NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1596日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。9月2日。

【転送・転載大歓迎】

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
     https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1596目報告☆
      呼びかけ人賛同者9月1日合計3978名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】9月1日1名。
          藤戸昭造
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
  <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん 
早いもので もう9月。
9月6日の集会とパレードを成功させたいものです。
1日 天神の「女たちは 許さない」のアピール行動も熱が入っていました。
あんくるトム工房
9月になりました。 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3610

★ 在欧環境ジャーナリスト川崎陽子(在ドイツ) さんから:
青柳さん
川内原発再稼動について、ドイツ語圏のメディアがどのように伝えたかを記事に
しました。
http://tinyurl.com/oq4asab

官僚政治と共に日本のメディアの問題も追究しています。

3.11報道関連で以下の記事は無料で読めますので、併せてご高覧いただけたら幸
いです。よろしくお願いします!

ドイツ国営ラジオの福島第一原発事故報道
 http://webronza.asahi.com/global/articles/2912042000001.html

ドイツ・フランス共同の公共テレビ局による東電福島原発事故報道
 http://punta.jp/archives/3655

★ いのうえしんぢ さんから:
4年かかった福岡サウンドデモ裁判ですが、昨日8/31の
高等裁判所での判決言い渡しでも。僕ら市民側が勝訴し
ました!レポートをブログに掲載しています。

↓福岡サウンドデモ裁判ブログ
http://demosaiban.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

※おねがい
弁護士のない本人訴訟とはいえ、動けばいろいろとお金
がかかる世の中…。また、大手マスコミがなかなか報道
してくれないので、草の根レベルでこの勝訴を広く伝え
るツールとして「福岡サウンドデモ裁判てぬぐい」を作
りました(700円)。

※おしらせ
11/1には、意見陳述にもご協力いただいた、小倉利丸さ
んをお呼びする講演会「表現の自由をめぐる冒険」を開
催します。

11月1日(日)13:30~
小倉利丸さん講演会「表現の自由をめぐる冒険」
会場:ふくふくプラザ視聴覚室(福岡市中央区荒戸3-3-39)

★ 梶原商成 さんから:
青柳さん、おはようございます。
ブログ更新しました。
◆「金銭関係消費(労働)」と「金銭業務消滅」
http://ameblo.jp/46493236/entry-12068351087.html
新しい社会をこうして考える度、今の世の中には、
無駄な消費活動や労働が溢れていることが鮮明に観えます。
そもそも需要に応えるのが「仕事」なのに、需要を生み出すって可笑しなことです。

★ 永島(脱原発・放射能汚染を考える北摂の会)さんから:
青柳 行信 さま
橋下維新は、もう一度「都構想を提案」するそうです。
枚方市長選での維新の「勝利」は残念でした。
しかし、これで反維新派は団結できるでしょう!
大阪をファシズムの誕生の地にしないように、頑張りたいと
思います。

「脱原発・放射能汚染を考える」のニュースNo106ができました。
http://tinyurl.com/oldykao

川内原発は再稼動して10日後には復水器の細菅が破損しました。
九電は稼働させたままで調査を行い、5本の細菅が破損したとして、
周囲の69本の細菅に栓をして修復完了としています。同じ細管でも、
より高温・高圧の条件に置かれた蒸気発生器細菅は、1年後の定期
検査まで放置したままです。規制委員会の役割を全く果たしていません。

8月23日に読売TV「NNNドキュメント」で放映された「2つの丸秘
と再稼働」の要約を記載しました。インターネットを検索すれば
ビデオが見ることが出来るとおもいます。日本政府が原子力の「公開原則」
を破り続けて、危険性の情報を隠蔽し続けていることが分かります。

8月30日には「戦争法案反対百万人行動が全国で展開されました。
大阪扇町公園でも2万5千人という人数が集まって集会とデモが行なわ
れました。戦争法案の廃案と安倍政権退陣を要求して闘い続けましょう。

