NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1526日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。6月24日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば
     https://youtu.be/z0JXiqUxFDw

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1526日目報告☆
      呼びかけ人賛同者6月23日合計3910名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
  <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
お疲れさまです。
沖縄のドキュメンタリー映画 「圧殺の海」を見てきました。
機動隊や 海上保安庁の職員が 市民に対してどんなことをするのかが
よく分かりました。
沖縄のきれいな海を大切にしたいものです。
23日の九電前テントでは、ぎゃーさんの歌に合わせて 踊りました。
久しぶりの 「ライブ」でした。
あんくるトム工房
沖縄に基地は要らない http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3522

★ 橋本左門 さんから:
 ☆法制局元長官ら次々に裸の王の重篤を告げる
     (左門 2015・6・24-1062)
※小泉内閣の坂田雅裕氏、「憲法を遵守すべき
政府自ら憲法の縛りを緩くなるように解釈を変え
るということ」「国民を守るというより国民を危険に
さらす」と批判。安倍・福田・麻生・鳩山内閣の宮
崎礼壹氏、「憲法9条の下で認められないことは、
我が国において確立した憲法解釈で、政府自身
がこれを覆すのは法的安定性を自ら破壊するも
のだ」と厳粛である。甚六首相よ、自分が裸であ
ることに早く気づきなさい。あなたの恥だけでは済
まない「国民を危険に曝す」ストリップなのだから。

★ 久保田 さんから:
◆ 九州電力との、最終交渉に向けて ・

 原子力施設における火山活動のモニタリング検討チーム
(原子力規制委員会)  http://www.nsr.go.jp/data/000106869.pdf

平成27年5月18日 (17ページ)

1.モニタリング方法の具体化等
検討チーム会合での意見を踏まえ、以下の事項について、

原子力規制委員会始め国全体として検討していくべきである。

(中略)
○ 巨大噴火に発展する可能性を考慮した処置を講ずる判断の
  目安及びその設定・改定の考え方
○ モニタリング結果の検証と基準への反映方法

巨大噴火に発展する可能性の判断等

原子力規制委員会始め、国全体として、火山モニタリングの
基準が決まる迄、原子力発電所の再稼動は出来ません。

九州電力への意見を、下のメール・フォームからお願いします。
https://www1.kyuden.co.jp/php/inquires/index.php/form/input/104

★ 木村(雅) さんから:
本日、再稼働阻止全国ネットワークの行動の案内です。
    可能な方はご参加願います。
【案内】再稼働阻止全国ネットワークから6月24日の行動
原子力規制委員会抗議行動(5月~6月、毎週水曜昼)
・12時~13時
・原子力規制委員会抗議行動 六本木ファーストビル前
・川内・高浜・伊方の再稼働委をやめろ! 工事計画で「白抜き偽装」「耐震偽
装」するな、等を訴えます。
12時半に抗議・申入書を提出します。

★ 福島市~福岡~京都うのさえこ さんから:

青柳さん、こんにちは! 21日掲載ありがとうございました!

去る21日(日)、東京で開かれました支援法3周年シンポジウムは、200名の満員
御礼、内容も充実していて、とてもよいシンポジウムで、改めて、支援法をあき
らめず、かしこくつながり支援法の理念を実現させていこうと思いました。

直前にご案内しました、全国避難者の会準備会も無事発足。
シンポジウムで呼びかけをすることができました。
県内避難・県外避難、区域内、区域外、支援対象地域、対象地域外、かかわら
ず、避難者および、帰還者、避難希望者でつながって、大きな声としていきたい
と考えています。さまざまに難しい課題はあると思いますが、大きく繋がってい
けるよう、みなさま、お知恵お力どうぞお貸しください!
またあらためて、呼びかけをさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

さて、シンポの様子は、以下でご覧になれます。
とくにまさのあつこさん、鈴木かずえさんによるレポートが、詳しくて、その場
の雰囲気も伝えていてお勧めです。

以上、簡単ですが、報告でした。

<イベント案内サイト:主催者>
●原発事故子ども・被災者支援法(しえんほう) 市民会議 ウェブサイト – 市
民会議
 http://shiminkaigi.jimdo.com/

