NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1642日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。10月18日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1642目報告☆
      呼びかけ人賛同者10月17日合計4014名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
戦争法廃止、原発を止める、沖縄の基地をなくす、等々
たたかいの拠点はたくさんあります。
すべての野党が一致できる点で 協力してまとまっていけば
自民・公明を打ち負かすことができると思っています。
17日は中国東北地方(満州)から帰国した方々の手記を読みました。
一家を殺され、又は置き去りにされ、中国人の養父母に育てられた
方々の手記です。「戦争は二度としてはならない。」
皆さんの心からの願いです。
あんくるトム工房
戦争はしてはいけない  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3664

★ 橋本左門 さんから:


 ☆《国が国に「不服審査」をする異常》法も理もなきアベノ独裁


      (左門 2015・10・18-1178)


※「行政不服審査法は、行政庁の違法・不当な処分や公権力


行使に対し、国民に広く不服申し立ての道を開くことです」(ジャ


ーナリスト・青木理さん)。まさに、「公私混同」ここに極まれり!


御用学者がシャベルと「学者が言った」と言いながら、批判され


ると「学者が決めることではない」とダダッ子ぶりは再三批判し


て来たが、もう、ここまで来ると「開いた口が塞がらないのだが、


この開いた口から、批判の矢を連射しましょう!!!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 3年ほど前に、九州玄海訴訟「ちくしの会」で、「原子力発電の
狂暴性を根本から問う」というテーマで、2回にわたって授業?を
しました。初めに「保育園で二人の園児が体重計に乗り、合体体重
を測りましたらAkgでした。その後、一人ずつ測って合計すると
Bkgでした。次の三つの回答で正しいのは?」と発問しました。
あなたの答はどれですか?
 ①AはBより小さい ②AとBは等しい ③AはBより大きい

 ☆ 川内の 再稼働要員 福岡へ 玄海ゆるすな 真実一路
 
 ☆ テント村 多彩な人の 集まりて 知恵のかたまり 九電を圧す

★ 福岡市の福島久子 さんから: 
青柳さんありがとうございました。

原発の事故起きたのに再稼働
いやいや
原発の事故起きたから再稼働

★ 仮面ライダー さんから:
《気ままに川柳》
〈悪酔いしない『国民連合政権』呑みましょう!〉
〈いいね!青柳メール・短歌・詩・川柳・科学に焼酎も!〉

★ 奥道直子(在ドイツ) さんから:
青柳行信様、
「学びて思わざれば罔し(あやうし)、思いて学ばされば殆し(くらし)」
毎日の報告、ありがとうございます。
川内原発第2号機再稼動についてはこちらドイツでも報道されています。
国民過半数の脱原発の願いを無視する愚かな安倍政権が再稼動を「粛々と」進め
るのを知ることは、私のように遅くして原発問題に目覚めた人間には、「ああ、
やっぱり駄目なのか」との諦めにつながりがちです。 そして、ある知人が言っ
た言葉、「そんな運動しても空しいだけですよ」、であるとか、また、他の九州
の知人は、「奥道さん、僕は反対運動はしないんですよ。もう一度、福島と同じ
ような事故が起きないと駄目なんですよ、いくら反対しても」、などと空恐ろし
い言葉をつい思い出してしまいます。

 この9月、日本に滞在しました。女川町を訪れ「原発PRセンター」を訪問
し、女川原発を浜から、女川湾を走るフェリー船上から睨んできました。 ま
た、福島原発事故で半永久的に居住不可能となり無人化した土地、飯館村および
浪江町の地を踏み見学する機会を得ました。その際に案内して下さった半世紀近
く反原発運動をしている二人の方が私の質問に次のように応えた言葉を、川内原
発再稼動ニュースと共に繰り返し思い出しています。 

私の問いは、「長年の多くの落胆・失望・困難な経験にもめげずに今まで反対運
動を続けてこられたその原動力は、エネルギーはどこから来るのですか?」でし
た。 二人とも一言、「それは学習です」、と言い切りました。私はこの回答を
次のように解釈しました。 

