NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1621日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。9月27日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1621目報告☆
      呼びかけ人賛同者9月26日合計3991名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
    ★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまでした。
戦争法廃止、原発をなくすために 国民連合政府をつくりましょう。
支持率低下で落ち着かない安倍を追い落としましょう。
あんくるトム工房
戦争法廃止のために  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3639

★ 橋本左門 さんから:
 ☆「戦争法」を絶対許さぬ「ママの会」に野党はどれだけ傾聴できるか
      (左門 2015・9・27ー1157)
※《「安保関連法に反対するママの会」25日で、大阪府の森本久美子
さんは、「ママたちは学び始め、行動し始めた。おかしいことはおかしい
といっていいと気付いた。このムーブメントは(成立後)さらに盛り上が
っている」(シンブン赤旗、26日)。一方、野党の党首たちの会談もあり、
継続審議になったが、腰の引けているのもある。ママや学生たちの声
の琴線に触れている度合いが知られる。この真実な声は止まらない!

★ おばせ勝義(福岡・春日市):
青柳 様、おはようございます。
今から45年前前後に、県立の工業高校で発電工学の一つとして、
原子力発電の原理と放射能との関係について授業していた時、生
徒さんから「原子炉が故障して放射線が外に大量に放出されたら、
それを止めることはできますか?」と質問されました。
私は返答に困り、それが長いこと頭にこびり付いていました。
あの3.11の大事故で、遅まきながら明確に答えられるように
なり、この話をあちこちでしています。
:
 ♪ アイドルが 「諸悪の根源 自民党」と
    今日もあちこち 怒って唄って
       (制服向上委員会の動画を観て③)
   
プルートとは 暗黒界の 王なりて 
超猛毒の プルトニュウムなり ♪

★ 西山 進 さんから: 
原発労災梅田裁判、すごい長丁場だったようですが、体調が悪く、長丁場は参加
がむつかしくなりました。
「貝の額と寄せ書き」大事に飾っています。
9月19日は長崎平和記念館で開かれている、漫画展と講演に参加しました。
10月は3日から福岡市赤レンガで13日から小倉で漫画展を開きます。マイケ
ルさんお元気で。
  漫画展 ご案内チラシ http://tinyurl.com/ossmc2l

★ ハンナ&マイケル さんから: 
ドイツではVWの不正事件で国がぐらついていますね。
儲けるつもりでした嘘やごまかしは、結局いつかはバレて、逆に大損をする、と
いう好例かと思います。

だから「アンダーコントロール」などという大嘘でもぎ取ってきた東京オリン
ピックも、エンブレムや競技場デザインくらいの騒ぎの今のうちに、早めに返上
した方が得策です。莫大なお金をかけて設備が整った後に、東京にもホットス
ポットがあり、汚染水は垂れ流れっぱなし、などがばれてボイコット運動が起き
れば、損失は莫大です。

いえ、それどころか、世界から一流のアスリートが集い、観光客がつめかけた後
に、自衛隊の海外派兵で刺激されたテロがおきたら ―、いつ来てもおかしくな
い東京大地震や、火山の爆発などで、未熟な労働者がいい加減なマニュアル通り
に動かす原発が事故ったら ―、世界一安全とイケシャアシャとついてる虚構の
上に成り立っているのが日本の原発だと、世界の人たちが知ったら ―、日本は
救助してもらえるどころか、世界中から非難され、叩かれることでしょう。

憲法を無視し、非民主主義的な暴挙で安保法案を通した安倍政権を許してはなり
ません。あれも嘘の上になりたった可決でした。VWの幹部同様、嘘つき内閣は
やめてもらうしかありません。火曜の5時半からパルコ前でやっている「女たち
は許さない!戦争法案 安倍政権にレッドカード」のウイメンズ・アクションは
来年7月の選挙の時まで、毎週やる決意です。性別は問いません、どなたでもご
参加ください。

★ 金信明 さんから: 
  
2014年10月17日、釜山(プサン)地方裁判所において、韓国における
「甲状腺ガンの発生の責任は古里(コリ)原発にあるとする判決が出されまし
た。この判決で奥様の甲状腺ガン訴訟を原告として闘ってこられたイ・ジンソプ
さんをお招きして、「原発なくそう!九州玄海訴訟」の第14回口頭弁論で「意
見陳述」をしていただきます。そして、佐賀、糸島、北九州(小倉)、鹿児島の
各地で講演会を開催します。

