NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1604日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。9月10日。

【転送・転載大歓迎】

本日、9月10日 九電本社前での行動
・9月10日(木)午前11時から午後3時まで。
「川内原発の再稼動中止と九州電力の原発事業撤退を求める」公開質問状。
http://tinyurl.com/nmcpgkr
・川内原発1号機 9月10日に営業運転予定。
「九電、川内原発2号機 燃料入れる作業9月11日から。

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
     https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1604目報告☆
      呼びかけ人賛同者9月9日合計3981名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
    
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
東海、関東、東北 等の地域では 雨がすごいですね。
ラジオでは ず――と 雨のことを流しています。
被害がないことを 祈ります。 
心配なのは 福島の汚染水のことです。
また、海に流してしまうのではないかと危惧しています。
海洋汚染の観測体制をきちんと敷いてもらいたいものです。
所用のため 今日のブログはお休みします。

★ 橋本左門 さんから:
 ☆「戦争法」採決できる代物(もの)ならず 天地鳴動で廃案にせむ
      (左門 2015・9・10-1140)
※野田聖子氏が立候補する要件の20名の支持者もいない自民党
になってしまった。政党助成金で飼いならされた魂の無い肉獣のみ。
このような者どもに国会と国政とを預けていいはずがない。自民党
は全国津々浦々に澎湃と起こった民のデモを「張子の虎」と嘯いて
見せたが、これはアメリカの核兵器に対して当時の毛沢東が言った
言葉であって、アベコベである。安倍政権ダウン寸前である。ボディ
ブローを効かせてノックアウトしよう!

★ 西山進 さんから: 
青柳行信さま
 8月18日からアクロス「福岡戦争展」が開かれました。
 私は主催者から依頼されて33点の漫画を書き下ろして出品しました。テー
マーは戦争反対、原発、暮らしなどをテーマーに心を込めて書きました。
 戦争展は長年、市の後援を受けて盛況でした。ところがどうしたことか、「戦
争展を後援しないと」市が言って来たのです。
 拒否した理由を聞いたら「原発や消費税など」の漫画や反原発の話が良くない
ということでした。

 最初はおかしくて吹き出したのですが、背筋にぞっとするような冷たいものが
走りました。
 少年時代、毎日の生活が嫌で「替え歌」をつくったらそれが見つかって特高警
察につかまり、さんざん絞られて泣いた日の思い出したのです。

 憲法にははっきり「戦争しない」と書いてあり、公務員は市民の命を守ること
を誓ったはずです。
 私は早速市の総務課に伺いその真意をただしました。ところが市は「公務員は
中立であらねばならない」と応え、 暖簾に腕押しでした。言論を抑圧され戦争
に多くの人をなくし、長崎で原爆を体験したものとして許しておけません。

 こんな小さなことがやがて言論の封殺につながるのだと思います。
 ところが安倍さんが「戦争法」を言うようになって各地の自治体でで同じよう
なことが起こっているそうです。

 こんなことを許してはなりません。市の態度に勇敢に抗議した市民の方もいま
した。
私の漫画を見て、言いたいことを言ってくれた」という声もありました。

 市議会でも問題になり、中山郁美議員さんがそのことについて質問に立垂れる
つそうです。
 言論の自由を守るためにも、どうか私たちの民主主義を守る心を市議会に示す
ために傍聴うしてください。

 11日の10時から始まる予定です。場所は市議会議事堂です。
 そこでお会いしましょう。

 1寸の虫にも五分の魂です 

★ ギャーさんから: 「し・あ・わ・せ」
自分が
加害者になったり
被害者にされたりする関係を押し付けてくる世の中はおかしい
ごはんを食べることが
いのちを奪うことになり
国にいのちを奪われることを
「いのちを捧げる」なんて思わせられるのは
おかしい
資本家のためにいのちを捧げるのなんて
まっぴらごめんさ
いのちは生きるよろこびそのもの
金のために生きるよろこびを捨ててしまうなんて
冗談じゃないぜ!
いのちというものは
生きているだけで
よろこびにあふれているものさ
何のために生まれてきたのかが
現在(いま)ほどはっきりしている時代はない
この歴史の流れのまっただ中に生きる
し・あ・わ・せ

