NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1809日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。4月2日。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1809日目報告☆
      呼びかけ人賛同者4月1日合計4116名
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さん
お疲れさまです。
電力のお自由化で、私たちはどこからでも電気が買えるようになりました。
そんな中で、九電の瓜生社長は 玄海原発が停まったら、電気代を値上げ
しなければならないと言いました。 現状を見ていない発言ですね。
電気代が上がったら、消費者は 他の供給者から電気を買うでしょう。
まったく 九電のトップは 経営者として失格ですね。
あんくるトム工房
電力の自由化   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3859
来んしゃい金曜脱原発 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3860

★ 橋本左門 さんから:
 ☆一般紙にも「アベノミクスに停滞感」「トリクルダウン」はノックダウンに
       (左門 2016・4・2-1335)
 ※「マイナス金利」という「殺人的外科手術」は当然のこと効き目が無く、
 まさに「血も涙も零れない(トリクルダウン無し)」へ逢着し「停滞」し閉塞
 したのです。「株価が再び上昇するには、大規模な経済対策が必要だ」
 (三菱UFJモルガン・スタンレー証券の新井誠治氏)。軍需産業の公然
 化が臭います。「民のかまどはにぎわいにけり」は、天武天皇が3年間
 税を取らなかったので民が潤ったことを詠んだとあります。首相よ学べ。

★ 福岡市の福島久子 さんから:
4/1日から電力会社を選べる。
これまで九電は使うほどに基本料金が高くなっていた。
理不尽に思っていたが、資源が有限であることを考えればそれが妥当のようにも
思えるし。
しかし使うほどに安くなるのも魅力だし。
いずれにせよ原発の電気は買いません。
今日はハンナ&マイケルさんのパクリです。
(川柳) ☆ 九電よ頭切り替え廃炉にせよ

★ 乱 鬼龍 さんから:
 ☆ 4/1 脱原発川柳【エイプリルフール 今日もほざくか 再稼働】

★ 舩津康幸 さんから:
4月2日朝の原発事故被害地域・原発・電力の関連記事。(記事番号71.ま
で) 記事紹介全体はこちらに⇒http://tinyurl.com/gku2da2
こちらのフェイスブックにも書き込んでいます⇒https://www.facebook.com
/yasuyuki.funatsu
※3日と4日の朝は休みます。

おはようございます。(4.2.5:51)ネット上の記事をざっと並べてみます。
昨日からの電力自由化、年度が替わって入社式などに関連する記事が多数ありま
すが、きょうも九州の原発や電力に関する重要な記事が冒頭から多数あります。
原発事故被害地域では、「最大は双葉・前田川5万4500ベクレル 河川堆積土砂
調査」(36)、フクイチで「凍土壁2200人が従事=平均被ばく15ミリシーベ
ルト超」(35)という昨日の記事が一部訂正されています。
さて、今朝も、川内(せんだい)原発・玄海原発関連、九電、九州の電力へとす
すめていきます。

川内(せんだい)原発関連、
1.◎◎◎「川内原発免震重要棟撤回に抗議」NHK鹿児島2016年04月01日17時48
分更新
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5054143481.html?t=1459542297311

2.●●「川内原発測定装置で九電社長「県が基準に従って設置」」産経新聞?4月
1日(金)7時55分配信
http://www.sankei.com/region/news/160401/rgn1604010029-n1.html

玄海原発関連、
3.●(佐賀県)「正念場の山口県政2年目 将来に責任ある議論を」佐賀新聞
2016年04月01日 05時00分
http://www.saga-s.co.jp/column/ronsetsu/295518

4.●●●「耐震か免震「検討中」 九電社長 見通し示さず 玄海原発」佐賀新
聞2016年04月01日 09時30分 http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/295581

5.●●「規制委、「玄海はとびとびで」 川内審査を優先」佐賀新聞2016年04月
01日 13時48分???????? http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/295756

70.「<小出裕章さんに聞く>」老朽原発美浜3号機の20年延長は大問題」ア
ジアプレス・ネットワーク?4月1日(金)10時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00010000-asiap-soci