各地のチラシは下記からダウンロードできます。
http://yahoo.jp/box/d6u9RY

この勝訴判決で、韓国では多発している原発周辺の甲状腺ガンの被害者が540
名以上、集団訴訟の準備を進めています。ジンソプさんの裁判は現在、韓国で控
訴審が戦われています。

日本での反原発の運動や裁判にジンソプさんの裁判勝訴は大きな糧となることは
間違いありません。

イ・ジンソプさんが「原発なくそう!九州玄海訴訟」の第14回口頭弁論で「意
見陳述」します。
日時:10月9日(金)午後2時00分~ 佐賀地方裁判所 
当日は天神の日銀前からバスが出ます。(そのチラシも上記からダウンロードで
きます)
当日の模擬裁判・報告集会でもジンソプさんの意見陳述を聞くことができます。
※模擬裁判・報告集会はメートプラザで行います。 
☆メートプラザ佐賀(佐賀勤労者総合福祉センター):佐賀市兵庫北3丁目8番
40号 JR佐賀駅北口から徒歩約15分電話番号0952-33-0003

◆その前日佐賀市でジンソプさんの講演会を行います。ふるってご参加ください。
日時:10月8日(木)19時~ 入場無料
場所:神野公民館(佐賀市神野西1丁目4-10/電話0952-30-6702)

◆10月10日(土)は糸島の伊都文化会大会議室 14:00~
(詳細未定 追ってご連絡します)

◆10月11日(日)14時~16時(入場13時30分~)
  北九州市立男女共同参画センター・ムーブ5階大セミナー室
   北九州市小倉北区大手町11番4号
・資料代 500円 学生・無料 ※予約不要。直接会場にお越しください
・主催  イ・ジンソプ講演会実行委員会 
  連絡先(090-6207-9303池上弁護士)(090-1195-6789伊藤)
 案内チラシ http://tinyurl.com/nk4b276

◆10月12日(月・体育の日)16:00~18:00 鹿児島市中央公民館
(鹿児島市山下町5-9)
参加費500円
主催 「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団・かごしまの未来を語る会
お問い合わせ099-252-1586(ますみクリニック)
当日は、鹿児島中央駅東口広場で、13:00~川内原発2号機再稼働反対大集
会が行われます。
イ・ジンソプさんはこの集会で10分ほどスピーチをした後、14:00からの
パレード(デモ)に参加した後で、パレード解散地点近くの中央公民館で講演会
を行います。
多くの方のご参加をお願いします。

★ 黒木 さんから: 
*2号機の核燃料 70%~100%溶融か
NHK 9月26日 6時30分

東京電力福島第一原子力発電所の事故で放射性物質の大量放出が起きたとされる
2号機について、名古屋大学などが素粒子を使って原子炉を透視した結果、核燃
料の70%から100%が溶け落ちている可能性が高いことが分かりました。国
と東京電力は廃炉に向けてさらに調査を進めることにしています。

福島第一原発の事故で放射性物質の大量放出が起きたとされる2号機について、
東京電力はこれまで、核燃料の一部は原子炉の中心部に残っていると推定してい
ました。

これに対し、名古屋大学などの研究グループは去年4月以降、さまざまな物質を
通り抜ける性質がある「ミューオン」と呼ばれる素粒子を使って2号機の原子炉
を透視する調査を行いました。その結果を解析したところ、原子炉の中心部に核
燃料が残っていれば赤や黄色で示されるはずが、ほとんど反応が見られませんで
した。

比較のために調査した5号機では中心部の核燃料がはっきりと映っていて、研究
グループは、2号機の核燃料の70%から100%が溶け落ちた可能性が高いと
しています。

一方、原子炉の底にも核燃料の姿は明確には写っていませんが、この部分は調査
の精度が低く、核燃料が原子炉を突き破って落下したかどうかはさらに分析を続
ける必要があるということです。

