NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1840日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。5月3日。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1840日目報告☆
      呼びかけ人賛同者5月2日合計4143名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】5月2日1名。
       原田美子
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
   <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 橋本左門 さんから:
 ☆調査では「改憲不要過半数」 アベノ「多数」は選挙法詐欺なり
       (左門 2016・5・3-1376)
 ※《改憲不要55% 必要37% 9条 改正反対68%」(朝日新聞
 本日)。兎にも角にも、詐欺であろうと何であろうと、議会の多数を
 せしめれば、形式的に且つ実際として、軍事国家を再現できるぞ。
 これがアベノリスクの本音なのです。「戦争を知らぬ人らが毒ガス
 の造られし島でウサギとふれあう」(岡田独甫詠、朝日歌壇)・・・・

★ 福岡市の福島久子 さんから:
  ☆ 菅直人「脱核勇敢賞」勇気湧く
  ※このメール欄で菅直人氏がシェーナウ電力会社から賞を授与されたのを知り
ました。
  敢えて直人まで表示したのは「菅」とかいて「すが」という政治家がいるから
です。

★ 乱 鬼龍 さんから:
  ☆ 脱原発川柳【G・W 浮かれておれぬ 地震国】

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
IAEAの深層防護の第4層と、フィルター付ベントとその5年間猶予5
<フィルター付ベントは新規制基準には簡単にしか記述されていない>を報告し
ます。

日本では、原発の運転に反対する人の中にも、原発の格納容器は原子炉の圧力容
器から放射性物質が外部に漏洩した場合、それをしっかりと閉じ込めて、放射性
物質を大気中に放出しない設備なので、格納容器にベントを取り付けるのには反
対だとの意見もたくさんあったようです。そして、格納容器の容積が比較的に大
きい加圧水型原発には、ベントの取り付けは行われませんでした。しかし、大量
の水を貯める圧力制御室を持っており、比較的に格納容器の容積が狭い沸騰水型
原発にアメリカでベントの取り付けが始まったので、日本でも福島原発などでベ
ントの取り付け改造が行われました。ただ、日本ではメルトダウンは起きないと
いう安全神話が信じられてきたので、ベントに強固な爆破弁(ラプチャーディス
ク)を取り付け、その結果3基の原子炉で水素爆発が起こりました。

しかし、チェルノブイリの過酷事故を経験し、国土の狭いヨーロッパでは、放射
性物質をいくら強力に格納容器内に閉じ込めても、メルトダウンが起こり格納容
器そのものが爆発して、チェルノブイリの過酷事故をもう一度繰り返すことは許
されないとして、深層防護第4層の考え方が採用されるようになり、加圧水型原
子炉にもフィルター付きベントが取り付けられました。そして、福島第一原発の
過酷事故を経験し、新規制基準を策定する事になり、過酷事故対策が新しく取り
入れられることに成りましたが、過酷な大地震、過酷な大津波、過酷な大噴火や
電源対策は良く検討されましたが、IAEAの深層防護の第4層のメルトダウン
対策については、水素爆発対策以外はあまり検討されませんでした。

 新規制基準の基本部分は、「実用発電用原子炉及びその附属施設の位置、構造
及び設備の基準に関する規則 (平成二十五年六月二十八日原子力規制委員会規
則第五号)」と「実用発電用原子炉及びその附属施設の技術基準に関する規則
(平成二十五年六月二十八日原子力規制委員会規則第六号)」に記述されていま
す。この2通の規則をよく読んでみると、どちらとも、「第二章 設計基準対象
施設」と「第三章 重大事故等対処施設」に分けて記述してあり、「第二章 設
計基準対象施設」は旧規制基準の手直しですので、詳しい基本方針が示されてい
ます。

 しかし、「第三章 重大事故等対処施設」は新規制基準で新しく追加されたも
のですが、内容が漠然としています。
 そして、新規制基準は、これらの基本文章と、「規則の解釈」と「審査ガイ
ド」からできています。そして、「フィルター付ベント」の記述は「第三章 重
大事故等対処施設」には、3行しか説明がありませんが、「規則の解釈」には幾
らかの説明があります。
「実用発電用原子炉及びその附属施設の位置、構造及び設備の基準に関する規則
の解釈」
https://www.nsr.go.jp/data/000069150.pdf

