NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1911日目報告【転載】

コメントする

【転載開始】

青柳行信です。7月13日。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1911日目報告☆
               呼びかけ人賛同者7月12日合計4184名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
        <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
  青柳さん
お疲れさまです。
雨がひどいです。
夜中に 北海道で地震とのニュースが流れました。
選挙後の 天神レッドアクション、テラカフェ憲法に参加しました。
自公の多数に対して、みんな危機感を持っています。
こうはしては居られないと多数の参加、多くのスピーチがありました。
自分のことばで 生活を語ろう、そして 世の中を変えようと思いました。
あんくるトム工房
選挙後の情勢について  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3982
市民は旗を降ろさない  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3981

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆爽やかな魂の風吹き来たる 鳥越俊太郎都知事へ立候補
☆魂のある記者会見に出会えたり 人格識見この人こそ知事に
☆参院選の開票状況見るにつけ9条の危機を座視し難くして
☆怨霊を退散させる晴明(せいめい)の魂受継ぐ現代の陰陽師
☆関電の異議退けて高浜の原発再び稼動はできず
(左門 2016・7・13-1547)
※鳥越さんの立候補はまさに義挙です。「あとだし~」ではありません。
※さらに、人間実存の深さ・高さ無しには出て来ない名言の数々です。
※ジャーナリストの魂が国家の危機を座視できなかったことに共感!
※時代が昏迷する最中に、それを解明打開する精神も生きて健在!
※大津地裁において山本善彦裁判長の魂も亦晴明仲間です。希望!

★ 福岡市の福島久子 さんから:
☆伊波・三反園・東北5県に救われる
※選挙は自・公が、信じらないくらいに票を取ったが、
   沖縄・鹿児島・東北5県に救われました。
三反園氏が自民党と関わりがあるのが、心配ではありますが。

★ 伊波 洋一 (いは よういち) @ihayoichi さんから:
・アベ内閣の大臣相手の参院選で沖縄県民の力強い支持と支援により
356,355票を得票し相手に10万6400票差で勝つことができました。
多くの皆様の御支持と御支援に心から感謝します。
国政の場で日米政府に辺野古新基地建設を断念させます。

★ 内富一 さんから:
[沖縄・京都・反基地] 【動画】勝利のカチャーシー
https://www.facebook.com/257484624592266/videos/299063367101058/
イハ洋一参院応援チーム日曜日参議院沖縄選挙区
イハ洋一候補が10万票の大差で現職大臣を下す!

投票箱が閉まってすぐの午後8時、
報道各社が「当確」ニュース!

★ ハンナ&マイケル さんから:
投票の翌日の新聞。
「参院選:かくて安倍は日本をさらに改造しようと目論む」 この大見出しに続き、小見出しに、「選挙に関する最も重要な問いに答える」と続き、「経済界はいまだにアベノミクスを望んでいるのか?」「日本の原発に将来性はあるのか?」という問いが・・・・

これ、実はドイツのクオリティー紙フランクフルター・アルゲマイネなんです。記事の中では「なぜ日本では原発が選挙の争点にならないのか?」と題して論じられています。日本では、鹿児島に原発のない社会を作ろうと訴えた新知事が誕生したことは報じられていますが、参院選に関して原発のことなんか、どこの新聞の見出しも書いてませんよね?「日本」と言えば「福島原発事故」、ということを、少なくともドイツ人は忘れていない、という証拠ではないでしょうか。

南ドイツ新聞は小見出しで、「今や憲法改正の導入可能に」「安倍は基本的人権の制限を望んでおり、これが民主主義の破壊につながる恐れ」など、やはり日本の新聞よりは、かなりそのものずばりの表現をしているようです。

新聞記事になろうがなるまいが、私たちは、これからも脱原発を訴え続けるだけです。原発に日本の、いえ、人類の、いえ、地球の未来はないと、確信しているから。

★ 工藤逸男(戦争と原発のない社会をめざす福岡市民の会) さんから:
青柳さま
いつもお世話になっております。今回、私たちは玄海原発対策住民会議の皆さんとの共催というかたちで、下記のような講演会を企画し、現在、佐賀や福岡でその情宣を行っています。多くの皆さんにご参加いただき、お話を聴いていただけたら幸甚です。よろしくお願いいたします。