今回の結果は事故のすさまじさを改めて示すとともに、核燃料がどこにあるかは
廃炉に向けた最大の難関である核燃料の取り出しの工程に大きく影響するため、
国や東京電力は年内にも別の装置で2号機を透視する調査を改めて行うほか、原
子炉の周囲にロボットを投入する準備を進めています。名古屋大学高等研究院の
森島邦博特任助教は、「2号機の原子炉には核燃料も水もほとんど残っていない
可能性がある。今後の廃炉に向けて役立てて欲しい」と話しています。

この調査結果は、26日、大阪で開かれる日本物理学会の大会で発表されます。

*福島第一2号機、核燃料7割以上が溶融か 名大など発表
朝日新聞デジタル 9月26日(土)23時50分配信
 東京電力福島第一原発事故で放射性物質を放出した2号機について、核燃料の
7割以上が炉心から溶け落ちている可能性が高いとする解析結果を、名古屋大な
どのチームが26日、大阪市であった日本物理学会で発表した。大気中を飛び交
うミュー粒子という素粒子を使ってX線のように原子炉を透視する手法で調べた。

 原子炉を透視する調査の結果は東電などが1号機で3月に発表した例があ
る。名大は昨年から東芝と共同で調査を開始。事故を免れた5号機との比較で、
2号機の炉心に核燃料がほぼ存在しないとの結果を得た。解析の誤差も考慮し、
溶け落ちた核燃料は70~100%の可能性が高いと結論づけた。落ちた核燃料
がどこにあるかは確認できていないという。

 東電は2号機の核燃料について、コンピューター解析などから一部は炉心に
残っていると推定している。今後、ミュー粒子を使ったより精度の高い透視やロ
ボットによる内部探査でさらに調べる予定だ。名大の森島邦博特任助教は「今回
の結果を将来の溶融燃料の取り出し方法の検討に役立ててもらえれば」と話す。
 ミュー粒子は、コンクリートや鉄は突き抜けるが、ウランなど密度の高い物
質には遮られやすい性質があり、核燃料の位置を調べるのに使われている。(熊
井洋美)

*「原発再稼働は間違っている」小泉純一郎がまた気炎吐く〈週刊朝日〉
dot. 9月25日(金)16時12分配信
「伊方原発であろうがどこであろうが、再稼働すべきではない」。四国電力伊方
原発を抱える愛媛県で「小泉節」が炸裂した。
 小泉純一郎元首相は16日、松山市内のホテルで聴衆約600人を前に講演。脱原
発の思いを語った。
「政府は『世界一厳しい新規制基準だから大丈夫』と言っているが、どうして
世界一と言えるのか。どこの国とも比べていないのに世界一と言うのはおかしい」
 73歳。なめらかな弁舌は健在で、 若いころ、70歳以上の人が随分お年に見え
たけど、自分が70歳を過ぎまして、1時間半立ちっぱなしでも、こうやってしゃ
べっていられる」  との言葉には、大きな拍手と笑いが起きた。
 講演後の記者会見で、地元放送局の記者が「愛媛県の中村(時広)知事は、
事故があったときの最終責任が誰にあるのか安倍総理に直接聴きたいと言ってい
ます」と指摘すると、 「政府がカネを出しているんだから、政府にも責任があ
る。検察審査会が(東京電力元役員3人を)起訴すべきと判断し、刑事裁判をす
ることにもなったんですから。私は政府にも電力会社にも責任があると思う」
 本誌記者が「息子の小泉進次郎復興政務官と再稼働について話し合っている
のですか」と問うと、 「進次郎は毎月、東北へ出かけ、被災されたみなさんと
話をしていますから、事故後の悲惨な状況をよくわかってますよ。インターネッ
トで私の講演も見てくれている。原発の話もしますけど、私が(原発)ゼロだか
らと言って、強制はしないんです。まだ若いし、じっくりと今の復興政務官の仕
事をやっていけばいい」  などと答えた。今月は神奈川県小田原市でも講演し
ており、今回が2度目。
「原発ゼロが国民的な大目標になる時代が必ず来ると思って、講演を続けま
す」 ※週刊朝日  2015年10月2日号

★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No2598】
2015年9月26日(土)
┏┓
┗■1.国会正門前でもらった1枚の紙=国会正門前平和通信
 |  自発的な個人が内容豊かなニュース紙を発行し配布-感銘
 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎)

