NO NUKES

あたりまえに空気を吸って / あたりまえに食べて / あたりまえに笑って / あたりまえにくらす / あたりまえのことが / あたりまえでないから / あたりまえにしたいと / つながる

原発とめよう!九電本店前ひろば第1950日目報告【転載】

コメントする

​【転載開始】

青柳行信です。8月21日。【転送・転載大歓迎】

経産省前テントひろばからの情報 
 (今朝5時頃発信された) 
泊り担当から電話。
裁判所、経産省、私服警察とともに、百人ぐらいが来て、
既にテント仲間は外に出されて、
柵を作成しているそうです。

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1950日目報告☆
            呼びかけ人賛同者8月20日合計4200名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
       
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから: 
   青柳さん
言うのが嫌になるくらい 暑いですね。
同じく、言うのが嫌になるくらい「嘘つきのアベさん」です。
「そんなやり取りはしていない」なんて、しゃあしゃあと言えたものです。
あんくるトム工房
嘘つきは誰だ。  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4022

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆羽根要らぬヤンバルクイナのまほろばにヘリコプター基地造る逆摂
        (左門 2016・8・21-1485)
 ※羽根が無くとも 共存できた 北部の山原(ヤンバル)へ
  戦争をするための 羽根を持ったヘリコプターの基地が
  アメリカの世界戦略と 日本政府の奴隷根性のゆえに
  沖縄の草木も動物も人間も求めていないのに造られる
  開発途上国に戦乱を起こして介入する戦争ごっこのために
  剣の羽根を振り回すヘリコプターは絶対に要らないのです!
 ☆人の子よ羽根を持たないクイナ視て 平和への法を確と学べや

★ 福岡市の福島久子 さんから:
 ☆マスコミなら「波風立てる」「物を言う」
 ※8月19日朝日新聞朝刊からパクリました。
 久米宏氏の話です。「今のテレビ、特にニュース番組は安全運転が過ぎる。
 自分もそうだが、永六輔氏も大橋巨泉氏も、
 どこかで波風立てたいという思いがあったように思う」。
 「失敗したら謝ればいいじゃないか」。いい言葉ですね。
 失敗が許されない業界になってしまったんですかね。

★ 神奈川菅原 さんから:
原発は通常運転でも
放射性ガスを垂れ流してはいないのでしょうか?
外国において、原発周辺地域では、特定の疾病が他の地域に比べ
有意に増加しているという調査報告はないのでしょうか?
核燃料採掘の段階から、核廃棄物の後始末にいたるまで、
人の健康を害し続けながらつくる、
発電エネルギーとはいったいなんなのでしょう?

★ 宮崎・黒木和也 さんから:
*乳幼児用のヨウ素剤配備へ 静岡県、浜岡原発周辺市町に
静岡新聞 2016/8/20 08:13
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/hamaoka/272920.html

*帰還困難区域の除染に国費 事実上の東電救済策
東京新聞 2016年8月20日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201608/CK2016082002000130.html

*<福島第2>再稼働は困難 知事と経産相認識
河北新報 8月20日(土)12時13分配信  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160820-00000011-khks-pol

*諫早湾開門問題
新農相は「開門」ためらうな
佐賀新聞 論説 2016年08月20日 05時15分
http://www.saga-s.co.jp/column/ronsetsu/346566

*リニア建設 公費投入は妥当なのか
信濃毎日新聞 社説 8月20日  
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160820/KT160819ETI090011000.php

*沖縄ヘリパッド 機動隊派遣中止を
東京新聞【千葉】 2016年8月20日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201608/CK2016082002000144.html

*普天間飛行場、日本の負担で改修へ 数百億円規模か
朝日新聞デジタル 8月20日(土)8時38分配信  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160820-00000015-asahi-pol

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
原子力規制委員会第377回適合性審査(玄海原発3、4号炉対象)2を報告し 
ます。

<玄海3、4号炉の(200℃、2Pd)対策におけるライナプレートの約6%歪は異常>

原子力規制委員会第377回適合性審査の資料1-1-1の1ページから4ペー 
ジに(200℃、2Pd)条件下における応力-歪データーが掲載されています。

https://www.nsr.go.jp/data/000156286.pdf

1ページの表1 原子炉格納容器本体における各部位評価結果(200℃、2Pd条件 
下)によると、原子炉格納容器本体の評価値は,鉄筋が約0.2%(歪)、テンドン 
が約0.6%(歪)に比べて、ライナプレートは約6%(歪)であり、ライナプレー 
トの歪が如何にすさまじいかが良く分かります。

それぞれの応力-歪曲線図は2ページ、3ページ、4ページに掲示されています。

 玄海原発3、4号炉は九州電力の説明によると、原子炉の5重の壁の第1重壁 
は燒結ペレット、第2重壁は燃料被覆管、第3重壁は原子炉圧力容器、第4重壁 
は厚さ6.4cmのライナプレート、第5重壁はプレストレスコンクリート格納 
容器です。