★ 崔 勝久 さんから:
「憲法は核兵器保有を禁止せず」政府、閣議で答弁書決定
2016年4月1日22時39分 朝日新聞
http://digital.asahi.com/articles/ASJ41540ZJ41UTFK00K.html
政府は1日の閣議で、「憲法9条は一切の核兵器の保有および使用を禁止してい
るわけではない」とする答弁書を決定した。そのうえで「非核三原則により、政
策上の方針として一切の核兵器を保有しないという原則を堅持している」との見
解も併せて示した。
これはまるで逆です。日本は憲法9条で「戦力」を禁止しています。原子力基本
法の改正で、原発を「安全保障に資する」としたことも違憲です。日本は、核兵
器、原発をもたないということを明確にすべきなのです。

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<東京電力福島原子力事故調査報告書を読んで1>を報告します。

東電の事故調査報告書は自社に都合が良いように作成されているかなと考えて、
今まで一度も読んだ事が有りませんでした。しかし、福島第一原発の過酷事故が
発生してから長い間、IAEAの深層防護の第4層の事が理解できていなかった
ので、最近になって各種の事故調査報告書を読み直してみました。そうしてみる
と、今まで気が付かなかったことが、続々出てきましたので、今回東京電力福島
原子力事故調査報告書を読み始めました。

http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu12_j/images/120620j0303.pdf
読み始めてみると、大切な事がたくさんあります。
 この報告書の冒頭の6ページからに、大津波問題が報告されています。東京電
力が、福島原発沖の大津波問題が段々大きな問題として取り上げられるようにな
り、あちらこちらで15mクラスの大津波問題が追及され始めたが、大防潮堤の
建設の決断をしないうちに大津波に襲われて、福島第一原発は過酷事故が発生
し、大惨事となりました。しかし、東日本大震災の前に、東京電力が明らかに
なってきた15mクラスの大津波に対する大防潮堤の建設を決断して、設置工事
を始めても3~4年間はかかったでしょうから、福島原発の過酷事故の防止には
間に合わなかったと思われます。
 この報告書は2011年3月11日までに、15mクラスの大津波に対する大
防潮堤の建設を決断しなかったことはやむを得なかったことばかりが報告されて
いますが、他に手段は無かったのかの検討が抜けているように思われます。この
考え方は、強固な単層防護の考え方と思われます。東京電力も、原発の規制官庁
から、シビアアクシデント対策は電力業者の自主対策を行う事との規制が有った
ので、シビアアクシデント対策書は作成していました。そして、EU規制のよう
なフィルター付きベントではありませんでしたが、圧力制御室の2000トンの
水を潜らせるウエットベントの取り付けを行っていました。また、新潟沖地震の
時の教訓から、免震重要棟も建設していました。

 その点では、東京電力は一定程度のシビアアクシデント対策は行っていまし
た。そのために、福島第一原発の2号機はウエットベントに失敗して、大量の放
射性物質を大気中に放出してしまいましたが、1号機、3号機はウエットベント
に成功し、今の福島の現状位に収まりました。今でも、フィルター付きベントの
取り付けも、免震重要棟の設置も行わない九州電力よりは、少しましだったので
あの程度で済んだと思われます。東京電力は、ある程度はIAEAの深層防護の
第4層も取り入れていたと思われます。
 しかし、IAEAの5層の深層防護の考えは、それぞれ分野の異なる5層の防
御手段に振り分けて、住民の被曝リスクを最小にする事と思われます。
 大津波問題が先鋭化していた、2011年3月なら、そのリスクは5層の深層
防護に振り分けてもっと被曝リスクを少なくできたはずです。しかし、75ペー
ジまで読んでいても、その事を検討した後が見られません。

★ たんぽぽ舎 さんから:
紹介内容全体はこちらに⇒http://tinyurl.com/h48ho9e
【TMM:No2746】
2016年4月1日(金)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

1.原発と共に迷走する原子力規制委員会
   原発内部には何の対策も打ててはいない。
  できもしないデブリ回収という「机上の空論」を展開している場合ではない
  山崎久隆(たんぽぽ舎)
2.地震と原発、切っても切れない危険な間柄
   気負わず身近に語る場がたんぽぽ舎にはあります。
 《地震がよくわかる会に参加して》永山一美 (たんぽぽ舎ボランティア)
3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
  ◆「放射線像・首都圏リレー開催2016」
        神奈川(横浜) 5/20(金)-5/22(日)
    埼玉(蕨)     6/3(金)-6/5(日)
    東京(久我山)   6/10(金)-6/12(日)
    千葉(本八幡)   6/17(金)-6/19(日)
4.新聞より2つ
  ◆ 浜岡事故時で94万人避難 静岡県広域計画  7都県受け入れ想定
         (4月1日東京新聞より抜粋)
  ◆ 高さ22メートルの防潮堤完成  浜岡原発
         (3月31日東京新聞夕刊より)

★ 松井英介・乳歯保存N(岐阜) さんから:
「メルマガ」は「楽市楽座」
―「乳歯保存ネットワーク」のメール・マガジン発刊にあたって ―

–      なぜ乳歯保存なのですか?
–      なぜストロンチウム90を測定するのですか?
–      「乳歯保存ネットワーク」が目指しているのは何ですか?

