NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1703日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。12月18日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1703日目報告☆
      呼びかけ人賛同者12月17日合計4050名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
日本の政府はアメリカや海外にはたくさんのお金を
大盤振る舞いで 支出しています。
赤字財政で大変だというのにです。
反対に 国民には消費税を上げて、お金をむしり取ろうというのです。
アベは まるで 米国のシモベみたいです。
こんな総理は要りませんね。
あんくるトム工房
無い袖は振れぬ http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3732

★ 橋本左門 さんから:
 ☆西部戦線の地下壕にまで礼拝堂 この時よりし神は在さず
      (左門 2015・12・18-1239)
※NHK「新・映像の世紀 百年の悲劇はこの時から始まった」
を見た。オリバーストーン監督の視点を、NHKの力量で再現。
襤褸切れのように殺され捨てられる兵士たち、銃後で兵器を増
産する女たち。資本が造り出す戦争の実態――深夜番組でなく、
全国民が見て・話しあえるようにすべきだ。今、平和憲法の下で
男女共同参画などというが、同じ質の産業が強行されている。
本気で怒らなければ変わらない!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 本日は、九州玄海訴訟・第15回期日(裁判)があり、
法廷は午後2時から開廷。この裁判は、原告のお二人の
意見陳述が必ずあり、その内容にいつも感動しますので、
私は、毎回参加してきました。
法廷内で傍聴できないこもありますが、
大きな会場(今回は佐賀県立美術館ホール)で、
「模擬裁判」や交流会があり、これは芝居を
観るようで結構楽しいものです。

今回は、法廷での意見陳述が、この九電本店前テント
村村長・青柳さまがされるということで、大きな関心が
広がっています。

裁判長を私たちと同じような目線にどう立たせるか、
倫理的な人の道にどう歩かせるか、等々が勝負どころで
はないでしょうか。少なくとも、アベシンゾーとかゲン
シリョクキセイイインカイとかにへばり付いた、目線や
判決は避けさせなければならないと思います。
そういう点で、本日の法廷では、
青柳様が素晴らしい働きをされると断言できます。
私も喜び勇んで、地元の人たちと馳せ参じます。

★ 福岡市の福島久子 さんから:
(川柳)
   ☆ 軽減税新聞をまず黙らせる

★ ハンナ&マイケル さんから:
ま寒気が戻ってきた中、久しぶりにテントにお邪魔しました。
古い石油ストーブの芯を整えて見事に再生してくれた人、
久留米からお友達を誘ってきた常連さん、
ベトナムに出張の前に、
テントの被いに青柳さん専用非常用出口を作成する人、
などなどで、熱気あふれていました。

玄海訴訟の意見陳述を明日に控えた青柳さんは、
夕方から14日の大集会の会議の準備もあるとかで、
頭と身体がいくつあっても足りないご様子。
どうか体調管理をしっかりやって、
寒さをのりきってください。

★ 青木由香里 さんから:
  青柳様
昨日は一段と冷え込んでテントでの1日はどんなに寒かったでしょう!
4度目の冬を耐えて下さっておられると思うと身の引き締まる思いです。
ところで、一昨日の西岡由香さんの受賞の報告記を読ませて頂き本当に感激致し
ました!
この度の「平和・協同ジャーナリスト基金賞」の受賞がどんなに価値のあるもの
かを知るのと同時にこれらの賞が受賞された方々を勇気づける為に市民のカンパ
で始まったのだと知り、より感動しました!
メディアが萎縮している中で皆さんそれぞれの場所で勇気と誠意を持って権力と
闘っておられる!
バスの中で読みながら涙が出て困りました・・・すぐに萎えてしまう私ですが、
テントに行くと「世の中捨てたものではないな」と
いつも励まされます。
全国で頑張っておられる方々と私達をいつも繋いで下さり本当にありがとうござ
います!
本日のの意見陳述、どうぞ頑張って下さい!傍聴席からお祈りしております!

