NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1614日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。9月20日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1614目報告☆
      呼びかけ人賛同者9月19日合計3988名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
   ★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
戦争反対の声、日増しに 大きくなっています。
強行採決に対する憤りは大きく、次の選挙に向けて 決して忘れてはいけないと
思いを固めています。
戦争法に加担した 議員はすべて落とそう。反対した政党の議員を増やそうと。
あんくるトム工房
街のあちらこちらで 戦争反対の声  
http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3630

★ 橋本左門 さんから:
 ☆「平和的生存権の侵害」を訴訟に乗せよう千人の弁護団
    (左門 2015・9・20-1150※訂正します)
※《安保法制をめぐっては、小林節・慶応大学名誉教授ら
が施行後、東京地裁に提訴する準備を進めている。憲法
前文の「平和のうちに生存する権利」が法の成立で侵害さ
れ、精神的苦痛を受けたとする国家賠償請求訴訟を検討
しているといい、千人規模の弁護団を目指している』(朝日
新聞、本日)。多くの皆さん原告団に加わりましょう!!!

★ 福岡から…おばせ勝義 ブナぶな考房(春日市)
 青柳様、毎日のご活動に心から敬意を表します。

 ご高齢の橋本左門様の短歌とエッセイにいつも励まされています。
今日のエッセイの最後に、「この際、皆さんも一首または一句
(川柳または俳句)を記録として詠まれてはいかがでしょう?」と、
結んでおられましたので、早速、今日から開始しました。
恥ずかしいくらい下手くそですが、少しでも共感の輪が広がり、
左門様の期待に応えられたら幸いです。

 左門さんの 如く生きたし 我もまた
     アベ許さじと 新しく立つ。

 核発電 再び動かす アベ政治 
     満身創痍の 己に気づかず。

 ご健勝を祈ります。
 
♪ ♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪♪ ♪ ♪♪ ♪♪ ♪

★ 内海隆男 さんから:
2015.9.19付け東京新聞
  1面は 戦後70年「戦える国」に変質 でした
28面では
 見出し  やさしく叫ぶ 戦争反対
 京大有志の声明 絵本で緊急出版
    子ども語訳 思い込め
本文 http://tinyurl.com/prt723c
   
★ 舩津康幸 さんから: 
9月19日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号29.
まで) ※※明日は休みます。次回は9月21日夕方以降になります。
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/qcyueqs
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

現時点で検索できた記事をざっと並べます。(9.19.21:26)
川内(せんだい)原発関連からはじめます。3.の記事、とんでもないです。

1.◎「川内原発の停止と総点検を申し入れ 九電に市民団体」2015年09月19日
03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/71254/1/
「九州電力川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)で起きた復水器のトラブルを
めぐり、市民団体「原発ゼロをめざす鹿児島県民の会」は18日、九電に対し原
発の停止と総点検を求める申し入れ書を提出した。
1号機では再稼働後の8月20日、蒸気を水に戻す復水器の配管に穴が開き、海
水が漏れていることが判明。九電は出力上昇の日程を遅らせ、配管の一部に栓を
する対策をとった。
同原発展示館で対応した九電の担当者はトラブル経緯を1時間に渡って説明。復
水器内を通る高圧の水が配管に衝撃を与えたことが原因で「経年劣化は要因では
ない」と強調した。13カ月後の次回の定期検査で詳細な調査を行う方針を示し
た。来月中旬に再稼働を予定する2号機は検査の結果、復水器の配管に穴はな
かったと明らかにした。
九電の担当者は「4年ぶりの稼働なのでリスクを考え何かあれば、立ち止まって
チェックする」と理解を求めた。」
・・・しんぶん赤旗9月19日4面にも同様の記事がありました。?

