NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1704日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。12月19日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1704日目報告☆
      呼びかけ人賛同者12月18日合計4055名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】12月18日5名。
   小佐井寿美子・秀之 匿名者3名
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
風が冷たかったですね。
寒さにめげず みんながんばっています。
この力、選挙まで持続し さらに大きな輪にしていきましょう。
あんくるトム工房
 ぐっと冷えました http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3733

★ 橋本左門 さんから:
 ☆後ろ向き右外踝の奇跡ありて わが人生は悔いなき誉(穂奇)
     (左門 2015・12・19-1240)
※万人、異議なしの自己評価!よくぞ、頑張ってくださいました!
個人としての誉・なでしこジャパンとしての誉・日本の女子蹴球と
しての誉・専門に輝く女子の誉・ETC.としての誉でした。すでに、
その誉を利用(悪用)しようとする妖怪が蠢いているかのようです
が、くれぐれも、あのオリンピック選手の二の舞にならないように
願います。最後までサッカーで輝く「ほまれ」さんであって下さい!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
  青柳さま、おはようございます。
 昨日は、佐賀地裁での法廷意見陳述とその後の報告集会など、
一日中、大変お疲れさまでございました。
本当に、素晴らしい陳述に、制限時間を5分も過ぎても、裁
判官が制止できないほどでした。内容がとても感動的でしたの
で、このメール通信で、多くの方々にも紹介します。
意見陳述: http://tinyurl.com/zvpzn3f

 私は、県立美術館での模擬法廷では、進行係から「裁判官」の
指名があって、ずっと以前から秘かに希んでいましたので、念願
が叶い、これで刑事被告人12年と玄海訴訟3年の原告、そして
本日裁判官という、一人で法廷での3役を熟すという光栄に浴し
ました。というわけで、青柳さまの意見陳述とともに私にとって
も、記念すべき大きな一日となりました。法廷内外で、楽しくと
もに闘えたことが、とても嬉しいです。

 ☆ テント村 村長さんが 駆けつけて
           佐賀の法廷 熱く燃えたり

★ 福岡市の福島久子 さんから:
安倍総理は反対が強ければ強いほど、やる気満々になると言っています。
国民の声を聞く態度が見受けられませんね。
(川柳)
   ☆ 安倍ソーリ反対強いほどやる気に

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<名古屋高裁金沢支部の裁判の関西電力第27準備書面はあまりにも非科学的・非
技術的>を報告します。

名古屋高裁金沢支部で大飯原発3・4号機差し止め請求裁判 控訴審があり、関西
電力から水蒸気爆発対策問題の2番目の公式見解が有りました。

「第27準備書面 水素爆発・水蒸気爆発」

九州電力は2年間、原子力規制委員会も1年間、水蒸気爆発対策不備の指摘に対
して、今日も逃げまくっています。しかし、関西電力は公式見解の表明を始めま
した。やっと、まともな論争が始まりました。

 「第27準備書面 水素爆発・水蒸気爆発の」の12ページから13ページに

『1.  水蒸気爆発について

 (1)1審原告らは、温度の異なる2種類の液体が接触して、分散した高温液
体が蒸気膜で覆われ、蒸気膜を破壊する要因(トリガー)により蒸気膜が破壊さ
れる事で、「液-液直接接触」が生じ、この現象が伝播して大規模蒸気爆発へ拡
大する、との水蒸気爆発の機序を示した上で、過去の一部実験において確認され
た水蒸気爆発や、マグマや金属工場での鉄・アルミニウムなどによる水蒸気爆発
を例に挙げ、本件発電所においても、どうように水蒸気爆発が起こる可能性があ
ると主張する(1審原告ら控訴審第9準備書面7~8頁、13~16
頁)。・・・省略

 マグマや鉄・アルミニウムによる水蒸気爆発についても、マグマは粘土が極め
て高いことなどから、原子力発電所で問題となる工業分野の水蒸気爆発のメカニ
ズムとはそもそも異なるものとされており、また、鉄やアルミニウムは、溶融炉
心を構成するに二酸化ウランや酸化ジルコニウムなどと比較して、低い融点や大
きな熱伝導率という性質を有することから固化しにくく、1審原告らのいう「液
-液直接接触」が生じやすい、すなわち水蒸気爆発が発生しやすい特徴を有して
おり、いずれにおいても1審原告らの挙げた例は実機で想定されない条件を前提
としたもので有る。』と記載されている。