 玄海原発3、4号炉に過酷事故が発生すれば、私たち住民は6%も変形をする 
厚さ6.4cmのライナプレートに放射性物質の大量飛散から守られるかどうか 
の運命を託すことに成ります。

 これまで日本の原発で何回も起きたような基準地震動を超えるような大地震が 
きた時、原子炉の大量の部品は大きな力を受けます。しかし、大きな力で物が一 
律に壊れるわけでは無く、強度の大きい部品は壊れません。地震による大きな力 
で、部品に大きな歪が起き、歪が一定の限界を超えると、部品は壊れます。鉄で 
も、コンクリートでも、耐火煉瓦でもこの原理はあまり変わらないようです。

 原発の部品が壊れるかどうかを検討するためには、部品の歪を調べる事が大切 
です。6%も変形をする厚さ6.4cmのライナプレートに命を預けるような原 
発を再稼働するような事は、あまりにも異常な事と思われます。

★ 味岡修 さんから:
紹介内容全体はこちらに⇒http://tinyurl.com/hse7vrf
経産省前テントひろば1805日 テント日誌8月19日(金)

★ 細井・ティヴィーシャワリン さんから:
8.19の経産省前抗議(金曜行動)
http://twitcasting.tv/tentcam/movie/298481057
http://twitcasting.tv/tentcam/movie/298488217

あいにく雨が降ったりやんだり、ぐずぐずと続く天気でしたが、

「経産省前テントひろば」へのSLAPP訴訟の不当決定、
相次ぐ襲撃などを聞いて、「残っているうちに」と
福島県浪江町から「希望の牧場」の吉澤さん、
インドからはクマールさんなど
駆け付け、
「原発依存」への逆戻り、「再処理プルサーマル」利権温存を推進する世耕経済 
産業省に厳しく抗議しました。

「3.11」まる5年半にあたる「9.11」、
脱原発が実現しない以上、テントひろばも退き下がるわけにはいかず、
6年目に突入します。

万が一、その前に強制撤去されたとしても、
引き続き「座り込み」スタンディング抗議、
そして下記イベントは行いますので、御参加、応援。
宜しくお願い致します。

【案内】脱原発9.11怒りのフェスティバル~設立5周年~
          9月11日(日)15時~19時過ぎ、経産省前テントひろば

脱原発!再稼働反対を掲げた経産省前テントは設立から1790日を超えた。しか 
し、今だ10万人の人々が避難生活を余儀なくされ、小児甲状腺がんは170人を超 
えた。
汚染水はダダ漏れ、フクイチ事故の原因究明もされていない。
被害はかくも深甚深刻多数にも関わらず、司法は東電経営陣を始めとする加害者 
の特定と責任追及をしようとしない。
政府は自らの責任をほおかぶりし、被害(避難)者の住宅補助打ち切り、帰還強 
要で事故を無きものとし、原発の輸出と再稼働を強行している。
7月28日最高裁小法廷は、上告に対する棄却決定を行ったが、私たちは、いささ 
かもたじろがず、粛々とテントを守り、脱原発の旗を高く掲げて闘い続けること 
を既に表明している。

大義は我々にある。
脱原発の国内外世論に支えられた我々は圧倒的な多数派だ。
そこで私たちは、テント設立5周年の9月11日、経産省を包囲する、脱原発怒りの 
フェスティバル行うことにした。場所は経産省を包囲する一帯だ。
歌あり、踊りあり、演奏あり、スピーチありの楽しいお祭りです。経産省包囲 
ヒューマンチェーンも行う。
是非お集まりください。

脱原発9.11怒りのフェスティバル~設立5周年~
2016年9月11日(日)
主催:経産省前テントひろば
会場:経済産業省周囲一帯

経産省本館正門前周辺
経産省別館資源エネルギー庁前周辺
15:00 歌・音楽演奏
17:00 かんしょ踊り
17:30 スピーチ(各界より)
経産省周囲一帯
18:45 経産省包囲ヒューマンェーン・1回目
18:55 経産省包囲ヒューマンェーン・2回目
19:00 主催者あいさつ(経産省前テントひろば)

〈交通アクセス〉
東京メトロ 丸ノ内線・千代田線・日比谷線「霞ケ関」駅
A12、A11a(エレベーターあり)出口
銀座線「虎ノ門」駅7番出口
都営三田線「内幸町」駅日比谷寄りA7出口