★ 梶原商成 さんから: 
青柳さん、おはようございます。
更新記事の紹介です。
◆「誘導消費(労働)」と「誘導不要」
http://ameblo.jp/46493236/entry-12071351640.html
新しい生き方へと移行することで、
他人の利益の為に勧誘を受けることも、
自分の利益の為に他人を勧誘する必要も無くなります。

★ 舩津康幸 さんから: 
9月9日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号43.ま
で) 記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/py6dhd6
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

現時点でヒットした記事をざっと並べます。(9.9.19:39)
福島第1原発では、7回目の漏水がありました、そうした中で14日にも海洋放出
の準備をしていると。
被害者切り捨て方針推進の下での原発事故被害地域の記事も是非目を通してみて
ください。
さて、川内(せんだい)原発の関連からはじめます。

1.●「川内1号機の最終検査開始=九電、10日に営業運転へ」時事通信
2015/09/09-16:33
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015090900379
「原子力規制委員会は9日、九州電力川内原発1号機(鹿児島県)の営業運転に
向けた最終検査を始めた。検査は10日午後にはすべて終わる予定で、問題がな
ければ合格証を交付し、営業運転に移行する。・・・・
9日午前開かれた規制委の定例会合では、規制委事務局の原子力規制庁がこれま
での検査状況を報告。田中俊一委員長は「長い間の検査だったが、最後まで気を
抜かずによろしくお願いしたい」と述べた。」

1’.●「川内原発1号機 最終検査始まる」南日本放送 [09/09 18:23]
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2015090900011984
「・・・・・原子力規制委員会の最終検査は、9日午後に始まり、関係書類の点
検などが行われています。10日は中央制御室で運転状況などを最終的に確認す
る予定です。そして、問題がなければ再稼働に関する原子力規制委員会の検査が
全て終了し、10日午後にも通常の営業運転に移行することになりま
す。・・・・・」

九電のプレスリリースに、次のような案内がありました、
2.●「川内原子力発電所展示館の開館時刻の変更について」九州電力株式会社
平成27年9月9日
全文「都合により、9月10日(木曜日)および9月11日(金曜日)は川内原子力
発電所展示館の開館時間を12時(予定)に変更させていただきます。ご迷惑をお
かけしますが、ご理解とご協力をお願いします。」

3.(鹿児島県が)被ばく医療「拠点病院」30キロ圏外でも整備検討」南日本
放送 [09/09 18:20]
全文「川内原発で事故が発生した場合に被ばくした患者らの治療を行う医療機関
として、県は現在、薩摩川内市の済生会川内病院を指定していますが、福島第一
原発事故のように影響が広範囲に及ぶケースに備え、今後、新たに原発30キロ
圏外にもこうした機能を備えた病院を整備する方向で検討を進めていることが分
かりました。
原子力規制委員会は先月、災害対策指針を見直し、原発の立地するエリアでは被
ばく治療を行うための一定の要件を備えた「原子力災害拠点病院」を指定するよ
う求めています。この要件を満たす病院は県内では現在「二次被ばく医療機関」
に指定されている薩摩川内市の済生会川内病院があり、県は「拠点病院」に指定
する方針ですが、川内原発からの距離は10.5キロで、福島第一原発事故のよ
うに放射性物質が広範囲に拡散する場合には使用できなくなるおそれがあります。
このため、県は新たに30キロ圏外でも「拠点病院」としての機能を備えた病院
を整備する方向で検討を進めているということです。施設の整備や指定には数年
はかかるとみられています。」