これらの疑問に対する答は、すでに「乳歯保存ネットワーク」のホーム・ページ
にありますので、ぜひお目通しください:  http://www.pdn311.town-web.net/

–      ところで、メール・マガジン(メルマガ)とは何でしょうか?

メール・マガジン発刊にあたって、私なりの思うところを ” Q&A  形式 ” で
短く述べれば、次のようになろうかと思いま す。

Q:なぜ ” 乳歯保存 ” なのですか?

A: 乳歯には、集中的にストロンチウム90が沈着して出て行かないからです。乳
歯は、どなたも身近に体験したことのある親しみ深いものです。私たちの身体の
他の部分と違って、容易に手に入ります。昨年9月「乳歯を捨てずに保存しま
しょう」と私たちが呼びかけてからまだ半年ですが、すでに197人(2016-03-26
現在)の方がたが「呼びかけ人」に加わって下さっています。

  Q:なぜストロンチウム90を測定するのですか?

A:原子炉の中でウラン235やプルトニウム239が分裂したときさまざまな人工核
種が生成されます。これら人工核種は私たちのいのちを傷つけます。とくに胎児
や小さな子どもは影響を受けやすいので、人工核種は本来ゼロでなければなりま
せん。自然生活環境にあってはならないものなのです。ストロンチウム90はそれ
ら核種の中で最も厄介なもののひとつです。

Q:「乳歯保存ネットワーク」が目指しているものは何ですか?

A:3.11原発大惨事によって自然生活環境にどれだけのスロトンチウム90が放出
されたのか。身体の中に取り込まれたのはどれだけか。それによってどのような
健康障害が予想されるのか。予想される病気や遺伝的影響を予防するにはどうす
れば良いのか。日本政府にはこれらの問いに応える責任があります。なぜなら、
日本政府は国策として原発を推進してきたからです。
ところが、なぜか日本政府はこれらの問いに十分応えていません。例えば食べ物
や乳児用粉ミルクの安全基準としてセシウム137の限度値を示していますが、ス
ロトンチウム90の値を示していません。測定用の技術や装置はあるのです。約半
世紀前、大気圏内核実験が盛んにやられていたときには、全国各地で測定されて
いましたから。

乳歯ストロンチウム90測定は決して容易ではありませんが、全国、全世界の知恵
と力を結集すれば決して不可能ではありません。私たちの世代には次世代のいの
ちと人間の尊厳を守る責任があると考える人が手をつなげば実現できる課題です。

すでに多くの市民、研究者、測定技術者、医師・歯科医師、弁護士などが「呼び
かけ人」に加わっています。測定所の青写真や必要経費についての議論も始めま
した。

「乳歯保存ネットワーク」の目的は、繰り返しますが、次世代のいのちと尊厳を
守ることです。そのためには何万本もの乳歯を保存する必要があります。そして
それらに含まれるストロンチウム90を測定するのです。同時に、母乳や粉ミルク
の測定も大切な課題です。これら測定結果をもとに議論を深め、測定結果をまと
め、日本政府や自治体に提言するのです。日本政府が自らの責任で乳歯ストロン
チウム90を測定し、病気や遺伝障害の予防措置をとるよう強く要求することが、
もうひとつの大きな目的です。

Q:メール・マガジン(メルマガ)とは何ですか?

