NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1638日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。10月14日。

【転送・転載大歓迎】

明日、 川内原発2号機起動・再稼働を許さない行動
   抗議アピール リレートーク  
 日時:10月15日(木)10:00~15:00 
 場所: 九電本店前 集合:九電本店前ひろば
※いつでも参加できる時間でよろしくお願い致します。

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1638日目報告☆
      呼びかけ人賛同者10月13日合計4009名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月13日1名。
     匿名者
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
沖縄県知事の決定、辺野古に基地を作らせないという意思表示は
すばらしい決断です。 皆で応援しましょう。
地方から 安倍政権に風穴を開けていきましょう。
あんくるトム工房
辺野古に基地はいりません http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3658

★ 橋本左門 さんから:
 ☆埋め立ての「法的瑕疵」を認めぬと中央政府が駄々をこね出す
      (左門 2015・10・14-1174)
※①辺野古でなければならない必然性は無い。②自然破壊が
強行されている。③沖縄に基地が集中する被害は人権侵害だ。
さらにナイ氏は基地の沖縄集中は戦術的に危険であるとまで指
摘している。そもそも、仲井真弘多前知事が公約を破った所に
原因があるのには三猿だ。駄々っ子ぶりもエエカゲンニせい!
《取り消しも内閣全部馬耳東風》(朝日川柳・渡部米助作)。

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 電気工学と数学が専門の人物が、この欄に短文と短歌らしきも
のを書き続けるのは、辛呻苦闘の連続。それを青柳様や橋本様は
千日以上も続けておられるとは…。凄いの一言では済まされない。
何しろ、書き始めると、「なんて俺は感性が貧弱なのか」と劣等
感に陥る。雑多で狭小な知識を動員しても文化的なものは生まれ
ない。橋本左門様から「恥をかくことが大切です」と、人間の成
長の筋道を戴いた。それでも「これは面白くないから、スペース
がもったいない。もう辞めろ」とどなたか忠告されたら、どんな
に気が済むことだろう。自分の成長はパタンと止まって、堕落して
しまうだろうな。

 ☆ 川内の ハンストかけての 同志たち
      我も今夕 食を抜きたり

 ☆ 川内へ 制服向上 委員会
      声も拳も 天を突きさす

★ 舩津康幸 さんから: 
10月14日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号35.
まで)
記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/osqrq42
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

きょうは、新聞休刊日明けです。(10.14.5:02)
今朝も、ネット上には12日の鹿児島中央駅前で開催された集会の様子を伝える記
事がありました。
◇マスコミが、毎日、当たり前のように、川内(せんだい)原発2号機再稼働準備
の様子をを報道し続けます。
ただし、今朝届いた西日本新聞紙面には関連記事は見たりません。1.、2’.
の記事もありません。
◎川内原発のゲート前では、今もハンガーストライキが続けられていると思います。

1.●●●「川内2号機、15日に再稼働 新規制基準で2基目」西日本新聞2015
年10月13日19時13分
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/200796
九州電力は15日に川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉を起動し、
再稼働させる。東日本大震災後に施行した原発の新規制基準下での再稼働は8月
の川内1号機に続いて2基目となる。営業運転への移行は11月中旬になる見込
みだ。
●15日は制御棒を引き抜いて原子炉を起動。約12時間後に核分裂反応が安定
的に続く「臨界」に達する見通し。」

◇翌日になって集会を報道しています、
2.◎●「(動画)川内原発2号機再稼働に反対する集会」KTS鹿児島放送2015
年10月13日19:03
http://news.ktstv.net/e60289.html

こちらは今朝になって、
2’.◎「川内2号機再稼働に反対 反原発団体、鹿児島市で集会」西日本電子版
2015年10月14日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/72700/1/

参考までに、
3.●(鹿児島県)「鹿児島県知事サイン・コサイン発言 議事録は事実上の“捏
造”」HUNTER2015年10月13日 07:00
http://hunter-investigate.jp/news/2015/10/-11510015.html

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば1492日 テント日誌10月12日(月・祝)

近づく川内2号機再稼動を許さない!