この資料の101ページから102ページに簡単な説明が記載されています。こ
の中で「ⅶ)ラプチャーディスクを使用する場合は、バイパス弁を併置するこ
と。ただし、格納容器圧力逃がし装置の使用の妨げにならないよう、十分に低い
圧力に設定されたラプチャーディスク(原子炉格納容器の隔離機能を目的とした
ものではなく、例えば、配管の窒素充填を目的としたもの)を使用する場合又は
ラプチャーディスクを強制的に手動で破壊する装置を設置する場合を除く。」と
ありますように、一部福島の教訓は生かされているようです。

 今の川内原発1、2号機がヨーロッパではチェルノブイリと同じになるのでは
ないかと心配されている、フィルター付きベントが設置されずに、再稼働が始ま
り、熊本地震がまだ落ち着かないのに、こんなに危険な状態で運転が継続されて
いる事は、不思議で理解に苦しみます。

★ たんぽぽ舎 さんから:
紹介内容全体はこちらに⇒http://tinyurl.com/hy6t3pc
【TMM:No2771】
2016年5月2日(月)地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

1.伊方原発再稼働を止めるためできることはなんでもやる!!
   4.29UNDER CONTROLは嘘っぱち!福島第一原発事故は終わっていない!
   高松行動のご報告です    名出真一(STOP伊方原発!!高松大行動)
2.「自然災害が起こって原子力災害が起きるまでには
   相当時間がありますよ」と平然とウソを言う田中委員長
   中央構造線断層帯が火を吹いているのに川内原発を止めない規制委
   原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会!その93
            木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)
3.熊本でも起きていた誘発地震
   現在の地震学では判断不能
   「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」コラムその149
           島村英紀(地震学者)
4.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
  ◆5/14学習会「スマートメーターへの交換STOP!」         講師:網
代太郎氏(電磁波問題市民研究会事務局)
   電磁波による身体の弱い方への健康被害を懸念
5.新聞より3つ
  ◆深い崩壊感覚 竹田茂夫
    (4月28日東京新聞朝刊29面「本音のコラム」より)
  ◆チェルノブイリ事故30年 ロシアのジャーナリスト警鐘
   100%安全な原子炉 夢物語 政権がウソ 住民説明7日後
   福島の汚染水 他国も関心を  (4月28日東京新聞朝刊3面より抜粋)
  ◆地震 原発止めず大丈夫? 川内停止要望約5000件
   規制委「想定外起きない」 事故恐れ止めた例も
      (4月29日朝日新聞朝刊2面「時時刻刻」より見出しのみ)

★ 黒木 さんから:
*「凍土遮水壁」全面凍結遅れ 第1原発・地上タンク計画に影響
福島民友 2016年05月02日 08時05分
 東京電力福島第1原発1~4号機の周囲の地盤を凍らせる汚染水対策「凍土遮
水壁」の全面凍結で、1日当たり150トンに減らせる見込みだった汚染水がい
まだ同500トン発生し、当初目標よりも3倍のペースで増え続けている。工程
表で2015(平成27)年度中とされていた全面凍結の当初目標は、運用開始
の遅れにより本年度中に先延ばしになった。抜本的な汚染水発生量の低減が図れ
ないことで、汚染水を保管する地上タンクの計画に影響を及ぼし始めている。

 ◆◇◇保管量80万トン

 「凍土壁で建屋内に入る地下水量を少しばかり減らしても汚染水問題は何も解
決しない」。原子力規制委員会の田中俊一委員長(福島市出身)は、地上タンク
での保管が増え続ける放射性トリチウム(三重水素)が含まれる水を海洋放出す
ることが、持続可能な汚染水対策につながると独自に警鐘を鳴らし続ける。

 トリチウム水は水に性質が近いため現在の技術では除去できない。通常の原発
でも発生し、濃度基準を下回れば海洋放出することが世界的に認められている
が、事故後の第1原発ではトリチウム水の取り扱いは5年以上、宙に浮いたま
ま。現在構内にある地上タンクの容量約95万トンに対し、トリチウム水約60
万トンを含む汚染水計約80万トンが保管されたままとなっている。

