NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1888日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。6月20日。【転送・転載大歓迎】­

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1888日目報告☆­
        呼びかけ人賛同者6月19日合計4172名。­
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。­
      ★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★­
      <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>­

★ 横田つとむ さんから:­
   青柳さん­
お疲れさまです。­
お昼のイベントは 雨が降らなくてなによりでした。­
暑かったですが 何とか我慢できました。­
イベントは 盛り沢山で 盛況で良かったです。­
あんくるトム工房­
野党は共闘   ­http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/395­4
戦争のこと   ­http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/395­3

   6月19日は 福岡大空襲の日です。­

★ 橋本左門 さんから:­
 ☆税金の取り方と使い方が政治です アベノミクスは「アベコベだるけん」­
 ☆「ウソつかない TPPはやりません」2010年の自民党ポスター­
 ☆憲法に背いてアクセル踏みっぱなし アベノ独裁間もなく大事故­
 ☆メルトダウンひた隠しして原発輸出 瀬戸際経済は地獄の一丁目­
 ☆沖縄の切なる願いを踏み躙る 辺野古大基地は200年耐用­
 ☆沖縄の抗議集会を欠席する自・公与党の末路見えたり­
         (左門 2016・6・21−1424)­
 ※コメントは読者の皆さんが夫々になさって下さい。選挙の目玉でも。­

★ 福岡市の福島久子 さんから:­
    ☆気をつけよう甘い言葉の「相乗り」に­
 ※都知事選。­
 自民・公明は負けるというダメージを受けたくないのでしょう。­
 民進党議員を担いで、共闘?したいらしい。­

★ 浅野隆樹 さんから:­
昨日=「安保法いらんばい!野党は共闘!」の集い=­
    6・19 沖縄・県民大会と連帯 主催 市民連合ふくおか­

6/19三野党合同集会お疲れ様でした。­
警固公園のそこら中に座っている人たちも注目しているようでした。­
会場の雰囲気作りを担当させてもらった中で気付いたことをいくつか。­
国会議員スピーチの背景と前垂れを市民連合のポスターで作りました。どんな風 ­
に写っているか明日の新聞各紙の写真がどれだけ載るか知りたいですね。­
終了後に残りのポスターがいる人と声をかけたら、残っていた15枚が飛ぶように ­
なくなりました。若い女性が「私も一枚いいですか」と取りにきてくれたりもし ­
ました。­
プラカードは60枚近く用意していたのですが、有楽町の四野党合同街宣の写真な ­
どを見るとそれでも少なかったかなと思いました。が、国会前の情景やムードを ­
身近に知っている関­
東と同じような見え方になるのはもう一工夫いるなあと感じました。­
三人の国会議員のスピーチは、それぞれ野党同士の共同の深まりを感じさせるも ­
ので、これは過去にはない現象で、市民の力がこういう情景を作ったのだと思い ­
ました。選挙公示前­
のラストサンデーは各党もいろんなところで取り組みがあったようですし、参加 ­
の面でも健闘したと言って良いのではないでしょうか。­
終了後にすごい雨が降って、市民運動には天も味方しているのかなあと感じました。­

集会の始まる前にあった在特会の街宣とデモは、僕が数えたところ19人、パルコ ­
前で少年が大人に付き添われて隊列に加わっていたのを見て、やはり差別扇動デ ­
モを許してはいけな­
いと改めて思いました。在特会側ではカウンターに対して挑発に徹しているよう ­
に見えました。パンチパーマにサングラスの中肉と背の高いスポーツ刈りから ­
「やんのかコラ」と挑­
発されましたが、彼らは警察官の背中越しでした。やんのかブラザース、とあだ ­
名をつけておきました。­

★ ギャー さんから:­
「ぼくらはつながりのなかで」­
火を扱うことのできる動物­
原発も原爆も生み出し­
いのちの源­
自らの母親である­
地球にまで手をかけている­
朝焼けに浮かぶ明るい星­
夕闇に浮かぶ明るい星­
ただ一つの望み­
この星の上で­
いのちをまっとうすること­
どんな花の上にも­
訪れるその瞬間瞬間の­
ひとつひとつのよろこび­
枯れてゆくよろこび­
死にゆく時にすら­
よろこびに抱(いだか)れて­
宇宙をかけめぐっている­
ぼくらはつながりのなかで­
花開くことができる­
その時々の運だの運命なるものに­
身をゆだねてしまうわけにはいかない­