A:メール・マガジン(メルマガ)は要するに「会報の電子版」です。最近は変
な横文字言とそれの短縮語が横行しています。「メルマガ」もそのひとつです。
抵抗のある方もいらっしゃると思いますが、「会報の電子版」では硬いし、「乳
歯保存ネットワーク」の運営委員会でも「メルマガ」ですので、あえて使うこと
にしました。

メルマガは「楽市楽座」だと、私は思います。
突然、なぜ「楽市楽座」なのか?
「楽市楽座」は、昔の庶民の知恵でした。そこに来れば身分や年齢、男女の差、
経済的な貧富の格差を気にすることなく、話し合い・交流ができました。岐阜駅
の近くにある「円徳寺」がその中心でした。信長ゆかりの寺などと書いてありま
すが、信長が登場する前にすでに「楽市楽座」はあったのです。天下統一を目指
した当時の独裁者・織田信長が自分の手柄のように宣伝したので、それが誤って
伝えられてきたというわけです。

「乳歯保存ネットワーク」には、さまざまな経歴や人生を背負った人びとが集
まっています。3.11大惨事がなければ顔を合わすこともなかった人たちが、乳歯
保存の一点に共感して、言葉を交わすようになりました。
ところが、例えば基礎物理学の研究者と小さな子ども抱えて移り住んできた普通
のお母さんやお父さんとでは、ものを見たときの感覚が違います。生まれ育った
国や日常の言葉や風習が違えば、その違いはさらに大きいかもしれません。で
も、子どもを想う心、未来世代が健やかに育って欲しいと願う心に大きな違いは
ないと、私は自分のささやかな経験から考えるのです。
「眼は口ほどにものを言い」といいますが、しっかり眼を見て話し合えば、お互
いの違いを理解し合い、その違いを乗り越えることができるのではないでしょうか。

乳歯を保存し、それをきちっと保管し、それに含まれるストロンチウム90を測定
するという課題を実現するには、まず、集まったひとがお互いの違いを理解しあ
う必要があります。何よりも子どもたちが背負った痛みが分からなければなりま
せん。女子中学生に「私、子どもを産んでも良いのだろうか?」と言わせる状況
を作った責任が私にもあるからです。

しかし、厄介なことには、普通の日常生活の場で放射線は見えません。五感では
感じられません。それを見えるようにしたのが物理学者です。例えば「霧箱」。
「霧箱」の中にベータ線を見つけたとき、私たちはあっと驚き、特別の感覚に包
まれます。
スーパー・カミオカンデで宇宙線を見たときの感覚も同じではないでしょうか。
ストロンチウム90が放射するベータ線を理解するには、まず特別な眼が必要で
す。その眼を手に入れたとき、私たちは今までとは違った新しい世界に一歩踏み
込んだのだと、私は思います。
住み慣れたふるさとを後にし、小さな子どもを抱えて遠く離れた地に移り住んだ
お母さんやお父さんが、そして誰よりも子どもが背負った不安・心の痛みは、直
接目を見ながら話を聴かなければ、わかりません。

「放射線恐怖症」という言葉を作り出し流布した人たちがいます。「放射線を怖
がるから病気になる」のだという宣伝です。「風評被害」という言葉も盛んに流
布されました。放射線の害を指摘すると、「風評被害」だという具合です。「見
ざる、言わざる、聞かざる」の押しつけです。「核」=原爆と原発を世界中に広
めようとする人たちにとって、放射線とそれによる病気や障害の知識は邪魔なの
です。

ドイツの哲学者ハンス・ヨナスは「産業革命以後、自らの責任について考えるに
は知識が必要だ」と言いました。「核」時代の責任について議論するには、さら
に新しい知識と感性が不可欠なのではないでしょうか。
私たちは、私たちが身につけた新しい知識を、小さいこどもたち、小学生や中学
生にわかる言葉で語りましょう。
彼らが短い言葉で伝えようとする鋭い問かけに応えられるよう、常に心の準備を
しましょう。
彼らが身体で表現する無念な想いや怒りをしっかり受けとめられるように、お互
いの眼が間近にみられる高さまで、自らの身を低くしましょう。

「核」とは共存できない、次世代に「核」を残すべきでないと考える私たちは、
「核」と「核」が生み出した病気や障害の知識を集めましょう。知り知らせる努
力を重ねましょう。
乳歯のストロンチウム90測定はその入門編だと、私は思います。

「予防を主とし、治療を従とする」。これは、一臨床医としての私のモットーで
す。

–  まずは、病気の元を断つ、一次予防です。
そのためには、人工核種に汚染された地域から、汚染の少ない地域に移り住める
ように、日本政府が法的・財政的措置をとるよう要求する必要があります。
  また、乳児用粉ミルクなど乳児食品の安全性を確保するために、それらに含ま
れるストロンチウム90をなど人工核種の測定を義務づけ、同時に乳児の安全基準
を制定させなければなりません。