9月の大阪での関電本社前での抗議行動は、4日と18日
に行なわれます。19時からの1時間、ぜひ集まって声を
あげましょう。

★ 舩津康幸 さんから: 
9月1日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号36.ま
で) 記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/nag8bol
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

こんばんは。
荒い検索ですが、現時点でヒットした記事をざっと並べます。
原発事故被害地域では、指定解除や準備宿泊をめぐる被害者の苦悩を伝える記事
や甲状腺ガン発症者増についての記事などもあります。

1.◎●「焦点:遠い「原発復権」、再稼働は6割に不透明要因」ロイター?9月1日
(火)10時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000034-reut-bus_all
長い記事「東京 1日 ロイター] – 全国で停止中の原発42基のうち7基は
再稼働が展望できるが、6割に当たる26基は不透明要因を抱え、9基は困難──。
ロイターが原子力規制委員会の審査状況に加え、地元関係者や電力会社、エネル
ギー専門家に取材した結果、今後の再稼働展望が依然として厳しい状況が浮き彫
りになった。
8月11日に九州電力川内原発1号が再稼働し、約2年間続いた「原発ゼロ」の
状況は終わったものの、政府と電力会社が狙う「原発復権」への動きは、極めて
緩慢なペースが長期化しそうだ。
<規制委審査、地元同意、司法がハードルに>
原発再稼働には、1)原子力規制委員会の審査、2)地元同意、3)運転差し止
め訴訟など司法判断──という3つのハードルがある。3つの関門のうち、ひとつ
でもクリアできなければ、再稼働は難しい。
ロイターは、再稼働した九州電力川内1号を除く停止中の原子炉42基の再稼働
の可能性について、各課題の現状や今後の展望を分析し、「解決済み」「問題少
ない」「不透明」「困難」の4つに分けて、経済性など他の要因も加味して評価
した。
その結果、
・川内2号や四国電力伊方3号など7基は「有力」、
・」運転禁止の仮処分を裁判所に命じられた関西電力高浜3、4号や、地元知事
の姿勢が厳しい東京電力柏崎刈羽など26基は「不透明」、
・原子炉直下に活断層がある可能性が指摘されている日本原子力発電敦賀2号や
北陸電力志賀1号、東電福島第2など9基は「困難」
といえる状況にあることが分かった。・・・・」
・・・・以下、詳細は検索してどうぞ。

川内(せんだい)原発の地元では、
2.「桜島の噴火警戒レベル3に引き下げ」南日本新聞2015 09/01 16:14
全文「桜島(鹿児島市)で規模の大きな噴火が切迫しているとして引き上げられ
た噴火警戒レベルについて、鹿児島地方気象台は1日午後4時、レベル4(避難
準備)から3(入山規制)に引き下げた。
桜島では8月15日に火山性地震が急増し、急激に山体が膨張したため、気象台
はレベルを引き上げていた。8月21日に開かれた火山噴火予知連絡会拡大幹事
会ではさらなる変動がないことから「15日に比べ、規模の大きな噴火の可能性
は低下している」との見解を示されたが、気象台は「慎重に判断する」として、
レベル4を維持したまま引き下げを検討していた。
噴火警報発表を受け鹿児島市は、昭和、南岳両火口周辺約3キロの住民51世帯
77人に避難勧告を出し、22日に解除した。」