<当日のVTR>
(1)? 20150621 UPLAN【第一部】「やっぱり、支援法でしょ!」~原発事故子
ども・被災者支援法3周年シンポジウム~ – YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=DLu6Zd8S6E0

(2)? 20150621 UPLAN【第二部】「やっぱり、支援法でしょ!」~原発事故子
ども・被災者支援法3周年シンポジウム~ – YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=OzIjTtVaCHs

◆東電事故被災者700万人などシンポジウムで専門家らが続々報告(まさのあつ
こ) – Y!ニュース
http://bylines.news.yahoo.co.jp/masanoatsuko/20150622-00046878/

◆「人間無視の復興にNO!」(グリーンピース鈴木かずえ)
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/no/blog/53296/

◆東京新聞
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015062202000121.html

◆NHK
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150621/k10010122611000.html
<http://www.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fwww3.nhk.or.jp%2Fnews%2Fhtml%2F20150621%2Fk10010122611000.html&h=cAQGfM01j>

◆Twitter中継まとめ
  http://togetter.com/li/837552
<http://www.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Ftogetter.com%2Fli%2F837552&h=cAQGfM01j>

★ さいたま市 石垣敏夫 さんから:
本日6/24(水)国会へ・「殺さない,殺されない歴史を続けましょう」
みなさん
日本国民・市民として、「武力で殺さない、殺されない」という
誇りある歴史を70年後もひとり一人の努力で
刻んでいきましょう。

本日6月24日(水)午後6時半から、
国会包囲の総がかり行動
http://sogakari.com/?p=342

安倍政権の暴走はこの戦争法制の問題に止まりません。沖縄・辺野古の新基地建
設、原発の再稼働、歴史認識の改ざんと教育への国家統制の強化、福祉の切り捨
てや労働法制の改悪などによる貧困と格差の拡大、TPPや企業減税の推進など
大企業と富裕層への優遇策があらゆる分野で進められています。

その他:夜ですので、光るものを、ぜひ持ってきて下さい。ただし、当日は大変
混雑が予想されます。
ロウソクなどの火気はご遠慮ください。

チラシ(表面)
http://sogakari.com/wp-content/uploads/2015/06/20150614A.pdf
チラシ(裏面)
http://sogakari.com/wp-content/uploads/2015/06/20150614B.pdf

★ 舩津康幸 さんから:
6月24日の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号40.ま
で) 記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/pkcez8t
こちらのFBにも書き込んでいます⇒ https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

おはようございます。
今朝は、川内(せんだい)原発関連、玄海原発関連記事と紹介していきます。

1.●(鹿児島県)「薩摩川内市長 あと10年で建設を、核のごみ最終処分
場」西日本新聞2015年06月24日 00時07分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/177483
全文「再稼働が近づく川内原発が立地する鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長は
23日の市議会で、川内原発1、2号機の使用済み核燃料の処分をめぐり、「施
設内に貯蔵できるのは再稼働後10年間だ。(国内にまだゼロの)最終処分場を
国は10年の間に建設すべきだ」と早期建設を促した。市内に最終処分場を受け
入れることについては「その考えはない」と明確に否定した。
原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場について、政府は
5月、従来の公募方式から国主導で「科学的有望地」を示すように方針を転換した。
●川内原発の使用済み核燃料の貯蔵率は現在60・4%。
●岩切市長は処分場の建設は「国が前面に立って取り組むべき国策だ」と強調
し、中間貯蔵施設の建設も促す考えを示した。
●鹿児島県の伊藤祐一郎知事も11日の県議会で「県内に(最終処分場を)立地
する意思はない」との考えを示している。」
=2015/06/24付 西日本新聞朝刊=・・・地元の南日本新聞でも今朝の朝刊で同
様の報道をしているようです。
・・・・これから先も持って行けるところは出てこないです。再稼働しないほう
がよいです。