 これは、詭弁で有り、しかもこの認識が関西電力の水蒸気対策問題がどこにあ
るかを鮮明に示している。

 「低い融点や大きな熱伝導率という性質を有する」ことはその通りと思われる
が、「固化しにくく」という事は詭弁である。

 アルミニウムの融点は660℃、溶鉱炉から出てくる銑鉄の融点は約
1200℃、鋼鉄の融点は約1600℃~1650℃であるが、炉内で溶かしてい
る温度は融点より少し高い温度なので、固化しにくいものでは無い。一方メルト
ダウンした溶融炉心は2800℃以上あり、水中に落下させると、小豆程度の粒
になり、内部は溶けたままで有り、水蒸気爆発が起きると10μ程度になるまで
固化しないと言われている。

 また、融点が660℃のアルミニウムや融点が約1600℃~1650℃の鋼鉄
と融点が2600℃程度の溶融炉心を同列の危険性で論じることが大変な間違い
であり、そこに電力会社の水蒸気爆発対策の盲点がある。

アルミニウムや鉄の溶ける世界と、溶融炉心の溶ける世界は全く違う。
2800℃の操業温度で大量生産されている高温操業設備にアチソン炉がある。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/tanso1949/1994/162/1994_162_66/_pdf

この炉は2800℃程度でカーボンを黒鉛化する設備で、1時間で300トンも
のスクラップを溶解して、鉄を作る電気炉の1トン程の黒鉛電極なども製造され
ている。

 2800℃もの高温下では、たいていの素材は溶けるか、揮発するので、耐火
煉瓦の炉の中にカーボン微粉断熱材が詰められており、カーボン電極は電気を通
電して2800℃まで加熱される。2800℃になる黒鉛電極の断熱は、カーボン
微粉で行われる。カーボン微粉中の空気中に含まれる酸素は、加熱中に燃焼して
無く成るが、何かのトリガーにより赤熱カーボン微粉中に空気が混入すると、三
池炭鉱で起きたと同じような炭塵爆発がおきる。

 アチソン炉では、炭塵爆発の可能性が有るので、爆発が起きた時爆発が閉じ込
められて炉体全体が破損して工場を破壊しない様に設計されており、アチソン炉
は天井が無い2800℃の開放炉である。万一爆発が起きた時には、爆風は工場
の天井に噴き上げるように、初めから設計されている。

 この炉で、カーボン微粉断熱層に、温度測定用の熱電対を入れ忘れていたこと
に気づいた作業員が、の操業中に熱電対温度計を挿入し、赤熱した微粉断熱層に
空気が入って、小爆発が起こり、それがトリガーになって大量のカーボン微粉断
熱層が大爆発した事故が有ったが、長い間の安全対策の知識から、余り大きな被
害は無かった。

 原発における設計範囲内の1300℃以下の世界と、1300℃から3000℃
のような設計範囲外の世界では、全く世界が違う。可搬動式ポンプ車で水を供給
し、2800℃にもなった100トンも溶融核燃料を水で冷やすというような事
は、空気が入ると大爆発を起こすカーボン微粉断熱層に熱電対温度計を差し込ん
だ作業員や天津で水を掛けると大爆発を起こす危険物に大量に水を掛けた消防士
と全く同じてある。
関西電力は、何が違うというのでしょうか。

★ 舩津康幸 さんから:
12月19日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番58.ま
で) 記事紹介全体はこちらに⇒http://tinyurl.com/hkfrndz
こちらのフェイスブックにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com
/yasuyuki.funatsu
※次の記事紹介は12月21日以降になります。

おはようございます。
現時点までに検索できた記事を、ざっとならべて紹介します。
(12.19.6:00)
「政府、原子力防災会議で福井・高浜原発の緊急時避難計画を了承」したという
見出しがあります。(12.)
福島第1原発では、「「遮水壁」設置で汚染水さらに増加」した(33.)、被
害地域で「約4割が家族分散=原発事故避難で2万人調査」(38.39.40)
と悲惨な実態が政府の調査で明らかにされています。
さて、いつものように川内(せんだい)原発、玄海原発関連の順に進めていきます。