2.「原子力防災訓練を12月20日に開催 鹿児島県発表」2015年09月19日
03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/71253/1/
「鹿児島県は17日、九州電力川内原発(同県薩摩川内市)の重大事故に備えた
原子力防災訓練を12月20日に、原子力発電の必要性や安全性に関する住民説
明会を11月29日にそれぞれ開催すると発表した。県議会の代表質問で永野司
危機管理局長が答弁した。
訓練内容は調整中だが、放射線量に応じて行う段階的避難の理解を深める取り組
みや、風向きを考慮して避難先を変更する県独自の調整システムなどを活用して
行う予定。住民説明会は鹿児島市で2千人規模の会場で開く。場所や参加者の募
集方法は後日発表される。」

●●この数日の報道などから関連日程を並べてみると、
10月1日~4日 九州電力が 2号機で重大事故訓練 
11月29日   原発住民説明会 鹿児島市で 2000人規模(鹿児島県主催)
12月20日   原子力防災訓練(鹿児島県主催)

◎◎鹿児島現地の行動は、
「10月12日   10.12全国集会 川内原発2号機再稼働を許さない!」
・・・・詳細は、「原発とめよう!九電ひろば」からのメールで案内があると思
います。

次の記事、とんでもないです!! おまけに紹介しておきます、
3.●●●(鹿児島県)「伊藤知事コサイン発言 議事録には「女性」なし」南日
本新聞2015 09/19 06:30
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=69846
「鹿児島県の伊藤祐一郎知事が「高校教育で女の子にサイン、コサイン、タン
ジェントを教えて何になるのか」と発言した8月の県総合教育会議の議事録か
ら、女性蔑視につながるような「女の子に」「女性に」という言葉がそっくり抜
け落ちていることが18日分かった。」
・・・・・●公文書偽虚偽記載-議会事務局まで知事の支配下にある? こんな
知事と県議会が原発再稼働に同意してるんです!!

原発立地・周辺地域、
4.●(宮城県)「<女川原発>市民4万人避難 東松島市も計画」河北新報?9月
19日(土)16時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150919-00000022-khks-l04
「東松島市は18日、東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の重大事故を想
定した広域避難計画を明らかにした。原発から30キロ圏内にある宮城県内の自治
体で、具体的な内容を公表したのは南三陸町に続き2例目。
計画によると、30キロ圏内に居住する市民は7月現在で市人口の9割超の3万6836
人。市は圏外も含めた全市民4万125人を避難させる。避難先には県がガイドライ
ンで示した仙台、岩沼、名取の3市と亘理、山元の2町を設定した。
市内8地区の具体的な避難先は、矢本東(8722人)と大塩(3514人)が仙台市太
白区、矢本西(6149人)と大曲(5815人)が同市泉区、小野(5636人)と野蒜
(1875人)が名取市と亘理町、赤井(7812人)と宮戸(602人)がそれぞれ岩沼
市と山元町となる。
移動手段は主に自家用車とし、自力避難できない住民ら約5000人にはバスを用意
する。複合災害などで、県内3市2町による受け入れが難しい場合、市が災害相互
援助協定を結ぶ県外の東根市と調整する。

金曜官邸前行動は、
5.◎◎「【金曜日の声 官邸前】九州電力・川内原発の再稼働 抗議行動」東京
新聞2015年9月19日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2015091902000183.html
「九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県)の再稼働への抗議行動が十八日
夜、首相官邸前であり、集まった人々がプラカードを掲げて「川内止めろ」とド
ラムの音に合わせて声を上げた。
原発に反対する市民のネットワーク「首都圏反原発連合」が呼び掛け、毎週金曜
日に行われている。この日は安全保障関連法案の採決が迫る中、国会周辺で続く
抗議行動と両方に参加した人もいた。千葉県松戸市の内藤みちるさん(65)は
「一部の人たちが利益を得て、国民の命が軽んじられるという点で、原発と安保
法案の問題の根っこは同じだと思う。後悔しないように行動したい」と話してい
た。」