●講演会「原発はいらない!玄海町のみなさんのお話を聴く会」●
1.日時:2016年7月31日(日) 午後2時~4時30分
2.会場:福岡市早良市民センター(早良区百道2-2-2) 第1・2会議室
3.主催
戦争と原発のない社会をめざす福岡市民の会
    連絡先 Tel:080-8353-5792(工藤)
玄海原発対策住民会議  連絡先 Tel:0955-73-0919 (成冨)
4.お話していただくみなさま
「玄海町の議会や行政、住民意識についてのおはなし」
    藤浦(ふじうら) 晧(あきら)さん
原発から7㎞に在住。農業。町議会議員(7期目)。
「玄海町に暮らす生活者としての視点からのおはなし」
    新(あらた) 雅子(まさこ)さん
原発から3㎞に在住。主婦。元小学校教諭。
「どうにもならん原発」 仲秋(なかあき) 喜(き)道(どう)さん
原発から6㎞に在住。元中学校教諭。元曹洞宗・東光寺住職。
5.資料代等:500円
6.定員:100名 予約受付あり Tel:080-8353-5792(工藤)

★ 黒木 さんから:  ※は他者から。
*鹿児島知事「脱原発」公約 九電、川内安全性説明へ
佐賀新聞 2016年07月12日 09時50分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/332813

※ 新知事に「原発停止」の三反園氏、九電株が急落
読売新聞記事。
2016年07月11日 20時17分
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160711-OYT1T50208.html?from=tw

※ 号外:高浜原発3、4号機の運転差し止め維持。大津地裁、関西電力の異議認めず
朝日新聞 2016/7/12(火)(15:41)
http://www.asahi.com/

*<高浜原発>関電、安全性立証せず 運転差し止め継続
毎日新聞 7月12日(火)22時35分配信http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-00000117-mai-soci

※ 関電高浜原発、再び運転認めず 大津地裁異議審決定
日経 2016年7月12日(火) 15時37分
http://www.nikkei.com/article/DGXLASHC11H4A_S6A710C1000000/

※ 高浜原発3・4号機 再び運転認めず 大津地裁
NHK 16年7月12日(火) 15時39分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160712/k10010592441000.html

*<原燃>認可法人移行 全戸訪ね説明
  河北新報 2016年07月12日火曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160712_23005.html
  *翁長知事 高江ヘリパッド工事を批判 事実上の反対を表明
沖縄タイムス 2016年7月12日 05:00
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=177927

*PKO派遣、南スーダン緊迫 「第7師団は安全か」 関係者懸念
北海道新聞 07/12 07:00
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0292244.html

*<憲法はどこへ>消去法で自民…「こんなはずじゃ」 改憲加速、有権者は複雑 北海道新聞 07/12 07:00
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/2016sanin/1-0292250.html

*投票率上昇が目立った1人区 野党共闘で関心高まりか
東京新聞 2016年7月12日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201607/CK2016071202000114.html

*農業盛んな東北、北海道で自民苦戦 秋臨時国会でTPP審議の難航必至
東京新聞 2016年7月12日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201607/CK2016071202000129.html