★ 飯田虎雄(NHKを考える会、民放9条の会ふくおか、九州民放OB会)さんから:
青柳 行信 様­
毎日メルマガを読ませてもらっています。6月17日の関電高浜の仮処分執行停 ­
止申し立てを大津地裁が却下しましたが、NHKはこのニュースを直後の午前11 ­
時にトップで伝えながら、その後のニュースの時間では一切無視しました。いわ ­
ゆるアリバイ報道です。「NHKを考える福岡の会」でも今後NHKに対し抗議してい 
きたいと思います。18日未明にネットを通じてNHKに意見を言えるページを通 ­
じて抗議しましたら11時にTV で伝えwebでもちゃんと書いているとwebのUR­Lを 
書いてよこしました。私は腹が立ったのでさすが安倍チャンネルだ、政権が推進 ­
する原発政策に不都合なニュースはこんな扱いをするのかと悪態をついてやりま ­
したがその後はなしのつぶてです。以上ご報告です。­

★ 中西正之 さんから:­
青柳行信 様­
玄海原発の格納容器補強工事計画と新潟原発の格納容器補強工事終了は原発の再 ­
稼働の危険を鮮明にしている5­

<平成27年度第3回新潟県原発の技術委員会で過酷事故対策が検討されてい ­
る>を報告します。­

平成27年度第3回新潟県原子力発電所の安全管理に関する技術委員会の議事録 ­
と、会議資料を調べてみると、US−ABWRに対する過酷事故評価が検討され ­
ている事が分かりました。­
http://www.pref.niigata.lg.jp/genshiryoku­/1356829346997.html

特に、議事録と、「資料No.1−1 US-ABWRに対する過酷事故評価 佐藤 ­
暁」に注目しました。­
 議事録の11ページから12ページに「もう1つ、ここの委員会の中では、 ­
PWRの話は大分知っているのですが、BWR関係はどういうふうに安全審査が ­
進んでいるかという、一応再稼働の申請が出ている わけですけど、全然知らな ­
いわけで、少なくとも東電さんのほうへはBWRのほうでは優先して審 査をす ­
るという事で加速されているような、一応どういう方向へ今は行っているのかと ­
か、予備知 識として。突然、規制庁のほうでオッケーといっておられましたと ­
いって、突然こっちに持って来 られて、なんか評価しろと言われてもちょっと ­
困りますし、勉強させていただきます。」と説明されているように、この委員会 ­
では、柏崎刈羽原発6、7号機の適合性審査については、これまであまり検討さ ­
れていないようで、平成27年度第3回会合でアメリカの原発について非常に詳 ­
しい、佐藤暁氏から「資料No.1−1 US-ABWRに対する過酷事故評価」の報 
告が有り、過酷事故対策の検討が始まったようです。­

 「資料No.1−1 US-ABWRに対する過酷事故評価」の審議は、議事録の4 
ページから12ページに報告されています。沸騰水型原子炉の改良は、BWR型 ­
から、ABWR型に長期間に渡って検討が行われて、アメリカ、ヨーロッパ、日 ­
本で新設が行われるように成っていました。しかし、日本のABWR型原発は福 ­
島第一原発の過酷事故が発生する前に、既に設計、建設、運転が行われており、 ­
日本ではIAEAの深層防護の第4層の段階にまでは進行する事は無いと考えら ­
れていたので、海外の原子炉に比べて、過酷事故対策が不十分で有った。特に、 ­
アメリカ、ヨーロッパでは、過酷事故対策は、パッシブ(無人化、自動化)が積 ­
極的に取り入れられている。日本でも、福島第一原発の過酷事故が発生してから ­
は、過酷事故対策が取り入れられるようになってきたが、日本の場合は可搬式設 ­
備を運転員が手動で行う対策が極めて多く追加されたが、これが大きな欠点であ ­
ると佐藤暁氏に指摘されています。­

 それから、議事録の4ページに「パッシブ・フラダー」が説明されています。 ­
「パッシブ・フラダー」はあまり聞きなれない言葉ですが、IAEAの深層防護 ­
の第4層の対策の、一つの重要な選択肢です。「資料No.1−1 US-ABWRに 
対する過酷事故評価」の9ページにその説明の図が表示されています。­
 ABWR型はウエットウエル(圧力制御室)がドライウエルの廻りに隔離壁を ­
隔てて設置される構造になっているので、原子炉圧力容器内にメルトダウンが起 ­
こり、溶融炉心がドライウエルに落下し、ドライウエル内温度が260℃になっ ­
た時、自動的にウエットウエルの水をドライウエルに少しずつ流し込み、溶融炉 ­
心を冷却する設備です。­

