NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1613日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。9月19日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1613日目報告☆
      呼びかけ人賛同者9月18日合計3988名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
   ★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
ろくろく審議もしないで強行採決。
何時間やった、と言いますが、中身は法案の矛盾が次々と出てきて
もはや 法案の「平和のため」という意味がなくなり、
「アメリカの利益のために」という中身が 現れてしまいました。
この法案を 通すことは、売国奴のすることです。
参議院選挙に向けて、彼らを追い落とす運動を展開しましょう。
あんくるトム工房
強行採決   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3629

★ 橋本左門 さんから:
 ☆☆日本の魂(天)である憲法に吐きし唾は必ず反る
 ☆質問に精も根も吸い取られ 「成立」の法は幽霊同然
 ☆「平和の党」その名も偽善の公明党 戦争法で全てお陀仏
 ☆反理性のアベノ政治の功績は 若き知性を呼び出せしこと
 ☆古き政治アベノミクスの終焉は「みんなの政治」の新たな始まり
     (左門 2015・9・19-1119)
※コメントは要りませんね。この際、皆さんも一首または一句
(川柳または俳句)を記録として詠まれてはいかがでしょう?

〇本日の「朝日川柳」の川柳子たちもがんばっています。
・良識の府ではなかった参議院(北海道 藤原 康男)
・国民に対するだまし討ちと知れ(神奈川県 平松 健)
・よくやると暴君ネロも兜脱ぎ(三重県 山本 武夫)
・今は亡き法制局と平和の党(千葉県 白井 幸男) 
・強行もやんわり見せるNHK(神奈川県 尾上 隆)
なかなかいけてますね!

★ 梶原商成 さんから: 
青柳さん、おはようございます。
ブログ更新しました。
◆生きる目的と手段について
http://ameblo.jp/46493236/entry-12074608844.html
現代社会の矛盾と新文明社会による調和をテーマとした内容の
4つ目の記事になります。
今の私たちの生き方が本当に生き方だったのかを問う時期に来ています。

★ 舩津康幸 さんから: 
9月18日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号41.
まで) 記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/o9wuzh7
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

現時点で検索できた記事をざっと並べます。(9.18.18:41)
チリの地震による津波予報を受けて、福島第1原発でも一時避難行動があったよ
うです。
はじめに川内(せんだい)原発関連記事からはじめます。

川内原発で、
1.「重大事故訓練実施、2号機で 10月1日」産経新聞2015.9.18 16:34更
http://www.sankei.com/west/news/150918/wst1509180054-n1.html
「九州電力は18日、10月中旬の再稼働を目指す川内原発2号機(鹿児島県薩
摩川内市)で、重大事故を想定した訓練を10月1日から4日間実施すると原子
力規制委員会に報告した。既に再稼働した1号機と同時に重大事故が発生したと
の想定で実施する。
再稼働に向けた手続きの一環で、規制委事務局の原子力規制庁の検査官が立ち会
い、九電の対応に問題がないかどうか確認する。
九電は2号機原子炉への核燃料の装填を今月13日に終えている。川内1号機は
8月11日に再稼働し、今月10日に規制委の全ての検査手続きが終わり、営業
運転に移行した。」

原発立地・周辺地域、
2.◎◎(茨城県)「東海第2訴訟、原告側が記録映画上映 /茨城」毎日新聞
2015年09月18日 ※有料設定
「日本原子力発電東海第2原発運転差し止め訴訟の第11回口頭弁論が17日、
水戸地裁(河田泰常裁判長)であった。原告側は、東京電力福島第1原発事故の
被害を再確認するため、事故の経緯を記録した映画を上映。事故後の新規制基準
について「わずか8カ月で策定された」と指摘し、「このよう・・・」

2’.【茨城】「東海第二訴訟 口頭弁論 原告側「行政庁の裁量信頼できぬ」東
京新聞2015年9月18日
全文「東海村の日本原子力発電(原電)東海第二原発の運転差し止めなどを住民
らが原電と国に求めた訴訟の第十一回口頭弁論が十七日、水戸地裁(河田泰常裁
判長)であった。
原告側は「行政庁の裁量は、東京電力福島第一原発事故で信頼できないことが明
らかになった」として、行政の判断に依拠せず司法の判断を下すよう地裁に求めた。
原告側は、原子炉などの耐震設計の目安になる「基準地震動」の想定が、新規制
基準では不十分とも指摘。「新基準の策定に関わった専門家も、基準地震動の揺
れの大きさを超える地震が起こることを認めている」とした。
国は「大事故対策において、あらゆる機器が損傷することなどを前提にすべきだ
という原告の考え方は、科学的、工学的にみて理論的根拠が明らかでない」など
と主張した。次回口頭弁論は十二月十七日。」 

