NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1674日目報告【転載】

コメントする

青柳行信です。11月19日。
【転載開始】

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1674日目報告☆
      呼びかけ人賛同者11月18合計4029名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田 つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
今朝のテントは 沖縄の話し。
筋の通った翁長さんを応援しよう。
沖縄にも日本にも、米軍の基地は要りません。
パキスタンから来日したナビラ・レフマンさん。
アメリカの無人攻撃機の非人道性を告発しています。
あんくるトム工房
無人攻撃機  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3702
沖縄の翁長さんを支持します http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3701

★ 橋本左門 さんから:
 ☆花のパリはテロで汚され「まほろば」は原発で汚さる再稼働テロ
      (左門 2015・11・19-1210)
※テロは許すべきではありませんが、一方的糾弾だけでは矛盾を
増強するばかりです。さて、爆音も聞こえず・血が流れることもあり
ませんが、原発再稼働で山川草木・動物人間・風水土石までが半
永久的な致命的汚染を蒙ります。この深刻な事態に目をそらして、
「汚染水は完全にブロックされました」と嘘をついてオリンピックを
招致したアベ首相はとんでもない二重危機を背負い込んだのです。

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 九電本店前の「原発なくせテント村」の賛同者が四千名を
超えて、4029名という。凄いことだと思います。賛同者
のトップバッターは、もちろんテント村の村長である青柳様
から始まったことでしょう。
 物事や運動を始めるときに、私がいつも大切にしているこ
とは「ちりも積もれば山となる」という言葉です。4029
人という人の賛同は、ほんとうに驚くべき人の輪です。それ
も九州電力本店前での賛同者ですから、九電にとってはこの
小さなテント村が果たしている役割は脅威ではないでしょうか。

 ☆ 九電の 本店前を 通ったら
       顔のぞかせて ひと声かけて

  ☆ テント村に 電話をする度 元気かな
        明るく優しく 弾ける声に

★ 福岡市の福島久子 さんから:
(川柳)
 ☆ あれやこれや嘘つき政府でいいんかい

★ 舩津康幸 さんから:
11月19日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号49.
まで) 記事紹介全体はこちらに⇒ http://tinyurl.com/nlnwl8p
こちらのFBにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com/yasuyuki.funatsu

おはようございます。
現時点で検索できた記事をざっとならべて紹介します。(11.19.5:38)
川内(せんだい)原発の2号機が一昨日営業運転開始して昨日、九電社長が鹿児
島入り、鹿児島県知事などと会い、その後のそれぞれが言いたい放題の記事があ
ります。

今朝は、その川内(せんだい)原発関連から、九電関連、玄海原発関連、そして
九電のとんでもない記事の続報(8.)へと進めていきます。

川内原発関連、
1.●●●「九電社長、川内原発の運転20年延長に意欲 「頑張る」」朝日新聞
デジタル?11月18日(水)21時21分配信
http://www.asahi.com/articles/ASHCL6RQJHCLTIPE02Q.html

1’.●●●「川内原発2基「60年頑張る」、増設より長期運転優先と九電社長」
南日本新聞2015 11/18 22:00
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=71206

3.●●●(鹿児島)「県知事“県としてしっかり対応”」NHK鹿児島11月18日
15時08分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5053359791.html?t=1447867898581

●●一方、川内原発の周辺に県が設置した放射線測定装置=モニタリングポスト
で、67か所のうち25か所で、一部の時間帯で放射線量を測定できない状態に
なっていたのを会計検査院に指摘されるまで広報しなかったことについて伊藤知
事は、「67引く25だから42。42は従来通り稼働なんですよね。したがっ
てそれで十分だという判断をすると、あえて県民の皆さまがたにお伝えしなくて
もいいでしょうね、私はそう考えます」と述べました。・・・・・」

3’.(鹿児島)「原発モニタリングポスト欠測 知事「問題なし」」朝日デジ
タル2015年11月19日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASHCL4QQLHCLTLTB00D.html

