NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1942日目報告【転載】

コメントする

​【転載開始】

青柳行信です。8月13日。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1942目報告☆
            呼びかけ人賛同者8月12日合計4197名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
          <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆叙情的に原爆は「空から降り」ませぬ 計算し尽くした作戦行為
        (左門 2016・8・13-1477)
 ※いわゆる「オバマ広島演説」は、この意図的な責任回避の用語
 を使っているが、井原東洋一さん(80歳、長崎市平和式典で被爆
 者代表として「平和へに誓い」で)は、「私は2種類の原爆による実
 験ではなかったか」と。「私たちは絶対悪の核兵器による被害を訴
 える場合にも・・・・日本が起こした過去の加害の歴史を忘れては
 いません」と。オバマ氏よ被爆者に聞き学ぶことから出発すべき!

★ 福岡市の福島久子 さんから:
 ☆ひっそりと五輪の陰で再稼働
 ※新聞の見出し記事にもなかった。
 伊方3号機の再稼働を知らない人が多いのでは?と思いました。

★ 西岡淳子 さんから: 
青柳さん暑いですね!
何としても危険な川内原発止めましょう!
四国も!

★ 川瀬正博(脱原発!電力労働者九州連絡会議(全九電同友会)さんから: 
青柳 行信 様
 暑さ厳しき最中、ご苦労さまです。

 ◆四電・伊方3号機(プルサーマル)の再稼働強行に怒り心頭です。
プルサーマル発電は、安全性・経済性ともに余りにも高リスクです。
 なのに、核燃サイクル推進とプルトニウム保有量削減の両面打開狙
いの政治的画策以外の何物でもありません。
 
 会見した世耕新経産大臣が、早々に「核燃サイクル推進の観点から非
常に意義有ること」と、強調したことは、次に控える玄海3号(プル
サーマル)再稼働を前提にした暴言とも言えます。許せません! 

 なお、愛媛県・伊方町の立地自治体には、早速に原発マネーの再稼働
交付金25億円が転がり込むのに、他の周辺自治体には何もなしの経
済差別です。

広島、高知、大分の18市町村議会が再稼働反対の意見書を可決した
のは、安全性や避難の問題だけでなく、立地自治体のみの原発マネー
の交付・寄付への批判の表れともいえるでしょう。

◆井原東洋一さんの「平和の誓い」
「平和への誓い」全文、長崎新聞  http://tinyurl.com/gumtf9z
井原東洋一さんのブログ「平和への誓い」http://tinyurl.com/hvw39gv
東京新聞『「原爆は落ちたのではない』 http://tinyurl.com/hmr4v33

★ 長崎の西岡由香 さんから: 
青柳さんへ

ピースボートから帰ってきましたー!
出発前、青柳さんたちからパワーをいただいたおかげで、ハードな
旅も無事終えることができました。
沖縄の辺野古では、安心富さんにお会いして「青柳さんがよろしくと
言われていました」と伝えたらとても喜ばれて、「ともにがんばろう」と
握手してくださいました。