5’.◎◎「原発なくせの声を聞け 官邸前抗議」しんぶん赤旗2015年9月19日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-09-19/2015091915_02_1.html
「首都圏反原発連合(反原連)は18日、原発ゼロを求める首相官邸前抗議行動
を行いました。世論調査でも約6割の国民が原発の再稼働に反対しているのに、
その声を踏みにじって再稼働に突き進む安倍晋三政権。1000人(主催者発
表)の参加者から「国民の声を聞かない首相はもう辞めさせるしかない」などの
声があがりました。
・東京都大田区の男性(73)は「川内(せんだい)原発は動かしてすぐにトラ
ブルがあった。原発がいかに危険かを証明した。国民が反対しているのに、再稼
働なんておかしい」といいます。
・同あきる野市の男性(72)は「原発の問題でもなんでも、安倍政権は国民の
声をまるっきり聞こうとしない。こんな人に首相の資格はない」と語気を強めま
した。
・同日野市から参加した夫婦(いずれも62歳)は「初めて国会前に来ました。
原発は結局、お金のために進められようとしている。戦争法案もそうだが、どの
問題でも政府のやり方はひどい。国民をばかにしている」と怒ります。
 同練馬区の男子中学生(14)は「お母さんとおじいちゃんに話を聞き、イン
ターネットで調べて来ました。このまま安倍さんが首相をやっていたら、国民が
困るだけだと思う」と話しました。
・日本共産党の田村智子参院議員が参加し、「国民の声に耳を傾けない原発再稼
働も内閣不信任の大きな理由です。なんとしても安倍内閣を打倒しよう」とス
ピーチしました。
・・・・◎◎すぐ横の「総がかり行動実行委員会が主催する国会前の安保法案反対
集会は、午後7時半の時点で4万人を超える人が参加したと報告されまし
た。」・・・・19日未明まで抗議行動が続いた、報道されています。

規制委、
6.●●●「原子力規制委員長「専門性高い人材が課題」NHK9月19日 16時39分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150919/k10010242221000.html全文「原子
力規制委員会が発足して19日、3年を迎えるに当たり、田中俊一委員長が
NHKのインタビューに応じ、原発事故で問われた規制機関の独立性を守るた
め、原発の審査や検査で電力会社とわたりあえるだけの高い専門性がある人材の
育成が急務だという考えを示しました。
原子力規制委員会は、東京電力福島第一原発の事故の反省を踏まえ、電力会社や
経済産業省など原発を推進する側から独立した意思決定を組織理念に掲げ3年前
に発足しました。
インタビューで田中委員長は発足当時、原子力規制への信頼の回復が最も重要だ
と述べていたことについて、「一定の信頼は得られてきていると思うが、不十分
であり、原発の安全な運転などを通して少しずつ回復させたい」と述べました。
そのうえで、規制委員会を巡り、国会などで「審査が遅い」といった指摘が出さ
れていることについて「いろいろなことを言う人がいるが、審査自体に影響を及
ぼすことはないし、あってはならない」と述べて、独立した判断をしてきたとい
う認識を示しました。
その一方で「実務を担う規制庁の職員の数も足りないし一人一人の専門性も十分
ではない。中身を充実させて本当に独立した規制組織として育っていくことが今
後の課題だ」と述べ、独立性を守るため、原発の審査や検査で電力会社とわたり
あえるだけの高い専門性がある人材の育成が急務だという考えを示しました。
●事故で問われた独立性
福島第一原発の事故から1年半。3年前の9月に原子力規制委員会は発足しました。
強く求められたのは、「独立性」の確保でした。
国会の事故調査委員会は事故前の規制当局を「事業者のとりことなっていた」と
批判。
必要な規制が電力会社の抵抗で先送りされてきたことなどを踏まえ、「推進官庁
や電力会社からの独立性は形骸化している」などと厳しく指摘しました。
このため新しい規制委員会は、「何ものにもとらわれず、科学的・技術的な見地
から、独立して意思決定を行う」ことを組織理念に掲げました。
その後始まった原発の審査会合では、電力会社に安全対策の見直しを求める場面
がたびたびありました。
審査の担当者が電力会社に対し「想定を甘く見ると大変なことになるというの
は、原発事故の最大の教訓だ。常に心にとめながら、審査をしている」と諭すこ
ともありました。
国会で「審査の開始からすでに2年がたつが、遅々として進まない」などと指摘
されることもありましたが、田中委員長は、「必要な要求をしている」などと理
解を求めてきました。
独立性を確保していくうえで、重要とされているのが、専門性の高い人材の育成
です。
かつての規制当局は専門性の面で電力会社より劣っていたことが、「事業者の
虜」となった原因の1つだと指摘されました。
規制委員会は実務を担う原子力規制庁の職員の専門性を高めるため、原子力安全
の研究機関の統合や経験のある技術系の職員の採用を進めてきました。
今後は、国際機関の基準や海外の制度を参考にした人材の育成プログラムの運用
を始めることにしています。」
・・・原発再稼働推進委員会にしてしまった張本人がとんでもない!!