3.(茨城県)「取手市議会、原発再稼働中止の意見書可決 /茨城」毎日新聞
2015年09月18日 ※有料記事
「・・・・ 原発再稼働中止の意見書可決 /茨城  取手市議会は17日、「原
発再稼働の中止を求める意見書」を賛成16、反対9の賛成多数で可決した。九
州電力川内原発1号機の再稼働を受け、「原子力規制委員会による安全基準の明
確な指標化がなされていない。安全性について・・・・」

4.(東京都)「再稼働中止、意見書を可決 東久留米市議会 /東京」毎日新
聞2015年09月18日 ※有料記事
「東久留米市議会は17日、原発再稼働の中止を政府に求める意見書を賛成多数
で可決した。議長を除く市議21人のうち賛成11人、反対10人だった。  
意見書は「まずは福島第一原発事故原因の徹底した究明

★ 細井・ティヴィーシャワリン さんから:

控訴審 第三回口頭弁論 結審(※判決月日は未定)
「脱原発テントといのちをまもる裁判」
事前集会 13時30分 東京高裁前(150名)
裁判 15時開廷 102号法廷(傍聴の抽選受付14時30分まで)
報告集会 17時 衆院第一議員会館大会議室()
〇http://twitcasting.tv/showering00/movie/201689179
〇http://twitcasting.tv/showering00/movie/201714996
(発言:正清、淵上、江田、寺崎、高瀬、大口、河合、福島の女たち&男、井戸
川、橋本ほか※敬称略)

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2594】2015年9月18日(金)
┏┓
┗■1.9月16日夜、国会前
 |  平和的なデモ参加者を警視庁第4機動隊が
 |  暴力的に不当逮捕
 └──── 三宅勝久さん(ジャーナリスト)公式ブログ 9/16より
            http://ameblo.jp/loansharks/entry-12073893676.html 

  国会南東角の交差点できょう16日午後7時半ごろ、国会に向かう通路を閉鎖
した警察の過剰警備に抗議していた市民に対し、警視庁第4機動隊の隊員多数が
突然暴力的に襲い掛かり、若い男性と高齢女性の二人を仰向けに倒し、「公務執
行妨害」の現行犯という口実で逮捕・連行するという事件があった。
 筆者は事件の一部始終を目撃し、写真に記録した。男性と女性はなんら手を出
すことなく、完全に平和的に「通せ」と口頭で抗議を行っていた。暴力を振るっ
たのは警察のほうで、腕を乱暴につかんで引き倒し、身を守ろうとする2人に対
して多人数で覆いかぶさるようにして押さえつけた。周囲には数十人のデモ参加
者がいたが、口々に「暴力をやめろ」と抗議した。
 暴力団員顔負けの暴言を大声ではき、感情的になって暴力を振るおうとする隊
員もいた。同僚警察官がとめていた。
 写真を撮っている筆者に対しても、始終警察官がつきまとい、体当たりをする
などして実力で撮影を阻止しようとした。不当なことをやっているというやまし
さがあったのかもしれない。
 特別公務員暴行陵虐罪の現行犯である。現場で指揮をとっていたのは4機4中
隊の隊長(警部)だった。筆者は「公務執行妨害」を行った事実はなく、あきら
かな不当逮捕ではないか、と抗議した。
 2人は手錠をかけられ、パトカーで連行された。女性はしばらく路上で倒れて
いた。ケガをした可能性がある。「救急車を呼べ」と筆者は叫んだが警察は無視
した。
 通行はそれほど多くなく、バリケードをする必要性はいっさい考えられなかっ
た。もし通行止めにしなければならない事情があったとしても、話し合って解決
できる状況だった。
バリケードの反対側(国会側)にも多数人がおり、なぜ強引に通行を阻止するの
か意味がわからなかった。
 30分ほどのち、現場のバリケードは警察の手によって開けられ、通行が可能と
なった。

