NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1742日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。1月26日。【転送・転載大歓迎】

※本日からテントは開設。よろしくお願い致します。

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1742日目報告☆
      呼びかけ人賛同者1月2え日合計4069名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
お疲れさまです。
川内原発の火災防護用のケーブルのチェックが十分ではないという記事が
載っていました。
原子力「推進」委員会がやった手抜きです。
地域住民の安全は いったいどこに棚上げされたのでしょうか。
あんくるトム工房
火災防護ケーブルの分離は? http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3775

★ 橋本左門 さんから:


 ☆争点をずらした作戦勝ちの票 辺野古移設は依然反対


      (左門 2015・1・26-1278)


※《佐喜真氏に投票した人にも「県外に移してほしい」「市民


としては普天間固定化阻止、県民としては辺野古移設反対」


などの声があった。・・・・公明党県本部幹部も「あくまで辺野


古移設には反対」と言う。・・・・辺野古移設に触れず、「1日


も早い閉鎖・撤去」を訴えた佐喜真氏への市民の期待を、そ


のまま辺野古移設私事と受け取ることは出来まい》(朝日、


本日、社説)は妥当な見解だ。首相の「挑戦」を許さない!!

★ 福岡市の福島久子 さんから:
異物混入の廃棄食品だけでなく、消費期限が切れた食品も売られていました。
大量消費の時代は終わったのに、大量生産するから大量廃棄になるのです。
(川柳)
☆ 廃棄物 大量生産の成れの果て
☆ 作る手間 流通する手間 棄てる手間

★ 大沢明 さんから:
巨大な九州電力本店ビル、その前の小さな「テントひろば」で考えたこと。
・九州電力は、「原発の九電」
・テントひろばは、「命の宮殿」
どちらが、命を大切にしているでしょう。

「原発」は、核兵器と同じで、破壊と破滅をもたらします。
人類だけでなく、生物全てに影響を与え、死滅させます。
「九電」は、原発の「安全神話」が崩れた今、日本の将来と人類の未来を深く考
慮し、安全で永続可能なエネルギーを、提供すべきです。
「命の宮殿」は、時代錯誤の「旧電ビル」には有りません。
「命の宮殿」は、人種、宗教、民族に関係なく、テントひろばを通る「全 ての
人」にあ ります。
九電で働く社員も「命の重み」 を考えて、原発以外の次世代エネルギーを提供
すべきです。
・九電に一言。
税金だけを吸収する「吸収電力」。
放射能は、人の命を急襲します。だから今の九電は、「急襲電力」です。
「急襲電力」は、電力自由化で、「休電」になり、「休終電力」で終電です!
テントひろば村長・青柳先生と「命の宮殿」を守る対話で考えました。

★ 大原 さんから:
「もし伊方原発で事故が起きたら」
  ~人ごとではない伊方原発事故時の影響~
  ~福島の子どもたちの実態~
・林敬次医師
 (福島原発事故による健康障害の研究・ウラニウム兵器の医学的研究など)
・青山貞一さん(環境総合研究所顧問)

1月31日(日)10:00~12:30
大分市男女共同参画センター「アイネス」2F大会議室
資料代500円
主催:「311いのちのわ」さよなら原発おおいた実行委員会
080-1760-5540(佐伯)

★ 舩津康幸 さんから:
1月26日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号43.ま
で) 記事紹介全体はこちらに⇒http://tinyurl.com/hs9shd5
こちらのフェイスブックにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com
/yasuyuki.funatsu

おはようございます。(1.26.5:33)ネット上の検索結果をざっと並べ
てみます。
昨日は、高浜原発の再稼働が予定されていることを受けての記事がきょうも多
数、周辺地域では集会・デモや異議申し立てが行われています。
(12~13.)また、京都・滋賀の
自治体での動きを伝える記事も多数あります。(10から11’)
それではいつものように川内(せんだい)原発、玄海原発関連記事からはじめます。

川内(せんだい)原発関連、
1.●●●「再稼働の川内1・2号機 火災防護のケーブル分離状況 現場確認
各1カ所だけ」しんぶん赤旗2016年1月25日(月)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-01-25/2016012501_01_1.html
2.●●●「川内原発の免震棟撤回、安全性は 再稼働後の変更に疑問の声」西日
本電子版2016年01月26日 03時00分 更新
http://qbiz.jp/article/79327/1/