玄海原発関連、
6.◎◎◎「玄海原発差し止め訴訟、原告1万人に」佐賀新聞2015年11月18日 10時
39分 http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10102/250914
全文「佐賀など九州を中心に、原発再稼働に反対する市民が国と九州電力を相手
に玄海原発(東松浦郡玄海町)全基の操業差し止めを求めている訴訟の原告数
が、目標の1万人を超える見通しになった。約250人が19日、佐賀地裁に追
加提訴する。
・原告団は長谷川照・元佐賀大学長を団長に2012年1月、原発訴訟では全国
最大規模の1704人で提訴。「再稼働反対の声が根強い世論を裁判に反映させ
よう」と訴訟参加者を募り、追加提訴を続けてきた。
・すでに提訴している原告のうち、福岡県在住が半数以上の約5千4百人を占
め、次いで佐賀県が約2千人。韓国や中国など海外からも30人が加わっている
ほか、作家の片山恭一さんや評論家の佐高信さんら著名人も名を連ねる。
・訴訟はこれまで14回の口頭弁論が行われ、原告側は福島第1原発事故の深刻
な被害や国の新規制基準の問題点などを挙げ、「操業は憲法で保障されている人
格権や生存権を侵害する」と主張。一方、九電側は事故対策は十分で地震や津波
に対する安全性は確保しているとして、「重大事故が起きる具体的危険性はな
い」と請求棄却を求めている。」

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<日本の新規制基準は深層防護の第4層の緩和領域の対策がほとんど欠落してい
る>を報告します。

福岡核問題研究会の2014年12月4日の「原子力規制世界最高水準という虚言の批
判」で示したように、深層防護の第4層はIAEA の深層防護の考え方は「事故進展
の防止及びシビアアクシデントの影響緩和策」なのに、日本の新規制基準は「事
故進展の防止△、シビアアクシデントの影響緩和策 ×」と説明しています。この
内容は、なかなか理解しにくいが、

「IAEA安全基準、原子力発電所のシビアアクシデントマネージメント計画」
を読めば良く分かります。
http://www.nsr.go.jp/archive/jnes/content/000119636.pdf

有名なIAEA(国際原子力機関)の深層防護の第4層は「事故進展の防止」と
「シビアアクシデントの影響緩和策」の2本立てになっています。この資料の9
ページから10ページに説明がありますが、深層防護の第4層はシビアアクシデ
ント(過酷事故)対策で、防止の領域と緩和の領域が有り、その領域を分けるの
が、『炉心の溶融開始』です。防止の領域ではまだ、放射性物質の漏洩も少な
く、比較的に各装置の作動も安定しているので、手順書で対策の取りやすい時期
です。しかし、緩和の領域になると、原子炉圧力容器や格納容器内が高温にな
り、場合によっては2800℃にもなり、水素爆発や水蒸気爆発の危険性が大き
く成り、大量の放射性物質の漏洩が始まるので、手順書が役に立たなくなる時期
となります。したがって、防止の領域では、緊急運転要領(EOP)で事故対応
し、緩和の領域ではシビアアクシデントマネージメントの指針(SAMG)で事
故対応する必要が有ると説明されています。

 原子力規制委員会が策定した日本の新規制基準のほとんどは防止の領域のもの
です。

緩和の領域の規制対策はロシアのカベンスキーらの論文やプラハのデュスピヴァ
のパワーポイント資料に説明されているような対策ですが、日本の規制基準の緩
和の領域ではシビアアクシデントマネージメントの指針(SAMG)は殆ど欠落
しています。

 また、今回の、福井地裁の関西電力高浜原発3、4号機の再稼働差し止めを命
じた仮処分決定の不服裁判の「平成27年10月8日付債務者主張書面(16)
兼異議審主張書面(11)(水蒸気爆発及び水素爆発の危険性についての債務者
からの反論)」の5ページで関西電力は『それゆえ,本件各発電所において,水
素爆発や水蒸気爆発の原因となる炉心の溶融が生じる具体的な危険性は無いので
ある。』と反論しており、関西電力は高浜原発の3、4号機が緩和の領域に入る
ことは無いので、水素爆発や水蒸気爆発の対策に不備が有っても構わないと言っ
ています。

★ たんぽぽ舎 さんから:
下記全文⇒ http://tinyurl.com/olamkny
【TMM:No2641】
2015年11月18日(水)地震と原発事故情報-3つの情報をお知らせします

1.11/28広瀬 隆さんの講座-予約受付開始
   第1回「電力自由化で原発と電力会社を葬る!!」
   電力の自由化問題5回連続講座(東京電力さようなら講座)開催
2.大事なことは、住民みんなで決めよう
   愛媛県八幡浜市の住民投票条例制定の署名あつめ
   たんぽぽ舎4人で2泊3日の応援
      柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)
3.新聞より4つ
  ◆対テロ施設2年延長 規制委、一律の期限撤廃 ルールなし崩し懸念
     (11月14日南日本新聞より抜粋)
  ◆原発のテロ対策・特定重大事故等対処施設
   先送りの怪・2018年7月→20年以降
   矛盾・猶予さらに延長 新規制基準で設置を義務づけたはずが…
   矛盾・設置せぬまま運転 情報の秘匿を地元は懸念
   再稼働申請は16原発26基なのに「特重」申請は3原発6基
       (11月18日東京新聞朝刊「こちら特報部」より抜粋)
  ◆米原発子会社損失 東芝 ようやく詳細公表 東証指摘、開示基準に違反
   12年度762億円計上 (11月18日東京新聞朝刊7面より抜粋)
  ◆マンハッタン計画歴史公園 被爆地の声聞き整備へ
   米でオープン (11月11日毎日新聞より抜粋)