 佐藤暁氏からは、説明は無かったのですが、この設備は大規模な水蒸気爆発の ­
発生をできるだけ防止する目的も大きいと思われます。­
 また、アメリカのUS−ABWRは、「パッシブ・フラダー」と併用し、10 ­
ページに示すようなコリウムシールドを採用しています。US−ABWRはアル ­
ミナ煉瓦(Al2O3、融点2007℃)を使用しています。45ページに日本、 ­
アメリカ、EUのABWRの比較が掲示されています。アメリカとEUの ­
ABWRは「パッシブ・フラダー」を採用していますが、日本は「パッシブ・フ ­
ラダー」は採用せずに、大水蒸気爆発が起きる危険性の大きい、下部ドライウエ ­
ル大量貯水対策を採用しています。­

 コリウムシールドは、アメリカとEUのABWRにも採用されていますが、柏 ­
崎刈羽原発7号機にも採用されています。­
 佐藤氏の資料の39ページから44ページには、アメリカのAP1000や ­
EUのEPRについても、簡単な資料が掲載されています。­

 しかし、ロシアのVVER-1000原子炉の説明や、ロシアのカベンスキーの「VV­ER- 
1000のシビアアクシデントマネジメント概念とるつぼ型コアキャッチャにおける ­
コリュウム保持の有効性」の論文にあるような知見は考慮されていないようです。­

★ 黒木 さんから:­
*東海地震想定の大震法、南海トラフに拡大へ­
読売新聞 6月19日(日)6時15分配信­
 東海地震を想定した大規模地震対策特別措置法(大震法)に基づき事前に対策 ­
を強化する地域について、政府が南海トラフ巨大地震と同程度に拡大する方向で ­
検討を始めること­
が、関係者への取材でわかった。­

    直前の正確な予知を前提とした運用を転換し、鉄道の運行停止などを伴う ­
事前対策の緩和も検討する見通し。政府は来月にも有識者委員会を設置し、今年 ­
度中にとりまとめる方針­
で、1978年の大震法施行後、初の抜本的な制度改正になりそうだ。­

    大震法は神戸大の石橋克彦名誉教授が76年、駿河湾沖でマグニチュード ­
(M)8級の東海地震が「あす起きてもおかしくない」と発表したのを機に制定 ­
された。­

    だが、複数の震源域が一気にずれ動いた想定外の東日本大震災を経験し、 ­
政府は、東海地震の震源域を含む静岡から九州沖までの震源域が連動する南海ト ­
ラフ巨大地震に備える方­
針に切り替えた。東海地震の震源域に加え、周辺の東南海、南海、九州・日向灘 ­
地域の震源域が一気にずれ動いた場合を想定し、地震の大きさや津波の高さ、被 ­
害想定の見直しを実­
施。別の特措法を制定し、2014年、南海トラフ巨大地震に備え、茨城から沖 ­
縄まで29都府県707市町村を、防災施設の整備などを行う防災対策推進地域 ­
に指定した。­

*浜岡SPEEDI 静岡県が国に運用要請­
静岡新聞 2016/6/18 07:39­

 静岡県は17日、中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)の事故時に放射性物質の ­
拡散を予測するSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステ ­
ム)について、国に一­
元的な運用体制の構築を求める方針を示した。浜岡原発から半径31キロ圏の緊 ­
急防護措置区域(UPZ)住民らでつくる「UPZ市民団体交流会」の要望・質 ­
問書への回答で、県­
の立場をあらためて強調した。­

    自治体が住民への避難指示でSPEEDIを活用することについては、内 ­
閣府と原子力規制委員会で見解が異なり、国の方針が明確になっていない。県は ­
「SPEEDIは広域避­
難で有効」との考えで、県原子力安全対策課の担当者は「全国知事会を通じた提 ­
言や県の提案・要望で、国に対して働き掛けを続ける」と回答した。­

*「周辺地層群に活断層」 浜岡4号機規制委審査­
静岡新聞 2016/6/18 07:39­

 原子力規制委員会の中部電力浜岡原発4号機(御前崎市佐倉)の審査会合が ­
17日、都内で開かれた。中電は原発の敷地周辺を中心に南西方面の海側から北 ­
東方面に向け、14・­
1キロにわたって分布する地層群について、地震の震源になる可能性を考慮すべ ­
き「活断層」だと評価した。その上で「活動を示唆する構造が認められない」と ­
し、将来、原発施設­
に影響を及ぼすようなずれを生じる可能については否定した。­