暑くも寒くもなく風もない泊まりの日は意外に少ない。連休の夜から朝はそんな
時間が過ぎた。夜中、入口に吊るす(テント設営)1493日目の文字ポスターを書
き上げる。
いよいよ1500日目も間近に迫った。

いつも一緒に泊まるSさんが休み、二人のKさんは早朝5時過ぎに「川内原発2号機
再稼動を許さない!」10.12全国集会に出かけた。
ゲート前ハンストの一報が画像とともに届いたがテントも連動し、
14日(水)の夜は経産省前の抗議行動、手前の昼には再稼動阻止ネットが
原子力規制委員会前で座り込みをしてゲート前に呼応する。
霞が関こそ原発再稼働の中枢だ。関連する省庁、国会、そして裁判所、規制委へ
の要請・抗議行動こそ東京人の務めだ。再稼働を許さない!気合を入れて参加する。

6時以降一人になるので群馬の伊勢崎から休みに駆けつける運送ドライバーの
Tさんが同泊する。水の差し入れなど事欠かない人だ。
長距離ドライバーの現状は過酷で賃金は安く若い人は長続きしないという。
高速道路は料金がかかるので使えない。一体何のための高速道路なのか。
Tさんは「テントをギネスブックに登録したら世界記録は間違いない」という。
考えてもみなかった視点だ。
彼から「あさこはうす」へ送る封筒を渡され自筆で宛先と名前を書いた。
これまでに何度も投函しているそうだ。大間原発敷地内でひとり土地をまもる
小笠原厚子さんにはかつて一度だけ送っただけだった。継続こそ力なりを忘れて
いる。

8時に経産省職員3人がやってくる。朝の挨拶をしたので冷静に対応する。
新大臣との顔合わせはまだしてない、判決日のことは昨日知らされたという。
そんなことはないだろうに。
2週間後の26日(月)午後3時の判決によってはテント存続の最大の
クライマックスになる。こちらも気を張り詰めて対応していくことになる。
(M・I)

★ 清重伸之 さんから: 
 
みなさま
原発で大儲けしていた三菱・日立ほかたくさんの企業が、
原発事故の「復興事業」でも儲けて、
今はもう次のエネルギー事業を計画しています。

311のずっと前から原発の限界を知り、
次の研究開発をしていました。

東北地方で進行中のことは、
全国にかかわることですが、
地方版でしか報道しません。

以下転送。拡散よろしくお願いします。
↓ 
●ブログ「ごみから社会が見えてくる」
福島原発事故による放射能汚染ゴミの処理を追う
http://gomif.blog.fc2.com/

●小名浜はイノベーションコースト構想の重要拠点の一つとなっており、
今後火力、風力発電などの産業集積地となります。
私たちは学習会を開き、「洋上風力発電」を手掛けている会社が三菱重工、
IHI、日立など原子力・焼却炉メーカーであり、IHI・JFE・日立造船が
共同出資した軍需企業も入っていることを取上げました。
(学習会資料をご覧ください)
http://gomif.blog.fc2.com/blog-entry-275.html

これらの会社が同時に相馬LNGも手掛けており、以下の事業にも恐らく入り込
んでくると思われます。少なくとも洋上風力で軍需企業にどんどん資金が流れて
いるということで、2030年までに洋上風力だけで200万キロワット(原発2基
分)まで増やす計画です。

施設整備手法検討業務委託(ふ頭・東港)の公募型プロポーザル方式募集要領の
公告について(10月9日)掲載
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/41400a/puropo2.html
 福島県小名浜港湾建設事務所では平成27年10月9日(金曜日)に、施設整備
手法検討業務委託(ふ頭・東港)の公募型プロポーザル方式募集要領を公告しま
した。

 施設整備手法検討業務委託(ふ頭・東港)を実施するにあたり、公募型プロ
ポーザル方式により業務受託者を募集します。

 内容については、下記募集要領(ダウンロード)を参照してください。
1 業務概要

(1) 業務名 施設整備手法検討業務委託(ふ頭・東港)

(2) 業務内容

 小名浜港は、東日本大震災の影響による地域経済や社会情勢の変化により、火
力発電用の石炭等の取扱貨物量の増大が見込まれ、物流機能の拡充が急務になっ
ている。

 本業務は、小名浜港東港地区における荷役機械等を効率的、効果的に整備する
ため、民間資金等の活用による施設整備の実施方針を作成するものである。
————–
建設新聞
http://www.kensetsu-sinbun.co.jp/menu/Daily_kensetsu_jyouhou.htm
 福島県小名浜港湾・11月4日まで提案を受付
  小名浜港東港荷役機械等整備の公民連携を検討
   民間への一体的貸付に向け整備実施方針を作成

