。」と
おっしゃいました。
そんな特別な記念日とは気が付きませんでした。
雨の中でテントはいつもと変わりなくひっそりと立っていましたが、
明後日、川内原発再稼働阻止のための九電本社への要請行動を目前に、
そうしてこれまでの九州最大規模の6月7日の3万人大集会を控えて、
今、テントは大きな歴史的転換期を迎えようとしている、
そんな気配がひしひしと伝わってきました。

★ 梅崎由美子(地球のめぐみ) さんから:
 
6/7のちらしを1000枚送希望します。
6/7当日のお手伝い、何かありましたら、させていただきますので、
連絡ください。

★ 田原莉茄子(大学生) さんから: いつもメールをありがとうございます。
6月7日は私もしっかり、参加させていただきます。
実は昨日、被爆者の方からお話を聞く機会がありました。
「あの日のことを知っていますか?」「あの日の匂いを知っていますか?」と聞
かれ、何も知らない自分を恥じました。
私たちはいつだって戦争はだめ、原発反対、たくさんのことを耳にしているはず
なのに気がつけば忘れている自分に気付かされました。
しかし、私の力は微力ではありますが、これからはきちんと活動に参加して以降
と思います。
今後ともよろしくお願いします。

★ おばせ勝義(ブナぶな考房) さんから:
青柳 様
おはようございます。
毎日の貴重な資料の発信と共に、九州電力本社前
テント広場でのご活躍や様々な集会等の企画と実施
など、本当に頭が下がります。心から、日々、敬意と
感謝を申し上げています。
連日のメールを拝見させて戴きまして、感銘を受けま
すこと山のようです。特に、橋本左門様の怒りの短歌
と文章に、きりっと身を引き締められ、日ごろの活動に
大きな励ましを戴いています。
時節柄、ご自愛を切に願い上げますとともに、ご奮闘を
心から祈念申し上げます。

★ 弁護士 池永 修 さんから:
【川内原発再稼働差止仮処分決定当日行動のご案内】
4月14日の高浜原発(福井県・関西電力)に続き、原発なくそう!九州川内訴
訟の原告の皆さんが鹿児島地方裁判所に申し立てていた仮処分の決定が、4月
22日に出されます。
差止め仮処分決定が出た場合は、原発の再稼働をすることはできなくなります。
仮処分決定は、判決とは異なり、直ちに効力を生じるからです。行動にはどなた
でも参加できます。
今こそすべての原発にさよならをしようと一緒に声をあげていただける市民の皆
さん、「原発なくそう!九州川内訴訟」「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告の
皆さん、ぜひお近く
の行動にご参加ください。

 ▼福岡・九電本社要請行動
11:00 大手門パインビル2Fホール集合(福岡市中央区大手門1-1-12
TEL:092-741-6416)
11:30 記者会見・報告集会
13:00 九電本店への要請行動※決定勝訴の時。
           (棄却・敗訴の時はありません)
        福岡・九電本店(福岡市中央区渡辺通り2-2-82)前

 ▼東京・経済産業省要請行動
11:30 記者会見
13:30 経産省へ要請行動 ※東京・経産省(東京都千代田区霞が関1-3-1)前に
お集まりください。

 ▼鹿児島(地裁)行動
9:30 「かごしま県民交流センター中庭」集合
10:05 地裁前にて、弁護団・申立団等で旗だし
11:00 記者会見・報告集会 会場:鹿児島市「黎明館・講堂」
        声明文の発表、決定書の分析等(決定の記者レク15:00~)

【お問合せ】原発なくそう!九州玄海訴訟原告団・弁護団 佐賀中央法律事務所
TEL 0952-25-3121/原発なくそう!九州川内訴訟弁護団 弁護士法人白鳥法律事
務所 TEL 099-227-2655

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<川内原発の水蒸気爆発を深刻に思わせる事故が起きている>を報告します。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150419-OYT1T50018.html
2015年04月19日 18時34分の読売新聞電子版に
******************
溶けた鉄漏れ5人重軽傷…JFEスチル製鉄所
 18日午後10時35分頃、岡山県倉敷市水島川崎通のJFEスチール西日本
製鉄所第1製鋼工場で、溶鋼鍋(直径約4メートル、高さ約4・8メートル)か
ら溶けた鉄が漏れ出し、周囲の資材などに引火した。
 同工場の自衛消防団と市消防局が約2時間後に消し止めた。
 付近で作業していた5人が熱風などを浴び、このうち同社の男性社員(26)
が全身やけどの重傷、協力会社の43~22歳の男性社員4人が軽傷を負った。
 同社によると、同工場は24時間稼働。溶鋼鍋には約1500度で溶けた鉄約
200トンを入れ、不純物を取り除く作業をしていた。何らかの原因で鍋の一部
が破損した可能性があるとしている。
******************
JFEスチール製鐵所の溶鋼鍋から1600℃程度と思われる溶鋼が200トン
程漏洩した事故の報道は新聞やテレビで報道されていますが、溶鋼鍋には約
1500度で溶けた鉄約200トンと報道したのは、目につくところでは読売新
聞の電子版だけのようで、それ以外の報道は建物の火災が有ったことと、火傷の
人身事故が有ったことと、炉か何かから鉄が200トン程度漏れたとの報道のよ
うです。
 この事故は、2015年1月31日の青柳通信
http://tinyurl.com/lcw6w34
で、
******************
★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<高浜原発の審査書案は水蒸気爆発による格納容器の破裂を検討していない>に
ついて報告します。・・・略
しかし、このことは別にしても、この時提示された世界的に有名な実験の実験
条件は、実験に危険が伴う為に、実際に起こると想定される条件のうち、緩い条
件のみで行われています。
 高温で溶けている何百トンもの鉄が保持容器から漏洩し、床のコンクリートに
落下する事故は、金属製錬の工場ではたまにはおきる事故です。
 一番多い事故は、高温で溶けている何百トンもの鉄を取鍋に受けて搬送してい
るときに、漏洩(ろうえい)する事故です。・・・
大きな電気炉は約1時間から2時間ほどで、100トンくらいのスクラップ(屑
鉄)を溶かして溶けた鉄を取鍋に排出します。
 電気炉の床からも溶鋼の漏洩が起こりますが、コンクリート上に1600℃で
100トンもの溶鋼が落下すると、コンクリート中の水分が急激に蒸気になって
コンクリートの爆裂(ばくれつ)が起きて1600℃で100トンもの溶鋼とコ
ンクリートが工場内に飛び散り死亡事故が起こります。そのために、電気炉は巨
大なコンクリート製のピット(深いプール)の上部に据えられ、ピットは中には
耐火煉瓦が張られていてコアキャッチャーになっています。
取鍋の受鋼もコアキャッチャーピットの上で行われます。
 取鍋は大型クレンで搬送されますが、溶鋼の漏洩事故が起きると、その取鍋は
溶鋼を流しながらコアキャッチャーピットに運ばれ、そのコアキャッチャーピッ
トに溶鋼を流し落とします。
 コアキャッチャーピットに鉄が大量に溜まると、後の処理に困るので、溶鋼を
受ける専用のコアキャッチャー(捨て湯鍋)を別途設置している場合もたくさん
あります。
 私は、46年間そのような場所でコアキャッチャーピットや(捨て湯鍋)を作
る仕事もしていましたが、今までコアキャッチャーピットの無い電気炉を見たこ
とが有りません。
 しかし、コンクリートの爆裂よりも恐ろしいのが水蒸気爆発です。コンクリー
ト中の水分はコンクリートの一部ですが、溶鋼が水のプールの中に落ちると水蒸
気爆発が起こり、工場そのものが吹き飛びます。コアキャッチャーピットに絶対
に水を貯めてはいけないのは、現場の常識です。関西電力も、九州電力も原子力
規制委員会ももっと真剣に過酷事故対策を検討してもらいたいと思います。
******************
ここで指摘している事故が、今回起きたと思われます。
 しかし、コンクリートの爆裂の危険も水蒸気爆発の危険も、この業界では
100年以上も前から分かっていたことで、最善の対策は行われていますから、
このような大事故でも、この程度の災害で済んでいます。
 しかし、今の日本の電力会社や原子力規制委員会は、今でも全く分かっていな
いと思います。
 川内原発の新規制基準に係わる適合性審査では、川内原発に過酷事故が発生し
て、メルトダウンが起こり、2800℃で100トンもの溶融核燃料がコンク
リート上に落下しても、格納容器下部に大量の水を貯めておけば、溶融核燃料は
冷却されて、水蒸気爆発は起こらないと思うので、たとへ放射性物質が大気中に
放散されても、福島第一原発の約1700分の一程度なので慌てて避難する事も
無いとしてしまいました。

