NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1601日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。9月7日。

【転送・転載大歓迎】

◎ 【9月10日 九電本社前での行動】
・9月10日(木)午前11時から午後3時まで。
1.九電本社への申し入れ 午前11時。
2.リレーアピール、シュプレ 午後3時まで。
・申し入れ文案 
「川内原発の再稼動中止と九州電力の原発事業撤退を求める」公開質問状(案)
http://tinyurl.com/qyaolvx

・川内原発1号機 9月10日に営業運転予定。
・川内原発 2号機 11月中旬に営業運転予定。
「九電、川内原発2号機 燃料入れる作業9月11日から

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
     https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1601目報告☆
      呼びかけ人賛同者9月7日合計3979名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
       ★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまでした。
雨も降らず、たくさんの人でにぎわってよかったです。
若いママさん方や若者の参加が パレードを盛り上げてくれました。
安倍内閣を倒すまで、戦争法を廃案にするまで、原発の再稼動を止めさせるまで
たたかいましょう。
あんくるトム工房
9月6日 市民集会 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3617
平和が大事な市民集会  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3616

★ 橋本左門 さんから:


 ☆「ウソにウソを重ねて原発推進の」首相よシンゾウが破裂しますよ


     (左門 2015・9・7ー1137)


※首相官邸前行動で、参加者の発言から。ウソの重層に耐えか


ねて毎晩母の布団にもぐりこんでいるという週刊誌の報道は別にし


ても、普通の人間の感覚では持ちこたえられないでしょう。頼りがい


のない布団よりも、国会前に集い・全国各地で集う人民の懐の中


へ帰りなさい。おここそが真に憩うことのできる安住の場所なのです。

★ 東京・調布 鈴木彰 さんから: 
1600日目のたたかいに敬礼です。
およばずながら9/6、「戦争はいやだ調布市民の会」は発足84日目を迎え、
午後4時から「戦争イヤだ、まちなかパレード」を行います。旧甲州街道を
2時間ほど歩くのです。天候が心配ですががんばります。また、5日後に迫
った福島原発事故から3年半、川内原発再稼働から1か月の9月11日は、
第33回めの「原発ゼロ・調布行動」をおこないます。

★ 西岡由香 さんから: 
青柳さま
こんにちは。
  


昨日、長崎憲法ネット主催「戦争をゆるさない長崎市民の集い」で


映画監督の山田洋次監督にお越しいただきました。


私はずっと会場にいなかったので、講演の一部しか聞けなかったの


ですが、はっとするお話が色々ありました。一部ですが、山田監督の


お話、報告させていただきます。

旧満州の大連生まれの山田監督は、小学生のころ大人が中国人の
労働者を殴る場面が脳裏に焼き付いているそうです。

「中国人を殴ってもかまわない、という恐るべき差別行為を目に
して育ってきました。強烈な差別意識の上に戦争は起こされた。
戦後、中国を何度も訪れたけれど、かつての知り合いに会ったら
何ておわびしよう、繰り返し繰り返し“おわびしなければ”という
思いにかられます。私たちは歴史をちゃんと見て、何度でも相手が
納得するまで謝らないといけない」

それから、山田監督が、黒澤明監督から聞いた話を紹介されました。
昭和16年、新人の黒澤監督が「姿三四郎」を制作後、当時の内務省から
検閲を受けたときのこと。上映後、内務省の若い役人が、映画内で
「主人公が女性の下駄の鼻緒をすげてやるシーン」にいちゃもんを
つけたそうです。
「こんなラブシーンは英米の思想である」。
立腹した黒澤監督が、その役人を殴ろうと思ったとき、監督協会から
列席していた小津安二郎監督が手をあげて一言。
「この映画に100点をつけるとしたら、僕は120点をあげたい。
黒澤君、傑作誕生おめでとう」。
一同、何も言えなくなり、結果映画は合格。黒澤監督は
「僕は小津さんに生涯頭があがらない」と語っていたとか。

山田監督は言います。
「下駄の鼻緒をすげるだけのシーンが非難される、そんな乱暴
きわまるロジックがまかりとおるのがファシズムです」。
山田監督のお話で、「えっ?」と耳を疑ったのがこの台詞。

「日本の映画界は決して明るい見通しはない」。
何を言い出すのかと思ったら、こう続けられました。

「“東京物語”や“24の瞳”など名作が生まれたあの頃は、全員が
終身雇用でした。ロケバスの運転手さん、印刷所で活字を拾う職人さん。
今は一作一作の、きわめて不安定な雇用状態です。組合もない。
27時間労働なんてことになるからハードな労働に耐えられるのは
若者だけ。「この道ひとすじのベテランが仕事を教える」という形が
ないと、映画の財産が伝えられなくなってしまう。この国は、豊かな
映画を作り続けられるんだろうか。
それは映画だけでなく、あらゆるものに言えるのではないか。
豊かな文化を創り出す国であってほしい。
そのことを第一に考える政治こそ必要だと思います」