★ 細井ティヴィーシャワリン さんから:
昨日の経産省の回答では、
 核のごみの最終処分場の選定には、現地調査に入ってからでも20年以上かか
るが、いつ入れるか、の見通しさえも全く立っていない、という事でした。
 経産省vsテント院内交渉
 録画
 ① http://twitcasting.tv/showering00/movie/178582291
 ② http://twitcasting.tv/showering00/movie/178589407
 ③ http://twitcasting.tv/showering00/movie/178593725
 ④ http://twitcasting.tv/showering00/movie/178598534

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2516】2015年6月23日(火)
┏┓
┗■1.調査が進めば若狭の地震と津波が見えてくる
 |  原発銀座を襲う自然の猛威-
 |  「審査合格の高浜原発そばに津波痕跡 福井大学など確認…」
 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎)

◯ ついに天正津波の痕跡発見か、と思わせるようなニュースが流れている。し
かし電力会社は、そんな報道にも反応はしない。「安全を第一に」のお題目は何
に対して、誰のためか。
 福井新聞の記事から引用する。
「審査合格の高浜原発そばに津波痕跡 福井大学など確認、関電は影響否定」
             (2015年6月22日午前7時00分)
 『原子力規制委員会の審査で、2月に「合格」と認められた関西電力高浜原発
3、4号機そばの若狭湾沿岸で、14~16世紀に起きた津波の痕跡とみられる砂層
を福井大学などのチームが21日までに確認した。
 津波の規模は不明で関電は「津波評価や対策に影響を与えるものではない」と
している。一方、規制委は取材に対し「安全を脅かす方向につながる情報かどう
か留意して、結論ありきではなく検討したい」と関電に調査を促す考えを示し
た。』 引用終了

◯ 高浜原発差止訴訟の仮処分決定により高浜原発は再稼働できないのだから、
時間がたっぷりあるというものだ。
 津波の痕跡を発見した福井大学などのチームも規模は不明としているのだか
ら、影響があるかどうかも分からないと考えるべきもので、最初から「影響な
い」と断言できる関電の姿勢こそ、驚くべきものといわざるを得ない。
 『若狭湾沿岸では、1586年の天正地震に伴う大津波で大きな被害が出たとの説
がある。関電も数年前に調査を行い「痕跡はなかった」としたが、今回の発表地
点は調査していなかった。』
 天正地震または、若狭湾の津波にまつわる伝承はいくつもあるという。美浜原
発近傍の村と思われる場所が津波で全滅してしまい、以後人は住んでいないと
か、宮津の海岸には海抜40mを超える地点に「波せき地蔵」があり、ここまで津
波が到達したと先人が警告しているのではないかとか。
 伝承が存在するところには、その元となった何らかの出来事はあったと考えら
れるが、多くの伝承が指し示す歴史的事件とは、若狭湾に30m級の津波襲来だっ
たのかもしれない。
そう思って、安全側に対策することが求められる。

◯ 『福井大の山本博文教授(地質学)らは、高浜町内の海に流れ込む川沿いの
低地を掘削。深さ1メートルより浅い地中で、貝殻などが混じった厚さ1~20セ
ンチの砂層を確認した。砂層は海岸から500メートル以上、内陸側にあった。高
浜原発からは南東に6~7キロの地点。』
 『砂層の上下から得た試料の炭素同位体で年代測定し、14~16世紀に起きた津
波の痕跡と推定した。海と砂層が見つかった低地との間には高さ10メートル前後
の砂丘があるが、山本教授は「砂丘を全面的に乗り越えるほどではなく、川を逆
流したのではないか」と話している。』

◯ 外形的な津波の姿は、内陸500m遡上するほどの規模、高さ10mの砂丘は大規
模に越えない程度、14~16世紀の安土桃山時代(戦国時代)である可能性が高
い、というものだ。天正津波の伝承に付合するところもあるが、大きさとしては
伝承ほどでもない。場所の違いが影響したか、たまたま海底地形の影響等で津波
の高さが低い地点だったか、あるいは全く別の津波か。
 いずれにしても言えることは、川沿いとはいえ内陸500mまで遡上する津波が
原発の立地審査の前提になっていないことだ。

◯ 既に原発立地から40年以上も経つのに、これほど重大な事実が見つけられて
いなかったことは、事業者の責任としては重いといわなければならない。それだ
けで立地審査指針からの逸脱として、設置許可の取り消しをすべきことではないか。