JFEスチル製鉄所の事故は高温度の世界を知り尽くしている人たちが、約
1600℃の鋼を200トン漏鋼、川内原発は高温度の世界をほとんど知らない
人たちが、2800℃の核燃料を100トン漏鋼するのですから、恐ろしさが比
較できません。

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2465】2015年4月20日(月)
━━━━━━━
※川内原発の再稼働審査を糾弾する!
 原子力規制委員会院内ヒアリング=福井地裁が指摘「新規制基準は合理性を欠
く」=
 日 時:2015年4月21日(火)13時~17時
 場 所:参議院議員会館講堂(1階)
     東京メトロ国会議事堂駅、永田町駅、溜池山王駅から徒歩
 追 及:広瀬隆さん、後藤政志さん、山崎久隆さん(たんぽぽ舎)、
     参加者の皆さん
 内 容:1.九電工事計画資料から川内原発審査を問う
       「耐震偽装」の原発は情報も隠ぺい
       基準地震動でさえECCSが破壊される恐れ
       蒸気発生器から冷却材喪失の危険性
     2.テロと航空機事故への対策について
     3.4・14福井地裁決定を受けて川内原発の審査を問う
 主 催:再稼働阻止全国ネットワーク
 資料代:500円
━━━━━━━
┏┓
┗■.「核発電所」と呼ぼう―「原子力発電所」ではなく
 |  作家・村上春樹さんの提案に賛成
 |  原発再稼働は日本を滅ぼす 連載27回
 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎・再稼働阻止全国ネットワーク)

1.今や、世界を代表する作家となられた村上春樹さんが「原子力発電所」では
なく「核発電所」と呼ぼう(原発ではなく核発と呼ぼう)と提案されている(長
文のインタビューの後半部分で)。大賛成である。私も折に触れて述べたり、
又、書いたりもして「核発電所」が物事の本質を示す正確な名称だと主張してき
たが、村上春樹さんのこのインタビュー記事を見て、嬉しく思い、紹介します。
 なお漢字圏の国(中国、韓国、台湾)はずっと核発電所(略称、核電)という
名称を使っています(「原子力発電所」ではない)。
 日本は1945年8月の広島・長崎の原爆投下の被害があるがゆえに、核の導入を
たくらむこの国の支配層は民衆の反発を恐れ、核発電所でなく、「原子力発電
所」の名称で国民をゴマかして導入してきた歴史がある。残念ながら一部の革新
勢力はそれにのせられてきた「負の歴史」がある。共に取り組んで克服して、原
発早期廃止(全廃)に前進しよう。2度目の原発大惨事の発生の前に。

2.インタビュー記事の紹介
 ☆村上:地震も火山もないドイツで原発を撤廃することが決まっているわけで
す。危険という理由で。原発が効率的でいいなんて、ドイツ人は誰も言っていま
せん。
 ★記者:読者との交流サイトで「原子力発電所」ではなく「核発電所」と呼ぼ
うと提案していますね。
 ☆村上;「ニュークリアプラント(nuclear plant)」は本来「原子力発電所」
ではなく「核発電所」です。ニュクリア=核だから。
 原子力は、アトミックパワー(atomic power)です。核が核爆弾を連想させ、
原子力が平和利用を連想させるので「原子力発電所」と言い換えているのでしょ
う。今後はちゃんと「核発電所」「核発」と呼んだらどうかというのが僕からの
提案です。
(聞き手は共同通信編集委員 小山鉄郎)毎日新聞4月19日号より)
(インタビューの全文は新聞紙面の6段分約7000字の原稿、そのうち原発に触れ
た部分約330字を紹介)(その他の部分でも歴史問題等についての村上さんの考
え方を述べていて参考になる文章です。)
※柳田の“核発電所だ”の文章は『隠して核武装する日本』(影書房)に載ってい
ます。

┏┓
┗■.今回の決定(4/14福井地裁仮処分)は規制委員会審査が根底から問われる
 |  規制委員長、事実誤認とごまかし、見直しに反発
 └──── 清水 寛(たんぽぽ舎ボランティア)

◯今回の決定は規制委員会審査が根底から問われる

・重大事故が起きれば取り返しのつかない被害を広域に及ぼす原発の本質を指摘
・地震動の想定は信頼性に乏しく、原子炉の冷却がきちんと続けられないのでは
・大量の使用済み核燃料が堅固な施設で守られていなくていいのかなど
         (東京新聞、2015年4月15日付一面より抜粋)

◯規制委員長、事実誤認とごまかし、見直しに反発

・「決定文は使用済み核燃料を冷やす給水設備の耐震性について、比較的低いB
クラスと記述していたが、正しくは最高のSクラス」
 ・・設備はそのままでランクを上げただけではないか?(清水)
 想定する最大級の地震動(基準地震動)が必ずしも最大値に設定されていない
との記述については、断層が連動して動くなど不確かな要素も考量して厳格に設
定した
 ・・「高浜原発の運転開始時の基準地震動は370ガルであったところ、安全余
裕があるとの理由で根本的な耐震補強工事がなされないまま、550ガルに引き上
げられ、さらに新規制基準の実施を機に700ガルにまで引き上げられた。耐震安
全性確保となるべき基準地震動の数値だけを引き上げる対応は社会的に許容でき
ず」(決定文)の反論になっていない。
・外部電源が断たれると原発の冷却機能が不安定になるとの記述には、非常用発
電機や電源車など多様なバックアップの配備を義務づけており、冷却は問題なく
続けられる ・・基準地震動を下回る地震では「外部電源と主給水によって冷却
機能を維持するのが原子炉の本来の姿」(決定文)の反論になっていない。

その他、問題だらけ
・第2制御室未着工 ・事故時の対策拠点未完成 ・原子炉のフィルター付き
ベント建設中 ・事故時の支援道路は1本だけ ・原発集中立地など

 「放射能から命と国土を守り、平和憲法を守り活かす情報発信NO.38修正版
(4月17日号)」の「今回の決定は規制委員会審査が根底から問われる」「規制
委員長、事実誤認とごまかし、見直しに反発」より