–  つぎに重要なのは、病気を早期に見つける、二次予防です。
病気や障害が軽いうちに治療することによって、いのちを救い、重い後遺症を予
防するのです。

このメール・マガジン(メルマガ)が、子どもたち次世代のいのちと尊厳を守り
たいと願う人びとの話し合いの場になるよう、願って止みません。
積極的かつ具体的な行動計画の提言をお願いいたします。
(完)
※乳歯保存ネットワークにお問い合わせの際は
pdmn311@gmail.comにご連絡をお願いします。

★ HOSHINO MASAKI さんから:
「許すな!憲法改悪・市民連絡会」の市民憲法講座のお知らせです。
   ぜひご参加ください。
第104回市民憲法講座
危ない「緊急事態条項」(国家緊急権)~本当の狙いは何か
  お話:飯島 滋明さん
       (名古屋学院大学准教授・憲法学)
3月末に戦争法制が施行され、「戦争する国」への動きが加速されようとしてい
ます。
また安倍首相は国会で自分の任期中に改憲を実現すると明言するなど憲法改正に
より踏み込んだ姿勢をとっています。
その中で現在大きな争点となっているのが「緊急事態条項(国家緊急権)」で
す。自民党の改憲草案の目玉として、大震災などの緊急時に政府が素早く対応で
きるものだと説明されていますが、ナチスの全権委任法のように国民の人権や民
主主義を侵害する危険性があるとの批判がされています。
今回の講座ではこの緊急事態条項の本当の狙いは何なのか、一緒に考えたいと思
います。 ぜひご参加下さい。
日 時:2016年4月16日(土)6時半開始
会場:文京シビックホール 3F会議室
参加費:800円
主催◆主催:許すな!憲法改悪・市民連絡会
            TEL 03-3221-4668 FAX 03-3221-2558
            http://web-saiyuki.net/kenpoh/

★ 伊波 洋一 (いは よういち)@ihayoichi さんから:
・4月1日金曜日、米海兵隊・普天間飛行場の野嵩ゲート前では平和運動センター
の金曜集会が開かれた。
2012年10月1日のオスプレイ配備以来、毎週金曜日の夕方に開かれている。
今月で96年4月の普天間全面返還発表から20年になる。私も挨拶。

・1日午前9時過ぎ、辺野古崎の連日訪れている海上で抗議していたカヌー隊1人が
米軍警備員に身柄を拘束された。
芥川賞作家の目取真俊さんとみられる。
米軍提供水域に入った刑事特別法違反の疑い。
カヌー隊が米軍側に身柄拘束されるのは初めて。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00000014-okinawat-oki

・「SEALDs RYUKYU(シールズ琉球)」の元山仁士郎さん(24)は自衛隊の配備が
進む県内の実情を語り、
「説明が不十分だ」と指摘。
「自衛隊配備の防衛予算より貧困家庭や待機児童、福祉などの予算に充てるべ
き」と批判。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160329-00000003-ryu-oki

----集会等のお知らせ------

●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判●
判決 4月15日(金)10:00~門前集会@福岡地裁正門前
        法廷10:30 (301号)
報告集会 判決後
場所:福岡県弁護士会館 裁判所内
地図 http://tinyurl.com/hlyn2kp

梅田原発裁判ニュースレター15号 2016・2・26発行
http://tinyurl.com/jgqceak

●原発いらない!九州実行委員会●
拡大世話人会
日時: 4月16日(土)午後2時から5時30分
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター) 交流室
 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●全国2000万人の「戦争法の廃止を求める統一署名」●
http://tinyurl.com/zc885w2

●●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●
HP: http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

●九州玄海訴訟●原告総数 10135 (2/17日現在)
第17回期日 5月20日(金)
第18回期日 9月 9日(金)
URL:http://no-genpatsu.main.jp/

●「玄海原発再稼働を認めないよう求める署名」●
 ・署名用紙はコチラから↓
http://saga-genkai.jimdo.com/2016/01/29/b/
 ・ネット署名はコチラから↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b7b6e6f4415932

●原発メーカー訴訟●
http://www.nonukes-maker.com/
「第4回メーカー訴訟の会速報です。「弁論終結」 に怒り!!」
http://maker-sosho.main.jp/news/2329/

●「原発なくそう!九州川内訴訟」●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
    午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
      場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    —-テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!—-

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中