    今回、活断層と評価した地層群は、原発の南西から北東により広範囲に分 ­
布している地層群の一部。この広範囲な地層群には12〜13万年前の「後期更 ­
新世」の地層が存在して­
いるが、14・1キロ区間の中には存在が確認されていない。このため、規制委 ­
は中電に対し、同区間に活動の可能性があるかないかを、より慎重に安全性重視 ­
の立場で検討するよ­
う求めていた。­

    中電は、同区間南西側と北東側の地層群に変位や変形の痕跡がないため、 ­
同区間も「活動する可能性がない」と判断した。委員からは安全性を重視した中 ­
電の姿勢を評価する声が­
上がった一方、今回、判断した活断層が原発敷地に近いため、より詳細な説明を ­
求める意見も出た。中電は今後、原発敷地内の地質構造と活動性評価を説明する。­

*もんじゅ 廃炉を最終決断すべきだ­
西日本新聞 社説 2016年06月18日 10時42分­

 高速増殖炉もんじゅ(福井県)を安全に運営・保守管理できる組織は存在する ­
のか。疑念は深まるばかりだと言わざるを得ない。­

 大量の機器の点検漏れが発覚するなど、ずさんな運営を繰り返す日本原子力研 ­
究開発機構にもんじゅを任せられない。新たな運営主体が必要だ‐。原子力規制 ­
委員会が異例の勧告­
を文部科学相に提出したのは、昨年11月である。­

 これを受けた文科省の有識者検討会が報告書をまとめ、外部の専門家の関与な ­
ど、新たな組織の要件を示した。文科省は今夏までに新たな運営主体を決めると ­
いう。­

 もんじゅ特有の技術は、「原子力機構にしか存在しない」と報告書は指摘す ­
る。機構からもんじゅの関係部門を分離し、それを中核に新たな組織を立ち上げ ­
る案が現実味を帯びて­
きたといえる。­

 だが、それは規制委が認めないという「看板の掛け替え」にすぎない。勧告だ ­
けでなく、原子力機構に対する国民の不信を軽んじる認識というそしりは免れまい。­

 資源に乏しい日本はエネルギーの自給自足を目指して、核燃料サイクルの構築 ­
に取り組んできた。発電で使う以上の燃料を得ることができる高速増殖炉は、そ ­
の要となる施設であ­
る。­

 ところが、初臨界の翌年の1995年に起きたナトリウム漏れ事故以降、もん ­
じゅはほとんど動いていない。それでも、維持管理費は年約200億円もかか ­
る。実用化の見通しも­
ない。私たちが「もんじゅはやめた方がいい」と主張してきた理由である。­

 高速増殖炉で使うプルトニウムなどを使用済み燃料から取り出す青森県六ケ所 ­
村の再処理工場も、完工延期を繰り返している。­

 原発への依存度を下げる長期的なエネルギー政策を踏まえ、国は核燃料サイク ­
ル計画の抜本的な見直しこそ検討すべきではないか。­

 もんじゅを見切るかどうか。国は何度も決断を先送りしてきた。検討会は運営 ­
主体の切り替えを運転再開に向けた「最後の機会」と位置付けるが、もう廃炉を ­
最終的に決める機会­
と考えるべきだ。­

*<原発事故>山形避難者住宅提供打ち切り不満­
河北新報 6月19日(日)15時35分配信­
 東日本大震災や東京電力福島第1原発事故で、岩手、宮城、福島3県から山形県 ­
内に避難した被災者を対象にした相談・交流会が18日、山形市であった。各県職 ­
員による説明会もあ­
り、福島県の自主避難者からは、住宅の無償提供を2017年3月に打ち切る県の方 ­
針に不満の声が上がった。­
 福島県の担当者は、県内の除染状況や住宅の無償提供終了後の家賃補助につい ­
て説明。質疑応答では「原発事故子ども・被災者支援法で支援対象地域になって ­
いるのに、なぜ住宅­
提供が打ち切られるのか」「南相馬に戻るのに家を直そうとしても、頼める建築 ­
業者がない」などの意見が出た。­
 担当者は「避難指示区域外については生活環境が整いつつあると昨年、申し上 ­
げた。1年たってさらに進んだと思っている」などと話し、提示した支援策につ ­
いて理解を求めた。­
 南相馬市から山形市へ避難している80代の女性は「毎回参加しているが、結果 ­
ありきの説明ばかり。同じ避難者でも事情はそれぞれ違う。お題目ばかり並べ ­
ず、もっと避難者と向­
き合ってほしい」と話した。­
 今月2日現在、山形県内への避難者は3187人で、うち福島県からは2891人。相­ 
談・交流会には3県から約130人が参加した。­