┏┓
┗■2.加圧水型原発が怖い
 |  関西電力11基/北海道電力2基/四国電力3基/九州電力6基/
 |  日本原電1基
 |  事故の不安を抱えたまま、運転を続ける原発
 |  電力の安定供給の使命も果たせず
 |  国策とのはざまで電力会社も悩んでいます
 |        出典:「食品と暮らしの安全」2003年6月1日より
 └────  槌田 敦 (物理学者)

【事故情報編集部より】
 (1)加圧水型原発の最大の欠陥(アキレス腱)は蒸気発生器の細管です。
 (2)この槌田文章は12年前の文章ですが、数日前に槌田さんにお見せしたところ、
  「今でもこのまま通用する」といわれました。今後四国電力(伊方原発)、
  関西電力(高浜電力)・・・の加圧水型原発との闘いが続きます。
  (東電福島原発は沸騰水型原発)その闘いに役立つ文章ですので、掲載します。

◎細管破断かひびだらけの原発しかない

-関西電力などが採用している加圧水型の方が安全性が高いのでしょうか?
槌田:たしかに加圧水型では、沸騰水型で多発するひび割れは少ないのです。冷
却方式が二重になっているので、二次冷却水には海水が混じりますが、原子炉の
中には入りません。
 しかし、加圧水型には沸騰水型とは違う欠点があり、問題はもっと深刻です。
 加圧水型のアキレス腱は、蒸気発生器の細管です。原子炉の水からタービンの
水に熱交換するのが蒸気発生器ですが、その細管は親指ほどの細さの金属パイプ
です。この細管もしばしばひび割れするのですが、そのときは細管に栓をして、
使用しないようにしています。
 しかし、細管のひび割れが成長して破断すると、原子炉の水が抜けて大事故に
なります。この事故は1991年に美浜原発で起こりました。もう少しで、スリーマ
イル島のような炉心融解事故になるという深刻なものでした。
 この事故で細管破断の怖さを知った関西電力は、その後の原発建設をやめまし
た。加圧水型原発の方が事故は深刻なのです。
 加圧水型の原発は、日本原子力発電が1基、北海道電力が2基、関西電力が11
基、四国電力が3基、九州電力6基を稼働させています。
 安心安全な原発などありません。どちらの事故も、炉心融解事故に発展します。

◎安定供給・ベストミックスのうそ

-トラブル隠し事件から、原子力の発電としての危うさも浮き彫りになりました。
槌田:そうですね。原発はいったん造ったら、使い続けなければ損です。そこ
で、止めずに運転し続けて、これを電力の安定供給と称してきたのです。
 発電量の調節は、動かしたり止めたりが自由になる火力と水力に担わせてきま
した。
  そして、電源は原子力をベースに、石油、天然ガス、石炭、水力の「ベスト
ミックスで」と言っていたのですが、原子力をベースに据えることは、少しもベ
ストでなかったのです。
  原発の事故やトラブルは、火力や水力に比べて極端に多いのです。今までは隠
されて、見えなかったにすぎません。
  日本で稼働中(検査中を含む)の原発は52基、そのうち21基は1970年代に運転を
開始しています。
  老朽化が進めばなお一層トラブルが増え、事故の危険性も増します。
  原発に頼っていては、電力の安定供給もおぼつかなくなってしまいます。