★ 黒木 さんから: 
原発PR館、見学40万人減=14カ所、5年で35%―「福島事故影響」・電力各社
時事通信 9月20日(日)2時37分配信
 原発の意義や必要性を訴えるため、電力会社が立地自治体に設置した全国の原
発PR館14カ所の見学者数が2014年度は計約75万人で、東京電力福島第1原発事故
前の09年度に比べ35%減ったことが19日、各社への取材で分かった。

 5年間で約40万人減少した。PR館の維持費や運営費は電気料金に上乗せされて
いる。
 全国の原発PR館のうち、見学者数の比較が可能な14カ所を調べた。閉鎖され
た福島第1、第2原発と09年度のデータがない北陸電力志賀原発(石川県)の各PR
館は除いた。

 電力8社や原発専業の日本原子力発電によると、09年度に14原発のPR館を訪れ
た見学者は計約115万人だった。14年度は全てで09年度を下回り、最も減少率が
大きいのは今年8月に1号機が再稼働した九州電力川内原発(鹿児島県)。09年度
は約4万人だったが、14年度は約1万7000人で58%減った。
 他に東電柏崎刈羽原発(新潟県、57%減)、九電玄海原発(佐賀県、55%
減)、四国電力伊方原発(愛媛県、50%減)の各PR館が半数以下になった。
(後略)

★ 京都の菊池 さんから:
下記の投稿を書きました。よろしければぜひお読みください。
http://list.jca.apc.org/public/cml/2015-September/039861.html )

北海道新聞 社説
福島の避難解除 なぜ帰還を急がすのか と ETV特集「帰還への遠い道~福
島・楢葉町 一年の記録~」

★ 広瀬隆 さんから:
全国のみなさま、連日ご苦労さまです

 張り子の虎・安倍晋三を、われわれがグシャリと踏みつぶす日が近づいてきま
した。
 たった一度しかない己の人生を、これほどの愚行で汚して、あわれな奴だ。
 さあ、強烈な一撃で、国会を土台からぶっ飛ばしましょう。
 昨日18日には、山本太郎さんが、国会で安倍晋三に向かって合掌しました。
 「告別式ですから、ご冥福をお祈りします! (地獄に堕ちろ!)」と。
  見事!!

 ◆来週、9月23日(水)は、「秋分の日」の休日に、
 東京では、12:30から代々木公園-野外音楽堂で
「9・23さようなら原発 さようなら戦争 全国集会」がおこなわれます。
 午前中から色々な催しがありますので、くわしくは下記をご覧ください。
 首都圏の人は、まず家を飛び出して電車に飛び乗り、国会攻撃に向かえ! 
http://sayonara-nukes.org/

 ◆インターネットのダイヤモンドオンラインで、連載記事を掲載してきました
が、堀潤さん、田中三彦さん、古賀茂明さんとの対談が大反響です。
 みな、トップの人気ランキング入りです。
 このサイトは、下記のどれか一つを開いてから、タイトルの下にある小さな
「バックナンバー」をクリックすると、今日まで19回のすべてを見られます。
 文中には、ほかのサイトへのリンクが、多数隠れていますので、それも参照し
ながらお読みください。
 そこで今日は、滅多に聞くことができない、三人の対談サイトをご紹介しま
す。必ずお読みください。

◆①すでにお伝えしましたが、原発の最大の欠陥を、もとNHKアナウンサーの堀
潤さんが教えてくださったきわめて重大な内容です。三菱重工製の蒸気発生器が
大事故直前であるという、大変なことが、鹿児島県の川内原発で進行中です。と
いうより、伊方原発・高浜原発・玄海原発・泊原発を含めて、すべての再稼働原
発(加圧水型)の重大欠陥が明らかになりました。
 あまりに重大なので、週刊朝日に、この追跡記事が出ました。川内原発2号機
の再稼働は、一層危険な状態です(三回の連載です)。
http://diamond.jp/articles/-/77414
http://diamond.jp/articles/-/77425
http://diamond.jp/articles/-/77432

◆②もと国会事故調の田中三彦さんが、「原子力規制委員会が、いよいよフクシマ
に続く大事故を起こす」というおそるべき真相を、わかりやすく話してくれまし
た。つまり、「まったく対策をとらないまま再稼働に踏み切った」のは、なぜ
か、われわれの命がどれほど綱渡りの状態にあるか、です。たちまち原子炉のメ
ルトダウンが起こるという、寒けのする話です(三回の連載です)。
http://diamond.jp/articles/-/77672
http://diamond.jp/articles/-/77745
http://diamond.jp/articles/-/77754