17.●●「原発の収束作業で発がん」 札幌の男性、東電など提訴へ」北海道新
聞09/01 16:17 更新
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0174527.html
東京電力福島第1原発事故の収束作業に従事した後に三つのがんを併発した札幌
在住の元作業員男性(57)が、がんになったのは作業中の放射線被ばくが原因
などとして、東電などに約6500万円の損害賠償を求める訴訟を1日、札幌地
裁に起こす。弁護団によると、事故収束作業の被ばくと発がんの因果関係を争う
裁判は全国で初めて。
この因果関係をめぐっては現時点では労災が認められていないが、救済への道を
開くのか、司法の判断が注目される。
男性は2012年6月にぼうこうがん、13年3月に胃がん、同5月に結腸がん
を、転移ではなく別々に発症した。
男性は東電に対し、原子力損害賠償法に基づく賠償を請求。手作業でのがれき撤
去などで無用な被ばくをさせたとして、元請けの大手ゼネコン(東京)と1次下
請けの建設会社(同)には安全配慮義務違反の慰謝料を求める。
男性は11年7月から10月まで、福島第1原発で、がれきの撤去作業などに従
事した。男性の記録上の被ばく線量は4カ月間で56・41ミリシーベルトと、
通常時の原発作業員の年間法定限度の50ミリシーベルトを超えている。」

21.●●●「福島の子ども、甲状腺がん確定104人に」朝日デジタル2015年9月
1日05時00分
全文「 福島県は31日、東京電力福島第一原発事故による健康影響を調べる甲
状腺検査で、今年4月から6月末までに新たに1人が甲状腺がんと診断されたと
発表した。検査対象となる事故当時18歳以下だった約38万5千人のうち甲状
腺がんと確定したのは合計104人になった。県検討委員会は「現時点では福島
で見つかった甲状腺がんは原発事故の影響とは考えにくい」としている。」

36.(北海道)「小出氏「無責任な暴挙」 札幌で川内原発の再稼働批判」北
海道新聞09/01 07:00
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0174403.html
京大原子炉実験所助教を今春、定年退職した小出裕章さん(66)の講演会が
29日、札幌市中央区の共済ホールで開かれた。原子力の専門家でありながら原
発に反対し続けてきた小出さんは、九州電力川内原発(鹿児島県)が8月に再稼
働したことを「無責任で信じがたい暴挙。原発は即刻やめるべきだ」と批判した。
事故からまもなく4年半となる東京電力福島第1原発については「溶け落ちた炉
心がどこに、どんな状態であるかさえ、いまだに分かっていない。被ばくを強い
られる作業がこれから何年続くかも分からない。汚染水もたまり続けている。事
故はまったく収束していない」との見方を示した。・・・・・
福島県民をはじめ、多くの人々が現在も放射性物質に汚染された土地での生活を
余儀なくされていることも問題視し、「原発を許してきた大人には、被ばくに敏
感な子供たちを守る責任がある」と強調。「原子力を推進する側は、福島の被害
を小さく見せようとするが、私たちは現在も進行中の悲劇を決して忘れてはいけ
ない」と訴えた。札幌の市民放射能測定所はかーる・さっぽろが主催。約350
人が参加した。

★ 広瀬隆 さんから:
OurPlanet-TVの白石草さんから、次のような重要なご連絡がありましたので、
みなさまにメールを転送してお知らせいたします。貴重な記録です。

広瀬さま

OurPlanetTVの白石です。お世話になっております。

昨日は福島県民健康調査で137例の甲状腺がんが公表されましたが、
その一方、川内原発の100%のフル稼働。

OurPlanetTVでは、今、改めて東京電力福島第一原発事故の過酷さを
知っていただきたく、昨年、科学ジャーナリスト大賞を受賞した
「東電テレビ会議~49時間の記録」をインターネットで
全編無料公開することにしました。
(「福島映像祭2015」が始まる9月12日までの限定公開です。)

東電内部で被ばくシミュレーションをしている様子なども克明に
記録されています。広瀬さんにもぜひご視聴いただきたく、
またお知り合いなどもにもお伝えいただけると幸いです。

一番見て欲しいのは原子力規制委員会の田中委員長や
安倍首相なんですが。。。

==============================
          ☆全編無料配信☆
      「東電テレビ会議 49時間の記録」
  明日、9月1日(火)午前11時から9月11日(金)午前11時まで!
==============================

◆配信期間:2015年9月1日(火)午前11時~9月11日(金)午前11時
◆視聴ページ:http://ourplanet-tv.org/?q=node/1972

1号機が爆発、3号機の原子炉水位も低くなり、刻々と近づくメル
トダウン。2011年3月12日から15日までの3日間、福島第一原発で
何が起きていたのか。東京電力が一般向けに公開した映像をもとに
OurPlanet-TVがまとめた報道ドキュメント「東電テレビ会議 49時間
の記録」を2週間限定で全編公開します!