┏┓
┗■2.爆発的マグマ噴火が運んだダイヤモンド
 |  ダイヤモンドが人類の手に入るまでは数奇な運命をたどったのです
 |  「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」コラムその107
 └──── 島村英紀(地震学者)

◯ ダイヤモンドは簡単に燃えてしまって灰になるのを知っているだろうか。
 ダイヤは元素から言えば炭素だけのものだ。つまり、そのへんの炭と変わらない。
 しかし炭とは違って結晶構造がとても緻密だ。この結晶構造は地球内部の6万
気圧という高圧と2000℃という高温のもとでしかできなかったものだ。
 地球深部でできたダイヤが地表にどうやって運ばれたかはずっとナゾだった。
もしゆっくり上がってくるのなら、その途中で燃えてしまって、ただの灰になっ
てしまうはずだからである。
 計算によれば、少なくとも秒速1~4メートルという速度で上がってきたとき
だけ、ダイヤは燃えないで地表に達したことになる。つまり、ダイヤを取り込ん
だマグマが数十キロメートルもある厚い地殻を高速で通りぬけたときにだけ、ダ
イヤが無事に上がって来ることができた。
 この急速な上昇のメカニズムが正確に分かったのはごく最近のことだ。

◯ これは爆発的なマグマ噴火の一種だ。だが、日本にも過去に何度もあったマ
グマ噴火はダイヤを持ってきてはくれなかった。持ってきてくれたのは世界でも
限られた場所だけである。
 それはダイヤが作られる場所が限られていたことと、この特殊な噴火が起きた
のが数億年前の一時期だけと、ごく限られていたことが理由である。具体的には
数億年以前にあった造山運動によってダイヤが作られ、数億年前に起きた噴火で
地表に運ばれた。このためダイヤの分布は大陸奥地の古い地質条件が保たれてい
る地域に限られる。
 世界にはこのようにダイヤが含まれるマグマが上がってきて冷えて固化したと
ころが何カ所かある。南アフリカ、ロシア、アンゴラ、米国などである。
 この固化したマグマは垂直に近いパイプ状の形になった。ダイヤを探す「鉱
業」が行われたところは、直径も深さも数百メートルから1キロを超えるほどの
巨大な漏斗状の穴が開いている。人類の欲望の夢の跡である。
 ダイヤはこの固化したマグマにごく少量しか含まれていない。2トンの岩のな
かに1カラット、つまり0.2グラムしか入っていないのが普通だ。このため、い
かにダイヤとはいえ、取れる量があまりに少ないと経済的に引き合わなくなって
鉱業としては放棄されてしまったところもある。

◯ 米国南部アーカンソー州にあるダイヤモンド・クレーター州立公園も鉱業が
なり立たなかったひとつだ。
 しかし、まだ見つかることもある。さる4月に同州に住む来園者が3.7カラッ
トのダイヤを発見した。
 この場所は1906年に土地を所有していた農夫が初めてダイヤを発見したところ
だ。1972年に州立公園となり、15万平方メートルを超える採掘場が来園者に公開
されている。これまでに75000個以上のダイヤが採掘されている。園内で見つ
かったダイヤは、今年に入って122個目になった。
 あなたも探しに行ってみますか?

 島村英紀 (地震学者) さんのホームページ(http://shima3.fc2web.com/)
 タイトル:「島村英紀が書いた『夕刊フジ』のコラム」より転載
───────────────────────────────
 ☆6/28島村英紀さんの学習会にご参加を!
  「最近、地震・火山の噴火が多い 多すぎるなぜか?
  原発は大丈夫か?! 原発再稼働は…? 日本列島の地震・火山を考える(最
新版)
  今後も地震はたくさん発生する(過去との比較で)

  日 時:6月28日(日)14時より17時
  お 話:島村英紀さん(地震学者)
      会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
  会場費:800円 資料を用意

┏┓
┗■3.6/29植草一秀(経済学者)さんのお話-ご参加を!
 |  『市民運動の幅広い連携で日本を変える-集団的自衛権、
 |  原発再稼働、憲法改悪、TPP、沖縄新基地、消費税増税、
 |  格差拡大は共通問題』
 |  連続講座「今の情勢にどう立ち向かうか」その2
 └──── 冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア)