 既に凍土壁の運用が遅れ、発生する汚染水量の低減が図れないことで、地上タ
ンクの容量に一定の余裕を確保する必要が生じ、溶接型に比べて漏えいの危険性
の高い「ボルト締め型タンク」の継続使用を余儀なくされている。

 ◇◆◇今月中に半減

 東電の試算では、凍土壁の第1段階の効果が想定通りに表れれば、今月中旬に
も護岸からくみ上げて建屋内に戻している汚染地下水量が1日当たり350トン
から100トンに減る。建屋内への地下水流入量同150トンと合わせて、汚染
水の発生は同500トンから同250トンに半減する見込みだ。

 それでも全面凍結が実現されなければ17年4月には、増設で確保された地上
タンクの容量100万トンに対し、トリチウム水などの保管量は約90万トンに
達する。

 全面凍結達成後の汚染水の保管量はまだ試算されていないが、建屋内への流入
量が同50トンに減り、護岸からのくみ上げ分同100トンと合わせ現状の3分
の1以下となる同150トンまで低減されれば、汚染水の増加ペースは緩やかに
なる。

 ◇◇◆限られる時間

 地上タンクの増設に限界がある中、国の作業部会が海洋放出や蒸発などトリチ
ウム水の処理方法ごとの費用や期間を試算。今後、トリチウム水の処理に向けた
議論が本格化してくる。

 だが建屋周辺の井戸からくみ上げ、浄化した汚染地下水を港湾内に流す「サブ
ドレン計画」の容認を漁業者から得るのに1年を要した。トリチウム水の処理方
法について早急に結論を導き出せるかは不透明だ。

 地上タンクの容量をにらみながら議論の時間を稼ぐには凍土壁の全面凍結で汚
染水の発生ペースを緩やかにする必要があるが、全面凍結にはさらに規制委の認
可を得なければならない。

 しかし運用開始が遅れた背景には、凍土壁の影響で懸念される建屋内汚染水の
外部流出の防止策を巡り、規制委との協議が長期化した経緯がある。

 福島第1廃炉推進カンパニーの増田尚宏最高責任者は「現段階で、もっとス
ムーズに進められる何かがあるわけではない。規制委としっかり情報を共有して
進めたい」と限られた時間の中で最善の手段を探る。

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会)  さんから:
当研究会トピックス2016年5月2日 第515号で紹介した記事の一部です。
全ての記事は下記ページでご覧になれます。
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/topics/topics_master.html

———————
■ 集会・アクション
———————
◆ デモ抗議開催情報まとめ(戦争・安倍政治等)(@wiki)
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

◆ 日本全国デモ情報 (マガジン9)
http://www.magazine9.jp/demoinfo/

◆ 5.3あなたも参加しよう!~全国の憲法記念日の行動予定
http://www.labornetjp.org/news/2016/1462091024451staff01

———-
■ 原発
———-
◆ 【社説】 志賀原発断層 北陸電力の見識を問う
(信濃毎日新聞 2016年4月30日)
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160430/KT160428ETI090008000.php

◆ 独の脱原発コスト、電力会社負担2兆9000億円 諮問機関報告
(日本経済新聞 2016年4月28日)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM28H2L_Y6A420C1EAF000/?n_cid=NMAIL002

◆ 核のごみ最終処分場 玄海町長「国選定なら協議」 誘致は否定「物理的に困難」
(佐賀新聞 2016年4月28日)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/306056

◆ 核最終処分場 玄海町内外から懸念 町長に撤回要求
(毎日新聞 2016年4月27日)
http://mainichi.jp/articles/20160428/k00/00m/040/135000c

◆ 史上最悪のチェルノブイリ原発事故から30年~福島では放射能汚染問題は収束
したのか?
(ヘルスプレス 2016年4月27日)
http://healthpress.jp/2016/04/post-2211.html

◆ 世界の原発、行方は チェルノブイリ事故から30年
(朝日新聞 2016年4月26日)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12328434.html?rm=150

◆ もんじゅ廃炉訴訟、国が争う姿勢 「現実的危険性ない」
(朝日新聞 2016年4月23日)
http://www.asahi.com/articles/ASJ3R3F4QJ3RUTIL00G.html

—————–
■ 自然エネルギー
—————–
◆ エネルギー列島2016年版(4)宮城:バイオマス発電がリアス式の海岸へ、太
陽光や潮流も地域の電力源に
(スマートジャパン 2016年04月26日更新)
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1604/26/news031.html