◆③今週は、もと経産省官僚の古賀茂明さんが、マスコミの堕落の実態と、経済産
業省の恐怖の内幕と、デタラメ有識者会議について、なぜ彼らがおかしく、愚か
になったかを、実体験から生々しく語ってくれました。
 面白くも、おそるべきトピックニュースを前編・後編の二回にわたって語って
くださいました。
http://diamond.jp/articles/-/78537
http://diamond.jp/articles/-/78547

来週からは、「川内原発はほどなく大事故を起こす!!」と題した、三回の連載を
掲載します。堀潤さんや田中三彦さんの語った事実をベースに、多くの図解を入
れて、真相を解説しますので、必ずお読みください。

 全国に、みなさまの大声で事実を広めてください。これほど大変な内容が、イ
ンターネットの秘話であってはいけません。日本の新聞は、全般的に「最悪の事
態」になってからの後追い解説が多く、国会の暴走を阻止できていません。テレ
ビは、まったく機能していません。「ことが起こる前に」阻止する必要があります。
 ダイヤモンドオンラインで、事実に飢えた読者が激増しているのは、そのため
です。日本人全体の具体的な知識・知性を高める必要があります。
 
 7月に発刊した『東京が壊滅する日 フクシマと日本の運命』は、おかげさま
で、5刷まできました。みなさまに心から感謝します。これからも、無関心層に
広めてください。無関心層に。
 今週9月16日には、小泉純一郎さんの愛媛県松山講演会がおこなわれ、伊方原
発の再稼働阻止の意気に燃える大盛会になりました。

 ダイヤモンドオンラインは、下記サイトのタイトルの下にある小さな「バック
ナンバー」をクリックすると、すべての記事が読めます。
  ◆第1回 7月17日金曜 http://diamond.jp/articles/-/74801
   【川内原発の地震対策は、まったくなっていない!】
 ◆第2回 7月21日火曜 http://diamond.jp/articles/-/74973
   【日本を壊滅させる川内原発再稼働と火山の脅威】
 ◆第3回 7月24日金曜 http://diamond.jp/articles/-/74983
   【日本の原発にテロ対策はない】  
 ◆第4回 7月28日火曜 http://diamond.jp/articles/-/75003
   【報道されないトリチウムの危険性】
   この記事は、1日で45万人の人が見ました!!
 ◆第5回 7月31日金曜 http://diamond.jp/articles/-/75078
   【フクシマ原発事故被害者の賠償を放置したまま再稼働など許されるか】
 ◆第6回 8月 5日水曜 http://diamond.jp/articles/-/75637
   【原子力発電は「大量殺人」ではないのか?】
 ◆第7回 8月 8日土曜 http://diamond.jp/articles/-/75642
   【電気が足りているのに、なぜ原発を動かす必要があるのか?】
 ◆第8回 8月12日水曜 http://diamond.jp/articles/-/75646
   【原発ゼロで、なぜ電気が足りているのか?】

このあとは、ダイヤモンド社論説委員・坪井賢一さんとの対談 と続きます。

----集会等のお知らせ------

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第14回口頭弁論 9月25日(金)10:00~門前集会@福岡地裁正門前
   法廷10:30-17:00(途中休憩含め)(301号)
  被告国側証人:宇佐俊郎さん(長崎大学病院国際被爆者医療センター)
  原告側証人:矢ヶ崎克馬さん(琉球大学名誉教授、物理学専門)
  
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
http://tinyurl.com/og9qwsa

報告集会17:00 日本キリスト教団 福岡中部教会
                   福岡市中央区大名2-4-36 
            (地下鉄赤坂駅より天神方面へ徒歩1分)
          地図: http://tinyurl.com/p362hgc

第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
       法廷13:30-15:30 (303号)
     証人尋問 国側の証人 大居慎治・医師(松江赤十字病院)
報告集会16:00 福岡市立中央市民センタ 第一会議室 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図: http://tinyurl.com/ll3slxq

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
     https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●●
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
        原告総数  9832名 (9/18日現在)
     ニュースレター http://tinyurl.com/oot7wzb
  第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
        (ジンソプさん意見陳述)

ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html
    第15回口頭弁論期日(予定)12月18日金)午後2時 佐賀地裁

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆             
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中