福島映像祭2013で初公開し、大きな反響を呼んだ本作をこの機会に
ぜひご覧ください!お見逃しなく!

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2577】2015年9月1日(火)
┏┓
┗■.8/30戦争法案反対国会集会に参加
 |  国会前で思ったこと-この国の人々がめざめて集まっている
 |  希望がある
 └──── 内海洋子(たんぽぽ舎ボランティア、4F講座運営委員)

◯「12万人超えたよ!」と誰かが教えてくれた。ああこの国の人達(私もこの国の
人です)がめざめて集まっている。希望があると思いました。
 思えば長かった。3・11からだけではない。これだけの時間が必要だったの
だと。もしかしたら、「あれもこれも」夢ではないのだなと思いました。
 「あれもこれも」とは、沖縄の基地をなくすこと、54基もある原発と核燃料サ
イクルがゼロにむかう、廃止へもっていくことができるということ。
 第1次安倍政権が、教育基本法に手をつけたこと、以後着々と戦争への道をひ
たすら…。憲法をそっくり変えて自民党案の憲法をすりこませる。
 でもこの国の国民はもう“めざめたのだ”。どんなことも見破ることができる
“眼”をもったのだ。
◯油断ならないことばかり、今、その斜陽の安倍政権に、NHKしかり、メディ
ア、経団連、大企業、原発産業(三菱重工、東芝、日立)、銀行も含めてしっかり
しがみついている姿がみえてくる。
 でも、《めざめた学び続ける総体のこの国の一人ひとり、そして生まれてくる
赤ちゃんまで》みんな、その道へ行かないよ…の始まりが、今、始まっている。
 そのような予感がありました。

┏┓
┗■.愛媛県伊方町での住民はがきアンケート
 |  配布総数2488戸のうち881戸(8/15現在)から回答
 |  再稼働に「反対」51%、「賛成」27%
 └──── 堀内美鈴(伊方原発50km圏内住民有志の会)

◯ 私たちは、今年2月から伊方町で「原発の再稼働に賛成・反対です」のどち
らかに○をつけてもらう住民はがきアンケートに取り組んでいます。伊方町は、
東西40kmの細長い佐田岬半島に30から500世帯ほどの大小およそ37の集落が点在
していて、地図をたよりにチラシとセットのはがきを持って一軒一軒たずねてい
ます。
◯ 8月18日に八幡浜記者クラブでこのアンケートについて記者会見をしまし
た。伊方原発は7月に原子力規制委員会の審査に「合格」し、国は再稼働させる
方針を愛媛県に伝え、地元同意を要請しています。全ての集落を回り終えていな
くても、伊方町住民の正直な声を伝えることはとても大切だと考えて、大幅な前
倒しの会見でした。
 戸別訪問・配布総数2488戸のうち881戸(8月15日現在)から回答を頂き、再稼
働に「反対」51%、「賛成」27%、「どちらとも言えない」22%でした。
◯ 主な意見は、「賛成」は1.原発で仕事をしている、2.安全面は更に安全
に、3.地域の経済、4.化石燃料では永続性に問題・エネルギーセキュリ
ティ・地球環境問題、5.できているものはしようがない、6.避難ができるよ
うに。
 「反対」は
1.事故のとき逃げ場がない、2.事故の補償できない、3.子々孫々に迷惑が
かかる、4.福島の事故は終息していない、5.核のゴミ、6.電気は足りてい
る・再生可能エネルギーに資金・労力を。
 「どちらとも言えない」は
1.子や孫が仕事をしているので賛成だが事故が起きれば故郷へ帰れないので反
対、2.電気はみな欲しい。再稼働するのなら責任を持ってほしい。福島のよう
なことには絶対してほしくない、でした。
 また、賛否両方の方々から、伊方で事故が起これば「逃げられない」「死ぬし
かない」という声を数多く聞きました。
◯ この結果を受け、会見後、資料を添えて伊方町議会と愛媛県議会に再稼働に
反対する陳情書を出しました。
 折しもテレビ、ラジオ、新聞などメディアの「地元同意」への関心も高く、そ
の日から翌日にかけてアンケートと陳情書提出のことが報道され、県内外でデー
タが活用されています。10月末には全ての集落を回り終えて集計を報告する予定
です。