「いまの政治状況についてどう思いますか?」という質問には
「政治家は美辞麗句をつかったり、たとえ話をするけど、何が
真実かを常に検証していかなければならない。政治家が“沖縄二紙を
つぶしちゃえ”と言ったことに僕はとっても腹が立っている。
そんなことは、寅さんだって言わないよ」。

終了後、山田監督の強い希望で、カトリック長崎大司教区の高見大司教
との懇談会。
驚いたのが、寅さんこと渥美清さんが亡くなられる前に洗礼を受けてた、
というお話。山田監督は「奥様がカトリックだったから・・」と
言われた後、ある神父が書かれた「寅さんとイエス」という本を紹介
されました。

その本にはこう書かれているそうです。
「イエス様は、寅さんのように一緒にいて楽しかった人じゃないのか」。
ちなみに、「母と暮せば」の吉永小百合さんも浦上のカトリックの役柄。
寅さんのテーマ曲を作曲された山本直純先生も晩年にカトリックの洗礼を
受けられたそうです。山田監督は言葉少なでしたが、なにかキリスト教に
特別な思いを持っているのかな・・と思いました。

12月公開の映画「母と暮せば」では坂本龍一さん作曲の合唱曲が歌われるの
ですが、監督のこだわりで合唱団はすべて長崎の人たち、多くのクリスチャンの
学生も参加しているそうです。どんな願いがうたいあげられているのか・・
12月の公開が楽しみです!

★ 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 さんから: 
本日、9月7日(月) 玄海MOX控訴審 
    16時~福岡高等裁判所 501号法廷   MOX控訴審 第1回口頭弁論
http://saga-genkai.jimdo.com

★ 青木幸雄(宮崎の自然と未来を守る会)さんから: 
みなさまへ
篠山市の提言:行政は、市民を守る上でこうあって欲しいですね。各MLで紹介さ
れつつあるようですが、ぜひ一読を。
米ニューヨーク州のショーラム原発は、建設したのに一度も運転しないまま廃炉
になったことも、もっと皆さんに知らせた方がいいですね。

原子力災害対策計画にむけての提言
平成27年6月17日提出
篠山市原子力災害対策検討委員会

http://www.city.sasayama.hyogo.jp/pc/group/bousai/assets/2015/06/teigensyo.pdf

一度も運転されなかった原子力発電所
http://haikyo.crap.jp/s/6665.html

「実効性ある避難計画を再稼働の要件とせよ」
川内原発審査の問題③広瀬弘忠・東京女子大名誉教授
http://toyokeizai.net/articles/-/44822

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<原発が動かなくても真夏日の昼間の電力は足りている>を報告します。