★ 原子力規制委員会・川内原発・異議申立原告 さんから:
・畠山照子さん
予期した通りの結果とはいえ残念です。皆さまにおんぶにだっこで、何のお手
伝いもできず申し訳ありませんでした。
一年以上の長きにわたりお疲れ様でした。ありがとうございました。

・浅田(福島ー金沢)さん
「私たち総代は異議申立人に決定通知をもって役割を終えることになります。
 今後の事は、各自の判断で それぞれできる事をよろしくお願い致します。」
とのこと。
色々とありがとうございました。
右も左も何も分からないままに参加させていただきました。
感謝の念をもって、改めてお礼申し上げます。

・西川裕紀
ご苦労様でした。
今度、異議申し立ての理由や根拠を原子力規制委員会に送るとします。
但し、今から年始にかけて僕は、引っ越しの作業で大変になるので、
時間ができてから取り組むことになります。

・小倉志郎さん
総代のお仕事、お疲れさまでした。ありがとうございました。
三権分立が機能していない、すなわち、ほとんど独裁政治状態の
日本においては、最後は選挙において、主権者側の政権を打ち立てる
しか、日本の針路を変えることはできないと思い知りました。
先ずは来年の参議院選挙でよい結果を出すことに全力を挙げたいと
思います。今後ともよろしくおねがいします

★ 舩津康幸 さんから:
12月18日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号42.
まで) 記事紹介全体はこちらに⇒http://tinyurl.com/hf65s3r
こちらのフェイスブックにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com
/yasuyuki.funatsu

おはようございます。
現時点までに検索できた記事を、ざっとならべて紹介します。
(12.18.5:11)
きょうは、この時間で作業を区切ります。紹介できない記事は明日にまわします。

川内(せんだい)原発関連、
1.「原子力規制委、安全専門審査会に火山監視結果の調査を指示」産経新聞
2015.12.17 07:00更新
http://www.sankei.com/region/news/151217/rgn1512170006-n1.html

●各報道機関が、九電の発表について何の批判もなしに次のような報道をしてい
ます、
2.●●●「川内原発でテロ対策施設建設へ」NHK鹿児島12月17日19時18分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5054394611.html?t=1450375877282

3.「【動画】川内原発 テロ対策計画を申請」KTS鹿児島テレビ2015年12月17日
18:50
http://news.ktstv.net/e61377.html

4.「川内原発 テロ対策施設 2020年めどに設置」南日本放送[12/17 18:25]
http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=2015121700013653

5.「川内原発 テロ対策用施設を整備へ (鹿児島県)」 KYT鹿児島読売テレ
ビ12/17 20:04
http://www.kyt-tv.com/nnn/news8727101.html

6.「川内原発2020年ごろまでにテロ対策施設」KKB鹿児島放送12/17
http://www.kkb.co.jp/news_move/jchan_move_detail.php?news_flg=0¶m1=0¶m2=0¶m3=0

7.「川内原発対テロ施設、20年に設置 九電申請」南日本新聞2015 12/17 23:30
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=71853

8.「川内原発にテロ・災害時の対処施設 九電が設置申請」西日本電子版2015
年12月18日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/77162/1/

九電のプレスリリースでは、、
9.「川内原子力発電所1、2号機の更なる安全性・信頼性向上への取組みに係
る原子炉設置変更許可申請について」平成27年12月17日
http://www.kyuden.co.jp/press_h151217-1.html

次のような文書が添付されています、
9’.「川内1,2号機の更なる安全性・信頼性向上への取組みに係る原子炉設
置変更許可申請の概要」
http://www.kyuden.co.jp/var/rev0/0049/7264/D6yS7BWj.pdf

玄海原発関連、
10.●●●(佐賀県)「まつらノート リッチキュウフキン」佐賀新聞2015年12
月17日 11時01分  唐津に住んで4年目。この時期になると、ゆうちょ銀行の封
書が届く。中身は「振替払出証書」が1枚。郵便局に持っていくと現金4812
円が支払われる。
払い出し者は「九州電力営業本部」で、通信欄に「ゲンシリョクリッチキュウフ
キン」とあるだけ。頭の中で漢字に変換して「原子力立地給付金」と理解す
る。・・・・・」(以下、会員限定記事)
・・・・●●原発立地・周辺地域では、全世帯にこうしたお金が毎年ばらまかれて
いるのです!!

原発立地・周辺地域、
11.「福井県議会が再稼働同意へ 午後に決議案採決」佐賀新聞2015年12月17
日 12時13分 http://www.saga-s.co.jp/news/national/10208/260618

★ 中西正之 さんから:
2015年11月30 (月)に名古屋高裁金沢支部で大飯原発3・4号機差し止め請求裁
判控訴審があり、関西電力から水蒸気爆発対策問題の2番目の公式見解が有りま
した。