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様

玄海原発の格納容器補強工事計画と新潟原発の格納容器補強工事終了は原発の再稼働の危険を鮮明にしている18を報告します。
<FCI実験の整理>
1. 加圧水型グループ資料(102回適合性審査会資料資料1-2-7)
1.1 FARO実験
欧州JRC(Joint Research Center)のイスプラ研究所おける実験であり、圧力容器内を対象に溶融物が水プールに落下した場合の水蒸気爆発の発生を調べることを目的として高圧条件での実験が行われてきたが、圧力容器外を対象とした低圧条件での実験も行われている。
1.      2 KROTOS実験
欧州JRC(Joint Research Center)のイスプラ研究所におけるFARO計画の一環として行われた実験であり、FARO実験が高圧条件を主目的に行われたのに対して、KROTOS 実験では、低圧・サブクール水を主として実施されている。
1.      3 ALPHA実験
旧原子力研究所JAERIで行われた実験であり、シビアアクシデント時の格納容器内の諸現象を明らかにするとともに、緩和策の有効性を評価することを目的とした事故時格納容器挙動試験の一環で実施された。
1.4 COTELS実験
COTELS計画は(財)原子力発電技術機構(NUPEC)が圧力容器外のデブリ冷却特性を調べる試験であり、この計画の中で溶融物が水プールに落下したときの水蒸気爆発の発生有無を調べる実験として、カザフスタン国立原子力センターの施設を用いた実験が実施されている。
2.沸騰水型グループ(236回適合性審査会資料1-4)
2.1 ALPHA実験
2.      2 KROTOS実験
2.3 FARO実験
2.4 COTELS実験
2.5 TROI実験
TROI試験は、韓国原子力研究所(KAERI)で実施されている試験で有り、2007年から2012年までは、KROTOS試験とともにOECD/NEAのSERENAプロジェクトとして実施された試験である。
加圧水型原発の川内原発の審査書案のパブリックコメントでTROI実験が意図的に削除されていると批判されたので、沸騰水型原発は加圧水型原発の4つの実験結果に、TROI試験の実験結果が追加されている。
TROI実験は他の実験よりも後から行われており、トリガー(引き金)なしでも水蒸気爆発が起きる事を確認した。
沸騰水型原発グループは、TROI実験でトリガー(引き金)なしでも水蒸気爆発が起きたのは、「融点を大きく上回る加熱度を溶融物に対して与えるなどの実機と異なる条件で有り、その他の試験では自発的な水蒸気爆発は生じない。」と説明している。
この件は、「岩波の科学」の2015年11月号の1045ページから1047ページで、高島武雄氏の「格納容器内の水蒸気爆発についての補足」で詳しく反論されている。1047ページに示されているがTROI実験の結果は文献1と文献2があり、1045ページに、文献1では、実験温度は高く成っているが、文献2では、実機に近い温度に訂正されている。文献1は国内雑誌への発表で有り、文献2は国際雑誌への発表である。沸騰水型原発グループは文献1のみで検討しており、文献2は無視しているので、自分たちに都合の良い論文だけを使用していると批判されている。
何れの実験も、円筒状の水槽に、高温度で溶解した溶融炉心の模擬試料を、連続流として落下させ、水蒸気爆発のメカニズムの解明と、水蒸気爆発の起きる条件の調査、又コンピュタコードの開発の為に行われている。
しかし、金属の溶融物を水中に落下させて、サンドブラスト用のブラストを製造するときには、ほとんど水蒸気爆発は起こらない。実際に、金属精錬工場で水蒸気爆発が起きたとき、事後調査を行うと、水蒸気爆発が起きるのは、溶融金属が連続流れでは無く、一度にどっと水中に落下する場合や、製錬中に溶融金属の上部に溜まったスラグの上に、水冷ボックスから漏洩した大量の水が溜まり、スラグが固化しているが、何かのトリガーにより固化スラグが破損して、大量の水と下部に溜まっている溶融金属が直接接触したりした時であ
る。
これらの事故を、実験設備で再現する事は、非常に危険なので、水蒸気爆発事故が起きても、再現実験で事故の解明を行うような事はほとんど行われていない。これまで多く経験してきた、水蒸気爆発の事後調査の積み重ねで解明されてきた。
海外においては、原発にメルトダウンが起きた時、水冷却でMCCI(溶融炉心・コンクリート反応の防止対策をおこなうことが長年検討されてきた。しかし、今でもこの方法の安全性が確認できないので、コアキャッチャの採用が始まっている。
しかし、日本では、加圧水型グループも沸騰水型グループも、海外では行われているようなまともな検討を行わずに、安全は立証されていると主張し続けている。

★ たんぽぽ舎 さんから:
紹介内容全体はこちらに⇒http://tinyurl.com/gsm6uwd
【TMM:No2830】
2016年7月12日(火)地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