2015年9月3日の朝日新聞朝刊1面に「太陽光発電、夏のピーク日は1割担
う 九電は25%確保」の記事が掲載されています。
http://digital.asahi.com/articles/ASH923CHZH92ULFA008.html
**********
太陽光発電、夏のピーク日は1割担う 九電は25%確保 
2015年9月4日19時26分
 この夏、電力需要が最も多かった日の日差しが強まる時間帯に、太陽光発電が
電気の約1割を担ったことが、沖縄を除く電力各社への取材でわかった。太陽光
の年間発電量は全電源の2%程度だが、晴れて暑くなる分、日照条件も良い夏の
ピーク時は、頼りになる電源になりつつある。
 データがまとまらなかった沖縄を除く大手電力9社に、7~8月の電力需要の
ピーク日と、その日の太陽光の最大出力(1時間の平均)と時間帯をきいた。
ピークは9社とも晴れた日が続いた8月上旬で、太陽光の最大出力は午前11時
台から午後1時台だった。
 最大出力は合計で約1500万キロワット。原発だと十数基分に相当する。同
じ時間帯の電力需要は合計で約1億5千万キロワットと想定され、約1割を太陽
光が担った計算になる。
 九州では、8月6日午後0時台に太陽光が365万キロワットあり、その時間
帯の需要の24・6%を確保した。日時は異なるが、四国は約16%、中国約
12%、中部約11%、関西約7%だった。日照条件や発電設備を置く広い土地
の確保のしやすさでばらつきが生じた。
 電力各社は、二酸化炭素の排出量が多い石油火力でピーク時の電源を賄ってき
たが、太陽光の発電分だけ稼働を減らせる。一方、九州や中部などは「天候変化
による出力予測が難しい」と課題を指摘する。太陽光の導入量は「固定価格買い
取り制度」により、09年度末の約284万キロワットから14年度末に約
2700万キロワットと急増している。(平林大輔)
**********
朝日新聞が沖縄を除く電力各社への取材をして、7~8月の電力需要のピーク日
とそのピーク時の太陽光発電の比率が分かったそうです。
新聞記事や朝日新聞デジタル版には、九電力会社の7~8月の電力需要のピーク
日、ピーク時間の電力需要と太陽光発電量及び太陽光発電量のしめる割合の図が
掲載されています。
 九州電力は、7~8月の電力需要のピーク日は8月6日で、ピーク時間の電力
需要は1481万kW/h、太陽光発電量は365万kW/h、及び太陽光発電
量のしめる割合は26.4%となっています。この時、太陽光発電量は川内原発
1、2号機、玄海原発3、4号機の発電量に迫る発電を行っています。現在も太
陽光発電設備の設置は進んでいますら、来年は九州電力の原発の発電量を追い越
すと思われます。
 真夏には、晴天の場合だけでは無く、曇りの日や雨の日もあり、太陽光発電量
は少なく成ります。しかしその日には、九州全体は雲に覆われており、真夏の照
り付けが無く成るので、クーラーの使用電力が少なく成るので、電力需要も減り
ます。
 夏は冷房、冬は暖房に大量の電力を使用しますが、春・秋は冷暖房にあまり電
力を使用しませんが、太陽光発電設備はかなりな発電をするので太陽光発電量の
しめる割合はもっと増えます。
 太陽光発電の電気は不安定電気ですから、火力発電での電力調整が必要で使用
量が限界を超えており、春・秋の昼間の太陽光発電電力は既に余っています。
 今までは、夜の電力があまり、昼間の電力は不足しているのが常識でしたが、
九州の電力の今は、真昼と深夜の電力は余っており、朝方・夕方の電力が不足し
ているが真実と思われます。
 したがって、九州電力の原発は、九州の電力が不足しているからでは無く、家
庭用電力が来年の4月から自由化され、総括原価方式による4%利益の制限が無
くなる九州電力の莫大な利益を獲得するために再稼働されたものと思われます。

★ 江藤成一(フリーターユニオン福岡) さんから: 
御無沙汰しております。月がかわり涼しげな季節となりましたが如何お過ごしで
しょうか。
最近では2020年の東京オリンピックに関する様々な問題(新国立競技場問題、五
輪エンブレムの盗作問題等。)が安保法案関連ばかりでなく原発の問題にも国民
の目からそむけるための狂言に見えて仕方がないのですが如何でしょうか。
特にエンブレムの問題などは完全なオリジナリティのあるものを創作するなど不
可能に近い時代を私達は生きているだけに取り立て佐脇たてるほどのことなのだ
ろうかと思います。
それだけに川内原発の再稼働ばかりでなく新たな原発を建設するなど時代に逆行
する国の政策から目をそむけてはならないと思います。
また同じことを言うようですが青柳さん達の活動が将来むくわれることを切に願
います。
スリーマイル、チェルノブイリそして福島以上の悲劇や惨劇かおきる前に…。ま
た気が向きましたらメールを送ります。

★ 佐藤江美 さんから: 
青柳様、
何時も熱い情報有難うございます。日本の事を真剣に考えている皆様の思いが伝
わりいつも有難く拝見しています。

元スイス大使村田先生や、心ある方々が東京オリンピック開催を懸念しています
が私も全く同じ考えです。
冷静になってオリンピック問題を初めから考えてみますと、日本は2011年に大震
災、及び福島原発事故を経験し、復興も未だ半ばであり、福島原発については収
束からほど遠いと言われています。福島原発では1日に7,000人もの作業員確保
が必要とされ、オリンピックの為の施設建設が始まれば、作業員確保、資材の高
騰が予測され、ますます収束や被災地の復興の遅れが懸念されます。

又、溶け落ちた核燃料棒が地下水、海水に接触し中性子、トリチウムの拡散が広
範囲にみられるとの大変深刻な情報もあります。これに対し、検証も行われてい
ません。

昨年の御嶽山噴火に続く今年の箱根山の噴火、東京直下型地震の可能性がある中
で、放射能拡散は極めて深刻な問題です。以上のように多くの問題を残したま
ま、オリンピックに向かうことは余りにも無謀であり生命を軽視しています。
このような状況下で「何故、今オリンピックなのか?」という声が多く聞かれま
す。オリンピックに費やす労力と資金を、福島の収束と、被災地復興に向けても
らいたいというのが多くの人たちの声です。
従ってこれを機に「福島は収束していない」との観点から福島事故収束に全力を
投球するため「東京オリンピックは返上する」ことが一番妥当で無理のない回答
だと思います。

