NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1895日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。6月27日。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1895日目報告☆
        呼びかけ人賛同者6月26日合計4175名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
      <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
   青柳さん
26日(日)は 天神コア前で、市民のグループと 日本共産党の候補者
しばた雅子さんと いせだ良子さんが ジョイントして 
天神を通行中の方々に
選挙の訴えをしました。
通行中の人を 巻き込んで 1問1答の対話をやったり、
候補者の政策を聞いたり、
参加者が 候補者に要望を出したりしました。
終始 和やかで 笑顔が絶えることは ありませんでした。
まさに みんなで参加している選挙 でした。
あんくるトム工房
みんなで 選挙   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3962

★ 橋本左門 さんから:
 ☆熊の糞に命運托すカスミザクラ 自然の摂理 人間の逆理
        (左門 2016・6・27-1936)
 ※温暖化に伴って、カスミザクラは低地に住めなくなるので、
 「熊の食習性」を活用して、気温の低い「高い場所」へ運んで
 もらっていることが、森林総合研究所の技師たちの、地を這う
 ような調査で分かりました(赤旗、26日、科学欄)。足が無い
 植物が此処まで賢い。理性がある筈の人間が此処まで愚か。
 9条を攻撃する与党の類はまさに、動植物に学ぶべきだ!!

★ 福岡市の福島久子 さんから:
    ☆舛添も甘利も麻生もグジャグジャで
 ※舛添さんと、甘利さんへの追及はどうなったんでしょうか。
 麻生さんは、90歳以上の高齢者がお金を使わないことを批判していましたが、
 マスコミも静かだし。

★ おばせ勝義(福岡・春日市)さんから。
 6月19日、九州電力本店前のテント村村長の青柳さんらが、
丁寧に準備されていた、市民連合ふくおか主催の《安保法いら
んばい!野党は共闘!》の集会に参加して、私はこれまでに見
たことのない、素晴らしい光景に出会った。
 福岡市のど真ん中の警固公園に、およそ500人くらいの参
加者の前で、民進党と日本共産党、社民党などの代表や候補者
が挨拶されている時の光景だ。民進党や社民党の代表が挨拶さ
れているときに、共産党のしばた雅子さんは、とても素敵な笑
顔で拍手を繰り返していた。しばたさんが挨拶する番になると、
他の党の代表が、これまたにこやかな笑みを浮かべて手を叩い
て励まし続け、人生の後輩をあたたかく見守るような表情であ
った。この光景を見続けて、野党のみなさんの姿が、心ひとつ
にして腹の底から《同志として連帯》されている感動を味わっ
た。本当に3人とも当選させてやりたい熱い想いに浸った。
 また、司会をされていた宮下彩さんの姿にも感銘を受けた。
お二人の子どもさんの面倒をみながらの、自然体の進行ぶりに、
まさに《市民が主人公》という、爽やかな光景でもあった。
 市民連合ふくおかのみなさんが、野党のみなさんを同じ場所
に集めて挨拶をしてもらうだけでなく、同志的な連帯にまで高
めて下さったことに深い感動を覚え、明日への希望が大きく膨
らんだ。心から、敬意と感謝の念を抱いて帰路についた。

★ 西山 進 さんから:
青柳行信様
 毎回、橋本左門さんが短い言葉で政治の動きや世相をえぐってくれるので大変
勉強になります。イギリスのEU脱退、やはり大英帝国の植民地時代が忘れられ 
ないのですね、大東亜共栄圏回帰の日本会議の動きと共通のものを感じます。
 原発の稼働年数を40年に引き延ばし、伊方原発に燃料棒を入れ始めました。
だんだんならされていく世情に心を重くしながら、やっぱり戦うしか道がないこ 
とを痛感しました。みんなぶれないで絆を固くしましょう。とにかく舛添みたい 
なのがうじゃうじゃいますから。NHKの籾井氏、舛添氏が福岡県出身、でも中 
村哲さんもいます。がんばりましょう。

★ 小川みさ子(ず~っと無所属の鹿児島市議) さんから:
青柳さん、鹿児島知事選挙のこと有難うございます。
みんなで 鹿児島県知事候補「みたぞのさとし候補者」を
もっと応援しましょうよ。
私たちが、いくらデモしたり、陳情や申し入れ、抗議をしても聞く耳を持たず、
川内原発1号2号機を60年動かすと、この選挙でも訴える現職の伊藤知事。
4選をゆるせば、全国で一番最初に再稼働を許した無念さを繰り返します。
今こそ、賢い選択をして、原発バリバリ推進の現職知事の落選のためにも、
今こそ力を合せて、鹿児島県に住む知人友人ご親戚にぜ是非お声がけ下さい。
お願いします。これこそが脱原発への第一歩になりますように!
今こそチャンスです!

