NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1708日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。12月23日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1708日目報告☆
      呼びかけ人賛同者12月22日合計4057名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】12月22日1名。
     牛島幸治
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
火曜日恒例の レッドアクション 女性たちの戦争法反対の抗議行動が
続いています。 次の選挙まで 怒りを持ち続け、「市民連合」の結成と
野党共闘の実現に向け 頑張りましょう。
テラカフェは 開かれた市議会にしようという 市民の運動を聞かせてもらいました
あんくるトム工房
市民に開かれた市議会を実現しよう
http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3738
レッドアクション 許しません http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3737

★ 橋本左門 さんから:
 ☆「これ以上大きな事件は他にない」戦争法訴える弁護士の弁
      (左門 2015・12・23-1244)
※「安保法制違憲訴訟の会」の代表の一人の伊藤真弁護士の
言葉です。「まだ何も事件が起こっていないという声もあるが、
とんでもない。憲法違反の法律ができ施行される、これほど大
きな事件は他にない。個人の具体的な精神的苦痛という損害が
まさに生じている」(赤旗、22日)。人格権の侵害を許さない!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 最近、大阪在住の社会学者・尾場瀬一郎氏の最新の論文
「グラムシ『獄中ノート』における常識論の位相」を読ん
だ。常識と良識、哲学などとの関係を明らかにした論文で
ある。
 これを読んですっきりしたことの一つは、アベシンゾー
がマスメディアと会食したり、「お友達」をNHKの会長
に送り込んだり、非常識で姑息なことを露骨になぜするの
か、ということである。国民が理解し難い、自分の矮小で
非常識な政治信条を、国民の「常識」にまで高めたい一心
なのだ。
 原発の再稼働に熱心なのも、福島の事故前の安全神話の
「常識」にしたい一心なのだろう。良識を求めきれない、
悲劇の道を進む人間の姿がみすぼらしい。

★ 福岡市の福島久子 さんから:
(川柳)
   ☆ 沖縄で政略となる振興費

★ 舩津康幸 さんから:
12月23日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号48.
まで) 記事紹介全体はこちらに⇒http://tinyurl.com/jgkatgn
こちらのフェイスブックにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com
/yasuyuki.funatsu

おはようございます。
現時点で、ざっと検索した結果を紹介します。(12.23.5:49)
昨日は、「玄海1号機に廃炉措置計画を発表」、「福井県知事が高浜原発の再稼
働容認」の関連記事が多数ありました。
規制委が「テロ対策施設、期限延長決定=原発再稼働、より容易に」(4.)と
いうような見過ごせない記事など重要な記事が多数あります。
さて、いつものように川内(せんだい)原発、玄海原発、九電、と進めていきま
す。九州のエネルギー・電力関連記事は下方にも多数あります。(43~46)

川内(せんだい)原発の地元紙で、
1.(鹿児島)「[川内避難訓練] 事故にシナリオはない」南日本新聞(12/22 付)
http://373news.com/_column/syasetu.php?ym=201512&storyid=71942

2’.「九電、28年間で玄海1号廃炉に 費用364億円、工程計画発表」共同通信
2015年12月22日 18時40分
http://this.kiji.is/51967683549136373?c=39546741839462401

規制委が、
4.●●●「テロ対策施設、期限延長決定=原発再稼働、より容易に-規制委」時
事通信2015/12/22-12:15
「原子力規制委員会は22日、原発のテロ対策などとして新規制基準で求めてい
る「特定重大事故等対処施設」(特重施設)について、2018年7月としてい
た設置期限の延長を正式決定した。原発の再稼働は以前より容易になる。
・規制委は、特重施設の議論の前提となる原発再稼働の審査が想定より時間がか
かっていると説明。特重施設の設置期限は、原発の工事計画認可を得てから5年
に変更する。
●例えば、今年8月に再稼働した九州電力川内原発1号機(鹿児島県)は、特重
施設の設置期限が20年3月まで延長される。
●規制委は11月13日から約1カ月にわたり、一般から意見を募集。74件が
寄せられ、「先延ばしはテロのリスクを拡大するだけ」「(そもそも)特重施設
の要求は過剰であり、規制は不要」などの意見があった.。」
・・・●規制委⇒原発推進委への道が続いています!!