┏┓
┗■.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
 └──── 

 ◆9/23(休日)・沖縄シンポ―『沖縄の自己決定権』出版を記念して
  沖縄からの問い、応答する責任

 日時:9月23日(水)13時30分開場、14時開会 参加無料
 パネラー:新垣毅(琉球新報)、阿部浩己(神奈川大)、
      上原公子(元国立市長)、高橋哲哉(東京大)、
      前田朗(東京造形大)
 会場:東京しごとセンター講堂(JR飯田橋駅東口徒歩6分)
 主催:9.23沖縄シンポ実行委員会、琉球新報
        東京都八王子市宇津貫町1556東京造形大学内・前田研究室
          maeda@zokei.ac.jp 事務局090-2466-5184(矢野)

 沖縄県民の新基地建設「ノー」の民意は無視されている。
 安保法案が成立し日本が戦争に加担すれば、沖縄が真っ先に報復の地となる可
能性が高い。
 原発被害での福島と同じく、犠牲のシステムの下にある沖縄。沖縄県民が求め
るのは、「沖縄のことは沖縄自身で決定できる権利」。「本土」の日本人はどう
応答するか―。
 原発立地住民への責任問題に重なる課題だ。米国やアジアとの関係、沖縄と大
和の関係の歴史認識も問われている。

 ◆有害化学物質削減ネットワークの「歴史に学ぶ,くらしの安全講座」
  第1期くらしの中に潜む有害化学物質―歴史と現状5回シリーズ
  “歴史は未来の道標”公害の歴史から学び、いかに行動するか考える
  第1回 究極の環境破壊―放射能汚染
           放射能被害の歴史と未来の世代を守るために

 講師:小出裕章氏(前京都大学原子炉実験所助教)
 日時:9月25日(金)午後2時から4時30分
 会場:全水道会館大会議室(4F)
      東京都文京区本郷1-4-1 TEL 03-3816-4196
 主催:特定非営利活動法人有害化学物質削減ネットワーク
 申込・問合せ:電話 03-5627-7520 Fax 03-5627-7540
               メール info@toxwatch.net
 受講料:1000円(会員500円)/連続受講券4000円(会員2500円)

┏┓
┗■.新聞より
 └──── 

 ◆原発廃棄物処分場の白紙撤回訴え 栃木で住民集会に2700人 塩谷町

  東京電力福島第一原発事故で発生した指定廃棄物の処分場(長期管理施設)
をめぐり、栃木県の建設候補地となった塩谷町で29日、処分場計画に反対する住
民集会が開かれた。
雨の中、約2700人(主催者発表)が参加。処分場付近にある名水百選の「尚仁沢
(しょうじんざわ)湧水」などを守るため、候補地選定の白紙撤回を目指す決意を
新たにした。
 会場の町総合公園では、見形(みかた)和久町長が「1年にわたる住民の尽力に
感謝する」と反対運動の労をねぎらい、「この戦いを町外、県外に知らしめてい
きたい」と強調。参加者たちは「町民心ひとつ 白紙撤回」と書かれた紙を一斉
に掲げ、「頑張ろう」と声を合わせた。
 町では昨年7月、北部の高原山にある国有林が処分場候補地に選定されて以
来、大規模な反対運動が続く。環境省は処分場建設の前提となる候補地の詳細調
査や地元説明会の開催に理解を求めているが、町は拒否している。
 環境省は栃木、宮城、茨城、群馬、千葉の五県に1カ所ずつ処分場を造る方
針。宮城、千葉でも既に候補地が提示されたが、同様に反対運動が起きている。
      (8月29日東京新聞夕刊8面より)