1.9月25日は金曜日。たんぽぽ舎でビラの丁合い・ミーティングの後、恒例の
金曜官邸前行動へ行く。雨模様でイヤだなぁと思いつつ、第167回目。
 途中の日比谷公園前の関西電力東京支社前(富国生命ビル9F)で、「高浜原発
動かすな!」のコールをあげて(20名弱)、そして、「経産省前テントひろば」で
旗ざおにノボリ旗をつけて準備し、テントを出発。財務省上のいつもの交差点
(定位置)に着く。マイクでアピールしながら、「もう原発やめよう 週刊金曜ビ
ラ170号」を配る。今日は珍しく反原連のスタッフ(受付台やコーンもない)がい
ない。代行して道案内役も。

2.今日は体調が良かったので、国会正門前(3分)と希望のエリア(5分)でス
ピーチをした。10月2日に日本・ヨコスカにくる米核空母ロナルド・レーガン-
東京湾に浮かぶ2つの原子炉に反対しよう-原発反対と戦争反対の結合した1つ
の事例-と訴えた。

3.希望のエリア集会(100数十名)をはなれるとき、雨合羽を着た中年の男性か
らビラを受け取った(A4判両面)「国会正門前平和通信」9月25日、発行人 山
田政夫(個人)と書いてある。千葉へ帰る帰途の電車の中でゆっくり読んだが、読
みごたえがあり、記事内容も豊富な1枚の紙だった。
 目次は次のとおり。10個のよくできた記事プラス「ニャンで戦争?」のポス
ターをもった人の写真つき。
      ◯9月24日(木)の国会正門前から ◯「ニャンで戦争?」 ◯地域での運動
の展開に有意義 ◯最高裁の砂川判決の問題点について議論 ◯医療チーム ◯
「病人だ」十戒(映画)のシーンのように目の前に道 ◯“副作用”満載の戦争法 ◯
仲間が増え議論が深まる ◯新しい政治の流れを ◯毎月19日に集会を

4.金曜官邸前行動で感心するのは、自発的な個人が身銭を切って活動している
姿だ。この「国会正門前平和通信」もすばらしい。前日の集会の内容が参加でき
なかった人にもよくわかる「通信」だ。こういう自立市民がたくさんあらわれて
活動していることに日本の未来も暗くないと感じた。(陰の声…たんぽぽ舎も、も
ともと、自発的な市民の集まりですよ…の声が聞こえる)

┏┓
┗■2.落選運動の戦略
 └──── 上岡直見 [環境経済研究所(技術士事務所)]

  SEALDsの提案を発端として、戦争法案賛成議員の落選運動が提案され
ている。これは重要な戦略だと思うが、具体的な戦術面・技術面で慎重に検討す
る必要がある。言い方は悪いかもしれないが「スポーツ新聞、競馬新聞しか読ま
ない人たち」も有権者である。これらの人々にどうやって影響を及ぼすか、保守
勢力はマーケティングの専門家を抱えて巧妙な作戦を練っている。タレント候補
に対して、まじめに政策を論じても対抗できない。
 一方で、保守勢力の思惑も外れることがある。それは2013年7月の参院選にお
ける山本太郎氏の当選である。この時も保守勢力はメディアを動員して、山本太
郎氏に対する猛烈なネガティブキャンペーンを展開したが、知名度がものを言う
参院選では、逆に山本太郎氏を押し上げる結果となった。逆に戦争法案賛成議員
の落選運動を展開するには、批判的に取り上げても、かえって彼らの知名度を押
し上げる場合もあることに注意しなければならない。
 さらに保守勢力は、実際の選挙が行われる時期に現在の批判的な議論の盛り上
がりが続いている状況であれば、自民・公明の名前を隠して無所属を名乗って立
候補するだろう。すなわち、単に今の盛り上がりを維持すれば、賛成議員を落と
せるというものでもない。
  市民運動のベテランの人から「市民運動はキャッチフレーズだ」と教わった
ことがある。安倍内閣は「安全のための法案」と言おうとしているのに対して、
市民側は「戦争法案」というレッテルで効果を挙げた。落としたい議員に対して
は「レッテル攻撃」が有効かもしれない。
 1971年の東京都知事選で革新側の美濃部候補に対して、保守側は元警視総監の
秦野を擁立した。これに対して革新側は「オイコラ都政はごめんだ」というレッ
テルで効果を挙げた。市民側の結集とともに、優秀な企画機能が必要とされている。