6.◎(京都)「高浜原発再稼働反対、京都の8団体が要望書提出」京都新聞?12
月22日(火)23時0分配信
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20151222000127

11.〇「<高浜原発>「差し止め」関電の異議24日地裁判断」毎日新聞?12
月22日(火)12時54分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151222-00000038-mai-soci

11’.◎●●「<高浜原発>福井知事の再稼働容認に「住民説明会ないのに」」毎
日新聞12月22日(火)12時24分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151222-00000031-mai-soci

16’.●●「「もんじゅ」新運営主体 検討作業は難航も」NHK12月23日 4時43分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151223/k10010350411000.html

17.●●「原子力機構入札問題 河野行革相「談合疑う」」東京新聞2015年12月
22日 朝刊 ※一覧表有
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201512/CK2015122202000123.html

43.「【回顧 九州経済2015】(1) エネルギー」西日本電子版2015年
12月23日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/77466/1/

44’.「家庭向けの新電力会社 「福岡電力」来年4月に提供開始へ」
TVQ(2015年12月22日 17:15)
http://www.tvq.co.jp/news/news.php?did=16807

47.●●●「環境大臣、事故後6年目の2016年3月までには判断か?」まさ
のあつこ(ジャーナリスト)2015年12月22日 12時30分配信
http://bylines.news.yahoo.co.jp/masanoatsuko/20151222-00052696/

48.●●●「福島原発の惨状でわかった“犯罪”蔓延国家の実態」日刊ゲンダイ
2015年12月22日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/172234

★ 紅林進 さんから:
昨日12月22日(火)のものですが、「FoE Japan」と「原子力規制を監視す
る市民の会」の2団体による下記声明を転載させていただきます。
「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」(eシフト)メーリングリスト
より転載みなさま
FoE Japanの満田です。
本日、福井県の西川一誠知事が関西電力高浜原発3、4号機の再稼働への同意を表
明しました。
知事は、「国が責任をとる」と安部首相や林経済産業大臣が発言したことを評価
したようです。
が、いまなお続く甚大な福島原発事故の国としての責任をとった人は一人もいま
せん。
さらに、国の「責任をとる」という約束は、国民の理解促進、事故時の対応、再
処理、40年超の運転など多岐にわたりますが、実効性がないのにとどまらず、最
低限の安全性への配慮も蔑ろにした無責任きわまりないものです。
国際環境NGO FoE Japanおよび原子力規制を監視する市民の会の2団体は、以下
の声明を発出しました。ご一読いただければ幸いです。

——————-
《声明》 高浜原発、福井県知事の再稼働同意および空虚な「国の責任」に抗議
…国は、福島原発事故で「責任」を果たしたか?
http://www.foejapan.org/energy/news/151222.html

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<「実録FUKYSHIMA」は福島事故により判明したアメリカのNRCの規
制基準の見直書(1)>を報告します。

 今、使用済み核燃料プールの大変な危険性や使用済み核燃料の乾式保管が注目
されています。そして、アメリカのNRC(アメリカ合衆国原子力規制委員会)
が福島第一原発の過酷事故発生時、4号炉使用済み核燃料プールにジルコニウム
火災が起きると、使用済み核燃料が微粉化して100%の核燃料が大気中に飛散
する可能性もあるので、その事を最も恐れたという説がウエーブでつぶやかれて
いるので、私の専門領域からは信じられないのですが、何か盲点があるのかと
思って、「実録FUKYSHIMA、アメリカも震撼させた核災害、デイビッ
ド・ロックバウム、他」を購入して、全部読んでみました。
 その事も詳しく書いてありましたが、この「実録FUKYSHIMA」のテー
マーはそのような事では無く、アメリカのNRCの原発の規制基準にはたくさん
の問題が有ったが、それはスリーマイル島原発の過酷事故やその後のアメリカで
起きた事故の経験から策定されたもので有り、NRC自信も大きな問題を抱えて
いる事は分かっていたが、アメリカの沸騰水型原発、加圧水型の原発とよく似た
規制基準で操業されてきた日本の福島第一原発のマーク?型の原子炉で起きた過
酷事故で、アメリカのNRCの規制基準を検証すると、アメリカの規制基準のど
こに欠陥が有り、アメリカの既存原発の継続的な稼働や、新設が如何に悲観的な
事かが分かる具体的な説明書です。 アメリカの原発メーカーがどうして、アメ
リカの原発会社を日本に販売してしまう事になったか良く分かりました。
 今まで、IAEAの新安全基準や、ヨーロッパの新規制基準、ロシアの原発の
過酷事故対策などは良く分かるのですが、アメリカのNRC(アメリカ合衆国原
子力規制委員会)の新規制基準は霞がかかっていて、朦朧としか分かりませんで
した。しかし、「実録FUKYSHIMA」を読んでみると、霞が腫れてきました。
 あまりにも、知らなかったことが多すぎるので、付箋がいっぱいつきました。
これから、その事を少しずつ説明していきますが、初めに4号炉使用済み燃料
プールのジルコニウム火災を説明します。