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝も世論調査の記事からはじめます。3.の川内(せんだい)原発の地域の調
査報告の記事が重要です。

1.◎◎「(世論調査)AIIB創設不参加 「良い」が45.6%」日本テレビ
系(NNN)?4月19日(日)19時19分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150419-00000024-nnn-pol
「・・・また、福井地裁が福井県の高浜原発の運転差し止めの仮処分を決定した
ことについては、「支持する」が65.7%に達し、「支持しない」は
22.5%だった。・・・・
<NNN電話世論調査>【調査日】4月17日~19日【全国有権者】1997
人【回答率】50.4%」

2.◎◎(世論調査)「「株価上がれども…わが暮らし楽にならず」約8割」テレビ
朝日系(ANN)?4月20日(月)11時53分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150420-00000019-ann-pol
「・・・・調査は18日と19日の2日間、行いました。・・・・さらに、原発に関
して、2030年の時点で電力の2割を原子力が賄うとする安倍内閣の方針を支持し
ないとした人が5割を超えたほか、再稼働についても支持するが29%、支持しな
いが57%となっています。」

川内原発、
3.◎◎◎「地元、実は脱原発傾向 「再稼働反対」「縮小」77%、薩摩川内市
民調査」西日本電子版2015年04月21日 03時00分 ※グラフ有
http://qbiz.jp/article/60647/1/
全文「九州電力川内原発が立地する鹿児島県薩摩川内市の市民は、九州全体より
脱原発派の割合が高い?。民間の調査でそんな傾向が明らかになった。ただし、
直近の再稼働については「反対」が他地域を下回る“ねじれ”が生じており、調査
元は「地元経済への影響から短期的には再稼働を受け入れざるを得ないと感じて
いるが、決して積極的な容認ではない」と市民の胸の内を分析している。・・・・・
調査したのは安全・安心研究センター(代表・広瀬弘忠東京女子大名誉教授)。
昨年11?12月、薩摩川内市180人、川内原発30キロ圏180人の計
360人にアンケートを実施した。全国データは今年3月に1200人を対象に
調査した分で、うち九州7県は120人だった。
この中で「日本の原発をどう思うか」と聞いたところ、薩摩川内市では「再稼働
を認めず直ちにやめるべきだ」が21・1%。「再稼働を認め段階的に縮小すべ
きだ」と合わせると77・2%に上り、九州全体(75・0%)を上回った。
これとは別に、目前に迫る再稼働の賛否を尋ねた質問でも、薩摩川内市では「絶
対反対」「やや反対」が計52・7%。昨年10月、市長と議会が再稼働に同意
を表明したが、その後も市民レベルでは賛否が割れている実情が浮かび上がった。
ただ、同じ質問で九州全体の反対派は65・8%。30キロ圏(62・8%)、
全国(70・8%)とも差が出た。
将来的には脱原発、直近は再稼働容認?。このねじれの背景に何があるのか。
調査では原発の事故対策や避難計画についても聞いている。国の事故対策につい
て、薩摩川内市の市民の計80・6%が「まったくできていない」「あまりでき
ていない」と感じており、避難計画も「不十分」「やや不十分」が計78・3%
に達した。いずれも全国データに迫る割合だった。
一方、再稼働が家計にとって「非常にプラス」「ややプラス」と答えた市民は
66・7%に及び、全国の58・7%を大きく上回った。広瀬名誉教授は「脱原
発傾向は予想以上に強かった。立地自治体の原発事故に対する危機感を、経済的
なメリットが薄めている」と指摘する。」

4.「<川内原発>再稼働差し止めめぐり 22日に「仮処分」決定」毎日新
聞?4月20日(月)22時48分配信 ※表有
http://mainichi.jp/select/news/20150421k0000m040118000c.html
長い記事「・・・主な争点は、福井地裁と同様、耐震設計の基準となる基準地震
動(想定する最大の地震の揺れ)が適切かどうか。南九州はカルデラ(火山活動
でできた広大な陥没地形)が集中し、火砕流を伴う巨大噴火の危険性についても
争われている。・・・・」

4’.「川内原発再稼働差し止め仮処分、22日に判断 鹿児島地裁」西日本電
子版2015年04月21日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/60646/1/

4”.「やごろうどん:再考する契機に /鹿児島」毎日新聞2015年04月20日地方版
全文「福井地裁は14日、関西電力高浜原発3、4号機の再稼働を認めない仮処
分決定を出した。決定は、原発がなければ成り立たないとされる社会に住む一人
一人への問題提起だと思う。
福井地裁決定を巡っては、原子力規制委員会の田中俊一委員長は「事実誤認があ
る」と批判。別の専門家からも「決定には科学的根拠が見当たらない」などの声
も聞かれる。市民の見解も分かれる。確かに、原発関連の仕事従事者にとっては
死活問題だろう。一方、事故で古里喪失も生じうる。どちらにしろ誰かを犠牲に
する。
鹿児島地裁は22日、九電川内原発の再稼働差し止め仮処分申請の判断を下す。
原発事故は、どんな未来を描くのか、という問いを私たちに投げかけたと思う。
地裁判断に関わらず、22日は社会を再考する契機にすべきではないか。【杣谷
健太】」

5.九電、
●<川内原発>「使用前検査は序盤から多難 規制庁、九電側の不備指摘」産経
新聞2015.4.19 21:34更新
全文「7月の再稼働を目指し、川内原発では最終段階となる使用前検査が進んで
いる。ただ序盤からすでに、原子力規制庁による指摘が続いており、九州電力の
計画通りに進むかは不透明で、裁判所が再稼働を認めない仮処分命令を出せば、
計画は破綻する。
16日に報道各社に公開された検査では、規制庁の検査官が、水素爆発を防止す
る装置を実際に動かし、性能を確かめていた。検査は、設備や機器が設計通りに
なっているかを現場で確認するもので4段階あり、連日、規制庁の検査官数人が
乗り込んで実施している。
九電によると、6月上旬に2段階目までの検査を終え燃料棒を挿入する。7月上
旬に原子炉を起動して再稼働し、8月に営業運転を再開する計画がある。ただ、
すでに初期の段階で、検査官が九電側の不備を指摘。放射線管理施設や緊急時対
策所で、九電側が施工時の記録の一部を準備できていなかったことが判明した。
規制庁は「全体の工程がこれで遅れるかはまだ言える状況にない」としている。
川内原発は昨年9月に新規制基準に適合しているとして、審査に合格。しかし、
設備や機器の詳細な設計内容などを書面で確認する工事計画認可の書類作成に手
間取り、書類提出は今年2月までかかった。正式の認可が出たのが3月18日
で、使用前検査が始まったのは同30日からだ。1号機は2号機の非常用発電機
を予備電源として共有しているため、再稼働に向けては2号機の工事計画認可が
必要だ。しかし、その補正書はまだ提出されていない。(原子力取材班)」

6.「九電離れ前年比6割増」西日本電子版2015年04月21日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/60643/1/

「九州電力は20日、電力購入契約を九電から特定規模電気事業者(新電力)に
切り替えた企業や自治体が4月1日時点で前年比60%増の5761件に上った
ことを明らかにした。電気代が安い新電力が事業展開を活発化する中、九電から
離脱する顧客が急増している。
九電によると、需要規模では同48%増の84万1000キロワットが新電力に
契約を切り替えた。容量ベースで川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の
ほぼ1基分が失われた計算。原発停止による経営悪化を受け、九電が2013年
4月に企業など大口向けの電気料金を平均11・94%値上げしたこともあり、
新電力が勢いを増しているとみられる。・・・・・」
・・・・すでに原発一基分の需要が無くなったと、原発再稼働は全く論外ですね!