◆ ユーチューブ《Energy Rich Japan》
(Violaine Mochizuki さん 2011年4月27日 にアップロード)
Dr. Harry Lehmann(現在の所属は、ドイツ連邦環境庁(UBA))の報告書紹介(日
本語字幕)

◆エナジー・リッチ・ジャパン(日本語概要版)
http://www.energyrichjapan.info/pdf/ERJ_summary_japanese.pdf

———-
■ 沖縄
———-
◆ 辺野古のフロート撤去開始 国、海域制限解除には応じず
(沖縄タイムス 2016年5月1日)
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=166317

◆ <社説>4・28「屈辱の日」 自己決定権回復を誓う日に
(琉球新報 2016年4月28日)
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-268540.html

◆ <「屈辱の日」>「南連」とは? 沖縄差別の源流
(琉球新報 2016年4月28日)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-268877.html

◆ 「沖縄の人々を先住民族と認めるように」 国連が勧告 政府「アイヌ以外に
存在しない」
(ハフィントンポスト 2016年4月28日)
http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/27/united-nation-okinawa-native_n_9791804.html

◆ 政府「沖縄は先住民ではない」 県内の反応は?
(沖縄タイムス 2016年4月28日 )
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=165846

◆ 「沖縄の人々は先住民族」の撤回要求 国連勧告で外務副大臣 琉球巡る歴史
認識に隔たり
(琉球新報 2016年4月28日)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-268568.html

★ 愛媛の奥村 さんから:
● 憲法違反の「戦争法」強行成立に対する-損害賠償訴訟の原告を募集!!

安倍晋三内閣は、「国際平和支援法」と10本の戦争関連法からなる憲法違反の
「平和安全法制整備法」(「戦争法」)を衆議院本会議及び参議院本会議におい
て強行可決し、成立させました(権力の濫用)。日本国憲法は、このような権力
の濫用を制限し、私たちの自由(人権)を守るために権力の行使を〈法〉で縛る
立憲主義原理を採用しています。

そこで、「戦争法」を廃止させる一つの方法としてこの立憲主義原理を活用し、
権力を濫用し同法を強行成立させた国会議員(地元選出)に対して、侵害される
私たちの〈平和的生存権・基本的人権〉に対する精神的苦痛の損害賠償を求める
訴えを松山地方裁判所に起こします。

「戦争法」が違憲違法である理由の概要
①「戦争法」の立法手続きに、違憲・違法がある。
②「戦争法」は、国際法上の地位にある憲法9条などの恒久平和主義に反する。
③「戦争法」の強行成立は、立憲主義に反する。
④「戦争法」は、国民主権の基本原理に反する。
⑤「戦争法」は、「自衛」という名の「侵略」に加担する。
⑥「戦争法」は、世界の紛争を拡大する。
⑦「戦争法」の強行成立は、議員の職権濫用である(刑事犯罪)。
⑧「戦争法」は、世界の人々の〈平和的生存権・基本的人権〉を侵害する。

●原告受付期限(5月31日)←延期しました。
●国籍・年齢は問いません。訴訟手続き費:1000円
●裁判経過報告などは、下記ホームページとメールに限定。

詳細はメールで合わせください。
原告手続きの方法などの説明書をお送りします。

訴状などの見本などを下記ホームページに掲載。
自由に活用ください。

訴状案
http://www.geocities.jp/peacefulmamapapa/2.pdf

裁判原告募集ちらし
http://www.geocities.jp/peacefulmamapapa/111.pdf

当裁判のホームページ
http://www.geocities.jp/peacefulmamapapa/

呼びかけ
えひめ教科書裁判を支える会
「戦争法(安保法)」廃止!Net・今治(有志)
Kimagure53998@yahoo.co.jp

★ 前田 朗 さんから:
※ ヘイト・スピーチ研究文献(53)ヘイト・スピーチのグローバル化
前田朗「ヘイト・スピーチのグローバル化と日本」『社会評論』184号(20
16年)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2016/05/blog-post_1.html