 「実録FUKYSHIMA」に福島4号炉使用済み燃料プールのジルコニウム
火災と、メルトスルーによるトーラス(ウエットチャンバー)における水蒸気爆
発の可能性による、放射性物質の大量飛散の可能性が詳しく説明されています。
167ページに4号炉使用済み燃料プールのジルコニウム火災による放射性物質
の飛散が説明されています。「初めは、ペレットと被覆管の間の空間に閉じ込め
られていた、希ガスやヨウ素131やセシウム137などの放射性ガスに限られ
る。加熱がしばらく収まらなければ、燃料ペレット自体が壊れ、ペレットの中に
閉じ込められていた放射性物質が、希ガスとともに放出される。最終的には、ペ
レットそのものが融け、プルトニウム239やアメリシウム241などさらに多
くの種類の同位体が放出される可能性が有る」、と説明されているが、微粉化が
起こり100%大気中に飛散される事もあるとは、全く説明されていません。

 それから、180ページに水蒸気爆発の事が説明されている。「もし本当に
プールが干上がっていたら、その脅威はとてつもなく大きい。高温の燃料が融け
て、いまにもコンクリート製のプールの底に落ちるかもしれない。そしてその下
方には、300万リットル以上の水をたたえたトーラスがある。もし融けた燃料
がトーラスに到達したら、瞬間に水が蒸発して大きな水蒸気爆発が起こり、放射
性を帯びた炉心の材料が広範囲にまきちらされるかもしれない。(しかし、プー
ルが干上がっているという確信と同じく、融けた燃料による懸念も、実は根拠が
無かった。翌日行ったコンピュータシミュレーションによって、燃料はプールの
床を融かして突き破るほどの高温度では無い事が示された)。」と説明されてい
るが、微粉化が起こり100%大気中に飛散される事もあるは、水蒸気爆発の場
合で、ジルコニウム火災の場合では無い。
そして、使用済み燃料プールからの、ジルコニウム火災による放射性物質の飛散
は無かったと説明されています。

★ たんぽぽ舎 さんから:
全文内容紹介はこちらに⇒http://tinyurl.com/hgleaj4
【TMM:No2670】
2015年12月22日(火)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
1.関西電力高浜原発、再稼働の動き急速進行中
   経産大臣の福井訪問 福井県知事と関電社長の会談、福井地裁24日
   反撃の闘いを急ごう、抗議声明・メール・ハガキを出そう、
   関西電力東京支社へ抗議-24日(木)17時30分より
      柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)
2.「年末年始山谷支援助け合い運動」へのご協力、
   ありがとうございました
3.原発、軍需産業の果てしなく続く腐れ縁の世界、
   この世界を断ち切るためにできることをしていく、とにかく声をあげる
   核と被ばくをなくす世界社会フォーラム2016
   連続学習会第5回「安保法制と原発再稼働」に参加して
     工藤わかめ(たんぽぽ舎ボランティア)
4.新聞より2つ
  ◆多田謡子反権力人権賞 斉間淳子さん(八幡浜)選出 伊方反対運動続ける
        (12月20日愛媛新聞より)
  ◆核燃料再処理「中止を」 パグウォッシュ会議 容認を撤回
        (12月22日東京新聞朝刊6面より抜粋)

★ 澤井@CNIC さんから:
年末になりますが、もんじゅ、そして核燃料サイクルを止める
新たなアクションです。皆さまの参加をお待ちしております。

もんじゅを廃炉に! 核燃料サイクル政策からの撤退を!
新・もんじゅ訴訟提訴 支援集会に参加を!

2015年12月25(金)
集合:東京地方裁判所前(最寄駅:霞ヶ関駅A1出口)
14:00~ 前段支援集会(東京地裁前)
14:30~ 提訴行動
15:00~ 原告・弁護団代表記者会見
(司法記者クラブ)