原発立地・周辺地域、
7.(滋賀県)「高浜差し止め仮処分で審尋=「司法判断積み重ねる」―大津地
裁」時事通信?4月20日(月)18時40分配信
全文「関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)は重大事故を起こす危険があ
るとして、滋賀県の住民29人が再稼働の差し止めを求めた仮処分申請の第1回審
尋が20日、大津地裁(山本善彦裁判長)であった。3、4号機については、福井地
裁が14日、差し止めを命じる仮処分決定を出したが、住民側は関電の異議申し立
てで決定が覆る可能性もあるとして、同様の決定を求めている。
審尋後、住民側の井戸謙一弁護団長は「社会的に大きな意味を持つ司法判断を積
み重ねたい」と強調した。住民側は、原発の耐震設計の不備や、県内の自治体で
合理的な避難計画が策定されていないことを挙げ、「安全確保のため改善すべき
重大な課題が積み残されている」と主張している。」

8.(青森県)「六ケ所、核燃施設立地協定から30年 開発代替案、一大産業
に」デーリー東北新聞社?4月20日(月)9時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150420-00010000-dtohoku-l02
長い記事「青森県と六ケ所村、日本原燃サービスと日本原燃産業(合併後の日本
原燃)が1985年4月に核燃料サイクル施設の立地協力基本協定を締結してから30
年を迎えた。むつ小川原開発を源流に、巨大コンビナート構想の頓挫の末に生ま
れた“代替策”は、今や一大産業を形成し、雇用創出や産業集積、核燃税による県
税収入など県経済と密接な関わりを持つ。一方で、東京電力福島第1原発事故を
機に、サイクル政策の風向きは変わりつつある。使用済み核燃料再処理工場はい
まだに完成せず、再処理後に残る「核のゴミ」(高レベル放射性廃棄物)の行き
場も依然として決まっていない。先人が苦渋の選択を経て託した繁栄の夢とは
―。過去を振り返り、むつ小川原の今と未来を探った。・・・・
サイクル施設立地に伴“経済効果”は県全体に行き渡る。12年度までの建設工事な
どの地元受注額は、全体の18%に当たる5652億円。電源三法交付金は13年度まで
の累計交付総額が2697億円に上り、インフラ整備など県民生活のごく身近に浸透
している。一方、核燃マネーの依存構造に批判もある。原子力資料情報室(東
京)の伴英幸共同代表は「国が徐々に交付金を減らし、地元を含めそれに代わる
自立の在り方を議論すべきだ」と主張。国策開発から国、地方の双方が脱却すべ
きと訴える。・・・・・・・・・・・」

9.(新潟県)「柏崎市議選 再稼働の是非が争点」新潟日報2015/04/20 11:40
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20150420176161.html
「19日告示された柏崎市議選には、定数26に対し6人超過の32人が立候補を届
け出た。新人10人の出馬により激しい戦いを展開している。市議会は今後、東京
電力柏崎刈羽原発の再稼働に同意するかどうかの判断を求められる可能性があ
り、再稼働の是非などが争点となっている。立候補者の内訳は現職21人、元職1
人、新人10人。党派別では公明2人、共産2人、自民1人、無所属27人。地区
(旧市町)別では柏崎29人、西山2人、高柳1人。18日現在の有権者数は7万
3418人。・・・・・」

9’.(新潟県)「原発再稼働、積極議論を 有権者「大きな争点」新潟日報
2015/04/20 10:25
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20150420176118.html
「[柏崎市議選]賛否訴えに耳傾け・・・・柏崎刈羽原発が立地する柏崎市で
は、定数26に対し32人が立候補。各候補は口々に再稼働に対するスタンスを訴
え、有権者に支持を求めた。・・・・・
[長岡・小千谷市議選]30キロ圏 候補者の言及目立たず? 原発の再稼働に際
しては立地自治体だけでなく、同意を得る範囲を広げるべきだとの議論もある。
柏崎刈羽原発から30キロ圏の長岡、小千谷の両市では一部候補者が原発につい
て熱心に訴えたが、触れない候補者も多くいた。・・・・
有権者の間にも温度差がある。30キロ圏に含まれない同市栃尾地域の農業男性
(71)は「人口減対策や経済対策の方に関心がある」と語る。一方、30キロ
圏で暮らす同市の会社員男性(45)は「子どもの安全を考えると原発問題は切
実。選挙で各候補の考えを知りたい」と訴えた。小千谷市のパート女性(27)
も「安心して暮らせるエネルギー政策を議論してほしい」と求めた。」

10.(宮城県)5市町と東北電、安全協定を締結 女川原発めぐり」朝日デジ
タル2015年4月21日05時00分
全文「東北電力が再稼働をめざしている女川原発(宮城県女川町、石巻市)につ
いて、原発30キロ圏内にある登米市や涌谷町など5市町と東北電は20日、安
全協定を結んだ。再稼働や事故などの情報を、立地する県や女川町、石巻市だけ
でなく、5市町にも速やかに伝えることになった。ただ、立地自治体と結んだ協
定とは異なり、再稼働に関する5市町の事前了解の権限は盛り込まなかった。
東京電力福島第一原発の事故では、周囲の自治体にも広範囲に被害が及んだこと
から、5市町のうち涌谷町と美里町は事前了解を盛り込むべきだと主張したが、
他の自治体が反対し、5市町として意見がまとまらなかった。」

福島第1原発、

11.「正門周辺の大気中の環境放射線量」毎日新聞2015年04月20日
「19日正午現在 1.060マイクロシーベルト毎時 数値は東京電力の計測
結果から 前日は1.032マイクロシーベルト毎時

12.●●「格納容器調査、2台目ロボットも回収断念 福島第一原発」朝日新聞
デジタル?4月20日(月)13時54分配信
全文「東京電力は20日、福島第一原発1号機の格納容器内に投入した2台目の
調査ロボットについて、回収を断念したと発表した。ロボットとともに投入され
た監視カメラが、放射線の影響で劣化して使用できなくなり、回収に必要な動作
をロボットがとれるのか確認できないためという。
東電は、1台目のロボットを10日に投入したが、途中で走行不能となり回収を
断念。2台目は15日に投入し、16日までに1台目とは別の範囲の調査をほぼ
予定通りに終え、18日から1台目が調査できていない範囲を調べようとしていた。
2台目は、1台目が走行不能となった場所まで到達し、残されたケーブルなどの
位置を確認。戻る段階で、監視カメラが使用できないことがわかったという。東
電は「無理にロボットの回収を試みると、逆にリスクが大きいと判断した」と説
明している。」