 日 時:6月29日(月)18:00から20:00(通常よりも1時間早い開始と終了です)
 お 話:植草一秀さん(経済学者)
 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
 参加費:800円

◎「2015年6月12日午後5時より、衆議院第一議員会館多目的ホールで勉強会が
開催された。
 安倍政権が暴走を加速させ、日本はいま最大の危機に直面している。日本がい
ま直面している最重要問題は、原発、憲法(安保法制)、TPPである。
1. 憲法解釈を変更して集団的自衛権を行使するための法制を整備しようとして
います。
2.安全性が確認されていない原発を再稼働させようとしています。
3. 大資本の利益にはなっても大多数の市民の利益には反するTPPに参加しよ
うとしています。
4. 沖縄県名護市辺野古に米軍基地を建設しようとしています。
5. 格差拡大を推進する各種制度変更を推進しています。
 安倍政権を打倒するためには、野党勢力の結集が重要であることは事実だが、
この基本三大問題に対する政策方針については、小異を捨てて大同につくという
対応ではなく、明確な方針の一致が必要であることが強調された。

 私は、[オールジャパン:平和と共生]連帯運動の創設を宣言した。
 インターネット上に連帯運動のプラットフォームとして[オールジャパン:平
和と共生]サイト <http://www.alljapan25.com/>を開設した。

◎「戦争と弱肉強食」の政策方針を示す安倍政権に対峙する基本方針である「平
和と共生」の政治実現を目指す主権者運動の連帯を図る運動である。
 「平和と共生」の政治を実現するために、オールジャパンの主権者の力を結集
する。これが目的である。サイトから一人でも多くの主権者および市民運動グ
ループに賛同者として名を連ねていただきたい。主権者の25%の力を結集できれ
ば、主権者が政権を奪還することができる。そのためのサイトである。一人でも
多くの主権者、市民運動グループの連帯を
実現したいと考えている。」
      (以上、植草一秀さんのホームページ「知られざる真実」から抜粋)

   6/29学習会では植草さんの著書「日本の真実、と『対米従属』という宿痾
(しゅくあ)」を販売します。
   皆様のご参加をお待ち申し上げます。

★ 内富 一 さんから:
【沖縄タイムス】「慰霊の日」平和宣言で辺野古中止求める 翁長知事
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=120487

2015年6月19日 05:30

翁長雄志知事

 沖縄県は23日の沖縄全戦没者追悼式での翁長雄志知事の平和宣言で、米軍普
天間飛行場の名護市辺野古移設を進める政府に、移設作業の中止を決断するよう
求める文言を盛り込む方向で、最終調整に入った。昨年の知事選で公約に掲げた
「辺野古反対」の意思を、就任後初の平和宣言で明確に打ち出す狙いがある。

 仲井真弘多前知事は2期目の当選後、2013年まで3年間の平和宣言で県外
移設を求めたが、知事が移設作業の中断を要求するのは初めて。

 平和宣言で知事は「政府においては、固定観念に縛られず、普天間基地を辺野
古へ移設する作業の中止を決断され、沖縄の基地負担を軽減する政策を再度見直
されることを強く求めます」と訴える方向だ。

 全国の米軍専用施設面積の74%が沖縄に集中し、過重な基地負担が県民生活
や振興開発に影響を与え続けていると指摘。「国の安全保障は国民全体で負担す
べき課題」と投げ掛ける。

 また、普天間飛行場などの米軍基地が沖縄戦や戦後に強制接収された土地に建
設されたという歴史をひもとき「普天間の固定化は許されず、『その危険性除去
のために辺野古に移設する』『嫌なら沖縄が代替案を出しなさい』といった考え
は、県民には許容できない」との認識を表明する。

 追悼式は糸満市摩文仁の平和祈念公園で開かれ、安倍晋三首相ら政府関係者、
キャロライン・ケネディ駐日米大使の参列を予定している。

【琉球新報】翁長知事、慰霊の日平和宣言で新基地中止要求へ
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-244536-storytopic-271.html
2015年6月20日 7:07