民意を無視し暴走し続ける安倍自公政権は、原子力政策でも多くの人々が
脱原発を望んでいるにもかかわらず、原発推進に前のめりになりエネルギー
基本計画で、原発の再稼働や核燃料サイクルの推進を掲げています。
しかし、その破たんは明らかです。特に核燃料サイクルの中心である
六ヶ所再処理工場は、23回も完成が延期され、いつ動くのかもまったく
予測できません。高速増殖もんじゅは、度重なる事故や機器の点検漏れなど、
技術も組織も欠陥だらけで、ついに原子力規制委員会から、もんじゅの実施主体
である日本原子力研究開発機構に対して、事業主体の交代を求めるレッドカード
が突き付けられました。巨費を投入してもいまだ完成しない核燃料サイクルは、
永遠の幻でこのまま「退場」しかありません。
今回、もんじゅの破たんを前にして、もんじゅから250キロメートル以内の住民
を中心として、原子力規制委員会に対してもんじゅに係る原子炉設置許可処分の
取り消しの義務付けを求める「新・もんじゅ訴訟」を提訴することになりました
(被告は国)。東京地方裁判所への提訴で、当日は現地福井からも原告が上京し
ます。
原告の上京に合わせ、激励行動として地裁前での集会と原告・弁護士からの決意
表明をしていただきます。
もんじゅ廃炉に向けたこの行動に、首都圏から多くの方々のご参加をお願いします。
呼びかけ団体
再処理とめたい!首都圏市民のつどい/原水爆禁止日本国民会議/日本消費者連
盟/原子力発電に反対する福井県民会議

問い合わせ 03-5289-8224(原水禁)
0776-21-7784(原子力発電に反対する福井県民会議)

★ 高田健 さんから:
「許すな!憲法改悪・市民連絡会」の市民憲法講座のお知らせです。
ぜひご参加ください。
===============================================================================
第101回市民憲法講座
辺野古の海に 基地はいらない! ―沖縄のたたかいは今
お話:加藤 裕さん (前 沖縄弁護士会会長)

沖縄が緊迫しています。辺野古の新基地建設の問題はついに国が沖縄県知事を訴
えるという事態になりました。
辺野古ゲート前では抗議する市民が暴力的に排除されています。
不服審査請求や代執行訴訟の段階に至り、環境、平和というのみならず、まさに
日本の民主主義、地方自治が問われているといえます。
今回の講座ではいま沖縄では何が起こっているのか、本土の私たちに何ができる
のかを考えたいと思います。
 沖縄から沖縄弁護士会の前会長で、現在も裁判闘争をはじめ最前線で活動され
ている弁護士の加藤裕さんが駆けつけてくれます。
ぜひご参加下さい。

日 時:2016年1月16日(土)6時半開始
場 所:文京シビックホール会議室
参加費:800円
主 催:許すな!憲法改悪・市民連絡会
      TEL 03-3221-4668  FAX 03-3221-2558
       http://web-saiyuki.net/kenpoh/

★ 伊波 洋一 @ihayoichi さんから:
リツイート
・琉球新報辺野古問題取材班?@henokonow  12月21日
12月22日午前7時18分、市民らはゲート前で工事関係の車両や機動隊が来ないこ
とを「勝利だ」と喜び、スクラムを組んで沖縄を返せなどの歌を歌っていま
す。#辺野古 #沖縄

・沖縄タイムス辺野古取材班?@times_henoko  12月21日
12月22日午前7時、米軍キャンプ・シュワブゲート前では抗議活動が続いていま
す。工事車両の出入りは、ありません。#沖縄 #辺野古

・琉球新報辺野古問題取材班さんが琉球新報をリツイートしました
沖縄工業高等専門学校の屋内で米軍ヘリによる低周波音が、
環境省が定めた心理的影響の基準を上回っていたことが琉球大の渡嘉敷健准教授
の調査で分かりました。
生徒が屋内でも低周波音にさらされている現状が明らかになりました。

----集会等のお知らせ------

●12月25日(金)18:00~会議・第二回実行委員会 ●
2016.2.14 集会タイトル(案)
-辺野古新基地NO! 安保法制廃止! 原発再稼働反対!-
     立憲主義と民主主義を破壊する
      アベ政治を許さない!

集会呼びかけ文 http://tinyurl.com/ho77wrj
主催:アベ政治を許さない実行委員会
日時:12月25日(金)18:00~ 第二回会議(どなたでもご自由に参加を。)
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
連絡先:080-6420-6211(青柳)

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
    結審・原発労働裁判 梅田さんを支える会
ニュースレターNO.14(2015.11.27発行)
http://tinyurl.com/q66eogt

福岡地裁への署名ご協力をお願いします。
http://tinyurl.com/psvsq5a (署名用紙)

最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
        法廷13:15-14:00 (301号)

●●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●
HP: http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a
10.6 九州電力本店との交渉経過報告
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/pw6q6nj

●「原発なくそう!九州川内訴訟」●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設)
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    —-テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!—-

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中