 福島県小名浜港湾建設事務所は、2018年度の完成を目指して整備が進む小
名浜港東港で、荷役機械等の施設整備について公民連携(PPP=パブリック・
プライベート・パートナーシップ)に向けた検討に入る。福島県としては、港湾
整備で民間活力の導入を目指す初めての試みで、9日からその施設整備手法の検
討業務について、公募型プロポーザル手続きを開始した。
・・・
今回の整備手法検討業務では、PPP事業導入に向けて、PFIや指定管理者制
度、リース方式などについて比較検討を行い事業形態や事業方式を選定、事業契
約締結までの主要プロセスおよびスケジュールを整理する。・・・
———
(参考)PFIとは (wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/PFI

・・・日本のPFIの場合、官と民間企業の垣根が低くなり、癒着が生じやすくな
り官民癒着の温床との指摘がある。また、本来なら医療本体の赤字をカバーする
役割だった給食、検査、清掃、薬品調達など利益を生む部門を民間に丸投げ、特
別目的会社の構成民間企業のみが利益を得て、医療本体を県民が負担するのみと
いう構造になっているという指摘もある。しかも、完全に民営化した場合は産婦
人科や小児科などの不採算部門が切り捨てられ、地域医療が崩壊するとの指摘も
挙がっている。企業契約のヴェールに包まれていて経営内容が闇の中であり、
もっと情報公開をとの声がある
(2007年10月17日付東京新聞)。和田
   ………….
ブログ「ごみから社会が見えてくる」
福島原発事故による放射能汚染ゴミの処理を追う
http://gomif.blog.fc2.com/

★ 坂井貴司 さんから: 
 昨日10月13日、沖縄県の翁長県知事は、辺野古埋立承認を取り消しました。
これにより、辺野古埋立は違法状態になりました。

 沖縄県民の圧倒的多数の意思を受けての翁長知事の埋立承認取り消しは、政治
家として当然の判断です。翁長知事は沖縄県民の意思を実行をしました。

 私は翁長知事の承認取り消しを断固支持します。これは沖縄県民の意思だから
です。

 さて、政府は埋立承認取り消しの執行停止を求める不服審査を申し立ます。こ
れは認められることは明らかです。これに対して、沖縄県は裁判に訴えるとして
います。

 埋立承認取り消しを日本政府は認めないとしています。政府と沖縄県の全面対
決になります。

 さて、日本本土に住む者として私たちができることがあります。

「沖縄を孤立させない、沖縄を支援する」

です。

 すでにネット上では「嫌沖縄」、沖縄叩きが行われています。これからは沖縄
叩きが、産経新聞や読売新聞、週刊新潮など右翼メディアを中心に大々的に行わ
れることが予想されます。テレビでも沖縄叩きの合唱が起こるでしょう。今から
20年前の1990年代の沖縄ブームとは反対に、「嫌沖縄」ブームが安倍政権
の意向を受けたマスコミによって巻き起こされると思います。安倍政権はNHK
をはじめ手なずけたマスコミを使って、沖縄叩きをやらせ、沖縄を孤立させると
思います。

 これに対して、ネット上で沖縄支援を表明する、スタンディングで辺野古埋立
承認取り消し支持を表明する、などを行い沖縄を支援するのです。

 沖縄を孤立させないことが重要だと思います。

★ 前田 朗 さんから: 
「奇妙なナショナリズム」研究に学ぶ(5)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/10/blog-post_13.html

「奇妙なナショナリズム」研究に学ぶ(2)に加筆しました。
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/10/blog-post_91.html

「奇妙なナショナリズム」研究に学ぶ(6)
塩原良和「制度化されたナショナリズム」山崎望編『奇妙なナショナリズムの時
代』
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/10/blog-post_55.html

----集会等のお知らせ------

明日 ●川内原発2号機起動・再稼働を許さない行動●
   抗議アピール リレートーク  
 日時:10月15日(木)10:00~15:00 
 場所: 九電本店前 集合:九電本店前ひろば ※いつでも参加できる時間でよ
ろしくお願い致します。

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
  最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
        法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
ホームページ http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
     https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆             
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中