★ 栗山次郎 さんから:
『不思議なクニの憲法』映画会の案内

「自分は立法府の長である」と公言してはばからない(無知な?
厚顔な? または・・・ ? )首相を許している日本国ですが、諸法の
最高に位置している(位置しているべきの、と言うべきかもしれま
せんが)日本国憲法について平和主義、基本的人権の保障と拡
大などの視点から積極的な発言を続けている面々を紹介してい
るドキュメント映画『不思議なクニの憲法』の映画会があります。

主 催:自然エネルギーを考える会・篠栗
日 時:7月1日(金) 夕方7時~9時
場 所:篠栗町のギャラリーカフェ「ゆずりは」
料 金:大人1000円、学生500円
その他:要予約(Phone:947-5775)

お時間がありましたら予約+参加ください。

映画については  http://fushigina.jp/  を、篠栗での上映会につい
ては  http://fushigina.jp/theater  の「上映会」の最下段「九州」を、
篠栗での上映会のポスターは
http://www.ne.jp/asahi/kulturprojekt/kastanienberg/FilmPartyBill.pdf
をご覧ください。

★ 黒木 さんから:
*指定廃棄物「1カ所集約」反対を 解除後は国が責任 
県内10団体が知事に要望
東京新聞【栃木】 2016年6月26日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201606/CK2016062602000152.html

*東電の隠蔽/原発を動かす資格あるか
神戸新聞 社説 2016/06/26
http://www.kobe-np.co.jp/column/shasetsu/201606/0009222670.shtml

*騒音で児童欠席 ヘリ着陸帯提供 取り消せ
琉球新報 <社説> 2016年6月26日 06:01
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-305053.html

*日米地位協定、11知事「改定必要」 海兵隊受け入れゼロ 
全国46知事調査
琉球新報 2016年6月26日 05:04
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-305051.html

*在沖米海兵隊の撤退、1996~98年に期待感 政府と沖縄仲介した下河辺氏
沖縄タイムス 2016年6月26日 06:52
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=175171

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
玄海原発の格納容器補強工事計画と新潟原発の格納容器補強工事終了は原発の再
稼働の危険を鮮明にしている8
<沸騰水型原発の水蒸気爆発対策検討におけるTROI試験の追加>を報告します。

資料1-4「溶融炉心と冷却材の相互作用について」
https://www.nsr.go.jp/data/000109849.pdf
は、平成25年12月17日の第58回原子力発電所の新規制基準適合性に係る審査会合
の「資料2-2-6 添付2 溶融炉心と冷却材の相互作用について」(関西電
力、北海道電力、九州電力、四国電力、合同作成)をベースにして、TORI試
験が追加されている。

 川内原発の適合性審査案のパブリックコメントでは、水蒸気爆発がたくさん確
認されているTROI試験が意図的に除外されている事が不当であるとの意見が
たくさん提出されました。この件については、原子力規制委員会は、「TROI
装置による実験のうち、自発的な水蒸気爆発が生じた実験においては、溶融物に
対して融点を大きく上回る加熱を実施するなどの条件で実施しており、この条件
は実機の条件とは異なっています。」との見解を示し、川内原発の適合性審査を
了承しています。
この件は、岩波の「科学」2015年9月号の高島武雄、後藤政志「原子炉格納
容器内の水蒸気爆発の危険性」の903ページに詳しく説明されています。

 また、原子力規制委員会の見解が間違っている事は、岩波の「科学」2015
年11月号の高島武雄「格納容器内の水蒸気爆発の危険性ついての補足」の
1045ページから1047ページに詳しく説明されています。
 第236回適合性審査会合が開催されたのは、これらの論文が公表されたより
も前の2015年6月9日ですが、TORI試験の追加は行われています。追加
を行った事は評価できると思われます。

 「溶融炉心と冷却材の相互作用について」の検討は議事録60ページから70
ページに掲載されており、中国電力が説明しています。この審議では、TROI
試験についてかなり重点的な審議が行われています。

 この審議の中で注目すべき点は、70ページに規制庁の杉山氏が「というは
PWRに比べて、格納容器の体積はぐっと小さいわけなんです。ですから、同じ
水蒸気発生量に対して、当然、全体の圧力上昇に対して、より大きな寄与がある
と考えられる」と説明しており、沸騰水型原発が加圧水型原発の真似をして、ペ
デスタルに大量貯水を行い、溶融核燃料を落とし込んで冷却する事にしても、格
納容器の小さい沸騰水型原発は水蒸気爆発による格納容器の爆発破損事故は8倍
位危険性が大きい事を忠告していると思われます。