玄海原発関連、
3.●●「(論説)玄海原発廃炉」佐賀新聞2016年01月25日 05時00分
http://www.saga-s.co.jp/column/ronsetsu/271889

4.(佐賀)「免震棟「見直し」、規制委どう判断」朝日デジタル2016年1月26
日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASJ1Q4437J1QTTHB006.html

★ 中西正之 さんから:
Facebookで塩崎雅一さまから伊方原発最高裁判決の全文を教えていただきました。
伊方原発訴訟は、日本で初めて原発の安全性をめぐって争われた裁判。
建設に反対する周辺住民が1973年8月に提訴。1992年10月29日、最高裁は上告を
棄却し、原告敗訴が確定しました。最高裁判所 裁判全文
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/276/054276_hanrei.pdf

裁判要旨は
一 原子炉施設の安全性に関する被告行政庁の判断の適否が争われる原子炉設置
許可処分の取消訴訟における裁判所の審理、判断は、原子力委員会若しくは原子
炉安全専門審査会の専門技術的な調査審議及び判断を基にしてされた被告行政庁
の判断に不合理な点があるか否かという観点から行われるべきであつて、現在の
科学技術水準に照らし、右調査審議において用いられた具体的審査基準に不合理
な点があり、あるいは当該原子炉施設が右の具体的審査基準に適合するとした原
子力委員会若しくは原子炉安全専門審査会の調査審議及び判断の過程に看過し難
い過誤、欠落があり、被告行政庁の判断がこれに依拠してされたと認められる場
合には、被告行政庁の右判断に不合理な点があるものとして、右判断に基づく原
子炉設置許可処分は違法と解すべきである。

二 原子炉施設の安全性に関する被告行政庁の判断の適否が争われる原子炉設置
許可処分の取消訴訟においては、右判断に不合理な点があることの主張、立証責
任は、本来、原告が負うべきものであるが、被告行政庁の側において、まず、原
子力委員会若しくは原子炉安全専門審査会の調査審議において用いられた具体的
審査基準並びに調査審議及び判断の過程等、被告行政庁の判断に不合理な点のな
いことを相当の根拠、資料に基づき主張、立証する必要があり、被告行政庁が右
主張、立証を尽くさない場合には、被告行政庁がした右判断に不合理な点がある
ことが事実上推認される。

三 原子炉設置の許可の段階の安全審査においては、当該原子炉施設の基本設計
の安全性にかかわる事項のみをその対象とするものと解すべきである。
**********
判決全文は、僅か9ページで要旨は、ここに示しただけです。
しかし、この要旨に、最高裁伊方判決が福島第一原発の過酷事故を引き起こした
大きな責任が、極めて分かりやすく、説明されています。
判決全文を読むほうが良いのですが、2つの大きな論旨の誤りが有ると思われます。
一番目は、判決全文では2ページの『各専門分野の学識経験者等を擁する原子力
委員会の科学的、専門技術的知見に基づく意見を聴き、これを尊重するという、
慎重な手続が定められていることを考慮する』の論旨が何度も繰り返されていま
すが、これはその当時の仮説であり、福島第一原発の過酷事故時の対応と、日本
の原子力規制組織を集約して設立された新規制委員会が、海外の規制委員会に比
べて、如何にお粗末な組織かを調べれば、明らかな事です。福島第一原発の放射
性汚染水を、ビニールシート2枚と10mm厚み粘土シートを重ねて、露天掘り
プールに貯める事を、何の知見も無く許可した組織です。

二番目が一番重要と思われるが、6ページの『被告行政庁がした右判断に不合理
な点があることの主張、立証責任は、本来、原告が負うべきものと解されるが、
当該原子炉施設の安全審査に関する資料をすべて被告行政庁の側が保持している
ことなどの点を考慮すると、被告行政庁の側において、まず、その依拠した前記
の具体的審査基準並びに調査審議及び判断の過程等、被告行政庁の判断に不合理
な点のないことを相当の根拠、資料に基づき主張、立証する必要があり、被告行
政庁が右主張、立証を尽くさない場合には、被告行政庁がした右判断に不合理な
点があることが事実上推認されるものというべきである。』