◎原発が電力会社のお荷物に

-コストが高く危険な上、安定供給の役にも立たないとすれば、電力会社にとっ
て原発のメリットはあるのでしょうか?
槌田:実は、原発は電力会社にとってもお荷物なのです。
  全面自由化に向かっている競争市場の中で、巨額な初期投資が必要な原発の経
営リスクは大きいものがあります。また、放射能のため、原発を維持し、運転す
るのに費用がかさみます。建設費用より、維持運転費用の方が大きいのです。
  しかし、原子力発電の推進は国策です。電力会社が国に協力することは当然と
して進められたのですが、そもそも始めから電力会社は原発をやりたくなかった
のです。
  もっとも大きな理由は、事故が起こった場合、その保障は一企業でできるよう
なものではないことでした。事故を起こしたら即倒産ということになりかねません。
  そこで政府は、事故を起こしても電力会社が倒産しないように、国が支払うと
いう形をとることで押し切り、いやがる電力会社に原発を造らせたのです。
  中でも一番気の毒なのは北陸電力です。最後まで原発はいやだと抵抗した社長
は首になり、とうとう志賀原発を造らされてしまいました。
  ところが、北陸では電力の需要が多くありません。余った電力を他の会社に融
通しようとしても、引き受けてもらえないのです。
  建設中の2号機(135.8万kW)は、2006年3月に営業運転を開始する予定です
が、運転が始まれば、北陸電力は自社の火力発電所を止めなければならないで
しょう。
  電力は発電所で作られますが、実際は「消費地で使うときに、使う分だけ、発
電所で電力ができる」のです。
  消費地で使わなければ、発電機は空回りし、無理がかかって発電システムが壊
れます。そのため電力会社は、余った夜の原発電力を「湯を沸かす」ために原価
割れで安売りしてきたのです。「深夜電力はエコ」という宣伝は厚顔無恥という
ものです。
  発行:「食品と暮らしの安全基金」
       埼玉県さいたま市中央区本町東2-14-18 TEL 048-851-1212
┏┓
┗■3.10月10日(土)第2回学習会にご参加を!
 |  戦争(安保)法案NO.強行採決許さない!
 |  原発ご三家は、同時に兵器産業の大手企業
 |  三菱重工、東芝、日立の原発ご三家の兵器売り上げをみる
 |  安保(戦争)法制と原発再稼働は密接に関連している
 └──── たんぽぽ舎

  日 時:10月10日(土)18:00開場 18時30分より21時まで
  お 話:山崎 久隆(たんぽぽ舎)、
           坂東喜久恵 (日本の核開発に反対する会)
  会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
  参加費:800円(資料を用意します)

 ◆日本の原発ご三家は同時に兵器産業の大手企業ばかりです。2014年の統計で
は、三菱重工業が防衛省への兵器売り上げ第1位、東芝が第8位、日立製作所が
13位です。
 ◆戦争になった時、最初に狙われるのはどこですか?原発です。原発が大爆発
すれば、福島第一原発事故以上になります。ヒロシマ、ナガサキの惨状がくり返
されます。次に軍事基地です。沖縄が狙われます。
 ◆私たちが、安保(戦争)法制と原発(再稼働)は密接な関係だと主張するいくつ
かのデータ、資料を紹介します。10月10日(土)第2回学習会にご参加下さい。

★ 安間 武 さんから:
————————-
 集会・アクション
————————-
■デモ抗議開催情報まとめ
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

■日本全国デモ情報 (マガジン9)
http://www.magazine9.jp/demoinfo/

——————–
 粘り強く戦おう
——————–
当研究会トピックス157号/2015年で紹介した記事の一部です。
全ての記事は下記ページでご覧になれます。
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/topics/topics_master.html

———————–
■「安保法」違憲訴訟
———————–
◆三重・松阪市長「安保法案は違憲」 議決差し止めへ提訴
  (朝日新聞 2015年9月17日)
http://www.asahi.com/articles/ASH9J5451H9JUTIL02F.html

◆違憲「安保法」訴訟“弁護団長”が明かす「戦略」と「勝算」
  (dot. 2015年9月16日)
http://dot.asahi.com/wa/2015091500136.html?page=1

◆安保法制に「違憲訴訟を準備」 小林節氏・長谷部恭男氏が安倍政権を批判(会
見詳報)
  (ハフィントンポスト 2015年6月15日)
http://www.huffingtonpost.jp/2015/06/15/national-security-law-unconstitutional_n_7584650.html

—————————
■賛成議員を落選させよう
—————————
◆来夏参院選は“歴史的惨敗”へ 自民党「落選危機議員」リスト
(日刊ゲンダイ 2015年9月17日)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/164094

◆安保法案:合言葉は「賛成議員を落選させよう」
(毎日新聞 2015年09月17日)
http://mainichi.jp/select/news/20150917k0000e040177000c.html

◆「大学生の夏休みだけの活動じゃない」 SEALDs奥田愛基さんが今後の展望を語
る-外国特派員協会で記者会見
(弁護士ドットコム 2015年9月16日)
http://www.bengo4.com/other/1146/1287/n_3693/

◆【落選運動は合法】「戦争法案反対デモ」⇒「自民公明落選デモ」へ:これから
始まる「自公落選デモ」の破壊力by日刊ゲンダイ
(健康になるためのブログ 2015年9月16日)
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/5830