┏┓
┗■3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
 └──── 

 ◆特別上映会『100,000年後の安全』
       (マイケル・マドセン監督、2009年、79分、デンマーク、
        フィンランド、スウェーデン、イタリア)
 日 時:第1回10月14日(水) 10時30分より11時50分
     第2回10月17日(土) 16時00分より17時20分
 会 場:日本キリスト教会 豊島北教会 http://toshimakitachurch.com/
     東京都豊島区千早3-37-2(千早小学校西隣)
     (西武池袋線東長崎駅徒歩10分、
      東京メトロ有楽町線・副都心線「千川」駅徒歩10分)
 参加費(カンパ):500円程度(なお、当日自由な額の献金をお寄せいただ
               ければ幸いに存じます)
 主 催:日本キリスト教会豊島北教会
     世田谷村スタジオGAYA
     UPLINK Website: http://www.uplink.co.jp/100000/
 御参加いただける方はお手数ですが下記連絡先までご連絡いただけますと
 幸いです。(人数把握のため)どうぞ宜しくお願い致します。
 スタジオ GAYA     mail:studiogaya.info@gmail.com
           FAX:03-6319-8958

 ◆10/15今につながる事件の真相の解明を!
  「私の夫は動燃に殺された!」

    日 時:10月15日(木)18:30開場 19:00開演 21時まで
        講演者:高瀬晴久、西村トシ子
   場 所:「スペースたんぽぽ」
       東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル4F
       (JR水道橋駅徒歩5分)
   主 催:もんじゅ・西村裁判を応援する会、
              西村怪死事件の真相を究明する会
         連絡先:090-6160-7564
   資料代:500円

  東電福島第一原発事故より18年前の1995年12月、高速増殖炉「もんじゅ」で
ナトリウム漏れ事故が起こった。それは日本の中枢を破壊する大事故につながる
恐れのあるものだった。
 しかし、動燃(現在・日本原子力研究開発機構)は西村成生さん(当時、動燃総
務部次長)1人の「自殺」でこの事故を締めくくってしまった。

┏┓
┗■4.新聞より3つ
 └──── 

 ◆再稼働 安保法…「政権は強引」

  原発の再稼働に反対するデモが25日夜、東京・永田町の首相官邸前であり、
雨が降りしきる中、参加者は「原発なくせ」「川内原発止めろ」と主張。安全保
障関連法にも「許せない」と声を上げた。
 デモは毎週金曜日に官邸前で脱原発を訴える「首都圏反原発連合」の主催で、
午後6時半にスタート。
 2012年夏から参加する東京都大田区の会社員唐沢昭雄さん(53)は「放射性廃棄
物の処理の問題は解決していない。発電のために、子や孫の代に危険を押しつけ
るのはおかしい」と強調。
 埼玉県越谷市の会社役員村田圭さん(39)は「安倍政権はなぜ再稼働を急ぐの
か。反対の声に耳をふさがないで」と訴えた。
 参加者からは、19日未明に成立した安全保障関連法についての批判も相次い
だ。東京都江戸川区の主婦山口幸子さん(68)は「安保法案の強行採決に、政権の
強引さ、むちゃくちゃさが表れている。我慢の限界。原発でもこうやって再稼働
が繰り返されるなら絶対に許せない」と憤った。
     (9月26日東京新聞朝刊1面「金曜日の声」より)