*海兵隊の撤退を求める」沖縄で大規模県民大会­
テレビ朝日系(ANN) 6月20日(月)0時47分配信­

 沖縄で起きた元アメリカ兵の軍属による女性殺害事件に抗議する県民大会が開 ­
かれました。­

    大会では「次の被害者を出さないためにも、全基地撤去、辺野古新基地建 ­
設反対」と遺族のメッセージが読み上げられました。­

    翁長雄志沖縄県知事:「これ以上の基地負担に県民の犠牲は許されないこ ­
とを理解すべき」­

    参加した県民:「沖縄は、誰が犠牲になっても本当に皆で悼んでいるとい ­
うのを改めて思った」­

    大会では「海兵隊の撤退を求める」という強い文言の決議文が採択され、 ­
日米両政府に届けられます。主催者は6万5000人が集まったと発表しました。­

★ 田中一郎 さんから:­
水俣病の今、の2つの直近の録画をお送りします。­
私は、この2つのVTRを見ていると,­
涙がとめどなく流れてきて、収拾がつかなくなります。­
そして、猛烈な怒りがこみ上げるのです。­

この国の政治や行政の在り方は許せない、­
つぐつぐ、思い知らされます。­
そして、今でもなお、水俣の被害者の方々を支え続ける­
多くの方に対して、頭が地の底に下がる思いがするのです。­

私は、いったい何をしているのか、­
こんなひどいことを、そのまま見過ごしていて、­
いったい何なのだ、そう思います。思い知らされます。­
お前=つまり自分、それでも人間かと、­

日本という国が信じがたくなった水俣病、­
それは私がまだ、高校生だったころに気がついたことでした。­

それから40年以上の年月が経過しています。­
自分も含めて、いったいこれは何なのだ、と思います。­
何をしているのか、と。­
このまま、時がたつのを許すのか、と、です。­

そのミナマタが、今度はフクシマで繰り返されようとしています。­

●NHK・ETV特集「水俣病と生きる 〜医師・原田正純(はらだまさずみ)の50年­〜」
– @動画­
 ­http://www.at-douga.com/?p=6007­

●生きる、伝える、水俣の子の60年|NNNドキュメント|日本テレビ­
 ­
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann-ta­nosiiburogu/archives/51981244.html
 ­http://www.ntv.co.jp/document/backnumber/­archive/60.html

★ 前田 朗 さんから:­
ヘイト・クライム禁止法(114)フランス­
http://maeda-akira.blogspot.jp/2016/06/bl­og-post_28.html

三島由紀夫にとって天皇を守ることとは­
鈴木宏三『三島由紀夫 幻の皇居突入計画』(彩流社)­
http://maeda-akira.blogspot.jp/2016/06/bl­og-post_19.html

−−−−集会等のお知らせ−−−−−−­

●市民連合ふくおか ミーテイング●­
日時 6月23日(木)18:30〜­
   場 所:場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)  福岡市中央区­ 
舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)­
地図 ­http://www.kenkou-support.jp/access/­

●【市民連合ふくおか・会員募集】●­
http://tinyurl.com/hvogkd4­

●全国2000万人の「戦争法の廃止を求める統一署名」●­
http://tinyurl.com/zc885w2­

●「さよなら原発!福岡」例会●­
 ◎6月27日(月)18:30〜­
    場所 ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)­
     福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)­
地図 ­http://www.kenkou-support.jp/access/­

●●­
facebook: ­http://tinyurl.com/pytdluz­
twitter: @aoyagi7­
ブログ: ­http://ameblo.jp/aoyagi6211/­

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●  ­
HP: ­http://sayonaragenpatu.jimdo.com/­
最新チラシ ­http://tinyurl.com/jkubydv­

●九州玄海訴訟●原告総数 10169 (4/14日現在)­
URL:http://no-genpatsu.main.jp/­

●原発メーカー訴訟●­
http://www.nonukes-maker.com/­

●「原発なくそう!九州川内訴訟」●­
         ­http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.h­tml

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○­
              ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆  ­     
    午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) ­
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆­
              場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-8­2
    地図:­http://www.denki-b.co.jp/company/map19.ht­ml
    ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★­
                  <facebook、twitter、ブログ等­で拡散よろしく>
    —-テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!—-­

************************­
〒812-0041­
福岡市博多区吉塚5-7-23­
              青柳 行信­
電話:080-6420-6211­
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp­
************************­
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中