川内原発関連、
1.「九電、川内原発にテロ対策設備 安全費用に4千億円超」産経新聞
2015.12.18 07:03更新
http://www.sankei.com/west/news/151217/wst1512170087-n1.html

1’.「川内原発 テロ対策用施設を整備へ」 KYT鹿児島読売テレビ12/17 20:04
http://www.kyt-tv.com/nnn/news8727101.html

昨日他紙既報ですが、
2.●●●「川内原発、免震棟設置せず=事故対応拠点、収容人員減―九電」時事通
信12月18日(金)0時23分配信 全文「九州電力は17日、これまで川内原発(鹿児島
県)に事故対応拠点として設けると説明してきた免震重要棟について、方針を転
換し設置しないと発表した。
・設置済みの「代替緊急時対策所」で十分だと主張している。
・九電によると、設置予定だった免震重要棟は地上3階建てで収容人員は300人。
内部に事故対策の拠点となる緊急時対策所のほか、医務室や宿泊室、環境中の放
射能測定をする部屋などを設ける計画だった。
・九電は川内1、2号機の再稼働を急ぐため、一時的な施設として免震重要棟より
も早く造れる平屋の対策所を設置している。耐震構造で収容人員は100人。新た
な計画では、対策所近くに地上2階、地下2階の「耐震支援棟」を建設し、医務室
や宿泊室、放射能測定室などを造るという。
・作業員は、耐震支援棟への移動のため屋外に出る必要が生じる。事故時に屋外
の放射線量が高くなっている可能性もあるが、九電は「他の電力会社の対応も見
ながら決めた」と話している。」
・・・・●規制委の新規制基準に乗っかった新たな安全神話に相乗りの策です!!

玄海原発関連、
3.「玄海原発で現地調査=敷地内外の地層確認―規制委」時事通信?12月18日
(金)16時49分配信
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015121800733&g=soc

3’.「<玄海原発>規制委が現地調査 新適合審査の一環」毎日新聞?12月18日
(金)12時8分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151218-00000043-mai-soci

3”.「原子力規制委が玄海原発地質調査」NHK佐賀12月18日 19時18分 ※映像有
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5084246892.html?t=1450468348007

3”’.「原子力規制委が玄海原発地質調査」佐賀テレビ(2015/12/18 20:51)
※映像有
http://www.sagatv.co.jp/news/  ※記事固有のURLではありません

3””.「玄海原発の現地調査で地質構造など確認 原子力規制委」西日本電子版
2015年12月19日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/77296/1/
九電プレスリリース、昨日開催された「原発なくそう!九州玄海訴訟」について、
4.「玄海原子力発電所操業差止訴訟第15回口頭弁論について」平成27年12月18日
http://www.kyuden.co.jp/press_151218-1.html

★ たんぽぽ舎 さんから:
全文内容紹介はこちらに⇒http://tinyurl.com/h8qggd5
【TMM:No2667】
2015年12月18日(金)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

1.季刊・反原発雑誌「NONUKES VOICE」6号のよみどころ・オススメ記事
   (原発)再稼働阻止全国ネットワークから13本の原稿
   北海道泊原発から、関西電力高浜原発、四国電力伊方原発まで、全国の原
発がわかる内容
2.運転停止中の伊方原発1号機で冷却用海水が漏れました。
   伊方も浜岡もトラブル続き     (愛媛新聞より)
     堀内美鈴(伊方原発50キロ圏住民有志の会)
3.『メルマガ読者からの声』
   ◆ ご紹介         天辰 哲也(たんぽぽ舎会員)
    文藝春秋の小泉純一郎元首相の告白が、小気味よいですよ!?
4.新聞より3つ
 ◆東芝とエンロン 竹田茂夫  (12月17日東京新聞朝刊「本音のコラム」より)
  ◆  原子力機構業務ほぼ独占 関連企業の落札率99%超
   過去5年新規参入もなし     (12月18日東京新聞より抜粋)
  ◆  原子力機構入札問題 自民、行革相に改善要請へ  (関連記事)
                                 (12月18日東京新聞より抜粋)