1.7/8原子力規制委員会への要請書
「後志・原発とエネルギーを考える会」より
「新規制基準」施行3年・原子力規制委員会全国一斉抗議行動
   「再稼働阻止全国ネットワーク」
2.2016.7.10投開票の参議院選挙結果私的素描
選挙結果について勝手にデッサンしますと
   稲村 守 (9条ネット・滋賀)
3.WH型加圧水原発を製造・販売する企業 御中
代替ECCSとして沸騰水型非常用復水器と水素逃し弁付き
非常用復水器を追加設置することなく
WH型原発(重大な欠陥をもつ原発)の生産と販売をしてはならない
            2016年7月「原子力民間規制委員会・東京」
4.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
◆7/16第32回被ばく学習会
昆布を食べてるから甲状腺がんにならないってホント?
-放射性ヨウ素と甲状腺がん-  講師:大隈貞嗣さん
5.新聞より
◆リニア古都バトル「大阪延伸8年前倒し」で過熱
「奈良ルート」に京都猛反発 政府がJR東海へ融資表明
政治家介入 懸念も 「財投活用なら計画見直しを」
(7月10日東京新聞朝刊26-27面「こちら特報部」より抜粋)

★ 京都の菊池 さんから:
週刊誌「女性自身」(光文社)は、
選挙前から4回にわたって連載してきた「自民党「改憲草案」を解く」の最終回を、選挙後の今日7/12火曜日発売の「7/26号」に載せました。54~55ページに。

その最終回では、長崎出身の被爆三世、現在長崎県の公立小学校の講師である
松永瑠衣子さんが語っています。題を「国のために働き、国のために戦う―
この(自民党「改憲草案」の)前文では日本人はまた同じ過ちを繰り返す!」
として語っています。
ちなみに、松永さんは、今、順次劇場上映されている
「アトムとピース瑠衣子長崎の祈り」に主演されているそうです。
今回の文の中で、原発事故被害者についても語っています。
また、この号では158~159ページに、
安田菜津紀さんがダッカでの事件について、イラク、ヨルダンの難民支援をしている日本人に取材して書いておられます。

★ 大原 さんから:
<広瀬隆講演会>
中央構造線からわずか5kmにある伊方原発3号機が、7月26日に再稼働するとの報に、私たちの不安はますます膨らむばかりです。

事故が起きれば(起きなくても)被害地元となる大分県住民が伊方原発をとめる大分裁判の会を結成。先日4名で仮処分を申し立てました。
また、目下原告を募っており、近々訴訟を起こします。

この結成記念講演会として、40年にわたり原発、危険性を訴えてこられた広瀬隆さんに、中央構造線の危険性、川内、伊方原発の耐震設計の基礎になる基準地震動の算出理論が熊本地震で崩壊したことなどを話していただきます。ぜひご参加ください。

「中央構造線が動き出した!その時、伊方原発は耐えられるか?」
広瀬隆さん
7月16日(土)13:30~15:30 裁判の説明15:30~16:00
ホルトホール大分3F大会議室 無料(カンパ歓迎)どなたでも
問い合わせ:090-1348-0373小坂

★ いのうえしんぢ さんから:
参議院選挙の結果は、事前からのマスコミ誘導のせいか、
ほぼ予想通りの結果になり、あらたな息苦しさを感じてます。

さて、7/23(土)に「福岡サウンドデモ裁判」の原告として、
久留米で僕がお話させてもらうイベントをおしらせさせて
ください。
これは、単に裁判報告ではなく、2001年以降の福岡市内の
路上表現の事例、今の不穏な世界に対して、どうやって
抵抗していくかを、歴史や海外の事例を参照しながら、
みなさんと共有し考える場所にしたいと思っています。
久留米にお住まいの友人知人の方に、おしらせしていただ
けたら嬉しいです。

また(裁判勝訴を)これまでマスコミには報道してもらえ
ないので、こちらから出前講座としてお話出来る場を求め
ています。小さな集まりでも構いませんので、是非ご紹介
ください。よろしくお願いします!