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば1750日 テント日誌6月25日(土)
紹介内容全体はこちらに⇒http://tinyurl.com/zglmfsr

<社説>慰霊の日 「軍隊は住民を守らない」 歴史の忘却、歪曲許さず(琉球
新報)
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-303191.html

社説[きょう慰霊の日]若い世代に変化の兆し(沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=174649

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会) さんから:
当研究会トピックス2016年6月27日 第520号で紹介した記事の一部です。
全ての記事は下記ページでご覧になれます。
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/topics/topics_master.html
———————
■ 集会・アクション
———————
◆ デモ抗議開催情報まとめ(戦争・安倍政治等)(@wiki)
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

◆ 日本全国デモ情報 (マガジン9)
http://www.magazine9.jp/demoinfo/

———-
■ 原発
———-
◆ 参院選 原発争点にならず 野党統一候補も訴え封印
(毎日新聞 2016年6月26日)
http://mainichi.jp/auth/guide.php?url=%2Fsenkyo%2Farticles%2F20160626%2Fk00%2F00e%2F010%2F105000c

◆ <公約点検>(3)原発 再稼働 スタンスは三つ
(東京新聞 2016年6月26日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201606/CK2016062602000120.html


古賀茂明「日本再生に挑む」 参院選の争点から消えた「原発問題」- たった
5年で大事故は“なかったこと”に…あの恐怖を忘れたのか
(現代ビジネス 『週刊現代』2016年6月25日号より)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48904

———-
■ 沖縄
———-
◆ 参院選沖縄:序盤情勢調査は伊波氏リード、島尻氏が追う
(沖縄タイムス 016年6月25日)
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=175031

◆ 「沖縄慰霊の日」追悼式 翁長知事、辺野古反対を再表明
(朝日新聞 2016年6月23日)
http://www.asahi.com/articles/ASJ6Q3T6NJ6QTIPE017.html


沖縄女性殺害事件に抗議する県民大会に6万5000人が集まる「加害者はあなたた
ちです」【UPDATE】
(ハフィントンポスト 2016年06月19日)
http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/18/okinawa_n_10553050.html

◆ 「米軍は沖縄を軽視」 基地問題、ジョン・ミッチェル氏に聞く
(琉球新報 2016年6月16日)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-298740.html

★ 前田 朗 さんから:
・沈黙してはならない人とは
徐京植『詩の力――「東アジア」近代史の中で』(高文研)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2016/06/blog-post_25.html

・ヘイト・クライム禁止法(115)ドイツ
http://maeda-akira.blogspot.jp/2016/06/blog-post_26.html

----集会等のお知らせ------

●「さよなら原発!福岡」例会●
 ◎6月27日(月)18:30~
    場所 ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
     福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

   ● 市民連合ふくおか 「市民講座」●  
第一回「市民憲法講座」
     「憲法について語りあおう」
日時: 6月29日(水)18:30
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
        福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
         地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

「講師(助言者)団」(五十音順)
       石川捷治(政治史研究者)
       石村善治(憲法研究者)
       出水薫 (政治学研究者)
       横田耕一(憲法研究者)

 発表の柱はそれぞれの講師の専門分野を生かして、現在の憲法をめぐる問題点を
提起する。「一人一人の個人が大切にされ」という市民連合ふくおかの目的は、
一体どういう人間観や状況への批評であるのか。
日本の個人の実態をふまえて考えよう。
    連絡先: 080-6420-6211(青柳)

● ●
無関心は戦争への道 http://tinyurl.com/jeqth46
安全保障関連法が戦争法と言われる理由 http://tinyurl.com/hh59flv
Facebookやメールで拡散よろしくお願い致します。

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/hvogkd4

●全国2000万人の「戦争法の廃止を求める統一署名」●
http://tinyurl.com/zc885w2

●梅田裁判の控訴審第一回期日 福岡高裁●
11月7日(月曜)午後2時~
501号大法廷予定。
梅田裁判支える会ニュースレター第16号
「判決特集号 控訴審に向けて」http://tinyurl.com/j3menqo
弁護士 池永修 原子力資料情報室寄稿 http://tinyurl.com/gwa62ej

●●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●  
HP: http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
最新チラシ http://tinyurl.com/jkubydv

●九州玄海訴訟●原告総数 10169 (4/14日現在)
URL:http://no-genpatsu.main.jp/

●原発メーカー訴訟●
http://www.nonukes-maker.com/

●「原発なくそう!九州川内訴訟」●
         http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
              ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆             
    午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
              場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
        ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
                  <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
    —-テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!—-

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
              青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中