【毎日新聞】社説:沖縄戦70年 「隔たりの海」を越えて
http://mainichi.jp/opinion/news/20150623k0000m070146000c.html
毎日新聞 2015年06月23日 02時30分

★ 佐藤江美(国際仏教教会) さんから:
青柳様、
いつも貴重な情報誠にありがとうございます。

今日元スイス大使の村田先生より以下のメール及び添付の情報を頂きました。

先生は以前から力の父性文明から命を大事にする母性文明への転換を提唱されて
いました。
そして昨年は先生と志を同じくした英国のエルワージー博士(ノーベル平和賞に
3回、ノミネートされ、2003年庭野平和賞受賞)がRising women rising  world
 www.risingwomenrisingworld.org/
という女性のネットワークを立ち上げ,今度の黒沼さんの御宿ネットワーク 設
立となりました。

去る20日安全保障関連法案廃案を求める女性たちが国会を取り囲みましたが、日
本及び世界の各地で女性の連帯が強まっていると思われます。
私は誰でもがその場で出来る祈り(平和な世界、安心、安全な世界)を呼びかけ
て常に祈るようにしています。

女性の皆様、そしてもちろん男性も今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げま
す。合掌

 今日の東京新聞(ネット)記事    黒沼ユリ子

佐藤江美様
21日の御宿町での講演の報告と報道記事を黒沼ゆり子様より
頂きましたのでお届けいたします。
聴衆は200名を超え、懇親会も盛り上がり成果に喜んでおります。
ニューヨーク・タイムズ紙が社説で次の指摘を行いました !
In autumn 2013, Prime Minister Shinzo Abe declared in his 2020 Olympics
bid speech that the situation was “under control.”

Since then, it has become abundantly clear that the situation is
anything but under control, and that the previous decommissioning road
map failed to accurately assess the high level and extensive spread of
radiation contamination.

世界の潮目が変わりだしました。

村田 光平先生 ・・・・・・
もしかして、すでにどなたかからお知らせが届いた
かも知れませんが、念のため、本日の東京新聞に
掲載されました記事のコピーを添付させて戴きます。
これはネット配信ですので、リンクから、どなたでも
ご覧になることができます。 おそらく、ここ数日間
ネット上に掲載されているものと存じます。

これを皮切りに、今後もマスコミが先生の
「地球規模の頭脳」(グローバル・ブレイン)を無視せず、
どんどんと国民に報道してくれることを、切に期待して
おります。 日本の現在の状況は、すでに「待ったなし!」
の所まで来ており、「民主主義とは、各自が守ること」
を誰もが実践してくれることも、切に期待しております。
どうぞ今後とも「御宿ネットワーク」をお忘れなく、
ご指導下さいませ。
とり急ぎ、深い感謝の気持ちをこめて。
黒沼 ユリ子拝

★ 前田 朗 さんから:
ヘイト・スピーチ研究文献(24)部落解放同盟「糾弾」史に学ぶ
小林健治『部落解放同盟「糾弾」史』(ちくま新書、2015年)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/06/blog-post_23.html

 -----集会等のお知らせ------

● 被ばく労働者 梅田裁判 ●
・☆ 「ニュースレター第12号」
(その1) http://tinyurl.com/pk767l8
(その2) http://tinyurl.com/p6qe8kr

・☆ 提訴3周年記念集会
 【日時】7月4日(土)開場13:30 開演14:00
 【場所】福岡市中央区大名2-4-36
     日本キリスト教団 福岡中部教会
(集会案内その1) http://tinyurl.com/ostqya8
(その2) http://tinyurl.com/ntxnvc8

● ドキュメンタリー「日本と原発」の上映会 ●
     案内
http://tinyurl.com/oxorrcc

●●
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第13回裁判判 7月10日(金) 佐賀地裁
         原告総数 原告総数 9406名 (6/19日現在)
  ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会●
        MOX控訴審 第1回口頭弁論
     9月7日(月)16時~福岡高等裁判所 501号法廷
     ホームページ http://saga-genkai.jimdo.com/

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
     午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設)
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中