 判決は「本来、原告が負うべきものと解されるが、当該原子炉施設の安全審査
に関する資料をすべて被告行政庁の側が保持していることなどの点を考慮する
と」と矮小化されているが、国際的に、
**************
製造物責任の意義
損害賠償責任を追及する場合、民報の不法為法における一般原則によれば、要件
の一つとして加害者に故意・過失があったことにつき被害者側が証明を負う。つ
まり民法で損害賠償を請求する際には、被告の過失を原告が立証する必要があ
る。しかし多くは、過失の証明が困難であるために損害賠償を得ることが不可能
になる場合があるとの問題意識から、同法で製造者の過失を要件とせず、製造物
に欠陥があったことを要件とすることにより、損害賠償責任を追及しやすくし
た。このことに製造物責任の意義がある。

無過失責任としての製造物責任に関する扱いとしては、まず、1960年代初めのア
メリカで、fault(過失)を要件としない strict liability(厳格責任)の一類
型として判例で確立された。また、ヨーロッパでは製造物責任の扱いについて各
国でかなりの差異があったが、その均一化を図る必要があるとして、1985年に当
時のEC閣僚理事会において製造物責任に関する法律の統一に関する指令が採択さ
れ、その指令に基づき各国で製造物責任に関する立法が導入された。
日本では、本法が制定される前は、民法が過失責任の原則を採用していることを
前提に、製造物に欠陥が存在することをもって製造者の過失を事実上推定する方
法により被害者の救済を図ってきたが、当時のEC諸国の動向を受けて立法が検討
され、本法が1994年に制定された。
**************
が時代の趨勢になってきたが、原発の事故は製造物による事故では無いので、こ
の精神は適用されずに、原発による事故の賠償は、因果関係の立証が必要とされ
ています。
しかし、公害被害について、因果関係が立証されているものなど、たくさんは無
いと思われます。
公害被害に限らず、一般の科学・技術の因果関係の理論の殆どは仮説と思われます。
ニュートン力学における、理論的予測からの海王星の発見、マックスウエルの電
磁波理論による電波の発見、アインシュタインの質量エネルギー変換論により開
発された原子爆弾の爆発試験の確認のような、明確な証拠があって初めて、仮説
は真実になると思われます。
 最高裁伊方判決の仮説は、間違っていたことが証明されたと思われます。

★ たんぽぽ舎 さんから:
紹介内容全体はこちらに⇒http://tinyurl.com/jhhkau4
【TMM:No2689】
2016年1月25日(月)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

1.高浜原発再稼働やめよ!行動に関西と全国から600人
   福井県高浜原発ゲート前と高浜町で集会2回、デモ2回
   3年前の大飯原発闘争と比べて前進した運動
       柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)
2.関電高浜原発ゲート近くにテント(高浜全国集会参加報告)
      (K・M) テント日誌1月24日(日)より抜粋
3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
  ◆2/3より三原由起子写真展<The Street View. Chernobyl to Fukushima>
   「2年経て 浪江の町を散歩する Googleストリートビューを駆使して」
   会場/銀座 ニコンサロン 2月3日(水)より16日(火)
  ◆3.11から5年 チェルノブイリから30年 守りたいのは未来
   だから、原発ゼロ。第5回原発ゼロへのカウントダウンinかわさき集会
   場所:中原平和公園 ゲストトーク秋山豊寛さん、ほか
4.テント日誌1月24日(日)
   経産省前テントひろば1595日
   宜野湾市長選など話題はつきない (I・K)

★ 安間 武 さんから:
化学物質問題市民研究会 メールサービス 2016年1月25日 第501号
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/
————————-
■集会・アクション
————————-
◆デモ抗議開催情報まとめ (戦争・安倍政治等)【2016年1月25日 更新】
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

◆日本全国デモ情報 (マガジン9)【2016年1月22日 更新】
http://www.magazine9.jp/demoinfo/

———–
■ 原発
———–
◆ 英原発建設、日本勢で1兆円 日立が企業連合
(日本経済新聞 2016年1月25日)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ22HLQ_U6A120C1MM8000/

◆ 高浜原発3号機、29日にも再稼働 関西電力が発表
(朝日新聞 2016年1月25日)
http://www.asahi.com/articles/ASJ1T412GJ1TPLFA001.html

◆ 寒さに負けず180回目の抗議~1.22 再稼働反対!金曜行動レポート
(レイバーネット日本 2016年1月22日)
http://www.labornetjp.org/news/2016/0122kinosita

◆ 「沿岸海底下等における地層処分の技術的課題に関する研究会」を設置します
(経済産業省 プレスリリース 2016年1月20日)
http://www.meti.go.jp/press/2015/01/20160120005/20160120005.html