 ◆津波対策 東電渋る 事故2年前、保安院要請
  政府事故調 調書公表

  政府は、東京電力福島第一原発事故で、政府事故調査・検証委員会が関係者
に聴取した記録(調書)5人分を新たに公表した。事故当時の規制機関だった経済
産業省原子力安全・保安院(廃止)の名倉繁樹安全審査官の調書では、事故前に津
波対策を求めた際、東電の担当者が「(対策のために)原子炉を止めることがで
きるのか」と渋ったことを明かした。前・原子力規制委員長代理の島崎邦彦氏の
調書も公表された。
 調書では、東北地方太平洋岸で大被害を出した貞観(じょうがん)地震津波(869
年)について、名倉氏は2009年、東電から福島第一の場所での試算結果を示され
た。津波の高さは8メートル台とされ、名倉氏は具体的な対応を検討した方がい
いと求めた。
 だが、東電は「土木学会の検討を待つ」と回答。重要施設を建屋内に入れるこ
とを提案すると、東電の担当者は「土木学会の結果を踏まえないことには、会社
として判断できない」「原子炉を止めることができるのか」と対応を渋った。名
倉氏は「腹が立った」と振り返ったが、具体的な対策は求めなかった。
 名倉氏は大津波を予測していたのに対策を怠ったとして、住民らの福島原発告
訴団から東京地検に告訴・告発されている。
  一方、当時、地震予知連絡会会長だった島崎氏は調書で、02年に国が出した
地震や津波の発生予測の長期評価に、貞観津波と同規模の危険性が、知見が不十
分で盛り込まれなかったことを「残念」と悔やんだ。国の防災を検討する中央防
災会議でも否定の方向で「防災の要の部署が否定した」と指摘した。大津波を起
こす地震の予測について、島崎氏自身も「誤解していた。津波地震に対するわれ
われの考え方は、180度間違っていた」と後悔した。  (後略)
  (9月26日東京新聞朝刊2面より抜粋)

 ◆噴火予測地図 2割未作成 避難計画も遅れ 常時観測火山
  基礎データが不足 「登山者の意識変化」
        (9月26日朝日新聞5面より見出し)

★ 紅林進 さんから: 
来年4月から、小売電力が全面自由化され、一般家庭でも電力会社を選べるよう
になりますが、政府は原発を再稼動させ、福島原発事故などなかったかのごと
く、再び、原発推進の政策に回帰しようとしています。その一方で、再生可能エ
ネルギーの普及・発展にはさまざまな制約を加えようとしています。

そのような現状を知るための講演会が、「電気代一時不払いプロジェクト」の主
催で、9月29日(火)に東京・飯田橋の東京ボランティア・市民活動センター
で開催されます。

講師は、再生可能エネルギーの普及に取り組んでこられた竹村英明さんです。
以下ご案内を転載させていただきます。

講演会「『電力自由化』で、クリーンな電気は選べるの?」
http://chechennews.org/fubarai/docs/20150929leaf.pdf
http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/20150830/1440900463

 来年4月から、電力小売の自由化が始まります。ついに再生可能エネルギーに
よる電気を
自由に買えるようになる!…と考えたいところですが、じつは「原発を維持する
ために、最初から再生可能エネルギーはブロックされている」という見方があり
ます。

「電力自由化」の正体を知り、賢い消費者として、これからの運動につなげてい
きましょう。

■講 師:
竹村英明さん
 広島生れ。議員秘書、ISEP、飯田市おひさま事業の実践を経てエナジーグリー
ン社副社長。
 「緑茶会」代表。市民電力連絡会会長。再エネ電力小売目指して奮闘中。再エ
ネ発電会社
 「イージーパワー」を4月に設立。
■日 時: 2015年9月29日(火)18:30~21時(開場18:15)
■会 場: 東京ボランティア・市民活動センター A会議室
     (セントラルプラザ10階)電話: 03-3235-1171 (代表)
  JR飯田橋駅西口を出て右に曲がり、右側前方のビル:セントラルプラザ10
階。地下鉄 (有楽町線・東西線・南北線・大江戸線)
飯田橋駅「B2b」出口より  セントラルプラザ1階に直結しています。
  アクセス http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access
地図 http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif
■参加費: 500円
■連絡先:(Eメール)  toudenfubarai@gmail.com 
       (携帯電話) 080-6747-4157(大畑)
■主 催: 電気代一時不払いプロジェクト 
■協 賛: 市民グループ「私が東京を変える」

「電気代一時不払いプロジェクト」は、電気代の一時不払いによって、原発再稼
働に抗議している個人
のグループです。くわしくは、ブログをご覧ください。
URL:http://d.hatena.ne.jp/toudenfubarai/ 
ツイッター:@fubarai チラシ http://chechennews.org/fubarai/docs
/20150929leaf.pdf