12’.「2台目ロボ回収断念=格納容器、監視カメラ壊れ―福島第1」時事通信?4
月20日(月)13時12分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date2&k=2015042000350
「・・・・電源が入った状態で放射線に10時間程度耐えられる設計だったが、18
日に電源が入らないことが判明した。電子部品が放射線の影響を受けて壊れたと
みられる。ロボットはヘビ形で、配管を通って格納容器内に入った後は、コの字
形に変形して調査していた。回収するには再度ヘビ形に変える必要があり、配管
付近のカメラで確認する予定だった。ロボットは配管から数メートル離れた場所
に放置する予定。・・・・・」

12”.「福島第一原発、格納容器内の新たな映像公開」TBS系(JNN)?4月20日
(月)12時34分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150420-00000018-jnn-soci
「福島第一原発の格納容器内部を撮影した新たな動画が公開されました。これ
は、18日撮影された福島第一原発1号機の格納容器内部の新たな映像です。撮
影したのは、15日から投入された2台目のロボットで、映像では、途中で動か
なくなってしまった1台目のロボットが確認できます。
東京電力によりますと、格納容器内の放射線量は、19日の測定では毎時4.1
シーベルトから5.9シーベルト、温度はおよそ20度だということで
す。・・・・東京電力は「格納容器内部の情報収集を十分行うことが出来た」と
していて、ロボットの回収断念については「今後の調査の支障にはならない」と
説明しています。」

12”’.「動作不能ロボットの画像公開」NHK福島04月20日19時20分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6054178491.html?t=1429558414870
「・・・・1台目の・・・・このロボットは本来、カタカナの「コ」字型に変形
してより右側を走行するはずでしたが、がれきが積み重なっていたためコースを
変更したところ、走行用のベルトが段差や隙間に挟まったということです。
ロボットは、段差から抜け出そうとしてボディーを伸ばした状態のままとなって
いるほか、映像にはコース変更の原因となったがれきも捉えられていて、作業の
難しさを改めて示す形となっています。・・・・」

関連、
13.(茨城県)「廃炉加速へ国際センター=溶融燃料など分析、原子力機構」
時事通信?4月20日(月)12時52分配信
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015042000343&g=soc
「福島第1原発の廃炉作業を加速させるため、日本原子力研究開発機構が設置し
た「廃炉国際共同研究センター」の開所式が20日、茨城県東海村で行われた。セ
ンターは約80人態勢で発足。原子炉内で溶け落ちた核燃料の分析や取り出し工
法、放射性廃棄物の保管・管理など、廃炉作業に関わる研究開発や人材の育成を
担う。センターは当面、東海村の同機構原子力科学研究所に本部を置くが、2016
年度以降に福島第1原発近くに拠点を移し、国内外の大学や研究機関などから
100~150人の研究者らが参加して本格的な運用を始める方針。同機構は福島県楢
葉町と大熊町にも研究施設を整備する予定。・・・・・」

原発事故被害地域、
14.「<福島県>半額旅行券、6月1日に発売 19万泊分」毎日新聞?4月20
日(月)19時12分配信
全文「福島県は20日、県内の宿泊施設で使える半額旅行券を6月1日に発売す
ると発表した。19万泊分の利用を見込んでおり、東京電力福島第1原発事故に
よる風評被害で減った観光客の回復を図る。旅行券は2種類あり、1泊1万円以
上の宿で利用できる1万円券は5000円で、同6000円以上の宿用の
6000円券は3000円で売り出す。いずれも1人につき原則1泊1枚利用で
きる。
年間を通じて観光客を呼び込むため、来年2月末まで3回に分けて販売。全国の
コンビニ端末で購入できるほか、インターネットの宿泊予約サイトでも割引クー
ポンの形で同様の割引を受けられる。事業費は約12億5000万円で、国の地
方創生関連の交付金を活用する。」
・・・全国のコンビ二で買える、と。

15.「復興活動や被災者支援へ県が補助 団体の事業育てる」福島民友新聞?4
月20日(月)12時17分配信
全文「県は、震災と原発事故からの復興活動や被災者支援に取り組むNPO法人な
どへの補助事業を行っている。5月14日まで助成団体を募っている。中長期的に
復興を支えるNPO法人などの団体を育てる目的で、2013(平成25)年度から毎年
募集している。被災者の見守りや心のケア、避難者の帰還支援、まちづくり、産
業再生などに取り組む団体の事業に対し、100万~1000万円を補助する。
県によると、県内のNPO法人数は15年3月末現在で841あり、震災前の2010(平成
22)年度末時点(567)の約1.5倍となった。全国トップクラスの伸び率で、特
に「保健・医療・福祉」や「まちづくり」など復興に関連する分野が増えている
という。」

16.×(政府が)「区域内除染 対象拡大に前向き」NHK福島04月20日19時20分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053969031.html?t=1429558781679
「原発事故に伴う避難指示区域のうち、どこまで行うか決まっていない帰還困難
区域の除染について、竹下復興大臣は「住民に帰還の意向がある地域について
は、地元と相談しながら実施していきたい」と述べ、除染の対象地域の拡大に前
向きな考えを示しました。
帰還困難区域の除染については、一部のモデル地区と、国道6号線や常磐自動車
道、富岡町の夜の森の桜並木など復旧・復興に必要な道路などで行われています
が、それ以外はどこまで行うか決まっていません。・・・・・」
・・・・「住民に帰還の意向・・・」ではなく、危ない線量のところに帰しては
いかないのではないですか!!

17.「“富岡駅西側を復興拠点に”」NHK福島04月20日19時20分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053721101.html?t=1429558609067
「JR富岡駅の西側の一帯を復興の拠点に位置づけ、先行的に整備するなどとし
た、富岡町の第2次復興計画の素案を住民が中心となってまとめ、20日、宮本
町長に提出しました。第2次復興計画の素案は、富岡町から委託された住民など
でつくる検討委員会がまとめ、20日代表8人が郡山市にある町の仮役場を訪
れ、宮本町長に手渡しました。この中で検討委員会の会長の渡辺和則さんは、
「多くの住民の声を取り入れ、将来への希望がもてる計画になったと思う」と述
べました。・・・・・
2年後の住民帰還を目指す富岡町ではこの素案を元に復興計画案を作り、6月議
会にはかって、承認が得られれば、計画の事業化にむけた予算の検討を始めると
しています。」

18.「【大震災】楢葉 戻り始めた春」読売新聞2015年04月20日 14時02分
http://www.yomiuri.co.jp/photograph/zoomup/20150420-OYT8T50107.html
・・・“帰還”に向かって楢葉町の今の個々の人の様子を伝える記事です。

19.「(福島県)20日県内各地の放射性物質検査結果・県内13箇所の放射線
量測定値」福島民報4月21日朝刊紙面
http://www.minpo.jp/pub/jisin_jyouhou/01.pdf
※ここにある数値は、モニタリングポストの周辺が除染された環境にある結果です。
※この紙面は、同じURLで毎日更新されています。