つまり、 これは変だ、との問題意識を持ったら、変だ、と感じ思ったことにつ
いて勉強する、つまりその分野の本を読み、答えを得ることにより漠然と感じた
疑問が言語化され、確信となる。それに対する反論に出会ったら、さらなる学び
を通しその反論を退ける根拠を得る。 そうすることにより、最初に得た確信は
より強固なものとなる。 自分が正しいと思う確信は、いつかは日の目を見る、
と言う希望につながり、ひいては世に発言し、行動する原動力となる、というよ
うに解釈しました。 

そして更に思い出すことは、ある冊子で読んだ論語の一句、「学びて思わざれば
罔し(くらし)、思いて学ばされば殆し(くらし)」、です。その意味は、専門
家の本を読んで客観的知識をいくら沢山得ても、つまりいくら学んでも、それを
みずから考えて自分の言葉としなければ、つまり自分の問題としなければ、よく
分かっていないのと同じことだ。 また、たとえあることについていくら思いを
めぐらしても、つまり問題意識を持っても、学ばなければ、つまりその分野の専
門家の本を読んだりして客観的知識を得た上で行動しなければ危険だ、というこ
とです。 ということで、川内原発第2号機が再稼動されたことに対し、青柳通
信から得る情報をも活用し、共に学び励まし合い、客観的知識によって原発の
存在に否! とますます強く反論できるようにならなければ、と考える次第で
す。 ただ問題は、「安保法制案強行採決」の次第を見ても分かるように、「知
性欠如」の安倍内閣には論理が通じないという現実です。

★ 舩津康幸 さんから: 
10月17日夕方の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号
16.で) 記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/p5t7lvj
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu
※※明日は休みます。再開は、10月19日夕方以降です。

おはようございます。
今朝の西日本新聞朝刊5面下方に以下の記事があります。
●「川内2号機19日にも発送電」西日本2015年10月18日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/73008/1/
全文「九州電力は17日、再稼働した川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市、出
力89万キロワット)の蒸気タービンを起動させ、発電と送電に向けた準備に
入った。
2号機は発電機の部品を交換したため、8月に再稼働した1号機に比べると発電
開始前の検査項目が増えている。発送電は21日に始める予定だが、九電は工程
が順調に進めば、最速で19日まで前倒しが可能としている。
発送電開始後は出力を段階的に上昇。原子力規制委員会の最終的な検査を経て、
11月中旬の営業運転を目指す。」

こんばんは。
それでは、川内(せんだい)原発関連からはじめます。
1.「主張 川内原発2号機 無用な再稼働ドミノをやめよ」しんぶん赤旗2015
年10月17日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-17/2015101701_05_1.html
「・・・・
この冬も電力は賄える
九州電力は2号機を再稼働する直前、経済産業省にこの冬の電力の需給見通しを
提出しました。2号機を再稼働しなければ電力が賄えなくなるというのではあり
ません。1号機1基だけでも、他の電力会社からの応援や融通なしで、安定供給
の目安となる、需要に比べた供給の予備率3%を確保できる見通しです。電力は
賄えており、再稼働の根拠はありませ
ん。・・・・・
〇再稼働は撤回しゼロこそ
全国の原発が次々停止するきっかけになった東京電力福島第1原発の大事故はい
まだに収束の見通しが立たず、住み慣れた故郷に帰れない被災者は10万人を超
します。再稼働を急ぐべきではないという世論は圧倒的多数です。
 安全も保証せず必要でもない原発再稼働は被災者の声も圧倒的な国民世論をも
踏みにじるものです。川内原発などの再稼働は撤回し、停止中の原発はとめたま
ま「原発ゼロ」に進むことこそ、被災者と国民にこたえる道です。」

昨日の金曜官邸前行動は、
2.「再稼働強行政権に抗議 官邸前行動」しんぶん赤旗2015年10月17日(土)7
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-17/2015101715_02_1.html

