NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1709日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。12月24日。

【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1709日目報告☆
      呼びかけ人賛同者12月23日合計4057名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
     ★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
九電が玄海原発1号機の廃炉計画を発表しました。
28年間かかるそうです。
28年間は 玄海町に廃炉のための仕事が続くわけです。
原発がなくても 28年間は廃炉ビジネスでやっていけることがはっきりしました。
これはもう、廃炉に向けてやっていくしかないですね。
しかし、汚染されたゴミや、核廃棄物をどこに持って行くかは問題山積です。
日本の英知を集めて、福島の収束と合わせて考えていって欲しいものです。
 あんくるトム工房
玄海原発の廃炉計画  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3739

★ 橋本左門 さんから:


 ☆「再稼働 再稼働とて暮れにけり」 アベノアホウは原発爆売り


      (左門 2015・12・24-1244)


※中国の「爆買い」に負けじと「原発爆売り」する「アベの政治」。


3・11を鑑としてドイツは理性に従い、「アベの政治」は反理性へ


暴走する。この反面教師に対峙するシールズやママの会に合わ


せた志位和夫は小沢一郎に学んで「ウルトラリアリストになった」


と言うのに、前原誠司は「白アリ」だとか「アカ」など言っていたら、


元も子も失ってしまうよ!国民みんなが「リアリスト」になろう!!

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから:
 青柳さんの先日の佐賀地裁での、感動的な「意見陳述」
を保存版冊子として体裁よく仕上げました。今日か明日
にはテント村へ届けたいと思います。原発を止めるため
の根本的な倫理観が胸を打ち、永久に生命力のある文章
として、いつでもどこでも、運動の原点として私たちを
励ましてくれることでしょう。
ご入用な方はお知らせ下さいませ。bunakobo@ybb.ne.jp

 ☆ 陳述は 法廷内から 解放し
       倫理の声を 広く深くに

★ 福岡市の福島久子 さんから:
(川柳)
   ☆ 選挙後に沖縄振興費削られる?

★ 舩津康幸 さんから:
12月24日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号26.
まで) 記事紹介全体はこちらに⇒http://tinyurl.com/poscxrh
こちらのフェイスブックにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com
/yasuyuki.funatsu

おはようございます。
現時点で、ざっと検索した結果を紹介します。(12.24.5:13)
「玄海原発1号機廃炉計画」や「福井県知事の高浜原発再稼働容認」の記事が続
いています。

玄海原発関連、
1.●●●「廃炉のごみ、行き場なく 玄海1号機が廃炉計画申請 放射性廃棄物
3000トン、敷地内に埋設も」佐賀新聞2015年12月23日 16時08分 ※図表有
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/262529

1’.「九州電力が玄海原発1号機の廃炉計画を申請 作業4段階で工期28年間」
佐賀新聞?12月23日(水)10時24分配信 ※工程表添付有
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151223-00010001-saga-l41

1”.(佐賀県)「関係自治体 安全対策徹底と住民説明求める」佐賀新聞2015
年12月23日 10時25分
http://www.saga-s.co.jp/column/genkai_pluthermal/20201/262527

1”’.「廃炉認可の流れ「前例とらわれず厳格に」規制委発足前、浜岡原発は半
年で」佐賀新聞2015年12月23日 10時27分????????
原発立地・周辺地域、
2.●●●「異議審結論日程判明後に急加速 高浜原発再稼働、福井県知事同意表
明の舞台裏」福井新聞ONLINE?12月23日(水)17時23分配信
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/86178.html

2’.●「高浜再稼働同意「総合的に勘案」 福井知事、国の姿勢評価 運転禁止
巡り地裁あす判断」朝日デジタル2015年12月23日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12130215.html?rm=150

2”.●●●「高浜原発 再稼働認めれば翌日にも核燃料」NHK12月23日 5時24分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151223/k10010350331000.html

3.◎◎(福井県)「反原発団体、再稼働同意に憤り 「司法の無視」「行政の横
暴」」福井新聞(2015年12月23日午後5時15分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/86180.html

4.●●●「京都・舞鶴市長「高浜再稼働に一定の理解」 25日にも容認表明」
京都新聞2015年12月23日 08時47分
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20151223000016