20.●●「公立小4分の1近く 屋外授業に制約」読売新聞2015年04月20日
全文「福島大や県市町村教育委員会連絡協議会などでつくる団体が実施したイン
ターネット調査で、回答した公立小学校の4分の1近くが、東京電力福島第一原
発事故の影響で主に屋外で行う授業に困難や制約があると答えたことがわかっ
た。同大などは「保護者らの放射能への根強い不安が背景にある」と指摘してい
る。調査は昨年11月~今年1月、公立の小学校468校、中学校228校を対
象にインターネット上で行い、約7割から回答があった。
授業の実施について「一部困難」と答えたのは、中学校の6%に対し、小学校で
は24・6%に上った。具体例は、遠足や登山、学校の畑を使った作物栽培、
プールでの水泳指導など。地域の清掃ボランティア活動を挙げた学校もあった。
同大は「放射能の影響を受けやすい低年齢の子供を持つ保護者の不安が強く、特
に小学校で屋外活動が控えられている」と分析する。地域別では県北が39・
8%と最高で、いわき31・8%、県中23・2%、県南20%と続いた。会津
は1・9%、南会津は0%。2年前の調査では会津、南会津を除いて約5~8割
に達しており、改善傾向にある。
同大の松下行則教授(道徳教育)は「屋外活動が少ないと、子供の心身の発達へ
の影響が心配される。行政などが支援する必要がある」と話している。」

21.(葛尾村)「全村避難続く福島県双葉郡の小学校 たったひとりの入学
式」女性自身?4月20日(月)6時1分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150420-00010008-jisin-soci
「・・・・原発事故により全村避難をしている葛尾村。小学校も「滝桜」で有名
な三春町の仮校舎で行われた。彩楓ちゃんは、郡山市に借りている自宅からバス
で30分かけて毎日通うことになる。「家から歩いて2分に小学校もあり、目の前
にコンビニがあるなど郡山での生活は便利ですが、不便でも自然豊かな村に早く
帰ることが家族の思い。後々、葛尾に帰るために地元の小学校に入れたかったん
です」(父・卓さん)
彩楓ちゃんは、弟2人、妹1人の4人きょうだい。みんなも後を追ってくるはず
だ。葛尾村の自宅には300坪の庭があり、「はやくお庭でかけっこしたい!」と
帰れる日を夢見ている。・・・・」
・・・・避難者の心境を伝える記事。

22.(会津若松市)衣:「被災地発」の誇り形に バッグには大漁旗、伝統の
木綿でストール」毎日新聞 2015年04月21日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20150421ddm013100022000c.html
長い記事「・・・東京電力福島第1原発事故で避難を余儀なくされた女性たちの
手仕事として生まれた商品もある。福島県会津坂下町(ばんげまち)の
「IIE(イー)」は地元の伝統工芸品、会津木綿を使ったストールなどを販売
している。・・・・
同町には第1原発がある大熊町から300人以上が避難。炊き出しなどのボラン
ティアで避難所を回っていた谷津さんは、「知り合いがおらず、何もすることが
ないのがつらい」と話す女性に出会った。また雑貨店を営む友人が「地元にお
しゃれなものがない」と嘆いていたことから、同町発祥とされる会津木綿で避難
者の内職を作ろうと考えた。
会津若松市の仮設住宅にいた広嶋めぐみさん(41)は「病気の子供がいて外で
働くのは難しかったが、空き時間に自分のペースで仕事ができ、生活にメリハリ
ができた」と話す。外で働くと「賠償金をもらっているのになぜ」と非難され、
内職を選ばざるを得なかった人もいたという。
現在は避難者以外も含めた20?70代の約20人が月約400本を製作してい
る。谷津さんは「被災者が作っているからではなく、上質でおしゃれな商品とし
て買ってもらいたい」とパンフレットなどに震災のことはあえてうたっていない
が、これまでに約1万枚が売れたという。・・・
約400年の歴史を持つ会津木綿は元々農家の野良着などに使われ、丈夫で保温
性と保湿性に優れている。・・」
・・・・賠償をもらっていたら働いてはいけないという論はおかしい。働ける喜
びを奪ったには原発だ!

23.(いわき市)いわき名物 復活へ」朝日デジタル2015年4月21日03時23分
http://www.asahi.com/articles/CMTW1504200700001.html
全文「いわき市漁協は20日、東京電力福島第一原発事故のあと自粛しているキ
タムラサキウニ漁を、試験的に再開することを決めた。ウニの身をホッキ貝の殻
にのせて蒸し焼きにする「貝焼き」は、いわきの名物。事故後初めて県産品が復
活する見通しだ。
20日にあった市漁協試験操業検討委員会で、漁期を5~9月とする計画を承認
した。23日の有識者らの会議でも認められれば、30日の組合長会議で計画通
り実施するかどうか最終的に話し合う。
県水産試験場によると、昨年1月以降に104検体の放射性物質を調べたうち、
98検体が不検出。最大でも国の基準(1キロあたり100ベクレル以下)を大
きく下回る同14ベクレルだった。県によると、震災と原発事故前年の2010
年、県内のウニ水揚げ金額は1億5884万円で、その95%をいわき地区が占
めた。」

24.「(栃木県)【全県】環境放射能の調査結果(原子力規制委発表)」下野
新聞4月20日17:43
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20150420/1935478
「▼空間放射線量率(20日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上
1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル)・・・・・・・」

25.(栃木)「中禅寺湖、船釣り解禁 持ち出しはワカサギだけ」朝日デジタ
ル2015年4月21日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH4N63MXH4NUUHB016.html
全文「日光市の中禅寺湖で20日、船釣りが解禁された。1日解禁の岸釣りとと
もに期間は9月19日まで(ワカサギ釣りは10月31日まで)。中禅寺湖と流
入河川は4年前の東京電力福島第一原発事故の影響で県が解禁延期要請を続けて
おり、中禅寺湖漁協は今年もワカサギを除く魚類の持ち出しを禁止し、キャッチ
アンドリリースの条件付きとしている。同漁協は5月23日(岸釣り)、6月
20日(船釣り=トローリング除く)、7月25日(船釣り=トローリングの
み)に限って普段禁漁の湖の西側を開放する。」

電力、
26.「やっぱり値上げの電気代、上げ幅「9%前後」の見通し 関西電力」産
経新聞?4月20日(月)11時5分配信
http://www.sankei.com/west/news/150419/wst1504190050-n1.html
長い記事「関西電力が経営立て直しのため、経済産業省に認可申請した家庭向け
電気料金再値上げの手続きが大詰めを迎えている。申請内容を審査する経産省の
専門小委員会が21日にも結論を出し、消費者庁との協議などを経て6月以降に
9%前後値上げされる見通しだ。一昨年春の値上げに続き、家計に負担を強いる
関電だが、経営改善への道筋はまだ見えない。・・・・・」
関電の27年3月期の連結最終損益は1610億円の赤字見通し。赤字は4年連
続となる。28年3月期も赤字となる可能性は高く、会社を丸ごと売っても借金
を返せない債務超過になることが現実味を帯びている。・・・・
利用者に負担増を求める関電には、徹底的な経営の効率化が求められる。経産省
の審査では「10・23%値上げ」は発電の燃料費増加を適正に反映したもの
か、無駄な経費や事業をまぎれこませていないか、などを専門家らがチェックす
る。経費削減などを査定する専門小委員会が今年1~2月に計3回開いた会合で
は、関電に一層の資産売却と人件費削減、石油や液化天然ガス(LNG)の調達
価格引き下げなどを求める意見が続出。「見込みが甘く本気度が疑われる」と非
難の声も上がった。
関電は3月24日の4回目の会合で、社員の手当てカットなどによって27年度
に削減する費用を当初目標から477億円積み増し、2832億円にすると説
明。経営効率化に向けた姿勢がおおむね評価され、今月21日に開催予定の会合
で結論である「査定方針案」が示される段階までこぎ着けた。・・・・・」
・・・原発依存率の高さが消費者に負担を強いる結果を招く!!