玄海原発関連、
4.(佐賀県)●「山口知事・定例会見ピックアップ」佐賀新聞2015年09月08日
18時31分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/227385
長い記事「佐賀県の山口祥義知事は8日の定例会見で、経産省が来年度予算の概
算要求で計上した原発の廃炉に伴う地元自治体への新しい補助金45億円につい
て、「立地県まで配分するとすれば、あまりに少ない」と指摘した。今後、立地
県として廃炉作業の安全対策を注視する重要性に言及し、増額を含めて対応を要
請していく考えを示した。
■原発廃炉交付金
Q:廃炉に伴う地元自治体への補助金は国全体として45億円を計上しているが、
立地県に配分されるかは決まっていない。
知事 45億円の配分ははっきりしていないが、(立地市町村だけでなく)県に
も配分となればあまりに少ない。県はこれから数十年、安全対策を注視していく
立場で、主張すべきは主張していく。玄海町長とも相談するが、1号機は(電力
供給など)相当寄与してきた。何というか、感謝や経緯があってしかるべきと思う。
Q:九電は県議会特別委で、再稼働する場合の住民説明会を自ら主体的に開く考え
がないことを明らかにした。
知事 国がどんな責任を果たそうとしているかが重要だ。地元の範囲や住民説明
会のあり方など、県としての意見も出していくが基本は国が決めていくこと。県
が前につんのめり、主導してやるのは違うと思っている。責任の所在は明確にす
べきで、国がしっかりやってもらいたい。当然、県は県民の安全を守る立場で言
うべきことは言う。・・・・・・・」
・・・・昨日の2.類似記事です。お金のことだけが気になるようです、原発の
再稼働、県民の安全はまるで他人事ですね。

5.(玄海町→小城市)「いまだ人ごとか 小城市の原発事故対応 微風強風」
佐賀新聞2015年09月09日 10時19分※会員限定記事
http://www.saga-s.co.jp/column/opinion/22207/227574
「玄海原発で事故が発生したとき、玄海町民の避難先となる小城市。7月に玄海
町と役割分担や情報共有化などを記した覚書を交わしているが、市議会一般質問
のやりとりを聞いていると、何とも心もとない答弁が目立った。
避難先は、小城市内の公民館に玄海町の地区別に割り当てられている。小城公民
館は玄海町外津(ほかわづ)地区・・・・」(以下、有料設定)
・・・●避難先である小城市を非難しているのか、それとも玄海町のことか・・・・

★ 内富一 さんから:
高校生までもが立ち上がり始めました!これは本物です!日本社会変革の始まり
です!安倍政権の終わりの始まりです!
柏原 道さんの動画

★ たんぽぽ舎 さんから: 
【TMM:No2586】2015年9月9日(水)
┏┓
┗■1.「原発事故子ども被災者支援法の死刑宣告」を止める運動を
 |  総がかりの社会運動に!(第2回)
 └──── 瀬戸大作 (原発事故の被害者救済を求める全国運動)

 今回の「被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針:閣議決定」に関
して復興庁は、「避難する状況にない」という文言を入れることにこだわり続けた。
 復興庁のいう「根拠」は、以下のようなものだった。
1)事故発生直後の2011年から、線量は下がっている
2)実効線量(推定値)をみても低い。年3ミリシーベルト以下が福島県の90%
以上を占める
3)支援対象地域は年20ミリシーベルトを大きく下回る
4)個人線量計による内部被ばくの平均値は、おおむね年1ミリシーベルト以下。