5.「京都府知事はコメントせず 高浜原発再稼働同意」京都新聞2015年12月23
日 09時41分
全文「福井県の西川一誠知事が関西電力高浜原発3、4号機(同県高浜町)の再
稼働に同意したことについて、滋賀県の三日月大造知事は22日、取材に対し
て、「福井県知事がいろんなことを考えた重い判断と受け止める」とした上で、
「立地自治体だけが背負ってきた責任にも思いを致すが、福島原発の事故を考え
れば、万が一のときは被害の範囲が県境内にとどまらない。周辺自治体の同意も
一定、認められるべきだと思う」と主張した。「実効性ある多重防護体制が整え
られていない以上、再稼働を容認できる環境にないとの立場にある」との考えも
あらためて強調した。
・公務で東京出張中の京都府の山田啓二知事は、府防災・原子力安全課を通じ
て、コメントを出さない意思を示し、その理由は明らかにしなかった。
・山田知事は、福井県高浜町長が同意表明した際には「安全対策や避難計画の実
効性確保について国や関電の説明を求めていく」とのコメントを発表していた。」

6.●●●(社説)「高浜再稼働同意  京滋の声は置き去りか」京都新聞2015年12
月23日掲載
http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20151223_4.html

26.「岡山大学・津田敏秀教授の「衝撃レポート」に何が書かれていたの
か?――エッセンシャル版・緊急特別講演会【パート2】」ダイヤモンド・オンラ
イン12月23日(水)8時0
分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151223-00082732-diamond-soci

★ 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク) さんから:
本日12月24日(木)関電東京支社前に集まり抗議の声をあげよう!
~再稼働のスイッチを押そうとしている電力会社への行動が重要~

福井地裁の樋口裁判長は、今年の4月「高浜原発3,4号機の再稼働を差し止め
る」判決を出しましたが、関電は異議申し立てを行ないました。その判断が24
日福井地裁で出されます。しかし樋口裁判長は家裁にだされ、人事異動で3人の
判事が着任しました。狙いは差し止め判決を覆そうという魂胆です。高浜原発は
MOX燃料を使い危険なプルトニウムがでます。日本は核を持つために原発を動か
すのでしょうか。また耐震性も疑問が大有りです。50km圏内には、関西の「水
がめ」琵琶湖があります。原発の過酷事故は関西一帯に甚大な被害をもたらしま
す。高浜原発の再稼働に反対しましょう!
「再稼働阻止ネット」では12月6日、原子力規制委が出した「工事計画認可」
にたいする意義申し立てをしました。関電の審査書類は「黒枠白抜き」のマスキ
ングだらけで、とても公正な判断ができない代物なのです。
また、22日には西川福井県知事が、司法判断を待たず、多くの周辺住民の反対
の声を無視して、再稼働同意を表明し経産大臣に伝えた。許せない。
24日にどのような判断がなされようとも抗議行動をおこないます。
関電に再稼働のスイッチを押さないよう要請しましょう!
たくさんの方のご参加をお願いします!

12月24日(木)17時30分開始
場所:関西電力東京支社前 千代田区内幸町2-2-2
    富国生命ビル(都営三田線内幸町駅すぐ、日比谷公園西南端西隣)
※チラシ、のぼり旗、鳴り物、ひかり物持ち込み大歓迎です。
連絡先: たんぽぽ舎 TEL070-6650-5549、Fax03-3238-0797

★ 永島(脱原発・放射能汚染を考える北摂の会) さんから:
青柳 さま
冬至が過ぎても、
寒さはこれからですがお体を大切にご活躍下さい。

東京の首相官邸前と経産省前テント、大阪での関電本社前
の行動、そして九電本社前のテントが、代表する消費地と
都市での運動は重要と思います。厳しい情勢ですが、来年
も闘い続けましょう。

「脱原発・放射能汚染を考える」のニュースNo113ができました。
http://tinyurl.com/nggmmld

福井県知事が高浜原発の再稼動を承認し、いよいよ高浜原発の再稼動が
現実のものとなろうとしています。福島原発事故の後で盛り上った消費
地での運動は、首相官邸前の行動、大阪での関西電力本社前の行動、
そして各地であきらめずに闘われている抗議行動が残されていますが、
残念ながら事態を左右できるようなものではなくなっています。

原発立地での闘い、裁判を通じた闘いだけでなく、原子力政策全体と闘う
政治そのものでの闘いが再構築されなければならないと思います。

戦後70年の今年は、辺野古基地反対闘争、福井での原発運転停止仮処分、
大阪都構想反対の住民投票、戦争法案反対の闘いの盛り上がりと若者たち
の参加がありました。来年夏には自民・公明・橋下維新による憲法改悪を
許すのか許さないのかの「参議院選挙」が行なわれます。私たちも来年も
出来る限り運動に参加していきたいと思います。

今年最後の関電本社前での抗議行動は、12月25日の19
時から行なわれます。ぜひご参加下さい。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<「実録FUKYSHIMA」は福島事故により判明したアメリカのNRCの規
制基準の見直書(2)>を報告します。