自然エネルギー、
27.「トムラウシの地熱開発を批判 新得町 自然保護団体がシンポ」北海道
新聞04/20 16:00、04/20 20:30 更新
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0125335.html

「【新得】電源開発(東京)が、町内トムラウシ地区の大雪山国立公園内で計画
している地熱発電について考えるシンポジウムが18日、町公民館で開かれ、計
画に反対する自然保護団体関係者らが自然への影響について意見を交わした。町
内の自然愛好団体「新得おもしろ調査隊」や十勝自然保護協会などが主催。管内
をはじめ日本自然保護協会や北海道自然保護協会などの関係者ら約80人が参加
した。・・・・」
地熱発電問題に詳しい旭川の自然保護団体「大雪と石狩の自然を守る会」の寺島
一男代表も地熱発電の技術的問題点などを解説し、「地熱はいいことばかりでは
ない。デメリットの情報も引き出した上で総合的に判断すべきだ」と述べた。日
本自然保護協会や十勝自然保護協会など7団体は連名で昨年10月、トムラウシ
の地熱発電計画に反対する要望書を国や町などに提出している。」

28.「安川電機、強気の長期計画 10年で売上高倍増、再生エネと医療強
化」西日本電子版2015年04月20日 16時49分 更新
http://qbiz.jp/article/60618/1/
「・・・・電子部品の製造装置などに使われる主力の制御機器は、スマートフォ
ンや自動車関連向けを中心に、国内外で販売が伸びた。電力会社の再生可能エネ
ルギーの接続申し込み回答保留で太陽光発電用パワーコンディショナー(電力変
換器)は低調だったが、汎用(はんよう)インバーターが好調に推移し
た。・・・・」

海外、
29.◎◎「東芝と住商、米で電力需給調整事業 再生エネに蓄電池」日経新聞電
子版2015/4/20 2:00 ※有料設定
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO85879210Z10C15A4TJC000/
全文「東芝と住友商事は米国で電力需給を調整する事業に乗り出す。風力や太陽
光など出力が天候に左右されやすい電力の変動を、蓄電池で吸収し電力供給を安
定させる。発送電や小売りの分離が進む米国では、再生エネルギーの普及で蓄電
池を使った電力の調整事業が拡大している。米国で実績を積み、電力システムの
自由化が見込まれる日本での参入もにらむ。
日本企業が米国で電力需給の調整事業に本格的に参画するのは初めて。東芝と住
商は再生可能エネルギー開発の英RESと組み事業を運営する。ペンシルベニア
州など米国北東部13州を管轄する米国最大の地域送電機関PJMに、蓄電池を
使った電力需給調整サービスを提供する。東芝が最大出力6000キロワットの蓄電
システムの整備、RESが変圧器の供給やシステム稼働時の管理を請け負う。住
商は発電所の建設や運営ノウハウを生かして事業全体の運営を担う。オハイオ州
で今月にも着工、12月の運転開始を目指す。
PJMは発電所の運転計画や電力の需要予想がずれたときや、再生エネの出力変
動で発生した需給バランスが崩れたときに、予備電力を調達する。住商はPJM
の要請を受け、蓄電システムで放電や充電をして需給を調整する。調整実績に対
してPJMから対価を得る。当初は年間数億円の売り上げを目指す。その後、ほ
かの地域にも事業領域を広げ、早期に年間数十億円に拡大したい考えだ。」

30.「韓国の「クリーン石炭技術」でフィリピンに導入の火力発電所、深刻な
環境汚染招く・・・」FOCUS-ASIA.COM?4月19日(日)20時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150419-00000021-xinhua-cn
長い記事「韓国メディア・オーマイニュースは17日、フィリピン・セブ島に韓
国電力公社(韓電)が現地電力会社と合弁で建設した石炭火力発電所のために、
地元住民の生命が危険にさらされていると報じた。記事によると、韓電は環境汚
染や健康被害を懸念した地元民や環境団体の反対を押し切り、セブ島中央部に
20万キロワット規模の石炭火力発電所を建設、2011年から稼働させている。
韓電は、「クリーン石炭技術」を導入して汚染物質の排出を低減し、「1億ドル
の輸出相乗効果を創出した」と広報している。だが、フィリピンの環境団体から
は、韓電の言う「クリーン石炭技術」は、既存の発電所に比べて石炭灰を4倍も
発生させると非難している。発電所では毎日250トンもの石炭灰が発生してい
るが、しっかりした処理施設もないために近隣に投げ捨てられ、周辺住宅には黒
い埃が入り込んだ。・・・・
発電所周辺には石炭灰が今も放置されたまま。この石炭灰には有害物質の水銀や
ヒ素、カドミウムなどが多く検出されている。セブ島では、呼吸器疾患やガンの
発生率や死亡率が全国平均を上回っているという。・・・・」

31.「中国の原子力産業・・・「技術力」が課題=英メディア」サーチナ?4月
20日(月)6時3分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150420-00000001-scn-bus_all
長い記事「中国メディアの環球網は16日、英フィナンシャルタイムズの報道を
引用し、中国が世界の原子力産業をリードするべく歩みを前に進めていると伝え
る一方、「その技術力には今なお疑いの目が向けられている」と論じた。記事
は、アルゼンチンがこのほど原子炉「華竜1号」を含めた中国の原子炉を導入す
ると発表したことを紹介し、「中国の原子力産業が短期間で急速に成長している
ことの証」だと論じた。・・・・」
・・・・どこのくにであろうと、原発は不完全な技術に変わりはない。

参考記事、

32.「(社説)地球温暖化対策 世界に貢献する目標に」毎日新聞2015年04月
21日02時34分
http://mainichi.jp/opinion/news/20150421k0000m070131000c.html
長い記事「・・・・再生エネの拡大は電気料金の上昇要因になる一方で、化石燃
料の調達費が削減できる。再生エネの地産地消を進めれば地域の雇用創出が期待
でき、安倍晋三首相が強調する地方創生にも貢献する。
電気事業連合会によれば原発1基当たりの二酸化炭素(CO2)排出抑制効果は
年間約320万トン。日本の温室効果ガスの総排出量は年間約14億トン
(CO2換算)で、長期目標を達成する上で原発が寄与する割合はそれほど大き
くない。原発事故を言い訳に、日本が温暖化対策に消極的姿勢を続けることは、
もはやできない状況にある。」

33.「高浜原発運転差し止め仮処分決定、「事実誤認」は本当か」オルタナ?4
月20日(月)18時31分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150420-00010003-alterna-soci
長い記事「「事実誤認、誤ったことがいっぱい書いてある」。14日に福井地裁が
下した、関西電力高浜原発3・4号機の運転差し止めを認める仮処分決定につい
て、原子力規制委員会の田中俊一委員長は翌日の会見でこう批判した。ところが
その中身を見てみると、いずれも「重箱の隅をつつく」、あるいは根拠があいま
いな指摘であることがわかる。・・・・・・・・・」
・・・時間があれば検索してどうぞ。