————
■ 沖縄
————
◆ 宜野湾市長選大敗「民意失った」 辺野古反対へ知事痛手
(朝日新聞 2016年1月25日)
http://www.asahi.com/articles/ASJ1T312WJ1TTIPE004.html

◆ 【琉球新報と沖縄タイムスの社説】 宜野湾市長選 新基地容認ではない/辺
野古外しが奏功した
(47NEWS 2016年1月25日)
http://www.47news.jp/47topics/e/272911.php

◆ 社説/宜野湾市長選 辺野古信任とは言えぬ
(東京新聞 2016年1月25日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016012502000142.html

◆ 市民、ブロック積み抗議 辺野古、機動隊が排除
(琉球新報 2016年1月25日)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-210008.html

◆ 【狂気の沙汰②】辺野古機動隊員がママの会のメンバーに暴言!「お前たちに
は汚い血が流れている」「俺の写真を待ち受けにしろ」「世界に発信しろ」⇒
ネッ ト民に発信される(健康になるためのブログ 2016年1月22日)
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/11795

★ 伊波 洋一 @ihayoichi さんから:
・普天間飛行場の月別飛行航跡集約図を見ると、
いかに酷(ひど)い飛び方で米軍ヘリやオスプレイが宜野湾市の住宅地上空を縦横
無尽に飛んでいるかわかる。
通常の米軍ヘリ飛行とオスプレイ飛行が別々に集約されている。

・25日朝から片付け、2、3日で閉める。マスコミ取材を受け、市長選の敗因を問
われた。
普天間返還合意から20年、オスプレイ配備から4年、ますます激しくなる爆音被
害に悲鳴をあげる市民の思いを政策に十分に表現できなかったことも一つと答えた。

リツイート
沖縄タイムス辺野古取材班 @times_henoko  1月25日午前8時25分ごろ、稲
嶺進名護市長が米軍キャンプ・シュワブゲート前を訪れました。
24日の宜野湾市長選の結果は辺野古移設を認めたわけではないとして
「雨にも風にも負けず結束をみせていこう」と激励しました。

----集会等のお知らせ------

● 2.14 アベ政治を許さない!in 福岡集会 ●
   -辺野古新基地NO! 安保法制廃止! 原発再稼働反対!-
         http://tinyurl.com/h2dfol9
 連絡先:(ひろば・テント080-6420-6211青柳行信)

みなさんの賛同金で 2.14集会は開催されます
 団体一口 一万円 (何口でも可)
 個人一口 500円 (何口でも可)
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡
 口座番号 01770-5-71599
通信欄に「2.14アベ政治を許さない集会」とおねがいします。
  ▼他行からの振込:指定内容
   店名(店番)・・・一七九店(179)
      預金項目・・・・・・・・当座
   口座番号・・・0071599

・全国2000万人の「戦争法の廃止を求める統一署名」
http://tinyurl.com/zc885w2

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
判決 4月15日(金)10:00~門前集会@福岡地裁正門前
        法廷10:30 (301号)
福岡地裁への署名ご協力をお願いします。
(署名用紙) http://tinyurl.com/nkrwz3a

●●


facebook: http://tinyurl.com/pytdluz


twitter: @aoyagi7


ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●
HP: http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
最新チラシ http://tinyurl.com/zvg6xsz

●九州玄海訴訟●
第16回公判3月18日(金)意見陳述予定
鴨下祐也さん(元国立福島高専物質工学科准教授)、イ・ジョンミさん(歌手)

★原発なくそう!1万人原告記念フェスティバル~さあ、みんなで歩みだそう。
原発のない未来へ★ http://no-genpatsu.main.jp/ 〈ゲスト〉吉原毅(城南信用
金庫前理事長)/中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)
  *参加費無料
と き 2月6日(土)マルシェオープン11:30/オープニング12:30
ところ 福岡国際会議場メインホール(福岡市博多区石城町2-1)
公式CM http://youtu.be/n8Kn0bNltj8

●原発メーカー訴訟の会・本人訴訟団●
HP: http://www.nonukes-maker.com/
法廷で陳述される内容を事前公表 ー原発メーカーの責任について
http://oklos-che.blogspot.com/2016/01/blog-post_16.html

●「原発なくそう!九州川内訴訟」●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
         ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設)
      ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
         場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    —-テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!—-

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中