(最高裁決定に対する経産省前テントひろば声明)
7月28日最高裁小法廷(大谷直人裁判長)は、私たちの上告に対する棄却決
定を行いました(8月1日に送達)。私たちのささやかな願いを踏みにじり、テン 
ト撤去と損害賠償を認めたということです。これは、誠に残念ながら、最高裁も 
また、司法の厳正なる立場を放棄して、経産省・国の政治的な意向を全面的に追 
認したことになります。
私たちにとって、この決定は想定された範囲とはいえ、断じて認めることができ
ないものです。私たちは改めて大きな怒りと抗議の意志を表明すると共に、経産
省前テントを守り、脱原発の闘いを引き続いて推し進める決意です。私たちが自 
らの意志で経産省前テントを撤去することはありません。

しかし、この最高裁決定によって、経産省・国の側は、法的には一切の憂いはな
くなったということになるのでありましょうか。東京高裁が控訴棄却をしたのは
2015年10月26日でした。少なくともそれ以降、経産省・国側はいつでもテントの
撤去等の強制的執行ができたはずです。現に損害賠償については被告の預金
口座の差し押さえなどを行っています。
にもかかわらず、今日まで及んだのは、判決の内容にも仮執行についても、その
ような判決を得たにしても、テント撤去を強制するいささかの自信も持ち得な 
かったからではないでしょうか。これは最高裁決定が出たからと言って直ちに大 
きく変わるものではありません。
もとより経産省前テントをめぐる私たちと国との争いは、決して司法的場面に限
られたものではなく、また、脱原発の問題だけに関わっていたのではなく、極め 
て深刻な政治的争いを抱えていたものだったからです。

先だっての参議院選挙の結果や、都知事選の結果で、国の側は多少の自信を
持ったかも知れません。今、国は米軍基地をめぐる沖縄県高江へのなりふりをか 
まわぬ攻撃に出ていますが、これに対して沖縄の人々は命をはった闘いを繰り広 
げています。
他方、鹿児島県知事選では脱原発の知事が誕生し、川内原発の停止の申し
入れが行われる予定であり、また、川内原発に続いて再稼働をさせた関西電力高
浜原発は大津地裁の仮処分によって再び停止し、その後の関西電力の異議申し
立ても認められなかったのです。再稼働を目前にした伊方原発においても、初歩
的なポンプトラブルが露呈し、決して予定通りに進んでいません。
私たちは、7月28日の最高裁決定をもって経産省・国側がどうしようと、いささ
かもたじろがず、粛々とテントを守り、脱原発の旗を高く掲げて闘い続けること 
を表明するとともに、あらためて全国の皆さまに闘いの継続を呼びかけるもので 
す。2016年8月2日 経産省前テントひろば

★ まえだけいこ(ヒソカ)さんから:
【報告】福岡県警は高江から帰ってこい!5回目県警本部抗議行動。
http://blog.livedoor.jp/fukukyuen/archives/48265749.html

★ Stop! 沖縄新基地建設・福岡 さんから:
今、沖縄・高江は、N1ゲート近くのヘリパッド建設のために、
全国から警察機動隊を動員し、1000人という体制で、
反対住民の抗議行動を暴力によって弾圧しています。
福岡県警も動員されています。高江では福岡からの支援を待っています。
現地にたくさん駆けつけて欲しいのですが、それが出来ない人は、
福岡でもできる行動に参加してください。
それは、大成建設と福岡県警に対する抗議行動です。
   みなさんはご存知かと思いますが、
大成建設は沖縄・辺野古の米軍新基地建設をやっている会社です。
特に九州の会社員が工事をやっているそうです。  
大成建設は戦前、満州鉄道建設など中国侵略戦争の先頭に立ち、
戦後は海上の関西空港建設など国の施策を推進し財を肥え太らせてきた会社です。
金儲けのためなら自然を破壊してでも。

Stop! 沖縄新基地建設・福岡
担当 福澤利子
henokotakae@gmail.com
Facebookページ→ 「Stop! 沖縄新基地建設・福岡」

★ ふくおか自由学校の大山英明 さんから:
暑い夏が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
さて、9月の自由学校は、
9月10日(土)に琉球新報報道本部長兼論説副委員長の松元剛さん
に、ご多忙の中、福岡までお出でいただきます。
ご存知のように、7月10日の参議院選挙で、沖縄の基地建設反対
の民意が示されたにも関わらず、オスプレイ用ヘリパッド建設の
強行工事が沖縄・高江で再開されました。
現在でもオスプレイの訓練での睡眠妨害によるストレスがある中、
これ以上ヘリパッドが造られれば、高江を含む東村全体が人の
住めない土地になると言います。

 7月30日は、「ビキニふくしまプロジェクト」の6人の方々に
来福していただき、マーシャル諸島の核被害について学びました。
マーシャル諸島は、30年に及ぶ日本の支配の後、アメリカ支配
となり、1946年から1958年まで核実験場となりました。
67回もの核実験(広島原発7000発分)が繰り返され、
現在でも移住、汚染地での生活を余儀なくされている沢山の人
たちがいます。