私たちの反論は以下のとおりです。
1)については、事故発生直後から下がっているというのは当たり前の話です。
2)については、イ.実効線量(推定値)を使うこと、またその算定方法に疑義
がある上、そもそも年3ミリシーベルト以下が90%以上ということにどれほどの
意味があるのか、むしろ3ミリシーベルト以上が一定地域あることこそ注目すべ
きだと考えます。
 また、市民による土壌汚染の測定結果などをみますと、放射線管理区域相当の
地域がかなり広範に広がっていることなどもみてとれます。
3)支援対象地域の定義そのものが、20ミリシーベルト以下であっても、一定線
量以上の地域、すなわち避難指示区域外であるが、国として支援を行っていくべ
き地域です。20ミリを下回ったからと言って、「避難する状況にない」とはいえ
ず、いえるのはせいぜい「避難指示を出す状況ではない」ということくらいで
しょう。
4)個人線量計が過小評価をうんでいる上に、平均値をみていいのか、最大値を
みるべきではないかといった疑問があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 住宅支援も福島県の2017年4月からの支援打ち切りを追随する。原発事故によ
る避難であるのに「災害救助法」で対応してきた事に無理がある。福島県外の高
線量地域の自主避難対応も含め国の責任で立法化してすすめるべきとこの間、
我々は要請したが、何も施策を講じなかった。その事が今回の結果となった。年
単位の施策に規定されて自由に生きられない。事故を認めたくないから立法をつ
くらず、結果として帰還推進。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 チェルノブイリはいまだに省庁がある。この間の政府交渉で、除染目標値も定
めないまま、2017年度末に除染を終了する。飯館村も同様だ。復興庁は2020年に
解散、それまでに帰還のゴリ押し! 被災当事者の意見をきこうとせず、強引に
基本方針をきめた復興庁のやり方は、基本方針や具体的施策の策定の際に、被災
者からの意見聴取を行い、これを反映するという同法第五条第3項、同法第十四
条の規定にも反している。
 東京オリンピック開催時の2020年夏、福島の原発事故は収束した!多発し続け
る甲状腺がん!世界が見る目はそんなに甘くない。

 ※第1回は、【TMM:No2579】「9月2日(水)その2」に掲載しました。

┏┓
┗■2.短信
 |  川内原発のように4年間も停止していた原発が再稼働したのは
 |  世界で14基だが、機器の腐食などでその全てがトラブルに
 |  みまわれた-ブルームバーグ8月10日号-
 └──── 柳田 真 (たんぽぽ舎)

  この事実を、日本のテレビも新聞も報じていないようだが、国民が最終的に
判断する上で、こうした情報が求められているのではないか。
 9月5日毎日新聞掲載、「原発再稼働後、メディアの役割は-武本俊彦(食と
農のアナリスト)」の文章から

┏┓
┗■3.シェールオイルが引き起こす“人為的地震”
 |  「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」コラムその118
 └──── 島村英紀(地震学者)

  一時は原油枯渇の救世主としてもてはやされていたシェールオイルは、この
ところ逆境にある。
 シェールオイルとは泥や土が堆積(たいせき)してできた頁岩(けつがん)。
英語ではシェール)層に含まれる原油だ。頁岩層は地下数百~数千メートルにあ
る。超高圧の水や酸や化学薬品を注入して頁岩層に亀裂を入れ、原油などを取り
出す「水圧破砕法」と呼ばれる手法が今世紀に入って確立されて採掘が加速して
いた。
 トップを走っていた米国では2011年にシェールオイルの生産量が日産120万バ
レルだったが、2014年には450万バレルと急拡大した。(註)
 だが米国内務省はこの3月に連邦政府の土地でシェールガスやシェールオイル
を採掘する企業に対し、地中に高圧をかけて注入する水に含まれる化学物質の開
示などを求める新規制を発表した。水圧破砕法が地下水や土壌を汚染するのを防
ぐねらいである。かねてから環境保護団体が、環境に悪影響を与えると訴えていた。
 そのほか水圧破砕法によって近隣住民の入院率が高まり、がんの発症リスクも
増加するという研究を米国ペンシルバニア大学などのチームが科学誌に掲載し
た。この7月のことだ。
 ニューヨーク州では水圧破砕法を事実上禁止する方針だという。これも環境汚
染への懸念からだ。米国バーモント州や欧州の一部諸国ではすでに禁止されている。
 ところで原油価格が世界的に急落したことで、シェールオイル・ガスの掘削が
コスト割れしてブームが急速に下火になった。北米で稼働中の掘削装置の数は約
650基で、1600基を超えていた2014年10月のピーク時から6割も減った。
 伊藤忠商事も6月に、米国でのシェールガス事業から撤退した。日本の大手商
社がシェールオイル・ガス事業から撤退するのは初めてである。
 それだけではない。先週、カナダのブリティッシュコロンビア州原油・ガス委
員会(石油・ガスの規制当局)は昨年8月にカナダで起きていたマグニチュード
(M)4.4の地震が、水圧破砕法が引き金となって起きたものだと断定したこと
が報じられた。
 この地震は水圧破砕法による地震としては世界最大級である。震源の近くだと
かなりの被害を生じかねない大きさの地震だ。将来、もっと大きな地震が起きる
可能性もある。そもそもカナダは地震がほとんどない国だ。建築や土木構造物も
日本のような耐震構造にはなっていない。
 この地震の前、同年7月にもM3.9の地震が起きたが、この地震も水圧破砕法
によって起きたと考えられている。前にこの連載で書いたように、米国各地で同
じような地震が起きている。
 シェールオイル・ガス採掘は踏んだり蹴ったりに見える。さて、将来のエネル
ギーの期待の星はどうなるのだろう。
   註)1バレルは約159リットルである。
         (島村英紀さんのHP「 http://shima3.fc2web.com/
         「島村英紀が書いた『夕刊フジ』のコラム」より9月4日の記事)