※  新刊案内です。
前田 朗『パロディのパロディ 井上ひさし再入門』(耕文社)
http://www.kobunsha.co.jp/sinkan.html
目次
第1話 井上ひさしの遺言
第2話 泣くのは嫌だ、笑っちゃおう
第3話 ガタゴト列車は、人生に乗って
第4話 東京裁判トライアングル
第5話 ユートピアを探して
第6話 笑うブンガク玉手箱
第7話 井上ひさしの平和憲法論

<没後6年 前田朗によるオマージュ
少年時代に『ひょっこりひょうたん島』に笑わされて以来、井上ひさしワールド
で笑い転げてきた著者前田朗。
井上ひさしは「9条を守る」だけではなく、「平和をつくる」ことを提起してき
ました。著者のスローガン〈非暴力・非武装・非国民・不服従・無防備の平和力
〉と重なります。
これを実現する「最大の武器が笑いであることは言うまでもありません。権力に
よる抑圧を跳ね返す哄笑、権力による隠蔽に対する嘲笑、仲間との信頼と連帯を
つなぐ微笑や快笑――自分を笑い、仲間とともに笑い、時に涙を流しながら思わず
苦笑し、時に激しく爆笑する庶民の「日常=平和」を紡いでいくことが私たちの
課題です。」(あとがき)
井上ひさしへのオマージュと言えばパロディのパロディ。まだ、井上ひさしの神
髄に触れたことのない読者を、井上ひさしワールドの入口にご案内します。>

表紙及び扉絵は東京造形大学大学院生に描いてもらいました。

★ 伊波 洋一 (いは よういち) さんから:
・リツイート
BARA @BARANEKO  5月1日
   デモ
辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動 @Osakakodo  5月1日
辺野古新基地建設絵を許さない!つながろう愛知から@BARANEKO デモ

・リツイート
ジョージ @GeorgeBowWow  沖縄基地の虚実 14
普天間の住民は危険に接近?
いいえ、古里奪われ周辺居住
爆音訴訟判決でも否定
琉球新報 2016.5.2

・リツイート
チョコレート同盟☆彡 @moistchocolat  バンナ展望台から、石垣島での陸自候
補予定地の平得大俣地区を臨む。
神聖な山懐にミサイルを格納する穴を穿つことが許されるのだろうか。
石垣島での基地問題を取材して、理屈を超えた人々の力強さの源泉には、
文化と伝統に裏打ちされた信仰があった。

----集会等のお知らせ------

●「◎実行委員会 5.22アベ政治を許さないin 福岡集会」 ●
   5月9日(月)18:30~
  場所 ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
     福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

   立憲主義と民主主義を破壊する
     アベ政治を許さない!
-辺野古新基地NO! 安保法制廃止! 原発再稼働反対!-
   【 集会案内チラシ:http://tinyurl.com/j2g6y7a

●市民連合ふくおか ミーティング●
  5月12日(木)19:00~
  場所 ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
  福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
   地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

【市民連合ふくおか・会員募集】
http://tinyurl.com/hvogkd4

●「5.28 安保法いらんばい!野党は共闘!」●
◎5月28日(土)18:00開場・18:30開演
 福岡市・都久志会館大ホール
   【 集会案内チラシ http://tinyurl.com/hlyba9o

◎ プログラム
集会の一部     18:40 SEALDsの奥田愛基さん講演
集会の二部    19:20 若者とのトーク
集会の三部    20:00 参院選挙の福岡選挙区野党候補者の発言予定
 入場: 500円
 主催: 市民連合ふくおか

●全国2000万人の「戦争法の廃止を求める統一署名」●
http://tinyurl.com/zc885w2

●●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●
HP: http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
最新チラシ http://tinyurl.com/jkubydv

●九州玄海訴訟●原告総数 10169 (4/14日現在)
第17回期日 5月20日(金)
第18回期日 9月 9日(金)
URL:http://no-genpatsu.main.jp/
      ●「玄海原発再稼働を認めないよう求める署名」●
 ・署名用紙はコチラから↓
http://saga-genkai.jimdo.com/2016/01/29/b/
 ・ネット署名はコチラから↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b7b6e6f4415932

●原発メーカー訴訟●
http://www.nonukes-maker.com/
「第4回メーカー訴訟の会速報です。「弁論終結」 に怒り!!」
http://maker-sosho.main.jp/news/2329/

●「原発なくそう!九州川内訴訟」●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
    午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
      場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
          <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    —-テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!—-

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
      青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中