「第27準備書面 水素爆発・水蒸気爆発」

http://adieunpp.com/download

&link2/kousai6/kanjunbi27.pdf

九州電力が公式見解を明らかにせず逃げまくり、原子力規制委員会も2015年
12月11日の川内原発の異議申立ての決定書で「水蒸気爆発対策は法律に無い
ので、川内原発の再稼働申請書の水蒸気爆発問題には違法性は無い」として水蒸
気爆発問題の公式見解をまた逃げ続けている見解です。電力会社が初めて出した
「福井地裁への主張書面(16)兼 異議審主張書面(11)はページの簡単な
物でしたが、今回の第27準備書面は17ページあり、かなり詳しい公式見解が表
明されています。しかし、その内容は11ページの8行目から「一審被告準備書
面(17)61~63頁でのべたとおり、蒸気発生器を通じた除熱(蒸気発生器
で1次冷却材の熱を2次冷却材に伝えて原子炉の残留熱を除去する)により1次
冷却材圧力を低下させ、低圧注入系又は恒設代替低圧注水ポンプにより炉心へ冷
却水を注入する手段を確保しており、かかる手段により炉心を冷却することで、
炉心の著しい損傷をぼうしすることができる。」
と説明していますが、関西電力は大地震で全停電が起きても、蒸気発生器の蒸気
ポンプを使用すれば、炉心冷却はできるので、メルトダウンは起きないとしてい
ます。

 しかし、大地震でも、蒸気発生器の細管は破断しないので、メルトダウンは起
きないから安心してくださいというのでしょうか。

ただ、今回の第二回目の公式見解では、さすがに第一回目のように、絶対にメル
トダウンが起きないとは言っていません。

 12ページ目から、水蒸気爆発及び水素爆発が起きない事を説明しています。
水蒸気爆発が起きない説明は、人の命に係わる問題なのにあまりにもお粗末で
す。また、やはり水蒸気爆発対策を行ったという事は全くありません。

 IAEA(国際原子力機関)やヨーロッパ、ロシア、アメリカの過酷事故対策
の最大の課題が水蒸気爆発対策なのに、日本の新規制基準には水蒸気爆発対策の
条文が1行も無く、関西電力の安全対策書にも、水蒸気爆発対策が1行も無く
て、「起こりません」の説明だけで再稼働を強行しようとしているのは、あまり
にも危険と思われます。

★ たんぽぽ舎 さんから:
全文内容紹介はこちらに⇒ http://tinyurl.com/jsxmems
【TMM:No2666】
2015年12月17日(木)地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

1.伊方原発を動かすな!
   12月16日18時30分より1時間、申し入れ・抗議集会
   東京駅近くの四国電力「東京支社」行動 100余名参加
   再稼働のスイッチを押そうとしている電力会社への行動が重要な時期
       報告:山本勇祐(たんぽぽ舎・NODUネットワーク)
2.伊方原発再稼働について四国電力への質問書
   再稼働について住民説明会を開く用意はありますか?
   30km圏内自治体の全てで開きますか
      武笠紀子(反原発自治体議員・市民連盟)
3.無人の町に光々と灯る異様なイルミネーション
   このイルミネーションの仕掛け人は誰?
   12月11日第175回金曜官邸前・国会前抗議行動の報告
     にしざきやよい (たんぽぽ舎ボランティア)
      鳥居光代(東京在住)
4.市町村議会での辺野古新基地建設推進の意見書採択を阻止しましょう!
   千葉県船橋市で辺野古建設推進の意見書採択の危険
      冨塚元夫 (たんぽぽ舎ボランティア)
5.新聞より2つ
  ◆福島2号機事故 悪化の一因 逃がし弁作動装置溶ける?
      (12月17日東京新聞夕刊1面より)
  ◆福島県「住宅無償」打ち切り 自主避難者対象 家賃を2年補助
      (12月15日東京新聞朝刊3面より抜粋)

★ 東京の杉原浩司 さんから:
いよいよ本日12月18日、オーストラリアのターンブル首相が日帰り来日し、
安倍首相と首脳会談(夕方頃)を行います。そこでは、総額4兆円を超す
ビッグプロジェクトである豪州への潜水艦輸出(共同開発・生産)も議題
に上ります。安倍首相による恥ずべき「トップセールス」が繰り広げられ
ることでしょう。まさしく「死の商人国家」への道です。

昨日17日午後には、オーストラリアに潜水艦を売るな!「武器輸出反対ネ
ットワーク」発足記者会見を行いました。まず、ネットワークに賛同される
立場から、並木麻衣さん(日本国際ボランティアセンター・パレスチナ事
業担当)、志葉玲さん(フリージャーナリスト)、井筒高雄さん(元陸自
レンジャー隊員)の発言を受けました。さらに、豪州のNGO「戦争防止
医療従事者協会」(MAPW)と豪州緑の党のスコット・ラドラム上院議員か
らの声明と、続々と届いている様々な方々からの賛同メッセージを紹介。
賛同者の一人である〓坂勝さん(『ダウンシフターズ』著者)が飛び入り
ゲストとしてコメントされました。内容の濃い会見となりました。
※本日18日の東京新聞、神奈川新聞、共同通信などの記事やIWJの中継
アーカイブ、田中龍作ジャーナルなどをご覧ください。