/////////////////////転送歓迎////////////////////

福岡サウンドデモ裁判出前講座
表 現 の 自 由 を め ぐ る 冒 険
~路上から問う原発・戦争~

日時 2016年7月23日(土)13:30~
会場 えーるぴあ久留米301,302号室
資料代 300円
主催 さよなら玄海原発の会・久留米
問合 080-5246-5649(堤静雄)

いま、戦争ができる国づくりや、原発再稼働をすすめる
安倍政権ですが…戦争と人権侵害はいつの時代も同時に
やってきます。この「福岡サウンドデモ裁判」の争点で
ある「表現の自由」を守る事も、戦争への抵抗ではない
でしょうか?

「福岡サウンドデモ裁判」とは?
原発を止めたいというメッセージを路上から届けるために、
2011年5月8日に福岡市内で脱原発サウンドデモを行い、
その際、車道を走行するトラックを準備していました。こ
のトラックの荷台に、音楽機材とDJを載せるために、道路
使用許可申請の許可書が出されていたにもかかわらず、出
発地点である警固公園から出発しようとする時、警官が
「このトラックは走らせることは出来ない」と出発を妨害さ
せました。中央署へ抗議に行くと、DJトラックの図面を破棄
していたことも発覚。そんな不誠実な対応に納得できず、裁
判という手段をとったのが、この「福岡サウンドデモ裁判」
です。弁護士なしの本人訴訟ですすめた国賠訴訟は2015年
1月14日地方裁判所で一審判決が出され、勝訴判決を勝ち取
ることができました。また2015年8月31日、高等裁判所で
勝訴確定しました。

         ----集会等のお知らせ------

● 市民連合ふくおか 「市民憲法講座」●  
            「憲法について語りあおう」
第1回目: 6/29報告 http://tinyurl.com/jdnn5bl
第2回目: 7月28日(木)18:30~
          発題者: 出水 薫(九州大学大学院法学研究院教員)
          テーマー 「今、憲法の基本を考えなおす」
          現役の大学生2人と、鼎談(ていだん)方式で語り合います。
チラシ http://tinyurl.com/hpjdoyg

第3回目: 8月25日(木)18:30~
第4回目: 9月23日(金)18:30~
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
         福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
                地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
           連絡先: 080-6420-6211(青柳)

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/jowu56v

● 川内原発を止めよう!
生命と故郷を死滅する 再稼働を許さない!!
「川内原発設置変更許可処分取消訴訟(川内行訴)」●
   (川内原発異議申立て行政訴訟)
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/archives/16-06-10/
第一回口頭弁論 8月10日(水)午後3時30分 福岡地裁301号大法廷
福岡地方裁判所 福岡市中央区城内1-1(地下鉄・赤坂から徒歩5分)
地図: http://tinyurl.com/n9mzhky
下記、脱原発弁護団全国連絡会のサイトの訴訟一覧 43番目に掲載されていま す。http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/list/
          連絡先: 080-6420-6211(青柳)
チラシ表 http://tinyurl.com/zvj9s9y
チラシ裏 http://tinyurl.com/jthw7pz
新チラシ http://tinyurl.com/h4o52bk

●梅田裁判の控訴審第一回期日 福岡高裁●
11月7日(月曜)午後2時~501号大法廷予定。
梅田裁判支える会ニュースレター第16号
「判決特集号 控訴審に向けて」http://tinyurl.com/j3menqo
          原子力資料情報室寄稿http://tinyurl.com/gwa62ej
連絡先: 080-6420-6211(青柳)

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●  
HP: http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
最新チラシ http://tinyurl.com/jkubydv

●九州玄海訴訟●原告総数 10169 (4/14日現在)
第18回期日 9月 9日(金)
第19回期日11月18日(金)
http://no-genpatsu.main.jp/

●原発メーカー訴訟●
http://www.nonukes-maker.com/

●「原発なくそう!九州川内訴訟」●
                http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○-----------------------------○
                     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆               
午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設)
 ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
                   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
                       <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
—-テント紹介・原発チラシ配布出来る方ご協力!—-

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
                     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中