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
 メールサービス 2015年12月19日 第496号
全文内容紹介はこちらに⇒ http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/
————————-
■集会・アクション
————————-
◆デモ抗議開催情報まとめ (戦争・安倍政治等)【2015年12月17日 更新】
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

◆日本全国デモ情報 (マガジン9)【2015年12月15日 更新】
http://www.magazine9.jp/demoinfo/

————-
■原発
————-
◆関電高浜原発再稼働、福井知事が同意へ
  (朝日新聞 2015年12月18日)
http://digital.asahi.com/articles/ASHDK4JJRHDKPTIL014.html?rm=485

◆大分県内3市議会が可決 再稼動反対の意見書
(大分合同新聞 2015年12月17日)
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/12/17/132143235

◆福島2号機事故 悪化の一因 逃がし弁の作動装置が溶ける?
(東京新聞 2015年12月17日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201512/CK2015121702000232.html

◆福島県「住宅無償」打ち切り 自主避難者対象に家賃を2年補助
(東京新聞 2015年12月15日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201512/CK2015121502000117.html

◆もんじゅ廃炉求め提訴へ 京都・福井の住民ら 東京地裁
(朝日新聞 2015年12月8日
http://www.asahi.com/articles/ASHD75PY6HD7PTIL01V.html?iref=reca

◆ロシア版「もんじゅ」送電開始 「歴史的」現地報道
(朝日新聞 2015年12月16日)
http://www.asahi.com/articles/ASHDH2PP1HDHUHBI00B.html?iref=reca

————-
■沖縄
————-
◆沖縄担当相 辺野古反対 知事の姿勢が予算に影響と示唆
(毎日新聞 2015年12月16日)
http://mainichi.jp/articles/20151216/rky/00m/010/007000c

◆オール沖縄会議発足 辺野古新基地阻止へ結束 1300人が気勢
(沖縄タイムス 2015年12月15日)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=145862

◆<社説>基地引き取り 本質的議論を深めたい
(琉球新報 2015年12月15日)
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-188646.html

◆坂本龍一さん「何でそこまでして沖縄が犠牲に」 本紙インタビュー
(沖縄タイムス 2015年11月24日)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=142874&f=ap

—————-
■アベ政治
—————-
◆「安全保障関連法は違憲だ」、三重県の山中光茂前市長らが提訴へ!違憲訴訟
原告団は750人規模に!
(真実を探すブログ 2015年12月14日)
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-9136.html

★ 伊波 洋一 @ihayoichi さんから:
・政府は17日、普天間飛行場の約4㌶返還に向け工事をアピール。
日米両政府は4日、2017年度中に先行返還の合意文書を発表た。
来年1月の宜野湾市長選へアピールする狙い。
宜野湾市長選へのテコ入れ。
政府は味方の利益のためなら迅速に動くようだ。
http://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-189975.html

・リツイート
比嘉まりん@reireiusagi  「沖縄の人たちに勇気をもらった。
辺野古をこの目で見て、本当に美しいと思った。
沖縄の人は優しく、何より強かった。
どうしてそんな活動できるの?と友達に言われるが、
逆に教えてもらうことばかりだ。
沖縄がとても好きです」と。
とっても良い笑顔。

----集会等のお知らせ------

●12月25日(金)18:00~会議・第二回実行委員会 ●
2016.2.14 集会タイトル(案)
-辺野古新基地NO! 安保法制廃止! 原発再稼働反対!-
     立憲主義と民主主義を破壊する
      アベ政治を許さない!

主催:アベ政治を許さない実行委員会
日時:12月25日(金)18:00~ 第二回会議(どなたでもご自由に参加を。)
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
連絡先:080-6420-6211(青柳)

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
    結審・原発労働裁判 梅田さんを支える会
ニュースレターNO.14(2015.11.27発行)
http://tinyurl.com/q66eogt

福岡地裁への署名ご協力をお願いします。
http://tinyurl.com/psvsq5a (署名用紙)

最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
        法廷13:15-14:00 (301号)

●●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●
HP: http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a
10.6 九州電力本店との交渉経過報告
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/pw6q6nj
●「原発なくそう!九州川内訴訟」P●
HP: http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設)
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    —-テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!—-

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中