【IWJ動画アーカイブ(12分から)】
http://www.ustream.tv/recorded/80003064

<連日の官邸前行動>
「オーストラリアに潜水艦を売るな!」「太平洋を平和の海に!」
「死の商人にはなりたくない!」(英文も)等の横断幕を掲げてアピールします。

◆オーストラリアに潜水艦を売るな!12.18官邸前アクション
12月18日(金) 午前10時~11時
首相官邸前(国会議事堂前駅)
※国会議員の発言も予定。
【問合せ先】 090-6185-4407 (杉原)

◆「武器輸出反対ネットワーク」に寄せられたオーストラリアの
 「戦争防止医療従事者協会」(MAPW)による声明
                      2015年12月16日
 「戦争防止医療従事者協会」(MAPW)は、オーストラリアが日本の潜水
艦を調達する提案に対し、さまざまな理由から大変危惧しています:

 潜水艦の調達は、自国の独立した戦略的な利益によって決められる必要
があります。現在オーストラリア政府は防衛白書を準備しており、長期的
な防衛能力についてもっとも重要な指針をそのなかで規定しています。現
在の防衛白書はまだ発表されていないため、オーストラリアが潜水艦を購
入することや、最新鋭の潜水艦を購入する合理性などはまったく明らかに
されていません。

 潜水艦隊の購入は250億豪ドル~400億豪ドルという巨額の支出です。こ
れはオーストラリア全体の年間防衛予算290億豪ドルに匹敵する規模だと
いうことを考慮すれば、とても大きな金額です。何を購入するにも、国防
の戦略的利益を最優先すべきですし、そうした決定は、防衛白書で提示さ
れた戦略的な方向性をしっかり検討した後でなされるべきです。

 これほど大規模な調達規模であれば、選定の過程にしっかりとした透明
性が求められます。 選定が公の見えないところで進み、選定理由も明確
でない一方で、日本政府関係者が受注への自信があることをはっきり断言
してきたことも懸念しています。

 MAPWは潜水艦購入が地域に与える影響についても懸念しています。日本
から潜水艦を調達するということは、日本が長年守ってきた武器輸出禁止
の原則を破り、新たな軍産複合体の台頭を助長しかねません。そしてイン
ドやフィリピンなどの他国への武器売却が後に続くことになってしまうで
しょう。ちょうど銃製造会社のように、武器製造会社にも、世界各地の軍
備増強への強い動機があります。契約期間が何十年にも及ぶこの巨大な規
模の潜水艦輸出契約は、日本の再軍備の動きをいっそう加速させることに
もなるでしょう。オーストラリア市場向けに日本が潜水艦を建造すること
は、日本が長年堅持してきた主要防衛装備の輸出禁止政策をやめることを
意味します。

 アジア太平洋地域での軍備増強は、何十年間も平和的に共存してきた国
家間の緊張を高めることにもなります。日本からの潜水艦調達は、現在の
国際関係の不安定化につながる恐れがあります。

 オーストラリア政府は、日本の潜水艦を購入するべきではありません。
MAPWは、オーストラリア政府に対し、戦略的政策を提示した防衛白書が公
表されるまで、いかなる決定も延期し、巨額の防衛費支出について、透明
性の高い選考手続きを踏まえることを求めます。

 MAPWは、日本の武器輸出解禁後の最初の武器輸出への大きな一歩となっ
てしまう調達契約に反対する、日本の平和活動団体や市民への強力な支持
を表明します。

 MAPWは、実り多く、平和的で、双方にとって有益な二国間の貿易関係を
将来的にも維持していくことに重点を置くようにオーストラリア政府に求
めます。
マーガレット・ビーヴィス医師、MAPW会長
/ Dr Margaret Beavis, President, MAPW

★ 前田 朗 さんから:
ヘイト・スピーチ研究文献(45)斎藤美奈子『ニッポン沈没』
http://maeda-akira.blogspot.jp/2015/12/blog-post_17.html

★ [ まぐまぐニュース! 12/18 ] さんから:
もう今年一年を振り返る時期なんですね……(まぐまぐ編集部・よっすぃ~♪)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■専門家による本日のニュースコラム!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国の野望をくじくため、米国は「辺野古」を捨て石にする
http://e.mag2.com/22aTMNH