★ 由布院 平野美和子味岡修 さんから: 
作品展のお知らせ
みなさま
湯布院九条の会のメンバー、吉森むつこさんが
別府で「ひば窯 おもいのままに焼く展」を今日から
開催します。
土を焼いて形を表現するなかに、今の吉森さんの
様々な思いが凝縮されています。

彼女は、平和非暴力活動を通して私たちと
友達になった故アレン・ネルソンさんのことを
『わたしの友だちアレンさん』という紙芝居にして、
学校などで演じています。
重い内容ですが、評判が良く、あちこちで演じて、
アレンさんの思い、彼女の思いを伝えています。

今回は期間中毎日、会場で吉森さんと出会う
ことができ、紙芝居も体験できるそうです。

『ひば窯 思いのままに焼く展   吉森むつこ』
とき:2015年9月1日(火)~10日(月)
      11:00~17:00
ところ: 蔵ギャラリー 喫茶しばた
     別府市駅前本町1-15
     0977-21-6159
     (海門寺公園近く)

★ 福岡県 坂井貴司 さんから:
本日、9月2日午前10時から12時まで、福岡県築上郡築上町にある航空自衛隊
築城基地正門前で抗議の座り込みをする「2の日の行動」が行われます。

 築城基地から飛び立つジェット戦闘機の爆音によって乳牛が乳を出さなくな
り、酪農業を廃業せざるを得なくなった築上町在住の渡辺はま子さんは「軍事基
地と共存はできない」とこの座り込みを始めました。毎月2日に行うこの座り込
みは、現在では福岡県における重要な反戦運動になっています。

 先月、在日アメリカ軍と築城基地の航空自衛隊は共同訓練を行いました。安保
法案が成立すれば、築城基地は在日アメリカ軍と完全に一体化します。ますます
爆音被害が酷くなります。

 ぜひ参加してください。平日ですので、飛行訓練が行われます。音速で飛ぶジ
ェット戦闘機の爆音を聞いて下さい。

 座り込み場所の築城基地正門は、JR日豊本線築城駅より徒歩10分、国道10号線
沿いにあります。
 
----集会等のお知らせ------

●「憲法違反の安保法案の廃案を求める憲法市民集会」
     福岡 最大総結集行動 ●
9月6日(日)11時30分集会 12:00デモ 天神周辺
冷泉公園(福岡市博多区上川端町7)
 チラシ表 http://tinyurl.com/o7s8eq6
 チラシ裏 http://tinyurl.com/pjapuco
呼びかけ 福岡県弁護士会
※実行委員会 
日時 ・9月3日(木) 13:00
場所 福岡県弁護士会館(福岡高等裁判所敷地内)
   地図http://tinyurl.com/pgk37y9

●●
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第14回口頭弁論 9月25日(金)10:00~門前集会@福岡地裁正門前
   法廷10:30-17:00(途中休憩含め)(301号)
  被告国側証人:宇佐俊郎さん(長崎大学病院国際被爆者医療センター)
  原告側証人:矢ヶ崎克馬さん(琉球大学名誉教授、物理学専門)
  
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
http://tinyurl.com/og9qwsa

第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
       法廷13:30-15:30
   証人尋問 国側の証人 大居慎治・医師(松江赤十字病院)

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
       原告総数 原告総数  9720名 (8/28日現在)
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html
    第15回口頭弁論期日(予定)12月18日金)午後2時 佐賀地裁

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

●玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会●
        MOX控訴審 第1回口頭弁論
     9月7日(月)16時~福岡高等裁判所 501号法廷
http://u777u.info/nqEP

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆             
     午前10時から午後4時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中