9日の原爆忌までバタバタしていましたが、ピースボートレポート
書いてみましたので、3回にわけてお送りさせていただきますね。

(ピースボートレポート その①)
7月29日から一週間、ピースボートで旅をしてきました。年に
一度の日韓共催クルーズには日本人と韓国人が500人ずつ乗船。
南相馬市や熊本県阿蘇地方の子どもたちも大勢招待されていて、
船じゅう子どもだらけ。
船内は日本語と韓国語が飛び交い、普通に着物やチマチョゴリの
女性が歩き、子どもがはしゃぎ、沖縄訪問の夜は日韓入り乱れて
カチャーシーを踊る。うわー、もしかしたら日本国憲法がめざす
のって、こんな光景じゃないんだろうか。
ハプニング連発の船旅レポート、3回にわけてお届けします。
最初の寄港地、釜山では釜山市郊外にある古里(コリ)原発見学ツアー
に参加しました。
1977年に稼働した古里原発は、遠目からでもコンクリートの劣化が
見て取れるほど。
原発から7kmの所に住むイ・テソンさんが、原発横にあるPR館を案内
してくれました。佐賀県の玄海原発横にあるPR施設「エネルギーパーク」
と同じような、原発のハイテクや安全性をアピールする施設には
「日本の原発は事故を起こしたけれど韓国はちゃんとやっています」と
表記されているとか。
原発のすぐ近くにアパート群があり、民家や商店がひしめいています。
テソンさんが説明してくれました。「アパートの住民は原発職員。職員
以外の住民とは連携していなくて、避難訓練のときも連絡がない。
おそらく事故が起きても知らされないだろう」。「核廃棄物がどこに
あるかも我々は知らされないし、“原発が安全だというならソウルに作れ”
と言ったら“ソウルでは安全でない”と言われた」。(なんじゃそりゃー!)
驚いたのは、原発下の海で10人ほどの海女さんが海に潜って海草や魚を
とっていたこと。とれた魚はすぐトラックに積まれて運ばれていきました。
原発温排水の排出口は沖にあるそうですが・・
テソンさんは、ご自身が大腸ガン、妻は甲状腺ガン。専門病院に行くと
「たくさんの知人がガンになっていた」と、電力会社を相手に損害賠償
訴訟を決意します。2015年、釜山地裁はテソンさん勝訴の判決を出しました。
判決文は「法令で定められた年間有効線量は、国民健康上の危害を防止する
ための最小限の基準であり、安全を保障する数値だと断定できない」。
 電力会社はすぐに控訴して、裁判は継続中。
テソンさん、訴訟前は周りから「クレイジー」と非難されたそうですが、
勝訴後は周辺住民が共同訴訟を計画したり、釜山市が計画している、
原発近くの海水を淡水化して飲料水にする計画(とんでもねー)に住民が
撤退要求をするなど、変化が広がっているそうです。
別れ際にテソンさんが語った言葉が忘れられません。
「運動とは、自分の弱さを強さに変えていくことです」。

★ 宮崎・黒木 さんから:
*町民反対55% 伊方原発再稼働
愛媛新聞 2016年08月12日(金)
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20160812/news20160812018.html

*【伊方再稼働】四国に原発は必要なのか
高知新聞 社説 2016.08.12 08:05
http://www.kochinews.co.jp/article/41680/

*国民の生命自由幸福追求権を破壊する安倍暴政
ブログ「植草一秀の『知られざる真実』」 2016年8月12日 (金) 
弁護士の伊藤真氏との共著
『泥沼ニッポンの再生
 国難に打ち克つ10の対話』
https://goo.gl/7CYc2X
を上梓した。

さて、見落とせない重大事実は、四国電力の伊方原発が国民的な関心を集めぬ
まま再稼働されたことだ。
現在稼働している原発は九州電力の川内原発だけだ。
しかし、鹿児島県薩摩川内市に立地する川内原発は7月10日に実施された鹿
児島県知事選で新知事に選出された三反園訓氏が、川内原発の運転停止を公約
に掲げており、川内原発はまもなく運転停止に追い込まれる予定である。

関西電力の大飯原発ならびに高浜原発は、再稼働後、裁判所による運転停止命
令や原発事故のために運転停止に追い込まれている。
この夏、国民の関心が五輪に集中している間隙を縫って再稼働を強行しない
と、再び原発稼働ゼロの状況が生み出されてしまうのだ。
この状況を回避するために、伊方原発の再稼働が強行された。

しかし、伊方原発の再稼働は危険極まりない。
愛媛県の伊方原発は四国最西部、佐田岬半島付け根付近の北側斜面に位置して
いる。
ここで原発事故が発生すると、原発以西の佐多岬半島居住者は逃げ場を失う。
避難計画の不備も指摘されている。

さらに、4月に熊本で発生した大地震は日本最大の活断層である中央構造線上
の活断層で発生したものと見られるが、その中央構造線が伊方原発直下を走っ
ている疑いも極めて高い。

近隣のすべての人々は、
太田隆文監督の
『朝日のあたる家』
https://goo.gl/E3FkNX

を一度見ておくべきだ。
すべての原発が危険の塊であるが、とりわけ、伊方原発の危険性は高い。
このような重大事項を人々の関心が薄いタイミングを推し量ったように強行す
るというところに、安倍政権の底知れぬ闇、悪質性が存在する。

*伊方、不安置き去り再稼働 周辺自治体に広がる懸念・反対
東京新聞 2016年8月12日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201608/CK2016081202000241.html

*<伊方原発再稼働>訴訟や停止要請に焦り強め 政府・電力
毎日新聞 8月12日(金)21時41分配信  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160812-00000137-mai-soci

*焼却設備が破損 第一原発
福島民報 2016/08/11 10:24
http://www.minpo.jp/news/detail/2016081133624

*「9条は幣原首相が提案」マッカーサー、書簡に明記 「押しつけ憲法」否定 
の新史料
東京新聞 2016年8月12日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201608/CK2016081202000116.html