★ 吾郷健二 さんから:
第25回福岡オルターナティブ研究会の御案内

志民社会学習会 明治自由民権運動の現代的意味

日時:2015年9月26日(土)午後2時~5時
場所:西南コミュニティセンター(西南学院大学キャンパスの最東南側)
   2階会議室
    〒814-8511 福岡市早良区西新6丁目2-92
   電話092-823-3952 (地下鉄西新駅3番出口から海側に徒歩数分)
テーマ:自由民権運動の歴史的特徴と現代的意味
講師:堤 啓次郎さん(つつみけいじろう、西南学院大学名誉教授)
1940年生まれ。佐賀県小城町で高校までをすごす。京都大学文学部哲学科
西洋哲学史専攻卒業。就職。京都大学文学部史学科国史学専攻編入学。
同大学院修士課程終了。同博士課程単位取得退学。1980年9月西南学院大学
文学部国際文化学科講師。助教授、教授を経て、2010年3月定年退職。
著書『地方統治体制の形成と士族反乱』(九州大学出版会 2010.3)。
報告要旨: 
自由民権運動は、明治維新によって始まった天皇制国家の形成に対して、
「善美なる立憲国家」を形成することをめざして展開された国民運動でした。
運動の課題は、憲法の制定、国会の開設を中心として、地方自治の確立、
地租の軽減による国民生活の擁護、条約改正による国家的独立、であり、
運動には士族、豪農・農民、多様な階層の民衆が参加しました。従って
活動は、憲法・議会・政党などの政治の仕組みに関わるものを中心に
しながらも,経済や社会、文化、生活のありようなど、多方面にわたる
ことになり、江戸時代までの伝統的世界から近代国家・近代社会へ、時代
が転換する契機となりました。「自由」「人権」「自治」などはこの時期に基
礎が与えられ、「立憲主義」の理解は現在の議会制度につながり、「私擬憲法
(憲法草案)」は現在の日本国憲法に活かされています。報告では、この
運動の特徴と意味を、特に「私擬憲法」については作成状況と内容の積極的
意味を、紹介したいと考えています。
参考文献 色川大吉『自由民権』(岩波書店(新書) 1981) 
     稲田雅洋『自由民権運動の系譜』 (吉川弘文館 2009)
     安在邦夫『自由民権運動史への招待』(吉田書店 2012)
参加費:無料(会の趣旨に共感される方はどなたでも参加できます)。
    終了後、近くの居酒屋で講師を囲む懇親会を予定しています。
主催:福岡オルターナティブ研究会、FNA(ADB福岡NGOフォーラム)
 資料準備の都合上、参加を希望される方は事前にご連絡頂ければ助かります。
連絡先:kenjialter@gmail.comまたはFax:092-885-1132

★ 前田朗 さんから:
大江健三郎を読み直す(50)再生への願いを
大江健三郎『新しい人よ眼ざめよ』(講談社、一九八三年)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/09/blog-post.html

----集会等のお知らせ------

●【9月10日 九電本社前での行動】●
・9月10日(木)午前11時から午後3時まで。
1.九電本社への申し入れ 午前11時。
2.リレーアピール、シュプレ 午後3時まで。
・申し入れ文案 
「川内原発の再稼動中止と九州電力の原発事業撤退を求める」公開質問状(案)
http://tinyurl.com/qyaolvx

・川内原発1号機 9月10日に営業運転予定。
・川内原発 2号機 11月中旬に営業運転予定。
「九電、川内原発2号機 燃料入れる作業9月11日から

●「さよなら原発!福岡」例会 ●
日 時:9月17日(木)18時30分~21時
場 所: 福岡市人権啓発センター
        福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
     地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●●


https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第14回口頭弁論 9月25日(金)10:00~門前集会@福岡地裁正門前
   法廷10:30-17:00(途中休憩含め)(301号)
  被告国側証人:宇佐俊郎さん(長崎大学病院国際被爆者医療センター)
  原告側証人:矢ヶ崎克馬さん(琉球大学名誉教授、物理学専門)
  


原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13


http://tinyurl.com/og9qwsa

第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
       法廷13:30-15:30
   証人尋問 国側の証人 大居慎治・医師(松江赤十字病院)

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
       原告総数 9768名 (9/4日現在)
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html
    第15回口頭弁論期日(予定)12月18日金)午後2時 佐賀地裁

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

●玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会●
本日、9月7日(月) 玄海MOX控訴審が福岡高裁で始まります! 
    16時~福岡高等裁判所 501号法廷
  MOX控訴審 第1回口頭弁論
http://saga-genkai.jimdo.com

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆             
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中