34.「<和歌山県知事>高浜原発の福井地裁決定「判断がおかしい」」毎日新
聞?4月20日(月)23時12分配信
全文「福井地裁が関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の再稼働を差し
止めた仮処分決定について、和歌山県の仁坂吉伸知事は20日、定例記者会見で
「大飯も高浜も判断がおかしい」と疑問を呈した。仁坂知事は「生存権のリスク
をゼロにしろと言うのなら(より死亡事故の確率が高い)自動車の差し止め請求
ができてしまう。なぜ原発だけ絶対になるのか」と話し「原発のリスクをあんな
に極大化するなら、別のリスクはもっとある。電気代がかさんで企業が倒れたら
誰が責任をとってくれるのか」と述べた。仁坂知事は元経済産業省官僚。科学技
術庁に出向して原発行政を担当していたこともある。」
・・・経産省出身の知事が多いが、とんでもない発想をしますね。

35.「東電無謀「サポート切れOS更新しない」節約、無駄遣い監視の会計検
査院が異例の「お金使え」」お金使え」えふしん(?BASE,Inc. CTO , (株)想
創社代表取締役)2015年4月20日 17時15分
http://bylines.news.yahoo.co.jp/fshin2000/20150420-00044985/
「「そんなことはするべきではない」-。省庁や国の補助金を受ける団体に対し
て、ムダ遣いを厳しく指摘する会計検査院。しかし、逆に検査院が疑問視したの
は、東京電力がやろうとした“コストカット”策だった。・・・・
・・・問題が起きないであろういう理屈と立てているのではないかと予想されま
す。その上で「別の対策」をすればコストダウンもできて、セキュリティも守れ
ますよね、としているのかと思います。 しかし、みんな知ってるハズです。そ
う考える思想そのものが原発における安全神話を作り上げた最大の理由であるこ
とを…。・・・」

36.「核融合実験機器搬入で記念式 EUから、茨城の研究所」西日本新聞
2015年04月20日 20時58分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/164047
「日本原子力研究開発機構那珂核融合研究所(茨城県那珂市)は20日、欧州連
合(EU)と共同で建設している核融合実験装置の主要な機器がEUから搬入さ
れたことを記念し、同市で式典を開いた。・・・研究所によると、同日までに、
核融合に必要なプラズマを真空容器に閉じ込める高さ約7メートル、幅約4メー
トルの磁場コイルなどが到着。装置を組み立てて2019年から実験を開始する。」

37.「(プロメテウスの罠)五輪のひと:11 「会いに行くから」」朝日新
聞デジタル?4月20日(月)16時0分配信 (有料記事)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11714012.html?iref=comtop_list_ren_n12
◇No.1249 2014年11月6日。日本オリンピック委員会(JOC)
事務局長の平真(たいらしん)(59)は東京都内で記者会見に臨んだ。9月に
韓国・仁川(インチョン)であったアジア大会の会場でカメラを盗んだとして略
式起訴された競泳の冨田尚弥(とみたなおや)(25)。この日、一転して「無
実」を訴える会見を名古屋市で開いた。これを受け、選手を大会に派遣した
JOCは見解を問われた。平は神妙な面持ちで語った。「適正な手続きで下され
た刑事処分だと判断しています」全国ニュースで流れた。「あれっ? しんちゃ
ん!」福島県いわき市の小名浜で居酒屋を営む沢田晃(さわだあきら)
(59)・・・・市立泉小学校で平と同じクラスだった。・・・・数日後、
JOCに電話
をした。・・・受話器を握る平は約束した。「いつか、会いに行くから」・・・
仕事の合間を縫って福島へ足を運んだ。
平は・・・妻(59)と暮らすさいたま市の家から四輪駆動車を走らせる。仕事
がたまっているから、車中では会議の録音テープを聞くこともある。仮設住宅を
そっと訪ねる。除染作業の様子をじっと見つめる。津波の爪痕が残る場所にたた
ずむ――。人々はどんな暮らしをしているのか。復興はどこまで進んだのか。ふる
さとが立ち直ろうとする姿の「いま」を、その目で確かめる。原発事故から4年
あまり。なお12万人の福島県民が地元に戻れず、全国に暮らす。福島第一原発
の廃炉作業は30年以上かかる。「スポーツ界も、まだまだやらなければならな
いことがある」現場を目に焼き付け、みずからに言い聞かせる。」

37’.「(プロメテウスの罠)五輪のひと:12 訪ねて感じた現実」朝日デ
ジタル2015年4月21日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S11715511.html
「◇No.1250 2014年11月29日。福島県広野町の子どもたちが町
立広野小学校の体育館に集まった。日本オリンピック委員会(JOC)の運動会
「オリンピックデー・フェスタ」。東北の被災3県で60回以上続けてきた中で
も、広野は福島第一原発に最も近い開催地だ。第一原発から南へ約25キ
ロ・・・」(以下、有料設定)

◆今朝届いた西日本新聞朝刊では、
31面社会面トップで、大きく3.の記事を扱っています。その下に4’の記事が
あります。

今朝は以上です。(4.21.5:48)
※この新聞記事紹介は、次のフェイスブックにも毎日貼り付けています。ご意見
などは⇒ ysykf@yahoo.co.jp へ
https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu
※※明日から福島訪問などのため記事紹介しばらく休みます。再開は早くても26日
以降になります。
4月22日の川内原発仮処分決定など重要な予定があります。新聞記事はネット検
索で確認してください。

★ 坂井貴司 さんから:
 沖縄の人々の意思を無視して進められている辺野古新基地建設工事。
  この建設工事を請け負っているのが、大手建設企業の大成建設です。古くから、
在日アメリカ軍や自衛隊基地の建設を請け負ってきました。その関係で自民党の
強力な支持者です。
 4月21日12時30分から、辺野古基地建設を担当している大成建設九州支
社に対し抗議行動を行います。
 参加をお願いします。

 大成建設への工事中止要請行動
 日時:4月21日 12時30分から
 場所:大成建設九州支社(福岡市中央区大手門1-1-7)
 西日本鉄道バス「鴻臚館前」バス停集合

-----集会等のお知らせ------

● 川内原発再稼働差止’仮処分申請’決定日 ●
   と き 2015(平成27)年4月22日(水) 10:00~
   ところ 鹿児島市「鹿児島地方裁判所」

【福岡・九電本社要請行動】
 ・13:00  勝利決定時 九電本社へ要請行動
    ※福岡・九電本社(福岡市中央区渡辺通2丁目2番82号)前にお集まり下
さい。
●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
     http://youtu.be/NrMdvBrFo48

●●
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第12回裁判判 4月24日(金)14:00から 佐賀地裁
         原告総数 原告総数 9150(4/9現在)
  ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●ストップ再稼働!6.7 3万人大集会 in 福岡●
  ~川内原発のスイッチは押させない!~
    福岡市舞鶴公園: 福岡市中央区城内1番
     地図 http://tinyurl.com/n6wl32h

  1)日時 5月19日(火)18時30分~21時
  2)場所 福岡市人権啓発センター
        福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

 <> 大成功のため

  チラシ・賛同・メッセージ・再稼働阻止の意思表示カンパ等
 HPホームページ http://bye-nukes.com で登録よろしくお願い致します。
  HPへの投稿・意見は info@bye-nukes.com

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
     午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設)
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中