*「9条提案は幣原首相」  史料発見の東大名誉教授・堀尾輝久さんに聞く
東京新聞 2016年8月12日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201608/CK2016081202000136.html

*再稼働6人が「反対」 県内18市町村長アンケート 伊方原発 大分合同新 
聞 8月11日
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/08/11/010905055

*伊方原発再稼働  急がず住民の理解求めよ
徳島新聞 社説 8月11日付  
http://www.topics.or.jp/editorial/news/2016/08/news_14708772000822.html

*伊方再稼働直前 原子力規制委に緊急に申し入れ
エコノミックニュース 8月11日(木)18時33分配信  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160811-00000080-economic-bus_all

*川内原発再稼働1年 今も避難の課題解決せず
NHK 8月11日 18時21分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160811/k10010631771000.html

*伊方3号機、12日に再稼働 11年の停止以来、愛媛 
東京新聞 2016年8月11日 18時38分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016081101001609.html

*<伊方原発>中央構造線断層帯 耐震性評価、割れたまま
毎日新聞 8月11日(木)22時25分配信  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160811-00000081-mai-soci

★ 京都の菊池 さんから:
今日深夜は、
8月13日(土):(再放送)「ETV特集「54枚の写 真~長崎・被爆者を訪ねて~」」 
(NHK Eテ レ 深夜午前00:00~01:00)

去年、アメリカ国立公文書館で、長崎の被 爆者を写した54枚の写真が発見された。
ある女性は、泣いているような表情で、まっ すぐカメラを見据えていた。ケロ 
イドをさらした少年の姿もあった。敗戦直後の1946 年、47年、写真は何のため 
に撮影されたのか。担当したABCC(原爆傷害調査委員会) は、その後、放射線 
影響研究所となり、放 射線リスクの基準作成に携わっていた。54 枚の写真をも 
とに被爆者たちの戦後を訪ね ていくが放送されます。遅い時間ですがぜひ。

★ 前田 朗 さんから:
・チューリヒ美術館散歩2016
http://maeda-akira.blogspot.ch/2016/08/blog-post_12.html

----集会等のお知らせ------

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●  
新チラシ http://tinyurl.com/j5hhcmn
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

☆活動・報告メルマガへのカンパを受け付けていますので、
よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 口座番号 01770-5-71599 

●「さよなら原発!福岡」例会●
 日時:8月24日(水)18:30~
 場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)

● 市民連合ふくおか 「市民憲法講座」●  
             「憲法について語りあおう」
第2回目 報告 http://tinyurl.com/zylelnh
第3回目: 8月25日(木)18:30~
・発題者: 横田耕一(九州大学名誉教授・憲法学者)
・テーマー 「9条をキチンと読みましょう」
           案内チラシ http://tinyurl.com/hag3gxl
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
         福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
          地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
              連絡先: 080-6420-6211(青柳)

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/zkrjbf5

●「原発いらない!九州実行委員会」拡大会議● 
http://tinyurl.com/gs7ahy4
日時:8月27日(土)14:00~17:00 
場所:福岡県農民会館
 住所: 福岡市中央区今泉1丁目13
        福岡県農民会館の地図
http://tinyurl.com/hszx7ol

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」●
URL:http://no-genpatsu.main.jp/
  原告10193名(8/10現在)
第18回期日 9月9日(金)
口頭弁論意見陳述者
吉田千亜さん「ルポ母子避難-消されゆく原発事故被害」(岩波新書)著者

●梅田裁判の控訴審第一回期日 福岡高裁●
11月7日(月曜)午後2時~501号大法廷予定。
梅田裁判支える会ニュースレター第16号
「判決特集号 控訴審に向けて」http://tinyurl.com/j3menqo
                原子力資料情報室寄稿 http://tinyurl.com/gwa62ej
連絡先: 080-6420-6211(青柳)

●新規制基準のもと、設置変更許可処分に対する初めての取消訴訟●
 11月16日(水)福岡地裁 門前集会 10:30
第二回口頭弁論 11:00 福岡地裁301号大法廷
   川内原発を止めよう! 
 ・第三回 2月8日(水)11時 ・第四回 5月10日(水)11時

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

○-----------------------------○
            ※九電本店前ひろばテントの夏休みは
     8月6日(土)より15日(月)です。
    ※メールマガジン「【報告】は休みありません。

             ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆          
  午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
            場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
       ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
               <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
            青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中