★ 安間 武 さんから: 
————————-
 集会・アクション
————————-

■ デモ抗議開催情報まとめ (2015年09月25日 更新)
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

■ 日本全国デモ情報 (マガジン9)【2015-09-24 14:23 更新】
http://www.magazine9.jp/demoinfo/

——————–
What’s New?
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/whatsnew/whatsnew_master.html

■15/09/25▼トピックス No.158/2015年▼「粘り強く戦おう (続き)」 として
 ◆野党共闘 ◆安保法制メディア報道 ◆これからどうなる安保法制 ◆門前払い
でも違憲訴訟を! ◆安倍「倒閣」デモ -の分類でウェブ上の興味深いと思われ
る記事をいくつか紹介しました。

 安倍政権は戦争法案強行採決に紛れて、改正労働者派遣法も成立させ、さらに
はアベノミクス新3本の矢で国民の目を欺いて、来夏の参議院選後の憲 法改悪を
狙っています。戦争法違憲訴訟、賛成議員落選キャンペーン、野党選挙協力、
「憲法改悪・戦争法・原発再稼働・沖縄基地・アベノミクス・御 用メディア、
その他の悪法、等」 に反対する抗議活動への参加・支援を通じて粘り強く戦い
ましょう。 (15/09/25)
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/topics/topics_master.html

—————————–
■ これからどうなる安保法制
—————————–
◆これからどうなる安保法 (3)国会の歯止め
(東京新聞 2015年9月25日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015092502000224.html

◆これからどうなる安保法 (2)海外派兵に余地
(東京新聞 2015年9月23日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015092302000130.html

◆これからどうなる安保法 (1)米要望通り法制化
(東京新聞 2015年9月22日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015092202000210.html

◆永田町恐怖新聞 Vol.2 戦争法案と呼ばれる安保法制
(参議院議員 山本太郎ホームページ 2015年9月21日)
http://www.taro-yamamoto.jp/daily-activities/5311

—————————-
■ 門前払いでも違憲訴訟を!
—————————-
◆安保法、訴訟の行方は 憲法判断か、門前払いか
(47NEWS/共同通信 2015年9月24日)
http://www.47news.jp/47topics/e/269299.php

◆最高裁は安保法制のオトシマエをつけるか?(つけるのはあなただ)
(Yahoo! ニュース 2015年09月21日 渡辺輝人 | 弁護士)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/watanabeteruhito/20150921-00049725/

◆安保法 違憲訴訟準備続々 慶大・小林氏や松阪市長ら
(東京新聞 2015年9月20日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015092002000118.html

———————
■ 安倍「倒閣」デモ
———————
◆反原発・反基地も合体…燃え広がる安倍政権「倒閣運動」第2幕
(日刊ゲンダイ 2015年9月24日)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/164366/1

◆安保法制反対デモで日本の若者が示した新しい姿 政治に関心を持ち、行儀良
く訴える
 The Economist 日本語版
(日経ビジネス 2015年9月25日)
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/224217/092400030/?P=1

◆反戦・反原発 「参院選まで怒りを持ち続けて」
(田中龍作ジャーナル 2015年9月23日)
http://tanakaryusaku.jp/2015/09/00012052

◆安保関連法成立:制服でNO…京都で高校生が抗議デモ
(毎日新聞 2015年9月19日)
http://mainichi.jp/select/news/20150920k0000m040056000c.html

----集会等のお知らせ------

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
第15回口頭弁論10月7日(水)13:00~門前集会@福岡地裁正門前
       法廷13:30-15:30 (303号)
     証人尋問 国側の証人 大居慎治・医師(松江赤十字病院)
報告集会16:00 福岡市立中央市民センタ 第一会議室 
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel092-714-5521
    地図: http://tinyurl.com/ll3slxq
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa
◎最終弁論 2016年1月8日(金)

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
        原告総数  9832名 (9/18日現在)
     ニュースレター http://tinyurl.com/oot7wzb
  第14回口頭弁論期日10月9日(金) 午後2時 佐賀地裁
        (ジンソプさん意見陳述)

ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html
    第15回口頭弁論期日(予定)12月18日金)午後2時 佐賀地裁

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
     https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●●
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004132171448

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆             
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中