┏┓
┗■4.新聞より3つ
 └──── 

 ◆原発再稼働に不安募る   無職 木島よしみつ(福島市)

  国民の多くが不安を抱く中、九州電力は8月11日、川内原発1号機の原子炉
を起動し、再稼働させた。
 東京電力福島第一原発事故から4年5ヵ月で、わが国の政府と電力業界は再稼
働路線へと明確にハンドルを切った。
 原発事故の収束はまだまだ途上であり、先の見えない処理作業が継続中である
ことは、連日報道されている。しかも避難している方々は約11万人もいて、わが
家にいつ帰れるかわからない状況が続いているのである。
 安倍晋三首相は自ら原発事故後の状況を視察に来ていながら、東京五輪招致の
際は「」状況はコントロールされている」と世界に宣言している。果たして現場
をどう見ていたのか、大いに疑問である。
 しかも、原発事故が起きたらどこが責任を持って止めるのか、住民の避難をど
うするのか、誰が助けに来るのか、いまだ責任の所在があいまいなまま見切り発
車した。
 国内原発の50キロ圏内に総人口の1割近くの約1000万人の方が生活している。
「文明の利器」が「文明の凶器」にならないようにだけはしてほしい。
 そろばん勘定より人命第一こそ国策だと思う。
 (9月9日東京新聞4面「発言-3・11後を生きる」-河北新報「声の交差
点」から)

 ◆安保法案と沖縄  鎌田 慧 (ルポライター)

  わたしは、青森県出身なので、なんでこんなに青森ばかりに、危険なものを
もってくるんだ、との怒りがある。
 「核センター」とでも呼ぶべき、核の集中施設だ。故障ばかりの再処理工場を
中心に、濃縮ウラン工場やウランとプルトニウムを加工するMOX工場、英仏か
ら帰ってきたプルトニウムと高レベル核廃棄物、低レベル核廃棄物。
 普通の原発ばかりか、もっとも危険な、全量MOXが原料の実験的な原発、さ
らに核廃棄物の中間処分場、油断していると、最終処分場も持ち込まれそうだ。
はじめは大工業開発の看板を掲げ、農地や牧場が買収された。全部がウソだった。
  それよりひどいのは沖縄だ。戦争で奪われた島である。住民4人に1人が戦
争に巻き込まれて死亡した。70年たっても占領米軍はそのまま居残り、あの美し
い海を埋め立て、巨大な新基地を確保する計画だ。その手先となって建設費も負
担、工事を強行しようというのが、日本政府だ。
  青森県とのちがいは、知事と県民の大多数が、「もうこれ以上危険な基地は
いらない。基地に依存しない、平和な県をめざす」と力を合わせて抵抗している
ことだ。
 12日午後2時から「建設工事は諦めろ」と安倍内閣に要求して国会を取り囲
む。もう3度目の集会だ。安保法案と戦争に反対する集会でもある。
  (9月8日東京新聞25面「本音のコラム」より)