★ 田中一郎 さんから:
原発・原子力トンデモ情報 (1)原発稼働電力との契約打ち切りで経営危機
に追い込め (2)原子力規制「先送り」委員会 (3)原子力損失「先送り」
名門企業(続き) (4)核燃料サイクルせず (5)内部被曝ゴマカシ科学
他  いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-9dc7.html

★ 日本カトリック正義と平和協議会 さんから:
12・5 さようなら原発講演会のおしらせ
2015年11月12日
フクシマを忘れるな! さようなら原発 講演会
福島原発事故からまもなく5年がたとうとしています。
安倍自公政権は、原発事故の反省もなく、原発再稼働、核燃料サイクル、原発海
外輸出など、事故前と変わらない原発推進策を押し進めています。
その一方で、福島原発事故の影響は複雑化し、多くの被災者に苦悩と困難をもた
らし続けています。
事故の収束も見えず、広範な地域が放射能で汚染され、避難生活を余儀なくされ
る福島県民は10万人を超えています。
被災者はもとより被ばく労働に従事する人びとも、被ばく線量がさらに引き上げ
られることで、もともと身を削る過酷な労働の上にさらなる追い打ちがかけられ
つつあります。
私たちはフクシマを決して忘れない。フクシマにつながり続けていくために、み
なさん集い、声をあげていきましょう。
2015年12月5日(土)18:00開場
日本教育会館 一ツ橋ホール
(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)
資料代:500円
◆被災者・避難者からの訴え
 小澤 洋一さん(南相馬20mSv訴訟の会)
 長谷川克己さん(「避難の権利」をめざす全国避難者の会)
◆被曝と健康問題を考える
 崎山此早子さん(医学博士・高木学校)
◆被曝労働現場の実態から
 池田 実さん(元福島第一原発作業員)
司会 古今亭菊千代さん(落語家)
ちらしはこちらです。
http://sayonara-nukes.heteml.jp/nn/wp-content/uploads/2015/11/ea81b9d929982b1c83b2646f77e67e6c.pdf

★ 前田 朗 さんから:
大阪府における民族差別ハラスメントを取り上げたフジ住宅ヘイトハラスメント
訴訟第1回公判の記録がアップさ れています。
社内でヘイト文書配布で苦痛 在日コリアン社員が提訴 大阪のフジ住宅(新聞
うずみ火)
http://www.asiapress.org/apn/archives/2015/11/17112640.php

★ 坂井貴司 さんから:
 NHKの「クロ現」が沖縄・辺野古をどのように報じるか注目です。
 本日11月19日放送です。
 NHK総合 クローズアップ現代
 「“辺野古移設” 対立の深層」
 http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/#3736

 放送日:11月19日 放送時間:19時30分~19時56分
 再放送:1時~1時26分

★ 伊波 洋一 さんから:
@ihayoichi The daily olive news @olivenews  「沖縄を返せ」300人が抗議
活動 辺野古着工から一夜
http://www.asahi.com/articles/ASHBZ35WYHBZTIPE00H.html
国は沖縄の民意を甘く見ていると大変なことになる

----集会等のお知らせ------

●「さよなら原発!福岡」例会 ●
11月25日(水)18時30分~
福岡市人権啓発センター
福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第15回口頭弁論期日12月18日金)午後2時 佐賀地裁
意見陳述者:伊東達也(いわき避難者訴訟の原告団長)
           青柳行信(原発とめよう!九電本店前ひろば村長)
 原告総数  10083名 (11/18現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
  最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
        法廷13:15-14:00 (301号)
原発労働裁判 梅田さんを支える会 ニュースレターNO.13
    http://tinyurl.com/og9qwsa

●=鹿児島薩摩川内(せんだい)原発再稼働反対の声をあげよう=●
    新作 音楽と詩 九電本店前ひろば
     https://youtu.be/z0JXiqUxFDw

●●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●
10.6 九州電力本店との交渉経過報告
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/pw6q6nj HP:
http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a

●原発いらない!九州実行委員会●
HP: http://bye-nukes.com

●「原発なくそう!九州川内訴訟」P●
HP: http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設)
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    —-テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!—-

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中