「戦後」となっても、沖縄でもマーシャルでも戦争は続いています。
軍事が優先されるほど、人権は蹂躙されていきます。
松元剛さんの報告を受け、これからの道筋を考えたいと思います。

貴重な機会です。是非ご参加ください。

Vol 6 沖縄の不条理とは何か?米軍基地問題の深層を問い続けて

日時 9月10日(土)18:00~20:30
会場 福岡人権啓発(ココロン)センター研修室(あいれふ8階)
参加費:一般1000円/学生500円

問題提起 松元剛(まつもとつよし)さん(琉球新報編集局次長兼報道本部長)

沖縄の基地問題の深層は、本土や米本国、ドイツやイタリアの米軍駐留基地の周 
辺住民などに比べて、沖縄県民の命の重さが著しく軽く取り扱われている二重基 
準にあると考えます。沖縄の強固な民意を無視し、戦後70年を経ても辺野古の 
豊かな海を埋め立てて恒久的な新基地を築くことは許されるのでしょうか。それ 
は沖縄問題ではなく、日本の民主主義が成熟しているかを問う日本全体の課題だ 
と考えます。長年の基地取材を踏まえ、ふくおか自由学校の皆様に分かりやすく 
沖縄の不条理をお伝えし、共に考えたいと思います。

問題提起 松元剛(まつもとつよし)さん
経歴 1965年那覇市生まれ。89年琉球新報入社、2度の政経部基地担当、 
政治部長などを経て、2013年4月から編集局次長兼報道本部長。2016年 
から論説副委員長兼務。
辺野古新基地問題、日米地位協定改定などがライフワーク。

※第一回目から第三回目までのレポートを自由学校の
 ホームページに載せています。
 興味のある方はご覧ください。
http://fukuokafreeschool.web.fc2.com/kouza03.html

★ 前田 朗 さんから:
・ヘイト・スピーチ研究文献(64)フランスの法規制状況
http://maeda-akira.blogspot.ch/2016/08/blog-post_1.html

・バーゼル美術館散歩
http://maeda-akira.blogspot.ch/2016/08/blog-post_41.html

★ 色平哲郎 さんから:
遠藤周作が読む「沈黙」 本郷和人が聴く
朝日新聞 2016年8月14日
■文豪の朗読
http://digital.asahi.com/articles/ASJ847RV8J84UCVL01L.html?rm=177

----集会等のお知らせ------

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●  
新チラシ http://tinyurl.com/j5hhcmn
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/

☆活動・報告メルマガへのカンパを受け付けていますので、
よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 口座番号 01770-5-71599 

●「さよなら原発!福岡」例会●
 日時:8月24日(水)18:30~
 場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)

● 市民連合ふくおか 「市民憲法講座」●  
             「憲法について語りあおう」
第2回目 報告 http://tinyurl.com/zylelnh
第3回目: 8月25日(木)18:30~
・発題者: 横田耕一(九州大学名誉教授・憲法学者)
・テーマー 「9条をキチンと読みましょう」
           案内チラシ http://tinyurl.com/hag3gxl
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
         福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
          地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
              連絡先: 080-6420-6211(青柳)

●市民連合ふくおか ミーティング ●
8月29日(月)18:30~
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
         福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
          地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/zkrjbf5

●「原発いらない!九州実行委員会」拡大会議● 
http://tinyurl.com/gs7ahy4
日時:8月27日(土)14:00~17:00 
場所:福岡県農民会館
 住所: 福岡市中央区今泉1丁目13
        福岡県農民会館の地図
http://tinyurl.com/hszx7ol

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」●
URL:http://no-genpatsu.main.jp/
  原告10193名(8/10現在)
第18回期日 9月9日(金)佐賀地裁 午後2時
口頭弁論意見陳述者
吉田千亜さん 「ルポ母子避難-消されゆく原発事故被害」(岩波新書)著者

●梅田裁判の控訴審第一回期日 福岡高裁●
11月7日(月曜)午後2時~501号大法廷予定。
梅田裁判支える会ニュースレター第16号
「判決特集号 控訴審に向けて」http://tinyurl.com/j3menqo
                原子力資料情報室寄稿 http://tinyurl.com/gwa62ej
連絡先: 080-6420-6211(青柳)

●新規制基準のもと、設置変更許可処分に対する初めての取消訴訟●
 11月16日(水)福岡地裁 門前集会 10:30
第二回口頭弁論 11:00 福岡地裁301号大法廷
   川内原発を止めよう! 
 ・第三回 2月8日(水)11時 ・第四回 5月10日(水)11時

○-----------------------------○
        ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆             
   午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
      場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
       ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
         <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
        青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

【転載おわり】

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中