◎       NRC タスクフォース
「実録FUKYSHIMA」のレビジョンを示します。
https://www.iwanami.co.jp/.PDFS/00/6/0054710.pdf

アメリカの政府とNCR(アメリカ原子力規制委員会)は2011年3月11日
に福島第一原発に過酷事故が発生した時、即座に政府機関とNCRに福島事故調
査と、対策を大規模に開始している。この目的は、日本国内と日本近辺の海上に
滞在している自国民を放射能被害から守ることと、もう一つ福島第一原発の原子
炉と同じタイプの自国の原発の運転を問題無く継続させるためだったと思われる。
 もともと、日本の商業用原発は1号機のみは、イギリスから黒鉛減速型原発を
輸入したが、それ以後の原発はアメリカの沸騰水型原発と加圧水型原発を輸入
し、その後原発をライセンス生産してきた。
 そして、日本では安全神話が完全に浸透していたが、アメリカは原子爆弾を開
発した国で、又沸騰水型原発と加圧水型原発を多数建設していたので、放射性物
質が漏洩するような事故も起きており、安全規制も行ってきた。一方日本では、
原発の安全規制は、世界中の安全規制を参考にするのではなく、アメリカの
NCRの安全規制を参考に下、その一部で構成されていた。
 そのために、3月11日に福島第一原発に過酷事故が発生した時、アメリカの
方が、日本政府と原子力規制機関よりも、事故の規模や安全対策を良く知ってお
り、日本政府に任せておいて、過酷事故が日本を壊滅させるほどになれば、アメ
リカの原子力産業や、電力産業も成り立たなくなることを恐れて、日本の過酷事
故対策に全力を注いだものと思われます。
 福島事故が危機を脱出したと思われた時、アメリカのNCRはタスクフォース
を設置しています。
http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/legis/pdf/02480203.pdf

219ページから、タスクフォースの設立と、その後の検討内容が詳しく報告さ
れています。
そして、上記アドレスに示したように結論を出しています。
『(1)に関しては、タスクフォースは、一連の福島原発事故に類似する事故は
アメリカでは起こりえないと結論づけた。すでに取られている対応により、炉心
損傷や放射性物質漏えいの可能性は減ぜられており、現行制度で公共の安全及び
国民の健康は保護されているとした。』
NCRとタスクフォースが詳細に検討した、今後のアメリカの原発の新安全対策
が、日本の原子力規制委員会の新規制基準のたたき台になったと思われます。
 したがって、新規制基準を理解するためには、NCRとタスクフォースが詳細
に検討した、今後のアメリカの原発の新安全対策を良く知ることが、非常に参考
になると思われます。
 『マークI 及びマークII 型格納容器を有する沸騰水型原子炉については、ベ
ントの設計をさらに信頼性が高い強固なものとするよう要求するべきである。
・長期的視点での検討項目の1 つとして、福島原発事故の今後の研究を通し、追
加的な情報が明らかになった場合、NRC は格納容器内又は他の建造物において、
水素を管理すること及びその発生を最小限にすることについての洞察を深めるべ
きである。
・使用済核燃料プールの水補給の能力及び設備の強化を行うべきである。
・緊急事態運用手続、過酷事故管理ガイドライン、甚大な被害を軽減するための
ガイドライン等の原発内での緊急事態対応能力を強化し、統合すべきである』
水素対策は重要性が述べられているが、水蒸気爆発対策は記載されていない。
 もともと、NCRとタスクフォースが詳細に検討した新安全対策は、ヨーロッ
パ、ロシアの過酷事故対策に比べて、レベルが非常に低くなっている。230
ページからの説明では、アメリカの原発は、川の水を冷却水に使用しているもの
が多く、その原発の上流に大きなダムが有る物があり、万一ダムが決壊したら、
福島第一原発の大津波よりもひどい洪水が予測されるものも多いそうである。そ
れが分かっていながら、十分な対策は要求していない。また、228ページから
の説明によると、産業界が提起したFLEX(多様で柔軟な緩和能力)プログラ
ムは可搬式装置による緩和対策である。これも日本の新規制基準に積極的に採用
されている。日本で策定された新規制基準は、アメリカの新規制基準の都合のよ
い処は積極的に取り入れるが、都合の悪いものは、避難計画等とか大事な対策で
も取り入れに無い、世界最低の規制基準という事がよく分かると思われます。

★ 木村幸雄 さんから:
先日の日曜日は、三井寺(大津市)で、プチアースデイとして、オーガニックマー
ケットと戦争や環境・原発などを考えつながるための取り組みがありました。
何といっても、若者や子育て世代の方が多いことが特徴です。
その報告を、主催された方がメールで流されたので転送します。
「自由と平和のための京大有志の会」の藤原辰史さんのお話の動画はぜひご覧く
ださい。
私も教科書問題について、トークリレーで話しました。それは2つ目の動画の冒
頭です。転送します。
///////////
こんばんはー!たーさんです。一斉送信しています。

日曜日は快晴の中、プチアースデイがとっても楽しく有意義な一日になり、本当
にありがとうございました!
来ていただいた皆さん、カンパ等お持ちいただいた皆さん、ありがとうございま
した~!