 ◆原発再稼働カギ握る知事
    「川内」・鹿児島の場合 九電が支援 政権と蜜月
  安全協定「知事個人ではなく県民全体」
  地元同意の範囲を限定 地方政治に巨大権力
  再稼働反対は「柏崎刈羽」の新潟だけ

  地方政界に君臨する知事は、原発の再稼働問題でも大きな影響力を発揮す
る。知事は確たる法的権限を持たないものの、立地自治体と電力会社間の紳士協
定である安全協定に基づき、事実上、知事の同意がなければ再稼働は難しい。九
州電力川内原発1号機(鹿児島県)に続き、同2号機も10月中旬には再稼働す
る。福島原発事故直後は各知事の動向が注目されたが、そう言えば最近は影が薄
い。知事と原発について考える。 (後略)
     (9月8日東京新聞「こちら特報部」より抜粋)

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば1457日テント日誌9月7日(月)

9月11日(金)「9・11経産省包囲行動」
経産省正門前抗議集会(19時~20時)
経産省包囲ヒューマンチエーン(20時~21時)

9月18日(金)テント裁判最終弁論
事前集会 13時30分 東京高裁前
裁判   15時開廷 102号法廷(傍聴の抽選受付14時30分まで)
報告集会 17時    衆院第一議員会館前

戦争法案廃案!安倍政権退陣の行動予定から
9月10日(木)・11日(金)国会正門前連続座り込み
 13時~17時 18時30分~
9月12日(土)止めよう辺野古埋め立て!14時~ 国会周辺
9月14日(月)9・14国会包囲行動 18時30分 国会周辺
 13時~17時 国会正門前座り込

★ 前田 朗 さんから:
 ☆ヘイト・スピーチ研究文献(36)
「月曜討論 ヘイトスピーチ規制法は必要か」『北海道新聞』2015年9月7日
「万能ではなく副作用も」尾崎一郎/「刑事罰と教育 包括的に」前田朗
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/09/blog-post_9.html

☆東京弁護士会が「地方公共団体に対して人種差別を目的とする公共施設の利用
許 可申請に対する適切な措置を講ず ることを求める意見書」をまとめて、公表
し ました。
http://www.toben.or.jp/message/ikensyo/post-412.html

ザイトクの悪質なヘイト集会に公共施設を利用させないことがありうることを、
明確な法解釈として打ち出してい ます。

「表現の自由を不当に侵害することのないよう慎重な配慮の上で,人種差別行為
を後援・擁護・支持せず,これを 禁止し,終了させるために必要な具体的措置
を取ることが求められる」として、そのための具体的な方策を解説しています。

----集会等のお知らせ------

本日、●【9月10日 九電本社前での行動】●
・9月10日(木)午前11時から午後3時まで。
1.九電本社への申し入れ 午前11時。
2.リレーアピール、シュプレ 午後3時まで。
・申し入れ文
「川内原発の再稼動中止と九州電力の原発事業撤退を求める」公開質問状
http://tinyurl.com/nmcpgkr

・川内原発1号機 9月10日に営業運転予定。
・川内原発 2号機 11月中旬に営業運転予定。
「九電、川内原発2号機 燃料入れる作業9月11日から

●「さよなら原発!福岡」例会 ●
日 時:9月17日(木)18時30分~21時
場 所: 福岡市人権啓発センター
        福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
     地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●●
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第14回口頭弁論 9月25日(金)10:00~門前集会@福岡地裁正門前
   法廷10:30-17:00(途中休憩含め)(301号)
  被告国側証人:宇佐俊郎さん(長崎大学病院国際被爆者医療センター)
  原告側証人:矢ヶ崎克馬さん(琉球大学名誉教授、物理学専門)
  
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
http://tinyurl.com/og9qwsa

第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
       法廷13:30-15:30
   証人尋問 国側の証人 大居慎治・医師(松江赤十字病院)

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
       原告総数  9808名 (9/9日現在)
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html
    第15回口頭弁論期日(予定)12月18日金)午後2時 佐賀地裁

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆             
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中