◆安保法案“最終局面” これから始まる「自公落選デモ」の破壊力
(日刊ゲンダイ 2015年9月15日)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163917

★ いで さんから: 
 「とめよう! 辺野古新基地建設、安保法案NO!」福岡行動
・9月19日(土)17時集会開始、17時30分デモ(天神一周)
・警固公園(福岡市中央区)
・呼びかけ:9・19「とめよう! 辺野古新基地建設、安保法案NO!」福岡
行動実行委員会
(連絡先):井手(080-1760-4767)、岡本(090-6635-4981)

<沖縄・辺野古現地の動き>
日本政府・安倍政権は9月12日辺野古新基地建設の工事再開を強行していま
す。さらに9月18日にも本体工事にも着手計画(琉球新報9月16日)しよう
としています。沖縄現
地ゲート前の座り込みと海上行動は365日、24時間体制で行なわれていま
す。翁長県知事は9月14日に公有水面の埋め立て承認の取り消しの処分の手続
きに入りました。翁長知事は沖縄の原点は「魂の飢餓感」=1952年4・28
サンフランシスコ講和条約で沖縄は日本から切り離され、米軍から土地を強制接
収された県民に通底する心情を表現して日本政府に反論しました。沖縄防衛局の
事情聴取は9月28日です。
9月12日、辺野古建設反対集会は22000人の参加で国会包囲しました。こ
れまで沖縄に基地を許してきた本土の無関心を取り払い沖縄と共に建設をなんと
しても止める責務を自覚して行動して行こうなどの訴えがありました。シールズ
琉球の元山さんは沖縄全体が軍事基地化されていることを強調し、東京(本土)
から声をあげることが大事とアピールがありました。翁長県知事は9月19日か
ら国連の人権理事会(スイス)で辺野古新基地建設の問題性について訴えます。
戦争法案廃案の行動と一体で辺野古新基地建設反対に一緒に立ちあがりましょう。

★ とっこ さんから: 
* facebook でイベントページを立ち上げました。
* シェア・拡散できる方は、よろしくお願いします。

9.19「とめよう!辺野古新基地建設 安保法案 NO!」福岡行動
https://www.facebook.com/events/609881659151741/609881665818407/

安保法案NO!の集会でもあります。
とにかく、たくさんの人に集まってもらいたいです。
SEALDs RYUKYU のよびかけに連帯するデモ。
沖縄は「沖縄のことは、沖縄が決める!」と打ちだしています。
だったら私たちは「沖縄のことを、沖縄ぬきで決めるな!」で、呼応しましょう。

プラカードデザインの友人に事情を話すと、ネットプリントを速攻であげて応じ
てくれました。ファミマ、ローソン、サンクス、サークルK でプリント可能です。

ユーザー番号:BYD3B9PAXW を入力して選んでください。
サイズはA3でプリント推奨。2015年09月24日 13時まで。

どんどん、ご活用ください。

あと、10月31日(土)に開催する「はての島のまつりごと」上映会や、大成建設
抗議・要請のフライヤーも、この会場で配布したいと思いますので、お手伝いい
ただける方は、会場にいる私に声をかけてください。よろしくお願いします。

----集会等のお知らせ------

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
     https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●●
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第14回口頭弁論 9月25日(金)10:00~門前集会@福岡地裁正門前
   法廷10:30-17:00(途中休憩含め)(301号)
  被告国側証人:宇佐俊郎さん(長崎大学病院国際被爆者医療センター)
  原告側証人:矢ヶ崎克馬さん(琉球大学名誉教授、物理学専門)
  
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
http://tinyurl.com/og9qwsa

報告集会17:00 日本キリスト教団 福岡中部教会
                   福岡市中央区大名2-4-36 
            (地下鉄赤坂駅より天神方面へ徒歩1分)
          地図: http://tinyurl.com/p362hgc

第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
       法廷13:30-15:30 (303号)
     証人尋問 国側の証人 大居慎治・医師(松江赤十字病院)
報告集会16:00 福岡市立中央市民センタ 第一会議室 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図: http://tinyurl.com/ll3slxq

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
        原告総数  9832名 (9/18日現在)
     ニュースレター http://tinyurl.com/oot7wzb
  第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
        ジンソプさん意見陳述

ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html
    第15回口頭弁論期日(予定)12月18日金)午後2時 佐賀地裁

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆             
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中