藤原先生のお話は、皆さん買い物の手を止め、聞き入ってました。
マーケットが大学になってました。
ほんとにいいお話しだったので、よかったらお時間あるときに見てくださいねー

プチアースデイ全体のツイキャスはこちらから見れます。
トークリレーに出ていただいた皆さん、ありがとうございました~!
本当にどの方も、素晴らしいスピーチで5分だけでは申し訳ない感じでした。
こちらも必見です。よかったら聞いてください。ライブもめちゃくちゃよかった
です!
http://twitcasting.tv/deaeteyokattana/movie/225692935

★ 前田 朗 さんから:
12/22日、法務省が在特会による朝鮮大学校へのヘイト・スピーチを人権侵害と
して「勧告」を出しました。

毎日新聞「ヘイトスピーチ元在特会代表に「脅迫的な言動しないで」」
http://mainichi.jp/articles/20151223/k00/00m/040/126000c

朝日新聞は第2社会面で割と大きな記事にしています。朝鮮大学校の代理人の師
岡康子弁護士、さらにヘイト・スピーチ研究者の明戸隆浩、田中宏、及び私のコ
メントを載せています。

NHKニュースです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151222/k10010350091000.html

★ 黒木 さんから:
米識者らがケネディ大使に抗議 辺野古移設で、70人
東京新聞 2015年12月23日 11時29分
【ワシントン共同】
 映画監督オリバー・ストーン氏や言語学者ノーム・チョムスキー氏ら米国の著
名人や識者ら70人は22日、ケネディ駐日米大使が17日の東京での記者会見
で米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に関し、名護市辺野古への県内移設が最
善だとの考えを示したことに抗議する声明を連名で発表した。

 声明は「普天間は閉鎖されなければならないが、辺野古への移設は解決策には
ならない。より人目につかない場所に問題を移すだけだ」と指摘。
大使の考えは「(辺野古移設に)激しく反対してきた沖縄の
圧倒的多数の人々に対する脅威、侮辱、挑戦だ」と訴えた。

★ 伊波 洋一 @ihayoichi さんから:
安保法反対☆自由と良心武蔵野美術大学有志をリツイートしました
安保法制について再確認しよう。もう既に成立している。戦争は目の前。
その前に、安倍政権は、憲法改正で「緊急事態対処条項」の導入しようとしている。
それは『ナチスの手口』。
一度手に入れたらなんでもできる魔法の権力・国家緊急事態宣言。

安保法反対☆自由と良心武蔵野美術大学有志
@musabianpo
■[動画] 6分でわかる安保法制 https://youtu.be/6LuZDH0GHOE
■各大学の取り組み一覧 http://anti-security-related-bill.jp/link.html
■STOP!違憲の安保法制・憲法研究者共同ブログ https://antianpo.wordpress.com/

----集会等のお知らせ------

●12月25日(金)18:00~会議・第二回実行委員会 ●
2016.2.14 集会タイトル(案)
-辺野古新基地NO! 安保法制廃止! 原発再稼働反対!-
     立憲主義と民主主義を破壊する
      アベ政治を許さない!



集会呼びかけ文 http://tinyurl.com/ho77wrj


主催:アベ政治を許さない実行委員会


日時:12月25日(金)18:00~ 第二回会議(どなたでもご自由に参加を。)


場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)


福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)





連絡先:080-6420-6211(青柳)

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
    結審・原発労働裁判 梅田さんを支える会
ニュースレターNO.14(2015.11.27発行)
http://tinyurl.com/q66eogt

福岡地裁への署名ご協力をお願いします。
http://tinyurl.com/psvsq5a (署名用紙)

最終弁論 2016年1月8日(金)12:45~門前集会@福岡地裁正門前
        法廷13:15-14:00 (301号)

●●


facebook: http://tinyurl.com/pytdluz


twitter: @aoyagi7


ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●
HP: http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
新チラシ http://tinyurl.com/nf3xg6a
10.6 九州電力本店との交渉経過報告
全文内容・写真付 http://tinyurl.com/pw6q6nj

●「原発なくそう!九州川内訴訟」●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設)
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    —-テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!—-

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中