★ 坂井貴司 さんから:
 クリスマスだ、年末だ、と世間は浮き足だっているようです。しかし、沖縄辺
野古では、アメリカ軍新基地建設阻止のための闘いが続いています。

 安倍政権は警視庁機動隊を導入し、基地建設阻止のために身体をはって座り込
みをしている地元の人々や日本、世界各地から応援に来た人々を暴力的に排除し
ています。海の上でも、本来は海難救助が任務の海上保安庁の「海猿」部隊を配
置してカヌー隊に暴力をふるっています。海が荒れ、海難事故が増える今の時期、
海上保安庁の救難が必要になっているにも関わらず、「海猿」部隊は辺野古にい
ます。人名救助よりも、米軍基地建設が優先されています。

 このような状況に対して、「辺野古リレー」が、「警視庁機動隊の即時撤退、
安庁による暴力行為禁止、辺野古新基地建設撤回の要請」を行うための賛同団体
の募集を12月20日まで集めています。

以下は、私の知人からの転送です。

(ここから)

 憲法を活かす市民の会・やまぐちのMLで寺中さんが流していたものです。

   辺野古リレーからのお願い
被爆二世の会の寺中です。

 辺野古への新基地建設を止めるためキャンプ・シュワブのゲート前に座り込む
人びとに対し、警視庁(東京から派遣された機動隊)が、毎日暴力的な強制排除
を行っています。沖縄の新聞をネットで見ると座り込みをしていた男性が機動隊
から強制的に排除され、肋骨を折る大けがをしたとあります。このようなニュー
スはほとんど全国ニュースにはなりません。

 今日も辺野古では闘いが続いています。

「辺野古リレー? 辺野古のたたかいを全国へ」が、こうした状況を許せないと、
安倍首相、>警視庁、海上保安庁に対し、「警視庁機動隊の即時撤退、海上保安
庁による暴力行為禁止、辺野古新基地建設撤回の要請」を行うようで、賛同団体
を募集しています。

先日行われた活憲の事務局会議で、活憲も賛同団体になることにしました。
皆様も参加している団体に賛同団体になることを提案していただけると幸せます。

以下、「辺野古リレー? 辺野古のたたかいを全国へ」のHPです
https://henokorelay.wordpress.com/2015/12/07/keisicho-kaettekoi-campaign-2/

★ 内富一 さんから:
市民とともに路上に寝転んで抗議(提供写真)2015年12月17日
現地ルポ 沖縄で米国の元軍人が「No henoko」と叫んだ
http://tinyurl.com/j9q9k99

★ 伊波 洋一 @ihayoichi さんから:
・米軍普天間飛行場にディズニーランド。
実体はテーマパークではなく、関連のホテル建設だという。
運営会社は「事実はない」と否定。政府は誘致支援を打ち出したが
、一民間企業の事業に政府が口を出していいのか。
(市長)選挙前の話くわっちーさー。
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=145621

・政府は17日、普天間飛行場の約4㌶返還に向け工事をアピール。
日米両政府は4日、2017年度中に先行返還の合意文書を発表た。
来年1月の宜野湾市長選へアピールする狙い。
宜野湾市長選へのテコ入れ。
政府は味方の利益のためなら迅速に動くようだ。
http://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-189975.html

----集会等のお知らせ------

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
 原告総数 10114名 (12/17現在)
HP: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

  第15回口頭弁論期日12月18日金)午後2時 佐賀地裁
意見陳述者:伊東達也(いわき避難者訴訟の原告団長)
           青柳行信(原発とめよう!九電本店前ひろば村長)
※12月18日当日は福岡天神からバスを出します。下記をご覧下さい。
http://tinyurl.com/z3nhfwp

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
    結審・原発労働裁判 梅田さんを支える会
ニュースレターNO.14(2015.11.27発行)
http://tinyurl.com/q66eogt

福岡地裁への署名ご協力をお願いします。
http://tinyurl.com/psvsq5a (署名用紙)

最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
        法廷13:15-14:00 (301号)

●12月25日(金)18:00~第二回会議 ●
2016.2.14 集会タイトル(案)
-辺野古新基地NO! 安保法制廃止! 原発再稼働反対!-
     立憲主義と民主主義を破壊する
      アベ政治を許さない!

主催:アベ政治を許さない実行委員会
日時:12月25日(金)18:00~ 第二回会議(どなたでもご自由に参加を。)
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
連絡先:080-6420-6211(青柳)

●●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●
HP: http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a
10.6 九州電力本店との交渉経過報告
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/pw6q6nj
●「原発なくそう!九州川内訴訟」P●
HP: http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設)
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    —-テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!—-

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中