2’.「【金曜日の声 官邸前】原子力 制御できない」東京新聞2015年10月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kinyoubinokoe/list/CK2015101702000223.html

原発立地・周辺地域、
3.(佐賀県)「唐津の7離島、安全な避難課題 原発事故時 熱中症対策、高
齢者誘導で 放射線防護施設整備77%」佐賀新聞2015年10月17日 09時51分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/240326



参考資料、


14.「元総理・菅直人が福島のホットスポットへ!「今もまだ屋根から汚染水


が流れ続けているのは理解に苦しむ」」週プレNEWS?10月17日(土)6時0分配信


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151017-00054988-playboyz-soci

★ たんぽぽ舎 さんから:
下記内容全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/ptqhlkv
たんぽぽ舎です。【TMM:No2615】
2015年10月17日(土)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
1.「皆さん、福島はいつか収束すると思いますか?」
   「フィンランド:オンカロでは10万年安全に保管できますか?」
   10/14倉澤治雄さん(科学ジャーナリスト)講演
   「未来への負の遺産~原発ゴミはどこへ行く?」
      渡辺マリ (たんぽぽ舎講座運営委員)
2.落選運動の戦略【4】
    上岡直見〔環境経済研究所(技術士事務所)〕
3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
  ◆10/19大間原発はいらない!スタンディングデモ
   場所:電源開発本社前 12時から13時 主催:大間原発反対関東の会
4.新聞より2つ
  ◆「原発は危険」最後まで 4日前には伊方反対集会へ 声絞り「廃炉を」
   特報面「別冊 南海日日新聞」連載 近藤誠さん死去
     (10月17日東京新聞24面「こちら特報部」より抜粋)
  ◆原子力 制御できない
    (10月17日東京新聞1面「金曜日の声 官邸前」より)

★  工藤逸男 さんから:
「玄海原発再稼働をSTOP!させるには」の学習会
案内チラシ http://tinyurl.com/qevtqnk
Ⅰ 講 演
  「鹿児島での反原発、再稼働反対のたたかい」 
鳥原良子さん(川内原発建設反対連絡協議会・会長)
Ⅱ 報告と提起
・玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 石丸 初美さん
・さよなら原発!佐賀連絡会 豊島 耕一さん
・玄海原発対策住民会議  藤浦 晧さん

と き:2015年10月25日(日)午後2時~4時40分
ところ:福岡市早良市民センター視聴覚室
資料代:500円
定 員:75名

九電は、川内原発に割いていた要員を玄海原発3、4号機再稼働に向けての審査体
制にシフトさせると明らかにしています。
私たちは、このまま玄海原発の再稼働を見過ごすことなどできません。
今回の会では、鹿児島・薩摩川内市で再稼働反対をたたかってこられた鳥原良子
さんのお話をお聞きする場を設けます。
また、佐賀県において長い間玄海原発に反対し、様々なたたかいをしてこられた
3団体の皆さんからのお話もお聞きします。
それらを受け、これから玄海原発再稼働をストップするために、今後、私たち一
人ひとりが何をしたらいいのか、
どうすべきなのかを探っていく、そのような話し合いへとつなげていきたいと考
えています。
主催:戦争と原発のない社会をめざす福岡市民の会
連絡先 080-8353-5792(工藤)
E-mail?? no_war_no_genpatsu_fukuoka@yahoo.co.jp
http://no-war-no-genpatsu-fukuoka.jimdo.com/?

----集会等のお知らせ------

●与那国島のドキュメンタリーフィルム
「はての島のまつりごと」上映会(2時間20分・土井鮎太監督)●
日時:10月31日(土)9:50午前の部、13:30午後の部
場所: 福岡市立中央市民センター 3階ホール(定員500名)
案内チラシ http://tinyurl.com/q8by28h

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
  最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
        法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  原告総数 9886名 (10/8日現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば 
     https://youtu.be/z0JXiqUxFDw 

●●


facebook: http://tinyurl.com/pytdluz


twitter: @aoyagi7


ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」ホームページ●
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会ホームページ●
http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」弁護団のHP●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆             
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中